いつもお世話になります。

取締役会設置会社において、株主総会の権限は、法令か定款に規定がある場合にのみ、とありました。つまり何も書いていない場合の主導権は取締役会が持つってことですよね。

そこで本来取締役会の権限であるのに、定款に記載がある場合の取扱について質問です。

例えば定款に、
「支店は東京都に置く」
とだけ書いてあった場合、どうなるのでしょうか。

株主総会が上記定款を変更し、埼玉県に置く、と変更できるのでしょうか。
それとも、上記規定があっても、取締役会において、埼玉県に置けるのでしょうか。

あるいは、「支店は東京都に置く。支店の設置場所の変更は株主総会の決議による」とまで書かれていないと、株主総会においては廃止しかできないのでしょうか。

A 回答 (3件)

訂正



株主総会では、決議できないようです。
会社法千問の道標
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですね。
ありがとうございました!

お礼日時:2012/11/21 12:20

前半部はおっしゃるとおりです。



とはいえ、法律は何でもそうかもしれませんが、そのぎりぎりのラインの線引きは極めて難しいです。

>例えば定款に、「支店は東京都に置く」とだけ書いてあった場合、どうなるのでしょうか。

これは正直判断に悩むことになるのではないかと思われます。定款全体の趣旨を鑑みて「(最低でも一つの)支店は東京都に置く」という意味であるならば、東京以外の場所にも、取締役会の決議で置けると思いますが、「支店は東京都(のみ)に置く(のであって、他の場所には置いてはいけない」という意味であるのならば、定款変更のため、株主総会の決議が必要でしょう。

なので、定款を作成する際には、疑義の無いようにはっきりと作成すべきです。

また、そもそも定款に定めれば何でも有効というわけでもないので、支店の設置場所を株主総会の決議で決めることが出来るとする定款の定めが本当に有効かどうかについても、検討すべきかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
文言をそのようにとらえることもできるのですね。ありがとうございます。

ということは、このような有効無効ですら危ういあいまいな規定は、現実的には無さそうですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/11/21 12:19

定款の変更は大変なので、支店の設置や場所の決定を定款で定めることはありません。



取締役会の権限を制限したい場合には、「支店の設置、移転及び廃止は、法の規定にかかわらず、株主総会で決定する」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社長と会長の共同代表制、定款変更は必要でしょうか?

来期から取締役会長にも代表権をつけて、社長と共同代表制を取る場合に「定款変更」は必要でしょうか。
因みに弊社の定款で代表取締役に関する事項は「当会社を代表する取締役は、取締役会の決議をもってこれを定める」とだけ記載されております。
また、もし定款変更の必要がなくても、登記だけは必要なのでしょうか。
その他、「変更の案内を出す」等の準備も考えられますが、それ以外にも用意・注意しなければならない事が、ありましたら教えていただきたいのですが・・・。

Aベストアンサー

>因みに弊社の定款で代表取締役に関する事項は「当会社を代表する取締役は、取締役会の決議をもってこれを定める」とだけ記載されております。

 おそらく取締役会設置会社である株式会社だと思われます。取締役会設置会社の代表取締役は取締役会決議で選定しますので(会社法第362条第3項)、この定款の規定は確認規定の意味しかありません。
 たとえば、定款で代表取締役の員数を1名と定めたような場合は、員数を増加する定款変更する必要がありますが、そのような規定がなければ定款変更の必要はありません。

>また、もし定款変更の必要がなくても、登記だけは必要なのでしょうか。

 代表取締役の変更登記をする必要があります。

 ところで、代表取締役が複数いる場合でも、各代表取締役は、単独で代表権を行使することができます。(会社法第349条第4項)
 ご質問者は、「共同代表制」という言葉を、単に代表取締役が複数いる状態という意味で使用しているものと思われますが、もし、代表取締役である会長と代表取締役である社長が、共同しないと代表権を行使することができないという意味で使用しているのでしたら(法律用語としては、共同代表はこのような意味で使用します。)、定款でそのような代表権を制限する定めをすることはできますが、善意の第三者(そのような制限があることを知らない第三者)には主張できませんので注意してください。(会社法第349条第5項)旧商法時代は、そのような共同代表の定めの登記ができましたが、会社施行後は登記できなくなりました。 

>因みに弊社の定款で代表取締役に関する事項は「当会社を代表する取締役は、取締役会の決議をもってこれを定める」とだけ記載されております。

 おそらく取締役会設置会社である株式会社だと思われます。取締役会設置会社の代表取締役は取締役会決議で選定しますので(会社法第362条第3項)、この定款の規定は確認規定の意味しかありません。
 たとえば、定款で代表取締役の員数を1名と定めたような場合は、員数を増加する定款変更する必要がありますが、そのような規定がなければ定款変更の必要はありません...続きを読む

Q取締役会を設置しない会社の社長の権限って…?

取締役会を設置しない会社ですが、
その定款の中に、業務執行という条文があり、
「社長は会社の業務を統括する」
とあります。

この「統括」とはどういう意味でしょうか?
取締役会の設置されていない会社で社長が業務を統括すると
書いてあると、社長がなんでも決められるというようにも
とれますが、実際どうなのでしょうか?

そうでないとすると、
どの程度まで独断で決めることができるのか?

基本的にどうやって決めるのか?
取締役会?株主総会?


よく分かりません。

教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「統括」とはまとめるという意味です。
人数が多かろうと少なかろうと、組織はまとめ役が必要ですから、「社長がまとめ役ですよ」という意味です。


>社長がなんでも決められるというようにもとれますが
これは統括の意味とは関係なく、基本的にその通りです。
(もちろん社員に盗みをさせるなど、法律やマナーに違反することまで含むという意味ではありません)
そのための権限と責任が社長にあります。
何かの契約ひとつにしても、社員がお膳立てすることはあっても、社長の決裁がなければ何も決まりません。

重要なことをいちいち株主総会に諮っていたら、経営は成り立ちませんし、そのために株主が選んだ取締役会があり、その代表として社長がいるのです。

社長は株主総会で決められた取締役の処遇であったり、会社の登記簿に乗っている項目だったり、株式や配当をどうするかであったり、あまりに重要な資産や問題の対応以外の日常の業務で起こるようなこと以外は、だいたい勝手に決められます。

Q定款変更、方法について

田舎で有限会社(飲食店)をやっています。当初定款に無かった事業目的(テナント収入)を追加したいのですが、赤字の為、コストの下がる方法教えてください。 定款変更無しで事業追加すると
 (1)ペナルティはありますか? 変更が必要として
 (2)司法書士に依らず自分で定款変更出来ますか?
 (3)具体的にどのような方法ですか?、
不動産会社も経営していますが、方法論として収入を不動産会社で管理するには(4)管理契約が必要ですか?
 追加で、(5)役員の変更についても(2)の対応が可能ですか?また(6)追加分と目的変更は一度にするとコストが下がりますか?  不案内な質問で申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の言葉使いからして、あなたはすでに
「定款変更せねば!」
という認識にとらわれているゆえ、申し上げにくいのですが・・・

ズバリ言います。
「定款変更不要!ペナルティはなし!」

・・・当然、定款の2条には
「前各号に付帯する一切の事業」
という文言がありますよね?
これって、魔法の言葉なんですよ。

こんな言葉でさえも信用できないなら、
むしろ身銭を切って弁護士にでも相談するをオススメします。
本当に、定款変更は不要!と力説して去ります。

Q会社法367条 株主の取締役会召集権限

会社法367条で、取締役が違法行為若しくは定款に反する行為をしていた場合に、株主が取締役会を招集できる、とされていますが、請求できる株主の定義(保有期間や持ち株数)はあるんですか? 

Aベストアンサー

請求できる株主に制限はありません。

367条では「監査役設置会社及び委員会設置会社を除く」となっています。つまり、旧有限会社のような、小規模・閉鎖的な会社を対象とした規定ですので、一般株主による濫用を想定していません。

Q定款変更

定款の内容変更について教えて下さい。
今回、役員変更に伴い、定款変更をするのですが、認可を受けた定款原本に明らかに誤字が有る場合、勝手に
直してはいけないのでしょうか。
また、変更する際、行数や字数など、原本と違ってきてはいけないのでしょうか。
今回、すべてパソコンで作成し直そうと思っているのですが、原本は昔のワープロで作成しているため、字体などが違っています。
変更したところだけ、原本に差し替えなければいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

作り直して結構ですよ。字体、書式うんぬんより内容が正しければいいのですからね(あまりに逸脱したのはだめですが)。差し替えとかではなく、原始定款は原始定款として保管し、現行定款は現行定款として保管してください。

Q株式会社で取締役会の承認をしないで株主総会を開くには

株式会社で取締役会の承認を受けないで株主総会を開催するのは不可能でしょうか?
私は会社の株を60パーセント持っていて取締役です。

問題は、社長が会社を私物化しています。

取締役は、私を入れ4人 私以外の取締役は社長側です。

そこで、役員の増員をしたいのです。
株主総会で役員を増員したいので開催請求をした所この議題は取締役会で承認されていない理由で議題にされませんでした。これは違法でしょうか、また良い方法をお教えください よろしくお願いします

Aベストアンサー

株主も取締役に対し、株主総会を招集する様に要求することが出来ます。株主総会招集権と言います。

6か月前から引き続き発行済株式の総数の100分の3以上に当たる株式を有する株主(少数株主)は、会議の目的たる事項、招集の理由を記載した書面で代表取締役に招集請求を出来ます。その結果、遅滞なく招集手続きがなされないとき、または招集請求の日から6週間内の日を会日とする招集通知が発せられないときはも裁判所の許可を受けて、会社の費用で自ら招集できます。ただし、許可を受けた決議事項しか決議出来ません。

Q有限会社の定款変更

よろしくお願いします。

会社(有限会社)の定款に社員(出資者)氏名、住所、出資口数を記載しています。
これから出資者の変更、出資割合の変更などを数回に分けて行う予定でいます。
都度、定款変更を行うと費用もかさむので、定款から、社員関連の記載を無くしたいと考えています。
(引越しても定款を変更する必要が出てきます)

資本金、出資の口数、出資1口の金額が記載してあれば氏名、住所などを削除しても問題ないでしょうか

定款に、最初の役員は記載してありますが、今の代表取締役、取締役を記載していません。記載する必要はないのでしょうか?

定款の最後に設立時の社員が記名押印しています。
この設立時の社員は、削除する事ができないのでしょうか?

Aベストアンサー

#2追加補足します。
1有限会社の出資者の会社に対する地位は持分という言葉で表されます。
2持分は株式会社の株式に該当するものですが、他の出資者以外の人に売買、譲渡するときには社員総会の承認を要します。
3当初の出資者間での売買・譲渡は譲渡契約書等でOKです。しかし新たな出資者の場合は
現出資者が譲渡承認申請、社員総会で譲渡承認という有限会社法上の手続が必要です。
(社内処理で何処かに届出は不要ですが、後日トラブルが発生したときにこの手続がないと法的には譲渡無効と判断されます。)
4また、設立後早期であれば問題にならないですが、業績により持分の評価(株価に相当する)の問題や譲渡益課税といった税務面も考慮にいれることも検討課題です。

Q株主総会招集通知、取締役会議事録

お世話になります。

取締役会設置会社が株主総会招集についての取締役会を開催する場合、株主総会の目的である事項を決議しなければならないと思います。
この場合の議事録なんですが、例えば
1、役員変更の件
2、本店移転の件
3、目的変更(定款一部変更)の件
という程度に書けばよいのか、

1、平成年月日付、取締役○○及び取締役○○の選任の件
2、平成年月日付、当会社の本店を○○へ移転する件
3、平成年月日付、当会社の目的を以下のとおり変更する件
  1、○○○○
  2、××××
くらい具体的に書かなければならないのか、法律上はどちらなのでしょうか?

また、株主総会招集通知に書く文言については、取締役会議事録と同じでよいでしょうか?

教えていただきたく存じます。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

前段のとおり。

司法書士に相談、依頼しなさい。

Q定款変更したときの定款の様式

原始定款(設立時の定款)のときは、
発起人が押印するなどの様式があります。

その後、所定の手続きによって定款を変更した場合、
定款の様式には何か決まりがあるのでしょうか。

定款変更の議事録には役員が押印するとして、
定款自体にはどのような様式が必要でしょうか。

特に、押印などは不要であり、付則に
「・・年・・月・・日株主総会により変更」
とか、
「この定款は、・・年・・月・・日より適用する」
とか記載すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

その時点(下記例では平成18年1月26日時点)で有効な条文が記載された定款(現行定款)を作成し、末尾に以下の文言を記載すれば足ります。

以上は当会社の現行定款に相違ありません。
平成18年1月26日
A市B町1番1号
○○株式会社
代表取締役**** (会社実印を押印)

(複数枚数に渡るときは契印も必要)

Q株主総会にかける議案を、取締役会で承認のしかた 

株主総会にかける議案は、事前に取締役会に承認されないといけないとききました。 取締役会での承認はどのようにすればよいのでしょうか?よろしくお願いします。 取締役会での多数決?

Aベストアンサー

失礼しました。No.1の者です。訂正します。はじめのは株主総会での決議方法でした。
→取締役会の決議方法は、株主総会と異なり、どのような議題についても、取締役・代表取締役の過半数が出席して、その出席した取締役・代表取締役の過半数で行なわれます。(商法260条の2)
可否同数の場合には、決議は不成立となります。
また、決議事項について、特別利害関係を有する取締役・代表取締役は議決権を行使することが出来ないし、定足数からも除かれます。
競業取引(同264条)や利益相反取引(同265条の2)がそうです。


人気Q&Aランキング