gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

六角ボルトの表し方は「ねじの呼び×呼びの長さ」と聞きますが
呼び径六角ボルトは【円筒部】+【ねじ部】が「呼びの長さ」になると思いますが
では、有効径六角ボルトの場合、どこまでが「呼びの長さ」に
なるのでしょうか?
(【ねじ部】だけでしょうか?それとも【円筒部】+【ねじ部】になるのでしょうか?)

gooドクター

A 回答 (2件)

有効径六角ボルトも全ネジボルトも塑性域締め付けようのボルトも呼び寸で示す長さは首下(頭部の下端)からの長さになります。





有効径六角ボルトはいわゆる転造ネジで最も一般的なボルトですね。特殊な呼び寸であらわすのは段付きボルトなどの場合ぐらいで、ほとんどのボルトは首下寸法で呼びます。
    • good
    • 0

円筒部も含みます。



「円筒部とは、おねじ部品の頭部とねじ部との間にある部分のことです。
首下丸み部及び不完全ねじ部は円筒部に含めます。」

http://scr.jisw.com/01170/post_45.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング