【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

いつもお世話になっており、ありがとうございます。

「教えていただければ幸いですが。」と「教えていただければ幸いです。」の区別は何でしょうか。「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。具体的な会話の場面を挙げていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

awayuki_chさん、こんにちは。


いつも一生懸命、勉強頑張っておられますね。

>「教えていただければ幸いですが。」と「教えていただければ幸いです。」の区別は何でしょうか。「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。

日本語って、語尾に含める意味合いとか、難しいだろうと思います。

「教えていただければ幸いですが」の「が」には、
「(もし、ご都合よろしければ)教えていただければ幸いですが・・(教えていただけなくても、仕方がないですが、教えていただけるならばうれしいです)」
・・・のような、ちょっと相手の都合とかを気にした、遠慮も入った、そんな意味が含まれていると思います。

それに対して
「教えていただければ幸いです」
というのは、できれば教えてください。教えていただければうれしいです、
ということをストレートに表現していると思います。

>具体的な会話の場面を挙げていただけないでしょうか。

(例1)
いつも忙しそうにしているAさんと、どうしても分からないことを教えてもらいたいBさんがいるとします。

Bさん「Aさん、すみません。どうしてもここが分からないのです。
    お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いです」
    (教えてもらったら、うれしいです)

Bさん「Aさん、すみません。どうしてもここが分からないのです。
    お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いですが・・・」
    (お忙しいようですので、無理でしたらよろしいのですが、もしできれば教えていただきたいです・・・)

といった感じでしょうか。
しかし、上の例の場合はあまり差はないと思ってもいいでしょう。

(例2)
息子の帰りを心配している母親に、近所の奥さんが話をしている。

近所の奥さん「息子さん、すぐに帰ってきますよ」
母親「そうだといいんですが・・・」
   (そうだといいんだけれども、そうじゃなかったら、どうしよう)
   といった、心配な気持ちが「が・・」に表れています。

このように、文末の「が」には、いろいろな意味があると思います。
ご参考になればうれしいです。

(これも、ご参考になればうれしいのですが、とかの言い方もありますよね)
ご参考になればうれしいのですが、だと、参考になればうれしいけれども、
もしも参考にならなかったらごめんなさいね、というちょっと遠慮した気持ちを表せます。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

fushigichanさん、いつもご親切に教えていただき、ありがとうございました。会話の例文は理解しやすいです。大変いい勉強になりました。

お礼日時:2004/01/16 18:34

 No. 7です。



>>形容詞なら「の」を入れると違和感がないということではないでしょうか。

と書きました件、自分で書きながら違和感を抱いていましたが、前提がやはり違っていました、訂正します。
“『が』を違和感なく付けるために”「の」を入れるわけではありません。「嬉しいです」という言い方自体が本来間違いです。ただ、現在、特にあるニュアンスを持たせるわけでもない場合「嬉しいのです」とは言いません。厳密には、こういう形容詞を丁寧語で言う言い方は存在せず、それでもそれが必要な場が現実にあるため、単純に後ろに「です」をつける方法が一般に通っているのだと言えます。
 お尋ねの「が」の使い方と少し離れてしまいましたが、No. 7の回答は上記の通り部分修正致します。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

mataauh1madeさん、No. 7とNo. 8のご回答ありがとうございました。私のあの質問で、相手の都合を慮ったり、余韻を残したりする必要はなかったと思われますね。大変いい勉強になりました。

お礼日時:2004/01/16 18:07

「が」をつけるのはNo. 1さんがおっしゃっているように相手の気持ちや都合を慮ったり、No. 6さんがおっしゃっているように言葉を濁したり余韻を残したりする場合です。

ただ、このお尋ねの例で「が」がおかしく感じられるのは、文が「~していただければ幸いです」で、しかもこの語尾に直接つけてしまったからだと思います。強いて言えば「幸いなのですが」と「なの」を入れると少しは違和感がなくなります。
 さらに、例えば「教えていただけると嬉しいです」→「教えていただけると嬉しいのですが」(ここでは『の』を入れています)なら、完全に違和感のない文になると思います。
 文法的説明は全くできないのですが、「です」で終わる文のときにはその前が名詞なら「なの」、形容詞なら「の」を入れると違和感がないということではないでしょうか。
「ます」で終わるときには入れなくてもいいのでは? No. 1さんが敢えて使っておられる

>>一方的に此方の意向を伝えている感じに取れるのですが。(・・如何でしょうか?)

も、もし「感じに取れます」ならこの後に直接「が」をつけても変ではありません(『取れるのです』と『取れます』のニュアンスの違いは煩雑になりますのでこの際言及しません)。

 いずれにせよ、以前なさったNo. 744170の質問で、相手の都合を慮ったり、余韻を残したりする必要はなかったと思われます。明言されないニュアンスがない(はずと感じられる)ときに「が」を使われると違和感があるということも無視できないと思うのですが。←(如何でしょう? のニュアンスを持たせています)。
    • good
    • 2

#2です。


まえの回答で、「協調」は「強調」の誤りでした。
すみませんでした。

再び登場のついでに・・・・
#5の方の回答を読ませていただいて、考えました。
質問No.744170で、awayuki chさんはとてもきちんとした文章で質問をされています。こういうときには、言葉を濁す、あるいは言葉をあいまいにする、あるいはその後に余韻を残すような「・・・が。」という文の終わり方は不似合いだと思います。
やはり、日常会話やくだけた文章の中で、断定を避けて言葉を少しあいまいにしたり、自分の心の迷い、戸惑い、遠慮などの気持ちを表そうとしたときに使うことが多いと思います。

しつこく現れてすみませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

super40さん、もう一度ご親切に教えていただき、ありがとうございました。大変いい勉強になりました。

お礼日時:2004/01/16 17:57

回答者の皆様へ



awayuki_chさんの今回の質問は質問No.744170で私が
回答したことが元になり質問されています。

awayuki_chさんは外国の方なので「が」の用法は難しいと思ったのですが大変熱心に日本語を学ばれていますので余計な事とは知りながら書き込んでしまいました。

本来なら私が回答しなければならないのですが
今から出かけなければなりませんので今後回答して頂く方は是非そちらをご覧になって回答くだされば大変ありがたいです。
以上宜しくお願い致します。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=744170
    • good
    • 1
この回答へのお礼

tsgoarさん、いつもお世話になっております。ありがとうございます。tsgoarさんのあの回答文のおかげで、勉強不足が認識しました。新しい知識を身に付ける時に、とても嬉しいです。もっともっと頑張らなければいけません。これからもよろしくお願い致します。

お礼日時:2004/01/11 22:38

こんにちは。



「教えていただければ幸いですが。」と「教えていただければ幸いです。」というのは、実際、質問でよく見かける表現ということでしょうか?

私(30代男)の場合、文章で「教えていただければ幸いですが。」などとは表現しません。

でも、会話では確かに「教えてくださると幸いですが。」と「が。」で終わらせることもタマにあります。
例えば、仕事でお客さんに「申し訳ありませんが、もう一度確認して頂きたいのですが...。」なんて風に。

意識してやってる訳ではないんですけど、自分なりに、(遠慮しながら)(ちょっと、言いにくいんだけど)
て雰囲気を出そうとしてるんでしょうね。^^
高圧的または、すうずうしく、相手にとられないように。

的はずれな回答でしたらごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

noujiiさん、ご親切に教えていただきありがとうございました。大変いい勉強になりました。仕事でお客さんに言うあの「申し訳ありませんが、もう一度確認して頂きたいのですが...。」という場面からもいい参考になりました。

お礼日時:2004/01/11 22:29

「教えていただければ幸いですが(でも、あなたが嫌だったら無理にとは言いません。

もし都合がよかったら教えてください。)」
という言い方じゃないんですか?

Will you help meより Can you とか Would youのほうが丁寧、っていうのと似てるんじゃないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

abot-kunさん、ご回答ありがとうございました。大変いい勉強になりました。

お礼日時:2004/01/11 22:23

日本語には、はっきり言わない、あやふやな言い方が多いと思います。


私がいつも感じるのは、お通夜などに言ったときのあいさつで、「本当に突然のことで・・・」「なんと申し上げればよろしいか・・・」のように、終わりまで言わないでも会話になっていく、言葉のおもしろさです。
「教えていただければ幸いです。」も「教えていただければ幸いですが」も大差はないと思うのですが、「が」をつけたほうは、より自分はたいへん恐縮している、教えていただければ幸いですが、もしお忙しければ無理にとは申しません、でも、できれば教えて欲しいのです・・・・というような気持ちを協調しているのではないかと思います。

「教えていただければ幸いです。」というように言い切る形は、文字に表したときには多いかもしれませんが、日常会話の中では、「が」をつけた言い方で言葉をやわらかくするということもあるかもしれません。

以上、私がかんじたままですのでいいかどうかは分かりません「が」。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

super40さん、ご親切に教えていただきありがとうございました。確かに仰ったとおりに、終わりまで言わないでも会話になっていく場合は日本語にたくさんあると思います。

語尾のところに、「が」をつけた文がよく見かけました。仰った「が」をつけた時の気持ちが分かりました。大変いい勉強になりました。

お礼日時:2004/01/11 22:21

《が》付いている場合は


暗黙で相手に語りかけている感じがあるでしょ?
教えていただければ幸いですが=(お忙しいと存じますが・都合の良い時にでも・如何でしょうか・)等々。相手の気持を、伺っている感じが取れます。

其れに対して《が》付きで無い場合は、一方的に此方の意向を伝えている感じに取れるのですが。(・・如何でしょうか?)《←これもそうなりますね》
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mikosさん、ご親切に教えていただきありがとうございました。大変いい勉強になりました。

お礼日時:2004/01/11 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q他人に依頼する時の ”~~して欲しい。” の敬語は?

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもしれませんが、
最近この”いただきたい”を多用したり、間違った使い方をしてるの見かけたり、または無意識に自分自身が間違って使っていることもあるかもしれませんし、
何より、”いただきたい”よりもっとふさわしい言葉があるのではないかと思い、質問しました。

こういう、自分の希望などで”~~して欲しい”というときの敬語はなんと言えばいいのでしょうか。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。
ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、
もしかしたら出ていないかもしれません・・・。
と思い、教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもし...続きを読む

Aベストアンサー

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社はどこから取れば良いのでしょう?

↓こんな感じでかまいませんよ。

         見積もり依頼書

下記条件で見積もりをお願いします。

            記

品名     :○○○○○○○
数量     :10セット
希望納期   :2009年5月20日
納入場所   :弊社内指定場所
支払条件   :従来通り弊社規定に基づき、3ヵ月手形
見積書有効期限:発行日から1ヵ月間

他の文章については、以下のように考えます。
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
 → ~~に関する価格と納期を回答願います。

~~の見積もりを取って欲しい。
 → ~~の見積もりをお願いします。

~~して欲しい。
 → ~~していただきたい。

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社...続きを読む

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Q「送らさせて頂きます」という言い方

「送らさせて頂きます」や「送らさせて頂きました」という言い方はおかしいのでしょうか。
「お送りさせて頂きます」や「お送りさせて頂きました」が普通使う言い方なのでしょうか。

「送らさせて頂きます」で検索をかけると結構な数がヒットしますがいかがな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

文法的には、「送らさせて頂きます」は「サ入れ現象」と言われ、「ラ抜き」と同様によくある誤りです。「送らせて頂きます」とするべきです。

「~させて頂く」という言葉は、丁寧なクセに恩着せがましいところがあり、よい印象を懐かない方も多くいらっしゃるようなので、「お送り致します(致しました)」を用いる方が妥当です。

多くの人がうっかり使ってしまうあまり綺麗ではない日本語、というところでしょうか。

Q「お伺いさせて頂きます」という敬語

よろしくお願いします。

「お伺いさせて頂きます」という敬語の使い方は、やや不自然に感じますが正しいでしょうか?
間違っていればその部分と理由を教えてください。

Aベストアンサー

「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。
「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。

そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。

例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。
食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。

スミマセン。年寄りの愚痴でした。

Q「~してもらえるとうれしいです。」という表現

  
部下から送られて来るメールの文面に「~してもらえるとうれしいです。」という表現を最近よく見かけるのですが、私はこの表現に違和感を感じます。

普通に「~していただけますでしょうか。」と書くだけで良いのに、うれしいです。とはどういう心境をこちらに訴えているのか、と下衆(意地悪)な勘ぐりをしてしまします。

違和感を感じる理由については思うところがありますが、的確に指摘していただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>部下から送られて来るメール

という事は、仕事上のメールですよね。

「嬉しい」というのは、個人的な感情ですから、

「~して頂けると嬉しいです」

は、「個人的な・プライベートな依頼・お願い」で使われるべき表現でしょうね。


又、「嬉しい」自体は、「相手に対する感謝の意味」は含んでいません。

そうすると、「目下の人間が、目上の人間に、何事かを依頼する文章」としては、「相手を軽んじている」「公私混同している」ものに思われますね。


>普通に「~していただけますでしょうか。」と書くだけで良いのに、

そうですね。同感です。

恐らく、貴方の部下は「貴方に絶対~して欲しい」から、貴方が断りづらくなる様に、「最後の一押し」として「嬉しいです」と書くのかも知れませんね。

「~して頂けますでしょうか」は、相手(貴方)の意向を尋ねる形です。それに対して「~して頂けると嬉しいです」は、自分(部下)の都合・気持ちを一方的に伝えて終わる形です。前後の文章によっては、

「自分の都合を相手に押し付けているだけのメール」

ですから、「仕事上のメールである事」「送信者と受信者の関係性」等を考慮すると、違和感が生じるのでしょう。


どうせ細々書くのなら、

「~して頂けると大変有難いのですが、如何でしょうか」

「~して頂けると非常に助かります。何卒宜しくお願いします」

位書いてあると良いのにな、と思いました。

>部下から送られて来るメール

という事は、仕事上のメールですよね。

「嬉しい」というのは、個人的な感情ですから、

「~して頂けると嬉しいです」

は、「個人的な・プライベートな依頼・お願い」で使われるべき表現でしょうね。


又、「嬉しい」自体は、「相手に対する感謝の意味」は含んでいません。

そうすると、「目下の人間が、目上の人間に、何事かを依頼する文章」としては、「相手を軽んじている」「公私混同している」ものに思われますね。


>普通に「~していただけますでし...続きを読む

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング