今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

一級建築士試験に向けて勉強しています。
建築環境工学において設計用全天空照度は
特に明るい日:50,000lx
明るい日:30,000lx
普通の日:15,000lx
暗い日:5,000lx
快晴の青空:10,000lx
とありますが、快晴の青空だけ”日”ではなく、”空”という表現で他と異なります。
日と空を使い分けていることに意味があるのでしょうか?
明るい日と快晴はかぶるような気もするのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。



お使いの教材では「特に明るい日」のことを「薄曇りの日(空)」とかと解説してないでしょうか?
それとも問題の傾向が変わっちゃったのかな?

建築で言う全天空照度とは天空光だけの照度と書いてあると思います。
じゃあ天空光ってなに?と言うと、直射日光を除く光です。
多分ココで「???」となってしまってると思います。
でもココまで押さえれば後は簡単です。
太陽光は雲や空気中の塵などにぶつかると乱反射、拡散します。
その反射した光が天空光なのですよ。


だから薄曇り(特に明るい日)の方が直射日光が雲に反射し天空光が増える
つまり快晴より全天空照度高いとなるのです。


この辺りは少々ややこしいわりに毎年のように出題されるような分野でも無かったと記憶しております。
この分野のエキスパートになるとかでなければ、変に語句の一言一句、全てを完璧に理解しようとせずに
全体として「こんなもんなんだな」と頭に入れれば十分だと思いますよ?・・・・多分。
多分ね、多分。この辺は問題出題の傾向が変わってなければ過去問やるだけで十分だって!多分。
え?新傾向?うーん・・・多分いけるって!多分ね!多分!!!

それでは試験勉強頑張って下さい。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長方形窓の立体角投射率

現在、立体角投射率について学んでいます。
長方形の立体角投射率で悩んでおり質問させてもらいました。

光源面と受照面が垂直の場合に
立体角投射の法則
U=1/π∫s(面積S) cosθcosβ/r^2 dS
を適用すると、図からcosβ=z/r, cosθ=y/r, r=√(x^2+y^2+z^2), dS=dxdy
であるから
Uv=1/π∫0~x∫0~y yz/x^2+y^2+z^2 dxdy
 =1/2π(tan^-1 x/z - z/√(z^2+y^2)・tan^-1 x/√(z^2+y^2)

となっています。(表記が分かりにくくすみません。)

ただ、図からはr=√(y^2+z^2)としか読み取れないため、なぜ
r=√(x^2+y^2+z^2)になるのかが分かりません。

また、
Uv=1/π∫0~x∫0~y yz/x^2+y^2+z^2 dxdy
r=√(x^2+y^2+z^2)と仮定したとしても本来ならば
Uv=1/π∫0~x∫0~y yz/(x^2+y^2+z^2)^2 dxdyになると思うのです。

様々な参考書を見たところ
1/2π(tan^-1 x/z - z/√(z^2+y^2)・tan^-1 x/√(z^2+y^2)
の式はどうもあっているみたいなのでそれ以外の部分について修正などがありましたら教えていただけないでしょうか。

私に数学力がもっとあれば逆に計算していけばよいのですが・・・

現在、立体角投射率について学んでいます。
長方形の立体角投射率で悩んでおり質問させてもらいました。

光源面と受照面が垂直の場合に
立体角投射の法則
U=1/π∫s(面積S) cosθcosβ/r^2 dS
を適用すると、図からcosβ=z/r, cosθ=y/r, r=√(x^2+y^2+z^2), dS=dxdy
であるから
Uv=1/π∫0~x∫0~y yz/x^2+y^2+z^2 dxdy
 =1/2π(tan^-1 x/z - z/√(z^2+y^2)・tan^-1 x/√(z^2+y^2)

となっています。(表記が分かりにくくすみません。)

ただ、図からはr=√(y^2+z^2)としか読み取れないため、なぜ
r=√(x^2+y^...続きを読む

Aベストアンサー

>立体角投射の法則
>U=1/π∫s(面積S) cosθcosβ/r^2 dS
この式は、以下のサイトの(15)式と同じものと考えていいのでしょうか。

http://www.jeea.or.jp/course/contents/09103/

すなわち、Uを照度、Lを輝度、dSを微小面積とすると、
 U=∫(L*cosθcosβ)/r^2 dS ... (A)
だとすると、質問者さんが掲載されている図の表記がそもそも間違っています。

上の式のcosθやcosβなどは、積分記号の中にある変数ですから、いきなり面全体について考えるのではなく、面上の小さい区画(微小面積)について考えないといけません。

いま、図において、点Pを原点として、ABに平行にx軸、ADに平行にy軸、APに平行にz軸をとるとします。長方形ABCD内の一点Q(x,y)上に横dx、縦dyの微小長方形をとったとき、原点Pから見た点Qの位置ベクトル(点PとQを結んだ矢印のこと)をXとすると、
 X=(x,y,-z) (点PとAの距離をzとします。)
と表わせます。受照面(点Pのある面)の法線ベクトルをMとすると、
 M=(0,1,0)
また、長方形ABCDの法線ベクトルをNとすると、
 N=(0,0,1)
となります。(A)式において、θとはベクトルXとMのなす角度、βとはベクトルXとNのなす角度のことです。よって、
 cosθ=X・M/|X||M|=y/√(x^2+y^2+z^2)=y/r
 cosβ=-X・N/|X||N|=z/√(x^2+y^2+z^2)=z/r
 (ベクトルXの向きをQP方向にするために、Xにマイナスをつけました。)
また、dS=dxdyですから、(A)式に代入すれば、
 U=∫L(y/r)(z/r)(1/r^2)dxdy=∫Lyz/r^4 dxdy
となります。

参考URL:http://www.jeea.or.jp/course/contents/09103/

>立体角投射の法則
>U=1/π∫s(面積S) cosθcosβ/r^2 dS
この式は、以下のサイトの(15)式と同じものと考えていいのでしょうか。

http://www.jeea.or.jp/course/contents/09103/

すなわち、Uを照度、Lを輝度、dSを微小面積とすると、
 U=∫(L*cosθcosβ)/r^2 dS ... (A)
だとすると、質問者さんが掲載されている図の表記がそもそも間違っています。

上の式のcosθやcosβなどは、積分記号の中にある変数ですから、いきなり面全体について考えるのではなく、面上の小さい区画(微小面積)について考えないといけませ...続きを読む

Q給湯 リバースリターン方式のしくみ

給湯のリバースリターン方式では
行きと返りの長さを同じにすることで流量が均等になるようにしているそうですが、
行きと返りの長さを同じにするとなぜ流量が均等になるのですか?
不均等だと水道管の圧力は実際どのような感じになるのですか?
分かりやすく解説して頂ける方いたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記サイトにある図を参照して下さい。

http://www.jsrae.or.jp/annai/yougo/34.html

(b)の逆還水法がリバースリターンに当たります。
流体が流れると配管の抵抗によって圧力が降下しますが、当然長いほどその影響が大きくなります。
(a)の直接還水法(ダイレクトリターン)では一番左の機器は往きも還りも短い為に流量が多く、一番右の機器はどちらも長い為に流量が少なくなってしまいます。
そこで(b)のリバースリターンを採用することで往管が短い箇所は還管を長く、往管が長い箇所は還管を短くすることで何れの機器においても管路の抵抗をおよそ均等にし、機器の流量を同等にしようという考え方です。

個人的な意見ですが、リバースリターンは空調の循環系統に採用するならともかく、元々循環流量が少ない給湯回路に採用するのは余りメリットがない気がします。

Q天空日射の定義は?

直達日射と天空日射があるようです。
直達日射は直接の日射のようですが、天空日射は良く分かりません。
「天空日射」で検索してみたのですが、定義がわかりません。
どなたか、お教えください。お願いします。

Aベストアンサー

>散乱を起こすものとして、塵の他、雲も含まれますか。

雲その他、反射散乱するもの全て含みます。というよりも実測上これらを区別することが困難なため含まざるをえません。

>もし、雲が含まれるとすると、日射のない曇天時の明るさは天空日射だけによるものと言えるのですか。

そのとおりです。

>直射日光の届かない森の明るさは天空日射によると言えるのですか。(森の周囲からの入射は除き)

そうですね。

>「散乱されて地上に降り注ぐ日射」ということは
全日射=直達日射+天空日射+「散乱されて地上に届かない日射」
と考えれば良いのでしょうか。

「散乱されて地上に届かない日射」は直接測定できないので、通常全日射には含みません。

Q鉄筋の継手位置とコンクリートの打継ぎ位置の違い

建築士を独学で勉強しています。
鉄筋の継ぎ手位置は、柱中央部、はり両端部近くの下端、はり中央部の上端となっています。
これは鉛直荷重や水平荷重が加わったときのモーメント図を描くとモーメントが小さい位置になるので納得できました。

一方、コンクリートの打ち継ぎ部は、柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で、はり・スラブではスパンの中央付近となってします。
モーメントが最大になりやすい箇所だと思うのですが、どういった観点から打ち継ぎ位置をこのように規定しているのでしょうか?
構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?

Aベストアンサー

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の理由ではないでしょう。

コンクリートは引っ張り力を負担しません。圧縮力とせん断力、曲げです。
圧縮力に関しては圧縮方向と直角に対する打ち継ぎ(梁軸方向圧縮力に対する垂直打ち継ぎ、柱に軸力における水平打ち継ぎ)は、完全に接着していなくとも、圧縮力がかかって利くので、それほど影響しませんので、主にせん断力を中心に考えます。

柱・壁のせん断力は一定ですので、同じように施工上の弱点となりやすい鉄筋継ぎ手がない位置から遠いところが望ましいでしょう。

梁の場合は等分布荷重を仮定するとせん断力は中央が一番小さくなるので好ましいです。
まお、梁中央は曲げモーメントが大きくなりますが、変形方向を考えると中心軸より下端に引っ張り力、上端に圧縮力が発生していることになります。
下端の引っ張り力は鉄筋が負担するものですのでコンクリートには関係ないですし、上端の曲げモーメントによる圧縮力は大きくなりますが、打ち継ぎ部を押しつぶす方向に働く力なので、問題ありません。
柱などは方向性は一定していませんが、同じように考えてみてください。

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の...続きを読む

Q給水工事の工法は分岐工法かヘッダー工法か?

現在、新築一戸建てを検討中で給水工事の工法で迷っています。
4LDKで2階建てですが、2階に水周りはありません。給湯はエコキュートです。
お風呂使用中に台所やトイレを使用したときに水量が減ったりしないようにしたいのですが、この場合さや管ヘッダー工法がいいでしょうか?
HM標準は分岐工法でヘッダー工法にすると15万のコストアップになります。
分岐工法でも、樹脂管のサイズを大きくすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧が落ちるエコ給湯みたいなので。
あくまで個人的にですが気にならないと思います。(シャワーについては、台所等の同時使用の場合は気になる場合もあるかもしれません)
どこまで質問者様が気にするかだけの問題です。

※ヘッダーにしたからといって水量の変化は必ずあります。あくまで少ないということだけです。メンテも床下は入れるなら特に問題なしと考えます。
気になるならシャワーだけ簡易ヘッダーみたいに一番手前で分岐をして配管してもらっては?どうなるかはわかりませんが・・・。

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧...続きを読む

Qディグリーディ(年間暖房日数)について教えてください

ディグリーディ(年間暖房日数)について教えてください

Aベストアンサー

デグリーデイには暖房デグリーデイと冷房デグリーデイがあり、それぞれ暖房度日、冷房度日と訳されます。
暖房デグリーデイの場合、一日の平均気温(A)と、暖房設定温度(B)との差を、外気温がある温度(C)以下となる日について1シーズンにわたってすべて加算した値です。
外気温がC以下になったら設定温度をBにして暖房を入れ、その日にどのくらいのエネルギーを消費するのかの目安(B-A)を毎日足していった値ということです。
冷房デグリーデイはBが冷房設定温度になり、A>Cとなる日についてA-Bを1シーズンすべて加算します。

#1のtelescopeさんの例ではBが14度、Cが10度となります。
イメージ的には一年間の平均気温のグラフに10℃の線と14℃の直線を書き入れ、平均気温が10℃より下になっている日に関して、14℃より下になっている面積となります。

デグリーデイは統計値であり、Bの温度とCの温度の設定によって、18-18暖房デグリーデイとか、10-14暖房デグリーデイなどの値があり、単位は「度日」となります。
1シーズンに必要な暖房のエネルギーの指標となるもので、たとえばこの値から1シーズンに暖房のために必要な燃料消費量や暖房に要する費用を算出することが出来ます。
冷房デグリーデイに関しては、暖房の逆をイメージすればお分かりいただけると思います。

デグリーデイには暖房デグリーデイと冷房デグリーデイがあり、それぞれ暖房度日、冷房度日と訳されます。
暖房デグリーデイの場合、一日の平均気温(A)と、暖房設定温度(B)との差を、外気温がある温度(C)以下となる日について1シーズンにわたってすべて加算した値です。
外気温がC以下になったら設定温度をBにして暖房を入れ、その日にどのくらいのエネルギーを消費するのかの目安(B-A)を毎日足していった値ということです。
冷房デグリーデイはBが冷房設定温度になり、A>Cとなる日につ...続きを読む

Q承認図という表現に税金がかかる?

現在、官庁の仕事をやっています。
今日、納入する機器のリスト(御承認図)をもって
設計事務所へ行きました。
すると、設計事務所の担当者が、御承認図だと、税金がかかるから
納入仕様書という表現のほうが良いといいました。
私は、これまで10年以上このような書類を書いていますが
初めて、御承認図が不適当な表現だといわれました。

その設計事務所の担当者に、誰に税金がかかるのですか?と
たずねたところ、よく分からないが昔からそう言われている。と
言う返事しか返ってきませんでした。
どうも、話の出所はわからず、慣わしのようなものみたいです。

自分なりに、承認図、税金と言うキーワードで
検索してみましたが、分かりませんでした。

その件についての解答と、参考になるホームページが
有れば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平成7年11月の建設業協会発行文書より以下抜粋

>「施工図」「製作図」等(以下「施工図等」)を請負業者が作成し、その内容について発注者又は監理者(設計事務所等)の承認(承認印)を受けた上で工事を施工しているところですが、この都度、国税局より承認印を受けた施工図等には印紙税の課税文書(印紙税法の第2号文書)に該当するものも有るとの指摘を受けました。これを受けて、我々関係業界団体において協議を重ね検討した結果、施工図等には承認印に変えて受領印を押印する場合・・・

の内容が昔発行されています。

今回のご指摘はこれを受けての内容と思います
今後ご検討された方が良いように思います
ちなみに、我が社はその印欄は承認という名称はなくし
発注者・監理者に変更しました

Q記号の意味 GH、FH

地図にGH、FHとあります。
=3.5とか数字が書いてあるので、高さだと思いますが、何の略でしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

想像ですが、日本地図とか5万分の1地形図とか観光地図とかいうような普通の地図ではなくて、道路を作るとか宅地を造成するとかいうような土木工事の図面ではありませんか?

GH:地盤高 工事前の地面の高さ
FH:計画高 工事後の(道路や造成物などの)高さ

もし、GH=3.5 mで、FH=10.5 mなら 7メートルの盛土をすることになり、GH=3.5 mでFH=2.0 m なら 工事で1.5メートル削ります。

こういうものと無関係な地図であれば、補足してください。

Qスパンドレル

建築用語で「スパンドレル」という言葉があります。
これは建物の部位の名前を指すことばですが、なにを示すかを教えてください。
アルミスパンドレルのことではありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

建築基準法施行令112条に定められている、外壁の区画のことだと思います。
開口部から開口部への火の回りを防止するために、開口部同士の間隔をあけたり、耐火構造のもの(ひさしや腰壁など)で遮ったりすることを求められています。その、遮るものを「スパンドレル」と称します。
http://www.sankyoalumi.co.jp/om_lib/technology/pdf/siryo_07.pdf

参考URL:http://www.sankyoalumi.co.jp/om_lib/technology/pdf/siryo_07.pdf

Q転落防止手摺の間隔

建築基準法に規定の、転落防止手摺等(令126)については、一定規模・階数(令117)の建築物に対して、設置を規定しているかと思います。
この際、手摺子の間隔は、特段に規定が無いものの、一般的には15cm以下とかが一応の推奨寸法かと思います。
この件については、民事損害賠償事件での判例を元にしていると聴いたことがあるのですが、その判例そのものを知りたいのです。
いくら調べても出てこないのです。ご存知の方、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

建築基準法では確かに手摺子の間隔については規定はありませんが、住宅都市整備公団・住宅金融公庫などでは手摺子の間隔は11センチ以下と定められています。
ですので設計者としては、手摺子の間隔11センチ以下は一般的な常識であると思います。(デザイン・用途によっては違ってくるのでしょうが)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング