幸福の王子の最後の解釈がよくわかりません。わかる方、教えてください。

神様が天使たちの一人に「町の中で最も貴いものを2つもってきなさい」とおっしゃいました。その天使は神様のところに鉛の心臓と死んだ鳥を持ってきました。神様は「よく選んできた」とおっしゃいました。「天国の庭園でこの小さな鳥は永遠に歌い、黄金の都でこの幸福の王子は私を賛美するだろう」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

昔読んだことあったような気がしましたが、#1さんのURLで再読してきました。

な~るほど、いいお話です。

さて、私なりの解釈ですが、自分の利害のあるものにしか興味がない市長や議員に対して(それも人間社会だ、とする考えもできますが)、色々なことを見通してきた幸福の王子様、それに尽くしたツバメは、自分たちの利害よりも、今、自分たちがしなければならないことが重要であると言うことを示しているのだと思います。

それを最後、神様が迎え入れたのは、苦労、努力は報われる、見ている人は見てくれている、と言う意味ではないでしょうか?

言い回し的に引っかかる点はあるのですが、外国作品の翻訳なので多少訳す上でニュアンスが難しい点があったのかもしれません。例えば
>神様は「よく選んできた」とおっしゃいました。
などは、「色々ある中でこの2つをよく選んできた」と言う意味もあるでしょうが、「おお天使よ、お前もこの王子とツバメのことを見ていたのだな」という神様と同意であることに感心した言い回しであると思います。

最後の神様の台詞は#1の方が言われているように、いつまでも幸せに、と言う意味で、これも突っ込んで考えたとき、「…この幸福の王子は私を賛美するだろう」と言うのは、宗教的なイメージや神という存在のことではなく、日々幸福に過ごすことの象徴的表現と捕らえたほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つまり、プラスということですね。私は、皮肉的な要素が神様の言葉に入っているのでは。と感じ、質問しました。日々幸福に過ごすことの象徴的表現、と書いてあるのを見てホッとしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/02/03 15:58

いい話ですよね。

「フランダースの犬」で、ネロとパトラッシュが天使に導かれて天に昇っていく姿が頭に浮かびました。(お若い方でアニメをご存知なければ失礼しました)
最後の部分は、
貧しい人々に自分の身をぼろぼろにしてまで施しを与えようとした幸せの王子(銅像)と、死を覚悟でその王子に尽くしたツバメの魂を、神様が貴いものとしてお認めになり、天使たちによって天に召されていくところを表しているのだと思いますよ。最後の言葉は、天国の世界で王子とツバメの魂が蘇り、永遠に生き続けるだろう、という意味だと思います。
もっと深い解釈をお尋ねなのでしたら、申し訳ありません。

一応、他の回答者の方のために、この物語のURLを貼り付けておきます。
http://www.hyuki.com/trans/prince.html

参考URL:http://www.hyuki.com/trans/prince.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 若くはないけれど、パトラッシュしか知りません。すみません。URLまで貼付けてもらって、どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/02/03 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオスカー・ワイルドの「幸福の王子」で、王子は何を表してる?

バイト先の人に「幸福の王子」の話を教えてもらいました(Wikipediaに載っている程度に簡単に)。
この話はキリスト教に関連していると聞いたのですが、ではこの「王子」と「つばめ」はそれぞれ何を表しているのかなと、ふと疑問に思いました。
キリスト教と言ったら「神は無償の愛をくれる」くらいのイメージしかないので、「じゃあ無償の愛を配っている幸福の王子=神で、王子のために働いたつばめ=キリストなのかな?」と思いきや、よく考えたら神は話に登場しているしで、よくわかりません。
幸福の王子とつばめは、それぞれ何を表しているのでしょうか?

Aベストアンサー

王子はイエス・キリストのことです。
イエスは、人々の苦しみをいやし、人々と共に自らも苦しまれ、最後には、理解できない民衆にはりつけにされ死にました。
我々にはツバメの生き方ができるのか、という問いです。我々も見返りを求めず献身的に人に優しく接することができるのだろうか、ということです。現実的な我々の多くは、何も知らず、外見やみえばかり気にするだけで、ツバメや王子の行為を最後まで気づくことはありません。
神は結局ツバメを人知れず良しとされ、ツバメは天国で幸福に暮らします。我々は民衆をとるか、それとも王子とそれを助けるツバメのほうを選ぶか、どちらを選択するかを問うているわけです。そして本当の幸せってなんだろうか、を問うているわけです。
この話の批判として「この二人は自己満足なだけじゃん」といわれたりします。それについては、人生は満足を得られるかどうかです。例えばカネの亡者は、億万長者でも、満足を得られずただ、渇望して、幸福感を得られることはありません。仏教ではこれを餓鬼といいます。そして禅では人生の幸福について「吾唯知足(われ、ただたるをしるのみ。4つとも口が入っている漢字。満足を得るということは究極に難しいが究極な目標ということです)。

王子はイエス・キリストのことです。
イエスは、人々の苦しみをいやし、人々と共に自らも苦しまれ、最後には、理解できない民衆にはりつけにされ死にました。
我々にはツバメの生き方ができるのか、という問いです。我々も見返りを求めず献身的に人に優しく接することができるのだろうか、ということです。現実的な我々の多くは、何も知らず、外見やみえばかり気にするだけで、ツバメや王子の行為を最後まで気づくことはありません。
神は結局ツバメを人知れず良しとされ、ツバメは天国で幸福に暮らします。我...続きを読む

Q蛙が王子様になるあの話、何だったか思い出せなくて

親指姫だったかと、今日店頭で読んだんですが、
違ったようで。。。
30年以上も前に読んだ絵本のつやつやの果物の絵がそのまま頭に浮かぶのですが・・・

Aベストアンサー

グリム童話の「かえるの王様」だと思いますが…
http://www.aozora.gr.jp/cards/001091/files/42313_15548.html

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/001091/files/42313_15548.html

Q本(ドラマではありません)幸福の王子

 幸福の王子の最後の解釈がよくわかりません。わかる方、教えてください。

神様が天使たちの一人に「町の中で最も貴いものを2つもってきなさい」とおっしゃいました。その天使は神様のところに鉛の心臓と死んだ鳥を持ってきました。神様は「よく選んできた」とおっしゃいました。「天国の庭園でこの小さな鳥は永遠に歌い、黄金の都でこの幸福の王子は私を賛美するだろう」

Aベストアンサー

昔読んだことあったような気がしましたが、#1さんのURLで再読してきました。な~るほど、いいお話です。

さて、私なりの解釈ですが、自分の利害のあるものにしか興味がない市長や議員に対して(それも人間社会だ、とする考えもできますが)、色々なことを見通してきた幸福の王子様、それに尽くしたツバメは、自分たちの利害よりも、今、自分たちがしなければならないことが重要であると言うことを示しているのだと思います。

それを最後、神様が迎え入れたのは、苦労、努力は報われる、見ている人は見てくれている、と言う意味ではないでしょうか?

言い回し的に引っかかる点はあるのですが、外国作品の翻訳なので多少訳す上でニュアンスが難しい点があったのかもしれません。例えば
>神様は「よく選んできた」とおっしゃいました。
などは、「色々ある中でこの2つをよく選んできた」と言う意味もあるでしょうが、「おお天使よ、お前もこの王子とツバメのことを見ていたのだな」という神様と同意であることに感心した言い回しであると思います。

最後の神様の台詞は#1の方が言われているように、いつまでも幸せに、と言う意味で、これも突っ込んで考えたとき、「…この幸福の王子は私を賛美するだろう」と言うのは、宗教的なイメージや神という存在のことではなく、日々幸福に過ごすことの象徴的表現と捕らえたほうがいいと思います。

昔読んだことあったような気がしましたが、#1さんのURLで再読してきました。な~るほど、いいお話です。

さて、私なりの解釈ですが、自分の利害のあるものにしか興味がない市長や議員に対して(それも人間社会だ、とする考えもできますが)、色々なことを見通してきた幸福の王子様、それに尽くしたツバメは、自分たちの利害よりも、今、自分たちがしなければならないことが重要であると言うことを示しているのだと思います。

それを最後、神様が迎え入れたのは、苦労、努力は報われる、見ている人は見てくれ...続きを読む

Q星の王子様にちなんだ絵本です。捜してます

以前本屋で目にとまり読んだ絵本がありました。
題名は星の王子様のちょっとひねった感じでした。
挿絵は有名な星の王子さまの絵そのもので、その絵本のコンセプトは
逆さまでも右からでも左からでも全方向からその絵本を楽しめると
いうものです。いろんな星に王子さまがいて不思議な感じに
なってるものでした。
少し前のものなのですが、この本の題名とか出版社とかお分かりになる方、是非回答をお願いします。

Aベストアンサー

「星の王子様のちょっとひねった感じの題名」で思いつく本は、
「STAR EGG 星の玉子さま」森博嗣 (文藝春秋) です。
絵や内容はお探しのものとちょっと違うかもしれませんが…

参考URL:http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4163235507/ref=s9_asin_title_1/503-9738463-1986310

Q幸福の王子様

「幸福の王子様を読んだ感想を聞かせてください。また、この物語を書いたオスカーワイルドについて知っていることがあったら教えてください。

Aベストアンサー

自分が犠牲になっても、
周りの幸せを願う。
大事な友まで、
自分のために死なせてしまったと言う悲しみを知った時、
王子の鉛の心臓に、音を立てて亀裂が入ります。

子どもの時は、
すごく悲しい思いで読みました。
幸福の王子の話を、
このごろ無性に思い出してしまいます。

人のために尽くしても、
結局は、苦労するばかりなのだろうかと言う思いが、
作者の言いたい事だったのだろうかと、
自分の現実を重ね合わせてしまうからです。

最後に、神にのみは認められると言うことが、
せめてもの救いなのでしょうか。

う~ん、感想文ではないですね。 苦笑

オスカーワイルドに付いては、
書きに参考サイトを載せておきます。
(^^)

参考サイト
○オスカーワイルド

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend/5342/

Q童話なんかで馬鹿なフリをする王子様のお話、知りませんか?

童話なんかで馬鹿なフリをする王子様のお話、知りませんか?

たしか童話だったと思うのですが・・・・
本当は頭が良いけれど、それがバレると暗殺されてしまうので
馬鹿なフリをしていた、というものです
どうしても作品名が思い出せません

どなたかご存じでしたら教えて下さい!

Aベストアンサー

こんばんは。
馬鹿なフリをする王子とは少し違うので、違う作品の可能性は高いのですが

「ドラゴンの眼」ステーィブン・キング

が気になりました。
こちらであらすじを紹介されていますので、お時間のある時にでも読んでみてください。

http://www.asahi-net.or.jp/~ju2y-aizw/impresion004.htm
※真ん中より少し上あたりにあると思います。

思い出すきっかけになれば幸いです。

Qドラマ~幸福の王子~

幸福の王子で周平と海ちゃんがひいてる音楽って題名あるんですか?

Aベストアンサー

エルガー作曲の(愛の挨拶)です。

Qカエルになった王子様

『カエルになった王子様』というキーワードで検索しましたら、訊いたこともない台湾ドラマがたくさんヒットしました。
私が知りたいのは、童話で王子様が魔女にカエルに変えられてしまって…というお話でした。
別のところで質問を立てて解決したのですが、ご紹介いただいたページから進みますと、
類似のお話があることに気付きました。

カエルになった王子様のお話は、知っている人は知っていると思いますが、
他の童話に比べますと、若干マイナーな気もします。
一体どちらが、よく言う「カエルになった王子様」か教えてください。

http://homepage2.nifty.com/pirorin/hitode/g00/g_tale/g001.html
http://homepage2.nifty.com/pirorin/hitode/g00/g_tale/g002.html

暇そうな質問ですが、必ず締め切りますので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

童話が原作からずれてしまうことはよくあることです。
また、翻訳者によっても解釈がちがいます。
「かえるの王さま」はグリムですから
グリムの原作を読むとわかるのではないでしょうか?

 余談ですが「かえるの王さま」の主役は、忠臣ハインリヒだと
聞いたことがあります。そう言われてみれば
岩波の「かえるの王さま」にはサブタイトルがあって
「かえるの王さま」 ―または忠臣ハインリヒ―  
なんて書いてあるんですよね・・・・・・。。。

Q幸福の王子 星の王子さま 他にも♪

「幸福の王子」や「星の王子さま」が好きなのですが、このような海外文学を他にも教えてください。上記二つのように、なるべく皆に知られているものであると幸いです。

Aベストアンサー

『王子と乞食』マーク・トウェイン
『眠りの森の王子』テレンス・ラチガン
『白鳥の王子』グリム/アンデルセン
『ロバの王子』グリム
『カエルになった王子』グリム

参考URL:http://hukumusume.com/douwa/pc/world/itiran/sougou.htm#%83W%83%83%81[%83^%83J%95%A8%8C%EA

Qスロウハイツの神様を読んだ方、教えてください!

スロウハイツの神様の下巻の40ページに、正義が「大人じゃないよ。散々罵り合って、最後には泣いたじゃないか。あんなとこまで全部見せちゃって、かっこ悪い限りだ」と言うところがありますが、正義が泣いたときなんてありましたっけ?


どうしても思い出せなくてモヤモヤしてます。


何ページあたりにそのシーンが出てきたか、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

結論からいうと、そのようなシーンはありませんでした。
「罵り合って最後に泣いた」のは、正義とスーが別れ話をしたときのことを指しています。
正義のセリフは、二人が別れたことのちょっとした伏線だったのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報