ネットが遅くてイライラしてない!?

失礼します。
質問したいのですが、レーザープリンターとインクジェットプリンターでは、画質はどちらが上でしょう?

趣味でイラストを制作し、プリントしています。
2ヶ月くらい前に、キャノンのMG6230を購入しました。
インク粒は微小で見えませんが、その個々の滲みの集大成は肉眼で視認出来ます。
まあ、それも僅かではありますが、目を凝らせば見えないこともないんですね。

出来るなら、そういった滲みも全く見えないのが望ましいです。
市販のイラスト類なんて、目を凝らしても全く見えません。

やはり、インクジェットなのが問題なのでしょうか?
レーザーだと、そういうこともないんでしょうか?
インクジェットとレーザープリンターでは、どちらが画質が上でしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

レーザーとインクジェットでは色合いが異なります。


また、ドットの細かさはエプソンのインクジェットが上です。
にじみは乾式であるレーザーの方が少ないです。
レーザー(LEDタイプもあり)で高画質なものは一部しかありあせん。
A3だとZEROX DocuPrint C3360が最安値になります。
レーザーで1,200×2,400dpiは驚異的な画質です。
ただ、個人で使う値段ではありません。
http://www.fujixerox.co.jp/product/printer/docup …

A4までだとZEROX DocuPrint CP100 b
http://www.fujixerox.co.jp/product/printer/docup …
そのOEM?のNEC MultiWriter 5600C
http://www.nec.co.jp/products/laser/color/5600c/ …
が高解像度デジタルスクリーン技術による1,200×2,400dpi相当の画質を誇っています。
ただ、このモデルはドラム組み込み式のためドラム交換が出来ないので
ドラムの寿命=プリンターの寿命になります。
その分かどうか、NECの実売価格は1万を切ってます。
http://kakaku.com/item/K0000277250/

なおEPSONのインクジェットプリンターの最高値は8色インクで5760×1440dpiを誇っています。
レーザーは4色です。
    • good
    • 3

市販のイラストはプリンターで印刷した物と印刷方式が違うので滲みは有りません


インクジェットで滲みを少なくするのであれば写真用紙に高画質で印刷するのが一番奇麗です
レーザーならポストスクリプト搭載でないと印刷結果を再現出来ないので滲みは無くても奇麗な画像にはなりません
どちらにしてもお使いのプリンターでは限界でしょう
4倍くらいの予算は確保してください
    • good
    • 6

画質を求めるなら、インクジェットでしょう


また、フルカラーでコストも求める場合もインクジェットです

レーザーって高速に大量に印刷するものにむいております。
白黒のみなら、レーザーの方がコストが安価だったりします
カラーだとかなり高額になります(白黒より10倍以上高額)

コピー用紙などで印刷するなら、インクジェットの方がまだきれいに印刷できますよ
レーザーだとあまりきれいではありません

印刷屋さんって専用の高速な機械を使い印刷していますから、また違います
印刷方法もレーザーとはまた違った印刷方法だったりしますので
多くの色を何回も重ね塗りして出している可能性もありますので・・・
    • good
    • 5

画質という点では、インクジェットの方に軍配があがります。


写真レベルになると到底太刀打ちできませんよ(インクジェット >> レーザー)
写真やイラストの画質を売りにしているレーザープリンタの広告など、見たことないでしょ?

レーザーは確かに滲みはありませんが、構造上、写真やイラスト向きではありません。
内部構造がコピー機と同じで色調表現は苦手、本来写真やイラストを印刷することは考慮されていません。
テキスト文書を高速かつ大量に印刷することを目的にしたビジネス向けのプリンタです。

一方、インクジェットは吹き付けるインクの量を調節し、また色を重ね合わせることで非常に幅の広い色調表現が可能です。
滲みが気になるなら、純正品の高級印刷用紙に代えてみては如何?
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーザープリンターで写真を印刷したい

デジカメで撮った顔写真をレーザープリンターで印刷したく、用紙を探したのですが、インクジェット用という物ばかりしか見つかりません。
そもそもインクジェット用の写真用紙という物が存在しないのでしようか?

写真屋さんで撮るよりも、デジカメで撮った物をPCプリンターで印刷するのが、安いと思い自分で印刷したいと思いました。
写真用の紙がないならば、他に代用できる物を教えて下さい。

Aベストアンサー

こういうのですか?
http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/LBP-KA4-250
http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/LBP-KB5.001001006001

Qカラーレーザー用 写真用紙

会社でデジカメで撮影したファイル(写真)を印刷したいのですが
会社にはキャノン製カラーレーザープリンターLBP-950Cがあります。

光沢紙を買って印刷をしたのですが
いまひとつ綺麗に印刷をされませんでした。

カラーレーザープリンター用で
綺麗に印刷される
写真用紙を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

惜しい回答がありましたけど、レーザープリンタの本質を理解されていないためなのでしょうね。
まず、結論ですけど、LBP9500Cでインクジェットプリンタのような光沢のある写真は印刷できません。
また、解像度の基準が根本的に違いますので、キメ細かい写真印刷も無理です。

インクジェットプリンタの場合、インクを紙に吹き付けて印刷します。
インクは紙に染み込んでいきますので、紙自体の表面の状態が反映されます。(一般論で、例外もあります)
したがって、インクジェットプリンタで光沢紙を使うと綺麗な艶のある写真を印刷できます。

インクジェットプリンタでも「顔料インク」を使っているものがあります。
キヤノンのプリンタの黒インクがそうです。(2つあるものは大きいほう)
このインクは顔料成分が紙の表面に残るように作られていて、普通紙のような紙に印刷するとくっきりとした綺麗な文書が作れます。
ところが、表面に残るという事は、光沢紙で使った場合、光沢層の上にかぶってしまうわけです。
キヤノンのこの手の顔料インクはツヤがありませんので、光沢紙を選択すると使われなくなります。


実はレーザープリンタはこれと同じです。
紙の表面にトナーを付着させ、それを過熱・プレスして定着しますけど、光沢層の上から定着しますので、最終的にはトナー自体のツヤになってしまいます。

キヤノンのカラーレーザーのトナーは、基本的にツヤがありません。
昔のカラーレーザー(カラーコピー)では、定着するときにトナーが定着器側に付着するのを防ぐために定着ローラーの表面にオイルを塗布していました。
そのため表面はツヤもあったのですけど、そのために印刷物に鉛筆やボールペンで文字が書き込めないという欠点がありました。

その大量のオイル消費を抑えて、事務作業で使えるようにしたのがキヤノンのトナーです。
当然ツヤはなくなりましたし、LBP9500Cのトナーもそうです。

せっかく光沢紙を用意しても上からツヤのない層をかぶせているわけです。
トナーのないところはツヤがありますし、その辺りがちぐはぐな感じになるのでしょうね。

他の方が紹介している光沢紙の説明でも「ツヤは機種によります」と言う記載があるはず。


逆に、普通紙に写真を印刷する場合はレーザープリンタのほうが綺麗です。
普通紙は繊維の目が粗く、インクジェットの場合、染みていって滲むのでインク量を抑えてしまい発色は極端に悪くなります。
カラーレーザーン場合は表面にトナーの膜ができるわけですから、下地の影響を受けにくい訳です。



余談ですけど、インクジェットプリンタでも、エプソンのローグレードとか、キヤノンやエプソンの最上位のプロ向けの商品は顔料インクを使っています。
用紙は染料モデルと変わらないものを指定しています。

これは顔料自体にツヤをもたせていて、光沢紙の表面でもある程度のツヤが出てくれるようになっています。
ただ、完璧なツヤは出ないのでしょう。
エプソンのPX系の写真の評価は高くないようですし、プロ向けのグレードでは艶出しインク(グロスオプティマイザなど)が装備されていて、その都度必要に応じて使われているようです。
逆にプロ向けグレードの顔料インクタイプではツヤなし黒(マットブラック)も装備されている機種が多く、顔料インクモデルならではの特徴です。

プリンタの修理屋です。

惜しい回答がありましたけど、レーザープリンタの本質を理解されていないためなのでしょうね。
まず、結論ですけど、LBP9500Cでインクジェットプリンタのような光沢のある写真は印刷できません。
また、解像度の基準が根本的に違いますので、キメ細かい写真印刷も無理です。

インクジェットプリンタの場合、インクを紙に吹き付けて印刷します。
インクは紙に染み込んでいきますので、紙自体の表面の状態が反映されます。(一般論で、例外もあります)
したがって、インクジェットプリン...続きを読む

Qレーザープリンターで写真が綺麗に印刷できる用紙?

ドラム式(リコー製)カラーレーザープリンターで、写真画像を綺麗に印刷でき、
且つ本体を痛めない、普通紙以外の用紙をアドバイス下さい。
(できれば光沢感を出したい)

※ サンワ製等の「レーザープリンター対応」を語っている用紙(光沢紙等)は、
ドラム式の機種には適応しない様ですね…。

Aベストアンサー

業務で使用している用紙があります。

カラーレザープリンター用コート紙 PODグロスコート(つやあり)
http://www.rakuten.co.jp/paper-m/1774589/


テカテカになりますが、トナーの付き方によってはわずかにざらつきます。

どちらかといえばグロスよりマットコートの方が適度な光沢で綺麗に仕上がります。


カラーレザープリンター用コート紙 PODマットコート(つやなし)
http://www.rakuten.co.jp/paper-m/1774589/

Qレーザーとインクジェットプリンターの違いとは?

初歩的な質問で恐縮です。自分でも調べたのですがなかなか難しくわかりません。どうか噛み砕いて教えてください。レーザープリンターとインクジェットプリンターそれぞれの特徴と、お互い比較して勝っている点、劣っている点教えてください!

Aベストアンサー

 構造的な特徴はすでに述べられているので割愛。

 レーザープリンタは普通紙を主な印刷用紙とします。そのため、印刷コストはインクジェットよりも安価で、普通紙へのモノクロ印刷ではインクジェットを上回る鮮明さを発揮します。カラーの場合でも写真レベルでなければかなり鮮明な印刷が可能です。
 ただし、プリンタの構造上ラベル用紙などのバリエーションは少ないです。
 本体の価格もインクジェット並のものが近年登場しています。消耗品は相変わらず高価で、本体価格の半分位するものもありますが、その分一回の交換で大量印刷が可能です(大抵A4版で6000枚程度)。
 欠点は機体が大きいことと、消費電力でしょうか。もっともコスト計算には含まれていますが、原則としてアースが必要になりますので、場合によっては設置費がかかることもあり得ます。
 トナー+普通紙の組合わせと云うことで、耐水性はありませんが屋内で保存する分にはかなり長い期間の保存が可能でしょう。

 インクジェットの場合は、基本的に専用紙、または専用に加工された用紙を使いますので、どうしてもランニングコストがかかります。ただ、用紙のバリエーションは豊富です(顔料系インクを除く)。
 総じて小型ですが、インクの耐用期間が比較的短く(大抵半年程度)、一回の交換で印刷できる枚数もレーザーほど多くないので、印刷枚数が多い場合は頻繁にカートリッジを交換しなければいけなくなります。
 インクの種類によって耐候性や耐水性に差がありますが、写真レベルの印刷には向いています。

 構造的な特徴はすでに述べられているので割愛。

 レーザープリンタは普通紙を主な印刷用紙とします。そのため、印刷コストはインクジェットよりも安価で、普通紙へのモノクロ印刷ではインクジェットを上回る鮮明さを発揮します。カラーの場合でも写真レベルでなければかなり鮮明な印刷が可能です。
 ただし、プリンタの構造上ラベル用紙などのバリエーションは少ないです。
 本体の価格もインクジェット並のものが近年登場しています。消耗品は相変わらず高価で、本体価格の半分位するものもありますが...続きを読む

Qレーザープリンターの解像度

レーザープリンターの解像度について教えてください。
モノクロのレーザープリンターの解像度は600dpi×2,400dpi相当のようなものが多く、
カラーのレーザープリンターの解像度は600dpi×9,600dpi相当のようになっており、
カラーレーザープリンターのほうが×の後の解像度が格段に大きいものが多いのですが、
カラーレーザープリンターはモノクロ印刷の場合でも、
9,600dpi相当の解像度で印刷しているのでしょうか?
それとも、カラーを印刷する場合だけ9,600dpiのような解像度で印刷しているのでしょうか?

モノクロ印刷のみの用途でプリンターを買う予定なのですが、
解像度4倍も違うのならばカラーレーザープリンターを買おうと思っています。
印刷したものにそんなに違いはありますでしょうか?

Aベストアンサー

一般的はレーザープリンターのトナーカートリッジは(C/M/Y/K)の4つ。
600dpi× 2,400dpX4=9,600 <-これの意味わかるよね。
となりますので、モノクロ印刷の場合は、先の方もおっしゃているように意味がない。
後は気に入った方をどうぞ。

Q何でPSプリンターでないとだめなんですか?

何でPSプリンターでないとだめなんですか?
会社勤めをやめて、大したキャリアもなく非力ながら独立して自宅でフリーで広告デザイナーをやろうと思っています。
そこで教えていただきたいのですが。
DTPデザイナーは、PSプリンターが必需品ですか?。
プレゼン・カンプのインクジェット出力では、相手にされませんか。
PS(ポストスクリプト)対応でないカラーレーザープリンターではダメでしょうか。
予算の兼ね合いで(非常にプアーなので)、エプソンのLP-7000C(A3両面対応・カラー)を購入しようと思っています。
PS対応でないレーザープリンターでも、フォントのアウトライン出力が出来るのでしょうか。ていうか,ちゃんとしたMACのきれいな文字出力ができるのでしょうか。
どなたか、レーザープリンターにおけるPS対応のアル・ナシの差を具体的にやさしく教えていただければありがたいのですが。
今の自分は知識が乏しくて、いろいろ不安です。
いろいろ教えていただければと思っています。
【最後に現在手持ちのMAC環境を記しておきます。】
MAC(G4カード搭載・メモリー=640MB・ハード=20GB)
プリンターはもらい物で(エプソン・インクジェットA3対応=PM-2000C、古くて遅いながらもなんとか使っています)
ソフトはイラストレーター8.0、フォトショプ7.0、InDesign2.0、QuarkExpress4.1等をヤフオクで落札購入。
フォントはモリサワ主要フォント(旧CID)をこれまたヤフオクで落札購入。
よろしくお願いいたします。

何でPSプリンターでないとだめなんですか?
会社勤めをやめて、大したキャリアもなく非力ながら独立して自宅でフリーで広告デザイナーをやろうと思っています。
そこで教えていただきたいのですが。
DTPデザイナーは、PSプリンターが必需品ですか?。
プレゼン・カンプのインクジェット出力では、相手にされませんか。
PS(ポストスクリプト)対応でないカラーレーザープリンターではダメでしょうか。
予算の兼ね合いで(非常にプアーなので)、エプソンのLP-7000C(A3両面対応・カラー)を購入しようと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です、

簡単なIllustratorのファイルをSimpleTextで開いてみれば分かりますが

%!PS-Adobe-3.0
%%Creator: Adobe Illustrator(TM) 5.5J 95.01.01
・・・・・

で始まる文字列が表示されます。これがPSファイルです。
ここにベジェ曲線の始点・終点の座標や色属性などが記述されています。
PSアプリケーションはこの記述を元にモニター上に図形を表示させます。
同様にPSプリンタはこの記述を元に紙やフィルムに出力をします。

それらはすべてPS(ポストスクリプト)という言語で書かれていますから
その解釈(言ってみれば言葉の意味)が分からなければ正確な図形の表示ができません。
英語しか分からない人に日本語で図形の説明をするようなものです。

そのPS言語の解釈法がadobeの特許ですから
adobe社の許可したPSプリンタ以外では正確なPSプリントができません。
PSプリンタとは特殊なハードウエアではなくて
PS言語解析のための特殊なソフトウエアを持ったプリンタという事です。

ただ、画面表示については
解析はPSアプリケーションが行いますが、
最終的な表示はQD(クイックドロー)という画面表示プログラムが行いますから
そちらのデータを流用すれば簡易的なプリントならすることができます。
これが「PSプリンタでなくても大丈夫」という回答の理由です。

フォントをアウトライン化したりPDF化すれば
文字や配置画像は綺麗にプリントされますから
いっけんPSプリンタでなくても大丈夫と誤解してしまいそうですが、
ここで大きな違いが出てきます。
QDは画面表示のためのプログラムですからRGBを用いています。
ですから当然プリンタに送られるデータもRGBデータです。
ところがPSはCMYKでデータが作られていますし、
プリンタに送られるのもCMYKデータですから
元が同じデータであっても、プリント上がりが違ってしまいます。
それが「発色が違ってしまう」原因です。

これは両者を見比べる事ができないかぎり分かりませんので
QDプリントで良しとしている人には(自分的には)充分なのでしょうが
製版・印刷側から見れば「素人には困ったものだ」でしかありません。

もうひとつ、
PSプリンタはPSデータを正確(正直)に出力するだけです。
プリンタの設定をどんなに綺麗にしたところでプリントの発色は変わりません。
そもそもPS出力の際にはプリンタ設定の大部分は無効になります。
せいぜいが「印刷インキ」と「用紙」による発色の違いをシミュレーションするだけです。

が、QDプリンタはプリンタの設定によってプリント結果を変えられる性質のものですから
データそのものに手を加えなくても、
プリンタ設定を操作するだけでプリントの発色が変わります。
その結果「ウチのプリンタどおりの色が印刷では出ない」という
困ったトラブル(苦情)に繋がってしまいます。

どれも、PSというものを正しく理解していない事から起きるものです。

No.3です、

簡単なIllustratorのファイルをSimpleTextで開いてみれば分かりますが

%!PS-Adobe-3.0
%%Creator: Adobe Illustrator(TM) 5.5J 95.01.01
・・・・・

で始まる文字列が表示されます。これがPSファイルです。
ここにベジェ曲線の始点・終点の座標や色属性などが記述されています。
PSアプリケーションはこの記述を元にモニター上に図形を表示させます。
同様にPSプリンタはこの記述を元に紙やフィルムに出力をします。

それらはすべてPS(ポストスクリプト)という言語で書かれていま...続きを読む

Qコンビニのプリンタはどうしてレーザーなの?

こんにちは。

コンビニのプリンタはどこもレーザープリンタのようですが、どうしてインクジェットではないのでしょうか?
 
何かご存知の方がおられましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

コピーサービスのコピー機として・・・・

インクジェットプリンタは致命的な欠点があって使えないというのが真相です。
実は、これが分かっている人はほとんどいません。

まず、レンタルとかリースですが、インクジェットでも可能な話です。やろうという人がいないだけです。
仮にやったとしても、経費的にあわないという結論になるはずですし。

また、リースと保守契約を混同している人も多いのですけど、本来は別物。
保守契約に入ればインクジェットといえども故障の都度修理代金を支払うなんていう事はしなくてよいのです。
大判のインクジェットプリンタは保守契約が当たり前に近いです。


インクジェットプリンタの致命的な欠点はいくつかあります。
まず、インクを噴射するノズルの問題。
PPC(レーザープリンタは元々PPCと言われていたコピー機から発展したようなもの)の場合、紙にトナーを転写するために感光ドラムというものがあり、そこに静電気でトナーを付着させ紙に転写しています。
それに対してインクジェットは1cm~3cm程度の狭いヘッドを何度も往復させて画像を作っていきます。
同じ画質のものを作る場合、レーザープリンタは紙を普通に送れば終わるのに対して、インクジェットは何十回もヘッドを往復させます。
それもかなり高い精度で駆動しています。
結果として耐久性が低くなります。

じゃあ、紙の幅に合わせた幅広のヘッドを作ればよいのでしょうけど、これが非常に高額になります。

こういう考え方のヘッドを持っているのはキヤノンのカードプリンタです。
最大でハガキの縦送りしかできません。
少し前の機種になりますけど、CX670ではヘッドの価格は33,000円程度していました。それも各色独立ですから、4色モデルなら13,2000円にもなっていました。

ヘッドには数千のノズルがあるのが普通で、LSIの生産と変わらないような超精密な物です。
ノズルは髪の毛の1/10程度の細い穴で、その中にインクを噴射する機構を仕込んでいます。

それに対してレーザープリンタの感光ドラムは、アルミのドラム(パイプと思って結構です)の真円度を出して、表面にコーティングするだけです。

ヘッドを作る場合、大きくなると製造が非常に難しくなるようで、恐ろしく高くなっていきます。(生産数が少ないという理由もあるとは思いますけど)

それを全く無視したとしても、A3縦で流そうとすれば3倍の幅のヘッドが必要で、4色でヘッドだけで40万円くらいになります。
必ずメンテナンスは必要になりますけど、レーザー複合機の10倍程度の金額になるはずです。


個人向けのインクジェットのような狭いヘッドで何度も往復させていると、ヘッド自体の噴射回数も多くなって寿命は縮めます。


今じゃあ1万円程度でモノクロですけどレーザープリンタが買えます。
同じ価格帯のインクジェットプリンタと比較すると、
インクジェットプリンタは、5年/15,000ページ程度の想定ですけど
レーザープリンタは、5年/50,000ページ程度の想定で作られています。

インクジェットプリンタは、この辺りが上限でしょうけど、レーザープリンタは下限です。
最初の投資金額は高いでしょうけど、レーザーのほうが耐久性でははるかに有利です。


話題になることは少ないのですけど、インクジェットプリンタは長く使っていると、どうしようもない不調に見舞われます。
内部で、制御出来ないインクミストなどが飛び散ります。
それが空気中のホコリに付着して泥のような状態になってメカに付着する現象があります。
昔からある現象なのですけど、こればかりは制御しようがないのです。
特定のユーザーが使うのなら問題は少ないでしょうけど、不特定のユーザーが使い、印刷数も多くなるという想定であれば、故障だらけになる可能性が高くなり、インクジェットは使えません。



画質の問題もあります。
「耐水性」の問題を出している人もいますけど、インクジェットでは「裏写り」も問題になります。
両面コピーをする場合は使い物にならない可能性があるわけです。

画質も用紙によって大きく左右されるのも問題です。
普通紙で写真を印刷すると、カラーレーザーのほうが好感がもてるでしょう。


インクジェットプリンタは、多くのメリットを持っているのですけど、コンビニのコピー機としては、デメリットばかりが出てしまうのです。

プリンタの修理屋です。

コピーサービスのコピー機として・・・・

インクジェットプリンタは致命的な欠点があって使えないというのが真相です。
実は、これが分かっている人はほとんどいません。

まず、レンタルとかリースですが、インクジェットでも可能な話です。やろうという人がいないだけです。
仮にやったとしても、経費的にあわないという結論になるはずですし。

また、リースと保守契約を混同している人も多いのですけど、本来は別物。
保守契約に入ればインクジェットといえども故障の都度修理代金を...続きを読む

Qレーザープリンタで、フチなし印刷は不可能なのでしょうか?

レーザープリンタを買おうと思っています。
パンフレットを見ていますが、仕様欄を見ていると、「フチなし」印刷が可能な機種が無いように思えます。
インクジェットでは、フチなし印刷は当たり前な機能ですが、レーザープリンタでは、どうなのでしょうか?
私が見ているパンフレットは、一昔前のEPSONパンフレットです(型落ち機種だと割り引きなので)。
もし、最新機種でそのような機能があれば、値段が高くても買おうと思っています。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

構造的には作ろうと思えばできるとは思いますけど、かなりコストが上がることが考えられます。
また、他の方も言われていいるようにフチナシ印刷の必要性があるのか?という問題があり、現時点ではコストを取っています。

問題になるのは、感光ドラムから紙にトナーが転写するプロセスです。
インクジェットで紙にインクを吹き付けるのと基本的には変わりません。
紙のサイズというのは結構バラツキが大きく、フチナシ印刷を行うときはヘッドをオーバーランさせて紙の外側までインクを飛ばしています。
何もしなければプリンタの中を汚してしまい、次の用紙のフチや裏側が汚れます。
そのために、インクが落ちていく部分に少し段差をつけてへこませ、インクを吸収するスポンジをセットしているわけです。

レーザープリンタの場合は紙の裏側から静電気を使って感光ドラムのトナーを紙に飛ばします。
もし、紙からトナーがはみ出すと、静電気を起こすユニット(一般的には転写部などといわれます。)に引き寄せられてトナーが堆積していきます。
トナーの堆積が限度まで行くと、トナーから高圧電流がリークして転写しなくなったり、紙の裏側が汚れたりします。
コストアップするというのは、この部分のクリーニング機構をつける必要があるということです。
結構神経質なつくりの部分ですのでクリーニング機構も結構厄介になると思います。


逆にインクジェットでのフチなし印刷はかなり無理をしている機能で、修理屋の目から見ると完璧なものはありませんし、完璧なものができるとは思えません。
それほど、不安定な機能です。

プリンタの修理屋です。

構造的には作ろうと思えばできるとは思いますけど、かなりコストが上がることが考えられます。
また、他の方も言われていいるようにフチナシ印刷の必要性があるのか?という問題があり、現時点ではコストを取っています。

問題になるのは、感光ドラムから紙にトナーが転写するプロセスです。
インクジェットで紙にインクを吹き付けるのと基本的には変わりません。
紙のサイズというのは結構バラツキが大きく、フチナシ印刷を行うときはヘッドをオーバーランさせて紙の外側までイ...続きを読む

Q写真は自宅で印刷した方が安い?

いまプリンターを購入するか迷っています。写真を印刷するコストは自宅で焼いた方が安いのでしょうか?

子供が生まれるので写真を沢山コレから撮る予定です。教えて下さい。

Aベストアンサー

L版1枚のコスト
写真屋での現像(印刷):5~40円
インクジェットプリンタ:約25円
昇華型フォトプリンタ:約26円

町にある店鋪(コンビニやクリーニング店での取り次ぎ)で現像を頼むと20円くらいでできるから、店の方が安いです。
時間や店まで行く手間はかかるけど。
SDカードとかを持ち込んで店頭の機械で必要な画像を選ぶだけです。
枚数が増えれば更に安くなる。
ネット注文なら数円台や広告付きなら0円とかもあります。(送料別)
耐久性にしても店の銀塩プリントの方が上です。

プリンターの場合は本体の価格こそ数千円~2万円程度ですけど、
インク代や紙代がかかり、これが結構バカになりません。
L版で1枚25円と分かっていても、インク1本800円とかで、全色買うと4000~6000円くらいはかかるので躊躇していしまいます。
かといって安い詰め替えインクとか使うとトラブルの原因になりやすいし。
問題なく使えている人もいるけど、長い目で見ると耐久性や色合いが悪かったりとか。

プリンターは写真以外にも年賀状とか書類とかの印刷にも使えるから買っても損はしないでしょうけど、写真の印刷は店の方がいいですよ。
私はA4とかの大きなのや急ぎのだけ自宅のプリンターで印刷しています。

印刷物の方が誰でも直ぐに見れるという利点があるけど、これからの時代なら全て印刷しないでも、フォトフレームやタブレット端末、TVとかでも見れるからデータの保存だけはしっかりするようにしておけばいいでしょう。
撮影したらSDカードにそのままじゃなくて、HDDを2台に同じデータをコピーしておくとか。

L版1枚のコスト
写真屋での現像(印刷):5~40円
インクジェットプリンタ:約25円
昇華型フォトプリンタ:約26円

町にある店鋪(コンビニやクリーニング店での取り次ぎ)で現像を頼むと20円くらいでできるから、店の方が安いです。
時間や店まで行く手間はかかるけど。
SDカードとかを持ち込んで店頭の機械で必要な画像を選ぶだけです。
枚数が増えれば更に安くなる。
ネット注文なら数円台や広告付きなら0円とかもあります。(送料別)
耐久性にしても店の銀塩プリントの方が上です。

プリンターの場合は本体の...続きを読む

Qマット紙と普通紙の違いは何でしょうか?

タイトル通りなのですが、マット紙と普通紙の違いは何なのでしょうか?

今までの私の知識では、マット紙というのは普通紙よりも厚めの紙だと思っていました。しかし、紙を購入するときに、いろいろ調べてみると、普通紙でも厚いタイプは存在します。

そもそもマットというのは「つや消し」という意味だと思います。
つや消しで、厚めのタイプなら普通紙でも存在します。(ものすごく厚いタイプはないような気がしますが)

そう考えると、マット紙と普通紙の違いが分からないのです。

ご存知の方、いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

※ちなみに私の推測としては、どちらもつやはないが、より厚めのタイプがマット紙かな?という感じです(かなり厚いタイプは普通紙にはないように思うので)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通紙はインクジェットプリンタに使用するとインク滴が拡散する(にじむ)が、マット紙は専用光沢紙と同等のにじみ対策が施されているので、色がくっきり出るという点が最大の違いです。


人気Q&Aランキング