色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

エクセルでt検定(一対の標本による平均の検定ツール)を行った結果、
p値に「#DIV/0!」と出てきてしまいました。
0による除算が行われたためだということは解ったのですが、
どのように計算が行われたのかを知りたいです。
エクセルの計算ツールを使う方法ではなく
p値の計算式をご存じの方いらっしゃいませんか。

ちなみに、tも「#DIV/0!」とでてきました。
p値は何かの数字をtで割っているのでしょうか。

gooドクター

A 回答 (2件)

計算機の「#DIV/0!」ってやつは、本当に 0 で割ったという訳でもなくて、


分母が非常に小さい割り算をした結果、商の絶対値が大きくなりすぎて
プログラムで用意した変数に収まりきらなくなってしまった という意味。

もうちょっと具体的な状況を書いてくれないと、確かのことは言えないが、
t 値で「#DIV/0!」が出たってことは、おそらく、
標本標準偏差がとても小さいか、自由度がとても大きいか、いづれにせよ
t 値の絶対値がとても大きくなっているので、p 値は非常に小さい。
入力したデータや t 検定ツールの使い方に間違いが無いならば、それは
たいていの有意水準で「有意差あり」になるってことなのだろうと思う。

入力したデータや t 検定ツールの使い方に間違いが無いならば、の話。
    • good
    • 0

下記のURLなどを参考にされてはいかがでしょう。



http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1569585.htm

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~minoru/edu/class/h …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング