自分のお店を開く時の心構えとは? >>

私は極度のあがり症です。
人前にでて何かをしたり、話をすることもできません。
みんなに見られていると思うと、心臓がバクバクして息苦しくなってしまい、全身が震えてしまいます。
仕事にも支障をきたしてしまうほどで、本当にどうしたらよいのか悩んでいます。
同じような経験をされた方、あがり症を克服した方がいたら、ぜひ力になってください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

「自意識過剰」で検索してみて。


あなたがどういう状況なのか、わかると思います。
他人の目が気になるというのは、人のことばかり意識しているように思いがちですが
人から「自分」がどう見られているか・・・常に「自分のことだけ」を意識している状態です。
この状態では、人とうまくコミュニケーションがとりにくいと思います。
常に自分に意識が行っているせいです。自分以外のもの(人とは限りません)に意識がいくようになれば、苦痛が減ります。

あなたが思うほど、人はあなたのことを見てはいません。
あなたの行為や 言動や 存在を それほど観察している人はいません。
あなたは他人から見れば、どこにでもある風景のひとつ、
大勢いる通りすがりのひとりにすぎません。

だから、心配しなくても そのままのあなたで、大丈夫。

そのことがあなたの中で理解できれば、少しラクになると思います。

あと、あまり克服しようと躍起にならないほうがよいです。
自分のこの性格を、この自分のあがり症を、自分、自分・・・
と 余計に自分に気がいってしまって しまいに疲れます(笑)

メールカウンセリング、知っていますか。
東京カウンセル http://tokyocounsel.web.fc2.com/
ボランティアのカウンセラーが無料で相談にのってくれます。
ネットで見つけて、最初は本当に無料なのか、あやしいなーと思っていたんですが
ほんとに、無料です。こちらの素性は明かす必要はなく、匿名で大丈夫です。
何回メールしても、無料なので なんかうまくいかないなぁ と思った時は
返事が来ない間にまたメール送ったりすることもあります
自分の気持ちを文字にして送るだけでも、自分の状態がだんだんわかってきます。
わたしの担当の方は、だいたい数日中にはお返事くれます。
あまりたくさんは書いてくださらないですが、いつも何かヒントをくれます。

わたしはずっと人と関わるのを避けていたんですが、どうしても関わる必要が出てきたので
ここのメールカウンセリングを利用して、自分の状態を理解するうちに
人と会ったり話したりする苦痛が少し緩和されました。
最初に書いたようなことが理解できたのも、カウンセリングを受けたからです
そのあと、人前で話す機会があり、全然うまく話せないながらも必死でしゃべっていたら
ふいに、コツを得ました。あ、こういうことだったのか、って。
それでそれをまた、メールで送ったりして、相談するうちに徐々に整理がついてきました。
やっぱ自分だけの力では、なかなか。堂々めぐりで。
誰かの力を借りることで、自分を客観的に見ることができるようになります。

お仕事、あまり無理されませんように。誰にでも得意・不得意は、ありますから。
苦手なことは、無理せずに なるべく避けて通った方がいいと思いますよ。
それでも避けて通れない場面はあるでしょうし。
ストレスを感じる回数は、なるべく少ない方がいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
「メールカウンセリング」ぜひ利用してみます。
今まで親しい人にも言えなかった自分の思いを、誰かに聞いてもらえるだけでも何かが変われるかもしれない…そんな前向きな気持ちになりました。

お礼日時:2012/05/28 23:22

あなたはあがり症で心臓がバクバクするんですね。


私は赤面します。
ずっと悩みどうしたらいいのだろう。
気持ちの持って行き方が悪いのか
どんな気持ちで居ればこの症状はなくなるのか
ずっと悩み
いろいろ試して来ましたがもう無理だと思いました。
自分の気持ちではどうにもならない。
気持ちの前に体が反応してしまう。
まるでスイッチが入ったように。
同じじゃないですか?
私は諦めました。
もう赤面したらしたでいいやって。
それと同時に病院も行きました。
前にも行って薬を貰っていたのですが
その時はもし薬で治ったとしても気持ちの持って行き方がわからないままでは意味がない。
薬なしでは居られないし
やっぱり薬で治すのは止めよう
気持ちの持って行き方で治そうと思い通院を辞めてしまったのですが
今回もう気持ちじゃどうにもならない
治るならとりあえず薬で治そう
治ってから気持ちの持って行き方を考えようと思い
また通院始めました。
薬はありますよ。
私は薬はよくわからないのですが。
一度病院へ行ってみたらどうでしょう。
私は薬は効いてると思います。
時間かけて治そうと思ってます。
参考までに…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
できれば薬は使いたくない…でも、これも一つの手段として考えてみたいと思います。
まず、気持ちを切り替えてみることからはじめてみようと思います。

お礼日時:2012/05/25 18:54

人間を栄養だと考えれば気楽です。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

短いけどパンチのある回答、ありがとうございます!
こんな風に前向きに考えること、大事ですよね。
まずは気持ちの切り替え、やってみます。

お礼日時:2012/05/25 17:08

私も、極度のあがり症です。

小学校の入学式、6年生に名前を聞かれただけで泣きだすわ、中学の授業中指名されただけで泣きだすわ、高校の三者面談で一言も話せず呆れられるわと、散々でした。
が、大学に入ってから、人と接する機会が増えたせいか徐々に慣れました。
今でも人と話すのは苦手ですし、すぐに顔が赤くなってしまいます。
けれど、他人はあまり自分を見ていないものだそうです。
「誰にも見られていない」と自分に暗示をかけ、話すときは相手を見るふりをしつつ透過して壁を見ていたり、鼻をかむふりをして横を向いたり、資料を見たりメモをとるふりをしてうつむいたり、いもしない虫を目で追いかけるこてで今のところやり過ごしています…。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

今までの貴重な体験を教えていただき、ありがとうございます。
ほんとに慣れなんだろうなって思ってはいても、なかなか慣れることができずここまできてしまいました。
でも、私と同じ悩みを抱え、克服しようと一生懸命取り組んでいる人がいるということが分かって、とても力になりました。
私も自分に暗示をかけながら、少しずつ克服していけるように頑張ります。

お礼日時:2012/05/25 16:45

 きつい表現かもしれませんが、あがり症は容易には治癒できません。

一生続くものです。


 妙なことを言うと感じるかもしれませんが、「あがる」というのは、いいことです。

 
 自分が直面している状況や仕事などの重要性をあなたがしっかりと認識している証拠ーーーそれが「緊張」なのです。とてもいいことと考えられます。

 あまり悪いように、悪いように考えないで下さい。



 わたしも、実はたいへんな「あがり症」です。

 たいへん悩み続けています。

 ただじ自信過剰な人間よりはマシだと周囲は理解してくれます。

 「あがり症」とは一生つきあうと覚悟して下さい。




 唯一の対策は準備をよくすることでしょう。

 面接、プレゼンなどの場合、準備を十分すれば、すこしは気が楽になります。

 

 注意すべき点がひとつ。

 準備のし過ぎで、面接での回答が、「文章を読んでいるような不自然な日本語になる」という点です。

 これは、評価が下がるので注意して下さい。


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あがり症であることが良いことという感覚は今までありませんでした。
容易に治らないことは、今までの経験からも実感しています。
ならば、自分の性格・チャームポイントだ!くらい開き直って付き合うのも、良いかもしれませんね。
自分では考えられなかった、とっても前向きな意見…ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/25 16:52

やるっきゃないと思って、気合を入れなおしてやってます。


私は、顔が真っ赤になるので、隠せませんが、もうショウガナイト諦めてやってます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まずは、気合!ですかね。
私は、嫌だ嫌だって思ってばかりなので、気持ちで負けてるのかもしれません。「やるっきゃない」…いい言葉ですね。
この言葉を胸に、頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/25 16:57

私は、34才で技術職から営業職に替わりました。



営業は人の目を見て、真正面から話せないと相手にして貰えず、

出勤2時間前に、多摩川や荒川の河川敷で、30分
大声で挨拶の練習をして、始業1時間前には出社、
年は下だが営業では先輩が出社するたびに、
おはようございますと、声を出して半年、
1対1で営業活動が軌道に乗り始めました。

45才で部長職になると、いやでも4,50人の聴衆の前で
話しをしなければならず、

練習は、通常より大きな声で話をしてみるを繰り返し、
つっかえない話し方が、話すことの自信になりました。

話すことが苦でなくなると、あがることが減ってきました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

いろんな努力をして少しずつ克服しているんですね。
思えば私は何にも努力していませんでした。
なんとかその場から逃げよう、避けようとしてばかり…
少しずつ自分ができることを探して、克服できたらと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/25 17:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q極度の緊張症はどうしたら治る?

私はありえないほど緊張してしまうタチです。
特に緊張する場面では、声が震えそうになり、
小さい声しか出ません。

また、最近では、気にしすぎなのか緊張するような場面で
なくても声が震える、出にくいといった状態に
陥ります。非常に悩んでいます。

原因は一体なんなのでしょう?
よく、次のような事を感じます。
・なにか、お腹に力が入らないような感覚。ぶるぶる震える感覚。
・アゴが開きにくいような感覚。
※以前、片側のアゴばかり使っていたために、アゴがガクガクする
 感覚になった為に口腔外科へ行き、マウスピースなどを作り、
 また、両方で噛む習慣を付けたりしましたが、症状が完全になくなる
 ことはありませんでした。

と、体の症状はこんな感じです。
これも、声が出にくいなどの現象に繋がるのでしょうか?
また、極度の緊張症はどんなことをすれば改善されていくのでしょうか?ご経験者の方の意見をお伺いしたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一つの可能性として聞き流して下さって構いません^^;
自分も子供の頃から質問者さんと同じように酷く緊張症で困り果てていました。
緊張すると動悸やら赤面やら発汗やら腹痛やら吐き気やらで、
体中がお祭り状態になります。笑(←実際は笑えませんが)

「社会不安障害(通称:SAD)」という病気がある事をご存知でしょうか。
これは少し前からテレビCMなどでも取り上げられたりしており、
現代社会では多くの人が抱えている一般的な病気だそうです。
極度のあがり症の人は大抵この病気だったりするそうですよ。
一般的な症例をあげますと、「緊張・赤面・発汗・ふるえ・動悸、
声がでない・息苦しさ・腹痛・尿意頻回・ぎこちない行動」などがあるそうです。
この病気は脳の神経伝達物質のバランスの崩れなどが原因だと考えられています。
よって、薬物療法や精神療法によって改善する事が可能だそうです。
薬物療法などによりそのバランスを整えることができ、
つらい緊張症が改善されるならばそれに越した事は無いですよね。

私は医者じゃないので「確実にSADです」とは勿論断言できませんので、
やはり一度、病院に行かれて診断を受けてみられては如何でしょうか。
緊張症の原因はSAD以外の病気にも勿論ありますが、
病院で診察を受ける事によって、理解不能な緊張の「原因」が分かるだけでも
だいぶ精神的に楽になると思いますよ。実際私自身、そうでしたので。

長文すみません。お力になれれば嬉しく思います。<(_ _)>
↓SAD総合情報サイトのURLを貼っておきますのでご参考までに。

参考URL:http://www.sad-net.jp/

一つの可能性として聞き流して下さって構いません^^;
自分も子供の頃から質問者さんと同じように酷く緊張症で困り果てていました。
緊張すると動悸やら赤面やら発汗やら腹痛やら吐き気やらで、
体中がお祭り状態になります。笑(←実際は笑えませんが)

「社会不安障害(通称:SAD)」という病気がある事をご存知でしょうか。
これは少し前からテレビCMなどでも取り上げられたりしており、
現代社会では多くの人が抱えている一般的な病気だそうです。
極度のあがり症の人は大抵この病気だったりするそうです...続きを読む

Qあがり症で心療内科にいきたいのですが・・・・。

この春で大学の二回生になるものです。昔から大勢人がいるところでの発表やスピーチのときに心臓がドキドキしたり、手に汗をかいたり、上手くしゃべれなかったりして困っています。

大学一回生のときは市販薬のアタラックスPを緊張が予想される場面(といっても普通の英語の授業でも緊張するのですが・・・)の前に服用していたのですがほとんど効果がなく心療内科で薬を処方してもらおうかと考えています。

心療内科に行ったことを家族に知られたくないのですが保険証をつかえば家族にばれてしまうでしょうか?

家族にカミングアウトしたほうがいいという方もいると思いますが、僕の場合症状がそれほど重くなく特定の場面以外では生活にまったく支障が無いので、家族に病院にいった事を言えば僕が考えている以上に心配するでしょうし、家族に必要以上に心配されるとそちらの方が心が重くなります。

どうぞよろしくお願いします。。

Aベストアンサー

こんにちは。「緊張する」のはとてもよくわかります。私もものすごくあがる体質でたった10人の前で自分の意見をいうのも緊張して声が震えて、手も足も震えて赤面して汗かいてさんざんでした。でも今はそれを克服しました。結論をいうと「場数」じゃないでしょうかね~当初質問者様のように心療内科で薬が欲しいといって受診したこともありましたが、認知行動療法をすると言われて、その病院のスタッフの前でプレゼンテーションをやってもらうと言われて思わず逃げ出してしまいました。でも今思うとこの医師は正しいと思います。でも・・・ですよね。緊張しない人は聴衆をかぼちゃと思えとか、相手は自分をしっかりみていないから大丈夫とかそういうことを言われますが、それができたら苦労しませんよね。それで私はひたすら発表原稿をつくり、それを家で読みまくり発表にそなえました。100回は読んでいたと思います。おかげで本番に声がかすれていましたが、アガリは極度に減りました。さすがに10分原稿でも100回も読んでいると、それが場数になったような気がします。あとサブリミナル効果のCD「アガリ解消」というのBGMにして原稿を読んでいました。(CDの効果はビタミン剤みたいで効いているのかはっきりしないものではありますが何もしないよりはいいのかも)嘘と思って一度、一日中原稿読みまくってみてください。

参考URL:http://www.genic-net.com/yakuso/agari-a.html

こんにちは。「緊張する」のはとてもよくわかります。私もものすごくあがる体質でたった10人の前で自分の意見をいうのも緊張して声が震えて、手も足も震えて赤面して汗かいてさんざんでした。でも今はそれを克服しました。結論をいうと「場数」じゃないでしょうかね~当初質問者様のように心療内科で薬が欲しいといって受診したこともありましたが、認知行動療法をすると言われて、その病院のスタッフの前でプレゼンテーションをやってもらうと言われて思わず逃げ出してしまいました。でも今思うとこの医師は正し...続きを読む

Qあがり症にインデラル。効果はいかほど?

私は、極度も極度、病的な程のあがり症に悩んでいます。人前での発表などでは中断した経験もあります。
それでも、「みんな緊張している。」「場慣れだ。」と自分に言い聞かせ、社会人になり10年頑張ってきました。話し方教室や呼吸法もやってます。
しかし、場数を踏むことは私にはむしろ逆効果でした。失敗や恥を重ね、トラウマが根付いてしまったのです。
あがり症で一番怖いと言われる「負のスパイラル」にハマってしまいました。

今では突然、動悸や汗・震えが出てきしまいます。
人前じゃなかろうが、友達や家族と楽しい話をしていようが関係なくです。


「発表」や「報告」なんていう言葉がどこからか聞こえるだけでも一瞬血の気が引きます。

もともと明るい性格なので、その場はすぐにふざけでごまかしますが、いつか鬱になりそうで怖いです。
(というか、こんなに神経質になってる時点で既に心が病んでる気がします)

でもそれをどうにか食い止めたくて、緊張する場だけ薬に頼るのも仕方ないかと思いました。

そこで、海外であがり症の特効薬としてインデラルが用いられていることを知りました。
でも輸入は怖いので、病院でちゃんと処方されたいです。

内科に行けばもらえますか? また、本当にあがり症に効果がありますか?

最後まで長文を読んで頂き、ありがとうございました。

私は、極度も極度、病的な程のあがり症に悩んでいます。人前での発表などでは中断した経験もあります。
それでも、「みんな緊張している。」「場慣れだ。」と自分に言い聞かせ、社会人になり10年頑張ってきました。話し方教室や呼吸法もやってます。
しかし、場数を踏むことは私にはむしろ逆効果でした。失敗や恥を重ね、トラウマが根付いてしまったのです。
あがり症で一番怖いと言われる「負のスパイラル」にハマってしまいました。

今では突然、動悸や汗・震えが出てきしまいます。
人前じゃなかろうが...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

>海外であがり症の特効薬としてインデラルが
>用いられていることを知りました。
日本でも社会不安障害(SAD)等の治療に
インデラル等のβ遮断薬が用いられています。
メンヘル系の病院に受診すれば、処方されると思います。
http://www.sad-net.jp/#

β遮断薬の働きを簡単に説明すると
ノルアドレナリンやアドレナリンが自律神経(交換神経優位)に作用して
多汗、動悸、体の震えが起こる事を止める薬です。
言わば対症療法薬に過ぎませんが。
この薬の服用で自信が付いて、根本の拘りや囚われが
解消されればベストです。

逆に拘りやすい傾向の方は、薬自体には依存性が有りませんが
薬を飲んでいないとアガル・震え等の症状がでる
だから薬を飲まなければならないと
精神的依存に繋がる可能性を否定出来ません。
このカテゴリーでもその様な方が散見されます。

参考までに私の処方は
坑うつ剤パキシル
うつ病性障害も有りますし、SADの治療薬としても
処方されています。
坑不安剤エチゾラム(デパスのジェネリック薬)
溶け易く、甘味があるので頓服や舌下服用に適している。
デパス自体に筋弛緩作用もある。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025.html
遮断薬はアルマール
本態性高血圧症気味なもんでαβ遮断薬を服用しています。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2123014.html

>あがり症で一番怖いと言われる「負のスパイラル」にハマってしまいました。
>場数を踏むことは私にはむしろ逆効果でした。
>失敗や恥を重ね、トラウマが根付いてしまったのです。
本当は気にしないのが一番なんですけどね。
不必要な事(アガル、震え、人がどう思うか等)に注意を向けない、改善しようとしない。
何故か判っているのに出来ないですよね。

認知療法で言う自動思考状態になっているんでしょうね。
http://profile.allabout.co.jp/pf/ginzataimei/column/detail/19611
根本的に改善するのならば、費用や期間は掛かりますが
偏った認識や認知を修正する「認知行動療法」や
「あるがままで為すべき事を為す」拘りや囚われを解消する「森田療法」等が最良かと
http://www.jikei.ac.jp/hospital/daisan/morita/index.html

こんにちは

>海外であがり症の特効薬としてインデラルが
>用いられていることを知りました。
日本でも社会不安障害(SAD)等の治療に
インデラル等のβ遮断薬が用いられています。
メンヘル系の病院に受診すれば、処方されると思います。
http://www.sad-net.jp/#

β遮断薬の働きを簡単に説明すると
ノルアドレナリンやアドレナリンが自律神経(交換神経優位)に作用して
多汗、動悸、体の震えが起こる事を止める薬です。
言わば対症療法薬に過ぎませんが。
この薬の服用で自信が付いて、根本の...続きを読む

Q手の震え、極度の緊張を治すには

こんにちは

もともと極度の緊張、あがり症で苦しんできました。
発表や会議でもとても発言がつらく、ろれつが回らなくなります。
前に考えていたことの数%もうまく話すことができません。
なんとか日々しのいでいる感じです。
もう一つ悩みがあって、職業上、手を見られることが多いのですが、
手の震えで困っています。
一度意識してしまったら、どんどん震えるなと念じるのとは逆に、よけい震えてしまいます。常に手の震えに意識が向いてしまって、非常に苦しいです。
仕事だけではなく、最近では友達とお茶をしているときでも、コップをもつ手が震えてきついです。悟られてはいけないと腕と手に力を入れますが、おさまりません。
無理矢理手の震えを意識して抑えつけようとするのは逆効果だとわかっているのですが、どうしても手が震えて欲しくないために頑張ってしまいます。
結果は努力に報われるものではありません。

もともと緊張、あがり症だったのが、手の震えまでに拡大してしまって、年齢とともにおさまると思っていたのにショックを受けています。
これからもどんどんあがり症や手の震えが悪化するのではないかと怯えています。

かつてあがり症だった人や手の震えで困っていた人がいれば、どのような考え方、とられ方で症状を克服されたのでしょうか?
また治療方法もこれがよかったというものがあれば教えてください。

こんにちは

もともと極度の緊張、あがり症で苦しんできました。
発表や会議でもとても発言がつらく、ろれつが回らなくなります。
前に考えていたことの数%もうまく話すことができません。
なんとか日々しのいでいる感じです。
もう一つ悩みがあって、職業上、手を見られることが多いのですが、
手の震えで困っています。
一度意識してしまったら、どんどん震えるなと念じるのとは逆に、よけい震えてしまいます。常に手の震えに意識が向いてしまって、非常に苦しいです。
仕事だけではなく、最近では友...続きを読む

Aベストアンサー

ganbaruyoさん、はじめまして!

お気持ち、よーくわかります。
けっこう昔の私に似ています。

手の震えやあがり症を克服するには、それにとらわれないことがまず第一でした。といっても、どうしてもとらわれてしまうからどうしようもないですよね。
私も手の震えですごく苦しみました。
人にジュースやお酒を汲むときとか必死で、もう片方の腕で震えないように固定していました(笑)
今となっては笑って話せちゃいますが、手の震えやあがり症を克服する前はそれはもう大変でした。
メモを人に渡すときも手が震えて渡してしまう自分に嫌悪感を感じていましたし、その都度落ち込んでいました。
とらわれがもっとひどい手の震えへのとらわれを生み出して、エンドレスでした。その悪循環から逃れるために強固な意識を持つという強行突破をはかりましたが、大失敗に終わりました。
人と会話するにしても、緊張が過度にしやすい人でしたので、苦痛でしたよ。でも、必ず乗り越えられますからね!

とらわれの悪循環から脱出するには、認知の歪みを正すことがまず第一、いまのあがり症の状態になった原因を分析して、脳に受け入れさせることが一つ、意識や努力でどうにかできる状態でなければ、暗示を無意識から徹底して植え付けることが一つ、失敗してもいいという覚悟をもつ(これが持てたら本当に楽になりますよ)、トラウマへの執着を減らすこと(一つのことばっかりに執着していると出口が見えない悪循環に落ち込みます)などを私はしていきました。
私はそういう心理療法を岩波英知先生の元でうけて、あがり症や手の震えが良くなりました。私の体験ではありませんが、岩波英知先生の心理療法の体験記や感想が書かれてあるサイトが参考になると思います。私もそのサイトで岩波先生を知ることができました。
日本でも屈指の能力とカリスマ性を持つ方です。料金は高くて予約が混雑しているので、気軽にお奨めできる心理療法ではありません。
だけど、私があれだけ困っていたあがり症が治ったのでお知らせします。
私にもあがり症が乗り越えられましたので、ganbaruyoさんもきっと大丈夫です!! どうか、いまはあがり症や緊張、手の震え、会話の問題はしょうがないものだと思って、一つのことにとらわれないでくださいね! ganbaruyoさん、頑張って!!

参考URL:http://blackjack7777.blog102.fc2.com/,http://ocn2.sakura.ne.jp/hurue-hanasikata/

ganbaruyoさん、はじめまして!

お気持ち、よーくわかります。
けっこう昔の私に似ています。

手の震えやあがり症を克服するには、それにとらわれないことがまず第一でした。といっても、どうしてもとらわれてしまうからどうしようもないですよね。
私も手の震えですごく苦しみました。
人にジュースやお酒を汲むときとか必死で、もう片方の腕で震えないように固定していました(笑)
今となっては笑って話せちゃいますが、手の震えやあがり症を克服する前はそれはもう大変でした。
メモを人に渡すとき...続きを読む

Qデパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

デパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

たいした精神的不安ではないということですよね?

辛い人は1~2錠では効かないんですよね?

Aベストアンサー

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうしても増える。
そうなると飲む量も多くなる。
長期連用すると依存の副作用が現れる可能性も高くなります。

私はデパスのジェネリック薬を頓服で使っています。
あまりにも精神的不安が強い時だけに使います。
デパスは薬の切れ際がハッキリ判るので
切れた際、不快感や不穏が出てくることが有ります。

精神的不安が長く続く時は、同じ高力価で中時間作用のワイパックスを使います。
作用時間が12~14時間位です。
等価換算表ではデパス1.5g=ワイパックス1mgで同力価(量が少ない方が強い)ですが
眠気や筋弛緩作用の副作用が強くありません。
デパスに比べると効きがマイルドな感じで
効いてるのか切れてるのか、あまり感じませんので重宝しています。

余談ですが、デパスは日本で創薬された坑不安薬(旧吉富製薬)で
確かアメリカ・カナダでは販売未承認のはずです。
海外ではサプリ並みという事はないと思います。

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうして...続きを読む

Qあがり症を抑える薬

プレゼンで声、足の震える極度のあがり症で心療内科に行きました。
はじめはワイパックスをもらい会議の前に飲みましたが、まったく効かず、再度通院して、メイラックスとパキシルをもらいました。
パキシルは夕食後1錠、メイラックスはあがりそうな時に飲むようにいわれました。
薬で極度のあがり症が抑えられるのか不安です。

薬を飲んでいる方、効果のあった方、違った薬で効果があった方、教えてください。

Aベストアンサー

過度のあがりを多少抑える程度であれば実に簡単だと考える者です。

緊張してしまう最大要因として
「実際の自分よりもより良く見せたい」という心理が働いていると考えます。
「実際の自分」の定義は難しいですね、言い換えれば何かが不足している不完全な自分とでも申せましょうか、「人間」の定義としては当たっていそうです。
さてこの傾向は劣等感の強い人に多く見られる様です。

例えば仕事等で人に会うとします。
「切れ者の自分をアピールしたい」
との心理が働いたとします。
結果、イメージばかりが先行し普段使わぬ言葉を使おうなどの「無理」が、知らず働きます。
結果、肩に力は入る、心拍数はあがる、どんな剛の者でも緊張のレベルはアップしてしまいます。
これが過度のあがり症の方の場合は非常に大きなストレスになる訳ですね。
軽い神経症並、場合によってはそれ以上の苦しみを感じる事になるでしょう。

私の場合、「緊張している!」と、感じた時は子供を諭す程度にこうつぶやいているようです。
「上手くやろう、成功しよう、→とは考えない」。
「失敗しよう、とも考えない」

所詮自分を越える事は出来ない、この当たり前の事を確認するだけですね。

肩の力が抜ける為、結果的には物事が上手く運びます。
また、無意識に働く自分へのプレッシャーが少なからず抑えられる結果、緊張もかなり減るようです。

ちょっと前に仕事絡みでラジオに出演、一人で20分ほど話せとの要請がありました。
紛う方なきあがり症の私、以前であれば何とか言い訳を探して逃げたのでしょうが、既述の効果に少し自信を感じていた事も手伝いしぶしぶ引き受ける事にしました。

結果ですが、全く緊張しなかったのです、自分でも驚きました。
(一応話す内容はそれなりに整理しておりましたよ。)

さてスタジオに入るや、
「自分を超えたい、より良く見せたいなんて変な声がまた聞こえるな、困ったものだ」、と、考えるやスーっとリラックスでき、あまつさえ少しですが楽しむ事までも出来得たのです。

適度の緊張は絶対に必要なものです、これが全くなくなると大きな脱線をおこしたり(現首相もそんなタイプですかね)仕事等では必要な準備を怠りがちになるものです。

ただし過度の緊張は必要有りません、・・・が、分かっていても緊張しちゃうんですけれどもね。
そんな時、「なぜ緊張するのか」、原因を探ると根拠無くもだらだらと書いた様な内容が最も大きな要因になると実感として捉えられるようになっていたのです。
性格にもよるでしょう、あくまでも私の場合です。
もちろん遺伝的な要素も当然あるでしょう。

いずれにしろ病的なあがり症の方にも「一定の効果」は望めると「自信を持って」私は考えます。(繰り返しますが根拠はありませんが)

一方、訓練と位置づけ無理に人前に出る機会を増やしたり、焦燥状態で自己暗示をかけたりする様な行為は逆効果になると考えます。
既出の自律訓練法などもやり方次第ではその一つとなります。(あくまで「やり方次第」、私見です、先の方御免なさい)

私は先のラジオ出演の他、あろうことか客が300人の「ディナーショー」でど素人な歌を一人で歌うを筆頭にこれまで様々な醜態をさらす機会に恵まれてきました。(仕事の営業に絡み仕方なく;;)
場数を踏んで私が得たものは・・・・「もしこの状況でえらい失敗をしたらトラウマになり立ち直るのに時間を食うな」、そんな考えでした。
一般論とは逆です。
場数を踏めば自信が出る、それは大きな失敗を「しない場合のみ」に言える事だと考えます。

一度お試し下さい、緊張する場面に出る前です。
心の声に耳を傾けてみます。
まず大方「緊張しない自分を見せたい、イメージされるより良い自分を実現させたい」・・・漠然とであれこんな意識のベクトルの存在に気付き、うなづかれるはずです。

自覚できたら占めた物です、一呼吸おき、
「自分の持つ物以上の事は出来ない、生まれない、出せない」、この当たり前の事を確認するだけしてみましょう。
森田療法に全く詳しくはありませんがあくまでイメージですが結構似通っている部分が有りそうに思われます。
間違いなく違う点は、治療ではない、と言う事でしょうか、良く分かりませんが。

話は変わりますが。

さて、薬は使い方次第では大きな助けになるものと思われます。
実は私はごくたまに軽い物ですがうつっぽくなる事があります。
3.4年に一度位ですか、1.2ヶ月気力が少し萎える程度です。
とは言え仕事に差し支えるのも困る為薬を貰いに病院に行きました。
切れ者そうな医師に「いい薬がでましたよ」と、パキシルなるものを処方されました。
飲んでみるとあまりに眠気がひどく、寝る前に一錠(単位は存じません)を限度と考えました。
家には「薬の辞典」なる本がありました。(妻が看護師ですので)
何気なくめくり、「パキシル」のページを読んでみると初めてそれが鬱に特化した薬で無い事を知りました。
パニック障害などにも効くと書いてあります・・・すなわち緊張を緩和する効果もありそうだな、と当然の如く考え至りました。
すると驚くなかれ、何とそれを読んだ次の日?(あたり)から自信が出てきたのです、「私はリラックス効果のある薬を飲んでいる、知らず効果は表れているのだろう」、と。
暗示効果ですね、でも捨てたものではありません、暗示の占める割合が多いにせよとにかく自信にはなったのですから。

・・・しかし出鱈目な持論をこうも長く良く書けたものです、気分を害された事でしょう、謹んでお詫び申し上げます。

最後に
「メイラックス」の効果を今ネットで読みました。
効果は間違いなくありそうですね。

僭越ながら、ポイントは「薬で極度のあがり症が抑えられるのか不安です」、とお考えになるのではなく、「少しでも(わずかでも)軽快すればまず成功」と考える事だと思います。
そして最低それは実現するでしょう。

くどいですが期待が強くなるほどそれへの意識が過剰となり心拍数はあがります。
これによりせっかくの薬の効果が半減しては何とも勿体無い事ですよね。
少なくとも何らかの効果は出るはずです、噛みしめる様に実感されて下さい、自分に距離を置いてその状況を分析してみて下さい。(プレゼン前です)
医学の進歩による恩恵を素直に喜ぶ事が出来るはずです、これは素晴らしい体験だと考えます。

励ましの言葉も何も書きません(独断アドバイスへの謝罪は致します)、ただ良い結果が得られる事をお祈り申すのみです。
そして・・・長文本当に失礼致しました。

過度のあがりを多少抑える程度であれば実に簡単だと考える者です。

緊張してしまう最大要因として
「実際の自分よりもより良く見せたい」という心理が働いていると考えます。
「実際の自分」の定義は難しいですね、言い換えれば何かが不足している不完全な自分とでも申せましょうか、「人間」の定義としては当たっていそうです。
さてこの傾向は劣等感の強い人に多く見られる様です。

例えば仕事等で人に会うとします。
「切れ者の自分をアピールしたい」
との心理が働いたとします。
結果、イメージ...続きを読む

Q医師がインデラルを処方してくれない・・・・・・

お世話になります。

元々、小心者で緊張しやすい性格で通院しております。
現在、セパゾンを一日3錠処方されておりますが、あまり効果がなく緊張感が取れません。

ネットで調べてみたのですがベータブロッカーのインデラルが心拍数を下げて
緊張を取る作用があるとわかったので、
早速医師に相談してみたところ、「インデラルは手の震えなどに効果があるだけで、なんとか」と
言われ結局処方されませんでした。

ネット通販でも購入できるみたいですが、
やはり勝手に買って飲むのは危険な感じがします。

セパゾン自体が抗不安薬の中でも強い方で作用時間も長いそうですが、
緊張が強く、あまり効果を実感できません。

何か良策はありませんでしょうか?

助言をお願い致します。

Aベストアンサー

僕(うつ歴9年)はセパゾンから、デパスという不安薬に変わり、しかも1回1ミリ毎食後と頓服で出してもらってます。

普通の内科では、ちょっと寝付きが悪い風邪の時に処方されるような薬です。

眠くなるんですね。

でも僕はいま、それだけ飲んでも眠くならないし、なんとか落ち着いてます。

βブロッカーなんかに作用するのは、ちょっとまた別の病気かもね。

一先ずはデパスにしてもらいたいと。
0、5ミリもありますから、そこから始めてみたらいかがかな?

Qインデラル錠の頓服服用について(妊娠希望)

こんにちは。
アドバイスをいただけたら幸いです。
現在1児の母です。
私は恥ずかしながら、私は結構なあがり症で普段は全然きずかれないのですが(社交的だと思います。人と楽しくすごすのも遊ぶのもすきです)、会社のみんなの前で発表するときに信じられないくらい「動機・震え」がきてしまいます。
たぶん、幼いころのトラウマが原因です(緊張してすごく恥ずかしい思いをしてしまいました・・)。自分でも分かっているんです。。。
現在WMとして仕事は充実しているし(パートですが楽しいです)、このまま続けたいのです。
そのためにも、あがり症を克服したいので「このまま悪循環が続くとよくない」と思い、よいイメージをつけるために「インデラル錠」の頓服をしております。(月に1-2回・10-20mg?)
やはり、効果はそれなりにあるような気がします。気持ち的に落ち着きますし。

長くなりましたが、本題に入ります。。
第二子を望んでいるのですが、頓服的な服用はやはり避けたほうがいいでしょうか?
第一子のときは、この薬自体知らなかったので、服用してません。
よくないことは分かっているのですが、精神的にもあの緊張状態を気にしながら仕事をしていくほうが問題ありのような気がしています。
弱い自分で情けないですが、本当に悩んでいて、このことは主人にすらいえません。。

以上、お忙しいところ申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

こんにちは。
アドバイスをいただけたら幸いです。
現在1児の母です。
私は恥ずかしながら、私は結構なあがり症で普段は全然きずかれないのですが(社交的だと思います。人と楽しくすごすのも遊ぶのもすきです)、会社のみんなの前で発表するときに信じられないくらい「動機・震え」がきてしまいます。
たぶん、幼いころのトラウマが原因です(緊張してすごく恥ずかしい思いをしてしまいました・・)。自分でも分かっているんです。。。
現在WMとして仕事は充実しているし(パートですが楽しいです)、このま...続きを読む

Aベストアンサー

インデラル錠の使用上の注意:妊娠中の投与により新生児の発育遅延、血糖値低下、呼吸抑制が認められたとの報告があり、また、動物実験で胎仔に対して、母体より長時間β遮断作用を示すことが報告されているので、妊婦または妊娠している可能性のある婦人には、緊急やむを得ない場合以外は投与しないことが望ましい.とありますので,これは止めた方がいい薬ですね.
くよくよしても始まりません,医師に相談が一番です.

Q対人恐怖症が治った人のおすすめ治療方法

対人恐怖症(医者によっては社会不安障害とも言うと思います)が治った、または改善された人に質問です。

どのような方法で対人恐怖症、社会不安障害を克服できたのですか?
自力でも他力でも治療方法を教えてください。

私は対人恐怖症や社会不安障害と診断されてきました。
安定剤を飲んでも一向に対人恐怖症の症状は良くならず、辛酸を舐めています。なぜ自分だけがこんなに苦しまなければならないのか、産まれてきた意味を見いだせません。
ほんとうにきついです! 同じ対人恐怖症で苦しんだことがある人ならよくわかると思います。
この世から人間がいなくなることはあり得ません。自分の対人恐怖症が治ることがない限り、一生この苦しみは続くと思います。

でも、世の中には対人恐怖症、社会不安障害が良くなって、楽しい人生を送れるようになった人もいると思います。
そういう対人恐怖症克服の先輩たちはどんな方法で、どんな心構えで症状を治していったのが知りたいです。

治った病院や施設、機関や、こういう考えで克服できたなど悩める私に教えてください。

Aベストアンサー

こん**は!
対人恐怖症(社会不安障害)を克服できた人間です。
今は自分で言うのも何ですが、なかなか充実して楽しいですよ。
充実していると、雪だるま式にどんどん楽しいですね。
対人恐怖症で苦しんでいたときは、やっぱり雪だるま式に転落して恐怖だけがふくれあがっていましたが(笑)。
まあ、悪化する方が圧倒的にスピードが速いので、良くなるためには一度自分のおかれた社会不安障害という状況を受け入れてください。昔のまだ悩んでいなかった頃の自分と比較してはいけないです。

社会不安障害と言われたのなら、自力で治そうとするとジレンマに陥って落ち込んでしまうので、専門家の力を借りてください。
自分の問題なので、独力で治そうとする意志と決意は必要ですが、焦ったり不安に陥ったときに、よけい不安や症状を強化してしまう恐れがあるので、ぜひ力を借りてみてください。

安定剤を自分も飲んできましたが、まったく効果が出なかったです。
治すにはもっと根本からやらないといけないです。

自分が対人恐怖症が治ったのは、そういう信頼できる実力が高い心理療法士のお世話になったからです。
無意識レベルに対人恐怖症の原因がへばりついているから、どんなに意識で努力しても、なかなかうまくいかなかったですよね? 無意識(意識下)にどうしようもないマイナスの感情や不安が鬱積して、反射神経回路に対人恐怖症が入り込んでいました。
神経症がどんなに努力をして気合いを入れても、しょせんは表面上をなぞるだけで、意識下には届かないです。だからジレンマに入り込んで、落ち込んでうつ状態になったり、気力が続かなくなります。
理由があって対人恐怖症を発症しているのですが、実は恐怖というのは人間を守るために必要な行為ですよね。
恐怖感、警戒感ゼロの生き物は生きていくことができません。
だから、あってしかるべきなのですが、問題はそれが行き過ぎていることに神経症の問題があります。
恐怖や警戒感、自意識がそこまでなってしまったことには、必ず理由があります。僕にもそのルーツ分析をして、ちゃんと発見しました。
それはイジメだったり、友人に裏切られたとか、からかわれて人間不信になったとか、親や学校の先生に自分の気持ちを踏みにじられたとか、愛情不足だったとか過干渉だったとか、人それぞれ理由があると思います。
そういうことが積み重なって対人的な恐怖が起きるので、そこを処理していかないと難しいです。

それで、自分がやった心理療法で、無意識(意識下)レベルから原因を破壊していくことをしました。トラウマ処理ですね。岩波英知先生という人なんですが、希代のスゴ腕なのですごい深い無意識をのぞける状態に誘導してもらって暗示やルーツ分析をしていきました。
他にも認知療法的なことをやったりしたんですが、つまり無意識にある「原因」を「原因」ではなくすることをして、僕は社会不安障害が治りました。文字数の制限があるので詳しくかけないですが、対人恐怖症が起こる回路をなくしていくという方法でした。
根本から治していく方法がどちらにしてもいいですよ。
可能なことですから、頑張ってください!

参考URL:http://www.mind-artist.com/

こん**は!
対人恐怖症(社会不安障害)を克服できた人間です。
今は自分で言うのも何ですが、なかなか充実して楽しいですよ。
充実していると、雪だるま式にどんどん楽しいですね。
対人恐怖症で苦しんでいたときは、やっぱり雪だるま式に転落して恐怖だけがふくれあがっていましたが(笑)。
まあ、悪化する方が圧倒的にスピードが速いので、良くなるためには一度自分のおかれた社会不安障害という状況を受け入れてください。昔のまだ悩んでいなかった頃の自分と比較してはいけないです。

社会不安障...続きを読む

Q緊張すると心臓がバクバク、動悸が。。。

どうもこんにちは。30代会社員です。
通常仕事時には起こらないのですが、教えてください。

朝礼で数十名の前で企業理念を1ページ交替で朗読するのですが
緊張し心臓がバクバクし、声が震え、正常に読めなくなります。
(支店長や上司がおり、聞いていると思うと心臓がバクバクします)

1回目は「緊張していたからかもしれない」と思っていましたが
先日、2回目も同じような症状になりました。

それを嫁に伝えると、心療内科へ行ってみるといいよ。とのこと。
週末のため、病院へ行けず、ちょっと待ちの状態になります。

そこでお聞きしたいのですが、この症状はやはり病気ですか?

昔から上司、先輩から怒られると萎縮している状況が多く
続きました。これらも影響しているかもしれません。

改善する方法はありますでしょうか。
ちょっと今後もそうなると困るので治したいと思っています。

Aベストアンサー

神経症の一種という事かと思います、そこで神経症になると言う事と、なったと言う事と、治ったと言う事を書いてみますので参考にして下さい。

神経症を説明する時に、どの方面から説明するかで、話の内容が違ってきます。ですが根本のところは、症状が違っていても同じ事ですので、その根本をまず書いてみます。

神経症を起こしている根本は、不安です、不安を感じるために、その事を予想して何も起こらない内から不安を感じてしまいます。その不安を不安という風に意識上に載せて問題としてしまいます。

神経症の原因は「不安を意識する事」という事になります。

終りに治し方というものを説明しますので、神経症というものをもっと突き詰めて説明してみます。

神経症を起こしているものは、自分の心です、自分の心は二つのものから成り立っています。意識している自分が一つあります。もう一つは「自分が意識していない時にうまく働く自分の心」というものです。

真剣勝負で剣豪が立ち会いをしています。その時に「意識」をした方が負けます。言い方を替えたなら、自我意識に戻らない、或いは、自我意識が引っ込んだままの方が勝ちます。

ゴルフの優勝が掛った一打を打つ時に、意識をした方が、体が言う事を利きません。言い方を替えたなら、如何に自我意識を引っ込ませていれるのかが勝敗を分ける事になります。「意識」の仕方、「不安」の処理の仕方がカギとなります。

貴方の場合に話を戻します。貴方の場合は、このままではうまくゆきません。神経症というものは今言った事が原因で発症しています。神経症は自分の心に無知な処から発症しています。

その事を解消するのには、方法が有ります。症状、或いは不安というものを解消しようとしない事です。神経症は症状を「治したい」という心の働きが「症状を作っています」或いは発症させています。

神経症には様々な症状が有ります、ですがその原因は症状が出た事によって社会生活が円滑に行かなくなってしまい、その症状を無くしたい、或いは症状を「毛嫌い」してしまいます。この心の働きが『症状を固定』させています。

従って神経症の完治を望むのならば、症状は「『不問』という事になります。症状に係わっていたならば一生かかっても治らないと言う事になります。神経症の完治を望むならばやり方が有ります。

症状を相手にして、良くなった、悪くなったと言う心の働きそのものが神経症というものを発生させる原動力になっていると言う事を忘れないで下さい。

治し方と、治ったと言う事を説明してみます。

神経症は、自我意識と、それともう一つ自分を働かせているものが在ると言う事を踏まえた上で説明しないと話が進みません。人間の心は自我意識と、もう一つ自分を働かせている処の意識というものが有ります。是は「仏性」というものです。

今の貴方は今の訴えというものを通して「仏性」と対立と矛盾を起こしていると言う事です。

本当の治りというものは、症状の改善を求めなくなった時に訪れます。症状の改善を求めている事が「症状の発症と固定の元をなしています」従って症状が有ったままで、そのままで、今の生活を続けてゆくしか在りません、辛いかも知れませんが、その方が近道となります。

そうして学ぶ事が有ります、貴方と同じ症状も、違う症状もありますが「神経症」そのものを学ぶ事です。人間はどうして悩み苦しむのかという事です。その答えが判った時に貴方の不安が解消します。

自分の心が自分の心を不安にしていた事が判るからです。貴方が今の症状を解消した状態を書いてみます。貴方には今の症状がそのまま残っています、ですが不安が無くなっています。そのために症状の事は忘れています。症状は意識には上ってきません、心を良く観察しないと症状は判りません。そのために貴方は自然と「無意識になって」話が出来るようになっています。今の貴方は意識のし過ぎで無意識に成り難くなっています。

無意識を司っている主人公が仏性です。貴方が症状を完治した時には悟りを開いているかも知れません。貴方は仏性と仲たがいをしている状態だからです。神経症とは自我意識と仏性がうまく連絡が付かなくなった状態という事が判るからです。

神経症の一種という事かと思います、そこで神経症になると言う事と、なったと言う事と、治ったと言う事を書いてみますので参考にして下さい。

神経症を説明する時に、どの方面から説明するかで、話の内容が違ってきます。ですが根本のところは、症状が違っていても同じ事ですので、その根本をまず書いてみます。

神経症を起こしている根本は、不安です、不安を感じるために、その事を予想して何も起こらない内から不安を感じてしまいます。その不安を不安という風に意識上に載せて問題としてしまいます。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報