お願いします。

現在、生活保護受給者です。

最近、歯痛がひどく…福祉から医療券をもらい、歯科に行こうと思っています。
歯科医療と言うとまったく素人で…前歯や矯正は非保険とか…福祉の医療費控除の中でどこまで治療してもらえるのか?

ちなみに奥歯が割れてしまい常時、痛みがあります。
市販の痛み止でごまかしてます。

生活保護指定の歯科は近所に多くありますが、良い歯科医院の見極め方など…ご存知の方いらっしゃいましたら、

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

生活保護でも健康保険と同じ水準で医療は受けられます。

医科も歯科も同じです。
矯正やインプラントなどは自由診療なので、健康保険外=全額自己負担です。
前歯の差し歯は微妙ですが、歯冠(スッポリ被せる)処置は前歯は上下6本ずつ計12本は表側は白色の歯冠が制度上可能です。

歯科の善し悪しは主観なので、あなたの見方次第。歯科医師の年齢や教育によりますが、基本的に抜髄(神経を抜く事)はできるだけ避けるのが主流です。

生活保護でそこまでやり過ぎだという世論もありますが、税金に感謝しつつ治療して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

参考になりました、


本当にありがとうございました。

お礼日時:2013/03/12 21:27

>前歯や矯正は非保険とか…福祉の医療費控除の中でどこまで治療してもらえるのか?



保険の適用される範囲での治療なら、その福祉からの医療券も使えるのと違いますか?

>生活保護指定の歯科は近所に多くありますが、良い歯科医院の見極め方など・・・

googleでここと思う”歯医者の名前に続けて評判”と入力すると、書いた人がおれば拾ってくれるでしょう。
しかしそれはあくまでもその人の受けた感じであって、あなたにもあてはまるかどうか分りません。

したがって結局は”行ってみないと分りません”と言うことになります。
今は殆どが予約制になっているので、昔のように患者が多いか少ないかで判断も出来ないですしねー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/12 21:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活保護の医療扶助

今 生活保護を受けていますが、今までは医療扶助が全額を負担しないですみましたが 収入が増えたので 医療扶助が全額でなく自己負担の一部負担金を払わないといけないとケースワーカーに言われました。
この場合 いくらくらい払わないといけないんでしょうか?怖くて病院にいけません。詳しいかた 教えてください。

Aベストアンサー

収入によって異なります。

一般的には、収入が増えた分だけ、支給される現金(生活、住宅、教育費分)が減額されますが、収入が、支給される現金の額を上回った場合、現金は支給されず、上回った分だけを現物支給となる医療費の一部にあててもらう(病院にしはらってもらう)ことになります。ですから、上限が決まっていて、医療費総額が10万円かかっても1万円ですんでも支払う額は同じです。

ですので、今までと同じように安心して病院に行っていただいてかまいません。

Q生活保護の医療保険について、知り合いで特殊な病気があり働けず、生活保護

生活保護の医療保険について、知り合いで特殊な病気があり働けず、生活保護をうけていますが、薬が新薬の為、医療費が有料となります(月7万くらいだそうです)。借金がかさみどうしようもなくなりました。
いい方向で考えられる案があれば、回答いただけますか?かなりこちらもこまってしまっています。

Aベストアンサー

新薬をないものとして使わず、無料になるものでやっていくのはどうでしょう。
何も薬を使うなとは言いませんが、効き目が劣るとしてもお金がないのでは仕方ありません。

もしそれ以外のものを使うと命に関わる場合は募金を募る形はどうでしょう。
そのような団体もあるかと思いますがあまり詳しくはありません(^_^;)

Q生活保護法の改革について(医療扶助と国民健康保険)

大学で今、生活保護法ついて調べています。
生活保護法についても規制改革がうたわれていますが、その中の一つによく理解できないものがあります。
それは「全額公費負担の医療扶助を、保護者を国民健康保険に加入させ、その保険料を生活扶助費に加える」
といったものです。こうすることのメリットは何でしょうか?
考えられるのは、保護者と福祉事務所側双方の、医療券発行の手間を簡略するくらいしか思い浮かばないです…。
どちらにしても保護者の負担はゼロなワケで、モラルハザードを防ぐためでもなさそうだし・・・。
基礎知識がないゆえの質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

知人が福祉課勤務ですので、この点を含め色々と話してみましたが、保護政策自体、縮小というか予算を詰めて、より厳格に運用という政府の方針があるとかで、現場は混迷しているなんて話もしていましたよ。

福祉国家を目指すなら色々なもの、見つめ直す必要がありますね。

Q生活保護の医療の診療で首のギブスは医療費適用となりますか?

生活保護の医療の診療で首のギブスは医療費適用となりますか?

Aベストアンサー

ケースワーカーさんに聞いてみてください。

Q生活保護の医療扶助についてご質問します

このような意見を他所の質問サイトで見かけたのですが正しいのでしょうか?

----
来期の国会で若年の生保受給者の場合、医療不要というのが可決される見込みです。

----



若者が医療を受けられないのはあり得ないと思いますが…

Aベストアンサー

御自分で 誤りと書いてらっしゃいます\(^^;)...マァマァ



・このような意見を他所の質問サイトで見かけたのですが

※特定のイデオロギーを民意に優先させる階級政党ならともかく
無原則に民意におもねる国民政党 自民党政権では考えられません、
生活保護者も票田にしているんでね

Q福祉医療費受給者証は救急の場合も無料?

子供が医療費が無料になる福祉医療費受給者証を持っています。

風邪をひいて病院に連れて行ったときは薬代も診察費もいつも無料ですが、もし救急で夜中に怪我などで連れて行った場合はどうでしょうか?

ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

最近は受診抑制を目的に、総合病院では夜間や救急では別料金(数千円)を自費で請求するところが出てきています。
 
 この自費負担分が福祉医療費受給者証の対象になるかは市町村によって対応が異なると思いますが、難しそうな気もします。お住まいのところの福祉課にお問い合わせになるのがよさそうです。

 保険診療分は夜間でも救急でも無料になると思います。

Q生活保護の給付は申請時からか、決定時からか

生活保護の給付は申請時からでしょうか、決定時からでしょうか
生活保護は、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の8種類からなる、ということですが、これらは原則として決定時より、将来にむかって給付されるものですか、それとも申請時にさかのぼって給付されるものでしょうか?将来にむかって給付されるもの(医療扶助を現物給付で行う場合、過去にさかのぼっての給付ということはありえません。)と、申請時にさかのぼって給付されるものとをおしえてください。ちなみに、申請時点よりなおさかのぼって給付されるものって、生活保護にはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

申請時にさかのぼって給付されます。

例えば、12月25日に申請し、1月13日に決定したとします。

その際は、12月25日から12月31日までの生活扶助の日割計算額と1月の生活扶助と住宅扶助が速やかに支給されます。

その他、医療扶助や介護扶助や葬祭扶助は申請時に遡って計算されます。

医療扶助などは、申請してすぐは「生活保護申請中」という紙を持参して受診し、決定後に申請日以降の医療費福祉事務所が医療機関へ直接支払います。

さて、申請時点よりなおさかのぼって給付されるものは、わずかですがあります。
住宅扶助と教育扶助です。

住宅扶助については、上の『例』を参考にしていただいて、申請の時点で12月の家賃が支払えておらず、その家賃を支払わなくては退去せざるを得ない時、12月分の住宅扶助は申請日以降の日割計算ではなく、一ヶ月分支給出来ます。(ただし、滞納があるからといって、11月以前の家賃は支給出来ません)

教育扶助については、一ヶ月単位で支給しますので、日割計算はされず、12月の教育扶助が一ヶ月分支給されます。

これらは、考えようによっては12月1日に遡って支給されたのと同じことですので、わずかかもしれませんが、ご質問のように申請日よりなお遡って支給される場合に当てはまると思います。


さらにさらに、すごく稀ですが、身寄りも財産もないのですが、それまで生活保護を受けていなかった人を葬祭する場合で、その葬祭を執行するものがいない場合には、その者の担当民生委員が生活保護を死亡後に申請することにより、葬祭扶助のみを決定することがあります。

これも、考えようによっては申請時点よりなおさかのぼって給付されるものといえるかも知れませんね。
実際の葬祭費の支払いについては、申請後に葬祭執行をするので、申請後に葬祭扶助を支給していますが、本来の原因が申請前に起きた『死亡』ですからね。

申請時にさかのぼって給付されます。

例えば、12月25日に申請し、1月13日に決定したとします。

その際は、12月25日から12月31日までの生活扶助の日割計算額と1月の生活扶助と住宅扶助が速やかに支給されます。

その他、医療扶助や介護扶助や葬祭扶助は申請時に遡って計算されます。

医療扶助などは、申請してすぐは「生活保護申請中」という紙を持参して受診し、決定後に申請日以降の医療費福祉事務所が医療機関へ直接支払います。

さて、申請時点よりなおさかのぼって給付される...続きを読む

Q生活保護受給者が交通事故の被害者になった場合・・・

遠方に住む生活保護を受給している祖父母がいます。
先日、祖母の方が交通事故に遭い、足の骨を折って現在病院に入院しています。幸い命に別状はありません。
加害者の方はたまたま祖父母の知り合い(ご近所さん)だったそうで、今までの付き合いもあり慰謝料や示談金は請求しないことにしたそうです。

祖父は「自分たちは受給者なので治療費は掛からない。保険金を貰っても国に全額返還しないといけないので一銭も要らない」と加害者に伝えたそうですが、加害者は「全額こちらの自賠責保険で払う。そうしてもらわないと困る」と言って、祖母の入院する病院に保険屋さんと足を運んで手続きを始めているそうです。

そこで質問なのですが

(1)生活保護受給者が交通事故の被害者になった場合、治療費が掛からなくても加害者から保険金を受け取るのは理解できるのですが、
(返還するということはその分国の医療費負担が減るので受け取るべき、と解釈しています)
加害者が「そうしてもらわないと困る(自賠責を使わないと自分が困る)」と発言したのがイマイチ腑に落ちません。どういった理由があると思われますか?
関係あるか分かりませんが加害者は会社の専務をしていて、今回の事故で謹慎処分を受けているそうです。

(2)今回のようなケースの場合、窓口で支払う治療費は
・生活保護の医療扶助で窓口負担は無し→無料ではあるが実際に治療に掛かった金額が後から保険会社から振り込まれる→そちらを市に全額返還。
という流れになるのか、
・今回の治療は特別に医療扶助から除外する→保険会社と病院の方で手続きして治療費を相殺する→窓口負担は0円(返還手続きもしなくて良い)。
となるのかイマイチ分かりません。

祖父は病気で役所に出向いたり文字を書いたりが出来ない為、返還手続きが必要な場合私がすることになるので質問させて頂きました。
拙い文章で申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

遠方に住む生活保護を受給している祖父母がいます。
先日、祖母の方が交通事故に遭い、足の骨を折って現在病院に入院しています。幸い命に別状はありません。
加害者の方はたまたま祖父母の知り合い(ご近所さん)だったそうで、今までの付き合いもあり慰謝料や示談金は請求しないことにしたそうです。

祖父は「自分たちは受給者なので治療費は掛からない。保険金を貰っても国に全額返還しないといけないので一銭も要らない」と加害者に伝えたそうですが、加害者は「全額こちらの自賠責保険で払う。そうしてもらわ...続きを読む

Aベストアンサー

門外漢ですが…

>(2)今回のようなケースの場合、窓口で支払う治療費は

病院の窓口で「交通事故」であることを告げている以上、「医療扶助」は使えません。これは、普通の健康保険でも一緒です。

明らかな「事故による怪我」の場合、病院窓口は「自損か、事故か」を確認する義務があります。

ですので、保険会社ではなく、加害者が「医療費の実費」(医療費の全額)を支払い、後から保険会社が加害者に支払うのです。

あなた方、被害者側が負担することはありません。

ご参考までに。

Q生活保護受給者の自殺未遂の医療費はどうするのですか

生活保護には医療扶助がありますが自殺未遂では医療扶助が適用外になります。

しかし、生活保護受給者が自殺未遂を繰り返していて多額の医療費が未払いで放置した場合は今後同じ病院で治療拒否されることはあるのでしょうか?

自ら病院に行くのならともかく自殺未遂で救急搬送された場合です。
医療費未払い者は恐らく病院でリストとして管理されていますので救急車で急患の連絡が入ってもその段階で未払い者と判明して受け入れ拒否することは可能です。しかし、病院側がどのような患者かわからず受け入れOKを出して病院到着時に未払い者と判明してもその段階で治療を拒否することはできません。(医療法で規定があります)
(救急車に乗せられた時点で身分証がなければ未払い者かどうか判別不可能ですので病院側もリストと照合ができないです)

なので、救急車で到着した時点で治療する義務が生じますがその後、途中で強制退院とかあるのでしょうか?

生活保護受けているから医療費は大丈夫に見えますが自殺未遂では自腹です。
しかし、生活保護受給者では支払い能力がないことはもちろんの事、保護費から差し押さえることもできません。
なので実質病院が丸損になります。

だが、このままでは病院側として困るのでどういう対応がとられますか?

患者が支払できないからと医療扶助適用させるために保健治療扱いにするとか…

余談ですが、この治療費が未払いで放置すれば受給者の借金扱いになります。
受給中は保護費から支払いができませんのでなんの生活にも影響がありませんがこれが生活保護から抜け出した途端、借金の支払いに追い込まれるかと思います。
ですのでいくら自殺未遂とはいえ借金として残すのは社会復帰(自立)を妨げる事ですので病院側としても医療費回収するために保健治療扱いにするのでは?と思います。
保健治療扱いにすれば治療費が回収できますし(医療扶助で)、借金が残らず自立を妨げる原因がなくなりますから。

生活保護には医療扶助がありますが自殺未遂では医療扶助が適用外になります。

しかし、生活保護受給者が自殺未遂を繰り返していて多額の医療費が未払いで放置した場合は今後同じ病院で治療拒否されることはあるのでしょうか?

自ら病院に行くのならともかく自殺未遂で救急搬送された場合です。
医療費未払い者は恐らく病院でリストとして管理されていますので救急車で急患の連絡が入ってもその段階で未払い者と判明して受け入れ拒否することは可能です。しかし、病院側がどのような患者かわからず受け入れOKを出...続きを読む

Aベストアンサー

質問者は家族?それとも病院関係者?生活保護担当者?

さて、保健?治療とありますが、医療扶助を受給する生活保護なら、いわゆる健康保険には現在加入していないはずですよね。
健康保険証は加入する健康保険組合や国保から発行されます。
生活保護(医療扶助付き)になると国民健康保険からは脱退します。
医療扶助の庇護のもとで無保険なんですから、保険診療はない。
ひとくちに保険診療と言っても、請求先は個々の保険組合(保険証の発行元) です。
どこにも保険請求なんてできませんよね。
まずは、本人・家族・生活保護担当者・病院関係者いればケースワーカーで支払い方法について話し合うことです。
なお保険診療でも、もちろん自傷行為は保険対象外です。
(但し、精神疾患での既往歴レセプトがあり、かつ関連性が認められるケースにおいては、保険者の判断)
よく事務方レベルで語ってた、悲惨なヤバいケースの筆頭が
『電車への飛び込み自殺で死にきれず植物人間状態』
こうなると鉄道会社からの巨額な損害賠償と本人の治療費。
しかもこれって健康保険対象外だから10割で軽く月1~300万超過なのよね。
さらに他人を巻き込んでいたらその治療費も第三者行為で10割かかる。
いくら生命保険かけててもおっつかない。遺族(家族か)はツラい。
未遂の自傷行為って、それくらいやらせちゃヤバい行為(家族の迷惑・社会の迷惑)という認識なんですけど。
まあ、生活保護じゃない私たちだって、病院代金払うのにこつこつためた貯金くずしたり、生活切り詰めたはてに借金だってして払うんだ。しかも仕事しながら介護だってするんだ。みんなふつうにつらいことせおっていきてるんで。

質問者は家族?それとも病院関係者?生活保護担当者?

さて、保健?治療とありますが、医療扶助を受給する生活保護なら、いわゆる健康保険には現在加入していないはずですよね。
健康保険証は加入する健康保険組合や国保から発行されます。
生活保護(医療扶助付き)になると国民健康保険からは脱退します。
医療扶助の庇護のもとで無保険なんですから、保険診療はない。
ひとくちに保険診療と言っても、請求先は個々の保険組合(保険証の発行元) です。
どこにも保険請求なんてできませんよね。
まずは、本人・家族...続きを読む

Q金属アレルギーの歯科医療と医療費控除について

おはようございます。以前に、皮膚科でのパッチテストについて質問させていただいた者です。その節は皆様にお世話になりました。
今回、パッチテストを受け、「金」「パラジウム」「ニッケル」「白金(プラチナ」「水銀」「コバルト?」ともう一つに陽性反応がでました。しっかりと歯科金属にあてはまっていた為、治療を保険適用外の素材でやらざるを得なくなりました。3本ある為、最低15万くらいと今言われています。正確な金額を次回提示していただけるようですが。。
そこで、通常の医療費控除は、金属アレルギーとのことだし控除の対象ですと管轄の税務署に確認をとりました。高額医療費控除はその際に聞かなかったのですが、保険適用の治療にしかつかえないのですよね?
あと、通常の医療費控除のほかになにか、いい手段はないものでしょうか?
もしおわかりになられる方いらっしゃいましたらアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

金属アレルギーですか、、大変ですね。

さて、医療費控除ですが、歯科の自由診療も対象になります。美容目的で無ければ大丈夫です。junjun-daさんが「金属アレルギーの為にどうしてもしなくてはならなかった高額診療である」ことをしっかりと所轄の税務署に伝えてください。

下に参考URLをのせておきました。お大事に。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1128.HTM


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング