電圧降下法による抵抗の測定において、抵抗値Xの高低により電圧計の接続個所を変える理由がどうしても分かりません。

どうか理由を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

電流計と電圧計との位置関係で、被測定抵抗値により電圧計を電流計の前に入れるか後に入れるかと言う質問と思い回答します。



電圧計の針が振れる為には電流が流れる必要があります。
その電圧計を流れる電流が被測定抵抗を流れる電流に比べ無視できる値であれば前後どちらに入れても構いません。
が、無視出来ない場合は前に入れるか後に入れるかを判断する必要があります。
同時に電流計には内部抵抗があり、そこを電流が流れると電圧降下が生じます。この電圧降下が抵抗の両端の電圧に比べ無視できるか否かにより電圧計の挿入位置が変わります。

特に0.5%誤差品の特級と呼ばれる電圧計、電流計の内部抵抗はほとんどの場合無視できない値です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。お答えいただきありがとうございました。

お礼日時:2001/05/16 12:39

電圧計の測定レンジを変えるという意味だということで回答します.


電圧計のレンジによって内部抵抗が異なります.メータの隅の方によく見ると書いてある物もあります.
一般にレンジが低い電圧範囲は内部抵抗が低く,高い方は内部抵抗が高くなります.従って,抵抗によってレンジを変えないと正しい抵抗値(電圧降下を測定しているが)は計れません.大きい抵抗の時は高電圧のレンジを使わないと電圧計の内部抵抗に電流が流れてしまいます.ただし,レンジが高くなると細かい値が読みにくくなるため測定対象の抵抗のおよその値を知って適宜レンジを切り替えて測定すると正確に計れます.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よく分かりました。参考にします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/16 12:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧降下法による抵抗の測定について

電圧降下法による抵抗の測定で、すべり抵抗器を使います。
そのすべり抵抗器の使用法で電位差計式と直列式があるのですが、
その長所と短所を教えてほしいです。

Aベストアンサー

[電位差計式と直列式]は一般的な用語ではありません。その実験の中で回路構成が定義されていると思われます。もともと電圧降下法は求めたい抵抗と摺動抵抗器を直列につないで電源電圧を分圧し、求めたい抵抗の両端の電圧と回路電流から抵抗値を求める技法で、電圧計もしくは電流計による誤差をどのように考察するのかというのが主眼になっています。そのことを念頭に入れれば解答があると思います。

Q絶縁抵抗測定について教えて下さい。 給気ファン排気ファン等で絶縁抵抗を測定する際に電圧をかけます。

絶縁抵抗測定について教えて下さい。
給気ファン排気ファン等で絶縁抵抗を測定する際に電圧をかけます。
その電圧が回路に残っていると良くないので放電する対策があるみたいなのですが、具体的にはどんな方法で放電するのでしょうか?
放電する為の専用工具があれば、それも教えて下さい。

Aベストアンサー

5.被測定回路の放電
のところを参照。
http://denkinyumon.web.fc2.com/denkisetsubihosyu/zetuenteikousokutei.html
ワニ口クリップとピン型プローブが必要なようです。

Q発光ダイオードが逆電圧でも電圧計で測定されたこと

簡単な実験だったたのですが、5vの電源に発光ダイオードと抵抗をそれぞれ順方向、逆方向(ダイオード)につないだときの電圧と電流を調べる実験だったのですが、順方向は結果は出たのですが、逆方向は電圧も電流も測定されないと思っていたのですが、電圧だけ5v測定出てしまいました。色々考えたのですが、答えになってないので、すみませんが教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

順方向のとき
発光ダイオードの抵抗は、ほぼ0なので両端の電圧IR=0となり、
抵抗の両端の電圧はIR=5Vとなります。

逆方向のときは、
発光ダイオードの抵抗は、ほぼ無限大になり両端の電圧は5Vとなり
抵抗の両端の電圧は0Vとなります。

Q回路計である電圧を測定したら25[dB]を示した。その電圧は何ボルトか?

回路計である電圧を測定したら25[dB]を示した。その電圧は何ボルトか?
答えは15.5[V]
なので途中式を教えて下さい。

Aベストアンサー

dbは、比率を表すというのは、#1、#2の方々の言われるとおりです。
dbを使い始めた電話の世界では600オームの抵抗に1mWの電力を消費
する物を基準に、dbを使います。(#1の方が言われるようにdbm)
0dbmはV**2=R*Pから基準のVは600*0.001=0.6の
ルートです。つまり、V=0.775ボルトです。

ご質問の15.5Vは丁度20dbに相当します。

問題のミスかあるいは途中経過かとも思われます。

Q電流20.4mAを流した時の電圧降下165mVである抵抗は何Ωか。

電流20.4mAを流した時の電圧降下165mVである抵抗は何Ωか。

Aベストアンサー

I=E/Rより、R=E/I、[I:電流、E:電圧、R:抵抗]、E=165mV、I=20.4mAより、R=165/20.4≒8.1Ωとなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報