今年の4月に一人暮らしを始めたこともあり、よくスーパーに買い物に行くようになったのですが、売られている鮭のほとんどに酸化防止剤などの添加物(?)が使われていたり、養殖物・輸入物だということを知りました。

百貨店に入っているスーパーなどであれば国産もの、着色料・保存料無しのものなどもあるのでしょうが、近所のスーパーではまず見かけたことがありません。

私は魚が好きで、鮭は安いのであまり気にせず買っていたのですが、なんとなく気になって調べてみたら養殖や外国産の鮭についてあまり良いことが書いていなかったので怖くなってきてしまいました。
週に2~3回は食べるので・・・・

皆さんはあまり気にせず食べていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。

質問の趣旨とはちょっとずれますけど・・・

私が好んで買う鮭類は,生のままで飛行機の乗って来るノルウェーの(アトランティック)サーモン,チリの冷凍のサーモンそれに今ならば,北海道や青森や地元でとれた本鱒(桜鱒)です。

安く売っている(たぶんロシヤの)冷凍物の塩漬けされた鮭はほとんど買いません。生の物を素焼きにしてポン酢(おろしポン酢でも)や醤油を掛けたり,粕漬けにしたりした方が美味しいからね。
    • good
    • 12

ノルウェーにおける最大?の養殖メーカーは人間が食べても大丈夫な餌で飼育し水揚げから36時間で刺身・寿司用のフィレに加工された状態で冷凍しないで日本に届きます。


また、養殖場の海は水質などもチェックされています。
http://otcgreen.shop24.makeshop.jp/shopdetail/00 …
http://www.tdc-net.co.jp/item/pickup/01.html

酸化防止剤といっても中にはビタミンCやビタミンEなどもあります。
ビタミンCのあるみかんとかレモンも危険ですか??

こういう事でよくあるのは、否定的な意見を出す場合、普通は徹底的に悪いように書くのが当たり前です。
ある人物(たとえば芸能人)を悪く言いたい場合、良い事は一つもあげないで悪い事ばかり書くのと同じです。
    • good
    • 23

昔、鮭は生では食べられないものでした。


アニサキスという寄生虫がいるからで、高級寿司屋などでは一つずつピンセットで取っていました。
今は平気で鮭の寿司を食べていますよね。
それは100%養殖だからです。
日本で食べられている鮭の大半はノルウェー産ですが、ほぼすべて養殖です。養殖と言っても海の中にある大規模なものです。

一般に自然のものの方が安全と考えられていますが、これは反対で、自然の魚は海洋廃棄物などの汚染を受けています。一方養殖の魚は餌も含めて非常に厳しく管理されているので、かえって安全なのです。
もちろん一部の養殖業者、特に鰻のように池で養殖するもの、は餌に成長促進剤や発色剤を入れているケースもあると聞きます。これは取扱業者をみるしかありません。

酸化防止剤は、養殖過程で入れるものではなく、流通段階で入れるものです。
赤みの魚や肉の発色をよくするために加工工程で吹きかけます。これはパックされた生魚でも行われています。
    • good
    • 13

最近の質問の多くに「添加物」「養殖」は有害という恐怖感を持った方が増えているので、あえて意見を述べさせていただきます。


野生で天然のものは、それなりにさまざまな危険因子を持っています。例えば川を遡上してきた天然の鮭を刺身にして食べたとしたら…かなりの確率でアニサキスによる「劇症肝炎」のリスクを負うことになります。
逆にノルウェーから輸入された養殖サーモンは生食に対する安全基準をほぼ満たしています。

「食品添加物(ショクヒンテンカブツ)」という言葉は、耳に「怖い薬品!」と聞こえます。
しかし、食品添加物のほとんどは「食品成分」として認知されているものです。
「殺虫剤」や「農薬」をイメージさせる「食品添加物」という呼び名も考え直した方がいいかもしれません。
まず「添加物」「養殖」の目的をちゃんと認識することの方が大切なのではないでしょうか?
「添加物」・・・特に保存料などは、食品が時間経過とともに著しく変色したり劣化したりして酸化腐敗による中毒症状を起こしにくくさせるために開発されたものです。
また「養殖」は、その食品を安全に安定供給させるために生み出された技術です。
もちろんその中には違法な薬剤を平気で使ったりする業者もいないわけではありません。
だからといってこれら「添加物、養殖」を「諸悪の根源」と叫んでしまうのは少し違うような気がします。
お気持ちは充分お察しいたしますが、あまり神経質になっても精神衛生上よくないかと思います。
「食の安全」の達成には程遠い日本ですが、私たち消費者ももっともっと知恵をつけていかないといけない世の中になりましたね。
    • good
    • 22

元調理師で魚屋にも居ました


鮭鱒類の特徴で
小さい時は、白い身をしていますそれがなぜ赤い身に成るかと言ったら、
甲殻類を食べるからです
養殖物でも、湖などに放流される物は、白い身をしています
それが自然界で甲殻類を食べる事によって赤い身に成ります
自然界でなぜ赤いかと言うと、アミエビやオキアミなどを食べているためです
養殖物が赤い身をしているのはキチン質等を、餌として与え居るためです
又自然界で取れた酒類には虫が居る事があり、生では食べない方が良いとされています
ただ冷凍や加熱すると虫が死んでしまう為に、ルいべなどはできるわけです
自然界では餌の中に虫がいてそれを食べる事によって寄生する物ですが完全養殖の場合には虫はいません
特にノルウェー産の養殖鮭はシッカリ管理されていて、安全です
出来ればノルウェー産の、鮭でしたら安全です
    • good
    • 17

天然物は、どこを泳いでいるかわからないので、対象にならないだけでは。

下流で汚水垂れ流しの川を遡って、上流で取れても、天然物ですわな。逆に、素性が知れていると考えれば、見方は変わります。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生鮭とお刺身用のサーモンは何が違うのですか?

味や魚の種類も違うのでしょうか?
前者は加熱用で後者は生でも食べられますか?

Aベストアンサー

スーパー等で売っている加熱用の生鮭はシロサケが多く
これには寄生虫のアニサキスがいる可能性があるため生食は危険です。

刺身用サーモンとして売っているのは、ほとんどが
トラウトサーモン(ニジマス)なので生食が可能です。

ちなみに大雑把な分類では成長期に海を回遊するのが鮭、
一生を淡水で過ごすのが鱒とされており、
上記のアニサキスは海にいる寄生虫なのでこういった違いが出ます。

Qサバの水煮の缶詰を毎日一缶(190g)食べていると健康上問題ありますか?

なぜ毎日食べるかというと:
1.栄養がいい・・・一缶にDHAが4,000mg、EPAが3,200mg入っている
2.大変うまい
3.ダイエットになる・・・私は就寝の前になるとかなり腹が減るんです。寝る前の空腹は我慢できないんです。そういう時、多くの人はインスタントラーメンを食べると思うんです。でも、ラーメンは毎日食べると体に悪いっていうのは常識だし、カロリーも高い。だから、代わりに私はサバの缶詰を毎晩食べるんです。そうすると、空腹がほぼ完全に満たされるんです。そして、約2時間後に眠りに付きます。

Aベストアンサー

不飽和脂肪酸がたくさんとれて体にいいと思います。
強いて悪い点をあげれば、塩分が2.3グラム入っている点くらいでしょうか?
1日の目標摂取量が10グラムを超えないように注意した方がいいと思います。
あとは、同じ加工食品を毎日食べることがなんとなく不安ということはあるかもしれません。
サバ缶ばっかりではなく、日によって豆腐やナッツ類や野菜類などに変えることができれば、より好ましいとは思います。
野菜は人参やキャベツなどならば生で食べられるので料理の手間はかからず、それなりにおなかに残ります。

Qチリ産サーモン なんでだめ?

チリ産サーモンは食べないほうが良いとネットで見たのですが
理由を見忘れました。
ノルウェー産サーモンは安全と聞きましたが
チリ産は何が良くないのでしょうか?

Aベストアンサー

最初にそのような情報を得たのは、確かエリックシュローサーの本だったような、、。
うろ覚えですが、エサとして鳥の死骸、牛、豚のあまり、などありえないものをペレットに加工して食べさせている、とか。
ヨーロッパの、特に北欧では環境基準が厳しいのでそのような事はないようです。
ただ、北欧産でもエサはペレットだと思います。
中身は北欧は魚です。

Q生のサーモンは大丈夫?

鮭は、生で食べると、菌だか虫だかがいて危ない、と聞きました。北海道には、ルイベとかいう、冷凍サーモン料理があるそうですし(冷凍殺菌?)

では、回転寿司でよく出てくるサーモンなのですが、あれは大丈夫なのでしょうか。例えば、冷凍殺菌でもして、食材として使われているのでしょうか。

「養殖の鮭だから大丈夫」という、眉唾物の話を聞いたこともあるのですが(そもそも、鮭を成魚まで養殖できるのか?)。

Aベストアンサー

回転寿司のサーモンはノルウェー辺りの冷凍物が多いです。
獲れた現地で半身にして真空パック後、-50℃の急速冷凍を掛けて輸入されます。

-20℃&24時間以上保存すると、寄生虫の耐寒性能を超えますし
製造から店が解凍するまで凍ってますから、ヤツらが死滅=安全って事になりますw

ですので、国産モノでも一旦冷凍処理してから供されてますので
基本、安心してヨロシイかと^^
当然、処理が悪ければ当たりますので注意ですが。

ちなみに、鮭を4年間養殖するのは
生息に適した水温の維持(冷房代)と
食わせるエサ(オキアミや生きた小魚)の理由で、割に合いませんw

Q安い外国産の魚ってやっぱり良くないのでしょうか?

結婚半年の主婦です。
スーパーの99円セールに行くと、いつも、
アメリカ産のほっけや、アイスランド産のかれいを売っていて、
買いたくなるのですが、なんとなく外国産は体に良くないのかも・・・というイメージがあり、
結局いつもちょっと高い国産のたらとか鮭を買っています(高いといっても200円~250円前後ですが)
実家の母に聞いたところ、「チリ産の鮭は、ちょっとベタベタしてる」とか言ってました。
1度、アイスランド産のかれいを買って、食べてみましたが、
特にまずいとは感じず、普通でした。
国産ものとそんなに変わりがないのなら、安い外国産の魚にしようかなと検討中なのですが、
国産ものに比べると、やはり何か劣るのでしょうか?

Aベストアンサー

板前です
国産信仰のような物も有りますが(一昔前は舶来信仰だったのにw)
日本の企業が外国に工場を作って加工している食品も多くありますから気にしなくていいと思います
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0317.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/dr/20070724md01.htm
海老に至っては自給率5%ですよ
国産にこだわっていたら海老は食べれません(゜▽゜*)
以前ジャカルタに仕事で行っていた仲間が良いものは全て日本に輸出されてしまうので逆輸入しないとよい食材が手に入らないとまで言っていました 世界中で魚介類に関してはこのような現象が起きているようです。
日本人の魚介類に関するこだわりは物凄いものがあるので 外国の業者も高く買ってくれる日本に売りたがっている商品は一杯あるみたいです。

昨今輸送技術・冷凍技術の発達により良い品物が安く入るようになりました
天然ものに関しては殆ど問題はないと思います
海は世界中つながっていますので回遊魚などではどこで捕ったかの違いだけでしょ?今は船内冷凍が殆どですから余計な事をする暇はないしw
養殖ものは中国のウナギなどで問題がてた事も有りましたが・・
鮭は刺身にするものは寄生虫の問題から養殖ものに限られますが塩鮭などなら天然ものですよ
食品自給率40%日本人の食の基盤の一つである大豆に至ってはわずか5%
今の日本に住んでいて国産の食品だけを食べて暮らしていけるのは余程裕福でこだわりを持った人だけではないでしょうか?
まず現実的に不可能です

板前です
国産信仰のような物も有りますが(一昔前は舶来信仰だったのにw)
日本の企業が外国に工場を作って加工している食品も多くありますから気にしなくていいと思います
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0317.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/dr/20070724md01.htm
海老に至っては自給率5%ですよ
国産にこだわっていたら海老は食べれません(゜▽゜*)
以前ジャカルタに仕事で行っていた仲間が良いものは全て日本に輸出されてしまうので逆輸入しないとよい食材が手に入らないとまで言っていまし...続きを読む

Qオーロラサーモンとは何者?

オーロラサーモンはアトランティックサーモンとは違う魚種ですか?
つまり学名「Salmo salar」とは別の魚種なのか
オーロラサーモンはオーロラサーモンという魚種でありアトランティックサーモンとは別種と聞きました
僕はオーロラサーモンとは魚種名ではなくブランドや商品としての流通名だと思ってました

Aベストアンサー

>オーロラサーモンとはブランドや商品としての流通名
せいかーーーーい。

「レロイ・オーロラ」社ってところの、ノルウェー産サーモンの商品名、です。

Q卵は一日何個まで?

卵が大好き家族ですが、コレステロールの含有量から一日に1、2個までとか、10個まではへいきだとか、いろいろ言われて混乱してます。実際はどうなのでしょうか?卵の功罪、本当のところを教えてください。特にコレステロール値が現在高いわけではありません。

Aベストアンサー

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年に数回卵を10個食べる日があっても全く問題ないでしょう。

ただしこの調節機構が生まれつきうまくいかない人もいますし、加齢によってコレステロールの代謝量は低下します。

卵が一日1-2個というのは、子供から高齢者、健常者から病人までのいろんな条件のひとを含めて設定された目安です。高コレステロール血症の人は1日300mg以下に抑えるように指導されますので、卵1日1個までなら大丈夫です。卵は良質タンパク質やビタミン類の重要な供給源なので高齢者で食の細い方には、ぜひ1個は食べるようにしていただきたいです。

私は健康な人に同じ質問を投げかけられたら「1週間に7個前後が適性ですよ」とお答えするようにしています。つまり、1週間で毎日1個食べても良いし、3個、0個、0個、1個、2個、0個、1個…というように多少ならリズムを持たせてもOKです。もちろんたまにであれば1週間に10個とか14個の週があっても全然問題ないと思います。

ですが、若い方ならともかく1日5個とか10個とかの食生活が定着してしまうとと中年以降に影響が出てくる可能性は大です。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら、生涯使える適切な食習慣を身につけて貰うためにも一日1-2個くらいと教えてあげて下さい。

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年...続きを読む

Q缶詰の体への害について

シーチキン缶、さば缶など、最近は缶詰の種類も豊富ですよね。
便利さもあってここ何年か2日に一回位缶詰を開けて料理に使っています。
健康への害はあるのでしょうか?
生死に関するような大きな害はないとは思うのですが、
美容的に良くないモノが蓄積されるとか、
そういうあまり気にしなくていいと言われそうなことでも
年単位で頻繁に使っているものなので将来的になんとなく知っておきたいです。
何かご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

#1です。
そうそう、水銀を忘れてました。
厚生労働省の資料によれば、平均的な日本人が食べてしまってる水銀の量は、暫定的耐容週間摂取量の35%です。つまり、平均よりも3倍量取ってしまうと許容量超えるおそれはありますね。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/06/tp0613-1.html#toi13
2日に1回の缶詰・・・平均的な食生活と比べてどうなんでしょうね。

もっとも、この計算はかなり安全率をみた大雑把な数字だし、ノンオイル食塩無添加タイプに使われてるのはキハダマグロで比較的水銀量少ないから、あんまり神経質にならなくてもいいのかもしれないけど。
ま、参考ということで。

Qアニサキスがいた場合の考え方

以前同様の質問があったようですが、質問・回答により見解もわかれているようですので、改めてお聞きします。
先日、スーパーにて生鮭(切身のパック、鍋物用と記載)を購入しようとしたところ渦を巻いている虫がいたため、周りに気づかれないよう人気がなくなったときにこっそり店員に教えました。店員は「カツオやサケにはよくいるので取り除いているがなかなか全部は難しい。気になる人は(買うのを)やめたほうがいい」という説明でした。私は野菜の虫などあまり気にしない方なので、一応そのパックは店に返し別なパックの生鮭を購入しました。
しかし、家に帰ってからネットで調べてみるとそれはアニサキスという虫で、十分な処置をしなければ人体に害のあるものだとわかりました。自分の買ったパックはおそらくアニサキスがいたパックと同じ魚のものだろうと思うと気になってしまいスーパーに電話をしました。別の店員が出たので先ほどの出来事と調べた内容を説明したところ、電話先の店員は「加熱処理すれば大丈夫。鍋物用を生で食べることはないですよね。」と言いました。
これについて、3点お聞きしたいことがあります。
(1)最初店で対応した店員は、人体に害のあること、加熱処理を十分にしなければいけないことの説明はありませんでした。これはスーパーに非があることでしょうか。それとも、それは消費者の常識として気をつけるべきことなのでしょうか。
(2)店の店員も電話の店員も、虫(アニサキス)の件で話をした時に「すみません」といった一言はありませんでした。通常、客から何かあれば「すみません」の一言を言って説明に入るものと思いますが、それが出てこないほどスーパーのパックの中にアニサキスがいることは当たり前のことなのでしょうか。
※魚にアニサキスが寄生しているのは仕方ないと理解できますが、取り除かずにパック内にアニサキスがいることが当たり前なのかどうか、ということです。
(3)もしパックの中にアニサキスがいるのが正常でないとなると、処分(営業停止など)も有り得るものなのでしょうか。

ある質問の回答では、「スーパーに苦情を言うべき内容ではない」とありましたが、別の質問では「それだけで寿司屋などは営業停止に追い込まれる」とありました。
本件の場合は、特に上の(1)(2)(3)につき、どのように考えたらよいのかお知らせください。
なお、寄せられた回答に基づきスーパーに苦情を言ったり訴えたりする目的はありません。個人的な知識として知っておきたいというレベルです。
どうぞよろしくお願いします。

以前同様の質問があったようですが、質問・回答により見解もわかれているようですので、改めてお聞きします。
先日、スーパーにて生鮭(切身のパック、鍋物用と記載)を購入しようとしたところ渦を巻いている虫がいたため、周りに気づかれないよう人気がなくなったときにこっそり店員に教えました。店員は「カツオやサケにはよくいるので取り除いているがなかなか全部は難しい。気になる人は(買うのを)やめたほうがいい」という説明でした。私は野菜の虫などあまり気にしない方なので、一応そのパックは店に返...続きを読む

Aベストアンサー

スーパーの店員の態度むかつきますねぇ!

(1)のアドバイスですが、
50,60度でぽくりと死んじゃう弱い虫なので
特にどこも注意書きはしてません。
 刺身用であれば 別ですが・・・。
私は九州なので海もあたたかく、4月から10月など
暖かい時期、天然モノのサバ・さけなどはウヨウヨいます♪
つまり 店員さんは当たり前のように見ているので、
そこまで 気にされなかったのでは?
 
(ちなみに、大分県の関さば関あじなどは 海流が
速くて 寄生する虫を見たこと無いって漁師さんがいってました)

(2)態度がひどすぎる!
こちらは客なのに・・・。一言侘びがあってよさそうに・・。

(3)ちなみに、そのスーパーは逆に天然モノをちゃんと
置いているってことでは?
私の食べる回転すしや、激安スーパーでは
20度以下に解凍されて出るものばかりなので
アニサキスが死滅した状態のものばかりですし・・・(笑)

私は一度高知に旅行にいったさいに、
団体旅行でいった店で カツオのたたきを食べた際
みんな食べたのに、1人だけ友達がアニサキス症になりました。
医師は、暖かい海には沢山いるので、
お店にも訴えてもしょうがない・・・といったそうです。
体が弱ったお年寄りやこども、疲労した際、生身の魚を
食べさすなとはこういうことも含まれてるそうです。

でも何よりも その店員の態度がむかつくので
親会社などにクレームが一番かと!
読んでて むかついちゃいました!!

スーパーの店員の態度むかつきますねぇ!

(1)のアドバイスですが、
50,60度でぽくりと死んじゃう弱い虫なので
特にどこも注意書きはしてません。
 刺身用であれば 別ですが・・・。
私は九州なので海もあたたかく、4月から10月など
暖かい時期、天然モノのサバ・さけなどはウヨウヨいます♪
つまり 店員さんは当たり前のように見ているので、
そこまで 気にされなかったのでは?
 
(ちなみに、大分県の関さば関あじなどは 海流が
速くて 寄生する虫を見たこと無いって漁師さんがいって...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報