今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

困っています。
どうか御助力をお願い致します。



現在、Windows7(64bit)の入ったSSD(64GB/G.SKILL;FALCONII)を使用しています。
pagefile.sysやhiberfil.sysを別ドライブへ移行したり削除する事で容量を稼いできましたが、いずれは厳しくなる可能性もあります。
そこで、新しく購入したSSD(120GB/I・O DATA;SSDN-3T)へクローンを作成しようと思い『Acronis True Image Home 2012』を使用したところ、クローンの作成ができませんでした。


旧SSD、新SSDともに内部SATAで接続。

True Imageを起動→クローンの作成

ソース、ターゲットを選んで実行

再起動を促されるため、再起動

再起動後、何も起きないため再実行

1秒と掛からずに「クローンが作成された」と表示

新SSDを起動ドライブとして接続、旧ドライブの取り外し、BIOSの変更

OSが認識されず、起動不可

旧SSDを再接続起動、新SSDも別のポートへ接続し確認したところ出荷状態のまま


何度やっても同じ結果となり、クローンが作成できません。
このソフトはSSD同士のクローン作成には対応していないのでしょうか?

一週間程前に別のSSD(128GB/OCZ;Vertex4)でも試していますが、その際も同じ様に作成できませんでした。
SSDの相性が悪いのかと思い、今回、別のSSDで試した次第です。



分かりづらい文章で申し訳ございませんが、御助力を頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちわ



他のパソコンからAcronis True Image Home 2012を起動
そのパソコンにSSDをつなぎ
まずはイメージ化し保存し終了
新しいSSDをつなぎかえてから復元で
できませんでしょうか
(この場合はもう1台パソコンが必要ですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答を頂き、ありがとうございます。

他のパソコンでTrue Imageを起動し、旧SSDと新SSDの両方を繋いでクローン作成を実行したところ、成功しました。
イメージ作成を利用しての方法をご提示頂きましたが、直接クローン作成を実行しても可能でした。

この度は貴重な意見を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/10 14:36

No.2で回答した者です。



>載せ替えも考えましたが、ハードウェアの変更でOSのアクティベーションを数回行っているので電話認
>証をまた繰り返すのが手間であることと、他にもアクティベーションをし直す必要があるソフトが数本
>あるため、できれば回避したくてクローンの方針を取りました。

あ、誤解を招く表現していたみたいでごめんなさい^^;

私の方法はOSの入れ替えじゃないので再アクティベーション必要ないです。
というか、要はクローンと同じものなので問題ないです。

クローンソフトを使用してのクローン作成をしたいのであれば無視してくださいと書くべき
でしたね^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御丁寧にありがとうございます。


こちらこそ、当方にWindowsに付属する標準機能を理解していなかったために御迷惑をお掛けしました。

今回、別PCを介する事でクローンソフトを利用したクローンに成功しました。
貴重なご意見を頂き、ありがとうございました。
今回は利用しませんでしたが、システムのバックアップをするに辺り、今後の参考にさせて頂きたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/10 14:41

>現在、Windows7(64bit)の入ったSSD(64GB/G.SKILL;FALCONII)を使用しています。



いや~、同じマイナー製品を使用されている方がいてうれしくなりました(^^;
#これが発売された時はIntel一色でしたけど、値段が安くて買って良かったと思いました。

私もこのSSDからCrucial m4の128GBに乗り換えたんですが、 クローン作成ソフトは
使用しませんでした。
なので、まったく参考にならないかもしれませんが…
#クローン作成というより載せ変えの手順の為

とりあえず、システム領域(おそらくCとDあたり?)をバックアップ出来るHDDが
あればWin7標準のバックアップ機能を使ってバックアップを実施(システムイメージの
作成というやつです)

そのとき一緒にシステム修復ディスクの作成を実施。

後は、SSDを物理交換して上で作成したシステム修復ディスクからブートしてメニュー
にしたがってシステムを修復すれば完了です。

ちなみに、この作業では64GBのパーティション(実際は61GBくらいかな?)しかCドライブ
がないですが、Win7標準機能のパーティションの拡張機能で全部Cドライブに出来ます。

Win7標準の機能って結構便利なのが多いのですが(まあ、タダなのでイマイチの部分もあり
ますが(^^;)、あんまり使用されてない印象ですね。

あ、載せ変えじゃなくてクローン作成が必要及び余分なHDDがない場合は無視して下さい^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答を頂き、ありがとうございます。

私もFALCONIIの値段が安かったので飛びつきました(^^)

載せ替えも考えましたが、ハードウェアの変更でOSのアクティベーションを数回行っているので電話認証をまた繰り返すのが手間であることと、他にもアクティベーションをし直す必要があるソフトが数本あるため、できれば回避したくてクローンの方針を取りました。

今後、クローンは不可であることが確実になった場合、御教授を頂いた方法を進めていこうと思います。

お礼日時:2012/06/06 10:44

数年前のSSD バンドル品のAcronis Migrate Easy ですが、


ディスクのクローン作成は手動でやっています。
失敗した例としては、
OS起動後に、ディスクトレイに追加し電源をON した、SSDやHDDは、再起動の際に認識できません。
起動中に追加したら、まずフォーマットして、再起動してから Acronis Migrate でクローンします。
外していたら、ごめんなさい。
ただし、起動ディスク以外同士のクローンは再起動無しで処理されます。
たとえばxpで起動し Eのwin7 → 追加した F ドライブへ引越し 
する場合はその場でコピーが始まります。  この場合引越し先のディスクで起動する際にエラーが出たら、修復ディスクから起動して修復すれば治ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答を頂き、ありがとうございます。

Acronis Migrate Easy 7.0で試しましたが、こちらも同じように再起動が掛かり、再起動後は新SSD自体を認識をしてくれないという結果に…。

クローンを作りたいのは起動ディスクで、接続は内部SATAですので常に電源はONになっております。

お礼日時:2012/06/06 10:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSSDを外付けケースでUSB接続しました。認識しません・・・

こんにちは
端的には、タイトル通りです。

PC VAIO Fit15 i5 Win8.1

HDDケース Inateck FE2006 
http://www.inateck.com/jp/inateck-automatic-usb-3-0-enclosure-sata-ssd-fe2006-blue/

SSD シリコンパワー Slim S80 120G
    A-DATA ASP600S3-256GM-C

HDDケースは、USB2.0接続の一昔前の物も手持ちに有ったので、試してみましたが、ダメでした。
また、Inateckのケースに、HDDをセットすると、普通に認識されました。

「認識されない」というのは、正確ではないかもしれません。エクスプローラーの「PC」で、外付けドライブとして表示されません。
ただ、「デバイスとプリンター」では、外付けケースは認識されているようですし、SSDも認識されているようです(プロパティでメーカー、型番が表示される)。また、「安全な取り外し」をしなくてはならないようです。

SSDの取り扱いには、注意を払いました(静電気対策等)。

不良品、故障以外に、何か心当たりはありませんでしょうか?
よろしくお願いします。

こんにちは
端的には、タイトル通りです。

PC VAIO Fit15 i5 Win8.1

HDDケース Inateck FE2006 
http://www.inateck.com/jp/inateck-automatic-usb-3-0-enclosure-sata-ssd-fe2006-blue/

SSD シリコンパワー Slim S80 120G
    A-DATA ASP600S3-256GM-C

HDDケースは、USB2.0接続の一昔前の物も手持ちに有ったので、試してみましたが、ダメでした。
また、Inateckのケースに、HDDをセットすると、普通に認識されました。

「認識されない」というのは、正確ではないかも...続きを読む

Aベストアンサー

下記が判りやすいでしょうか。
http://www.windowseight.net/setup/ssdformat.html

以前に良くありましたが、HDDを外付けUSBケースに入れてパソコンに繋いだが、認識されないのは何故か? と言う質問と同じですね。通常、エクスプローラにはフォーマットされた使用可能な状態でないと表示されません。未フォーマットだと、エクスプローラでは表示されません。ただし、BIOSのレベルやディスクの管理などで表示されていれば、認識はされています。もし、認識されていない場合は、HDD/SSDが存在していないと言う訳で、故障している可能性があります。

また、USBケースに入れていると、インターフェースだけ認識されている場合があり、デバイスマネージャでは表示されているが、HDDが存在していない場合があります。これも、HDD/SSDが故障している可能性があります。

今回は、フォーマットの問題だけだと思います。多分........

QmSATAとSATA――SSDの速度差・性能差、等

今般、ノートパソコンを購入しようかと考えています。とくにSSDについてはこれまで使ったことがないこともあり、値が張りはするのですが関心を持っています。そこで、mSATAとSATAドライブについて、教えてください。

1.ある販売業者のコールセンターに問い合わせをしましたところ、「速度に関してmSATAはSATAほどではない。HDDよりSATAの方が当然速いが、mSATAはその中間である」という説明がありました。これは本当でしょうか。私としては、SATAとmSATAというのはほとんど同じものと理解していたのですが……。

2.仮に上記が事実だとしたら、「100GBのmSATAと100GBのSATAドライブとを組み合わせた」コンピュータより、「200GBのSATAをパティション2分割した(mSATAドライブなし)」コンピュータの方が優秀ということになるものでしょうか。

3.以前は、SDDについて「寿命」が懸念材料の一つだと説明されていたものと記憶しています。しかし、最近ではあまり心配するコメントをあまり見かけなくなったように思います(多くのパソコン販売業者が説明するSSDまたはSATAの欠点は、「ディスク1台あたりの容量が少ない」「ハードディスクに比べて容量あたりの価格が高価」の2点のみを挙げる例がほとんどのように思われます)。本当に心配しなくても良いものでしょうか。だとすると、近年、SATAの消耗を防ぐ劇的な技術革新でもあったのでしょうか?

4.このパソコン販売業者の場合、SATAについては「インテル(R) 520 シリーズ」と紹介し「6Gb/s」と速度まで明示してあるのに対し、mSATAについては製造者はおろか性能に全く触れられていません。これは、mSATAは「安物」を使っていると理解すべきでしょうか(「mSATAがSATAより遅い」というのも、このせいだったのでしょうか)? 
 またそうだとして、(上記3の質問に戻ってしまいますが)SATAに比べてmSATAの方が早くダメになってしまうということはありますでしょうか(少し前の著述だったと思いますが、「安物のSSDは、インテル社製と比べて劣化が早い」などという説明と検証実験の紹介を読んだことがあったように記憶しているものですから……)。
 また、この業者は、「mSATAを設けている場合、OSはmSATAにインストールする」と説明していましたが、(若干なりとも)遅くて劣化しやすいところにOSを入れておくのは賢明な選択なのでしょうか?

今般、ノートパソコンを購入しようかと考えています。とくにSSDについてはこれまで使ったことがないこともあり、値が張りはするのですが関心を持っています。そこで、mSATAとSATAドライブについて、教えてください。

1.ある販売業者のコールセンターに問い合わせをしましたところ、「速度に関してmSATAはSATAほどではない。HDDよりSATAの方が当然速いが、mSATAはその中間である」という説明がありました。これは本当でしょうか。私としては、SATAとmSATAというのはほとんど同じものと理解していたのですが……。...続きを読む

Aベストアンサー

1:
mSATAは圧倒的に3Gb/sの旧世代規格が多いので、最高速度の理論値はSATA3の半分。
実際に半分の速度しか出ないわけではありませんが、最新のmSATAは3Gb/sでは不足するので最高速度は抑えられてしまう事に。
ただし、圧縮ファイルの大量コピーなど、単純な処理でピーク性能が問われる場面は実際の利用シーンでは限られますから、多くの作業では大きな問題にはならないはず。
例えば、OSの起動速度で数秒程度の差が出たり、巨大なプログラムの立ち上げで少々の差が付く事は有り得ますが、SSDに収めたプログラムを利用した際のレスポンス向上などを期待している場合には期待通りの結果が得られます。
3Gb/sがランダムアクセスの足枷になる事が今のところ無いからですが、ここは規格ではなく製品毎の性能差がものを言う部分。

2:
事実であれど無かれど、同時アクセスで高い負荷を与えるなら物理的に分けた方が有利。
そうでない場合はSSDならパーティション分割しても速度に影響はありませんが、分ける事によって容量的なデメリットが発生する点には注意を。
程度は製品毎に異なりますが、SSDは空き容量が一定以上減ると性能は低下し劣化速度は加速するので、分けずに使えるなら分けない方が無難。

3:
寿命については既出で繰り返し「心配するだけ無駄」という話が出ているので長く説明はしませんが、私も主観で言わせて貰えれば、SSDが書き換え上限の限界を迎えるよりも、HDDが物理的な故障で寿命を迎える可能性の方が遥かに高いと思いますけど。
少なくとも、HDDが数年以内に故障した経験は何度かありますが、SSDが初期不良以外で数年内に故障した経験はありませんので。

4:
安物のmSATAと言うより、高価なマザー以外で採用されるmSATAが3Gb/sなので、マーケット上の理由から都合の悪い数字を伏せたのであろうと思われます。
前述した理由の通り、だからmSATAはダメだという事にはならない、と私は考えますが、旧世代のmSATA用SSDには一般向けにロクな製品が無かったのも事実で、製品の詳細が不明というのは恐ろしいものが。
購入するなら業者に詳細を聞いた方が無難。
聞けない場合、私ならそこからは買わない。

IntelのSSDが他を圧倒する性能や耐久性を持つ事実はありませんが、各種テスト結果から、かなり安定して良好な結果を残す製品が多い傾向にある、という事はハッキリしています。
世界に君臨する超巨大メーカーのブランド力もあって人気がありますが、特にこだわりが無い状況で価格的に悪く無いIntel製SSDが有るなら、選択肢に加えるのも良いかと。
どんなメーカーの製品であれ、余りに世代落ちすると悲惨な事になりますから、Intel製という以外に一切の情報が無い場合、それは流石に選択肢に成り得ませんが。

1:
mSATAは圧倒的に3Gb/sの旧世代規格が多いので、最高速度の理論値はSATA3の半分。
実際に半分の速度しか出ないわけではありませんが、最新のmSATAは3Gb/sでは不足するので最高速度は抑えられてしまう事に。
ただし、圧縮ファイルの大量コピーなど、単純な処理でピーク性能が問われる場面は実際の利用シーンでは限られますから、多くの作業では大きな問題にはならないはず。
例えば、OSの起動速度で数秒程度の差が出たり、巨大なプログラムの立ち上げで少々の差が付く事は有り得ますが、SSDに収めたプログラムを...続きを読む

QSSDはフォーマット必要ですか?

インテルのSSDは、
最初にフォーマットしないとダメなのですか?

Win7 64bitで使います。

Aベストアンサー

紙一枚のマニュアルがあるはずです。
よーーくみると日本語の説明もあり、URLが書いてあります。
そこを開くと、ソフトのダウンロード画面が開きます。
英語ですが、japanese の文字を探して、その右にあるdownloadボタンを押せばダウンロードできます。

ダウンロードしたらそれを実行してインストールします。これは日本語です。

インストールしたらアイコンがデスクトップに出てきますので、それを実行します。

すると右上に「開始」ボタンが見えますのでそれをクリック、自動か手動か聞いてきますが、自動をクリック。

その後再起動すると、起動時にコピーしてくれます。元とサイズが違っても自動で合わせてくれます。

私も事前に調べて面倒だと思っていたのですが、インテルだと専用ソフトが使えるのでとっても簡単でした。
偶然にも実は昨日やりまして、今快適に使えてます。

QHDDを少量SSDにクローンする方法

HDDのSSD化をするのにクローンをとる方法を聞きたいです。
クローン用HDD台を持っています。クローンの元データのHDDからそれと同量かそれ以上のHDDの容量のものにしかクローンは取れないと思います。
HDDより容量の小さいSSDへデータ移行する方法がわかれば教えてください。
もちろん元のHDDの実際に入っているデータ量はSSDより少なくなくてはならないと思います。

もとのHDDの全体の容量を小さく見せる方法など目的が達成できるようご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

自作PC、BTOなどならクローンは大して難しいものではないですよ。
ノートの場合は、SSDは最低限256GB、コスト無視なら512GBのSSDにするしかないですね。

Windows8.1 pro 64bit&32bitの自作PC2台は、128GBのSSDを使ってます。
HDDからSSDにクローンするときは、起動HDDの使用容量を128GB以下にするだけです。
データは他の内蔵HDDに移し、ゲームとかは他の内蔵HDDにインストールします。
そして、パーティション管理フリーソフトで、HDDの使用容量を100GB程度に変更するだけです。
それから、バックアップ用フリーソフトでクローンします。
8.1 pro 64bitのSSDの使用領域はたったの41GBしかありません。
Windows7 64bit、Windows8.1 32bitならば、クローンはとても簡単です。
面倒なのは、Windows8.1 64bitの場合です。
UEFIでインストール、高速起動ならば、ソフトで未対応だったりします。
8.1 pro 64bitのSSDをプレクスターから東芝に交換するときは、最初使ったAOMEI Backupperが8.1未対応で見事に失敗。それから、EaseUS Todo Backup Freeで成功してます。
そして、2日前にAOMEI Backupperが正式に8.1対応になりました。
また、EaseUS Todo Backup Freeでクローン成功後、アンインストールしたらスタート画面からいくつかアイコンが消滅。ちょっと前に、バグ修正されたバージョンになってます。

パーティション管理ソフト
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140411_644012.html
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/aomeiparti/
どちらも日本語化されてます。
8.1 pro 64bitでAOMEI Partition Assistant の有料版(4000円ほど)、7と8.1 pro 32bitでフリー版を使ってます。
Windows7、8 32bitならば、どちらのソフトにもあるOSを新しいSSD、HDDにコピーするで簡単に起動ドライブを交換できるようになってます。
8.1 pro 32bitは、AOMEI Partition Assistantで500GBのHDDから128GBのSSDにコピーして、起動ドライブをSSDに変更してます。
でも、8.1 pro 64bitのUEFIインストールだと、AOMEI Partition Assistant(有料版)でも失敗してます。

クローンソフト
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140409_643534.html
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140410_643802.html
AOMEI Backupper Standardでバックアップを使ってます。前バージョンで8.1 pro 64bitのクローン失敗もありましたが、気にせずにこのソフトをインストールしてます。
一般的には、日本語化されてるEaseUS Todo Backupの方が人気があります。

自作PC、BTOなどならクローンは大して難しいものではないですよ。
ノートの場合は、SSDは最低限256GB、コスト無視なら512GBのSSDにするしかないですね。

Windows8.1 pro 64bit&32bitの自作PC2台は、128GBのSSDを使ってます。
HDDからSSDにクローンするときは、起動HDDの使用容量を128GB以下にするだけです。
データは他の内蔵HDDに移し、ゲームとかは他の内蔵HDDにインストールします。
そして、パーティション管理フリーソフトで、HDDの使用容量を100GB程度に変更するだけです。
それから、バックアップ用フリー...続きを読む


人気Q&Aランキング