すべては明らかにされない というこの小説の特徴については理解しています。でもどうしても腑に落ちない点があって、読み返しても、ネットで探して個人のレビューを読んでも分かりませんでした。理解していらっしゃる方、あるいは納得のできる説明のされたサイトをご存じの方、ご教授願います。

ひとつは、桐原が高校時代、友彦のアリバイを作るために死体に精液を入れたということがありましたが、その後、桐原は「出せない」ということが分かります。この病気?は幼少時のトラウマが関係してそうだし、高校生当時にもなんとなくそれをにおわすエピソードがありますので、高校生時代より後にその病気になったとは思えません。では、死体に入れたAB型の精液はいったいどこから手に入れたのでしょう?

また、雪穂の障害となる人物を懐柔するために、桐原は3回レイプ騒ぎを起こしていますが、1回目、2回目は未遂で済ませています。なぜ3回目だけ本当にレイプしてしまったのでしょう?美佳はこれぐらいしないと懐柔できなかった・・というのも、レイプによる深い傷を負っている雪穂がそんなことをさせるのもなんだか・・と思うのですが。

以上2点です。どちらかでもかまいませんのでよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

白夜行は2006年にテレビドラマ、2011年には映画化されてますね。


ちなみに韓国版での映画化もされているようですよ。

[wikipedia 白夜行]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%A4%9C …

A 回答 (3件)

ものすごーく今さらなのですが、ちょうど再読したばかりだったので…。



ひとつめの方は、pojapojaさんと同じ考えです。
雪穂によって「出しもらった」精液を、死体に入れたのだと思います。
補足すると、第4章で家庭教師が血相を変えてタクシーに乗るのを雪穂を目撃していますが、その直前にかかってきた「英語弁論大会事務局」からの電話が、桐原からのものだったのでしょう。
この2つは同時期に起こったことのようですし。

2つめの方は、3回目だけなぜ本当にレイプしてしまったのかは分かりませんが、雪穂の心情は、第13章で笹垣が篠塚に語っている「そういうやり方が、相手の魂を奪う手っ取り早い方法だと信じているからです」の一言に尽きると思います。
2回目の事件は未遂でしたが、1回目は被害者の母親が「未遂だ」と言っているだけで、実際は違うのかも…とも思っています。
    • good
    • 50

ご存じかもしれませんが、東野圭吾の薦めというHPの中の「東野作品を語ろう」という掲示板で同様の話題がありました。



参考URL:http://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?ta …
    • good
    • 19
この回答へのお礼

実はこの掲示板も見たのですが、どうやら書き込まれている方の年齢層が低いというか、あまり突っ込んだ書き込みがなかったもので・・
ひとつめの疑問についてはNO,1の方の回答で納得させていただくことにしました。URLありがとうございました。

お礼日時:2004/03/03 12:59

いま、「白夜行」を引っ張り出してきました。


完全に理解しているとは言えませんが、私なりの解釈をお話しさせてください。

ひとつ目の疑問についてですが、
物語の後半(第十二章)で、「典子」が「桐原」が「出せない」ことに気づきますよね。
そして、出そうと努力する中で「桐原」が「典子」に『手が小さいんだな』と言います。「典子」は誰かと比べられたのかと思い、その人とならば「出せる」のではないかと考えます(文庫本P660)
そこで、第三章に戻って、「友彦」が「ナミエ」から、「花岡夕子」の体内からAB型の精液が見つかった、と聞かされる場面。
死んだはずの「花岡夕子」に化けて、夜の11時にホテルのルームサービスに電話してシャンプーを持ってこさせた女の存在。。。たぶん「雪穂」ですよね。
私は、「桐原」は彼女となら「出せる」のではないか、と考えました。

ふたつめの疑問ですが、
レイプによる深い傷を負っている「雪穂」だからこそ、「美佳」を襲わせたのではないかと思います。
「美佳」を懐柔するためだけでなく、誰かを自分と同じ目に遭わせることで、不幸なのは自分だけじゃないと思いたかったのかもしれないし。。。
(文庫本P815)「今のあなたは、あの時のあたし」「かわいそうに」と言っているところからも、「美佳」を自分に重ねあわせて、憐憫しているように感じました。

つたない文章で分かりにくかったかもしれません。
たいへん、失礼しました。
    • good
    • 31
この回答へのお礼

ひとつめ。「典子と比べられた人」については最初「雪穂?」と思いましたが、二人(桐原と雪穂)が通常の愛人のように逢瀬を重ねているとは思えなかったので、これは桐原にとっては何気なく言った台詞で典子の桐原の愛に対する疑問を深めるエピソードかと解釈していました。また、高校生時代にナミエにからかわれ激高しているシーンが過剰な反応に思えた→多少なりともコンプレックスというか自分の肉体に対する怒り?というものが感じられて、完全に「出ない病気」なのかと思っていました。ただ前者は、「恋愛感情の逢瀬」ではなく「アリバイ作りという目的があっての行為」ならば完全に納得できますし、後者も普通に女の中で出せない時点で憤りはあるだろうと解釈できますね。これについては私の読み込みが足りなかったです。スッキリしました。ありがとうございます。

ふたつめ。
>「美佳」を自分に重ねあわせて、憐憫しているように感じました。
については確かにそうかもしれません。
しかしそれだけではちょっと弱いような。1、2回目も本当にしてしまうと桐原がレイプ魔(自分の欲望のために?)のように思えてしまうし、逆に3回目も未遂だと「悪魔は1匹じゃなかった」というような、雪穂の過去に関する真実、あるいは心情を吐露する場面が成り立たない。というような作者側の意図のほうが大きいような気がして。精緻な複線が魅力の作者だけに、何か、自己憐憫の為ならなぜぞれが美佳であったのか、もう少し説明がほしかったように思えるのは、求めすぎなのでしょうか。。

わざわざ書庫から引っ張り出してのご回答、ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2004/03/02 11:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画 白夜行 

高校生です。
映画 白夜行は
カップルと見るにはふさわしいですか?
宜しくお願いします^^

Aベストアンサー

私ならカップルでは行きません。

かなりヘビーな、婦女暴行や子どもへの暴力的要素がありエグいので、酸いも甘いも経験した、もう何年も連れ添っているカップルならいいかもしれませんが、高校生なら、性描写の時は気まずいし、見終わったあと気が沈むかと思います。。質問者様と彼氏(or彼女)様がもうそのへん一通り経験されて、暴力や性描写も平気で、議論好きなカップルならいいかもですね。考えさせられる映画ではありましたよ。

ポスターでは高良健吾と堀北真希がよりそっていて、ラブストーリーのようですが、一般的にイメージされる「ラブストーリー」のような映画では全くありませんでした。「いぬのえいが」とか「僕と妻の1778の物語」とかのほうがいいのではないですか?

洋画でもいいなら、「バーレスク」「アンストッパブル」は、内容があって映画としてもおもしろく、かつエンタメ性が高いので、気兼ねなく人と見られるデート向けの映画だと思いましたよ。

ご参考になりますでしょうか。

Q《雪》が降る小説です・・・

●《小説》の舞台は、冬で、面白い**作品があれば、教えて下さい。そして、ペンションが舞台のオススメの作品でも、大丈夫です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

乙一さんの『箱庭図書館』の中にある「ホワイト・ステップ」という話が良かったです。
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784087451313

そして、ベストセラー作家東野圭吾さんの初期作品『ある閉ざされた雪の山荘で』は、賛否両論あると思います。私は読み終わって本を投げました。
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784061859098

Q映画「白夜行」のワンシーン (ややネタバレ注意)

映画「白夜行」で、亮司が典子に自分の幼い頃の話をしたあと抱き合うシーンの後で、亮司が暗いキッチンに立って背中を向けている時、典子が何か紙のようなようなものを見つけてそれを手に取ると、
亮司「やめろ!」
典子「やっぱり‥」「今まで演技だったの?」「私じゃダメなの?」
亮司「そんなことじゃない」

というシーンがあるのですがあの紙みたいなもが何であるのかがわかりません。誰かわかる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

 
 堀北真希と高良健吾の映画ですね。
あれはちり紙です。今で言うところのティッシュペーパーですね。
亮司は雪穂(堀北真希)でしか射精しないと心に誓っているので他の女ではイキません。
そこであの場面です。ですが唯一死体の中で射精している話も出てきます。

 余談ですが、ドラマ版の「白夜行」も見ていないなら是非見て下さい。
綾瀬はるかと山田孝之が主演なのですがそちらの方が分かりやすく原作に忠実な作りになっています。
http://video.fc2.com/content/20130215pNDZhhLL/

「白夜行」の続編「幻夜」もおすすめです。

Q時代小説

好きな作家は畠中恵先生。高田郁先生などです。
しゃばけシリーズから時代小説にはまりまして。。。

電車通勤なので通勤時間に読めるわくわくできる時代小説を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

中島要さん。
割と新しい作家さんなので文庫が少ないのが難点でしょうか。
会話の書き方が非常に上手い方です。

松井今朝子さん。
HPを見ているだけでも楽しくなります。
http://www.kesako.jp

「利休にたずねよ」を書いた山本兼一さん。
私も高田郁氏も、畠中恵氏も好きですが、このお二人の作品にイメージが重なるのが「とびきり屋見立て帖」です。
http://www.amazon.co.jp/利休の茶杓-とびきり屋見立て帖-山本-兼一/dp/4163900659

ちょっとホラーが入っても良いなら、宮部みゆきさんの時代物も面白いです。

Q白夜行3部作について

東野圭吾さんの白夜行と幻夜を読みました。

白夜行は三部作なのですか?
もしそうなら、3冊目のタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

多分「シンデレラ白夜行」のことではないかと。
でも作者は別にこれらが三部作だとか関係性があるだとか明言してないんですけどね。

Q大正時代。

今、大正時代の時代背景がよくわかる小説を探しています。
お勧めの本があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

手前みそですみません (^^ゞ

こんなのどうですか?

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=112991

Q昨日の白夜行の内容

昨日、白夜行を録画したんですがなぜか途中で切れてしまっていたので内容を詳しく知りたいです!白夜行の内容が載ってるサイトを教えてください!

Aベストアンサー

こちらでどうぞ。

参考URL:http://dramanote.seesaa.net/

Q西遊記の時代はいつごろ?

西遊記が出版されたのは1500年代だと聞いてますが、
西遊記の内容はいつ頃のことを舞台としているんでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 西遊記の三蔵法師の生没年は、602年 - 664年と言われているそうですから、5世紀の中ごろの話ということになりますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E5%A5%98%E4%B8%89%E8%94%B5

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E5%A5%98%E4%B8%89%E8%94%B5

Q『白夜行』と『幻夜』

こんにちは。
ご覧頂きありがとうございます。

早速質問なのですが、『白夜行』と『幻夜』について。
『幻夜』は『白夜行』の続編であるとよく聞きます。
私も雪穂=美冬だと思っています。

ただ一つ気になる点がありまして。
『幻夜』の方で印象的だった美冬のうなじに或る二つの黒子が
『白夜行』の方で、高宮誠の描写で出てきています。
これにはどういった意味があるんでしょうか?

完璧な答えでなく意見でも結構ですので、回答ください。

Aベストアンサー

肝心の作者である東野圭吾氏が明言を避けているので何とも言えず、読者の間でも意見が分かれているようです。東野圭吾氏のファンである方のサイトでご本人なりに検証していますので参考にはなると思います。

参考URL:http://from1985.pekori.to/keigotaku/

Q女性剣士が出てくる時代小説

時代小説をよく読むのですが、好きな本の剣豪は男性ばかりです。
視点を変えて、女性のそういった本も読んでみたいなと思い、質問させて頂きました。
女性剣士が主人公、主人公でなくてもそういった人物が出てくる時代小説をご存じでしたら、是非ご教示ください。
滅法強いと、尚うれしいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

■主人公
池波正太郎「まんぞく まんぞく」
http://www.shinchosha.co.jp/book/115655/
■主人公以外
鳥羽亮「剣客春秋―女剣士ふたり」
http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=100930
鳥羽亮「恋蛍 流想十郎蝴蝶剣」
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200909000516


人気Q&Aランキング

おすすめ情報