人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

分析化学の分野で課題を出されたのですが、よくわからなかったので質問させていただきました。
以下のような問題でした。

次の重量分析用沈殿物から分析成分濃度を計算するための係数を求めよ。
沈殿物(秤量形)
(1)Ag3PO4
(2)Ag3PO4
(3)BaSO4
分析成分
(1)P
(2)K2HPO4
(3)Bi2S3

それぞれの番号に対応した分析成分から係数を求める、という問題なのですが
(1)でたとえるならば、
(係数)= (Pの式量)/(Ag3PO4の式量)
であってるのでしょうか?
そこで、もしこの求め方で正しいとするならば
この式量からの有効数字はいくつが一般的なのでしょうか?
というのも、この問題には有効数字の指定がまるでされておらず、個人で判断しないといけないのではないかと考えていたためです。しかし、この問題が試験で出た際適当な有効数字で求めるわけにはいかないので、どなたか教えていただけないでしょうか。

以上のことをよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

考え方は合っているでしょう。


有効数字については一般的には4ケタで計算して四捨五入して3ケタにするで良いでしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Qブランク

化学実験において、0.1NのNaOHでフェノールフタレインを指示薬として滴定し、もとの原料についてブランクをとる。との記載があるのですが、このブランクの意味と、操作がわかりません。
どなたか教えてくださいますようお願いします。

Aベストアンサー

>溶液の色(フェノールフタレイン)が無色になるまで加えたNaOHの
>滴定値(ml)を試料から引いてやるということなのでしょうか?

そうなります。
目的の試料を入れていない状態で滴定し、試料を入れた状態での滴定量
から引いた値が、試料を中和するのに必要なNaOH水溶液の量となります。

[試料溶液の滴定量]-[ブランク値]=試料を中和するのに必要なNaOH水溶液量

Q一次標準物質について

一次標準物質について教えてください!
どんな物質が向いているのか、また、どんな物質があるか(具体例)を教えてください!

Aベストアンサー

 カテゴリーが「化学」なんで,分析における「一次標準物質」でいいですね。とりあえず,『どんな物質が向いているのか』だけですが・・・。

 「薬科学大辞典 第3版」(廣川書店)によると,一次標準物質とは,純度決定の基準になる物質で次の様な条件が必要だそうです。

 1)純粋である。
 2)一定の組成を有する。
 3)空気中で安定。
 4)当量が大きく,秤量時の相対誤差が小さい。
 5)反応が定量的に進む。

Qキレート滴定について。

度々失礼します。

キレート滴定の実験で、溶液のpHを緩衝溶液で特定のpH範囲に調整しなければならないのはどうしてでしょうか?
どなたか解る方教えてください。

Aベストアンサー

理由1:金属イオンとキレートが結合する強さ(安定度定数)は、pHによって変化する。
 pHが低いほど結合は弱くなるので、できれば高pH域でやりたい。
理由2:しかし、金属イオンはpHが高くなると水酸化物の沈殿になり、キレート滴定できない。
 水酸化物が出来ないpH領域でなければならない。
理由3:キレート剤は酸であり、金属イオンと結合する際、水素イオンを放出すし、溶液のpHを変化させる可能性がある。
 このため、溶液にpH緩衝性を持たせている。

参考:少し前の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857044

QFajans法、Mohr法、Volhard法

学校の実験でFajans法とMohr法をもちいて、海水の塩化物イオンの定量の適定を行ったのですが、適定結果に差がでてしまいました。
これは、なぜでしょうか?
また、Volhard法がよくわからないのですが、教えてください。

Aベストアンサー

Fajans法とMohr法との滴定値の差については詳細がわかりませんのでパス…。
(本質的な誤差か、実験者の技能によるものかが窺い知れませんので。)

Volhard法:
 過剰の硝酸銀を加え、生成した沈殿をこし分け、
 ろ液を硝酸酸性とし、
 鉄明礬を指示薬として、過剰の銀(I)イオンをチオシアン酸カリュウムの標準液で滴定する。
 鉄(III)のチオシアナート錯体生成による赤色を終点とする。

Q分析化学、早めにおねがいします!!

分析化学の重量分析についての質問です。今重量分析の「セメント中無水硫酸の定量」という実験をしているのですがわからないところがあるので教えてください。まず、ポルトランドセメントと水、塩酸を混ぜます。よく混ぜたあと50mlになるように温水を加え、10分間加熱します。そのあと5種Bの、ろ紙でろ過して数回温水で洗浄する。そのあとろ液に水を加えて200mlとして加熱し、塩化バリウム溶液(10%)10mlを一滴ずつ加熱試料溶液中に混ぜる、という実験です。そこで質問です。
(1)なぜ温水で洗浄するのか。
(2)なぜ塩化バリウムのような酸を使うのか。
(3)5種Bの、ろ紙とはどんなものか。
(4)塩化バリウムを一滴ずつ加えていく理由は?
この四点です。本などで調べたのですがどうもうまい答えが見つかりませんでした。どれかひとつだけでもおわかりになるかたがいらっしゃったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
1は、硫酸カルシウムは水に難溶性で有名ですが全く溶けないわけじゃないです。そして42度で最大の溶解度となり、水100gに0.21g溶けるそうです。
2.塩化バリウムを使う理由ですが、水溶性バリウム塩だからです。
硫酸バリウムは非常に水に溶けにくく、水100gに0.23mgしかとけないので、硫酸カルシウム水溶液中の硫酸イオンの検出にも使えます。

3.濾紙の5種Bは東洋濾紙の製品では一般定量用です。

4.この滴定法は、新しく白い沈殿が生じない点を終点とします。
終点の確認に指示薬を使わないで済む方法ですが、検出したい沈殿が沢山できるような場合は使えません。

以上、参考になりますでしょうか?

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

QExcelの散布図でプロットした任意の2点を直線で結びたいのですが

Excel2002での質問です。

X,Y座標系で数点の座標を散布図を使ってプロットしています。
このグラフの任意の2点を選んで引いた直線をグラフ上に表示したいのですが
方法がわかりません。
Excel使いのプロの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お求めになっている方法とは少し違い、サブ的な方法ですみません。

その任意の2点のx、yの組み合わせを、新たな系列で追加して、
2点間を結んでは駄目ですか?多分こういう方法はすでにお考えだと
思いますが、、、すみません。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Qシュウ酸と過マンガン酸カリウムの酸化還元滴定

この操作で滴定をするとき、滴定の初めのほうでは滴下した過マンガン酸カリウムの色の戻りが遅いのはなぜなのでしょうか?
いろいろなサイトをまわったところ
「Mnイオンが触媒となり反応が速やかになる」ということはわかったのですが、いまいちピンときません。
もう少し具体的に教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

Mn2+がない状態では反応が遅い為に、加熱しなければ進まないというのが普通の説明のようです。つまり、滴定をはじめた当初は、MnO4-ばかりで、Mn2+(あるいはMnSO4)は生じていない為に、反応が遅く、加熱しなければ反応が進むのに長い時間が必要であるということです。

ひとたび、Mn2+が生じれば、それが触媒となり反応がすみやかに進むようになるということです。
ただ、Mn2+がどのように触媒作用を示すかということについてはあまり書かれていないようです。想像ですが、Mnはいろいろな酸化数をとるので、ひとたび生じたMn2+がMnO4-によって再酸化されたりすることによって、電子の移動が(すなわちMnO4-による酸化が)すみやかに起こるようになるということだと思います。


人気Q&Aランキング