はじめまして。少し長い文章ですが、どなたか教えて下さい…

今年3月のはじめに右手親指を強く引っ張られたた時に鈍い音がし、
その後親指の付け根が痛くなりました。
整骨院に行った所、軟骨がずれてしまったとのことで、
ズレを直し、テーピングで固定しました。
ほとんど毎日整骨院に通い、マッサージとテーピングの交換でかなり良い状態まで回復したのですが、
3~4週間ほど経ち、テーピングが必要でなくなった頃に油断して、
指をケガをする前のように普通に使ってしまったところ、再度ズレてしまいました。
その後はかなり気をつけて指を使わないようにしていますが、何かのタイミングでズレてしまい、最近ではズレやすく、固まりにくくなってしまっています。
痛みも以前に比べるとかなり痛い状態です。
また、これまでは右手だけでしたが、ずっと左手だけを酷使してしまった結果、
2週間ほど前に左手までズレてしまい、両手共テーピングをしている最悪な状態になってしまいました。
これでは仕事を続けることも難しいため、とりあえず一ヶ月間、休職することにしました。
これから毎日整骨院に通い、これまでと同じように治療を続け、極力手を使わない生活を送るしかないのですが、他に何か治療方法はないものでしょうか?
整形外科にも2件ほど行ってみましたが、レントゲンに写らない軟骨のことは全く対応できないようで、「特に異常はないようですが」と言われて、湿布を渡される始末です。
針灸なども考えましたが、軟骨のズレに効くのかどうかも良く分かりません。
一ヶ月で完治できるとは思えませんが、ある程度日常の生活に戻らないと仕事にも復帰できないため、藁をもつかむ思いでここに載せてみました。

どなたか、良きアドバイスをお願い致します m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 「軟骨がずれる」という表現が良く分らないのですが、確かに軟骨はレントゲンで写らないので、その状態を確認するには実際に関節を開くか、関節鏡を用いて肉眼で観察するしかありません。

ですから最初に「ずれた」と言われたのは、恐らく「亜脱臼」の状態だったのだと思います。
 「亜脱臼」や「脱臼」の状態は、関節をを一定の位置で固定するための「靭帯」が一部だけ断裂しているか完全断裂している場合に起こります。痛みの原因は、この断裂した(もしくは断裂しかけた)靭帯にストレスがかかって痛みを出しているか、関節面がずれたために本来の関節面とは違う面が接触して痛みを出しているものと思います。断裂した靭帯は手術をしない限り元の位置でつながりません。しかも靭帯の組織的な性質上、手術をしても靭帯組織がつながるのではなく、靭帯線維の周囲を硬い線維性組織がとりまいて修復されます。その部分には本来存在しない組織が出てきて修復されるわけですから、それなりに十分な時間が必要となります。
 反対に手術をせずに治療を行う場合、元の靭帯と同様の固定性を得るためと、本来の関節面と違う部分で関節面が接触するのを避けるために、数週間の「ギプス固定」を行うことがしばしばあります。この場合、関節は最終的に「関節拘縮」という状態になるため、ギプスを除去した後に「可動域訓練」という関節のリハビリが必要になってきます。つまり、ギプスで固定し、わざと関節周囲を硬い組織で覆って動かしにくくしてしまってから、必要となる動きを得るためのリハビリをするのです。このリハビリは硬くなった線維性組織を柔らかくするためのものなので、リハビリ中は非常に痛く辛いため、痛み止めを使用しながら続けます。これをすることによって、最終的に本来の関節面どうしが接触し、本来の動きを得ることが出来ます。
 テーピングだけでは固定性が十分得られないと思いますが、かと言ってこれからギプス固定を行うのは、季節的にも辛いことなので、今回の回答はあくまでも参考になさってください。また、どこの病院でも整形外科では「CMバンド」という装具があるので、それを使用するのも一つの手だと思います。
 適切な回答が出来ませんでしたが、頑張って治療されてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

himeroさん、
丁寧な文章でご回答下さいまして、ありがとうございました。
今後の治療の参考にさせていただきたいと思います。
macham777

お礼日時:2001/05/15 16:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 水晶体脱臼、亜脱臼<眼の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    水晶体脱臼、亜脱臼とはどんな病気か  水晶体は、チン氏帯と呼ばれる細い糸によって眼球壁に固定されています。眼球を打撲したり、チン氏帯に細かい粉が蓄積する性質の人や、全身の病気と関係してチン氏帯が弱い人などでは、チン氏帯の一部が切れてしまうことがあります(亜脱臼)。すると、その部分で水晶体の支えがなくなるので、固定が不安定になります。この場合、白内障手術は難易度が高くなります。  手術中に水晶体が...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親指の脱臼(?)について

親指の脱臼(?)について。

先日、学校で食品を真空作業をしていたのですが、中の食品が固いペースト状のものでしたので親指でぎゅっと押して平らにしていました。

その時、ふと力を入れた拍子に右親指の付け根の部分がカクンと関節がずれたようになり、突然のことに慌てて自分で元の位置に戻したのですが、そのあとは突き指をしたような痛みと、付け根の手のひら部分が少しだけ腫れてるような気がします。

指も曲がるには曲がるのですが、ぎゅっと握ると腫れてるせいなのか、握りづらいなと感じます。あとは力を入れるのがちょっと不安な感じがします。
母に相談してみても、自分の力だけで脱臼はしないだろうと笑われてしまい。とりあえず昨日はテーピングで固定していました。

翌日になり、やはり痛みはあり腫れもまだ残っているのですが、これはやはり突き指なのでしょうか?調べてみると亜脱臼というものがあると聞いたのですが、自分の力だけでも脱臼はするものなのでしょうか?

不安なら病院に行くべきだと思うのですが、近くにいい病院がなくて、いつもは行かずに放置しています…。でも、もし脱臼の可能性やこれから動かなくなったりしたらと思うと不安なので、参考までに質問させてもらいました…。

ちなみに中学や高校の時にはバレーボールでしょっちゅう同じところを突き指をしていました。そういうのも関係あるのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

親指の脱臼(?)について。

先日、学校で食品を真空作業をしていたのですが、中の食品が固いペースト状のものでしたので親指でぎゅっと押して平らにしていました。

その時、ふと力を入れた拍子に右親指の付け根の部分がカクンと関節がずれたようになり、突然のことに慌てて自分で元の位置に戻したのですが、そのあとは突き指をしたような痛みと、付け根の手のひら部分が少しだけ腫れてるような気がします。

指も曲がるには曲がるのですが、ぎゅっと握ると腫れてるせいなのか、握りづらいなと感じます。あとは力...続きを読む

Aベストアンサー

お母様が医学にかかわる知識をお持ちでないなら、話を鵜呑みにはしない方がよろしいでしょう。
私も医者でもありませんけどね。
指の関節が正常とは違う状態なったということで、腱の損傷はあると思います。
反射的に元に戻したという感覚があるので、脱臼したということも考えられなくはないでしょう。
関節は人によって外れやすいという人だっていますから、どの程度の負荷で外れるのかを基準にしていては手遅れになるかもしれません。
突き指にしても、脱臼、亜脱臼にしても、適切な処置をしなければ間接の変形であるとか痛みが残ることもあるので、医者に診てもらうのが最善でしょう。

Q親指が痛い・・全然治らない・・。

12月の中旬位から、親指の第一関節外側の骨あたりが痛いです。
普通にしていればなんともないのですが、親指に触れるとしびれるようにひびきます。
また、その部分強く触るとすごく痛いです。
17日頃に整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらいましたが、なんの異状も見られないので、ボルタレンテープというのを頂いて、それをずっと貼っていますが、一向に痛みが取れません・・。

自分で原因を考えてみたら、チェストを組み立てたり、ゲームでジョグダイヤルをおもいっきり回していたことが思い浮かびましたが、骨にも異常はないし、
痛みの原因が何なのか全然わかりません・・。

こういった経験のある方・・これは何なのか・・教えて下さい。。
また、治る方法など、アドバイス程度で良いのでご教授頂けると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 痛みやしびれがあるのは、どちらか一方の手の親指だけですか?
 もし、他の指や部位にもしびれがある場合は、指とは違うところで神経が圧迫されていたりするためと言うことも考えられます。

 レントゲンを撮ったと言うことですが、何枚くらい撮影しましたか?
 単純な一方向からの撮影だけでは、小さな骨折や腱や靱帯の損傷が写らないことがあるそうです。

 ボルタレンテープは鎮痛消炎剤なので、痛みに対する対症療法に過ぎないと思います。
 主治医に痛みが改善しないと訴え、もっと詳しく検査して貰うように頼むか、時間をかけて、自然と痛みが無くなるまで耐えるかのどちらかになると思います。

 #2ですでに指摘されているように、内科的な病気が原因である場合もあります。通風など他の病気の可能性はないのかと主治医に聞いてみるのも良いでしょう。

Q指の第1,第2関節の異常について

右手の薬指の 第2関節部が左右に少し太くなっていて、動きが悪いです。
第3関節は、異常や違和感はないです。

朝 起きると、必ず薬指の関節だけがかなり硬くなっていて、動かして慣らしていくと一応、普通に曲がるようになります。
第2関節には 強い痛みは無いものの、曲げた状態で 太くなっている関節の左右を指で摘むと、少し鈍い鈍痛があります。
一方、第1関節も 曲げた状態のまま 関節の付け根(やや下あたり)の上側(手の甲、自分側の面)を押すと、鈍い圧痛があります。
そして、数時間 PCのタイピング作業ばかりやっていたりすると、また指の関節が硬くなってきて、屈曲がなめらかに動かなくなります。

ちなみに他の小指や人差し指や中指などは、まったく異常ありません。(関節可動時においての痛みや違和感として)
一本の指だけが動きが硬く悪く、鈍痛があり、スムーズに軽やかに曲がらない感じなのです。

次に 薬指の可動時に起きる この諸症状の原因として 唯一考えられるもの。

まず、約3ヶ月前の出来事なのですが、小指の中手骨を骨折しました。
原因は 父親とのケンカで、右手の手首を逆に捻られ、小指の第3関節~中手骨あたりを押し込まれるような感じで 捻り上げられて 両手を使って思いっきり力を入れられ、骨折しました。
そして 小指の中手骨全体がかなり腫れてしまったのですが、あまり強烈な痛みにも感じなかったので、捻挫でもしたのかな?程度に思ってしまい、シップと包帯だけ自分で巻いて、病院にはすぐには行きませんでした。

ところが18日間くらい そんな感じで過ごしてたのですが、小指の手の甲が硬く凸状に出っ張っていたので、そこで 初めて心配になり病院に行ったのです。
診断は、『第5 中手骨-骨折』ということで、すぐにシーネ固定をされました。
レントゲン画像を見たのですが、折れた『中手骨』が かなりずれてるように見えました。
ズレは、正面画像で、薬指側に2ミリ程度ずれていて、側面画像では、折れて山状に屈曲変形があり、さらに 回旋変形もしてたようで、要するに3方向全部に対して ズレがあったのでした。

しかし、3週間近くも 受傷から経過してたため、徒手整復は無理だろうと思いつつ、主治医に相談した所、『手術しなくても大丈夫,直りますよ』と言われ、シーネ固定をしていました。
その時は、『MP-過伸展位』の角度(上方20度吊り上げくらい)で固定され、モノスゴイ痛さで 転げ回るような苦痛で2週間我慢してました。固定前より、固定中が地獄でした。

次に2週間後に また出向き、レントゲン撮影。診断は、骨の結合の悪さの理由で再固定することに。
ここでの固定の時に ちょっと変な固定方法をされたんです。
15ミリ幅くらいの折りたたんだ硬めなガーゼみたいなモノを小指と薬指の付け根に押し込んでいました。
そうすると、指はかなり開くわけなのですが‥開いた2本の指、薬指を小指側に右側に寄せて、開いた指の先端を閉じるようにしぼってテーピングされ、その上で2本の指をシーネと包帯で ガチガチに巻かれました。
ここからは 毎日が激痛で 夜も寝れないくらいの痛さでした。鎮痛剤のロキソニンを常用で飲んでいても、痛すぎて辛い毎日でした…。

イメージで言いますと、指付け根に詰め物を押し込んで、V字に開いた指の先端をしぼってサンドイッチになったような状態で巻かれたような感じです;汗
この固定ですと、ちょうどテコの原理で、薬指の第2関節に無理に真横に強いストレスがかかったような感じになるのではないでしょうか?真横に曲がらない関節に対し、常にしならせてるようなもので、人生38年間生きてきた中で、1番の激痛に感じました。
その固定方法が 3週間連続で続き、初診日から数えて通算5週間のシーネ固定でありました。
そして、固定を外し、リハビリを開始して 現在1ヶ月ちょっとの状態です。

1ヶ月以上 毎日指を動かしてリハビリを続け、指は ほぼ普通に動くようになりました。
ただ、問題なのが冒頭で 書きました『薬指関節』の異常なんです。
初診日にかかった時までは、間違いなく普通であり、正常で関節が太くなってたりしてもいませんでした。
元々 怪我も無く、正常だった指がおかしくなったのです。
その後、主治医に その旨を言って レントゲンを撮ってもらいましたが『異常ないです』と言われました。
血液検査もしたのですが、異常なしと言われました。
その病院は、近所の町の小さな医院で、レントゲンの機材しかないところです。
もちろん整形外科でかかったわけですが、あとは内科,消化器内科のみの医院です。
CTやMRIなどはないので、整形外科では、レントゲンだけで診療しているところでした。
私は 『MRIなどで検査した方がいいのでは?』と指摘しましたが、主治医は 必要ないと言ってました。

薬指の第1,第2関節の微痛、第2は太くなっている、そして指がすぐ硬くなってしまい、拘縮してるように動きが硬くて悪い…。
いったい、この症状は なんでしょうか?この主治医の治療法が原因だとしか思えないのですが、如何なものでしょうか?

ちなみに元々のメインであった小指の『中手骨-骨折』の治療でも、『回旋変形が』2~3ミリ程度回転して曲がっていたようで、手をグーに握ると小指の先端が薬指の内側まで、ちょうど爪が見えなくなるくらいまで斜めに潜ってしまいます(小指が真下ではなく、薬指側に進入してしまう感じです)
グーにすると、指が重なってしまい、並列に並ばないのです。
これを 現在の主治医は、問題なしと言っていて、手術する必要はないとも言っていました。
指が重なってしまうのに 本当にキチンと骨切り術等で治さなくてもいいのでしょうか?

しかも、利き手の右手なので、一生使っていく大事な指です。なんかその主治医の感覚が理解できません。
とりあえず、薬指の不具合が気になっていまして、どんな症状が考えられるか?
指でも いろんな症状がありますよね?自分がどんな状態になってるのか非常に気になっております。

指の関節や疾患に詳しい方いましたら、アドバイスよろしくお願いいたします。

右手の薬指の 第2関節部が左右に少し太くなっていて、動きが悪いです。
第3関節は、異常や違和感はないです。

朝 起きると、必ず薬指の関節だけがかなり硬くなっていて、動かして慣らしていくと一応、普通に曲がるようになります。
第2関節には 強い痛みは無いものの、曲げた状態で 太くなっている関節の左右を指で摘むと、少し鈍い鈍痛があります。
一方、第1関節も 曲げた状態のまま 関節の付け根(やや下あたり)の上側(手の甲、自分側の面)を押すと、鈍い圧痛があります。
そして、数時間 PCのタイピ...続きを読む

Aベストアンサー

紹介状に関してですが、教えてgooの他の回答でも皆さん勘違いしているので

アドバイスします。

基本、紹介状は自分(医師)の手に負えない・判断がつかない・他科の場合に

自分(医師)の判断で作成するものであって、患者からの要求で作成するモノ

ではありません。(患者が転勤するなどの場合は除く)

骨折は治った。薬指には消炎鎮痛クリーム。

もっと奇麗に治したいと言っても『それは貴方の判断でしてください。』としか

言わない気がします・・・・

だって、自分が治ったと言っているのに、オペの紹介は書かないでしょう・・・・

その時点で自分の不備を認めた事になるのですから・・・

セカンドオピニオンも同じで、オペした方が良いかどうかの判断を他の医師に仰ぐので

あって、自分が治ったと判断・説明しているのだから、紹介などしないでしょう・・・

オペする方の医師も、訴訟に発展しそうなケースはまず避けます。

それであれば、担当していた医師と全く関連の無い(出身大学が違う)手の専門医に

まず診察だけ紹介状なしに相談してみてはどうでしょうか?

オペでどこまで回復するのか?見込みなど・・・

その見解を知った上で、今までの医師に迫ってみてはどうでしょうか?

私も貴方の指が心配になって来ました。

感情的になっては負けなので、冷静に医師と渡り合ってください。

応援しています。

紹介状に関してですが、教えてgooの他の回答でも皆さん勘違いしているので

アドバイスします。

基本、紹介状は自分(医師)の手に負えない・判断がつかない・他科の場合に

自分(医師)の判断で作成するものであって、患者からの要求で作成するモノ

ではありません。(患者が転勤するなどの場合は除く)

骨折は治った。薬指には消炎鎮痛クリーム。

もっと奇麗に治したいと言っても『それは貴方の判断でしてください。』としか

言わない気がします・・・・

だって、自分が治ったと言っているのに、オペの紹...続きを読む

Qばね指治った方いらっしゃいますか?

薬指と小指がばね指になってしまい落ち込んでいます。
まだ手術するほどではないらしいのですが、
痛みがひどくなったり曲がらなくなったりしたら
手術するそうです。

別のところを手術したことがあるのですが、もう手術はしたくないので
これ以上状態を悪化させたりしないで、手術しないで治したいので
治った方、どんなことをしたら治ったか教えてください!!

Aベストアンサー

基本的には安静が第一です。
鍼灸治療などもしますが、安静にして腱鞘炎が治れば腱鞘の狭窄が緩みますので、そうすれば弾発現象は無くなります。
恐らく指の付け根にグリグリしたしこりが触れますよね。
それに関しては恐らく残るでしょうが、腱鞘の狭窄さえ無くなれば指が引っかかることはありません。
普段から注意することは、硬く握りこむような動作は避けることです。
親指の場合は指で押さえ込むような動作を避けるのですが、小指と薬指ということですので、例えば自転車のハンドルなどを強く握りこんだり、ゴルフのグリップを握りこんだりという動作は控えましょう。
ある程度動かせるなら、暖かいお湯の中で軽く指を曲げたり伸ばしたりして運動しましょう。
その後氷などで冷やすことも効果的です。
痛みが強い時は装具などで動かないように固定することも必要です。
手術に関してですが、先ほど書いたように腱鞘の狭窄が無ければ指は引っかかりませんので、この腱鞘を切開することにより狭窄を無くします。
弾発指は、切開しても他の指がなる人が多いため、保存療法で治せるなら指・手の使い方を考えながら治したほうが後々の為にも良いのではと考えますが、指が引っかかったまま動かせない方や、痛みがひどい人は切開するほうが患者さん自身の負担は少ないかもしれません。
手術自体は非常に短時間で終わるものですから、あまりこれ自体を怖がる必要はありません。
弾発指は病院勤務の時も整骨院勤務の時もたくさん治療していたので、一応専門家とさせて頂きます。

基本的には安静が第一です。
鍼灸治療などもしますが、安静にして腱鞘炎が治れば腱鞘の狭窄が緩みますので、そうすれば弾発現象は無くなります。
恐らく指の付け根にグリグリしたしこりが触れますよね。
それに関しては恐らく残るでしょうが、腱鞘の狭窄さえ無くなれば指が引っかかることはありません。
普段から注意することは、硬く握りこむような動作は避けることです。
親指の場合は指で押さえ込むような動作を避けるのですが、小指と薬指ということですので、例えば自転車のハンドルなどを強く握りこん...続きを読む

Q突き指して固まってしまった関節の治し方について

 半年ほど前、ひどい突き指をして、関節がすごい腫れ方をしました。
 今でも関節の太さが元に戻らず、思い切り握り締めようとすると、その指だけ思い通りに曲がりません。

 時間がかかっても、何とか曲がるようにしたいのですが
希望は持っていてもいいものでしょうか。
 また、多少の痛みがあっても頑張って握ったり、開いたりを繰り返して少しでも動かすようにすべきでしょうか。
 
 スポーツ中にひどい突き指をして完治させた方、
また経験はなくともご存知の方がいらしたら、ぜひ
教えていただきたいです。
 お返事待ってます。

Aベストアンサー

私もバスケをしているときに突き指をして小指が変形してしまいました。
まぁ私の場合は、小学校の頃でしたので友人に"無理やりひっぱれば治る"とか
"突かないとダメ"とかおもちゃにされて(笑)、次の日には指が2倍以上に
腫れちゃったのが原因なんですが(笑)

後でいろいろ医者から聞いたのですが、できるだけ早く外科に行って
診てもらった方がよかったみたいです。
そのままほっておくと私のように変形したまま固まっちゃって、間接は
曲がりますがコキコキ音がなるようになってしまいますよ。
(あと、固まってしまうと後は切開して骨の一部を削ったりしなければ
ならないようです。)

Q舌の先などにプツッとした痛いできもの

舌を噛んだり傷つけたわけでないわけではない時に、時々舌の先等に、小さい見えるか見えないか程度のプツッとした凄く痛いできものができます。あれはなんですか?

よく、食べ過ぎたりして胃が悪い時に出来る、と祖父母なんかに聞かされた気がしますが・・・。

実際、出来たときは、疲労時というか、心身どちらか一方でも過度に疲労したかな?少し食べ過ぎ?と思い当たることもあります、が、毎回ではありません。

あれは何で、どんな時に出きやすくなりますか?
また、予防策、出来てからの対処法など教えて下さい。
病院に行くほどひどくならないので、これまでそれで病院に行ったことはなく、だいたい1週間程度で治りますが、出来るととても痛いです。

Aベストアンサー

口内炎が舌にできたものだと思いますよ。私も子供のころからしょっちゅうできます。舌にできるとものすごく痛いんですよね(T_T)

原因はストレス、栄養の偏り(特にビタミンB不足)、睡眠不足、口の中の不衛生、胃の不調や風邪の時などの体調不良時などさまざまだと思います。
私はできてしまったら薬を塗って早めに就寝して睡眠を十分にとること、食事後や口の中が痛いときなどとにかくうがいをして口の中を清潔に保つこと、ビタミンBを取ることを心がけています。

よくできるならひどくないと思ってても一度医者に行ったほうがいいかもしれません。薬をくれるので次にできたときにも便利ですし原因もわかるかもしれませんよ。

Q深飲みさせる方法(浅飲みで乳首が痛い)

こんにちは。生後1ヶ月の赤ちゃんがいます。

乳頭保護器(扁平陥没のため)を使って母乳で育てていましたが、最近になって直母がすこしずつできるようになりました!!

ただ飲ませ方、含ませ方がいまいちでどうも浅飲みをしてしまい、乳首の根元が痛いのです。

HPでいろいろ検索し「じるの魔法のおっぱい」や「おっぱいについて」など参考になるHPなども見たのですが、深飲みさせる方法はみつけられませんでした。

産院では
・縦飲みで、赤ちゃんの足を太ももにおいて開かせる
・大きな口を開かせて、乳輪全体まで含ませる
・おっぱいマッサージでやわらかくする
と指導されていますが、なかなか実行できません。

手の持ち方、頭の支え方、奥まで含ませる方法など、くわしくわかる方、ぜひアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

確かに、赤ちゃんにオッパイを深く加えさせるには、縦抱きが一番やりやすいです。家ではどのようにやっていますか?産院ではどのように加えさせるか教えていただいたと思うので、もし、かぶってしまっているようだったら、ごめんなさいね。

まず、お乳がカチンカチンに張っているときや、扁平陥没乳首など乳首の形状が子供に吸わせにくいがお乳を飲ませるとき、基本的に軽く先搾りして少し乳首~乳輪にかけて柔らかくなるようにします。そうしないと赤ちゃんは上手く吸えません。


産院で習ったように、赤ちゃんを太ももに座らせます。そして、もし右乳だったら、左手の親指と人差し指の間を思いっきり開くようにして(手はパーの形)、親指と人差し指の間の水かき部分を右乳の下(お腹とお乳の境)にグッと当てます。そして、そのままお乳を下からグッと押し上げるようにして、そのまま親指と人差し指全体でオッパイをグッと挟みます。ちょうど乳輪の外側を左右から挟むような感じになっていると思います。そして、ここがポイントなんですが(解りづらいでしょうから、後で言い換えますね)、赤ちゃんの口がオッパイより少し下にくるようにお母さんが少し背筋を伸ばすような感じになって、(何て表現していいか上手く言えないけど)赤ちゃんの口にまっすぐに乳首を持っていくんじゃなくて(まん前からオッパイを赤ちゃんの口に入れようとすると浅くなります)、赤ちゃんの口をオッパイの下からカプッと蓋をかぶせるような感じでオッパイに吸い付かせるんです。

右手で赤ちゃんの首の後ろを支えていますよね。右手首をスナップさせる感じ(解ります?)で赤ちゃんの体勢を後ろから前に持ってくるような感じにするんですけど・・・。実際にやって見せると一番説明しやすいんですけど、そうもいかないので、表現しにくくて解りづらいかもしれませんね。

赤ちゃんを後ろに少し倒し加減でオッパイに向かって少し近づかせて(そのときお母さんは少し上半身を前に倒すような感じでいる)、右の手首をクイッと手首の内側に向けて倒すような感じで赤ちゃんの頭を前に倒すのと同時にお母さんの上半身もまっすぐにする。

想像できます?できなかったらごめんなさい!

病院の助産婦さんにもうちの妹達(助産婦)にも同じ事言われたので、やり方はこの方法がやりやすいのかもしれません。

簡単に言うと、縦抱きで太ももに座らせて、お母さんも少し上体を前かがみにして子供も上体を少し後ろに倒れ加減にして、お乳の下の方からカプッと蓋をかぶせるような感じで子供の口がくるようにもってくると同時にお母さんも上体を起こす。

赤ちゃんが中途半端に口を開けていて浅く吸い付いちゃったとき、一度、赤ちゃんの口をオッパイから離してあげます。そして、赤ちゃんが口をアーンと開けた瞬間に説明した方法でクイッとやる。慣れるまで難しいかもしれませんが、吸い付いているお口にお母さんの人差し指をちょっと差し込むだけで、おもしろいほどポロッと赤ちゃんのお口が外れます。

赤ちゃんの吸引力はすごいので、赤ちゃんのお口の中は引圧になっています。そこに、ちょっとでも空気を入れてあげるとポロッと外れます。コンタクト使っている人だったらわかると思いますが、コンタクトがずれて白眼にキューッと吸い付いてしまったときに、コンタクトと白眼の間に爪の先ですこし空気を入れてあげれば引圧状態が解除されてコンタクトが動くようになるのと同じです。

人差し指や小指が適当な細さなので、やりやすいと思いますが、赤ちゃんの口とオッパイの境に爪の先を持って来て、爪の表側で赤ちゃんの唇を持ち上げるようにクッと指を差し込んで、指を持ち上げるようにするといいです。

ほんま感動しますよ。おもしろいです。赤ちゃんのお口がチューチューした形のままオッパイからポロッと外れるんです。外れるときにチュッだったかポンッだったか、音がするんです。慣れるまで難しいし、痛いから必死になって外そうとするけど、コツさえ覚えれば簡単ですから、頑張ってくださいね。

もし、解りづらかったら仰ってください。また回答しますので・・・。

確かに、赤ちゃんにオッパイを深く加えさせるには、縦抱きが一番やりやすいです。家ではどのようにやっていますか?産院ではどのように加えさせるか教えていただいたと思うので、もし、かぶってしまっているようだったら、ごめんなさいね。

まず、お乳がカチンカチンに張っているときや、扁平陥没乳首など乳首の形状が子供に吸わせにくいがお乳を飲ませるとき、基本的に軽く先搾りして少し乳首~乳輪にかけて柔らかくなるようにします。そうしないと赤ちゃんは上手く吸えません。


産院で習ったように、赤...続きを読む

Q指が打撲(?)で腫れています。対処方法を教えてください。

昨日、年甲斐もなくソフトボールをしていて怪我をしてしまいました。
対処方法に困っています。

【状況】
・バウンドした結構速い打球をそこそこ近い距離で受けた。
・グローブの中に完全に入らず、ほぼ添えた方の右手で受けた形になった
・突き指ではないと思っています。(とっさのことで微妙なんですが…)

・最初は掌の親指の下くらいが痛かったので、氷で冷やしていた。
・後に親指が痛み出し、夜家に帰った頃には親指が一目見ただけで分かるほど腫れてきた。
 (指が二回りほど太くなった感じ)
・一晩経っても腫れはひかず
・何もしていない状態では痛くはない、ある角度で圧力を加えるとそれなりに痛い

【質問】
・上記のような状態であれば、すぐに病院に行くべきでしょうか?
とりあえず、日常生活は不便なりにもこなせるので、
自然に腫れが引くならそれに越したことがないと思っているのですが…
ケガをしたのは久々なので不安な面もあります。

その他、気をつけるべき点、対処方法等があればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これをレスを見ているなら、早く病院に行きましょう。
この文章を見てると怪我をした時の基本処置RICEをしていないようですね。
R:レスト(安静)患部を動かさない
I:アイス(冷却)患部を最低48時間は冷却する。
C:コンプレッション(圧迫)包帯等で患部を圧迫して余計な腫れや出血を防ぐ
E:エレベーション(高挙)患部を心臓より高くすることにより患部への血液供給を減らす。
怪我をした時の鉄則です。
突き指と言っても症状は千差万別、単なる打撲や捻挫から靭帯断裂・脱臼・骨折と多岐に亘ります。
指は、特に細かい動きが要求される所です。
怪我が早く治るか否かは初期の自己処置と専門家による専門的な処置をいかに早く行えるかに掛かっています。
一刻も早く受診されることを願います。

Q足の関節がずれる人いますか?(長文ですが読んでください)

題名を読んで見てくれてる方がいたらごめんなさい↓
なんて表現したらいいのか分からず「関節」と書きました(><)

 正確には膝あたりにあるゴム板のような役割をしているものらしいのですが・・・・。

 私は小さい頃から正座をしてほんの少しでも横にずれると「ボクッッ」っとなって(今書いてるだけで怖いです↓)もの凄い痛みと共に何かがずれた感じがします。ずっと関節と思っていましたら、関節ではないらしいです。

 ずれた後はあまりの痛みに1ミリたりとも動けません!息をするのも響くので、いっそ気を失ってしまいたいのですがそうもいかないので、死ぬ思いをして自分で「ポクッ」と元に戻さなければなりません。

 もの凄い痛みなので想像するだけで怖いです。
弓道部なのに正座ができませんでした。

 このようになる方、私の他にもいらっしゃるでしょうか?!?!
本当に苦痛です(法事等でも椅子を使用しているので今はもぅ三年近く正座をしていないです)
 私は骨折したり筋を切ったり・・・等は経験したことないのですが、本当にこの整形系の何ともいえない痛みは話だけでも耐えれません!!
今は20歳できっとこの先正座をしていなければならない機会もあるかもしれません・・・。
 解決法は求めませんが(治らないらしいです・・・)同じ境遇の方いましたら教えていただきたいです!

 読んでくれてありがとうございました。

題名を読んで見てくれてる方がいたらごめんなさい↓
なんて表現したらいいのか分からず「関節」と書きました(><)

 正確には膝あたりにあるゴム板のような役割をしているものらしいのですが・・・・。

 私は小さい頃から正座をしてほんの少しでも横にずれると「ボクッッ」っとなって(今書いてるだけで怖いです↓)もの凄い痛みと共に何かがずれた感じがします。ずっと関節と思っていましたら、関節ではないらしいです。

 ずれた後はあまりの痛みに1ミリたりとも動けません!息をするのも響くので、...続きを読む

Aベストアンサー

”膝のずれる感じ”ということで、明らかな外傷がなく、年齢もお若いので、わたしが思いつくのは
(1)回答2のかたのおっしゃる、反復性膝蓋骨脱臼(膝の前にある膝蓋骨という骨の周りの組織がゆるく、ちょっとした事でお皿の骨がずれて外れる感じになる)
(2)円板状半月板損傷(膝の骨と骨の間にある半月板というゴムのようなクッションが普通と違う形をすることで、膝の骨の間に挟まったり切れたりしてひっかかる)
(3)loose(hypermobile) meniscus(半月板の動きが、普通より大きすぎて骨と骨の間に挟まりこんで痛みがでてうごかなくなる)
(4)近位脛腓靭帯不全(膝の外側にある腓骨という骨と脛骨というすねの骨をつなぐ靭帯などがゆるく、姿勢によりずれを生じて痛くなる)
の4疾患でしょうか。書いてらっしゃる内容からは(2)か(3)の確率が高いように感じます。
(2)の場合~MRIという画像検査で確定診断は可能です。症状の改善の見込みがなければ関節鏡(膝の内視鏡)でみながら、半月板を削り形を整えて引っかからないようにします。
(3)の場合~診断は難しくMRIでも明らかな異常が無いことがあるので、整形外科でも膝が専門分野の医師に見てもらうことです。場合により関節鏡検査で半月板の動きを直接確認し、周囲の組織に縫い付ける手術が行われることがあります。その他の説明
(1)の場合~装具や筋力訓練、テーピングなどを行います。場合により膝蓋骨の外側の固くなっている関節の袋を切って緩める、内側の靭帯を作り直す、脛骨(すねの骨)を一部切ってお皿の位置をいい位置にずらしたりする手術などを行うこともあります。
(4)の場合~診断そのものが非常に難しく報告も少ないです。
どちらにしてもあきらめずいろいろな病院で見てもらったほうがよいですよ。

”膝のずれる感じ”ということで、明らかな外傷がなく、年齢もお若いので、わたしが思いつくのは
(1)回答2のかたのおっしゃる、反復性膝蓋骨脱臼(膝の前にある膝蓋骨という骨の周りの組織がゆるく、ちょっとした事でお皿の骨がずれて外れる感じになる)
(2)円板状半月板損傷(膝の骨と骨の間にある半月板というゴムのようなクッションが普通と違う形をすることで、膝の骨の間に挟まったり切れたりしてひっかかる)
(3)loose(hypermobile) meniscus(半月板の動きが、普通より大きすぎて骨と骨の間に挟まりこんで...続きを読む

Q指の骨折後のリハビリ法について

医師のリハビリ方法について疑問があるので質問させていただきました。


まず先月の初めに、右手の指の中節(第2関節)を骨折しましてシーネで固定していました。
1ヶ月後の今月初めごろ、固定をはずし先週からリハビリ開始しました。
指の状況は、筋肉がガチガチに固まっており、第2関節は少しだけ曲がりますが
指先である第一関節は自力では全くもって動きません。(拘縮というのでしょうか?)
リハビリは専門の医師がおらず、院長1人で行います。(町の小さな病院です)
まず固定をはずした初日から、医師は指を強制的に90度程ぐいっと曲げるのです。
ゆっくりではなく、急にぐいっと曲げ、伸ばしを繰り返し、グッグッと何回も押します。
激痛でびっくりして、イタイイタイイタイイタイ・・・!と声を出しましたが、止まることはなくずっと押されるのです。リハビリは毎日行うから来てと言われたのですが、毎回この調子です。(電気を当て暖めてから開始します)
以前どこかで、「固まった筋肉を急に動かすと捻挫したのと同じ状態になる」「無理の無い範囲で曲げること」と見たのですが、このやり方ですと間逆なので不安になりました。


それから。一昨日のリハビリに裂いた時間は長めでして・・・朝、病院にいく前まで自力で手のひら近くまで曲げられていた第2関節が、そのリハビリ後はほとんど曲げられなくなってしまいました。翌朝も同様で曲げられません。悪化してるんじゃないかと思うほどです。本当に捻挫と同じ状態になってしまったのでしょうか?

この医師のリハビリ方法は正しいのでしょうか?
また、正しいとはいえない場合、専門のリハビリがあるところに移ったほうが良いのでしょうか?
今朝も、以前より曲げられなくなっていて不安でたまりません。どうかお答えよろしくお願いします。

医師のリハビリ方法について疑問があるので質問させていただきました。


まず先月の初めに、右手の指の中節(第2関節)を骨折しましてシーネで固定していました。
1ヶ月後の今月初めごろ、固定をはずし先週からリハビリ開始しました。
指の状況は、筋肉がガチガチに固まっており、第2関節は少しだけ曲がりますが
指先である第一関節は自力では全くもって動きません。(拘縮というのでしょうか?)
リハビリは専門の医師がおらず、院長1人で行います。(町の小さな病院です)
まず固定をはずした初日から、医師は...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>リハビリは「基本的に自分でやるものだから週1で来て」と言われたようですが、私の場合、毎日通院しなさいと言われました。毎日の必要があるのでしょうか?そこも疑問ではあります。

基本的には毎日、一日三回行う必要があります。自分で行うリハビリには色々な意味で限界があります。毎日プロにやってもらうのが理想ですが、病院によってはいろいろな事情がありますので週一回というところもあると思います。余計なバイアスを排除し完全に医療として考えれば毎日通院するのが理想です。


>自分では、洗面器にお湯をはってグーパーしたりして曲げる練習をしています、あとはゴムボールを握ったりなどです。しかしどうやっても第一関節だけは曲がらず、毎回通院で辛い思いをしています。

どの様に曲げていますか?このようなリハビリは大きく分けて“関節可動域の改善”と“筋力の回復”を目的に行います。関節可動域とは関節の動く範囲のことを言います。指でいえば“曲げ”と“伸び”です。自力でグーパーする運動やゴムボールを使う運動は握力に関することですから、筋力の回復目的になり可動域の改善にはつながりません。

貴方の場合は恐らく第一関節が固くて(関節可動域に制限がある)、その為に他動(誰かにやってもらうこと)で指を曲げられると痛みが出るのでしょう。ですからご自分でも他動による可動域訓練を行う必要があります。

指の関節は先から 第一関節、第二関節、こぶし と三つあります。他動で行う可動域訓練とは、それぞれの関節を意識して、個別に反対の手を使って曲げてください。例えば第一関節を曲げるときは左親指を爪にあてて押し込んでいきます。この時、指全体を見るのではなく第一関節だけに注目してみてください。第一関節がしっかり曲がっていると思います。次に第二関節ですが、第一関節と第二関節の中間に左親指を当てます。そのまま押し込んでいきます。先ほどと同じように第二関節のみに注目すれば、曲がっていることを確認できると思います。同じようにして拳の関節は第二関節と拳の間に左親指を当て、押し込んでいきましょう。

ご自分でやる時は力の加減ができますから、冷や汗を垂らしながら痛みを堪えることはないと思います。ただ痛みの出ない範囲で行ってもリハビリになりませんので、少し痛みを感じる部分まで丁寧に行うのが基本になります。


最初にも言いましたが指は曲げと伸ばしができる関節です。固定をすれば曲げも障害されますが同時に伸ばす方もおかしくなることが多いです。指はピーンと伸ばすと真っ直ぐよりも多少反るのが正常です。ですから貴方の指も“真っ直ぐにならない”“真っ直ぐだけど反らない”状態であれば、伸びの可動域制限もあるということになります。

伸びの可動域訓練をご紹介しますは、第一関節甲側に反対の手の人差し指をあてて、指先に親指を引っ掛けましょう。関節部に当てた人差し指を支点にし、指を反らせるように徐々に力を入れてください。第二関節であれば反対人差し指を第二関節へ、拳であれば拳に当てることでそれぞれの関節を伸ばすことができます。


まずはこのリハビリを医師に行ってもいいか確認してみてください。骨折の状況によってはまだ様子を見たほうがいい場合もあります。ご自分でのリハビリが充実すれば、要するにそれだけ回復のスピードが速くなるので、病院での苦痛も減ると思います。回答の中で何かわからないことがあれば補足ください。

No.1です。補足ありがとうございます。


>リハビリは「基本的に自分でやるものだから週1で来て」と言われたようですが、私の場合、毎日通院しなさいと言われました。毎日の必要があるのでしょうか?そこも疑問ではあります。

基本的には毎日、一日三回行う必要があります。自分で行うリハビリには色々な意味で限界があります。毎日プロにやってもらうのが理想ですが、病院によってはいろいろな事情がありますので週一回というところもあると思います。余計なバイアスを排除し完全に医療として考えれば毎日通院...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング