人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

若干,英語の罪と日本語の罪とのニュアンスが違うのではと思うので…お聞きしたいと思います.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

英語の罪「sin」は「聖書の原則に照らしたときの違反」を意味します。



日本語の罪「つみ」は「道徳上、法律上、してはいけない行い」を意味します。
これはもともと「神の禁忌=[悪、けがれ、わざわい]をおかし、その報いを受けるべき凶事」という「できごと=罰」そのものを指す言葉がだんだんと変化してできた概念のようです。

「悪」は「道徳的なよくないこと」
「けがれ」は「きたないこと、よごれ」
「わざわい」は「わるいできごと」

これがもたらす結果が「罪」というわけですから、すなわち「罰を受けるようなおこない」が「つみ」なのです。

よって、
英語は「聖書に基づいているから罪」で
日本語は「罰があるから罪」
ということですね。

つまり、「罪」と「罰」の関係が、英語の「sin」と日本語の「つみ」では逆ということ?!

もっとも「罰」以前に「神の禁忌をやぶること」というのがあるから、根っこの部分では「つみ」も「sin」も同じでしょうか。
対象となる「神」の違いだけってことですね、結局。
    • good
    • 2

「語源」ではありませんので、若干ずれた回答かもしれませんが・・・。



英語と日本語のニュアンスの違い、と言うよりも先に、sinとcrimeのニュアンスの違いが大切なのではないかと思います。
前者はキリスト教の原罪、後者は法律上の犯罪。

日本語でいう「罪」は後者を指すことが多いのではないでしょうか。
ただし「罪なことをする」などと言う時は、法律上の罪と言うよりも漠然とした罪、よく「ばちが当たる」等と言いますが、そういう時の罪に近いかもしれません。
    • good
    • 0

sinはold englishでは”synn”と辞書にありましたが、


それ以外わかりませんでした・・・。

罪の違いは宗教の違いでしょうか?日本の宗教では庶民への戒律は厳しくないような気がします。

裁判で神に真実を誓うこと(宣誓)は日本ではしませんよね・・・。
    • good
    • 0

日本人の罪の意識は先ず自分自身、次に肉親、そして自分が属する周囲の人々に対するものだといわれます。


勿論、敬虔な仏教徒として仏の教えに反したと罪の意識を持つ人もいるでしょう。日本人の罪の意識は恥につながっています。罪を犯すことは自分に対して、又自分を知る人々に恥ずかしいことをしたのであり、それらの人々にも恥をかかせたことになるわけです。従って、そのような罪を犯さないように自分をコントロールします。

キリスト教国の人々の罪の意識は原罪意識と神の教えを裏切る罪ではないでしょうか。従って彼らが罪を犯したと思う場合は教会で罪の告白をして許しを乞います。
謝る相手は神です。日本人が謝る相手は人間です。
日本人は理屈はともかく、先ず相手に謝ることで誠意を表します。日本人ほどすぐ謝る、すみませんという国民はいないのではないでしょうか。

sinの語源はよく分かりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qglimpse と glance の意味の違い

glimpse と glance の意味の違いを教えて下さい。特に動詞と名詞の組み合わせになると、意味の違いが何だか僕には良く分かりません。例えば、

catch a glimpse of ~
get a glimpse of ~
have a glimpse of ~
obtain a glimpse of ~

take a glance at ~
give a glance at ~
catch a glance at ~
flash a glance at ~

などは、それぞれ意味がどう違うのですか?

Aベストアンサー

実は、こういう単語は、基本単語に対応していることがわかると理解できます。

1. glimpseは、seeに意味を加えたもの
2. glanceは、lookに意味を加えたもの

そこで、seeとlookの違いを確認します。
seeは、目に入ってきて、それが視神経を伝わって脳で関知するーーそういう意味で、自然に見えるーーという意味を持っています。ときに、ある一場面を見るという意味、人に会うという意味にもなります。また、この動詞は、単に、目が見えるかどうかという時には自動詞になることもありますが、通常は他動詞で用います。

それに対して、lookは、目を向ける、英英辞典をひけば、use eyesつまり目を使う、意識して見る、静止しているものを見るか、動いているものを瞬間的に見るーーそいういう意味を持っています。ときに形容詞をもってきて、みたところ~のようだという意味にも使いますが、基本は自動詞で、意識したものを点でとらえることが多いため、atを使っていうことが非常に多くなります。

I looked but saw nothing.
これは、目を凝らしてみたけれど、何も見えなかったーーという意味です。lookもseeも「見る」とだけ覚えていては、意味はわかりませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それでは、本題に入ります。
glimpseもglanceもチラッと見ることを意味しますが、それはseeという意味を持ってチラッと見るのがglimpse, lookの意味を持ってチラッと見るのがglanceということになります。

I glimpsed my friend in a passing taxi.
通り過ぎていくタクシーの中に友だちがいるのをチラリと見た。
→見えたというseeの意味があります。

The speaker glanced at his watch.
講演者はチラッと自分の腕時計を見た。
→これは、目を使って意識的に見たというlookの意味があります。

次は、名詞表現です。
catch a glimpse of ~
get a glimpse of ~
have a glimpse of ~
obtain a glimpse of ~
こういうのは、動詞glimpseがseeの意味に対応しているからこそ、ofを使うことになります。
I caught a glimpse of him.
彼の姿を捕えたーーということですね。彼の映像みたいに考えればofも納得できます。
I glimpsed him.を言換えた表現ということですね。名詞にして文が落ち着くということもあります。

take a glance at ~
give a glance at ~
catch a glance at ~
flash a glance at ~
こちらは、動詞glanceがlookの意味に対応しているからこそ、atを使うことになります。こちらは説明の必要もありませんね。

以上、ご参考になればと思います。

実は、こういう単語は、基本単語に対応していることがわかると理解できます。

1. glimpseは、seeに意味を加えたもの
2. glanceは、lookに意味を加えたもの

そこで、seeとlookの違いを確認します。
seeは、目に入ってきて、それが視神経を伝わって脳で関知するーーそういう意味で、自然に見えるーーという意味を持っています。ときに、ある一場面を見るという意味、人に会うという意味にもなります。また、この動詞は、単に、目が見えるかどうかという時には自動詞になることもありますが、通常は他動詞で用いま...続きを読む

Qswearの意味について

swearを辞書で引くと、

1.神聖なものにかけて誓う
2.罰当たりなことを言う

という両極端な意味が出ています。
なぜこのようなまったく違う2つの意味を持っているのか、ご存知の方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

自信はありませんが私は次のように解釈します。

正反対の意味が含まれる場合、第二義の方が外国語(外来語)の影響を受けているか何かが省略されている事が考えられます。神に関する言葉でありながら、汚い意味で使われるOh,my God, Jesus Christ, By Godなどが「畜生、くそっ、とんでもない」等を表します。

信頼していた人(神も含む)に裏切られた場合、人は仕返しを誓います。同じ誓いでも「・・・が実現出来たら私は・・・をすることを誓います」という場合と「この仕返しは命に代えて必ず行います」という復讐の誓いがあります。復讐の場合、自分の神は自分を守り、一族を守るためにあるので、相手を罵倒し、悪態をつき、呪いをかけても神を冒涜(ボウトク)する事にはなりません。ここからSwearが良い意味での誓いと、悪態をつきながら自分の神に復讐を誓う意味を持つようになったものと考えられます。おそらくキリスト教以前からあった風習でしょう。

Godを含む先述の表現はその後につづく言葉が省略された結果でしょう。例えば「おお、神よ、何故こんな事が私の身に起こるのか」「イエス・キリストよ。この世にこんな事があってもいいのだろうか」などが想定されます。

自信はありませんが私は次のように解釈します。

正反対の意味が含まれる場合、第二義の方が外国語(外来語)の影響を受けているか何かが省略されている事が考えられます。神に関する言葉でありながら、汚い意味で使われるOh,my God, Jesus Christ, By Godなどが「畜生、くそっ、とんでもない」等を表します。

信頼していた人(神も含む)に裏切られた場合、人は仕返しを誓います。同じ誓いでも「・・・が実現出来たら私は・・・をすることを誓います」という場合と「この仕返しは命に代えて必ず行います」と...続きを読む

Qmature, mellow, ripeの違いって?

このカテでははじめましてです。よろしくお願いします。
ちょっとした疑問なのですが、単に「熟した」という意味で使うとき、
この3つの語のニュアンスの違いにて教えてくださいm--m
辞書で調べてみたのですが、
mature : 充分に
mellow : 甘く
ripe : 食べごろの
という解釈でいいんでしょうか。。。

Aベストアンサー

私の辞書にはこう載ってますが。

1 〈果物・穀物が〉熟した (類語 ripe は十分に熟した, 成熟したの意; mature は成熟の過程を強調する; mellow は熟した果実の柔らかさ・おいしさ・かぐわしさを強調する)


New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998

Qwell off というと「裕福な」と辞書ででます。

well OFFが、なぜ裕福なのかイメージが湧きません。

offって、豊かというよりもなんだかネガティブな
イメージで印象していたのですが、、、


コアイメージって、やつで教えてくださると
助かります。

Aベストアンサー

いくつかの辞書を検索してみました。
well off は、もともと comfortable の意味だったそうです。
http://www.etymonline.com/index.php?term=well-off

well off の off は、「暮し向きをあらわす」 形容詞をつくります。
「すっかり ・ 完全に ・ ~してしまう」 といった動詞を 「強調」 する用法 (finish off など) とは、かならず区別されていました。

> CIRCUMSTANCED 
(Merriam-Webster Online Dictionary)

> in a specified state, circumstance, etc.
(Dictionary.com Unabridged (v 1.0.1) Based on the Random House Unabridged Dictionary)

> form adjectives that indicate how poor or rich someone is.
(Collins Cobuild Dictionary)

どの辞書をみても、 「分離(away from)」 などのコアな意味からの説明がなく、奇妙に思われました。ただし、 well [badly etc.] off には、つぎのような用法もあります。

well off for butter (バターは十分にある)
badly off for money (金に困っている)
(研究社 新英和中辞典 5版)

これをみると、off はやはり 「分離」 に関係があり、 well off は 「分離」 したそれ自体の状態での快適さ、 badly off ならば不便さをあらわす、ということではないでしょうか。

いくつかの辞書を検索してみました。
well off は、もともと comfortable の意味だったそうです。
http://www.etymonline.com/index.php?term=well-off

well off の off は、「暮し向きをあらわす」 形容詞をつくります。
「すっかり ・ 完全に ・ ~してしまう」 といった動詞を 「強調」 する用法 (finish off など) とは、かならず区別されていました。

> CIRCUMSTANCED 
(Merriam-Webster Online Dictionary)

> in a specified state, circumstance, etc.
(Dictionary.com Unabridged (v...続きを読む

Qneverthelessとunlessについて

neverthelessとunlessという単語の詳しい解説をしていただけないでしょうか? 難しい単語でも何回か書いたり、本の中で読んだりして覚えていけますが、この二つだけは全然覚えられません。二つを混同してしまったり、意味も覚えられません。良い覚え方みたいなものや、定着し易い解説を宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

その2つには「否定」の意味が含まれてはいますが、そもそも全く別の意味です。品詞自体異なります。

「unless」は「従位接続詞」で、「unless S V」で「SがVするのでない限り」という意味になります。

unless you try ⇒ あなたが試さない限り
unless you are careful ⇒ (あなたは)注意しない限り

一方「nevertheless」は「それでもやはり」という意味で、原則として「副詞」として扱われています。ですから「文頭」「文中」「文尾」のいずれにも置かれます。

Nevertheless(,) I was unable to sleep.
I was(,) nevertheless(,) unable to sleep.
I was unable to sleep)(,) nevertheless.
⇒それでもやはり私は眠れなかった。

したがって、

(1) We thought it would rain ( ) we started on our trip.
(2) He works late at night ( ) he's too tired.

上の(1)(2)はそれぞれ「nevertheless」「unless」が入ります。

(1)私たちは雨が降ると思っていたが、それにもかかわらず旅行に出かけた。
(2)彼は疲れすぎていない限り、夜遅くまで働く。

これを逆にすると、

(1)私たちは旅行に出かけない限り、雨が降ると思った(×)
(2)彼は夜遅くまで働く。それにもかかわらず、疲れすぎる(×)

という奇妙な意味になります。

ところで英語に限りませんが、2つの事柄が混乱して覚えられない場合は、「どちらか一方を重点的に覚える」とよいでしょう。片方をしっかり覚えれば、残りは消去法でわかるからです。

ちなみに「nevertheless」はNo1の方が書かれているように「never+the+less」ということです。「less」は否定を意味する「little」の比較級ですから、「the+less」は「the+比較級」になります。ようするに、

The more you have,【the more】you want.
待てば持つほど、【それだけますます】ほしくなる。

の【 】と同じです。つまり【the+less】は【それだけますますlittle】ということです。

He has many faults. I like him【the less】.
彼はたくさん欠点がある。【それだけ】私は彼を好き【ではない】。

という意味になります。それをさらに[never]で否定するので、

He has many faults, [never]【the less】I like him.
彼はたくさん欠点がある。【それだけ】私は彼を好き【ではない】[ということはない]

という意味になるわけです。簡単に言えば「nevertheless」は「それだけlittleになったりはしませんよ」というニュアンスです。

「the less」が「↓」だとすると、それを「never」で否定しているわけです。「↓になったりはしないよ⇒そのまま⇒それにもかかわらず」ということです。

We thought it would rain⇒雨が降ると思った
nevertheless⇒それでも↓になったりはしないで、
we started on our trip⇒旅行に出かけた

かえって分かりにくいかもしれませんがよければ参考にしてください。

その2つには「否定」の意味が含まれてはいますが、そもそも全く別の意味です。品詞自体異なります。

「unless」は「従位接続詞」で、「unless S V」で「SがVするのでない限り」という意味になります。

unless you try ⇒ あなたが試さない限り
unless you are careful ⇒ (あなたは)注意しない限り

一方「nevertheless」は「それでもやはり」という意味で、原則として「副詞」として扱われています。ですから「文頭」「文中」「文尾」のいずれにも置かれます。

Nevertheless(,) I was unable to sle...続きを読む

Qspontaneousに「進んでする」という意味は今でもありますか

 spontaneousという単語を辞書でひくと、「ジーニアス」には先頭に、「自発的な」「進んでする」とあり、例文としてspontaneous offer to help(援助の自発的申し出)とあります。この意味ではvoluntaryと同じと思いますが、私の少ない英語の経験ではこのような意味でspontaneousを使っているのを見たり聞いたりしたことがありません。ほとんど「自然に起きる」とか「無意識の」という意味、つまりinvoluntaryと同じ意味で使われていると思います。
 語源的にはspontaneousに「自ら進んでする」という意味もありますが、今はそのような意味では使われていないと考えてよろしいのでしょうか。それともまだりっぱにそのような意味はあるのでしょうか。LDOCEにはこの意味はありませんでした。

Aベストアンサー

少なくとも近年においては、「spontaneous」の核となっている意味合いは「自然に」だと私は思います。たいてい「自然に」と訳しておけば間違いありません。

例えば「spontaneous offer to help」も「自然に手を差し伸べる」というニュアンスの意味ですので「voluntary」とは矛盾しないと思うんですよね。つまり、誰かに言われてやっと手を差し伸べるのではなく、当たり前のように自分から、ふっと救いの手を差し伸べるわけなので、「自発的でボランティア精神に富む」行為だと思うんです。

「自ら進んでする」をどう解釈するか、ですよね。

Qsewageの語源

sewage(汚水、下水)
の語源を知ってらっしゃる方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

15世紀初めから使われた sewer (< 古期フランス語 sewere / sewiere) が元になっています。sew(i)ere は俗ラテン語の exaquaria (< ex「外へ」aqua「水」-aria「~に関する」) に由来し「排水(された水)」のような意味でした。

後に sew という動詞「排水する」ができたらしく(-er を行為者語尾と見た逆成か?)、これに名詞化語尾 -age をつけて19世紀ごろから使われ始めたようです。

Q語源で学ぼうとするも無理やり過ぎて覚えられない

語源を覚えると英単語の推測が可能になりますが、
これらの理由付けが納得できないことがしばしばあります。

例えば、oversufficientは下記のように分解されていました。
over 越えて
sub 下に
fic(t) 作る、なす
どうして上記3つを覚えることで、oversufficient=過剰な
のように意味が推測できるのでしょうか?私にはただのこじつけにしか思えません。
これが、over+sufficientであるならば、「十分を越えた」と考え、
「過剰な」という意味になることも納得できます。結局は、語源のみならず
こじつけの部分(ここではsufficient)は覚えているしかないのではないかと思うのです。
それとも英語力ではなく、国語力や想像力の欠如が原因なのでしょうか?

語源学習に対する姿勢で重要なポイントがあれば教えて下さい。
私の考え方におかしな点があればご指摘お願いします。

P.S.
ちなみに上記例は語源学習のもっとも重要な14個の単語のうちのひとつだそうです。
つまり、意図的にわかりにくい例を挙げたわけではありません。

参考URL
http://allabout.co.jp/study/toeic/closeup/CU20070611A/index3.htm

語源を覚えると英単語の推測が可能になりますが、
これらの理由付けが納得できないことがしばしばあります。

例えば、oversufficientは下記のように分解されていました。
over 越えて
sub 下に
fic(t) 作る、なす
どうして上記3つを覚えることで、oversufficient=過剰な
のように意味が推測できるのでしょうか?私にはただのこじつけにしか思えません。
これが、over+sufficientであるならば、「十分を越えた」と考え、
「過剰な」という意味になることも納得できます。結局は、語源のみならず
...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、オールアバウトで、その著者の書いている記事は、どの程度の信用していいのか、疑問に思っています。まず、この著者が言うような14,000語の単語を覚える方法として、このようなものは、まずありえません。ここで納得できない人は、さらに、書籍を買うように仕向けているだけではないかと思います。書いてある内容をみても、まったく学問的な知識もないようです。J. Brownという学者が研究した形態論を、単に、そのまま写しただけでは、それを日本人の学習用には、応用できないと思います。韓国人ジャーナリストが書いた、「朝鮮語で古代日本語が分かる」というレベルに近いです。インターネット検索してみれば分かるはずですが、このBrown 氏の"14 master words" を引用している人がいても、ほとんど、そのまま伝聞でしかありません。

まず、一般の辞書に

oversufficient
という言葉はありますか?

英英辞典をいくつか調べてみましたし、研究者の『リーダーズ』でも調べてみましたが、出てきません。

オールアバウトの著者が、
[身構える必要はありません。語源による英単語学習をこれからはじめたいという方は、まず、上の14単語に含まれる34のword partsを学習することをお薦めします。]

J. Brown という人が、14,000語の単語の構成を基本の接頭辞、語根で、系統的な研究分類から割り出したもので、native が、それ分類し記憶を強化しようとするなら、ある程度有効なのかもしれませんが、native でも、そのような覚え方をしません。単なる言語形態論の研究論文にあるものだけだと思うのです。さらに、non-native が、それで英単語を覚えようとするには、無理があるのではないでしょうか。

確かに、多くの単語から法則性を導きだせるのは認めますが、しかし、逆にその法則性から、具体的な単語自体に当てはめられるかというのは、不可能だと思います。not-nativeが学習すべき基礎語のレベル(4~5,000語ぐらい)の言葉は、その単体の持つイメージ(右脳系)があるので、それ以上は分解しないほうがよい、と私は考えるからです。

例えば、日本語で、「汽車」を、分解して、「汽=蒸気」+「車」で、train (locomotive)とイメージするのは、日本語ゆえです。中国語なら、、automobile とイメージします。単語を分解しても、そのイメージを結びつけることは本来できません。分解しても、単なるこじ付けに等しいのです。そういうことは、すでに言語学で説明されていることです。知らない単語から、語源で意味を知ることは当て推量に近いのです。だだし、医学用語などは、もともと、ラテン語を組みあせて人為的に作られたもので、単語として成立させるだけのものでしかありません。

OVERSUFFICIENT

---------------------------------
over- = Above

Facere - Fic, Fac, Fact, Fash, Feat = To Make or Do

sub- Suc-, Suf-, Sug-, Sup-, Sur, Sus- = Under
----------------------------------
この組み合わせから、「過剰な」なんていう意味が取り出せるなら、超能力者です。

私は、ここで、たびたび語源で覚える英単語の方法に疑問を提示しました。かつて、それで失敗したという経験もありますが、現在、私が語源で覚えないということではありません。ある程度の単語レベルの人がさらに語彙の強化のためには有効だと思います。語源学習というのは、本来、ギリシャ語やラテン語を元にしていますから、その前の事前の知識が、ある程度必要ですが、それを対象とするのは、日本語でいう、漢語レベルのものに対するものと同等だと思います。そういう語彙を使う必要性があるかどうか、というTPOもあるかと思います。

では英語では、どういうものかというと、手元の ボキャビル(vocabulary building) の本ですと、
psychologist(心理-), orthodontist(正-), optometrist(光/眼), optician,(光/眼) osteopath(骨), chiropractor(手), podiatrist(足)
[Word Power Made Easy: POCKET BOOKS]

こういう単語が、14,000語レベルに入るかどうかよりも、native(アメリカ人) が、どちらかというと、こういう言葉が好きなような気がします。こういう単語なら、語根から、意味が分かるはずですが、一般の単語の分類には、ほとんど入らないように思います。

こんばんは。

まず、オールアバウトで、その著者の書いている記事は、どの程度の信用していいのか、疑問に思っています。まず、この著者が言うような14,000語の単語を覚える方法として、このようなものは、まずありえません。ここで納得できない人は、さらに、書籍を買うように仕向けているだけではないかと思います。書いてある内容をみても、まったく学問的な知識もないようです。J. Brownという学者が研究した形態論を、単に、そのまま写しただけでは、それを日本人の学習用には、応用できないと思います。...続きを読む

Qrejoice と、 joy の意味の相違

英語を中高教科書程度にしか知らない者です。

英語の単語についてですが、
rejoice と、 joy の意味の相違を、お教えください。

たんに、動詞、名詞の違い、と考えればいいのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #1です。補足します。

 英語圏の生活が日本の2倍になった者ですが。joy も rejoice も私的な、堅気の会話では聞かれないし使われない語彙になりました。

 rejoice は、今回前線から生還した兵士を迎えることは喜ばしい、といったマイクの前での公式な言葉には出ますし、きょうはイエス様の誕生日で喜ばしい、といった宗教者の公開の場での発言には聞かれます。
 しかしクリスマスに息子が帰省したから喜ばしい、とか姉さんに赤ちゃんが生まれたから喜ばしい、という時には大袈裟過ぎて使えません。

 joy は同じように公の場とか、教会では使いますが、俗語でも joy button 「陰核」、joy boy 「同性愛の男子」、joy weed 「大麻」などに使われます。

Qgive way

こんにちは。
英語の参考書で「give way」は「崩れる、壊れる」という意味だと知りました。でも、どうしてこの意味になるのでしょうか?調べても分からず、とても気になってしまっています。ぜひ教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

日本語の語源も元をたどれば分からなくなる様に英語でも同じケースがありますよね、でも、この「give way」(give way)は割に簡単に連想できます。


まず、当事者、私が或る方針でこう行こうとしていると想像して下さい、謂わば(道)を自分の手の上に或る方向に進路を取っている状態、この(道)を他人に或る理由で与えなければならなくなった、つまり、挫折・挫ける(くじける)状態になる、、、、まー、これは私の想像で、何らの根拠はありませんが。

【1】道を譲る、譲歩する、折れる、退く、取って代わられる
【2】(感情に)負ける、(心が)くじける、悲嘆に暮れる
【3】崩れる、崩壊する、決壊する、破れる、床が抜ける、外れる、ひるむ


人気Q&Aランキング