ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

戸籍をとって見ていると
明治の頃 本人が養子に行ったり
また 本戸籍に戻ったりしているのですが
この時代に こういう流れになるのは
どういった環境が推測されるのでしょうか
昔のことなので 聞ける相手は誰も無く
困っています

A 回答 (2件)

こんにちは。

特別に専門家とかではないのですが、明治~大正期の風俗といった方面に非常に興味があり、私の知っている範囲ですが少しだけお答えさせていただきます。

明治うまれの詩人に、室生犀星という人がいますよね。彼には自伝があるのですが、なんと2回、養子に行っています。しかも2回目は「隣のお寺」という、今の感覚からすると軽いノリ(笑)で行っています。

犀星の場合は、両親がともに早くに亡くなってしまったため、ということなのですが。

また、柳田国男なども養子にいっています(彼はもともとは柳田という姓ではありません)。柳田国男の兄弟たちは、皆それぞれ非凡な才能のある人たちでびっくりしてしまうのですが、兄弟なの姓がバラバラです。それぞれが別の家へ養子に入ってしまっているからです。

『この時代に こういう流れになるのは
どういった環境が推測されるのでしょうか 』
と、ありますが、
まずひとつには、今よりも子供の数が平均的に多いのだけれども、教育のシステムが今よりも整っていない→優秀な子供の場合、「家の跡をつがせる」という暗黙の了解のもとに養子として学費等を出資する・・というかんじではないかな?と思います。

今と法律なども違います。家父長制が根強く残っていた時代です。家と家との結びつきのための養子というものもあったかもしれません。
また、どのような理由から養子となったのかも、それぞれ違うと思います。「育てられない」という理由いがいに、賢い子を望まれて、名家に養子に出したという場合もあるでしょう。
また、もしかすると今よりも法的な手続きが簡単だったのかもしれません(養子縁組をすることでからんでくる問題(税金等)などのことが複雑ではないのかも?)←ちょっと旧民法等がわからないので、流してください。。

当時を生きていた人の書いたものを読むのがてっとり早いかもしれません。上記にある、室生犀星の自伝は『ある少女の死まで』という本です。
参考URLにあげたのは、当時のひとびとの記録として秀逸の本です。明治という時代がどのように人間を扱っていた時代なのかというのがわかるかもしれません。

(とりあえず、今とは非常に違うということは言えると思います)

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/8/3310910.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
思っていた以上の回答で
感謝します
室生犀星の書を読み
時代に触れたいと思います

お礼日時:2004/02/17 08:24

 養子縁組の理由として考えられるのは


 1)生みの親側に経済的理由で育てられなくなった
 2)子供に恵まれない人の希望に添って養子に出す
 3)夫婦の離婚で養子に出す
 4)夫婦間に子供が出来ないと諦めて養子を貰った後、子供が出来た時は養子縁組の解消も起こります
 5)養父母が死亡又は離婚の場合も解消することになるでしょう
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
参考になりました

お礼日時:2004/02/17 08:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大正時代の養子縁組について

大正時代の養子縁組についての質問なのですが、独身の女性が、例えば血の繋がっていない捨て子や孤児などを、養子縁組することは可能だったのでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

民法第四編(民法旧規定、明治31年法律第9号)
によると、
第八百三十七条 成年ニ達シタル者ハ養子ヲ為スコトヲ得
とあり、女性が養親となることは禁止されていません。
その女性が女戸主でなければ、
第八百四十四条 成年ノ子カ養子ヲ為シ又ハ満十五年以上ノ子カ養子ト為ルニハ其家ニ在ル父母ノ同意ヲ得ルコトヲ要ス
父母の同意が必要でしょうし、さらに
第七百五十条 家族カ婚姻又ハ養子縁組ヲ為スニハ戸主ノ同意ヲ得ルコトヲ要ス
により、戸主の同意が必要でしょう。
但し、その女性が女戸主であれば、このあたりは問題ないでしょう。

また、
第八百四十三条 養子ト為ルヘキ者カ十五年未満ナルトキハ其家ニ在ル父母之ニ代ハリテ縁組ノ承諾ヲ為スコトヲ得
第九百条 後見ハ左ノ場合ニ於テ開始ス
 一 未成年者ニ対シテ親権ヲ行フ者ナキトキ又ハ親権ヲ行フ者カ管理権ヲ有セサルトキ
“捨て子や孤児”の場合は親権者は不明でしょうから、後見人が親権を行うでしょう。
現民法で親権を行うものが不明であれば、家庭裁判所が選任しますが、当時の法令ではその記述がなく、親族会がそれを行うようです。そして親族会が開かれない場合については、記述がないようです。

実際、どうであったかは別として、法令上は“養子縁組”することは可能であったようです。

民法第四編(民法旧規定、明治31年法律第9号)
によると、
第八百三十七条 成年ニ達シタル者ハ養子ヲ為スコトヲ得
とあり、女性が養親となることは禁止されていません。
その女性が女戸主でなければ、
第八百四十四条 成年ノ子カ養子ヲ為シ又ハ満十五年以上ノ子カ養子ト為ルニハ其家ニ在ル父母ノ同意ヲ得ルコトヲ要ス
父母の同意が必要でしょうし、さらに
第七百五十条 家族カ婚姻又ハ養子縁組ヲ為スニハ戸主ノ同意ヲ得ルコトヲ要ス
により、戸主の同意が必要でしょう。
但し、その女性が女戸主であれば...続きを読む

Q江戸時代の戸籍謄本を入手する方法は?

私の家の家系図を作成する計画です。その為の参考資料として戸籍謄本を利用したいと思います。

私を起点として、私の祖先(配偶者含む)の名前と生年月日、没年月日、結婚又は離婚の年月、養子縁組の年月、祖先の親の氏名などを世代を遡って把握します。また父母、祖父母、曽祖父母に関する事項だけでなく、彼らの兄弟姉妹に関する情報も必要になります。そこで質問です。

質問(1)今の役所で保存されている戸籍の原本では、祖先の系譜をどの頃まで遡ることができるのでしょうか。明治の初めまででしょうか。

質問(2)(この質問の方が重要ですが)仮に遡る限界が明治初期の場合、それ以前、つまり幕藩体制時代の戸籍についての記録は、どこで保存されているのでしょうか。(ちなみに私の祖先は愛知県知多郡におりましたので、「尾張藩」です。)菩提寺の過去帳では戒名は分かりますが俗名が分からないのです。

ご存知の方、よろしくお願いします。

質問の答が分からなくても、質問の答を見つける方法をご存知でしたら教えて下さい。(どの役所に聞いてみる、とか、どこの歴史資料館で捜す、とか、ホームページとか。)

私の家の家系図を作成する計画です。その為の参考資料として戸籍謄本を利用したいと思います。

私を起点として、私の祖先(配偶者含む)の名前と生年月日、没年月日、結婚又は離婚の年月、養子縁組の年月、祖先の親の氏名などを世代を遡って把握します。また父母、祖父母、曽祖父母に関する事項だけでなく、彼らの兄弟姉妹に関する情報も必要になります。そこで質問です。

質問(1)今の役所で保存されている戸籍の原本では、祖先の系譜をどの頃まで遡ることができるのでしょうか。明治の初めまででしょうか。...続きを読む

Aベストアンサー

ご自身が含まれる戸籍は自由に入手は可能ですが、いくら親兄弟であっても戸籍が別となっていれば、正当な理由や権利が無ければ入手できません。
相続や先祖を祀るなどの理由があれば直系であれば入手は可能でしょう。
それぞれから委任状などを得る必要があると思います。

1については、戸籍によって保存期間があり、既に処分されているものもあるようです。自治体によって法律上の保存期間を超えても処分していない役所も多いと思いますので、それぞれの役所へ確認しましょう。私の地元の役所では江戸時代ぐらいのものはまだあるようです。

2については、役所の戸籍でわからず、寺などの過去帳でわからなければ難しいでしょう。

戸籍謄本は自分との関係を証明しながら取る必要性がありますので、ご自分や親の戸籍から遡って、わかる範囲で戸主の名前で請求するようになるでしょう。縁故者の協力状況によっては、遡るにも限度があると思います。
行政書士などは職権で戸籍謄本などの入手が可能な為、一部の行政書士などが家系図作成を請け負っている場合などもあります。

私自身、家督相続時代を含めた相続手続き(登記)を行った際、遡るのに結構大変でした。

頑張ってください。

ご自身が含まれる戸籍は自由に入手は可能ですが、いくら親兄弟であっても戸籍が別となっていれば、正当な理由や権利が無ければ入手できません。
相続や先祖を祀るなどの理由があれば直系であれば入手は可能でしょう。
それぞれから委任状などを得る必要があると思います。

1については、戸籍によって保存期間があり、既に処分されているものもあるようです。自治体によって法律上の保存期間を超えても処分していない役所も多いと思いますので、それぞれの役所へ確認しましょう。私の地元の役所では江戸時代...続きを読む

Q明治時代の婚姻について

先日75歳の女性の方に伺った話ですが、
彼女の祖母は13歳で結婚したのだそうです。

彼女は「明治だから」といっていましたが、
いくらなんでも早すぎると思い、帰ってインターネットで調べたところ、
明治の民法上結婚できる年齢は15歳でした。

「田舎だから」とも言っていましたが、
田舎では13歳で結婚するのは普通だったのでしょうか?

江戸時代の時代劇で見かける「奉公」みたいなものかなぁと想像してみてますが、
明治でもそういうのあったりしますか?

また、明治時代では読み書きできないのが普通なのですか?
明治でも義務教育はあったようですが、それでも学校に行かないものだったでしょうか?

Aベストアンサー

>誕生日
江戸時代までは庶民は自分の誕生日を特には意識する習慣がありません。従って現代人が言う所の正確な「年齢」と、本人が口にする「自分の年齢」には最大で±3年ほどの誤差があるのが普通でした。人によっては10歳近くズレがあったのですが、当時は特にそれでも問題ありませんでした。だって風営法も18禁も無い時代ですから(笑)。

結婚は?と思うかもしれませんが。明治どころか、日本では昭和の前半(戦前、1945年以前)までなら、通常は結婚は当人達の合意では無く。両家の親同士、それも家長である男性(父親ないし、それに準ずる立場の年長男子)の考えのみで決定されるのが普通だったので。やはり当人の正確な年齢とかどうでも良かったのです。

確か明治30年頃に富国強兵(=徴兵制)と言う事で、特に平民男子の正確な肉体的年齢を国家として管理する必要が初めて出て来たので。慌てて日本でも全国的に「子供が生まれたら正確な誕生日を役所に届けるべし」とのお達しが出され、それ以降から日本人に「誕生日」という考え方が一般的になったのです。

昔から日本人がむしろ記録に残して拘ったのは、生まれた日ではなくて、むしろ「死んだ日」です。お墓とかにも誕生日では無く、何年何月に死んだと書く習慣が昔からありました。昔は乳幼児死亡率が以上に高かったので、いちいち子供の誕生日を記録しても無駄になる事が多かったからかもしれません?一応、身分の高い貴族や皇室の方々、大名クラスの武家だと誕生日を記録に残し現代風に祝う習慣がある地域もあった様です。

また非常に重要な事ですが。江戸時代までは仮に本人が正確な誕生日を記憶していたとしても、今の現代人が言う年齢とは違います。何故なら昔の日本では「歳が増えるのは誕生日の時では無く、生まれて何回目の正月かで計算した」からです。さらにややこしい事に、昔は“生まれた瞬間が1歳”と計算するのが通例なので。冬場、例えば12月31日に生まれた赤ん坊は、翌日の元旦には2歳になる計算でした。

…と言う訳なので、そのご婦人の御祖母様が13歳と言うのなら、それ以上の意味はありません。まあ明治20年代以前に生まれたのなら十中八九、実際の年齢よりは1つ~2つは若い可能性があります(つまり小学6年生で嫁に行った!?)。


>読み書き
江戸時代は「読み書きソロバン」と言うくらいに子弟教育に熱心だったのですが。明治時代になって重工業化は進んだのですが、それまではその地域自治体に当たる藩主大名たちが行っていた子弟教育システムが維新によって崩壊してしまったので。東京などの一部を除けば、逆に教育はほぼ壊滅状態でした。

また個人家庭で勉強させていた場合でも、それまでの学問の筆頭であった朱子学などの儒教の教典を暗記する勉強が。明治になって一転、時代遅れのアジア学問という扱いになったため。富裕層でも子弟教育のあり方に混乱が生じていました。

で、教育に関するお触れは割と早い時期に出されるのですが。それは国民皆教育ではなく、あくまでも国家エリートを養成するための教育令だったので。長らく「義務教育」に関して放って置かれました。その後、やはり前述の徴兵制に関連して、戦場で使い捨てる兵卒候補としての幼年学校が必要と考えられ。え~っと確か明治22年?に「小学校令」というのが発布されます。ここから日本に於ける近代義務教育が始まる訳です。

一応、発足当時から男女共学だったのですが。特に農村部では女子に教育は必要無いという考え方が支配的だったので、例文の御祖母様の様に学校に通わせて貰えなかった女子児童も当時は多く居ました。またいわゆる戦後になるまでは、日本の近代女子教育には高等教育が無かったため(大学とかは男子校だった)。将来性が無い女子教育に金を掛けるのは無駄という考え方も一般的でした(そんな暇があったら針仕事の一つでも覚えさせろ!~的な)。

後、これも非常に重要な点ですが。明治33年(1900年)までは日本では、義務教育と言いつつ“有料サービス”だったので、授業料を払えないorケチな親だった場合は当然ながら男女を問わず学校には通わせて貰えませんでした。当時は毎月25銭~50銭を徴収すべしと法令にありました。昔の貨幣価値を現代に換算するのは非常に難しいですが。大体、月々5000円~1万円程度って感覚でしょうか?

逆に1900年以降は小学校が全国無料になったので、当時の資料でも就学率が90%に達した喜ばしい~と書かれています。

あともう1つ、これまた現代人には理解し難い点がありまして。当時の義務教育制度では修学年齢というモノが決めてなかった!つまり今みたいに満6歳になったら小学校へ~的な制度では無くて。あくまでもそれぞれの御家庭の事情に合わせて、好きな年齢の時に入学すれば良かったのです(一応、6歳~14歳の範囲で)。

なのでピカピカの1年生でも、同じクラスの同級生には6歳の子もいれば、妙にガタイの良い10歳の子も居るのが普通でした。後、今と違って義務教育中でも“落第”がありましたので。もう今年で3回目の1年生だよ!~みたいな落ちこぼれも居ました。

で、落第があると言う事はその逆、つまり“飛び級”もある訳でして。優秀な生徒は小学校を最短で4年で卒業する事が可能で(つまり10歳で中学へ進学可能)。逆に落第ばかりの劣等生だと、単位を取れなくても14歳になった時点で強制的に義務教育は終了させられました。

P.S.
いわゆる「ゆとり教育」という言葉が囁かれて久しいですが。明治時代にも言葉こそ無けれど、同じ様に教育の中身に関しては現代以上に行ったり来たりの試行錯誤だった様で。日露戦争当時には「最近の兵士はちゃんとした教育を内地で受けていないのか!?簡単な足し算引き算さえ出来ない馬鹿が多くて困っている!」と言う様な主旨の報告書が、現場の指揮官から送られています(笑)。

>誕生日
江戸時代までは庶民は自分の誕生日を特には意識する習慣がありません。従って現代人が言う所の正確な「年齢」と、本人が口にする「自分の年齢」には最大で±3年ほどの誤差があるのが普通でした。人によっては10歳近くズレがあったのですが、当時は特にそれでも問題ありませんでした。だって風営法も18禁も無い時代ですから(笑)。

結婚は?と思うかもしれませんが。明治どころか、日本では昭和の前半(戦前、1945年以前)までなら、通常は結婚は当人達の合意では無く。両家の親同士、それも家長である男性...続きを読む

Q壬申戸籍の謄本を入手する方法は?

  我が家の家系図を作成しています。祖先の(戒名ではなく)俗名が必要なため、市役所で戸籍謄本(除籍謄本、原戸籍謄本を含む)を取って世代を遡って調べたのですが、明治19年に編成された戸籍まで遡りました。しかし、明治5年に編成された戸籍(通称、壬申戸籍)は期限切れのため保管していないと言い方でした。
  壬申戸籍はどこで保管しているのか、インターネットで調べたところ、法務省の法務局らしいことが分かりました。で、法務局に問い合せたところ、「期限切れなので・・」という回答なのです。決して「破棄した」とは言わないので、現在もどこかで(法務省管轄下で)保管されているように思えます。昭和43年頃、旧身分制度に関する事柄が社会問題化して(→同和問題?)壬申戸籍が封印されてしまったというのが真相の様です。
  他人の祖先の名前を知りたいのではなく、自分の祖先の俗名を知りたいのです。壬申戸籍の謄本を発行しても身分に関する情報を知るのは子孫である私なのであって他人ではないのだから問題ないのではないでしょうか。壬申戸籍の謄本を入手する方法はないものでしょうか。

Aベストアンサー

入手方法は、現在ではありません。
壬申戸籍は、確かに法務局で保管はされています。それは遠い将来に「歴史資料となりうる」という観点で保管されているようです。
従って「旧身分」が記載されている戸籍を子孫であるとはいえ閲覧させることは現在はできません。

◎ 他人ではないのだから問題ないのではないでしょうか。
これを認めてしまうと「子供の結婚相手であり、身内となる可能性があるのだから(あるいは身内となったのだから)問題ない」と言い出す人もでてくるでしょう。結果として「同和問題」に行き着くことになります。
また子孫は複数・多数にわたりますから....結果的に「広く公開する」ことに繋がっていきます。
現段階ではあきらめるしかありません。

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q昔の戸籍について

ウィ○ペディアを見ると、
>1948年(昭和23年式戸籍)
>「華族」や「平民」などの身分事項の記載は廃止された。

とありますが、これはそれ以前まで身分事項は記載されていたということですよね。実際この時代に生きた華族・士族・平民の人は自分が戸籍の身分事項に何と記載されているのかは知っていたのでしょうか?
祖先の身分について調べているのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

次のサイトで詳しく解説され、戸籍の見本も掲載されていますが、
・明治5年式戸籍(壬申戸籍)。
・明治19年式。
・大正4年式。
・昭和23年式。
・平成6年式(コンピューター登録の実施)。
に分かれます。
http://1st.geocities.jp/edenno2/kosekinorekisi.html

この内の「壬申戸籍」と「明治19年式戸籍」には、「身分」が書かれてありますが、
「明治19年式」では、「新平民」は皆「平民」に統一されました。そして、その中でも、「農」「商」「工」などと分類されました。
「大正4年式」では「身分」は記載されなくなりました。

壬申戸籍は、昭和43年まで閲覧できましたが、「新平民」(江戸時代には、「非人」や「穢多(えた)」と呼ばれた人たち。)に対する差別、例えば、大企業での(中小企業あたりさえも)採用取り消しや公務員への採用取り消しなどが発生したため、昭和43年に「壬申戸籍」は、各地の法務局の金庫に封印、厳重保管され、現在では、決して見ることはではません。
しかし、昭和43年まで、誰でも閲覧できたため、また、役場の戸籍係でさえ「新平民」の欄に折り目をしたり、付箋をしたりして「差別」をしましたので、それが、今日の「部落開放」とか「同和問題」につながっているのです。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

次のサイトで詳しく解説され、戸籍の見本も掲載されていますが、
・明治5年式戸籍(壬申戸籍)。
・明治19年式。
・大正4年式。
・昭和23年式。
・平成6年式(コンピューター登録の実施)。
に分かれます。
http://1st.geocities.jp/edenno2/kosekinorekisi.html

この内の「壬申戸籍」と「明治19年式戸籍」には、「身分」が書かれてありますが、
「明治19年式」では、「新平民」は皆「平民」に統一されました。そして、その中でも、「農」「...続きを読む

Q江戸時代の養子

AB間に生まれた子を、生まれた当初からXY間の実子として出生届をなしてXYが育てるといったケースを「藁の上からの養子」と言いますが、近代の日本では家庭の事情によりこの形態の養子は散見されたようです。
江戸時代も子に恵まれない夫婦は思いますが、ある程度歳がいっても子を授からなかった夫婦が、一般的な養子という形をとらずに藁の上からの養子の形で子をもらってきて、実子として育てるといったことはあったのでしょうか?

当時は今のような戸籍制度もなく、赤子を養子にする場合はむしろ藁の上からの養子が多かったんじゃないかと思ったのですが、どうだったのでしょうか。(正室に子がなく、側室や妾との間に生まれた子を正室との子として育てるといったこともあったのかなと思いました。)

ご意見を賜れれば幸甚です。

Aベストアンサー

ANo.5 です。若干気になったもので‥度々すみません。

現代の我々とは倫理観の違う時代の「風習」のようなものなので、
無理に我々の時代に当てはめて解釈する必要はないと思いますよ。

私は近代・現代法については無知に等しいのですが、特別養子縁組
というのが「実の親との断絶」を意図するものであるなら、ANo.5
で紹介した「実子」の風習?はそれとは違い、必ずしも実の親との
断絶を第一義とはしていません。では何故「養子」「実子」と区別
するのか‥ それは現在の我々には理解不能な、何らかのこだわり
があったんでしょうねぇ。

なお、当時の用例としては、もう一つ「猶子」というのもあります。
イメージ的には義兄弟と同種の「親子の杯・契を交わす」というも
のですが、この「猶子」と「養子」との境界がまたまた曖昧なんで
すね。

ANo.5 で紹介した曼殊院譲仁法親王の場合、光格天皇の養子の「肩
書」で曼殊院に入っており、実際に光格天皇や義母の姉小路聰子の
庇護下で育てられた訳ではありません。その意味では「猶子」の方
が適切だと思うのですが、いやはや‥。歴代の宮門跡は天皇の養子
の「肩書」で寺に入室するのが慣例なのですが、調べてみると「養
子」と「猶子」が交錯しており、どんな理由で区別していたのか意
味不明です。
明治天皇の母にしても、天皇の生母が正室ではない場合、正室を名
目上の母とする慣例は以前からありましたが、それなら内容的には
「猶子」なのに、何故「養子」を飛び越して「実子」としたのか‥

またまた、蛇足でした‥

ANo.5 です。若干気になったもので‥度々すみません。

現代の我々とは倫理観の違う時代の「風習」のようなものなので、
無理に我々の時代に当てはめて解釈する必要はないと思いますよ。

私は近代・現代法については無知に等しいのですが、特別養子縁組
というのが「実の親との断絶」を意図するものであるなら、ANo.5
で紹介した「実子」の風習?はそれとは違い、必ずしも実の親との
断絶を第一義とはしていません。では何故「養子」「実子」と区別
するのか‥ それは現在の我々には理解不能な、何らかの...続きを読む

Q明治時代、次男への愛情はどれくらいあったのですか?

恥ずかしながら私はこういった歴史のことについて疎く、長子相続(家督相続?)の存在もなんとなくしか知りません
此処で質問なのですが、家督相続しない次男は実家からどれほど愛されていたのでしょうか
後継ぎのために男が必要だ、という話は様々なところで耳にしますが後継ぎが既に生まれている場合次男の重要度はそれほど高くないような気がして…

また次男は養子に出されることも多かったようですが、養家での愛され方はどうだったのでしょうか
単に後継ぎにするために…と歩む人生を強制したりされていたのでしょうか、またそれに対して次男はどう感じていたのでしょうか

自分で検索しても思うような物が見つけられなかったように、こういった心情については詳しく分からないことが多いのだとは思いますが分かる範囲で構いませんので教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

子供が労働力でなく子供として認められ始めたのは、戦後の池田内閣の高度経済成長社会に入ってからです。
貧困な家庭は、男の子は労働力であり女の子は売買する商品でした。
唯一長男だけが人間扱いされてました。
戦前以前から大正時代の間、子供が子供として扱われたのは商人がサラリーマン・公務員ぐらいでしょう。
明治になるともっと貧困ですから想像出来ません。

家督相続は日本の農耕文化からきます。
小さな農地を家族全員で耕し、家族全員で生活し食事をしていわけですから、大家族となると20人30人の親戚で固まっている場合もありました。
そうしますと家族の代表が必要となり、その人が身分と田畑宅地建物を管理所有していたのです。
ですから長男単独相続となるわけです。
長男以外は小作人と同じ扱いと思われます。
実質家族の代表で農作業をするので、今と違い死亡による相続でなく隠居による相続が多かったようです。
小説に書かれいる明治時代は、農村でなく都会で生活出来た人ですので日本人の僅かなことしか書かれていないようです。
こうしたことは、戦前の貧困な農家の実情は歴史に残っていまいすから、それから想像するしかありません。

愛されるという語を用いてますが、子供が愛されるようになったのはここ数十年のことです。
儒教思想からくる上下の感覚は若い方には想像がつかないと思います。
家制度が実質崩壊していったのは核家族によるものが多く、都心では団地の出現が家制度を崩壊してきました。
中国の儒教感覚はもっと厳しく、親が子に死ねと言えば死ななければならない程上下関係が厳しく、そうした慣習を断ち切ろうとしたのが共産革命により立法された50年婚姻法です。
子供が親から愛されるようになったのはつい最近のことで、世界でも未だ子供を労働力のために作る民族が大半をしめてます。

以上書いたことはまとまって本として出版されてません。
各国の家族法の立法背景となる歴史と社会について研究しますとおぼろげながら想像がつきます。
法律を作るというのは、作らざるを得ない背景がありますので、立法する過程の立案文書を読むとわかってきます。

長男以外は小作人と一緒ですし、小作人を雇えない貧困な家族ですと全員人間以下の生活をしていたのですから、愛するという概念自体が無かったでしょう。
普通に生活出来た商人以上の人たちは、今度は名誉としての家制度がありますから長男のみ人間扱いされたと思います。

私は三男ですが父親と会話したことがありません。
長男のみが母屋に住み、後の兄弟は物置小屋で生活してきました。

子供が労働力でなく子供として認められ始めたのは、戦後の池田内閣の高度経済成長社会に入ってからです。
貧困な家庭は、男の子は労働力であり女の子は売買する商品でした。
唯一長男だけが人間扱いされてました。
戦前以前から大正時代の間、子供が子供として扱われたのは商人がサラリーマン・公務員ぐらいでしょう。
明治になるともっと貧困ですから想像出来ません。

家督相続は日本の農耕文化からきます。
小さな農地を家族全員で耕し、家族全員で生活し食事をしていわけですから、大家族となると20...続きを読む

Q明治時代の出生届について

家系図を作っていて、古い戸籍を調べています。

写真添付しましたが、生年月日が明治39年4月1日とあるのに、届出が大正11年12月11日と書いてあるのが意味が分からないです。

間が16年空いていますが、どのような理由が考えられるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔は農家では繁忙期には役所に行けず、農閑期になってから届出する場合も珍しく無かった様ですが、これでも差異は数ヶ月、出生日を辻褄合わせに遅らせたりしたそうです。

また、産婆さんに代金を払えず、出生証明が貰えず数年遅れたり、義務教育が始まる時に出すこともあったようです。

質問の場合は、対象に入ってから16年も遡っているので、義務教育も受けられず、就職時に無戸籍が判明したのでしょうか?
それとも、何か官憲が関与したときに無戸籍が判明したとか...
届出人が「兄」になっているのは、その時点で実父・実母は死亡していたのでしょうか?
その辺りにも解決のカギがあるかもしれません。

他にも何件かあったり、昭和40年代でも相違があるというのは地域的な特殊性があるのかもしれませんね。

Q過去帳を写してくれたお寺へのお礼の額について

家系図を作ろうと思っています。お寺のご住職に「過去帳を見せていただきたい」と申しましたら、「私が作ります」とのお話でした。いろいろな事情があって檀家にも見せないようになってきていると聞いたことがありますのでやむおえないと思っています。この場合ご住職が書き写したものをいただけるものと思いますが、そのお礼の額は一般的な範囲でどのくらいお渡ししたらよいものでしょうか。多いほど良いことは承知していますが、決して裕福でもないのでご住職の労力を勘案して失礼の無い程度のお礼をしたいと考えています。ちなみに宗派は曹洞宗で地域では古刹です。

Aベストアンサー

こんにちは。。

 仏式の祭式に関する仕事をしています。私自身はお坊さんではありませんが、お寺さんと接する機会が少なからずあります。

 昨今、お寺の過去帳を元にご先祖様や家系を調べようとされる方が増えているそうです。
 確かに個人情報の塊みたいな過去帳は、簡単には見せていただけないでしょう。たいていのお寺さんはそういう対応のようですね。
 
 さて、お礼ですが、どれぐらいの手間がかかるかによって異なるでしょうね。だいたい以下の点にご留意いただければ、と思います。
 お寺さんからご説明があったかもしれませんが、ご質問の文面から、質問者さんの依頼の詳細がわかりにくいので、少し長くなりますがいろいろなケースを記してみます。(補足いただければ、数日かかるかと思いますが、自分が知る限りのことは再度アドバイスできると思います。)

 まず、お寺さん側の事情ですが、お寺の過去帳の記述形式によって、お寺さんの手間がかなり変わります。家単位で故人を振り分けた過去帳が昔から作成されているなら、ご質問者さんの家の分を書き写せばそれで済みますが、江戸時代は一般人に姓はありませんでしたから、お武家さんか、苗字帯刀を許された家などでないと、それほど古くから家単位に分けたものはないでしょう。その場合、膨大な過去帳の中から一人づつ探していかないといけなくなり、かなり手間がかかります。
 そうなると、お願いする側がどれぐらいの人数を調べようとするのか、どれぐらいの情報を提供できるのかで、調べやすさは変わってきます。年代順に檀家さんが亡くなった順番で記述してある過去帳の場合、没年月日がわかると格段に調べやすくなります。反対に、戒名しかわからないとか、とにかくウチに関係ありそうな人を調べてとかいう依頼は、とたんに調べにくくなります。
 江戸時代の俗名の表記は職業や地名の次に名前が書いてある(○○の何衛門)という形式で書かれていることが多いと思うので、かつて自分の先祖がどのように呼ばれていたかがわかれば、より正確な調べができると思います。

 調べやすいケースの場合、そのお寺で法事を依頼された場合の御布施程度、数名調べていただいただけならそれ以下でも構わないかな、と思いました。
 調べにくい場合は、ケースバイケースですね。情報が少ない上に人数が多いとなると、お寺さんは相当難渋されると思います。ご法事のお布施の2倍程度は必要かな、と思いました。(お寺さんにお聞きになると、たぶん遠慮されて、あんまり高くはおっしゃらないと思いますけど。それでも古い過去帳を調べるのは結構たいへんそうですよ。古文書を読むみたいに文字を判読していかないといけない場合もあるそうです。)

 それと、蛇足ですが、お寺でも案外古い年代までわからないことがあります。お住まいの地域での葬祭が、昔どのように行われていたか、あるいはお寺に荒れた時期があったり、火事にみまわれたことがあったりする場合等によって、お寺に残っている記録の古さはかなり異なります。(お寺自体の歴史の古さと記録の古さは関係ない場合もあります。)
 ご参考になればよいのですが。では。

こんにちは。。

 仏式の祭式に関する仕事をしています。私自身はお坊さんではありませんが、お寺さんと接する機会が少なからずあります。

 昨今、お寺の過去帳を元にご先祖様や家系を調べようとされる方が増えているそうです。
 確かに個人情報の塊みたいな過去帳は、簡単には見せていただけないでしょう。たいていのお寺さんはそういう対応のようですね。
 
 さて、お礼ですが、どれぐらいの手間がかかるかによって異なるでしょうね。だいたい以下の点にご留意いただければ、と思います。
 お寺...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報