歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

市町村役場には犯罪人名簿なるものがあると聞きました、いわゆる前科者リストだと思います。
(1)警察でなくなぜ自治体が所有しているのですか?
(2)どんな程度の前科まで記載されているのですか?
(3)以前ある刑事事件でで罰金刑を受けたことがあるのですが私も載っているのでしょうか?
(4)何年かするとリストから消えるのでしょうか?
(5)記載されているとしたら、その場合の不利益はどんなことがあるのでしょうか?
役場や関係機関などで勤務する方で、詳しく知っている方がいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 「犯罪人名簿」とか「前科者リスト」という名称ではありませんが,市町村役場にはそのような綴りはあります。



(1) これは,選挙人名簿に付随するもので,一定の刑罰を受けると選挙権・被選挙権が制限されますので,自治体(正確には選挙管理委員会)が保有しています。

(2) 選挙権・被選挙権の制限を受ける範疇に限られ,それらの権利を回復した時点で削除されます。
 
(3) 通常は禁固刑以上の場合ですが,公職選挙法違反や政治資金規制法違反など,選挙や政治に関わる犯罪であれば,罰金刑でも選挙権・被選挙権を制限されますので,そのような場合は罰金刑でも登載されます。
 
(4) 選挙権・被選挙権を回復した時点で消されます。

(5) これまでの説明どおり,選挙に立候補したり,投票したりすることができません。
 
 どういった場合,選挙権・被選挙権が制限されるかは下記のURLを参考にしてください。

参考URL:http://www.city.yokohama.jp/me/senkan/senkyo/kyo …
    • good
    • 1

本籍地にも


住所地にも存在します・

本籍地は、戸籍の担当
住所地は、選管の担当です。

たとえば、公認会計士とかになろうとすると
本籍地に照会します。
公務員に採用するときも、同様です。

本籍地は、書面にて回答します。

この件につきましては、通達が公表されています。

現行日本法規という本にも掲載されています。
    • good
    • 1

警察の犯罪者リストというものの仕組みは


よく知らないのですが、犯歴を記録保持するのに、
住民異動の事務と連動していない警察の
処理能力ではそのリストに基づいて該当者を
追跡するのには限界があると思います。

恐らくそういった理由なのかと思うのですが、
戸籍事務の中に「犯歴業務」と言うのがあります。
戸籍の附帯書類という形でこういう書類があるんです。
ただし、戸籍課の職員がみんな犯歴業務に携わる
訳ではなく、本当にごく一部で行われている業務です。
ですから、必ずしも戸籍と一セットでファイリング
されているわけではありません。
戸籍課の職員ですら滅多に見られません。
なので、私もその実態はよく知らないんです。
ただ、市町村で管轄しているのは何故か?
という問に対しては、「戸籍と連動しているから」
ということで、回答になっているでしょうか?
    • good
    • 0

自信ないですけど・・・・



そう言うリストの存在は『ない』と思いますけど。。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市町村の戸籍係や検察庁にある犯罪者名簿とはどのようなものですか

戸籍役場(市町村の戸籍係)には犯罪者名簿というものがあり前科のある者はすぐに分かるようになっているそうですが本当でしょうか。犯罪者名簿の目的は選挙権の欠格事由の有無を調べる為だそうですが実務上はどのように取り扱われているのでしょうか。又、検察庁にある犯罪者名簿は刑法上の累犯、再犯、執行猶予の有無等の刑事政策目的とききますが市町村にある犯罪者名簿とどのように違うのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
私の知りうる限りで参考になれば…。
犯歴名簿の大元は本籍地の地方検察庁です。
検察庁の名簿がどのような様式、内容によるものかはわかりませんが、検察庁だけでは犯歴者の本籍、住所を常に把握しておくことは難しく、検察庁と市区町村役場との連携で管理することになっていると思われます。

市区町村役場では検察庁からの通知をもとに犯歴カードを作成してファイルに綴ります。
犯歴カードに記載される事項は氏名、生年月日、本籍、住所、そして犯歴です。
犯歴の内容は
・刑の略式日または宣告日(罰金刑の場合は略式命令、禁固以上の刑は宣告となります)
・刑の確定日(刑期の開始日)
・刑名(懲役、禁固、罰金)
・刑期(罰金の場合は金額)
・執行猶予がある場合はその期間
・罪名(道路交通法違反、覚醒剤取締法違反、業務上過失傷害、など)
・裁判所名(○○地方裁判所、など)
・刑の終了日(略式命令の場合は刑の確定日と同日)
となります。

この犯歴カードは住所地の選挙管理委員会への通知(禁固以上)のほか、叙位叙勲候補者の犯歴調査(道路交通法違反についての照会があり回答します)や、警察等からの身分事項の照会(もちろんきちんとした文書での照会、回答になります)などにも使用されます。
ですが、業務の中で特に何に使う、というわけではなく、先に述べたように、本籍地で管理していたほうが犯歴者の同行を把握しやすいからだと思います。

また、管理の仕方ですが、犯歴者が転居をしたばあいは新住所地への選挙管理委員会への通知、転籍や婚姻、縁組等で戸籍の移動があった場合は新本籍地と検察庁への通知を行います。
死亡した場合も検察庁へ通知します。

ご質問の中で前科がわかるということについて書かれていらっしゃいますが、刑の消滅日というのがあって、消滅した刑については犯歴カードごと粉砕、消却等して完全に抹消しますので、それ以上の記録は残りません。
ちなみに執行猶予つきは刑の終了日と同日、罰金以下は刑の終了日から5年、禁固以上は刑の終了日から10年が消滅日だったと記憶しています。
市区町村役場から検察庁へ照会をし、刑の消滅を確認してから完全に抹消します。

こんにちは。
私の知りうる限りで参考になれば…。
犯歴名簿の大元は本籍地の地方検察庁です。
検察庁の名簿がどのような様式、内容によるものかはわかりませんが、検察庁だけでは犯歴者の本籍、住所を常に把握しておくことは難しく、検察庁と市区町村役場との連携で管理することになっていると思われます。

市区町村役場では検察庁からの通知をもとに犯歴カードを作成してファイルに綴ります。
犯歴カードに記載される事項は氏名、生年月日、本籍、住所、そして犯歴です。
犯歴の内容は
・刑の略式日また...続きを読む

Q市役所の職員に関する犯罪人名簿について

はじめまして。犯罪人名簿について教えてください。
公務員に採用された場合、おそらくそのタイミングで、
犯罪人名簿を照会するものと思っています。
例えば、既に市役所の職員として働いていたとして、
そこは自分の本籍とは違う市役所だったとします。
(例えば隣町等)
何か犯罪を犯した場合、本籍の市役所の犯罪人名簿には
記載されると思いますが、現在働いている市役所に通知等は
行くのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLに詳細が載っています。
公務員の欠格事項に抵触すれば失職します。
本籍以外に通知は行きません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E7%A7%91

Q【前科者名簿】について

こんばんは。
犯罪人(前科者)名簿に一度名前が載ったら、
ある時期に抹消されると聞きました。
そこで質問させていただきます。

(1)どのタイミングで、誰が抹消するのでしょうか?
 (どこで保管されているのかもわかりませんので)

(2)「市」であれば市役所ですか???
事件を起こした都道府県ではなく、本人の本籍地に保管されるのでしょうか?

どなたか、犯罪人(前科者)名簿に詳しい方、ご回答願います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。以前、戸籍や住民登録の事務をしていました。

(結論)
 結論から書きますと、本籍地の自治体の戸籍担当課に、「犯罪者名簿」と言う書類があり、そこに犯歴が順番に記載されていきます。

(説明)
○「前科」
 まず、「前科」と言う言葉は、法律用語ではありません。「犯歴」と言う言葉が正しいです。
 以上は余談ですが、一定以上の犯罪を起こすと、本籍地の自治体に通知され、「犯罪人名簿」を作成して、一定期間保管されます。これは、「犯歴事務規程」によって行われています。要旨を書いてみます。

○どういう場合に「犯歴」になるのか

・罰金以上の刑(道路交通法違反の罰金を除く)を受けた者については、本籍地の市町村役場に保管される犯罪人名簿に一定期間記載されます。これは、本人も見ることができませんし、担当者か官憲で無いと見ることはできません。

・上に書いた「一定期間」ですが、刑の執行を終わり、またはその執行の免除を得てから、罰金以下の刑(罰金・拘留・科料)の場合は5年、禁錮以上(死刑・懲役・禁錮)の場合は10年、罰金以上の刑に処せられずに経過すると刑の言渡しは効力を失い(刑法34条の2)、犯罪人名簿からも削除されます。また、恩赦・特赦によっても刑の言渡しの効力が失われ(恩赦法3条、5条)、犯罪人名簿から削除されます。

○ただし、
 警察や検察庁などには、捜査資料としてはそれ以上の期間残るようです。これはいわゆる犯歴とは言わないですが。

(参考)犯歴事務規程
http://www.moj.go.jp/KEIJI/keiji21.html

○補足

>そうしましたら、本籍地の市役所に勤務していれば「犯罪人名簿」が確認できるという事ですよね・・・?

・役所も組織ですから、その部署にいないと見られない書類があります、戸籍や税金に関する書類などはそれに当たりますし、「犯罪者名簿」もその類の書類ですから、担当課の職員でないと見られません。

・ですから「市役所に勤務していて」かつ「犯罪者名簿を担当している部署に配属されれば」見ることが出来ます。

・ただし、公務員には守秘義務がありますから、業務上知りえた事は口外してはいけませんし、退職後も同じ事とされています。これに違反すると、その情報の重要度にもよりますが、「犯歴」など他人に知られたくない個人のプライバシーを口外すると、厳しい処罰が待っていると思いますから、その点を心配されているのでしたら、そんなリスクを犯す公務員は(まず)いないと思います。

○おまけ
 以前、住民登録の情報について興味本位で閲覧していた、住民登録の担当課の職員が処罰された事がありました。これはテレビでも報道されましたし、大変な問題になり職員も処罰されました。
 「犯歴」については、他の部署の職員が見る事自体が問題になると思います。

参考URL:http://www.moj.go.jp/KEIJI/keiji21.html

 こんにちは。以前、戸籍や住民登録の事務をしていました。

(結論)
 結論から書きますと、本籍地の自治体の戸籍担当課に、「犯罪者名簿」と言う書類があり、そこに犯歴が順番に記載されていきます。

(説明)
○「前科」
 まず、「前科」と言う言葉は、法律用語ではありません。「犯歴」と言う言葉が正しいです。
 以上は余談ですが、一定以上の犯罪を起こすと、本籍地の自治体に通知され、「犯罪人名簿」を作成して、一定期間保管されます。これは、「犯歴事務規程」によって行われています。要旨を書...続きを読む

Q前科は10年で消えるって本当?

こんにちは。
私の友人に相談をもちかけられました。

結婚を考えている人が出来たらしいんです。
でもその相手の男性は前科があります。詐欺、窃盗で実刑を受けてます。
でも10年くらい前だと言っていました。
確か、10年経つと戸籍から犯罪歴は消えると聞いた事がありますが
本当でしょうか?その際、何か手続きが必要でしょうか?
それとも自然に消滅するのですか?

心配なのは自分の親に相手の前科がバレる事だそうです。
今は立派に更正しているので、その事で反対されるのを心配しています。

教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前科が記録されるのは戸籍ではありません。戸籍のある役場に備えられている犯罪人名簿です。この名簿は、公的機関以外は閲覧不可能ですので、ここに記載されていることが誰かに知られてしまうということは考えなくても大丈夫です。また、10年立つと(罰金刑の場合は5年)、自動的に犯罪人名簿からも名前が抹消されます。

質問者さんのご友人のケースですが、特に問題はないと思います。

Q他人の前科を調べる方法は?

他人の前科を調べる方法はありますか?
会社で雇用の際、また結婚相手の身元調査など
必要なことは多い気がします。

Aベストアンサー

一般人には無理です。アメリカでは,少女に対する猥褻行為の前科者など,周りが監視するという意味で公表しているようですが,日本は前科→差別という考えがあり,簡単には調べられないようになっています。また,その根底には,日本の刑罰は教育刑であり,出所した者(前科だと出所とか限りませんが)については教育(または矯正が正しいか?)が終わっていると考えられますから,公表する意味もありません。この考えが正しいかどうかは別として‥。

#2さんが回答されているとおり,興信所ならある程度調べられるかと思います。日本の興信所は胡散臭いところもありますが,優良なところのレベルは相当なものです。

Qよく公務員(役人や警察官)は前科があると、採用されないとききますが?

1.よく公務員(役人や警察官)は前科があると、採用されないとききますが本当ですか?

2.また自転車で悪質な違反や事故(飲酒で二人乗りして制止命令を無視し逃げたなど)を起こすと、自転車の違反には青切符がないので1発で赤キップになり前科が付くらしいのですが、もし1の質問の答えが 前科のある人が公務員になれないのなら自転車で1発赤切符になって前科がついた人も公務員にはなれないのですか?

どなたか教えてくださいm(_ _)m!!

Aベストアンサー

補足ですが、前科の意味について、過去の私の回答から引用して、説明します。
いわゆる前科になるのは罰金(道路交通法違反の罰金を除く)以上の有罪判決が確定したときです。本籍地の市町村の犯罪人名簿に記載されます。ただし、執行猶予が付けば、猶予期間終了後、執行猶予が付かなかった場合でも、執行終了後、罰金刑は5年、禁固・懲役刑は10年間で犯罪人名簿から抹消されます。ただ、有罪判決の記録は検察庁の犯歴記録に残され、これは生涯消えることがありません。もっとも、犯罪人名簿も犯歴記録も、一定の職業につく資格や選挙権・被選挙権の有無の調査確認のため以外の目的では利用されず、見ることができるのは極めて限定された機関だけです。(本人も見ることができません)したがって、起訴猶予されれば前科にはなりません。
お尋ねの件については、道交法違反の罰金刑であれば、前科とはなりません。しかし、警察は送検しなかったものを含む前歴簿を別途作成しており、これも生涯消えることがありません。したがって、警察官になろろとする場合には、これが影響する可能性があります。

Q前科照会について(本籍地犯罪者名簿への登録期間)

本サイトにて、犯罪者は、本籍地の犯罪者名簿?たるものに一定期間登録されると拝見しました。
※罰金刑は5年間、実刑は10年間、それぞれ刑の執行を終えてから

また、資格登録の要件を確認することを目的とした場合、この本籍地の犯罪者名簿にて特定個人の前科照会ができる(通達が認められている)とも拝見しましたが、照会が可能な期間についてお教えください。

上記の期間を経過した後に照会すると、特定個人の犯歴は伝わるのでしょうか?

Aベストアンサー

警察や検察庁では、上記の期間を経過しても照会可能です

10年間しか照会できないと11年後からは
この人は初犯か、準初犯かの区別ができなくなります。

犯罪者名簿は上記の期間をすぎると削除されますが、
検察庁が保持するデータベースには消えることはありません。

資格登録の要件を確認することを目的とした場合などに使用する
場合には照会することはできないと思います。
資格取得だけの為にそう簡単に犯罪暦を開示しないと思います。

Q前科がある人の戸籍について教えてください。

お尋ねいたします。教えてください。
職場の後輩が妊娠、入籍いたしました。
入籍と同時に旦那様になった人が傷害事件を起こし、逮捕されてしまいました。
現在、警察に拘置されている状態です。
相手の方は入院中ですが、植物状態との事で、
最悪、刑務所に入所することになるかもしれないとの話です。
質問なのですが、前科がついた場合、戸籍に載ってしまうのでしょうか??
後輩が産まれてくる子供の為に心配をしており、
相談されました。
私は法律の事は全くわからないので、投稿しました。
知っている方、お願い致します。

Aベストアンサー

戸籍、と言うのが戸籍謄・抄本、住民登録の意味であれば、犯罪歴は記載事項ではありません。しかし、地方自治体の管理する 「犯罪人名簿」 には、一定期間登録されます。その他、警察庁の指紋原紙等の書類には残ります。

「前科」 とは、確定判決で刑の言渡しを受けたことをいいますが、法令上の用語ではありません。罰金以上の刑 (道路交通法違反の罰金を除く) を受けた者については、本籍地の市町村役場に保管される犯罪人名簿に一定期間記載されます。この 「一定期間」 とは、刑の執行を終わり、またはその執行の免除を得てから、罰金以下の刑 (罰金・拘留・科料) の場合は 5 年、禁錮以上 (死刑・懲役・禁錮) の場合は 10 年、罰金以上の刑に処せられずに経過すると刑の言渡しは効力を失い (刑法 34 条の 2)、犯罪人名簿からも削除されます。また、恩赦・特赦によっても刑の言渡しの効力が失われ (恩赦法 3、5 条)、犯罪人名簿から削除されます。(http://www.hou-nattoku.com/mame/yougo/yougo44.php から)

ここから先は不要なことですが、No. 4 の回答は無意味でしょう。容疑者とその家族は別人格ですし、子供の将来を慮るのは、親としては当然のことです。容疑者の配偶者をそしる発言は、カテゴリーも違うこと故慎むべきです。

戸籍、と言うのが戸籍謄・抄本、住民登録の意味であれば、犯罪歴は記載事項ではありません。しかし、地方自治体の管理する 「犯罪人名簿」 には、一定期間登録されます。その他、警察庁の指紋原紙等の書類には残ります。

「前科」 とは、確定判決で刑の言渡しを受けたことをいいますが、法令上の用語ではありません。罰金以上の刑 (道路交通法違反の罰金を除く) を受けた者については、本籍地の市町村役場に保管される犯罪人名簿に一定期間記載されます。この 「一定期間」 とは、刑の執行を終わり、またはその...続きを読む

Q公務員試験の身辺調査

私は先日公務員試験に最終合格したのですが、この前ここの質問と回答で公務員は親兄弟や親戚の身辺調査が厳しいとあったのですがそもそもそれは本当なのでしょうか?

受験の申込書に親や兄弟のことを書く欄はないですし、面接試験や受験後に聞かれたことはありません。

何かしら調べられるとは思うのですが、どのようにして調べられるのでしょうか? またどの程度まで調べられるのでしょうか?

詳しく知っている方はぜひ教えてください

Aベストアンサー

刑務官についてはよくわかりませんが、同じ公安系として警察官について述べさせていただきます。
警察官の試験では、両親、兄弟、兄弟の配偶者、同じ住所に住んでいるものに関しては、生年月日、住所、続柄、勤務先、役職、勤務先の住所を書かなければなりません。また自分自身がやっていたアルバイトについても名称、住所、バイトの期間を書く必要があります。また自分の交通違反歴、犯罪歴、補導歴なども記述します。
刑務官も警察官試験ほどではないにしろ、少なからずあるのではないでしょうか。

Q不起訴と起訴猶予の違いは何ですか?

よく事件報道の新聞やニュースを読んでいると、不起訴とか起訴猶予という言葉を耳にしますが、どう違うのでしょうか・・・・・
実際、交通人身事故で当方、不起訴処分告知書を戴いた事があるのですが・・・・・

Aベストアンサー

基本的には、No.1、2さんの回答の通りです。

将来起訴されるかどうかと、「不起訴」「起訴猶予」はほとんど関係ありません。

「起訴猶予」も、法律上定められた処分であり、ゆるやかな「一事不再理」の原則があるとされています。

したがって、検察の運用としては、新証拠が出るとか、検察審査会が不起訴不当の結論を出すなどの新たな事情が無いと、いったんした起訴猶予を取り消して起訴することはありません。

他方、「不起訴」の場合も、新証拠が出て、再度嫌疑が生じれば起訴されます。

現実問題として、不起訴が新証拠で覆ることはあっても、起訴猶予は、犯罪事実自体の証拠はすでにあるのですから、それ以上に、情状面の重大な証拠がでるということはほとんどなく、覆ることはありえません。


人気Q&Aランキング