位置情報で子どもの居場所をお知らせ

ミシンで物を縫うとき、返し縫いをした後、玉止めをすると学校で習いましたが、返し縫いしたから玉止めする必要ないんじゃないんですか?

また、ミシンで玉止めせずに仕上げるには、どうすればいいんでしょうか?よく商品用の物は玉止めを見かけませんが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

玉止めは、縫い目がほどけないようにするものなので、ミシンで返し縫いした場合、玉止めはいらないです。



ただ、洋服のダーツなど縫ったとき、ダーツの先端をミシンで返し縫いすると、生地がひっぱられて、表から見ると縫い目が目立ったりするので、返し縫いせず玉結びする事があります。

多少ミシンがけで縫い目が引っ張られても、その部分にスチームアイロンかければ、綺麗な縫い目になります(^^;)

大量生産の既製品で手作業の玉止めをすると手間がかかりコストが上がるので、普通はしません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

手作り商品なども玉止めはあまり見たことがありませんでした。私は玉止めやっていたので人形の服を作る時に3時間以上かかってました(^_^;)次回から玉止めは止めにします☆☆
回答ありがとうございます☆☆

お礼日時:2012/09/21 08:48

玉止めの代わりにほどけないよう返し縫いするので、玉止めしません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうでしたか。小学校で玉止めすると習ったので間違いを覚えずに済みました。ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/20 21:59

高校の家庭科の成績は10でしたが、ミシンで玉止めなんて中学時代も含めて習っていませんよ。



ミシンの縫い方の構造上、返し縫いするだけでほつれにくくなりますので、わざわざ玉止めする必要はありません。

機種によっては「自動玉止めモード」が付いているものがありますが、実際は縫い始めの返し縫いをやる機能のようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

返し縫い=玉止めのような役割をしてくれているのでわざわざ玉止めする必要ないんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/20 22:00

質問者様もご察しの通り、ミシン縫いでは玉止めは必要ありません。



今まで縫ってきた糸と、返し縫いで縫った糸がシッカリ重なっていれば、互いが互いを抑え合うので滅多のことで解けることはないです。



玉止めが必要になるのは、返し縫いをしない場合だけだと思います。
もし、ミシン縫いで玉止めをする場合、下記の2つの方法で出来るでしょう。
1.上糸と下糸を別々に玉止めする
2.布の耳付近まで縫ってある場合は、上糸と下糸を靴紐を結ぶように縛る

上糸と下糸を別々に玉止めするのは、手縫いの際と同じ要領で出来ると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

以前からいちいち返し縫いした後に玉止めしていたので、作業が面倒でした。
今までそうやって来たので作品作りにも手間が掛かり放題で。
返し縫いは、しっかり重ねて縫うことが重要ですね☆ありがとうございます☆

お礼日時:2012/09/20 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋裁用語  返し縫い、とめ縫い、とめミシンの違い

とめミシン、返し縫い、とめ縫いの違いを、詳しく教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミシンで同一箇所に留まって縫う方法も「留めミシン」です

Qミシンの縫い糸の始末

ミシンを使って小物類を作るのが趣味です。
今までは家庭内使用物でしたが、これから少しずつ売れるものを作っていきたいと考えています。

 そこで、基本的なものですが、ミシンの縫い糸の始末はどうされていますか?私は今まで、返し縫いをして、裏側に糸を出し、それを結んでいました。全ての始めと終りの糸をです。
 しかし、非常に時間がかかります。
いざたくさん縫うとなるとそこまでするものなのか?と疑問が沸きました。
 また、見えなくなる部分でないところなど、結んだところが見えるのでちょっとみっともないです。

 こちらのサイトで、「返し縫いの後そのまま切る」というのがありましたが、皆さんはどうされているのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに、すべてに結び玉を作ってしまうと、見えて気になる部分がでてきますね。

その場合、重ねミシン、返し縫いの、両方を使い分けます。

重ねミシンは、一度縫ったところをもう一度上から縫う事です。袋物の口なんかに使います。

糸をだして結ぶ必要はありませんよ。そのまま切ります。

返し縫いなら、何度も往復してしまわない事です。返すのは一度、長さは1~1.5cmで十分です。見た目もスッキリで既製品みたいです。

手作りの小物ですから、生地もいろいろでしょう。ざっくりしていたり、薄くぱりっとしていたり…デザイン、場所によっては、手をかけたほうが良い場合もあります。

丁寧で、手間をかける事と、「良い商品」は、イコールではありません。

家庭で使うものなら、耐久性とか、色落ちの事を考えたもの。

外に着て出るものなら人に見られる事も考えて、丁寧で、こだわった作りにする。

そういう「配慮」が、作る方の「ぬくもり」になると思うので、参考にしてください。

Qミシンで返し縫いしたあとの始末

よろしくお願いします。

ミシンで小物など作っているのですが、いつも悩むのが、ミシンで縫った後の
端の糸の始末です。
返し縫いを念のため2~3回して、裏側から糸をひっぱって表側に出ている糸を出し、
そこで結び目(かた結び)を作っていますが、この結び目が余計な糸を切ったあとに意外とすぐほどけてしまうのです。

2ミリくらいチョロッと糸の端が出ているのがきれいではないし、ほどけも
気になるし……

ほどけにくく見た目もきれいにできる簡単な方法をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

返し縫をしてるのなら結ばなくても大丈夫ですよ。布のすぐ近くで短く切ってしまってそのままでもほどけません。
返し縫をせずに結び目を作って始末する場合はその糸を縫い針に通して縫い代側に針を2センチほどくぐらせて強めに引いて結び目を布の中に入れてしまえばきれいに始末できます。玉結びで結ぶとほどけにくいですよ。

Qジャノメ・ブラザーどっちが良いのかな?

ミシンが欲しいです。
ド初心者の不器用なのですが、アフターサービスのあるネット店で購入しようと思っています。

そこで。

ジャノメと、ブラザー。

どちらがトラブルが少ないのでしょうか。
長年お使いの方、どうかお願いします。

ちなみに、田舎の販売員(小さいお店)の店員さんは
「ブラザーはトラブルが多いわねぇ」と言っていました。
(ある機種に限ってと言っていましたが。)

でも初心者なら、ブラザーはオススメしないと断言されてらっしゃって・・・
でも実際欲しいんなぁと思っているミシンがブラザーなのです。( p_q)

迷います。

ご意見お聞かせ下さい。
宜しくお願い致します。
悪いことも良いことも何でも結構です!!<(_ _)>

Aベストアンサー

わたしの意見ご理解いただきうれしいです。好き勝手ついでに言わせてもらえれば、スタート、ストップが手の操作より、足でふむペダル操作の方が断然作業は楽です。一見手の方が楽なように思えますが、スタート、ストップの際生地から手を離すというのは致命的です。一番神経を使う所ですから両手でしっかり押さえておきたいと私は思います。手操作のミシンでもあとからペダルは付けられます。一応頭に入れておいて下さい。また、針が直角に降りて生地に刺さるより、斜めから刺さる方が生地に対する抵抗が少なくなります。私のはそういう機種、シンガー936ですが、今は残念ながらもうありませんが、とても優れものだと思っています。ボビンケースもなく、水平釜なので下糸巻きもその場で出来、とっても楽です。ただこの機能は今はないかも知れません。ミシンが使えると楽しいですよ!いまは色々便利なものも出ていますが、先ほども書いたように、余分な飾り縫いや便利機能が多いほど故障しやすいですね。惑わされないで、使えるミシンを選んでください!

Q布の裏がぐちゃぐちゃになってしまう!はじめてのミシン

はじめてミシンを使います。
通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。

糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。
なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。
ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。
とりあえず上糸と下糸は説明書どおりにやったつもりです。上糸調整ダイヤルの鉄のパーツの狭間に糸を挟むというのが本当のところよくわからないのですが‥。ダイヤルがとれそう‥。
しかし試行錯誤の上、なんとかミシンが動くようになりました。布の表からはまともに縫えているように見えるというところまで来ました。
しかし縫った布をひくり返してみると、布の裏側は糸がたまってぐっちゃぐちゃにからまっています。失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じとでもいいましょうか。

こんな初心者になんとか対処法を教えてやってください。
たとえば上糸がゆるいという問題がならば、指でひっぱると指がちょっと痛くなるくらい上糸調節ダイヤルをきつくする‥‥など、具体的に教えてもらえれば助かります。

針と糸は最初からセットされていたものです。
布は薄手のフリースです。
よろしくお願いします。

蛇足ですがミシンど初心者のためのソーイング入門サイト、レクチャー本、学べる場所などご存知でしたら教えてください。あまりにも出来ないのでカルチャー教室でも探そうかと思っています‥。節約のために買ったはずがえらい散財です(><)

はじめてミシンを使います。
通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。

糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。
なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。
ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。
とりあ...続きを読む

Aベストアンサー

とんだ安物買いの、、、でしたね。

さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。糸調整は生地を縫って確認します。闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。
>失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。

下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。
ボビンに糸を巻く時は自動でしょうが、もし巻き乱れがあるなら手で補助して、上から下、下から上に糸が均一になるように巻いてください。
ケースの中に正しい向きで入っていますか?少し糸を引いて回転する方を確認します。
下糸は正しい位置から糸を引いて、ボビンをぶら下げた時、スルスルとゆっくりボビンが下がっていくくらいにします。
ストン!と落ちてしまうくらいならゆるすぎ、手首でツンツンと振ってもボビンが下がらないならきつすぎです。

上糸も正しくセットしたら、綿の生地を2枚重ねて糸調子をチェックします。2枚重ねるのは、2枚で縫う箇所が圧倒的に多いからです。
まずそのまま15CMくらい縫って、針を刺したまま止めます。(コントローラー付きなら、足をコントローラーから離して!)表と裏の糸の見え方を比べます。
どちらかの糸が一直線風に見えたら、そちらの糸が強いです。下糸が強くてもボビンはいじりませんから、上糸調整つまみで上糸を強くします。『?』と思うかもしれないですけど、糸調整は上と下のバランスを取ると思ってください。生地の厚みの真ん中で上糸と下糸が絡むのがいい状態です。
それは、見ると針目が表裏とも同じ状態に見えます。ご自分の服と比べてみてください。同じ見え方ならまずは良いでしょう。しばらくそれでなれてください。

さて、オイルの話が出て来てますが、そう頻繁にさしすぎてはいけません。
毎日長時間(ミシンが動いている時間が5時間以上)縫っているなら週に1度はチェックしたいですが、そう出なければ、3ヶ月に一度、半年に一度で良いです。

機械はもともとグリスで潤滑をしていますから、オイルは補助的に考えていいと思います。

>上糸調整ダイヤルの鉄のパーツの狭間に糸を挟む
これはつまみの裏側に2枚のお皿状のパーツがあると思うんですが、(押さえ金をあげると開きます。)その間を糸が通過していれば良いんです。そうでないとつまみの効果がないんです。

初心者にしてはいきなり薄物のフリースというのが厄介ですね。難しい素材です。ほんとは普通の綿生地から初めていただきたいところですが、フリースは生地自体がのびるので、ミシンにまかせて縫うというより、「自分が生地送りをしてやる」みたいな感覚で縫わないと、数十センチでもズレが生じます。薄紙に霧吹きとアイロンをかけぱりぱりの破けやすい状態にした紙を下に敷いて縫うと送り歯に生地が食い込まないかと思います。
参考にしてください。

とんだ安物買いの、、、でしたね。

さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。糸調整は生地を縫って確認します。闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。
>失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。

下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。
ボビンに糸を巻く時は自動でしょう...続きを読む

Qミシンで縫いものをする時(超初心者)

以前にも質問させていただきました、裁縫関係の超初心者です。ほんとに、ものすごいド素人です。
前の質問から回答いただいて、色々調べてみたんですがどうしても私レベルでは、基礎中の基礎から分からないことがあって、質問させていただきます。

(1)ミシンをかける時、糸の始末はどうすればいいのでしょうか?
今は縫い始め・縫い終わりを2・3回返し縫いにしてニッパーなんかで切ってるのですが、どうしても糸端がチョロッと出たり、糸が何重にもなってしまって、見た目が汚いです。
袋物は大体裏返しにして縫うからいいとしても、どうしても表側になる方はどうするのでしょう?

(2)今使ってるのはジグザグ・直線縫いができるミシンです。
ジグザグミシンはどんな時かけるものなのですか?
今は見えない裏側でも布端の処理?のつもりでジグザグをかけてますが、どうせ表に返した時に見えない部分だし、直線でもしっかり縫い付けられるので必要ないことしてるのかなーって思いつつ…おもしろいのでかけてますが…

(3)バイアステープの布をはさんで縫うタイプの方ですが、端っこはどうしたらきれいに仕上がりますか?
今日初めて練習で縫ってみたんですが、どうしても端っこをキレイにまとめられません。角っこもちょっと難しいです…(キレイに斜めに折り込めない)

(4)直線・ジグザグどっちもなんですが、まっすぐキレイに縫えません。特にバイアステープなんかは端っこ1mmくらいをきれいに真っ直ぐ縫うものだと思うのですが、どうしたら端っこギリギリを真っ直ぐ縫えるのでしょうか。コツってありますか?

長々と稚拙な質問をしてお恥ずかしいのですが、アホな私でも分かるよう教えてくださると助かりますです…
よろしくお願いします!!

以前にも質問させていただきました、裁縫関係の超初心者です。ほんとに、ものすごいド素人です。
前の質問から回答いただいて、色々調べてみたんですがどうしても私レベルでは、基礎中の基礎から分からないことがあって、質問させていただきます。

(1)ミシンをかける時、糸の始末はどうすればいいのでしょうか?
今は縫い始め・縫い終わりを2・3回返し縫いにしてニッパーなんかで切ってるのですが、どうしても糸端がチョロッと出たり、糸が何重にもなってしまって、見た目が汚いです。
袋物は大体裏返しに...続きを読む

Aベストアンサー

(1)返し縫いを一回だけにして、返し縫いと本縫いがずれないように、その真上を縫うようにしたら目立たないと思います。糸端は先のとがった糸切りバサミで出来るだけ際を切りますが、#1の方も言われているように、裏になる反対側があるなら、そっちの方から目打ち(キリのように先のとがった道具)で、表側の糸を引っ張り出し、際を切ってください。

(2)ジグサグミシンですが、布の断ち端がほつれないように、かけた方が作品の仕上がりはきれいですよ。キルティングのように厚みのある布はかけると薄くなってすっきりします。色糸を使えばジグザグ模様のステッチとしても使えますよ。

(3)バイアステープは一度できれいにかけるのむずかしいですよ。初心者の方なら、初めに開いて表側と布を縫いつけ、次にテープを包んで上からステッチで押さえつけると、一度で縫うよりはきれいに仕上がると思います。
一度で縫い上げたかったら、出来上がりの状態にマチ針を打った後、しつけ糸で粗く縫ってその上を縫ってはどうでしょう?縫った後で仕付け糸は取り除きます。

(4)最初からきれいに縫える人なんていませんよ(^-^)
慣れるまでは、アイロンで消えるチャコペンシルで線を引き、マチ針で何箇所か止めた後、その線の上をしつけ糸で固定して、マチ針を外して、それから自分が安心して縫えるスピードで、ゆっくりゆっくり縫えばいいんです。
慣れてきたら、コツとしては、針が縫っているところばかりを見るのではなく、布端が押さえ金の、どのあたりを通っているか、とか、押さえ金から何センチのところに布端が来ているかを見て、そこに印(私はミシンにセロテープを貼って、その上にマジックで縦に線を引いたりしています)をつけて、その印と布端がずれないように縫うと、端から同じ距離が縫えます。

でも、要は習うより慣れろで、うまくいかないからといって、遠ざけてしまわずに、たくさん縫うことですね。
自分でもアレコレ工夫しながら、楽しくがんばって下さいね。

(1)返し縫いを一回だけにして、返し縫いと本縫いがずれないように、その真上を縫うようにしたら目立たないと思います。糸端は先のとがった糸切りバサミで出来るだけ際を切りますが、#1の方も言われているように、裏になる反対側があるなら、そっちの方から目打ち(キリのように先のとがった道具)で、表側の糸を引っ張り出し、際を切ってください。

(2)ジグサグミシンですが、布の断ち端がほつれないように、かけた方が作品の仕上がりはきれいですよ。キルティングのように厚みのある布はかけると薄くなって...続きを読む

Q洋裁 ダブルガーゼ 洗濯

洋裁初心者です~。よろしくお願いします。
ダブルガーゼで初めてお洋服を作る予定です。
作る前に洗濯機にかけると、生地がかなり縮んでしまいました。
ダブルガーゼを使用するさい、裁断するまえに生地を洗うのは正しいのでしょうか。
また洗い方のコツがあればお教えいただけないでしょうか。
そのあとはもちろんアイロンをかけて準備おっけ~なのでしょうか。

本当の洋裁初心者です;
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

洗濯機を回してしまいましたね?裁断する前の生地は、「洗濯機にかけてはいけません。」端がほつれるし、しわしわになるし、その後の作業を考えると、良いことはありません。
お店で洗濯機で、、、と聞いたと思いますが、それは『水通し』のことです。洗うのではなく、水に浸すことです。

綿や、麻など天然素材で、直接肌に触れるものの場合、あるいは、作った後、自宅でじゃぶじゃぶ洗って着用する場合など、生地についている「のり」を落として肌なじみを良くしたり、縮み分を裁断前に縮ませてしまうことにより、縫製後の歪み、変形を少なくするためにします。綿でガーゼでしたら、縮みがでますが、それは縮んでよかったのです。
ただし生地によっては風合いがかなり変わります。お店ではシャキッとしていたものが、「のり」が落とされて、想像以上にソフトになってしまうことがあります。「のり」は悪者ではなくて、縫いやすくするために加工しています。

水通しの方法:
洗面器、洗濯機、お風呂など水の貯められるところに、水、またはぬるま湯をはります。生地がつかるだけで十分。生地の大きさによって変える。洗剤は入れません。

生地屋さんで畳んだ状態のまま(厚ければ、たたみを開きます。)はった水の中におろします。生地が水を吸ってゆっくり落ちていくのを待ちます。

完全に浸かるだけの水があるか確認したら、そのまま30分ほど放っておきます。たたまれた奥まで水が入るのを待ちます。
ガーゼはすぐでしょうが、パンツ用など、固かったり、厚いものは時間がかかります。たたみを開いてみて、水のいってない部分があれば、畳み直したりして全体に水が入るようにします。

しばらく放っておいて大丈夫です。完全に水が入ったら脱水しますが、これは脱水機で良いです。これもたたまれた状態のまま脱水します。ただし、回しすぎないこと、水分残ってるかな、だけど、したたるほどでは無いなくらいの加減です。水分が多すぎると、重みで生地が強く下に引っ張られ、変形して干しにくいですから、加減してください。

干す時は、洗濯バサミだと跡が残るので、ポールにかけて干します。ポールにかけるとついポールのところだけ横に引っ張りがちですから、生地がまっすぐになっているかチェックしてください。大きく広げて乾かします。

なんとなく水分残っているかな?くらいの時にドライアイロン(スチームを入れないアイロン)で乾かします。水分が残りすぎているとアイロンで変形させてしますので、ほとんど乾いてる状態でいいでしょう。あるいは、忘れて完全に乾いちゃったらスチームアイロンで整えます。
以上。

何色も生地を買った場合は、別々に水通ししないと色移りしますので注意。デニムなどは、かなり色落ちする可能性があるので、色が気に入っているなら、水通ししなくていいでしょう。そのかわりスチームアイロンをまんべんなく十分にかけて縮ませちゃいましょう。(明らかに縮んだなというほどは縮みません)

洋裁初心者さん、応援します。

洗濯機を回してしまいましたね?裁断する前の生地は、「洗濯機にかけてはいけません。」端がほつれるし、しわしわになるし、その後の作業を考えると、良いことはありません。
お店で洗濯機で、、、と聞いたと思いますが、それは『水通し』のことです。洗うのではなく、水に浸すことです。

綿や、麻など天然素材で、直接肌に触れるものの場合、あるいは、作った後、自宅でじゃぶじゃぶ洗って着用する場合など、生地についている「のり」を落として肌なじみを良くしたり、縮み分を裁断前に縮ませてしまうことに...続きを読む

Qドミット芯とキルト芯の違い

ドミット芯とキルト芯というのはどういった違いがあるのでしょうか?

主に接着タイプを使用するのですが、パリッと仕上がるものとふわっと仕上がるものがあったり、接着のりがスパイダーのものと全体に小さな糊の粒がついているものなどがあるみたいなのですが、この辺の違いで区別しているのでしょうか?
自力で結構調べましたがはっきりした答えが出ないのです(涙)

お店だと何となく使い心地を触って確かめて買えるのですが、
ネットで買う時に困っているのでぜひ区別を教えてください。

Aベストアンサー

キルト芯はごく普通の綿状の芯です。薄いもの、厚いもの、ポリエステルのもの、コットンのものなど色々あります。
ドミット芯はキルト芯の裏に、言ってみればネット上の裏をつけたものです。伸びにくいので、バッグの持ち手や、ミシンでプレストキルトを作るときなどに使います。
接着芯はバッグを作るときに使うと張りが出ます。
それぞれメーカーによって使い心地はさまざまです。
作るものの目的によって選ぶのが良いと思います。

Q布に直線を引くコツ・引き方・・・

座布団カバーを作ろうとして、60cmの線をひくだけなのですが
どこを基準にまっすぐひけばいいのか、どうしてもずれます。
60×60の正方形をとる場合など皆様はどうしていますか。
オシエテください!

Aベストアンサー

他の方もいうように、地直しして、目にそって千を引きます。

それから、直線物を複数作るときは
厚紙の方眼付のものが便利です。

60×60だと、二枚使わないといけないかもしれないですけど…

方眼目に沿ってハサミで切ればいいので簡単です。
(紙に直線や直角を引くのが苦手なので型紙を作る時点で挫折する私なので)

しかも布地にそのまま定規代わりに線も引けるし
何枚も型を取っても丈夫なので。

Q三巻押さえって便利ですか?

ソーイング初心者です。

私が今持っている型紙の説明文に「三巻押さえでやると便利ですよ」と書いてあるのですが、三巻押さえとはどのようなものですか。

通常、端の処理をする時は三つ折してアイロンして縫いますが、その手間が省けるのでしょうか?また、薄手のものにしか向かないのでしょうか。

とても便利ですよーという意見があれば自分も欲しいと思います。

もし手に入れたい場合は、ミシンを購入したところで買えますか?いくら位しますか?私のミシンはジャノメの家庭用(刺繍のできる、わりと最新のタイプ)です。ネットで購入できそうなものですが、検索してみても、自分のミシンに合うのかよく分かりませんでした。

Aベストアンサー

三巻については、私もオーガンジーのすその始末には良いと思いましたが、
ちゃんと布を噛んでくれなくて苦労しました。
使いこなせれば便利でキレイに出来るでしょうが、
調節する方が面倒なので、私もほとんど使っていません。

ご質問者様の作りたいものとは違うかもしれませんが、
ハンカチのように仕上げたいのであれば、
スカラップやクロスステッチ、サテンステッチなどで縁取りしてもきれいだと思います。
私は、子供服を作った残りの端切れの縁をスカラップで縫い、外側の余分な部分を切り落としてハンカチを作りました。
また、ジグザグ縫いのふり幅や縫い長さを調節すれば、
#5さんがおっしゃっている、巻きロックに近い効果を得られると思います。


人気Q&Aランキング