AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

現在無職フリーターで月数万円の収入しかなく、親の扶養に入っている33歳です。
先日日本年金機構から3年分の国民年金約36万円を払わなければ、私および世帯主の財産を差し押さえる場合があると通知がきました。
そんなことってあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

差押禁止の規定がちゃんとありますよ。


1.滞納者及びその者と生計を一にする配偶者(届出をしていないが、事実上婚姻関係にある者を含む。)その他の親族(以下「生計を一にする親族」という。)の生活に欠くことができない衣服、寝具、家具、台所用具、畳及び建具
2.滞納者及びその者と生計を一にする親族の生活に必要な3月間の食料及び燃料

上記は一部です。
国税徴収法第75条から78条までに規定されてます。
差押と聞くと、テレビドラマの影響でしょうか「何でもかんでも持っていく」というイメージがありますが、現実的ではありません。
納めることができない状態であることと、なぜ納める義務があるのかという議論の果てに「徴収した金をまともに使ってないのだから、払う気がない」という理屈は、感情的には全く理解ができるのですが「権力」はこれを許してません。

年金記録が消えた事実は、私も納付意欲が無くなりました。
多くのサラリーマンは天引きされてしまうのでしょうがないとあきらめるしかないんです。
日本ってどうなるんでしょうかね。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

とても参考になりました。誠にありがとうございました。

お礼日時:2012/11/01 05:40

国民年金法と関連条文です。


「世帯主である親が子の保険料の連帯納付義務者であること」
「徴収については、国税と同様に国税徴収法によること」

国税徴収法では「督促後10日経過した日までに完納されてない場合には、徴収職員は滞納者の財産を差押しなければならない」
「差し押さえる財産がない者については、滞納処分の停止ができる」


国民年金法
第88条
(保険料の納付義務)
 被保険者は、保険料を納付しなければならない。
2  世帯主は、その世帯に属する被保険者の保険料を連帯して納付する義務を負う。
3  配偶者の一方は、被保険者たる他方の保険料を連帯して納付する義務を負う。

第95条
(徴収)
保険料その他この法律(第十章を除く。以下この章から第八章までにおいて同じ。)の規定による徴収金は、この法律に別段の規定があるものを除くほか、国税徴収の例によつて徴収する。

国税徴収法
第47条
(差押の要件)
第四十七条  次の各号の一に該当するときは、徴収職員は、滞納者の国税につきその財産を差し押えなければならない。
一  滞納者が督促を受け、その督促に係る国税をその督促状を発した日から起算して十日を経過した日までに完納しないとき。
二以下省略

第153条
(滞納処分の停止の要件等)
 税務署長は、滞納者につき次の各号の一に該当する事実があると認めるときは、滞納処分の執行を停止することができる。
一  滞納処分を執行することができる財産がないとき。
二  滞納処分を執行することによつてその生活を著しく窮迫させるおそれがあるとき。
三  その所在及び滞納処分を執行することができる財産がともに不明であるとき。
2  税務署長は、前項の規定により滞納処分の執行を停止したときは、その旨を滞納者に通知しなければならない。
3  税務署長は、第一項第二号の規定により滞納処分の執行を停止した場合において、その停止に係る国税について差し押えた財産があるときは、その差押を解除しなければならない。
4  第一項の規定により滞納処分の執行を停止した国税を納付する義務は、その執行の停止が三年間継続したときは、消滅する。
5  第一項第一号の規定により滞納処分の執行を停止した場合において、その国税が限定承認に係るものであるとき、その他その国税を徴収することができないことが明らかであるときは、税務署長は、前項の規定にかかわらず、その国税を納付する義務を直ちに消滅させることができる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

要するにそれが今後生活に必要で大切なお金だとしてもあれば無理やり取られるということですね。

お礼日時:2012/10/30 11:44

NO8回答へのお礼を読んで。



現実に保険料を取り立てることができないというなら、執行停止があります。
差押できる財産がないので、差押などの強制処分を停止するというものです。
合法的に「払わない」状態になります。

それとは別に「払わない」という状態もあります。
「年金の基金を使い込んでしまったヘマは誰が責任をとるのだ」
「年金制度そのものが、自分を守ってくれる保証がない」という理由です。
選択できるようにせよというのは、もっともな話だと私は思います。
懸念すべきは、いざ年金機構の人間が来たときに、前者つまり「納付できる資金がありません」というなら、彼らも法令に基づいての執行停止を考えるしかないでしょう。
後者つまり「納めて何になるのだ」説は彼らに言っても無駄である以上に「納める気がない」と判断され、懲らしめのために、なけなしの預金の差押をされるなど、ろくなことはありません。

あなたは「そんなバカなことがあるか」と聞かれてますが、国家権力はあなたが述べられてるように「バカ」なので、喧嘩を売ってくる人間には権力を見せ付けてきます。
法令で定まってる手続きを行って、あなたと世帯主の財産の差押をして金にして年金保険料として取り立てるということです。
異議申し立てをしても「法的手続きに間違いはない」と却下、棄却されるだけです。
「国はアホじゃ、バカじゃ」とあなたは認めてるのですから、そのアホバカを縛りつけるには法律を変えるしかありません。

アホバカの手先(公務員)に「そんなものは払う気はない」といえば「差押できるものがあったらしてくれ」と宣言するようなものです。
そんなことってあるのかという状態を自分で呼び込んでることになります。
アホバカと思ってるなら、相手にしないようにして「この野郎、後で泣きついてくるんじゃねぇぞ」と差押処分されないようにすることです。
権力を持ってるやくざだと思ったほうがいいです。

あなたは、権力を持ったやくざに喧嘩を売ろうとしてますので、言動に注意なさると良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなのですか。ご回答有難うございます。

お礼日時:2012/10/29 18:31

#4です。



「ネコババ」がなんのことを指しているのかわかりかねるのですが・・・
あなたさまのおっしゃることもよくわかります。そういう考え方も確かにあると思います。
でも、将来日本の経済が破綻するというのは、あなたさまの考えに過ぎません。
ちなみに私は年金制度はある程度安定した見通しがあると予測しています。ええ、もちろんこれは私の考えに過ぎません。
個人がどんな考えを持つかは個人の自由です。「将来はもらえない」という噂を信じるのも自由です。
けれど、国を信用できないという理由で、税制度としての年金保険料を納めないというのは、やはり身勝手だと思うのです。
あなたさまのおっしゃる「国民に選択する権利」。これは一見、民主主義的な自由のように見えますが、単に国民の義務を放棄しているだけです。私たちは国家に守られて生活しているのではないですか?国家という組織に守られているからこそ、水も飲めるしご飯も食べられるし、就職もできるし、住居にも住めるのです。
年金保険料を払わない権利を認めろというなら、国家から受けられるすべての行政サービスも放棄するのが公平というものではないでしょうか。

確かにあなたさまのように、親元に暮らしていて所得もあまりない状況で、親に保険料納付義務が振りかかるのはつらいことだと思います。
でも世帯として負担するという意味ではどこの家庭でも同じですし、それにですね、年金制度って結構、頼りになるものですよ。障害年金や遺族年金なども、民間の生保などよりずっといいですよ。
自分でお金を運用したいという点でも、国の年金制度は活用するに値すると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ネコババというのは社会保険庁の人間達が、国民が一所懸命納めていた税金を恒常的にネコババしていた事件です。ほぼ全部盗まれました。
その責任もなにもとっていませんし、とるつもりもないのでしょう。

国に守られて生活しているといわれてもこんな国が私達を守ってくれるのか疑問です。暴動が起きないほうがおかしいと思います。
むしろ今の国というのは国民を苦しめることしかしてきていないのではないでしょうか。頑張っているのは国民です。
国は国民の足を引っ張ることしかしていません。
自殺大国の国民が頑張っているからなんとか保っていますが
政府は国民のためにどのようなことをしているのでしょうか。

水も飲めるしご飯も食べられるし、就職もできるし、住居にも住めるというような私達の生活が守られているのは年金のお金を納めているからではありません。年金のお金は年金の支払いに使うので関係ないです。
むしろ関係があってはいけないのです。

その年金のお金をネコババして使ってしまったからお金がなくなり財政も破綻しているのです。

彼らにお金を渡せば能がないので投資すればすぐ失敗します。

はっきり言ってしまえば経済に関する能もない、ネコババ癖がある、無駄使いばかりしてしまうダメ経営者です。

それでも頑張って経済を支えているのは民間だと思います。

それ以外の部分では所得税や消費税、住民税、不動産税、重量税、輸入税、などなど数え上げたらキリがない税金を国はとっています。

それなのに財政が破綻するなんてこれはもうどうしようもなく能のない盗み癖のある社長が経営している会社と同じなんです。
贅沢をするだけして最終的に莫大な借金だけ残して死ぬつもりです。

なので私は年金はどうせ貰えないでしょうし貰うつもりもないので選ぶ権利が欲しいと思っていることは何も不思議ではないと思っています。
自分で管理すればいいだけです。

むしろ取られる事で今現在の私達の生活が破綻します。
何十年後の心配より今生きる事が大事なんです。

そんなリスクを背負ってどうしようもない国にお金を預けておく気になれません。
国は自分達の失敗でお金が足りないのでお金が欲しいだけです。

お礼日時:2012/10/23 22:09

ANo.5です。


お礼いただきありがとうございます。

>まだ差し押さえの連絡はきていないと思いますが。催告という形できてるんだと思います。

催告では差押えはできません。「督促」が必要です。

『国民年金の強制徴収とは』
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/t/nenk …

>金額は36万で間違いありません。

ならば3年分(36ヶ月)ではありません。
ここ3年ほど保険料は約1万5千円なので、3年分なら54万円くらいになるはずです。

なお、「世帯分離」は親子なら通常は認められますが、「年金保険料」を免除するための制度ではありません。

また、健康保険が市町村運営の「国民健康保険」の場合、「国保」は世帯単位で管理されているので、「世帯分離」すれば「自分が世帯主の一人世帯」として改めて加入し直すことになります。

「国保保険料」については「世帯分離」で「安くなるか高くなるか」はケース・バイ・ケースです。

『誰も教えてくれない住民票の話』
http://members.jcom.home.ne.jp/hitosen2/dareju.h …
『世帯分離のメリットデメリット』
http://ft-kobo.com/gs-kaigo/010120.html
『Q.世帯変更届(世帯主変更、分離、合併、世帯構成変更)について教えて下さい。』
http://xn--pqqy41ezej.com/?p=1328

とにかく、いくら考えたところで事態は何も好転しません。
それどころか、相談にすら訪れない「被保険者」は「悪質な滞納者」としてしか扱われないので、時間が経つほど評価は悪くなる一方です。(立場を変えてよく考えてみてください。)

以下のリンクを見て「何をすべきか」がすぐ判断できるなら良いですが、相変わらず「どうして良いかわからない」なら「年金事務所」か「市町村の年金窓口」で相談する以外方法はありません。

『保険料の免除等について』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …

なお、職員さんも人間ですから、親切な人もそうでない人もいます。いずれにしても、すでに「長期滞納者」という悪いレッテルはしっかり貼られていますから、その自覚は持って出向いてください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

お礼日時:2012/11/02 00:20

有り得ます。

公租公課については世帯全員で連帯して納付する義務があります。
世帯を分割して単独世帯とした場合は分割以降の分は連帯義務が無くなります(この場合は本人が世帯主として免除申請をする必要があります)。
但し分割前の分は世帯主が納付して(社会保険料控除は世帯主に付きます)清算する必要があります。
国民年金保険料は2年の時効に掛かります(本来の納期は該当月の翌月末)。ですから3年分の賦課は出来ませんが25ヶ月+αは差し押さえ可能です。
現在特例納付(平成24年10月から3年間に限り最大10年迄遡り納付可能)が可能ですが特例納付には自ら申請して納付書を発行してもらうと言う手続きが不可欠な為本件では適用されません。
本件が免除不能なのは「世帯主に所得がある」為で失業免除(離職から24ヶ月の免除)も同じ理由で不能です(免除申請は世帯主が世帯全員分をまとめて申請します)。
若年特例(30歳未満)の余地はありますので、あなた自身住民税申告を市役所に行い、その後国民年金の窓口に回って免除申請の手続きを一応すべきです。免除申請が通れば本年7月に遡り納付義務が無くなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

世帯を分割すれば連帯義務はなくなり迷惑がかからなくなるのですかね。
家族だからと言って親も含め家族全員余裕があるわけではありません。

お礼日時:2012/10/23 02:00

長いですがよろしければご覧ください。



>先日日本年金機構から3年分の国民年金約36万円を払わなければ、私および世帯主の財産を差し押さえる場合があると通知がきました。
>そんなことってあるのでしょうか?

あります。

「国民年金保険料」は「(住民票の)世帯主」と「配偶者」に保険料の納付義務があります。

『第1号被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?i …
>>国民年金の保険料は本人または保険料連帯納付義務者である世帯主・配偶者のいずれかが納めます。

『国民年金の強制徴収とは』
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/t/nenk …
『年金強制徴収、15年から統合 歳入庁創設の政府案判明』
http://www.47news.jp/CN/201206/CN201206110100209 …

【ただし】

保険料の「督促」を行わないと「差押え」はできません。ですから、何も連絡がないまま「突然差押えの連絡だけが来る」というのは考えにくいです。(それとも実際は来ているのでしょうか?)

また、3年は36ヶ月ですから、保険料が「36万円」で収まることはありません。

『国民年金保険料』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
『社会保険庁などの職員と称して、現金を詐取する「不審な電話や訪問」にご注意ください』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/info/detail.jsp?id …

詐欺にせよ「本当の差押え」にせよ、「保険料」が未納ならば「日本年金機構」に相談する以外方法はありません。

『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp

----------
>親の扶養に入っている…

「扶養に入っている」では意味がよく分かりません。

『扶養』
http://kotobank.jp/word/%E6%89%B6%E9%A4%8A

○税金の制度

「(子の)年間の合計所得が38万円以下」なのでご両親が「扶養控除」を申告している。→ 申告することで【親御さんが】税金の優遇を受けている(安くなっている)。

『No.1180 扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

これは【税法上】のことなので「国民年金」とは無関係です。

○健康保険の制度

・「【国民】健康保険」の場合は「扶養」という考え方自体がありませんのでやはり無関係です。

・「(職域保険の)被扶養者用の保険証」を使っている

『職域保険(被用者保険)』
http://kotobank.jp/word/%E8%81%B7%E5%9F%9F%E4%BF …

こちらも「国民年金」とは無関係です。

○会社などが支給する「扶養(家族)手当」

会社によっては「扶養している家族がいる場合に」「会社が定めた基準を満たすと」「手当(特別な給与)」が支給されることがあります。

やはり「国民年金」とは無関係です。

----------
(参考)

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『第3号被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?i …
『配偶者』
http://kotobank.jp/word/%E9%85%8D%E5%81%B6%E8%80 …

『保険料の免除等について』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
※相談は「年金事務所(日本年金機構)」、申請の窓口は市町村です。

『障害年金の制度をご存じですか?がんや糖尿病、心疾患など内部疾患の方も対象です』
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/20120 …
『障害年金』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
『Q.後納制度による保険料を納付した期間に発生した障害についての取扱いはどうなりますか。』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id= …

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は【必ず】年金事務所(日本年金機構)に確認のうえお願いいたします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まだ差し押さえの連絡はきていないと思いますが。催告という形できてるんだと思います。金額は36万で間違いありません。

お礼日時:2012/10/23 01:55

国民年金に「親の扶養」はありません。


ただ、国民年金保険料には親子間で納付義務がありますから、あなたが悪質な未納を続ければ親の差し押さえの催告状が届くことになります。
免除制度も、世帯全体の収入で見ますから、あなたが親元にいる限りは難しいでしょう。
未納分も今後の分も、払うしかないと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そこなのですが私はお金がないのも理由ですが、国民の納めた年金を全部ネコババしていたような国に払いたくありません。さらには私が年金をもらう頃には破綻してもらえないという話がかなり現実的な話だと思うので余計払いたくありません。
国は絶対にもらえると言い張るでしょうがはっきり言って信用できません。

私は日本という国がとても真面目で国も信用していましたし日本人として誇りにも思っていましたが、それは高度経済成長期でお金に余裕があったからではないかと思うようになりました。

お金に余裕がなくなればむしろ怖い国民性ではないかと思いました。
これから経済や財政が破綻することがわかっているので
まだバレていない取れる時期に取れるだけ取って
いざ払うときにデフォルト宣言するつもりではないかと思っています。
それくらいのことをしそうなくらい不信感が募っています。

そもそもネコババしていた国が、義務だから税金を払わなければ強制差し押さえするなんて傲慢だと思います。
きちんと管理していたなら言える言葉だと思います。

年金は国民に選択する権利が欲しいです。
私は国を信用できませんから、年金はいらないので自分のお金は自分で管理したいです。

お礼日時:2012/10/23 01:52

その前に、国民年金を支払ってくださいと


通知もしくは、職員がいいにきませんでしたか。

それが来て無視していると、悪質とみなされて
差し押さえの通知が来ますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私はほぼ家にいますが、家にきた職員と直接会ったことはありません。もしかしたら来た事はあるのかもしれませんが気付かず出なかったか、家族が会ったことを黙っているかもしれません。

お礼日時:2012/10/23 01:40

第三被保険者・・・あなたが父親と婚姻関係にあって配偶者であるならば。

。??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

婚姻関係と配偶者が条件だとしたら私は第3被保険者にはなりえなかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/23 01:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q息子の国民年金・・・親が払うべき?

余り威張れた親ではないのですが・・・・息子の国民年について教えてください。現在、23歳、医療系専門学校を卒業してインド放浪を半年して、現在はオーストラリアにワーホリで行っております。
学生時代は、支払い延長をしていましたが・・現在も支払っていないので国民年金の督促が度々来ます。支払った方が良いかなという気もするのですが成人した息子の事なので見過ごしてきました。昨今の年金行政にも不安、不満だらけと言うのもあります。(国民年金満額よりも生活保護費のほうが多いのも不思議です。)
40年間も納めなくてはいけない国民年金ですが・・・年々受給率も下がり瀕死の状態のような気もします。(我が家の息子のように支払わない人が多いんでしょうね)もう自分の老後は自分でしなぱいしなさいといいたいところですが・・老後の受給の他に何かメリットは在りますか?そんなことがあれば、私が出向いて支払おうかとも思っています。
詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 では、もう少しだけ補足を。
 障害基礎年金は、保険料の納付額に応じてもらえる額が増減するのではなく、定額です。つまり、保険料支払い月数が一定数に達していないと(納付要件)、一銭ももらえません。
 納付要件は、納付すべき月数の2/3以上を納めているか、免除になっていること(国民年金法30条)。ただし、当分の間は、直近1年間に未納がなければOK(特例法)。
 あと、当該障害になった病気・怪我で最初に医者にかかった時(初診日と言います)、納付があること(初診日要件)。または、20歳未満であること。
 以上の要件を満たすと、障害1級で年額990100円。2級で792100円給付されます(平成21年度)。

 あと、実のことを言うと、世帯主には世帯員の保険料を代わりに払う連帯納付義務があると法定されているのです(88条2項)。ですから、「払うべきではない」などと言ったアドバイス・私見は述べる訳にはゆきません。違法行為を教唆することになっちゃう(笑)。申し訳ないですが、以上のようなことを参考にして、ご自分で判断なさって下さい。

Q親が子供の年金を支払う義務

国民年金について教えて下さい。
今まで会社員として厚生年金を納めてきましたが病気になり数年は働けない状況になりました。
それで親の扶養家族になったのですが先日社会保険事務所の方が来て「病気等の場合は親が代わりに支払うことになってます」と言われました。
こういった場合は親が必ず支払わなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

国民年金法第88条第1項~第3項により、
保険料の納付義務は第1号被保険者本人にあるものの、
被保険者本人に収入がないときなどは、
世帯主や被保険者の配偶者も、連帯して保険料を納付する義務を
負わなければならないことになっています(連帯納付義務者)。

これが、ANo.2やANo.3のほんとうの意味です。
したがって、世帯主である親御さんと同居している場合においては、
親御さんは、質問者さんの保険料を納付する義務が生じます。

保険料の滞納がある場合、国税徴収法によって督促が行なわれ、
指定期限までに納付がなされない場合には、処分があります。
このときには、年利約15%の延滞金が附加されます。

まずは、ANo.4による免除の可能性を探ることとなりますが、
その免除が認められなかった場合には、
上述のように、親御さんが保険料を負担する義務が生じ得ます。

Q子供の税滞納で親の銀行口座が凍結されました。

子供の税滞納で親の銀行口座が凍結されました。

同居している子供(成人)が地方税を払ってない状態が続いていました。
昨日親(世帯主)の給与振込があったのですが引出しが出来ませんでした。
残高はあるようなので「口座凍結」ということです。

親は会社勤めなので年金や税金の滞納はありません。
直接成人している子供には強制的な措置をとらずに、
親の給与を押さえることは可能なのでしょうか?
これでは子供が犯した犯罪で親が罰せられるようで納得できません。

対処方法や相談先があれば教えてください。

Aベストアンサー

滞納額と滞納期間によっては、子供さんが成人していたとしても、親などの財産や現預金の差押えは、法律でも出来ると明記されていたと思います。
相談先と言いますか、滞納されている税務署限定だと思いますが、相談時には、滞納額と延滞額の一括支払いなどの確約を求められますし、滞納本人が出頭同席することも必須です。

Qずっと年金を払ってきていないのですが・・・

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったかは覚えていません。

簡単に言うと、「何がなんだかわからず、めんどくさくなってそのままにしてきた」状態です。


最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。


現在サラリーマンの方と6年くらい同棲をしています。一応結婚予定はあります。

サラリーマンと結婚した場合、専業主婦もしくは働いていたとして年間130万円以上稼がなければ、夫の扶養に入っていた場合、妻が年金を払っていなくても年金がもらえるというのはつい最近知りました。(ただし25年扶養もしくは払っていないともらえませんが)。

その場合、もらえる金額は過去の支払いなどに応じた金額になるのでしょうか?

それをあてにしてるわけではありません。

ただ今から年金をきちんと納めたとしても、納めた金額より少ない金額しか支給されないのなら、自分で貯金をしていったほうがいいのではないか・・・と現実問題として思ってしまいます。

結婚したとしても、相手に負担をかけないように考えると自分の場合、どうすることが1番ベストなのかを教えていただければと思います。

年金の係りの方に相談しても結局は「払った方がいい」的なことしかいわれません。


今までいい加減にやってきたことのツケが回ってきたんだとはわかっています。
でもなんとかしたいんです。
力を貸してください。よろしくお願いします。

真剣に質問しているので、冷やかし的な意見はご遠慮願います。

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったか...続きを読む

Aベストアンサー

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
自分で年金を10年払った。
その後結婚で扶養になり15年。
合計でですので25年、年額で50万円貰えます。

今33歳で、すぐに結婚して扶養になった場合(自分では年金は払ったことがない場合。
後、25年扶養になるか、あるいは、
扶養期間と、自分で払った期間の合計が25年以上必要です。
(扶養期間中に、別途自分で年金を払っても、2ヶ月分にはなりません、当たり前ですね)。

ちなみに扶養になっても、旦那さんの給料から天引きされる保険料は変りません。
それでいて、あなたは毎月保険料を払っているのと、同じ恩恵を受けられる。
サラリーマンの妻の特権です。

一見、奥さんのいない独身者、
また、夫婦でそれぞれで保険料を払っている自営業者から見ると、
不公平で昔、国会で問題になりましたが。


損得計算。
年金は元を取るのには約10年かかります。
65才から10年で75歳。
75歳以上生きる自信があるなら、
払ったほうが得です。
これは、自分で払う場合で、扶養なら自分で一銭も払わなくていいので、
大得でしょう。

最後に国民年金は65才まで払うことが出来ます。
強制で払うのは60才までですが、支払い期間が25年に達しない場合は、
65才まで払えます。

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
...続きを読む

Q親の扶養でも国民年金は払うのですか?

私は現在25歳のフリーターですが、夢を追っている身でたいした収入もなく、未だ父親の扶養に入ってます。もちろん親と同居です。健康保険は払っていませんが、国民年金は自分で毎月、支払い用紙にて13300円払っています。

この前、バイト先でその話をしたところ、まわりに、「親の扶養なのに自分で年金を払ってるのはおかしい」と言われました。
父親が社会保険に加入していて、その扶養になっている場合は、その年金制度の第3号被保険者になり、その年金制度から保険料が支払われるので、本人が保険料を支払う必要がない、と言うのです。

私の認識では、親の扶養にかかわらず、20歳を超えれば、年金の支払い義務が発生すると思っていたし、支払い用紙なども送られてくるので、何の疑問も持たずに支払っていましたが、これはおかしいのでしょうか?扶養の種類にも色々あるのでしょうか?
よくわからなくなってしまったので、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

あなたは残念ながら「第3号被保険者」にはあたりません。
なぜなら第3号被保険者とは会社員の妻もしくはその夫が当てはまり、子供は当てはまらないからです。

詳しい話は下記を参考にしてください。
http://www.my-nenkin.biz/go3.html

ちなみに20歳を超えれば支払い義務はもちろん生じますが支払い時期を延期できる人がいます。
学生さんは延期といって払わなくても待ってあげるよという処置がありますが
これはこれで損をすることもあります。
詳細は下記を参考にしてください。
http://www.my-nenkin.biz/go20.html

なにはともあれ、あなたのには支払い義務があるのであなたの考えは間違えていませんよ。

Q世帯主について(親と子を別にする場合のメリット・デメリット)

この度、任意継続から国民健康保険へ切り替えます。
※2年間の期限が満了したため。

国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい意向を
市役所に申し出たところ世帯主を別にしないと、個別の支払いは出来ないそうです。

現在父親と私と私の嫁と娘の4人暮らしで、世帯主は父親です。

そこで質問です。

世帯主を別にする事で、何かメリット・デメリットはありますか?
例えば税金が変わるとか、相続上に問題があるとか・・。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい…

国保に関してのみ言えば、それは損です。トータルした保険税は高くなります。

国保税の算定は、「所得割」「資産割」「均等割」「平等割」「資産割」の 4つからなっています。
このうち、人数に応じて課せられる「均等割」だけは、世帯分離しても結果としては一緒になりますが、「平等割」は完全に 2倍になります。
「所得割」「資産割」についても、2倍になるわけではありませんが、今までどおりということでもありません。

保険税の支払いを分けたい理由まで詮索しませんが、家族として高くなることをじゅうぶん念頭に置いてご判断ください。

>例えば税金が変わるとか…

税法上の「生計を一にしている」と言えなくなるおそれがあり、親御さんを扶養家族にすることができなくなります。結果としてあなたの所得税が高くなります。
何歳ぐらいの方か存じませんが、現在は関係なくても、いずれは親御さんを扶養しなければならないわけで、そのあたりのデメリットも出てきます。

参考URL:http://www.kokuho.or.jp/kokuho/

>国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい…

国保に関してのみ言えば、それは損です。トータルした保険税は高くなります。

国保税の算定は、「所得割」「資産割」「均等割」「平等割」「資産割」の 4つからなっています。
このうち、人数に応じて課せられる「均等割」だけは、世帯分離しても結果としては一緒になりますが、「平等割」は完全に 2倍になります。
「所得割」「資産割」についても、2倍になるわけではありませんが、今までどおりということでもありません。

保険税の支...続きを読む

Q同じ住所での親子の世帯分離

今両親と同居していますが、
同じ住所で世帯を分離することはできますか?
またデメリットはありますか?
結婚をするわけではありません。
分離したいから、するというものです。

・父は自営で、国民健康保険、国民年金。(受給年齢はまだ)
・私は会社員で会社の共済に加入、もちろん父の扶養にも
 入っていません。
・現在世帯主は父で、私はその一員。

この状況で、世帯を分離したとして
何か変わること、不利な点
(私個人の税金額が変わるとか、その他)
があれば教えてください。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>同じ住所で世帯を分離することはできますか?
はい。単に「世帯分離届」を出せばよいだけです。
ちなみに役所によっては親族で同一住所で別世帯というのを嫌がるところがあります。ただ法律上はこの世帯分離届は許可が必要なものではなく、申請を受けると受理しなければならないものです。

>またデメリットはありますか?
ご質問の条件ですとないです。

>何か変わること、不利な点(私個人の税金額が変わるとか、その他)
何もないです。

Q税金滞納で「払わなければ子供の給料を差し押さえる」と税務署員に言われて

税金滞納で「払わなければ子供の給料を差し押さえる」と税務署員に言われています。
義姉の夫が、税金(何税か不明)を払わず(滞納期間不明)、督促も無視していたらしく、遂に税務署員が家に来て「月8万づづ納付してください。出来なければ、家財等を差し押さえ、足りなければ子供の給料も差し押さえるようになる。」と言ったそうです。
夫の給料は月に手取りで30万円程あるようですが、借金返済が月25万円あるため、義姉がパートで月10万円程稼いでいますが、生活するのがやっとの状態です。夫婦は健康保険、社会保険も払っていません。子供は21歳独身男子で同居しています。正社員で月15万円ほどの給料をもらっています。義姉の実子ですが、夫は再婚相手です。
義姉は、夫の借金返済のために昼・夜働きっぱなしで、もうウンザリしています。子供にまで影響あるのであれば、いっそ離婚(子供は養子離縁)をすると言っています。
では、本当に離婚(子供は養子離縁)すれば、税務署からは逃れることが出来るのでしょうか。他にいい案は無いでしょうか。お伺いします。

Aベストアンサー

相続税などは、同一の相続における相続人同士が連帯納付義務があったと思います。
何かしらで、連帯納付義務が発生している場合には、納税すべき人でなくとも差し押さえされる可能性はあるかもしれません。しかし、納付の負担義務があることの通知や、差し押さえなどではなく自分から納付させるようにするでしょう。

税務署員と書かれていますが、税務署の職員ではなく、市区町村役所の税務課職員などであれば、国民健康保険税の可能性もあるでしょう。その場合には、国民健康保険に加入している世帯員全員が連帯納付義務があるのかもしれませんね。

これらの連帯納付義務での発言であれば、離婚などをしても逃れられないでしょう。

あとは、延滞により分割の相談などを行ったりしている場合には、担保の提供や連帯保証などをさせられる場合もあるかもしれません。その場合も逃れられないでしょう。

借金返済でそれほど苦しいのであれば、自己破産や債務整理などを考えるべきでしょう。いろいろな制約が発生するかもしれませんが、国民の義務を果たせないで一人前の権利を主張してもいけませんしね。

自己破産などをしても、税金は消えません。しかし、返済がなくなることで支払いも可能になるかもしれませんし、生活保護を受けることで実質支払いを逃れられるかもしれませんしね。もちろん普通に仕事をしている限り、保護は受けられないでしょうがね。

相続税などは、同一の相続における相続人同士が連帯納付義務があったと思います。
何かしらで、連帯納付義務が発生している場合には、納税すべき人でなくとも差し押さえされる可能性はあるかもしれません。しかし、納付の負担義務があることの通知や、差し押さえなどではなく自分から納付させるようにするでしょう。

税務署員と書かれていますが、税務署の職員ではなく、市区町村役所の税務課職員などであれば、国民健康保険税の可能性もあるでしょう。その場合には、国民健康保険に加入している世帯員全員が連帯...続きを読む

Q無職です。年金は払いません。説教は結構です。

すみません。実家暮らしで、働いたことがないので収入0なのですが、
国民年金保険料納付案内書が届いたんですけど、どうしたらいいですか?
もちろん払いません。払う気もありません。
親が今まで、無職だから免除?みたいなものをしてくれていたみたいなのですが、
自分で解決したいのですが、働くという選択肢と収めるという選択肢以外で、
どうすればいいでしょうか?クズですみません。
ご教授ください。


祖父、年金。
祖母、パート+年金。
私、無職。です。
私は無職で、どこの企業にも属しておらず、世間的には無職ですが、
一応金銭的な収入はある状況です。このような場合、無職扱いになって、世帯収入は、
年金と、パートの分だけになるのでしょうか?私の収入は把握されていないと
思うのですが。ご教授お願いします。 銀行の預貯金額とかも調べられるのでしょうか?

私の見解では、企業などからの収入が役所に知れ、そこで家計内の総所得として勘定されている・・?

Aベストアンサー

年金保険料を払いたいけど、無職で金がないとして免除申請をしましょう。

この制度は「払えないから、払ってない」人は期間計算にいれません。
「払えないから、なんとかしてくれ、できたら免除してくれ」と申請をした者には「免除します」となり、免除期間は年金の計算をする際に加入期間として算入してくれます。
無論、全額キチンと払ってる方とは差が出ますが、それはしょうがないと諦めましょう。

一番困る場合として、年金保険料を、免除申請もなしで「滞納し続ける」と、仮に障害者になったときに障害年金が出ません。
私の知り合いで、そういう方がおられ、とても可哀想で不憫です。
「手続きさえしておけば」と後悔されてますが、後の祭りです。

年金保険料については、租税と同じ徴収手続きがとられますので、年金機構が自力で強制執行(滞納処分と同じ)をしてきます。自力でというのは、裁判所に訴えて差し押さえをしてもらうという必要がなく、年金機構の徴収職員自身が差押をする権限をもってます。裁判所から差押がされるということはありません(そういう回答が仮にあったら、間違いです。彼らはそんな手続きなどせずに、財産調査権限を持ち、財産差し押さえすることができます)。
「金があるのに納めない」という者の財産差し押さえは以前からされてましたが、昨今毅然たる態度で差押をするようです。
政府の考え方が代わったのと、社会保険庁から年金機構となるさいに「納める力がある人からは、強制的にでも徴収する」考えが強くなったと思います。

一番悪いパターンは「無連絡、無相談、払わない」です。
差押をして徴収してくれれば、まだ「支払期間がある」ことになりますが、無財産の方で差押えるものがないとなれば、自動的に「年金支払額の計算をする期間が不足してる」状態になるわけです。
差押されるのも困りますが、計算期間が不足してるので、受給資格がないとされるほうが、もっと困ります。
受給年齢になったときに「あなた、資格がありません」といわれても、それこそ後の祭りだからです。

年金保険料を払いたいけど、無職で金がないとして免除申請をしましょう。

この制度は「払えないから、払ってない」人は期間計算にいれません。
「払えないから、なんとかしてくれ、できたら免除してくれ」と申請をした者には「免除します」となり、免除期間は年金の計算をする際に加入期間として算入してくれます。
無論、全額キチンと払ってる方とは差が出ますが、それはしょうがないと諦めましょう。

一番困る場合として、年金保険料を、免除申請もなしで「滞納し続ける」と、仮に障害者になったときに障害年...続きを読む

Q年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いについてです。
2010/03-2012/05の約二年間未納期間があります。
これから分割で一ヶ月ずつ支払いをしようか、もう少し楽になるまで待ってもらえるのか、はたまた給付金が多少減ることを覚悟すれば、支払わなくてもいいのか、迷っています。そこで 何点か教えてください。

まず私のこれまでの年金に対する認識ですが、基本的には納めるべきものだが、納めなくても給付金が多少減るだけ、二年以上経過したものについては催促もなし、後納も不可。そこで、過去の分まで支払うのは苦しいので給付金が多少減ることは諦めて今後は滞らないようにしようと思っていました。

先日過去十年分の未納金を納めることができる旨の案内が届きました。そこには二年以内の未納分は別途納めるようにといった文言がありました。つまりもし支払う場合、十年以内分の後納と並行して、二年以内の未納分を支払わなくてはならないということでしょうか。それとも、二年以内の未納分も併せて、過去の分から一ヶ月ずつ、納められるのでしょうか。

また時効というのは、催促もこなくなるということではないのですか。今回二年から十年に変更されたというのは、過去の未納金を納めることができるようになったと同時に、催促される期間も長くなったということですか?
年金というのは本来支払わなくてはならないものですよね?その割に、後納を希望されない方は手続きの必要はありませんと書かれているのは、まるで支払いが任意のような言い方ではないですか?

また二年経っても催促状が出されれば、催促の期間が延長されるといったことを聞くのですが、それは本当ですか?それなら催促は永久に続くということですか。また、利息もつくということですが、それは払うまで加算され続けるのでしょうか。差し押さえ等も二年以上経過してからでも行われるのでしょうか。
このまま催促され続け、利息も加算され続け、差し押さえも考えられるようであれば、苦しくても、分割で納めようか迷っています。

質問ばかりで分りづらいかと思いますがぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いについてです。
2010/03-2012/05の約二年間未納期間があります。
これから分割で一ヶ月ずつ支払いをしようか、もう少し楽になるまで待ってもらえるのか、はたまた給付金が多少減ることを覚悟すれば、支払わなくてもいいのか、迷っています。そこで 何点か教えてください。

まず私のこれまでの年金に対する認識ですが、基本的には納めるべきものだが、納めなくても給付金が多少減るだけ、二年以上経過したものについては催促もなし、後納も...続きを読む

Aベストアンサー

2年を経過していない分と、している分を分けて考える必要があります。

・2年を経過していない分は督促の対象になります。具体的には催告(郵便や電話連絡)によって納付を促し、それにも応じないで保険料を支払わない人のうち、一定の条件の人が督促の対象となります。

ここで言う一定の条件とは、具体的には本人及び連帯納付義務者(世帯主及び配偶者)の所得です。つまり相談者さん、もしくは連帯納付義務者の所得が一定額以上の場合、督促の対象となります。一定額がいくらかは、都度変わっているようです。
督促されれば時効が中断して、時効までの期間が督促時から2年間延びるので、時効成立前に督促を繰り返せば永遠に時効にならないことになり延滞金(年14.6%)もどんどん加算されていきます。但し実際にはそんなことになる前に、督促状ある納付期限まで納めなければ、その後ほどなくして強制執行(財産の差押)が行われます。

従って、保険料の納付は2年を経過していない分を優先してください。通常の納付用紙を使って金融機関とで納付することができます。



・2年が経過していて、かつ、督促が行われていない分については、時効によって、逆に保険料を納めることができませんが、平成27年9月までは特例的に10年以内であれば、後納制度によって保険料を納めることができます。
この制度を活用して保険料を納めるかどうかは完全に任意です。
保険料納付要件を満たすことができずに年金がもらえなくならないか心配な人や、年金額を増やしたい人は積極的にこの制度を利用すべきですが、そうでなければ気にしなくてもよいと思います。

2年を経過していない分と、している分を分けて考える必要があります。

・2年を経過していない分は督促の対象になります。具体的には催告(郵便や電話連絡)によって納付を促し、それにも応じないで保険料を支払わない人のうち、一定の条件の人が督促の対象となります。

ここで言う一定の条件とは、具体的には本人及び連帯納付義務者(世帯主及び配偶者)の所得です。つまり相談者さん、もしくは連帯納付義務者の所得が一定額以上の場合、督促の対象となります。一定額がいくらかは、都度変わっているようです...続きを読む


人気Q&Aランキング