痔になりやすい生活習慣とは?

現在、リース車を使い個人事業主として仕事をしてます。

契約内容は
リース料と任意保険料を月々4万円/60回払い

大雑把ですが
基本は途中解約はできず、事情により解約の場合は時価により相殺との内容です。

現状は仕事はありますが売り上げ明細を毎月発送して振り込みされる約束なのですが
明細も送られず
振り込み(売り上げ金)も確認できなく赤字続きで、資金的にも生活に影響が出ているのでリース車を返して当事業を廃業しようと思ってます。

そこで疑問ですが

*リース契約をすんなり解消ができるのか?

*もし解消ができない場合は法的に毎月リース料を払い白ナンバーで個人的に使えるのか?

良い解決方法を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

*リース契約をすんなり解消ができるのか?


リース契約おいて原則、中途解約はできません、全損事故などで契約が履行できない場合は解約できることになります。
 廃業ということであれば解約はすると思います。ただし、その場合はリース会社より解約金提示があり、その解約金から車両の売却額を減額し、その残額の支払を求められていると思います。
 リース会社の解約金の算出は大きく分けて2つあります。一つは未払いリース料合計+残価ともう一つはリース原価(車両代や税金など)+利息(リース会社の利益)です。そこで後者は原価と利益なのでリース会社も確保したく解約金の減額が難しいです。前者は契約に何が含まれていかによりますが、未払いのリース料には、まだ到来してない自動車税、重量税、自賠責などのまだ原価が発生していないものが含まれているため、未発生分を解約金を減額できる可能性があるので確認してください。任意保険もリース契約に含んでいるのであれば、解約することで保険料の一部が保険会社よりリース会社に返金されますので、これも減額できます。
 車両の時価についてですが、もしリース会社の提示であれば自分でも中古業者に査定してもらってください。リース会社は返却された車両を売却して利益をだそうとしますので、低めに提示している可能性があります。

そのうえでまず,解約金の減額の交渉して、車両売却額(時価)を減額しすることしかないとおもいます。


*もし解消ができない場合は法的に毎月リース料を払い白ナンバーで個人的に使えるのか?
残りの契約期間で変更可能です。
青ナンバーから白ナンバーの変更があるのであれば、自動車税、重量税、自賠責の額が変わりますので、リース料を変更することで可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。

現在リース契約をしている会社から斡旋された仕事をしてます。

リース車の名義はリース契約の会社名義です。

商工会の方にリース契約書のコピーを見て頂いた所 新車で2年以上使用すればトントンになるのでわないかと言われましたが素人判断だから聞き流してとも…

因みに車検や納税は個人負担です。

お礼日時:2012/08/16 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング