時折読み返してはその度に感動を味わっています。


隆氏の作風に似た感じの時代小説作家の方とかご存知ありませんか?

また、隆氏云々にこだわらずお薦めの時代小説作家などもご紹介いただけるとうれしいです。

歴史に沿った小説も好きですが、荒唐無稽なものや伝奇的な作品も読んでみたいと思っています。

時代小説という枠内でご紹介いただけると幸いです。

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

「にあんちゃん」はじめ屈指のシナリオライター池田一朗が、還暦を過ぎてから初めて物した小説「吉原御免状」には、本当に驚かされました。


天皇と柳生の役割は五味康助の名作「柳生武芸帳」を、まるまる裏返しにして対抗し、吉川英治「鳴門秘帖」をも髣髴させ、長谷川伸の「荒木又右衛門」や直木三十五の「鍵屋の辻」に描かれた柳生最強の剣豪を復活させ、南条範夫「願人坊主家康」を想起させ等々、これまでの代表的な時代小説のあれこれを縦横に鏤めながらの堂々の登場でしたから。

この隆慶一郎に触発された、宮本昌孝は「剣豪将軍義輝」を、同業のシナリオライター池宮彰一郎は「四十七人の刺客」を、安部 龍太郎「彷徨える帝」を等と、後の作家たちへの影響も甚大でした。時代小説というかチャンバラ小説の復権を高らかに謳ったものでした。
彼の死後、再び消えつつあったこの分野を、鮮やかに蘇生させた功績は、何より佐伯 泰英の密命シリーズでした。それに鈴木栄治、長谷川卓など多くの作家が続いていますが、特に次の作品をおススメします。

山本 兼一…「弾正の鷹」「火天の城」「いっしん虎徹」など、専門技術屋の心意気が大いに嬉しい。
加藤 廣…75歳からのデビューで信長三部作は見逃せない。
冲方丁…SF界の鬼才が時代小説に転身。「天地明察」「光圀伝」は緻密にして堅実。
鈴木英治…「義元謀殺」「血の城」あたりはまさに隆ワールド髣髴。
夢枕 獏…「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」は驚異の伝奇傑作。
宮本昌孝…「風魔」。どの作品でも安心して愉しめます。
和田竜…「のぼうお城」は映画化に。馴れない人でも読みやすさがなにより。
    • good
    • 0

隆慶一郎さんの作品に似たもの・・・というのは思いつかないのですが、


私が面白いと思う作家は、高橋克彦さんです。人によって好き嫌いはありますが。

歴史小説なら
『風の陣』『火怨』『炎立つ』『天を衝く』など
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062735288.h …

時代小説では
『春朗合わせ鏡』『完四郎広目手控』など
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167164124.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとぷございます。

高橋克彦氏、ぜひともチャレンジさせていただきます。

お礼日時:2013/02/10 14:03

 さすがに隆慶一郎に匹敵する作家となるとなかなか………。



 あえて上げるなら、やはり日本伝奇小説界の大巨人である柴田錬三郎ということになるでしょう。柴錬と言えば何と言っても「眠狂四郎」シリーズという事になりますが、隆慶一郎ファンならば『赤い影法師』、『運命峠』、『剣は知っていた』、『人間勝負』、『われら九人の戦鬼』などの長編が近い雰囲気を持っていると思います。
 他には『柳生武芸帳』、『真田残党奔る』などの五味康祐、『魔界転生』、『妖説太閤記』の山田風太郎、『鳴門秘帖』の吉川英治などでしょうか。

 近年では『剣豪将軍義輝』(傑作!)、『風魔』の宮本昌孝、『関ヶ原連判状』、『彷徨える帝』の安部龍太郎辺りはお勧めできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

柴田錬三郎氏の作品では『御家人斬九郎』『貧乏同心御用帳』が好きです。
『眠狂四郎シリーズ』は大作過ぎて手を出していませんでしたが、他にお教えいただいた作品とともに未読なので徐々に試してみたいと思います。

五味康祐氏、山田風太郎氏はお名前は存じておりましたが今まで作品と接する機会がありませんでしたのでチャレンジしてみたいと思います。

吉川英治氏の作品はあまりにも有名な『宮本武蔵』『それからの武蔵』のみしか読んだことがありませんでしたので、他作品にも目を向けてみたいと思います。

また、お薦めされました宮本昌孝氏、安部龍太郎氏の作品も楽しみに読書できる日を作って生きたいと思います。

重ねてご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/09 08:02

こんばんは。



隆慶一郎さんに似た作風の作家はいないでしょう。
出版社もそのような作家は欲しがりません。
『名探偵コナン』の74巻でもこのような台詞があります。
編集者の台詞
「確かに面白いけど、沢栗未紅(作家)の作風とそっくり過ぎるよ…
沢栗未紅は1人で十分!
なんなら彼女のゴーストライターやってみる?」
とあります。
隆慶一郎さんに似た作品はいらないと思います。
「一夢庵風流記」と「影武者徳川家康」は拝読させて頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

名探偵コナンからの引用ですか…

隆氏が存命で新たな作品が読めるのであればこんな質問はしないのですが…

残念ながら平成元年に他界しており、残された15作品はすべて私の愛読書になっております。

そのうちのいくつかは未完で終わっておりいまさらながら残念で仕方ありません。

「一夢庵風流記」と「影武者徳川家康」は完結しており漫画の原作としても有名ですからねぇ。


ちなみに隆氏と似た作風の作家がいたとしたら出版社は欲しがると思いますよ、必ず。

お礼日時:2013/02/09 00:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェイスブックの投稿の削除はタイムラインに通知されますか? フェイスブックで記事を書いている途中

フェイスブックの投稿の削除はタイムラインに通知されますか?


フェイスブックで記事を書いている途中で間違えて投稿してしまい削除しました。この時に友達のタイムラインに削除しましたみたいな通知があるのでしょうか?また削除した投稿はすぐ消えているのですか?

Aベストアンサー

>友達のタイムラインに削除しましたみたいな通知があるのでしょうか?
タイムラインでなく友達のニュースフィードですね。削除通知はありません。
また、削除した投稿があなたのタイムラインに残っていなければ間違いなく消えています。

Q超初心者向けの歴史小説、または時代小説を探しています

自分は、読書量は少ないですが読書趣味を自称している者です。
しかし、タイトルに挙げたジャンルは未だまるで読んだことがありません。
なので、すいませんが、初心者向けに一押しをお願いします。
国内物で、シリーズ物ではなく、上下巻でもなく、1冊完結で願います。
ネットで調べても、シリーズ物が人気があり、そうでない無難なものはあまり知られていないものがほとんどで困っているのです。
もちろん1冊目で一応の完結がなされていれば、それでもかまいません。

Aベストアンサー

シリーズ物や上下巻ではないということで、

柴田錬三郎『御家人斬九郎』
山本周五郎『赤ひげ診療譚』『さぶ』
池波正太郎『幕末新選組』『幕末遊撃隊』
山本兼一『火天の城』
飯嶋和一『神無き月十番目の夜』
風野真知雄『水の城』『われ、謙信なりせば』

Qフェイスブックページのタイムラインに表示されない

フェイスブックページ(旧ファンページ)に写真付きの記事を今朝がた投稿しましたが、フェイスブックページのタイムラインにその記事が表示されません。

その写真と記事は、「写真」の場所にはありますが、通常のようにタイムラインには出てこないのです。

ファンの人のタイムラインには表示されいるようで、合計リーチも出ていますし、「いいね!」がついています。

いままでは、投稿した写真付きの記事は、フェイスブックページのタイムラインに掲載されていましたが、今回初めてこのような状態になりました。

投稿した記事と写真を、フェイスブックページのタイムラインにも表示したいと思います。

PCのブラウザのキャッシュを消したり、IPHONEで見たり、ハイライトとページの投稿などを変えてみたりしていますが、今日アップしたその記事だけタイムラインに表示されません。

どうしたらよいでしょうか?

お教えいただけますとさいわいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます!

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問の件ですが、私も全く同じ状況です。

これは、facebook側の問題ではないでしょうか?

明日まで様子を見るつもりです。

回答とは、言えませんが・・・。

Q海外が舞台で友情が描かれてる感動的な小説は?

海外が舞台で友情が描かれてる感動的な小説とか
ありますか?例えば、ニューヨークが舞台で、
そこから繰り広げられる日常生活を描いた感じの、、、。
結構、現実的+偶然も入っているような感動的な友情で終わる
みたいな、、。

Aベストアンサー

○ボブ・グリーン著「十七歳(上・下)」

だいぶ以前に読んだので細かい部分は忘れていますが、ボブ・グリーン自身の
自伝的小説で、アメリカの田舎町を舞台にした青春ものです。
アメリカの普通の高校生(いつもいつも”そのこと”ばっっっかり考えて悶々と
生活している愛すべき男子高校生達)の楽しくもほろ苦い日常生活が、にぎやかに
綴られています。読み終わった時、なんだか充実した気分で「ふぅ~っ」と思わず
ため息が出ました。

Qフェイスブックでタイムラインを適用したい

フェイスブックでタイムラインを適用したいのですが、
「タイムラインの紹介」のサイトに行っても、
タイムラインを適用するボタンが表示されません。
どうしたらタイムラインを適用できるのでしょうか?
なにか他に設定しなくてはならないことがあるのでしょうか?
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://jp.techcrunch.com/archives/20110922how-to-enable-facebook-timeline/

全てのユーザーが一斉にタイムライン化するとサーバーダウンなどの影響が出るので、準備のできた人から順次ボタンがクリックされるようになります。

だから、ボタンが表示されるまで待つか、上記URLの説明に従って移行するかになります。

なお、携帯やスマホだとタイムラインは使いにくくなりますから、ご注意を
一度タイムライン化すると元に戻せませんから

Q長崎の遊女の出てくる時代小説

時代小説家としては有名な方の作品だったと思うのですが、舞台は長崎、ヒロインは遊女です。

その遊女には傲慢な赤毛人のお客がついています。赤毛人には黒人?の下僕が居て、心優しい下僕とヒロインは恋に落ちてしまいます。

結ばれるわけもなく、二人は嵐の日に海に飛び込んで、追っ手から逃げます。遊女の帯でお互いの身体をしっかり結んで、下僕が「自分の故郷は綺麗な海の、暖かい島だからそこまで泳いでいく。あなたを助ける。」というようなことを言って、頑張りますが、最後には力尽きて二人とも海に沈んでしまいます。

このような内容の時代小説の題名と作者が知りたいのですが、ご存知の方、心当たりの方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

平岩弓枝さんの御宿かわせみシリーズの第1話「初春の客」だと思います。

御宿かわせみの上巻(文庫本あり)または、御宿かわせみ傑作選「初春の客」に収録されています。文芸春秋社から出ています。

Qフェイスブックのタイムライン

お世話になります。

最近フェイスブックをはじめた者です。

フェイスブックページのタイムラインって強制なのですか?

以前はあのようなつくりではなかったようなきがするのですが。

Aベストアンサー

強制じゃないですよ。私は前のままです。この後、どうなるのかはわからないですが。

Q小説!!推理・どんでん返し・感動・・・

私よりも沢山の本を読み沢山のコトを知っている皆様へ・・・

簡潔に・・・

推理な小説     例、島田著 御手洗シリーズが好き
感動できる小説   例、東野圭吾著 秘密
どんでん返しな小説 例、岡嶋二人著 クラインの壺、?著 七回死んだ男
上記の例以外にもいろいろ読みましたが、みなさんがオススメする小説を教えてください
どのジャンルにも飛びぬけて良い小説があると思うので、あなたが知っているこのジャンルでは一番だ!!という小説を教えていただきたいです 特に好きな小説はどんでん返し的な小説です お願いします!

Aベストアンサー

横山秀夫氏の作品はどれも良いですが、「第3の時効」これが最高です。
短編集は毛嫌いされるかもしれませんが、余分な部分が削ぎ落とされよりシャープな印象を受けます。
それと「リング」只のホラーではなく、推理小説としても超一級です、どんでん返しの素晴らしさも堪りません。

Qフェイスブック 友達が私へのタイムラインへ投稿

フェイスブックのタイムラインへの投稿について質問です。

プライバシー設定で「自分のタイムラインにコンテンツを追加できるユーザー」を「友達」にしているにも関わらず、友達からの投稿ができなくなっています。

(プレビューで、友人から自分のタイムラインがどう表示されるか確認したところ、投稿できなくなっていました。)

原因がわからず大変困っています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく不具合なのでフェイスブックに報告したらどうでしょうか?回答は無いと思いますが修正してもらえるかも。

Q明治時代が舞台の小説を読みたいのですが

明治時代が舞台の小説を読みたいのですが、範囲が広すぎて誰が面白いのか全く解りません。
明治時代というとちょっとジメジメした感じのある、外国文化が入ってきた混沌とした感じが好きなのですが、お薦め本などあったら紹介してくださると嬉しいです。

自分で読んでみて面白かったのは
小野不由美の東京異聞。

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子規は、文学者として、俳句・短歌を革新し、だれもが使う日本語の散文をつくりあげます。 
この3人に代表される明治の青年がもっていた青雲の志、いや、明治期の日本そのものを主人公とした物語といえます。
司馬遼太郎によれば、明治維新後、日露戦争までという三十数年は、非常に楽天的な時代であって、この時代の人びとは、前のみを見つめて歩き、のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼっていくというのです。これが「坂の上の雲」という題名の由来となっています。
かなりの長編ですが是非お読みください。

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報