教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

20の時に統合失調症と診断されました。それからかなり経ちますが今だ治っていません。
医者は血液型の話は関係がないとおもっているのかそういう話は一切出ません。5分くらい話して薬もらうだけです。

日本国内でAB型に理解ある先生が居られましたら紹介してほしいのですが・・・

一回の投稿で解決できる問題とは思っていませんが、よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

NO.5です。



同じことですよ。

AB型だろうが、強い個性だろうが。

強い個性を主張する理由は自分で分かっていますか?

それが自分の精神病を説明できると思っているということでしょうか?



強い個性を先生に知ってほしい理由を説明できるまで考えたほうがいいです。 

そのままだと、精神病患者は強い個性を持っていると俺は言いたいのだ。という風に人に受け取られ、「そうなんだ。だから?」と返ってくるのがオチだと思います。なぜそのような図式になっているのかハタの人は分かりません。自分の中だけで納得しているだけです。

強い個性を持っているがゆえ、どうなんだ?
だからどうして欲しいのか?





例えば、強い個性の自分はあまり幼少の頃から理解されなかった。
だから、それがとても悲しい。誰かに理解されたいのだ。どうしたらいいのですか?とか。
精神病ゆえ強い個性になってしまった。それが理解されなかった原因だ。それだから俺は
そのことで憂鬱になります。とかね。AB型は、個性が強いと聞きます。
そんな俺もAB型ですが、AB型のように個性が強いと精神病になりやすいのですか?とか。

俺は強い個性のまま理解されたいのです。とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、自分も自分なりに人にどうしてほしいのか、強い個性をどう受け止めてほしいのかもう一度考え直してみようと思います。回答有難うございます。
そうですよね抽象的な安易な答えに縋り付いたって同じ事を繰り返すだけです。もう一度人との接し方を考え直してみようと思います。お世話になりました。

お礼日時:2012/10/29 21:17

こんばんは。

わたしはO型です。AB型の人とは気が合わないと言われていますが、仲良くやりましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。回答有難うございます。

お礼日時:2012/10/29 21:09

統合失調症で13年治療しています。

他の方の回答で医師を、医学を信じなさいなどといっている方が多いですが、残念です。現在のレベルでは治すどころか現状維持がせいいっぱいの所です。
患者も多いしあまり話など聞いているゆとりは主治医にありません。わたしは5回も主治医を変え、セカンドオピニオンで何件も医療機関を訪れましたがどの医師も似たような感じでした。
つまりは薬で調整するよりないということ。その薬はどうやって処方されるかと言ったら医師の勘でこの薬なら良さそうだという主観的判断に任されているということです。
残念ですが、ドーパミン仮説などとつまらない理論を元に行っている医療ですので良くなるはずがありません。脳内の伝達物質が乱れているならそれをまず証明しろとわたしは言いたいところです。
解明もされていないのによく薬ばかり開発されるものだなあと思いますよ。
そのあたりが一般の方々に全く伝わっていない、常識となっていないところに問題があるのです。
幻聴がするならまず病院へ行けっていった所でどうにもなりませんよ。
症状は落ち着くかもしれませんが、副作用でひどい眠気がきて体力は落ちる、生活水準は落ちるの地獄行きです。それで半年は様子を見る分にはかまいませんが、それ以上のものを求めるなら自分で何とかするより無いのです。過酷な現状です。偏見の目を一刻も早く改善して欲しいものですね。
こういう意見が、少なすぎます。精神病者で長い人は皆共通の思いでいるはずです。

この回答への補足

長文回答ありがとうございます。ところで、もしよかったらでよいのですが、血液型は何型ですか?関係無いと分かっていても気になります。自分と同じ考え方の持ち主かもしれないので。

補足日時:2012/10/28 12:02
    • good
    • 0

NO2です。



いじめが自分のせい?そう考えるのは辛くありませんか?

いじめられたくはなかったと思いませんか?悔しくありませんか?

自分だって認められたいと思いますよね。

何かを代理にしてもなんにも満たされないと思います。
それをどう解決付けたらいいのか私には見当がつかないのですが。

希望が欲しいですよね。

統合失調症は治った方もいらっしゃいます。
治らないなんて話は信じてはいけないと思いますよ。

この回答への補足

私だっていじめに遭ったのは自分のせいだとはしたくありません。その時(中学時代)私は体も小さく、クラスメイトと慣れていくうちにどつかれたりしたものです。ただ言える事は、体が小さくてもうまくやっていけてる人というか強い人はたくさんいます。いじめにNO!とはっきり言えなかった自分に今思うと悔しいです。
少し脱線してしまいましたが、AB型=強い個性=精神病とは成り立たないようですね。。。

補足日時:2012/10/27 11:12
    • good
    • 1

血液型のAB型をおっしゃっているなら、統合失調症などの病気とも性格とも医学的には関係ありません。

統合失調症は若いときに発症するのが大半ですが、根治することはほとんどありません。従ってお薬をずっと飲み続けるしか方法がないのが現状です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました。回答有難うございます。服薬はちゃんと続けていくつもりです。薬がないと駄目なので。

お礼日時:2012/10/27 10:54

>日本国内でAB型に理解ある先生が居られましたら紹介してほしいのですが・・・



 いや、「AB型だから」どうこう言う精神科医・心療内科医がいたら、診察を受けないようにしてください。ABO血液型とメンタルには何の相関関係もありません。相関関係がないぐらいなので、因果関係もありません。向精神薬が血液型により効果が異なることはありません(個人差で合う薬が異なるのは血液型とは無関係)。

 もし、質問者様が血液型と性格、あるいは運勢を絡めて語っている書籍等をお持ちでしたら、全て処分されたほうがいいです。古書店に売ることはお勧めしません。害のあるものは捨て去るべきです(できれば腰リサイクルでトイレットペーパーに生まれ変わってもらうのが良い)。

 ネットも、血液型関係のブックマーク(お気に入り)は全て削除されたほうが良いです。

 冗談のネタならいいのです。しかし、血液型診断を元に何かするのは、献血の時だけです。後は、万が一の事故のときくらい。それ以外は、血液型は無用のものです。

P.S.

 生年月日や姓名等々も同様ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。分かりました、回答有難うございます。

お礼日時:2012/10/26 22:11

AB型と病気は関系ないと思います。



質問者様は、自分がAB型である。
AB型の自分を理解して欲しいと思っているのですね。

つまり、俺はAB型だと主張したいのですね。

AB型は二重人格が多いと言われますよね。
そういったものもあるんだと思うのでしょうか?

それはなぜでしょうか?

「先生がずれていて、自分の事が解っていない」と思ってるから?
「自分の個性もあるから認めて欲しい」と思っているから?

とにかく先生に伝わることもなくすれ違いで何かイライラするとか?

俺はココだ、と言いたいのかなぁと、勝手に解釈してるんですが。


ただ…病院で血液型はこだわらないと思います。星占いと似た感じですし
そんなもの取り入れることはないと思います。ロマンチックではあるかもしれませんが。

この回答への補足

はい、自分の人生上の話になるんですが、なかなか自分の個性を他人に理解してもらえなくて・・・・大学も途中でやめてますし・・・・(その時は発病していなかったのですが・・・)
中学でもいじめにあって半分しか行ってません。高校は夜間を卒業しましたが、中学時いじめにあったのは今考えると自分に問題があったのかと思います。

補足日時:2012/10/26 22:20
    • good
    • 0

統合失調症と血液型を関係付けない今の先生は、まともな方だと思います。

血液型と統合失調症を結び付けてあれこれ言う医師がいたら、信頼してはいけません。今の医師を信じて治療に当るようお勧めします。

統合失調症は生涯お付き合いせねばならない病気といわれています。でもちゃんと治療すれば、何の支障もない生活を送れますので、医師を、今の医学を信じましょう。

AB型の血液分布は民族ごとに1%位から20%近くまで大きな変動がありますが、統合失調症の分布は、民族に関係なく、1%程度と言われています。これで血液型と統合失調症は無関係と御理解いただけますでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。回答有難うございます。

お礼日時:2012/10/26 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私はA型で統合失調症ですが統合失調症になりやすい血液型はありますでしょうか?

私はA型で統合失調症ですが統合失調症になりやすい血液型はありますでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問から、血液型との関連は知られていません。むしろ、遺伝傾向は有ると言われています。
ご参考まで。

Q私は統合失調症です。完治する見込みはありませんか?

43歳、男性、精神障害者です。

統合失調症で治療を受けております。
薬物投与をしながら、会社勤めをしています。仕事はとても厳しく感じます。難しくないことでもパニックになりそうです。
休養と投薬が要とも言います。投薬はしているのですが、休養は十分出来ません。

もう、完治は無理でしょうか?
人生終わりですか?

どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

34歳で独身親許がこんなこと書くと、がんばってらっしゃる質問者様に大変失礼だろうなとは思うのですが、私も健常者ではないので…。

人生は(悪い意味で)諦めたら終わりです。
だから質問者様は完治しなくても人生終わりません。

私も同じく精神障害3級をいただいており、病名は統合失調症「か」混合性抑うつ不安障害、と言われており、通院8年にしていまだ病名が確定していないという状態です。どちらも症状を調べてみたところ、共通点もありますしどちらかの症状もあるので、おそらくこの間なのでしょう。だましだまし生きているという感じです。
過服薬による自殺未遂も2回経験しました。うち1回目は本当に命が危なかったそうです。でも精神科の研究所をバックに持つ大学病院に入院しながらその医療関係者が驚くほどの回復ですぐ退院となりました。医師にも言われましたが「死にたくても死ねない身体」だと思ってます。

バイトも長続きしないので、障害者雇用で働いてみましたが、本当理解が得られず、体調をくずして退職(もうひとりがパニック障害で、彼女の尺に合わせて同等に扱われたので、私にはもたなかったという感じですが…)、現在再び障害者枠で求職活動中です…が、現実は厳しく。もし給付期間を過ぎても決まらなかったら、長期雇用が合わないんだろうから短期バイトでつないでいくか…と思ってます。
(やはり同じように難しいことになると自己判断ができないため、パニックになります)

大学病院なので何回か主治医が変わってますが、そのたびに「いつ治るかわからない。40歳ぐらいで落ち着く可能性も高いけど、別の症状が出てくるかもしれないから」と言われてます。納得したのは更年期型うつ病の母が、初診から約10年経った今(現在64歳)、躁鬱状態になっていることを「本人が自覚していない」からです。
だから自分なりに生きれば良い、いろんなことを諦めた中で、できることをすれば「私の人生はまだ捨てたものではない」と思うようになりました。

今はとりあえず、仕事を辞めた方が良さそうですね。あまり頻繁に使える手段ではないと思うので参考程度に聞いていただきたいのですが、解雇ではなく自己都合ということにされてしまった場合、在職中に病症が悪化したと医師が診断書を書けるなら、失業保険の給付制限がなくなることを頭の片隅にでも入れておいて下さい、私がそれで給付制限なくなりました(^^;)
共働きと書かれているということは、ご結婚はされてるのですね。相方様も心配されてると思います。
障害年金が支給される可能性が高いかと思いますので、その辺は主治医と相談されるといいと思いますが、いつまでもらえるかわからなくても、病気で困ってる時に助けてもらうための「年金」でもあるんですよ。私は現在障害厚生年金3級をいただいてます。月約5万ですが、退職前に会社から一方的に無給の休職をさせられて給与所得ほぼゼロという期間がありましたが、親や同居の兄に頼ることなく、自分の物や求職活動のための費用などが今のところまかなえてるのは年金のおかげです。
また休養も兼ねてゆっくり、今度はあまり負担にかからない仕事を探されるのも良いかと思います。文面を読む限りでは、今のお仕事は辛そうですが、別の仕事に就ければ…という印象を受けましたので。すでに障害者手帳をお持ちなら就職困難者として、一般の方より期間も長くゆっくりと仕事探しもできます。私も今のところ、週1社履歴書を書くのが精一杯…という感じですが、それでも「急ぎ過ぎ」とハローワークの相談窓口の方に言われてるくらいですから。

主治医様も質問者さまの状況を解られているようですから、相方様にも協力していただき、福祉の手を少しでも借りて少しでも休まれたら、と思います。生活保護は相方様の意見もありましょうが、他の方のお礼を拝見する限りでは通りそうな感じですし(一時的な利用を勧めてます、私は約半年ですが生活保護経験者です)、役所の福祉関係の課などに相談に行かれるのも良いかと。今のままでは仕事を辞めても「心が休めない」ようですので。

ながくなりましたが、質問者さまの人生終わりではないですよ。私より前に、質問者様に救いの手を差し出して下さる方がすでにいらっしゃってるのが良い証拠です。
私も何とか人生あがいてみせますね、幸い質問者様よりは状況は圧迫してない身ですから(^^;)
参考になりませんでしたらすみません。

34歳で独身親許がこんなこと書くと、がんばってらっしゃる質問者様に大変失礼だろうなとは思うのですが、私も健常者ではないので…。

人生は(悪い意味で)諦めたら終わりです。
だから質問者様は完治しなくても人生終わりません。

私も同じく精神障害3級をいただいており、病名は統合失調症「か」混合性抑うつ不安障害、と言われており、通院8年にしていまだ病名が確定していないという状態です。どちらも症状を調べてみたところ、共通点もありますしどちらかの症状もあるので、おそらくこの間なのでしょ...続きを読む

QO型の人が苦手です

血液型は関係ないと言う方は、気分を害すのでスルーをお願いします。



O型は、こざかしい考えでイライラしてしまいます。O型ってO型同士でいつもくっついてるし、秘密事好きだし、、たいしたことないことでも偉そうに言う&格好つけるのでイラッとします。


同じように思う方いませんか?それとも、わたしの捉え方を変えたほうがよいでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

O型人間に対するあなたの分析。
ホントにその通りだと私も思います。
あなたは、捉え方を変える必要無いよ。
これからも、注意深く警戒を怠らずに。

他の血液型を間違って輸血された場合、
死亡する確率が高いO型は、その分だけ
他を蹴散らす能力に優れているのかも
しれませんね。

持ち上げて、持ち上げて…
おだてて、おだてて…
褒めて、褒めて…
時々、言葉で切り刻む…

私の場合、
O型父には、この方法で対処してます。

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q精神病は遺伝しますか?

私の父方の家系には精神病に掛かった人が非常に多くいます。祖父、伯母が精神分裂病、従兄弟がうつ病、叔母は自殺願望、そして私の姉も精神分裂病を発病しました。精神病と遺伝の関係を教えてください。
精神病は伝しないとの解説を読んだことがあるのですが、なんだか不安になります。
もし遺伝するなら私や父も予防が必要ですよね?
どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 
わたしは専門家でも何でもありませんので、こういう質問に回答してよいのかどうか分かりませんが、参考として聞いてください。

精神分裂症は、鬱病以上に複雑な精神の失調状態です。鬱病の遺伝性については、先に、別の回答で次のように書きました(参考URL):

>鬱病は、体質や気質と関係あることが知られていて、体質や気質は遺伝します。けれども、同じ体質や気質を受け継いだ兄弟姉妹のなかで、全員が病気になるということはなく、何かのきっかけで、ある人が発病することがあります。

>「鬱」の因子と「躁」の因子,その他、色々複雑な原因があって、鬱病になるようです。鬱病というのは、一つの病気というより、色々な病気や症状が重なっている状態だとも言えます。

精神分裂症の場合、遺伝的素因というのものも確かに幾らかあるようです。しかし、仮に遺伝的素因があっても、一つではないと考えられます。

人間の主体自我は、構築がたいへん難しく、バランスが難しいです。それは社会や文化や地域の人々や伝統や、家族との関係などで、構成されて行きます。自我がどのように自己構成するかは、社会の文化や、家族関係や幼少期の経験、成長経過などが大きく関係します。

脳の神経伝達回路(ドーパミン回路)が、何かの理由で、神経伝達に失調を来すとき、分裂症を発症する場合としない場合があります。この神経伝達回路の失調の可能性は、決定的ではありませんが、遺伝的に何か影響関係があります。しかし、この回路の失調は、何がバランスの取れた状態かよく分からないというような面もあります。

分裂症を発症した人の場合、この回路がかなりおかしくなっていることが多く、過剰な神経伝達を抑えるための薬物を投薬します(これが普通、精神分裂症に対し、医師が投薬する薬で、メイジャー・トランキライザー=強力精神安定薬と言います。ただしこれは症状がきつい場合で、弱い場合は、マイナー・トランキライザーを処方します)。しかし、こういう過剰な失調、伝達回路の狂いが,遺伝的に決まっているかというと、これはそうでないようです。

この神経回路の失調、伝達異常は、普通の人でも一時的には起こり、鬱病の人でも、神経症の人でも、躁病の人でも起こります。誰でも起こるのだと言えます(更に、メタンフェタミンやコカインなどの覚醒剤を使っていると、この回路が狂ってきて、強い擬似精神分裂症状になります。この場合は、覚醒剤の成分物質が、脳の回路を壊しているのです。覚醒剤を使うと、誰でもこういうことになります。ただし、覚醒剤中毒と分裂症の症状は、強い場合,似ていますが、「本質は、まったく別」です)。

遺伝的な要因としては、この回路の伝達異常が比較的、起こりやすいというのがあるようです。しかし、それだけではなく、人間関係に関する、交際のなめらかさを決めるような遺伝的要因が関係している可能性があります。この場合も、こういう遺伝的な失調は、誰でもあることです。

他にも遺伝的素因があるかも知れないですが、発症していないで、家族などに分裂症に罹患した人がいる場合、確かに、こういう遺伝的素因がある可能性が高いですが、それは普通の人より、少し敏感な程度だと思えます。

成長の途上で、家族や外部の人と、色々な人間的関係を持って、自我が構成されて行くのですが、この過程で、遺伝的素因が強く影響する場合があるということです。

仮に遺伝的素因など、まずないといえる人、家族や親族を何代にも渡って調べても、分裂症の人などいない普通の人でも、育ち方や,置かれた環境によって、発症することがあります。

普通の人でも、断眠4日とか3日とかすると、幻覚が出てきますし、おかしな妄想的な思考も出てきます。また、長期に仕事が忙しく不眠の上に、不合理で納得行かない仕事上の圧力を耐えていると、妄想が段段できてきて、神経症になり、分裂症にもなります。

どの程度かということと、もう一つ、精神的に失調しても、外から見ると判断がつかず、普通に見える場合、そういう神経症的分裂症的時期をやり過ごすと、発症に誰も気づかないし、本人も気づかないで、そのまま生活を続けて行くということになります。

遺伝的素因とは別に、成長の途中の自我構成の時期に、失調の「表現様式」の学習のようなものがあり、外から見て、この人はおかしい、というような失調を言動などで外に示す人は、日常生活で、おかしいということになることがあります。

遺伝的な影響も、確かにあるのですが、それよりも、もっと、生育環境や、自我の構成の仕方や、社会の文化や、属する集団の「正気」の考え方、それとどううまく付き合って距離を取るかの「技術」の問題、広い意味で人格のありようと、その人格が生活する場、家庭、社会、集団のありようが大きな問題になります。

一卵性双生児の場合、遺伝的素因は同じですが、その後の成長でも、両者を一緒に育てると、互いに心や行動の了解が容易であるので、自分と兄弟の自我の区別がはっきりしない形になることがあります。無論、大人になれば、互いに他者ですが、幼児期や子供の時に、同じような自我構成を作り出してしまうことが多いのです。

一卵性双生児を別々に育てたても、発症の相関があったように思いますが、逆にこのことは、遺伝的「決定」ではないという証拠にもなるのです。(分裂症は、「素因」が「生育過程での自我構成」に作用し、これにストレスなどが加わって発症するのです。「素因」は強弱の違いで、すべての人が自我を構成する限り、すべての人にあると考えられます)。

遺伝的素因は、二つや三つではなく、もっとたくさんあると思えます。しかし、この「素因」というのは、精神分裂症になる遺伝的「決定因子」ではなく、普通の人より、失調に陥り易く、それから抜け出しにくいとか、それを外部に表現し易いとか、外部環境の圧力に対抗しずらい自我とか、対人的に臆病になりやすいような要因ということです。

精神分裂症は、極端には、すべての人が、軽い状態で短い期間なら、みな、そういう状態になると考えるのが妥当だと思います。

遺伝的素因は、間接的には確かにあるが、それはかなりに影響するに低く、主に、人格形成に関係し、19世紀の西欧の場合はともかく、現代の日本の社会では、精神分裂症を発症する人は、発症前の生活や言動に、発症後のありようと連続した特徴があるということになります。

普通の人が、ある日、突然におかしくなるのではないと言えます。元々自我は、WIN・OSではありませんが、おかしいことがたくさんあり、おかしいままに、自分自身と他者と、社会と集団とのあいだで,何とかバランスを取って日々生きているのが人間です。

お姉さんが発症されたとのことですが、年齢が分かりませんので、また、わたしは専門家でも何でもありませんので、間違っているかも知れませんが、お姉さんの発症前の状態、他人との関係や、自分についてどう思っていたか、何か変なところはなかったか考えてみられることです。多分、そういう性格特徴の延長上に発症症状があると思います。

何とかバランスを保っていたのが、維持できなくなるのが発症で、突然おかしくなるのではないのです。

あなた自身については、自分の性格や人生について、これはこれで「わたし」なのだと思うことです。色々悩みやその他のことがあっても、別におかしくない、「わたしはわたし」だと思うことです。他人と違うというのは、自我はみなそうなので、仮にかなり違うとか言われても、そういうわたし、なのだということで、「どう違うかをよく知った上」で、そういう自分だと自己肯定することです。

ある程度「ユーモア」を持って、自分を客観的に、距離を置いて眺めてみることを心がけることです。ユーモアを持ってというのは、自分の欠点や心の悩みを、まあ、人生はこういうもの、と「心の余裕」を失わないことです。

他人との関係で、悩むことがあれば、「他人は他人、わたしはわたし」で、冷静になり、どうも悩みがきつい場合は、気晴らしなどをして、拘らないようにすることです。別に、分裂症の予防とかではなく、精神のバランスを保って、ストレスをうまく乗り越えるには、going my way の心で、余裕とユーモアで、ものごとを、自分自身を眺めるということです。

また、精神分裂症をあまり気になさらないことです。仮にそうなったところで、大したことではないのです。重症の場合は困りますが、それは現代では珍しいですし、重症でも、時間をかけて治療すれば、ほとんどの人は軽い状態になります

あなたのお父さんですが、これまで何も目だった問題がないのなら、大丈夫です。妄想症の発症の可能性はありますが、歳を取ると、大体、妄想をみな持つようになります。不安神経症などの神経症と一緒になった場合は、困りますが、これまで、色々な苦労があっても、社会生活を営んでこられたのなら、気になさることはありません。

「なったときは、なったとき」とは無責任ですが、これが、ものごとを、冷静に客観的にユーモアを持って眺める、受け取るということです。「くよくよしないのが長生きの秘訣」というのもありますが、同じようなことが言えます。
 
>No.332425 質問:うつ病に処方される薬の役割
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=332425
 

 
わたしは専門家でも何でもありませんので、こういう質問に回答してよいのかどうか分かりませんが、参考として聞いてください。

精神分裂症は、鬱病以上に複雑な精神の失調状態です。鬱病の遺伝性については、先に、別の回答で次のように書きました(参考URL):

>鬱病は、体質や気質と関係あることが知られていて、体質や気質は遺伝します。けれども、同じ体質や気質を受け継いだ兄弟姉妹のなかで、全員が病気になるということはなく、何かのきっかけで、ある人が発病することがあります。

>「...続きを読む

Q統合失調症の方は恋愛するのは難しいんでしょうか?

統合失調症の方は恋愛するのは難しいんでしょうか?

好きな人が統合失調症です。恋愛をすると症状が悪くなるみたいです。

統合失調症の方は恋愛自体あきらめなきゃいけないんでしょうか

Aベストアンサー

私も統合失調症です。恋愛をすると気持ちが不安定になったりします。
でも、それだけ心に影響するということです。
自分の事を好きになってくれる人がいるというだけで幸せになります。
恋愛という形や言葉では無く、あなたと彼だけの距離間や関係を少しづ近づければ良いのでは?
とにかく、症状が悪くなるのも個性だと思います。
やっぱり、人と人とのつながりを避けてしまう反面、それが自分を救ってくれると分かっています。
現在は色々な活動やイベントに参加して、人と出会う場に入っていこうと努力しています。
お二人が恋愛を通じて、お互いが成長出来る事を願っています。

QAB型は、精神病や引きこもり、シャブ中が多い?

私の、AB型の友達には、変わった人が多いです。

1人は、鬱病で精神障害3級、
1人は、かれこれ5年くらい仕事もせずに親元で暮らす引きこもり、
1人は、シャブ中などで、それを治すために、精神病院に通ってます。

AB型に人って、考え方や心理状態が、薄弱な気がします。

もしAB型は薄弱ならば、それは仕方がないことなので、暖かく見守るつもりです。

それとも、私のAB型の友達に上記のような状態が多いのは、ただの偶然でしょうか?
偶然であれば、キツイ言葉も浴びせようかと思ってます。

AB型の特徴など、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

昔のニュースで、今回の回答にはならないと思いますが。
面白いのでちょっと。

No.1

●ABO血液型に新たな意義? 疾患との関連示す報告相次ぐ
Medical Tribune [2011年11月30日]

予後を左右する血液型について"ほぼ同じ結論"

 ABO血液型といえば,医療現場においては輸血を含む臓器移植などで重視されるものだが,一般社会では,性格との関連が引き合いに出されることが多い。また,それに対し「科学的な根拠はない」と否定意見が必ずといってよいほど出るのもお約束だ。裏返せば根拠がないからこそ,ネガティブなことでも面白半分に受け取れる「無難な」話題ともいえる。しかし,血液型が疾患リスクと関連するとなると話は別かもしれない。最近,ABO血液型の新たな意義を示唆する知見が相次いで報告されている。1つは超低出生体重児の壊死性腸炎,もう1つは成人の脳卒中に関する検討だ。驚くことに,全く異なる領域の疾患にもかかわらず,予後を左右する血液型について両研究ともほぼ同じ結論が示されている。

超低出生体重児の壊死性腸炎,AB型が予後不良因子

 1つ目は米ロヨーラ大学医療センターのグループが報告した超低出生体重児の壊死性腸炎(NEC)に関するもの(J Perinatol 2011年11月17日オンライン版)。最近,早産児のNEC発症と赤血球輸血との関連を示す報告がいくつか行われている。しかし,輸血療法は新生児集中治療室(NICU)で日常的に行われており,児の血液型にかかわらず抗体曝露による合併症を最小限にするため,O型Rhマイナスの製剤を使うのが一般的と研究グループ。児の血液型とNEC発症に関連があるのではないかとして検討を行った。

 1986?2010年の自施設におけるデータから,NECの確定診断がついた新生児(Bell分類II?III度)276例を解析。その結果,AB型の児では他の血液型の児に比べ死亡のリスクがハザード比(HR)で2.87倍に上っていた(95%CI 1.40?5.89,P=0.003)。

 さらに多変量解析においてもAB型はNECによる死亡の独立した危険因子(HR 2.93,1.43?6.04,P=0.004)で,手術に次いで強い関連が示された(手術のHR 4.65,2.61?8.33,P<0.0001)。

 研究グループは,NECの進展機序の1つに新生児の腸管粘膜における血液型別の抗原と胎内で受け継ぐ抗体(isoagglutinin)の間で起こる液性免疫反応があるのではないかと考察。A型とB型の異なる2つの抗原を持つAB型は,NECを発症した場合の予後悪化因子となる可能性がある一方,Oマイナスの輸血はNEC治療としての合理性があるのではないかと結論付けている。

約9万例の米国人対象研究から:AB型の人は脳卒中リスクが約30%高い

 もう1つは先日開かれた米国心臓協会学術集会(AHA 2011)でハーバード公衆衛生大学院のLu Qi氏らが報告した疫学研究。医療関係者を対象とした2つの長期かつ大規模研究のコホート(Nurses' Health Studyの女性看護師6万1,973例,Health Professionals Follow-up Studyの男性2万7,808例)を用いてABO血液型と脳卒中リスクとの関連を解析したという。

 2009年にワシントン大学のグループが観察研究を基に血液型の遺伝子多型と心筋梗塞,脳卒中,深部静脈血栓症の発症リスクを検討,B型のアレルと虚血性脳卒中に関連が見られたなどと報告を行っていた(J Thromb Haemost 2009: 7: 263-269)が,より大規模なコホートで脳卒中単独との関連を見た検討は今回が初めてのようだ。

 Qi氏らの解析の結果,B型の女性では他の血液型の女性に比べ脳卒中のリスクが17%高かったが,男性では差がなかった。AB型の場合,男女とも虚血性脳卒中のリスクが29%上昇していたという。

 さらにO型と比較した場合,AB型の女性の脳卒中リスクは28%,同男性では32%の上昇が示されたと同氏らは報告。「血液型を変えることはできないが,今回得られた結果は脳卒中リスクの層別化に役立つのではないか。特に高リスクが示唆される血液型の場合には他の危険因子を確認し,積極的な生活習慣改善を行うことが勧められる」と述べている(AHA 2011年11月16日公式ニュース)。

昔のニュースで、今回の回答にはならないと思いますが。
面白いのでちょっと。

No.1

●ABO血液型に新たな意義? 疾患との関連示す報告相次ぐ
Medical Tribune [2011年11月30日]

予後を左右する血液型について"ほぼ同じ結論"

 ABO血液型といえば,医療現場においては輸血を含む臓器移植などで重視されるものだが,一般社会では,性格との関連が引き合いに出されることが多い。また,それに対し「科学的な根拠はない」と否定意見が必ずといってよいほど出るのもお約束だ。裏返せば根拠がないからこそ,ネガティ...続きを読む


人気Q&Aランキング