出産前後の痔にはご注意!

アコードのユーロRに乗っています。(旧型)
高回転カムに切り替わるとマフラーから黒鉛がかなりでます。エンジンオイルは8000キロでレベルゲージの下ぐらいです。
何が原因で黒鉛が出ているのですか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ユーロR(CL1)乗りです。



ご承知かもしれませんが、ユーロRに関することは、ユーロRのカリスマ?ともいうべき、てらやんさんという方のサイトのQ&Aでさかんに意見交換が行われています。
そこでも、質問してみてはいかがでしょうか。

オイル減少については、メーカーでは3000kmで1リットルまでは許容範囲としています。もし、それ以上減少する場合には、ピストンリングの交換に応じます。ユーロRは車によっては3000kmで2リットルかそれ以上減少するものがあり、未だに詳しい原因はわかっていないのが現状ですが、ほとんどの車はピストンリングの交換で解消しています。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/1054/
    • good
    • 0

急にそのような現象になったのでしょうか?



一般的には空気量不足と燃調の狂い、チューンしているクルマであれば概ね黒煙は出やすいです。
走りを目指すクルマは概ねガスを濃い目に調整されているはずです。

私のはチューンしているため、ガスは濃い目に調整されていますので、強い加速をしたり高回転まで回すとマフラーから黒煙が出ます。通常の走りでは黒煙は出にくいです。
高回転ではガスを多めに噴射し、エンジンを冷やしたりエンジンブローの防止をします。

>かなり出ます
チューンしていなければ燃調の調整が必要かも知れません。またはエアエレメント、プラグの交換をしていなければ交換してみてください。

>レベルゲージの下ぐらい
エンジンオイルの量は適正範囲内であれば問題は全くありません。また5千回転以上を常用していなければ5千~8千キロ走行後の交換でも何ら問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

急に黒煙が多く出る現象になったかはわかりません。

今後エアエレメント、プラグを交換をして変化するか見てみます。

お礼日時:2004/01/15 12:39

黒煙の発生は空燃比の濃すぎが原因です。

オイルが燃焼室に回ってしまった場合は白煙になります。黒煙の発生は異常に多量の燃料が噴射されてしまうため、燃焼室内部で酸欠状態になり不完全燃焼が起こり、多量のすすが発生している状態です。

高速領域でののみの黒煙の発生のようですが、ECU等はノーマルのままでしょうか?もしROMの変更などが行われていれば、それが原因の可能性もあります。電子制御式の燃料噴射装置なのであまり考えにくいのですが、エアエレメントがひどく汚れている可能性もないとはいえません。

あとはエンジンルーム内のバキュームホース類のはずれやひび割れなどによってバキュームのもれ等が発生している可能性(間にホールドバキュームとスロットル開度・エンジン回転数を基準に燃料噴射量を算出しているので)もあるでしょう。電子式燃料噴射装置では一般の方が点検できる項目としてはこの程度までで、それ以上の点検整備には専用の計測器や専門知識が必要です。ディーラーなどで点検を受けることをお勧めします。
    • good
    • 2

エンジンオイルが燃えているのなら白煙がでると思うので、


黒煙の場合はコンピューターなどの不具合による燃調が濃い状態か
…単純なところではエアエレメントが汚れて詰まってるんだと思います。
    • good
    • 0

>エンジンオイルは8000キロでレベルゲージの下ぐらいです。


これってどういう意味でしょうか?もし、8000kmのあいだにエンジンオイルを交換していないとなると
問題です。でも、そんなことないですよね。

それと、細かいですけど黒鉛じゃなくて黒煙ですよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エンジンオイルの交換周期は約5000キロで交換しています。

すいません黒煙です。

お礼日時:2004/01/12 13:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVTECエンジンのオイルメンテについて

ホンダのVTECエンジンはハイカムを使うとオイルをかなり消費するらしく、オイルメンテを怠るとすぐ駄目になると聞いたのですが、どのくらいで交換すればいいのでしょうか?
できればVTEC乗りの方回答お願いします。

Aベストアンサー

私はDC-2Rに乗っています。
sh04さんは、どんな走り方をされているのでしょうか?

町乗りオンリーだったら、ディーラー推奨の1年or10000kmでいいのですが
サーキットや峠を走ると、ご指摘の通りオイル消費が激しいようです。
VTECはオイル管理が重要ですから、
距離の如何に関わらず、頻繁にチェックしてあげてください。

あと、通常の走行で(<これむずかしいけど)通常のメンテナンスをしていれば、VTECがだめになるとかはないですよ。
一応工業製品ですから(^^;

QVTECの欠点は?

 ホンダといえばVTEC、可変バルタイといえばVTEC、といわれるほど有名な技術のVTEC。Variable valve Timing & lift Electronic Control systemの略で、低中回転と高回転でバルブのリフト量およびタイミングを変化させ回転数全域で出力を発生するすばらしい技術です。
そんなVTECでも弱点はあるのでしょうか?どんな技術にも重かれ軽かれ多かれ少なかれデメリットがあるものですが、VTECに関しては耳にしたことがありません。
私が想像するのは(あくまで素人の想像ですが)、ロッカーアームが存在することで動弁系慣性重量が増加するのではないかというものです。いかがでしょうか?どなたかご存知の方いらっしゃいますか?VTECに弱点はない!というご意見でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
僕が知っている中のいくつか紹介しますね。(タイプR系、S2000などに搭載されているエンジンの場合)
まず、VTECが作動するときに、トルクが抜けてしまうことです。
パワーグラフを見ても、切り替わり始めたところからガクンと谷が出来てしまっています。
これをエキマニを交換したり、点火時期をずらしたりして解消させるチューニングをよくするそうです。
僕のクルマはトヨタ車で可変バルタイなんてカッコイイものはついてませんけど、
レッドゾーンが5500rpmからの実用エンジンで3000rpmから一気にパワーが出ますね。
なんちゃってVVT-iです(笑)

また、ただでさえフロントヘビーなFF車に、重心の高いVTECを積むことで、ハンドリングに
悪影響を与えると言う欠点もあります。
でも、さすがは世界のホンダです。シャープで警戒感のあるハンドリングに仕上げています。
オイル管理も非常にシビアですね。ターボ車と同じくらいシビアに行っても良いと思います。

ロッカーアームが…というのもありますが、それらは既に解決され、超高回転エンジンに仕上げられて
いますので、もう欠点とは言えないでしょう!
色々とシビアなVTECエンジンですが、それだけ精密に作られているということです。
シビアにメンテナンスができなければVTECエンジン搭載車に乗る資格なんてないと思います。
乗り手を選ぶマシンを作るのはホンダだけじゃないかと思います。           by.HONDA FAN

こんばんは。
僕が知っている中のいくつか紹介しますね。(タイプR系、S2000などに搭載されているエンジンの場合)
まず、VTECが作動するときに、トルクが抜けてしまうことです。
パワーグラフを見ても、切り替わり始めたところからガクンと谷が出来てしまっています。
これをエキマニを交換したり、点火時期をずらしたりして解消させるチューニングをよくするそうです。
僕のクルマはトヨタ車で可変バルタイなんてカッコイイものはついてませんけど、
レッドゾーンが5500rpmからの実用エンジンで3000rpm...続きを読む

QインテグラタイプR等とアコードユーロR等を比べて

初めまして。
現在アコードユーロR、もしくはトルネオユーロRのCL1を購入しようか迷ってる者です。
以前からインテグラタイプRやシビック等のVTECエンジン楽しそうだなぁと思っていたのですが、最近はゆったり乗りつつその気になれば速く走れ楽しめそうなこちらの車も魅力的に思えてきました。
そこで質問なのですが、アコードやトルネオのユーロR(CL1)に積んであるH22AのVTECエンジンはインテグラタイプR(DC2)やシビックタイプR(EK9等)のそれとはまた違った感覚のエンジンなのでしょうか?
よく、インテRなどではカムが切り替わった瞬間に強烈な加速が味わえるみたいな文章を目にするのですが、アコード等の情報がいまいち出てこず・・・
外観やらの印象ではなんとなくインテRとかよりはマイルドそうなイメージで、強烈に加速はせずとも上まで気持ちよく吹けつつ加速していくのかなーと思ってたりします。
オーナーさんや、乗り比べたことのある方おられましたら是非ご教授お願いします。

Aベストアンサー

CL1ユーロRのH22Aは排気量がそこそこあるため、タイプR系のB18Cよりはトルクが太く乗りやすい、それでいて高回転域のパンチもあるエンジンだと思います。

タイプRのB18Cは、はっきり言って低回転のトルクが細く、街乗りでは使いづらいエンジンです。渋滞は正直きついですね。そのかわり、回せば回すだけパワー感があるので、回して面白いエンジンではあります。が、実用性で言えばちょっと乗りづらいです。特に都会で渋滞の多い地域、坂道の多い地域は正直しんどいかと思います。

それに比べると、ユーロRのH22Aはトルクが太くて扱いやすく、余裕のあるエンジンです。高回転域のパンチはタイプR程ではありませんが、ゆったり乗りつつその気になれば速い、という質問者さんの理想に合っていると思いますよ。
ハイカムに入った後の加速感はH22Aでもちゃんと堪能できます。ただタイプRほど粗野な感じはなく、マイルドに吹け上がるイメージです。このあたりはアコード・トルネオのほうが車重があるから仕方ないですし、それがアコトルに合っていると思います。

というわけで、まさに質問者さんの理想かなと思いますよ。

どちらのエンジンにしろ、個体差でオイル減りがしやすいものがあります。
オイル管理がしっかりされていたかは、しっかり見極めたほうがよいですね。

CL1ユーロRのH22Aは排気量がそこそこあるため、タイプR系のB18Cよりはトルクが太く乗りやすい、それでいて高回転域のパンチもあるエンジンだと思います。

タイプRのB18Cは、はっきり言って低回転のトルクが細く、街乗りでは使いづらいエンジンです。渋滞は正直きついですね。そのかわり、回せば回すだけパワー感があるので、回して面白いエンジンではあります。が、実用性で言えばちょっと乗りづらいです。特に都会で渋滞の多い地域、坂道の多い地域は正直しんどいかと思います。

それに比べると、ユーロRのH22A...続きを読む

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む


人気Q&Aランキング