人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

タイトルの季語は何でしょうか?

荒海と天の川で周りで意見が分かれています。

荒海やで切れ字があるから荒海で冬だとする意見と、芭蕉が奥の細道で歩いた日時から天の川(季

語では秋)とする意見とで私の周りで分かれています。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、元句は次の通りです。



 荒海や佐渡によこたふ天河(あまのかは)

随行日記によれば元禄二年(1689年)7月4日(出雲崎宿泊)での所見を、7月6・7日の俳席(直江津宿泊)で詠まれたとされています。
この旧暦の七夕は新暦では8月24日頃にあたり、季語「天河」は秋七月(初秋)です。
http://www.ajnet.ne.jp/dairy/

・出雲崎から佐渡島の臨んだ視野には七夕季の天の川は佐渡の方には流れていないとされます。
・もちろん佐渡が見える昼間なら天の星は窺えません。
・星が見える宵闇では唯一、佐渡はその姿を見るべくもなく、ただ僅かにして微かな灯りだけが頼りになります。
・荒海が本当に冬のそれであれば、白一色に吹雪いており、佐渡はおろか、そもそも時化た海自体を見ることが叶いません。
・荒海にはまた、荒磯海(ありそうみ/ありそみ)の意味があります。波の寄せる磯が、白砂青松の穏やかな美観ではなく、どこまでも岩だらけで荒涼とした殺風景な様をも表すわけです。
・佐渡は古来、天皇はじめ貴人の遠流(おんる)・流謫(るたく)の地として、常人の近寄りがたき、まさに荒海を越えた遥か彼方の荒涼の地と看做されています。
・この越後にはことさらな「歌枕」がないため、「歌枕」に準じ風流韻事に因んだ形での、この佐渡と「荒海」の取り立て詠みとも見做せます。「海は荒海 向こうは佐渡よ…」。

以上の例のように、この句はそもそも、俳人芭蕉の心眼が臨んだ、「魂が削られるばかりの」心象風景の世界における「天河」の句なのですから。
http://www.intweb.co.jp/basyou/kty/haibun_gingan …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よく理解できました。

お礼日時:2012/04/28 15:30

 yahooきっずの星空シミュレータで天の川を見てみました。


横というよりは縦に伸びるんですね。これでは分かりません。残念(>_<)

立ち寄った日付(旧暦6月28日=新暦8月15日頃)から、素直に「初秋」と受け取りました。
ちなみに8月7日ごろが立秋です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よく理解できました。

お礼日時:2012/04/28 15:30

 この句の季語は「天の川」ですね。

「切れ字があるから」との理由で「荒海」を季語とするなら、他の句と比較した場合に不自然なことになってしまいます。
 例えば「ふるさとや 臍の緒に泣く 歳の暮れ」に同じ理屈を付けて説明をしたならば、この場合の季語は「ふるさと」となってしまいます。しかし実際の季語は「歳の暮れ」です。論理として矛盾します。切れ字からはその句の季節を特定できるとは限りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よく理解できました。

お礼日時:2012/04/28 15:30

こんにちは。



 以下のサイトを検討すると、天の川が初秋の季語となりますね。

http://kigosai.sub.jp/kigo500a/448.html
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/haikupeji.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よく理解できました。

お礼日時:2012/04/28 15:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「荒海や佐渡に横たふ天の河」の謎

昔から変じゃないかと思ってました。
芭蕉が出雲先の海岸から佐渡島を眺めているとして、
佐渡の手前に横たわっているのは「荒海」のはずです。
なんで天の川が横たわっているのか?
天の川は南の空から北の空にかけて天空にかかっているわけで、
本州から佐渡島に流れ込んでいるように見えているんじゃないかと思います。
横たわっているんじゃなくて、立ち上っているんじゃないかなぁ・・・と。

詩心のある方、どう思われますか。

Aベストアンサー

 こんばんは、夜分に失礼します。他の方々が文法や文脈的な説明を適切にされていますので、僕は少し変わった部分からこの句を眺めてみました。芭蕉の作品と彼が求めて已まなかったものとの関係です。
 僕の理解のポイントは二つあります。先ず『奥の細道』という作品で芭蕉の訪ねた跡を辿ってみると、その旅路はほぼ西行のそれに重なることもわかります。
 こうした事象を前提にしますと「佐渡」という場所。そして芭蕉と西行との関係を問うならば、隠れキーワードとして「後鳥羽院」の存在も頭に浮かびます。ここまでが一点目のポイントです。
 するとこの句の「どこで区切って読むか」によっても違う光景が見えてくるのではなかろうかとの話にもなります。
 「荒海や 佐渡に横たふ天の河」と「荒海や佐渡に横たふ 天の河」を比べた場合、はじめの区切り方での「芭蕉の目線」は荒海に注がれているともとれます。逆に後の区切り方をするならば天の河にあるともとれます。
 今、自ら(芭蕉)が実際に立っているこの場所(出雲先)とその先にあるはずの佐渡島との間には日本海の荒波と波頭が広がっていることで「隔たり」がある。
 と同時に「もし西行がこの地を訪れていたならばどの様な感慨を持っただろうか」と芭蕉は考えたのかもしれません。西行からすれば「歌の世界では同列にあった」としても、慕う相手(後鳥羽院)との間には現実として「身分の隔たり」もあることは確かな現実でもある。
 今、自分(芭蕉)が佇んでいるこの場所は、我が師である西行とその良き理解者でもあった後鳥羽院の流刑の地を空間的にも身分的にも隔てる地でもある。こんな感慨が彼の脳裏にあったのかもしれません。
 そして「隔たり」という言葉に着目してみますと、天の河で隔てられているのは牽牛と織女であり共に惹かれあっていたものの、それは適わぬ仲の代名詞でもあると同時に、互いの思いは変わりもしないことの喩えでもあることを想像させるに十分です。
 こうした目線でこの句を詠んでみますと、後鳥羽院と西行を隔てる日本海の荒波は恰も牽牛と織女を隔てる天の河の様にも見える、と芭蕉は詠じたのではなかろうかと勝手に推察してもいます。
 こうした解釈から、この句は叙景句というよりも、芭蕉が創作活動の原点にしていた古人との邂逅にスタンスがあるのでは?との印象を持っています。参考にならなかったらごめんなさい。

 こんばんは、夜分に失礼します。他の方々が文法や文脈的な説明を適切にされていますので、僕は少し変わった部分からこの句を眺めてみました。芭蕉の作品と彼が求めて已まなかったものとの関係です。
 僕の理解のポイントは二つあります。先ず『奥の細道』という作品で芭蕉の訪ねた跡を辿ってみると、その旅路はほぼ西行のそれに重なることもわかります。
 こうした事象を前提にしますと「佐渡」という場所。そして芭蕉と西行との関係を問うならば、隠れキーワードとして「後鳥羽院」の存在も頭に浮かびます。...続きを読む

Q「夏草や兵達が夢のあと・・」の意味を教えてください。

中学校とかで習ったのですが、うる覚えになってしまい、ちゃんとした意味を忘れてしまいました。知っている方お願いします。

Aベストアンサー

 これは松尾芭蕉が奥の細道の旅の途中、平泉(今の岩手県平泉町)で詠んだ句です。

 この地で長く栄えた奥州藤原氏も滅んでしまった、英雄源義経もここまで追われてついに討ち果ててしまった……という感傷の句です。

ちなみに
兵達   → 兵ども
うる覚え → うろ覚え
です。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~bk8s-sndu/hiraizumi.html

Q雀は季語?

題名の通り、「雀」は季語ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

1.「雀」単独では季語にはなりません。理由は、年中みかける鳥で、渡り鳥のような季節ものではないからです。

2.ただ、雀を用いた以下のような単語になると、四季おりおりの季語になります。

(1)春:
孕み雀(はらみすずめ)
子持雀
雀の子
雀の巣
巣引雀
雀海中に入り蛤となる

(2)夏:
内雀(うちすずめ)

(3)秋:
稲雀(いなすずめ)
雀のたご

(4)冬:
寒雀

(5)新年:
初雀

3.なお、雀の文字の入った別の種類の鳥にも以下のような季語があります。

(1)春:
雲雀(ひばり)

(2)秋
連雀(れんじゃく)*冬の季語にもなります。
山雀(やまがら)
四十雀(しじふから)
五十雀(ごじふから)
小雀(こがら)
日雀(ひがら)

以上ご参考までに。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q「五月雨を あつめてはやし 最上川」について

『奥の細道』を読んで不思議に思い、気になったので質問させていただきます。
芭蕉は山寺(立石寺)に今の暦で7月13日に行っていて、その後最上川のあたりを通ったはずですよね。そのとき、大体8月ころになったようなのですが、どうして、そこで“五月雨”という季語がでてきたのでしょうか?
想像力なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
曽良随行日記の記述では、この句が詠まれたのは、元禄2年(1689年)5月29日(新暦7月15日)、大石田での止宿先の船問屋を営む高野一栄宅においてですが、そのときには「五月雨をあつめてすずし最上川」でした。
この句が出てくる歌仙「さみだれを」は5月29日に4句が詠まれ、翌30日に32句が補われて完成していますので、丁度「五月雨」の時期だったようです。
しかし、6月3日(新暦7月19日)に最上川を元合海(本合海)から清川まで下ったとき、「水みなぎつて舟あやうし」という記述から読み取れるように、その濁流渦巻く様子から「すずし」を「はやし」に改案したようです。
つまり元句ができたのが5月だったという事になると思います。

Q季語について教えてください

俳句の季語に「たなばた(七夕)」と「天の川」がありますが、どちらも「秋」の季語と説明されています

7月7日を「秋」と扱うことに、どうしても理解が及びません

だって、「金魚」は夏の季語じゃないですか?

丁寧に説明して頂けると有難いのですが…

Aベストアンサー

旧暦の1~3月を『春』、4~6月を『夏』、7月~9月を『秋』、10~12月を『冬』といっていたからです。
旧暦は、新暦よりおよそ一月遅れになりますから、新暦の2~4月を『春』、5~7月を『夏』、8~10月を『秋』、11~1月を『冬』と呼んでいたことになります。

 「天の川」などが秋の季語なのは、旧暦通りで分けているからです。
「七夕」も元々は新暦の8月7日に行なわれていました。
プラネタリウムで「昔の七夕は今の8月に行なわれていたので、星もよく見えていました。」という解説をよく耳にします。
現在の7月7日は梅雨の期間であることも多いので、こうしたことを付け加えているのです。

 「立秋」が8月7日頃にありますが、別名「七月節」と言います。
立秋と七夕は旧暦ではすぐ近くなんですね。
ところが、今では七夕は日付あわせのために、一月ほど早く行なわれるようになったのです。
このように、旧暦通りにとどまったものと一月早まったものがあるために、ややこしくなっていったのです。

Q俳句の季語について

俳句をつくっています。燕(ツバメ)をいれなければなりません。これは、季語でしょうか。また、季節は、いつでしょう?

Aベストアンサー

ただ「燕」だけですと,春の季語。
「岩燕」「夏燕」「燕の子」などは夏,「帰燕」「秋燕」は秋となります。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend/7546/,http://plaza21.mbn.or.jp/~kotoba/

Q七夕が秋の季語であるのはなぜ?

立秋は8月7日ごろで、七夕は7月7日なのに、七夕が秋の季語なのがなんかよくわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

歳時記は、旧暦(太陰暦)で考えられているからです。
陰暦の暦は、現代用いられている太陽暦の暦と比較すると、約1ヵ月半ほどずれます。
ですから、太陽暦の7月7日は、太陰暦では既に8月の半ばに当たり、立秋を過ぎているのです。

このようなことは、「五月雨(さみだれ)」が「梅雨」を意味し、夏の季語であることからも分かります。
太陽暦の5月といったら、一番気候のいい季節ですよね。
そして、梅雨といえば6月の半ばごろから7月の半ばごろにかけての鬱陶しい季節。
ところが、その「梅雨」が、旧暦ではちょうど5月頃に当たるわけです。
ちなみに「五月晴れ」とは、「梅雨の晴れ間」のことです。

Q日本は4つの海に、囲まれています・・・

このカテで良いのか、わかりませんが・・・

表題のような問題が、中途入社の筆記試験で、あったのですが。
太平洋、日本海、ここまではわかります。

あとは、オホーツク海と、東シナ海で良いのでしょうか?
瀬戸内海?とも思ったのですが。

それと、もう一つ。
英語の諺で、折れにくい枝は何色?
というのがあったのですが(英文での出題なので、たぶんそうだと思うのですが)白、青、赤のうちどれでしょう?
青だと思うのですが・・・

Aベストアンサー

問題の解答例は出題者が決めるのが原則、一般的には(小中学生なら)オホーツク海、太平洋、東シナ海、日本海。
順不同でいいが地図を眺めるなら上から(上下左右どこからでもいいが)読めば視線の移動が自然で楽。
北海道本州四国九州とはいうが(北(東)から見ていく)、北海道四国九州本州が日本の大きな島とは言わない。

折れにくい枝は何でしょうね。アカマツとクロマツの比較? 北米産のダイオウショウ? (これはちょっと大きい)
折れない枝ならコウゾ思い浮かべる。お札の原料になる繊維が長くて折れない木です。
白樺の断面なら3層で中央は白く、緑、赤茶とある。丈夫なのは白。
(質問のことだけでは答えにくい。ことわざが思いつかないだけだが)

Q歳時記の季語で木枯(こがらし)の季節はいつですか

歳時記の季語で木枯(こがらし)の季節はいつですか

Aベストアンサー

木枯(こがらし)、凩(こがらし)とも冬でした。

電子手帳なので、出版社はわかりません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報