痔になりやすい生活習慣とは?

0.1mol/Lの酢酸水溶液が100mLあるとき

1.水溶液に含まれる酢酸CH3COOHの物質量は何molですか?
2.水溶液に含まれる酢酸CH3COOHの質量は何gですか?

解き方を教えてください。
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

0.1mol/Lとは、1Lの溶液中に溶質が0.1mol含まれるということです。


ですから、100mL(0.1L)中には何molの酢酸が含まれるかわかりますね。

また、CH3COOHの分子量は60です。
これは1molで60gということを表します。
ですから、何gになるかもわかりますね。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
物質量は0.1molの10分の1なので0.01mol
質量は100分の1なので0.6gですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/06/06 03:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酢酸の濃度

手元にあるワコーの酢酸試薬には規定度も濃度も
何も表記してありません。この試薬から0.2Mの酢
酸溶液を作るにはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

酢酸試薬ってなんですか?
「酢酸」と「酢酸試薬」では指し示すものが異なりますよ。

和光純薬のJIS特級酢酸なら純度はほぼ100%です
酢酸1molは60gですから
60×0.2=12 で
12gCH3COOH/Lが0.2M酢酸です
正確なモル濃度が欲しいのであれば、標定してください

伝統的に酢酸はグラムで量ることが多いです

Qモル数計算??

すごく馬鹿な質問ですが…
無水酢酸8mlのモル数ってどうやって計算するんでしょう??密度が分からないと無理ですか?

Aベストアンサー

モル計算の元になる分子量は質量の単位ですので密度が必要です。ちなみに無水酢酸の分子量 102.09
密度 1.084ですので
求めるモル数は
 8ml÷1.084=7.38g
 7.38÷102.09=0.072モル
   となります。
ただし、密度は温度によって変わりますので、一般的な値を使っていますので、正確にはそのときの温度での密度を
はかる必要があります。

Q分子量を物質量に変換、モル濃度の換算

モル濃度を求めるために、分子量を物質量に変換したいのですが、やり方がわかりません。
いや、大体は分かるのですが・・覚える自信がないのです。それというのも私は、「理解」しないとすぐ忘れてしまうのです・・。

物質量のことと、変換の仕方、それがモヤモヤとしてて・・
なるほど!って思えるような、説明求みます!

さらに、質量パーセント濃度からモル濃度への換算の仕方を教えてください。密度の求め方すら分からなくて・・・(恥)

Aベストアンサー

分子量というのは、1molあたり質量のことだとわかっていれば、出来ると思います。
分子量=質量(g)/物質量(mol) ということですね。

すなわち
物質量(mol)=質量(g)/分子量 と変換できます。

質量%濃度というのは、溶質の溶液に対する割合、つまり
質量%濃度=溶質の質量(g)/溶液の質量(g)×100
ということです。

密度というのは、1cm^3あたりの質量のことです。今回は溶液のことを考えていますから
溶液の密度(g/cm^3)=溶液の質量(g)/溶液の体積(cm^3)

モル濃度は、溶液1lあたりに溶けている、溶質の物質量ですから、
モル濃度(mol/l)=溶質の物質量(mol)/溶液の質量(l)
となります。

結局、公式を羅列しただけになってしまったけれども参考にしてください。

Q0.5mol/Lの酢酸水溶液を100ml調製するにはどうすればよいので

0.5mol/Lの酢酸水溶液を100ml調製するにはどうすればよいのですか。

Aベストアンサー

酢酸が1L中に0.5mol溶けていればいいのだから,100mL中には0.05molすなわち分子量60×0.05=3g溶けていればいいことになります。

純粋な酢酸を正確に3gはかりとり,100mLのメスフラスコに入れ,水を加えて100mLとすればいいのです。

単に,練習問題の解答を求めておられるのならこれでよいのですが,実際の実験で正確さを要求されているのであれば,次のような注意が必要です。

純粋な酢酸といっても,100%ということはないでしょう。試薬瓶に表示があれば,たとえば99.0%とあれば,必要な酢酸は3gではなく,3÷0.99=3.03gということになります。

また,酢酸を3g取るときはいったんビーカー等に入れ,水で薄めてからメスフラスコに入れます。それでもビーカーには少し酢酸が残っていますから,もう一度水を入れて内壁を洗ってからその液もメスフラスコに入れ,最終的にメスフラスコに水を加えて100mLにします。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Qモル濃度から質量の求め方

化学でわからない問題があります

モル濃度が2.0mol/Lの塩酸(HCl)100ml中に含まれるHClの質量(g)を算出せよ。
Cl=35.5 H=1 とする。

という問題です。
すごく困っているので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

答えだけだと7.3gです。
計算方法は
2.0[mol/L]×100/1000[L]×(35.5+1)[g/mol]
です。
考え方はmol/Lなどの単位を掛け算で消して行く方法で覚えて行けば楽ですよ。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q高校化学Iの「酸化数」について

化合物中の H の酸化数は +1,
化合物中の O の酸化数は -2,
化合物中の原子の酸化数の総和は 0 とする

これらのことから、
MnO2 の Mn の酸化数は、+4,
HCl の Cl の酸化数は、-1,
ということは分かります。

でも、
KMnO4 の Mn や、NaClO4 の Cl 、FeCl3・6H2O の Fe
などといったものは、
K 、 Na 、 Cl の酸化数がわからないため、計算の仕方がわかりません。

丸暗記するしかないのでしょうか?
それとも、他に方法があるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

実は、H=+1 と教えられていますが、
NaH(水素化ナトリウム)のような化合物ではH=-1になります。

酸化数の決め方は以下の通りです。
周期表左側の陽性の強い元素→酸化数が+
周期表の右側の陰性の強い元素→酸化数が-
周期表中央部の遷移元素など→前後の元素に合わせて決める
(陽性)K,Na>H>ほとんどの元素>Cl>O>F(陰性)

ですから、KMnO4 では、K=+1、O=-2が先に確定され、
Mnは計算によって+7となります。

NaClO4 では、Naは陽性で+1ですが、Cl、Oはともに陰性です。
この場合は、上記の陰性の強さによってO=-2が優先されます。
ですから、Clは、+1+x+(-2)×2 によって、x=+7 となります。

また、FeCl3・6H2O の6H2Oは結晶水として付属しているだけなので
無視してください。
この場合は、Cl=-1が優先されますので、Fe=+3となります。

Q高校化学 質量パーセント濃度の問題

問題: 食酢中の酢酸の質量パーセント濃度はどれだけか。
ただし、食酢の密度は1.0g/cm^3とする。

※食酢中の酢酸のモル濃度は0.72mol/L
酢酸のモル質量は60.0g/mol


答え: 1.0×1000分の60.0×0.72×100=4.32%



(1)モル質量×モル濃度=溶質の質量 という考え方をすればいいのか

(2)1.0×1000は、なぜ1000をかけるのか


分かりにくくて申し訳ありませんが、教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

すべて小学校の5年生あたりで学んだ割合の問題ですよ。
 小学生だって、それぞれの定義を教えれば解けるはずの問題です。%濃度、モルなんて出てきたらパニクッたらダメです。

(1)モル質量×モル濃度=溶質の質量 という考え方をすればいいのか
その勉強方法は間違いです。数学にしろ化学にしろ物理にしろ、公式に当てはめて解くのではないです。それだと「当てはめられない問題や公式や解き方を忘れたらお手上げ」です。
 ひとつひとつの言葉の定義をしっかり理解して、公式や解き方を知らなくても解けるように!!!いちいち公式や解き方を覚える必要はないし、どんな問題がでても取れる。絶対に楽です。

問題: 食酢中の酢酸の質量パーセント濃度はどれだけか。
 食酢100g中に何グラムの酢酸があるか???と読み取れますか????
・%とは百分率
・質量濃度とは(溶質)/(溶液) = (溶質)/(溶媒+溶質)が質量で表した物
 この二つが分かっていると、読み取れるはずです。

※食酢中の酢酸のモル濃度は0.72mol/L
 濃度が(溶質)/(溶液) の分子がモル数、分母が体積
  重さに直すためには、体積に密度をかけなければなりませんよね。なぜ?って・・
(密度) = (質量)/(体積)
 と言う意味だったからです。!!!
 (質量)は、両辺に(体積)を掛ける。
(密度)×(体積) = (体積)×(質量)/(体積)
(密度)×(体積) = (質量)
 密度が1.0ですから、1(L)×1.0 より
1Lは 1000g
 1000g中に0.72mol含まれていると書いてある。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 酢酸1molは、60.0(g/mol)と書いてあるので、
60.0(g/mol)×0.72(mol) = 60×0.72(g)・・・・単位を見るとg×mol/mol=g
 1000g中に60×0.72(g)含まれていると書いてある。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということ。
 当然100g中なら、その1/10

 60×0.72×(1/10)=4.32

 解きかたは一通りじゃない、その解説書に書いてある方法は間違いではないが、とっても分かりにくい。忘れたっていいです。
 理屈覚えたほうが勝ちです。

同じ事してはいるのですが
1.0×1000分の60.0×0.72×100=4.32%
↑    ↑ ↑   ↑  ↑
密度  濃度 モル質量 濃度 百分率

>分かりにくくて申し訳ありませんが、教えてください。
 化学を教えている私だって、その解説じゃ分からん(^^)

すべて小学校の5年生あたりで学んだ割合の問題ですよ。
 小学生だって、それぞれの定義を教えれば解けるはずの問題です。%濃度、モルなんて出てきたらパニクッたらダメです。

(1)モル質量×モル濃度=溶質の質量 という考え方をすればいいのか
その勉強方法は間違いです。数学にしろ化学にしろ物理にしろ、公式に当てはめて解くのではないです。それだと「当てはめられない問題や公式や解き方を忘れたらお手上げ」です。
 ひとつひとつの言葉の定義をしっかり理解して、公式や解き方を知らなくても解けるように!...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング