人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

USBメモリ 

書き込みしなければ、寿命も関係ないですか?
普段外すほういいですか?

A 回答 (3件)

USB メモリは、フラッシュメモリを使ったポータブルなストレージです。

書き込みをしなければ、書き込み回数に関する寿命は関係ありません。読み出しはいくらやっても大丈夫です。

ただ、データの保持時間はフラッシュメモリなので約 10 年程度ですが、確認した訳ではないので、誤差も結構あるかも知れません。フラッシュメモリの書き込み回数の寿命は、そのままあると思います。SSD のようなウェアレベリングで寿命を回避しているものもあるでしょうが、そうでないものの方が多そうです。ただし、USB メモリは何万回も書き換えることはないでしょう。
http://44ani84.blogspot.jp/2015/05/usb.html

USB メモリは繋ぎっ放しでも問題はありませんが、パソコン起動時に挿してあるとその分起動時間が伸びてしまいます。私は外すのが面倒なので、繋ぎっ放しにしていますね(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2018/02/03 19:29

>書き込みしなければ、寿命も関係ないですか?



理論的にはそうなりますね。
ただ、起動時とかに若干のアクセスがあり若干の書込の可能性もありえるかもしれませんので。

あと、PCを起動したら、USBフラッシュメモリにも電流を流しているってことだから、寿命以外に徐々に経年変化などで劣化していき、いずれかは故障する可能性もありますので。
    • good
    • 0

>書き込みしなければ、寿命も関係ないですか?


ええそうです

シリコンメモリ(NAND型)の場合、書き込み出来る回数には論理的な上限があります
その上限を越えると書き込みや読み取りでエラー発生率が上がります

またメインメモリなどのように、バイト単位での書き換えが出来ませんから
小さいデータの書き換えでも常に数キロ数十キロバイト単位での書き換えが必要になります
なので、頻繁に書き換えが起きるような使用法は寿命を縮めます

逆に言えば、そんな特殊な使い方でもしない限り
挿入しているだけで劣化しませんし、常識的な利用法なら寿命を意識することもない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2018/02/03 19:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUSB機器の挿しっぱなしってよくないですか?

USB機器を取り外す際には「ハードウェアの安全な取外し」を行ってから外すのが原則だと思いますが、私の場合取り外すこともなく常に接続したままにしています。

しかしこれはシャットダウン時において、強制的にUSBを取り外す行為と同じなのではと思えてきました。
それともシャットダウンする前に、勝手に「安全な取外し」処理を行ったのち電源をオフにしてくれているのでしょうか?

関係あるかわかりませんがOSはVISTAを使用しています。
以上ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

必要のない機器は電源を落としたときに取り外しておきましょう。
立ち上がりが早くなりますし、電気の無駄が省けます。
使用頻度が結構あるなら、つけたとき時間がかかりますが、
たいてい使うときに挿しますね。
USBになる前はというかNT,2000時代はプラグアンドプレーでない機器が多くドライバーがどうのこうのと大変でしたが、
USBはそれも気にすることもないし、メモリー関係の書き込み中でもなければあまり気にすることはないのでは。

QUSBフラッシュメモリーをさしたままの電源OFF

USBフラッシュメモリーをよく使っています。
たいていの場合、通知領域の「ハードウェアの安全な取り外し」を行ってから抜いていますが、差し込んだまま電源をOFFしても大丈夫でしょうか?また、差し込んだまま電源を入れても大丈夫でしょうか?
WindowsXPです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電源Offが正常なシャットダウンであれば何も問題はないです。
(Windows自身がすべてのファイルを閉じて安全に電源が切れる状態にしてから電源を落とします)

QUSBケーブルのみ挿しっぱなしはだめ?

パソコンと他の機器をつなぐUSBケーブルで、ケーブルのみをパソコンに挿したままにしておくのは問題があるでしょうか。

例えば普段は、iPodにUSBケーブルをつないでから、パソコンのポートに挿しています。外す時はパソコンからケーブルを抜いた後、iPodからケーブルを抜いています。

ケーブルの出し入れが億劫なので、パソコンにUSBケーブルをつなぎっぱなしにして、iPodのみ、つないだりはずしたりしたらまずいでしょうか。
先に何もつながっていないUSBケーブルがパソコンにささったままだと、電源ON時に問題が起きたりなど、よくないことがあるでしょうか。

Aベストアンサー

「先に何もつながっていないUSBケーブル」ならば、電気的には何もないのと同じため、PCに影響はありません。

Q外付けHDDってパソコンにつなぎっぱなしで使いますか?

外付けHDDってパソコンにつなぎっぱなしで使いますか?
外付けHDDについて全く知識がないのですが、「パソコン」のデータを「外付けHDD」に書き込むときのみ配線を接続して必要のない時は配線をはずして引き出しにしまっておくような使い方は通常するものでしょうか?

Aベストアンサー

基本的につなぎっぱなしです。PCの電源と連動するタイプならなおのこと。

Q外付けHDDを接続しっぱなしで問題はありませんか?

外付けHDDを使っています。
ただ、パソコンのUSBの接続口が側面にあり、使うたびに抜き差しするのがちょっと面倒です。
今まで使うたびに抜き差ししていましたが、差しっぱなしでパソコンをスリープさせたり再起動させたりしても、特に問題はありませんか?

Aベストアンサー

>外付けHDDに書き込みや読み出しをしていない時は、外付けHDDの消費電力はほとんどゼロと考えてよい感じですか?

読み書きをしていないときには、アイドル状態になりますから、消費電力が下がります。
HDDにより異なりますが、3W~6Wの間でしょう
外付けHDDの基板などに消費電力がありますから、それよりも高いものとなります。それは、メーカーのデータシートを出してもらわないとダメですけどね。

スリープなり、シャットダウンでUSBで連動なりでも電源を切ることにより、ほぼ0に近い数字となります。
ただ、スリープなりスタンバイって、0.5Wなりの1W以下となります。ただし、HDDであり、外付けHDDの基盤の電力などは考慮しておりません。1W以下と思った方がよいでしょう。

HDDメーカーのデータシート
https://www.wdc.com/content/dam/wdc/website/downloadable_assets/jpn/spec_data_sheet/2879-771436.pdf
http://www.seagate.com/www-content/datasheets/pdfs/desktop-hdd-8tbDS1770-9-1603JP-ja_JP.pdf

>外付けHDDに書き込みや読み出しをしていない時は、外付けHDDの消費電力はほとんどゼロと考えてよい感じですか?

読み書きをしていないときには、アイドル状態になりますから、消費電力が下がります。
HDDにより異なりますが、3W~6Wの間でしょう
外付けHDDの基板などに消費電力がありますから、それよりも高いものとなります。それは、メーカーのデータシートを出してもらわないとダメですけどね。

スリープなり、シャットダウンでUSBで連動なりでも電源を切ることにより、ほぼ0に近い数字となります。
ただ、...続きを読む

QSDカードはパソコンの電源を切った状態で入れないとダメなのでしょうか?

お世話になります。よろしくお願いします。

パソコンにSDカードを挿入する時はパソコンの電源は切っておくのでしょうか?

今日携帯電話でのSDカードの抜き差しについて質問しまして、
携帯電話でのSDカードの着脱は電源を切った状態で行わないといけないということを知りました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5770187.html

私もパソコンでSDカードを抜く時はタスクトレイの「ハードウェアの安全な取り外し」のアイコンをクリックした後に抜いているのですが、
SDカードの挿入はパソコンの電源が入った状態で無造作に行っておりました。

古いパソコンなので起動に結構時間が掛かります。
やはりパソコンにおいてもSDカードを入れるのはパソコンの電源が切れた状態で行わないとデータ破損の原因になったりするのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

PCの場合はアクセス(読み書き)中でなければ抜き差ししても問題ありません。
USBもXPからはホットプラグに対応していれば安全な取り外し無しでも大丈夫なようになっています。

QUSBメモリを抜くとき、そのまま抜く人

パソコンを使っている人ならUSBメモリを抜くときはパソコンのほうでタスクバーにあるコマンドを操作して、抜いてもいい状態にしてから抜くのが普通ですね。

ところが、先日訪れた印刷所でデータをUSBメモリに入れて渡したとき、向こうのパソコンに該当のファイルをコピーしたあと、何の操作もしないでそのままUSBメモリを抜いてしまったのでびっくり。

「コマンドを操作してOKを出してから抜くものですよ」と言ったのですが、相手は苦笑するだけでした。パソコンを使って印刷所をやっているぐらいだから、USBメモリを扱うのは日常やっているはずですが、こんなのありでしょうか?

こういう操作をしたとき、具体的にどんな危険が出てくるか、教えてくださる人居ませんか?
ちなみにOSはビスタのようでした。

Aベストアンサー

USB接続の場合、何故終了コマンドを送ってから抜くかと言うと
「遅延書き込み」を行う場合があるからです。USBは、ユニバー
サル「シリアル」バスですから、直列転送を行うために、データ
送信のバッティングの問題が常時あるからなんですね。

ただ、実際に、USBメモリへの書き込みに際して、データ送信の
バッティングが起きるかというと、なまじUSBメモリの処理速度が
かなり速いうえに、USBメモリでデータを読み書きするようなPCは、
USB接続機器がほとんどなく、バッティングするようなデータ送信が
そもそも行われていない可能性が大きいんです。

一方、USB自体は「ホットプラグ」という、「動作中に抜き差ししても
問題ない設計」をしており、遅延書き込みが無い=データの欠落が
無い状態でなら、そのまま抜いちゃっても全然問題ないんですね。

ということで、ほとんどの場合USBメモリは、画面上でデータ転送が
終わっている事を確認できたなら、終了コマンドを送信せずに抜いて
も大丈夫なんです。言っちゃえば「持ち歩き中にデータ欠損を起こす」
可能性とトントン程度かもしれません。

ただ、遅延書き込み中にホットプラグだからと言って抜いちゃった
場合には、元データ側もファイルがオープン状態のまま放置されて
読み込めなくなる危険性があります。さらにそれが「コピー」でなく
「移動」なら、USB側に転送される以前に、元データが消えてしまう
可能性すらあります。

ですので、「PCがいくつかタスクをこなしていそうな時」や「データ
の大量転送を急いでいる時」には、コマンドを送った方が確実では
あるんですけどね・・・。

要はデータコピー(移動)とは何をやっていて、USBコントローラが
どういう動作をしてるか判ってるかどうか、という問題なんですけど、
ま、大概は「抜いちゃって大丈夫」ですから、それに慣れちゃってる
んでしょうね。

ま、PCの作業は何でも「自己責任」で「リスクテイク」って問題です。
後は使う人がどう考えるかですよ。

USB接続の場合、何故終了コマンドを送ってから抜くかと言うと
「遅延書き込み」を行う場合があるからです。USBは、ユニバー
サル「シリアル」バスですから、直列転送を行うために、データ
送信のバッティングの問題が常時あるからなんですね。

ただ、実際に、USBメモリへの書き込みに際して、データ送信の
バッティングが起きるかというと、なまじUSBメモリの処理速度が
かなり速いうえに、USBメモリでデータを読み書きするようなPCは、
USB接続機器がほとんどなく、バッティングするようなデータ送信が
そもそも...続きを読む

Qスクリーンショットが出来ない??(;_;)

普通スクリーンショットは[Prt Scr]を押して、
ペイント起動させて[編集]から[貼り付け]押したら、
プリントしたブラウザが出てくるんですよね??
調べたらそう書いてあったんですが、
私のPCでは出来ませんでした。
[Alt]+[Prt Scr]もやりましたが、
ペイント起動させて、編集押しても[貼り付け]の文字が出ません。
どうなってるんでしょうか?
ちなみに私のPCは【Windows XP】です!

Aベストアンサー

[Alt]+[Prt Scr]じゃなくて、[Shift]+[Prt Scr]でできると思いますけど?

Qキーボードカバーは必要でしょうか?

 ノートPCを使用していますが、知人がキーボードカバーを使用したほうが良いと言うので汎用品(機種が旧いため純正タイプがありません)の平面型カバーを使っています。しかしキー入力がグニャグニャした感じでイマイチです。カバーを外すとカチャカチャと軽快なタイピングになります。
 周囲を見渡すとカバー使用派は少ないので無しでも良いような気がするのですが…
 私の環境は、寝室も兼ねた部屋にPCを設置しているため少しホコリが多いこと、台所や風呂などは別階、非喫煙者です。
 カバーの可否についてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

カバーが本当に必須ならば、パソコンメーカーが標準で取り付けています。

要するに、安心を取るか、使用感を取るかのどちらかです。
埃やその他に対して心配性の方や、過去、コーヒー等をこぼしてしまい、
ノートパソコンを壊してしまった方が使っていたりします。

結局、全て慣れの問題なのですが、
キーボードカバーのグニャグニャ感や摩擦感に馴染む前に、
それらに対しての不快感が勝った方が、カバーを取り外したりします。
当たり前ですが、カバーの使用は好き好きですので、ご自身のお好みでどうぞ。

QUSBメモリは消耗品!?SSDの方が安定してる?

USBメモリは消耗品!?SSDの方が安定してる?

昨日予告もなくUSBメモリが認識しなくなりました。購入して1年ちょっとなんですが・・
原因はわからないのですが、WINDOWSのシステムからも読み込めないとメッセージが出てくるのでもう復旧をあきらめたのですが、USBメモリって消耗品なんでしょうか?

USB端子に接続できるSSDが発売されていますが、こちらの方が安定性が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、一般的なNANDフラッシュの説明からした方が良いのでしょうかね?

一般にNANDフラッシュはビット単位で読み書きが行えるEPROMとは異なり、ブロック単位消去、書き込みとなっています。そのため、書き換え精度がEPROMに比べて低く、広義ではEPROMとされますが、狭義では区別してフラッシュメモリまたはNANDフラッシュと呼ばれることが多いです。

USBメモリ、SSD(Solid State Disk)、携帯電話やオーディオの内蔵記録メモリ、SDカード、メモリースティックなどの媒体は、すべてNANDフラッシュと呼ばれる半導体記録デバイスを使っています。
記録はセルと呼ばれる小さな箱に電圧を掛けて、電子(電荷)を閉じこめることで行います。そのセルは電子が失われないように入り口となるゲートと周りの絶縁素材でガードされており、記録時には、そのゲートに電気を貫通させて記録します。

問題となるのは、この書き込みまたは消去を繰り返すと、ゲートがぼろぼろになり、ビット抜けが発生してしまうことです。だいたい同じセルへの書き込みが1000回から10万回でエラービットが多発するようになり、使い物にならなくなります。また、ハードウェアの機構上書き込み時に過剰ビットを記録してしまうなどの問題も多々あります。
そのため、NANDフラッシュは比較的エラービットが発生しやすい機構を制御するために、最初から書き込みエラーを想定した欠陥管理機構(ECC)を備えています。これは、技術を開発した東芝の十八番でもあります。

さらに、書き込みを同じ場所に繰り返すとその場所だけが早く寿命書き換え回数に達するため、最近の大容量フラッシュでは、ウェアレベリングと呼ばれる書き込み均衡化技術を搭載しています。

これらが搭載されていれば、100GBのメモリデバイスで1GBの記録と消去を毎日行うと、100日でだいたいすべてのエリアに均衡にデータの書き込みが行われるようになり、寿命はウェアレベリングない場合であれば、最悪値1000日で故障に達しますが、ウェアレベリング搭載製品であれば、その100倍の日数利用できるようになります。

SSDであっても、USBメモリであってもこの概念は同じです。技術的にウェアレベリング搭載製品で尚かつ書き込むデータ量がメモリデバイスの上限ぎりぎりまで使うのでなく、しっかり空き容量を維持し、書き換え回数が少ないなら、長持ちする可能性があります。そういう意味で、SSDは容量が多くUSBメモリより余裕がもてることになりますから、長持ちするケースが多いといえます。

また、USBメモリはメーカーによっては格安で製造する都合上、ウェアレベリングを搭載しなかったり、欠陥管理が不十分であったり、欠陥品の流通量が多くなる傾向があります。そのため、故障が早くなるケースもあります。

尚、寿命を決める要素として、セルに記録するデータ量の違いというのもあります。マルチレベルセル(MLC)と呼ばれる技術を使っていないSLC(シングルレベルセル)であれば、書き換え回数が10万回に達するものもありますから、さらに長持ちするでしょう。ただし、SLCは容量が少なめになり、価格はMLCの倍以上に跳ね上がります。主に、エンタープライズ向けのサーバなどに使われているフラッシュ媒体です。最近は高価なSSDに主に使われており、廉価な製品ではMLCが使われています。


尚、NANDフラッシュで決して行ってはいけないのは、デフラグ(ディスク最適化)です。
NANDはハードディスクと異なり、ランダムアクセス性能はほぼ一定で、そもそもウェアレベリングを使う特性上、シーケンシャル書き込みはできないものも多いです。
最適化をすると別のエリアへの書き込みと今のエリアからの消去を無駄に行うため、これをするとディスクの寿命を縮めることになります。

最後に、NANDフラッシュの長期保存時の記録保持寿命(記録を行った後データが読み出せる状態で保存できる期間)は約10年~20年程度となっています。
ただし、この条件はメーカーによって検証条件が変わっており、短くなる可能性もありますし、長くなることもあります。少なくとも半永久での記録を保証するものではありませんのでご注意ください。

まず、一般的なNANDフラッシュの説明からした方が良いのでしょうかね?

一般にNANDフラッシュはビット単位で読み書きが行えるEPROMとは異なり、ブロック単位消去、書き込みとなっています。そのため、書き換え精度がEPROMに比べて低く、広義ではEPROMとされますが、狭義では区別してフラッシュメモリまたはNANDフラッシュと呼ばれることが多いです。

USBメモリ、SSD(Solid State Disk)、携帯電話やオーディオの内蔵記録メモリ、SDカード、メモリースティックなどの媒体は、すべてNANDフラッシュと呼ばれる半導...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング