プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

X線において、多結晶と単結晶では回折パターンがどのように違うのですか??また、その理由を教えてください。リング状とスポット状の違いというふうに予想はしているんですが・・・。

A 回答 (1件)

XRDについての基礎は,ご存知と思いますので・・・


鏡による回折(反射)を思い浮かべてください。
もちろん,XRDではブラッグの式を満足する回折条件
でなければ,回折は起りませんが・・・
鏡の面に入射した光は,反射を起こしますよね。
しかし,鏡と水平に入射した光は回折を起こしません。
かりに,鏡を砕いて粉末にした場合,鏡の面に相当する
面が存在する確率が増大するわけです。したがって,粉末XRDでは,ほぼすべての面指数からの回折ピークを得ることができます。
逆に,単結晶の場合は,X線を回折する面指数には限りがあります。したがって,特定の方位だけのXRDパターンとなります。一度,図に描いて,考えてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今までできなかった考え方で考えることができました。とてもわかりやすかったです。ありがとうございます。

お礼日時:2002/07/15 10:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング