楽天カードリボ払いの包括信用購入あつせん手数料とは、利子の事でしょうか?

毎月元金が10,000円ずつ支払ってるのに

手数料が8000円で合計18000円も引き落とされています。

毎月8000円位の利子だと、1年で96000円も利子がつきますよね

ショッピングってこんなに利子が高いんですか?

これだったらキャッシングしたほうが利子安い気がするんですがどうでしょうか・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

たぶん、リボ払いの手数料計算を把握していないまま・・・利用されているのでしょう。



・リボ残高×リボ年利÷月割り12ヶ月=リボ残高に対する1ヶ月分の利息手数料
http://www.rakuten-card.co.jp/service/payment/re …

他の回答者さんが既に指摘されているように、リボ残高が多すぎるわけです・・・。
・リボ残64万円×年利15%÷12ヶ月=8000円

楽天カードのリボ払いの返済は「元金定額返済」です。
残高返済分(毎月の返済分)+利息手数料を支払っていく方法です。

なので、現状の残高では、毎月1万円+利息手数料7000~8000円の支払いが続きます。
もし、これからもリボ払いを多用するなら、残高は減りませんから・・・完済は程遠いです。


キャッシングは18%ですから、もっと利息手数料は高いです。
http://www.rakuten-card.co.jp/service/payment/ca …


リボ払いなんて、「その場しのぎ」のピンチに使うだけの支払方法です。
多用すれば、支払いが追いつかず、借金は減らないまま、いつまでも支払い続けます。


基本的には、リボ払いは「サラ金の支払方法」と同じです。


カード会社はリボ払いを勧めていますが、まんまと罠にハマっているわけです。
支払いが追いつかない=支払いが終わらない=いつまでも利息手数料がカード会社に入る、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました<(_ _*)>
18%って高いですね。
いつ完済できるのか不安になってきました。。
もう二度とリボは使いません。

お礼日時:2013/07/22 22:38

包括信用購入あつせん手数料はリボの利息(手数料)の事です。



8000円の手数料は10,000円に対する手数料ではないですよ。
楽天のリボの手数料率はおそらく15%なので、リボ残高が64万円もあるから8000円の手数料が付くのです。
このまま元金1万ずつしか返さないと5年たってもまだ返し終わらないということですね。

ちなみに、キャッシング手数料は楽天カードの場合18%なので、ショッピングリボの方が安いです。

毎月1万しか払わないと言うことだけに目を奪われ、残高を意識しないとこのように手数料が膨れ上がっていくので注意しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
リボって怖いですね。。
早く返済したいです。

お礼日時:2013/07/22 22:38

利子の事です。



仮に残金が64万円で利率が15%であれば、
1か月の利息は8000円になります。

利率はカードが届けられた時の台紙か、
楽天のe-NAVIにログインすれば確認できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました<(_ _*)>
感謝です。

お礼日時:2013/07/22 22:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国債・長期金利・日本国の信用度・景気

10年国債の金利が高い=長期金利が高い=日本国の信用度が低い(返済されないかも)=国内景気が悪い証拠。
10年国債の金利が低い=長期金利が低い=日本国の信用度が高い(絶対に返済される)=国内景気が良い証拠。

って解釈でOKですか?

Aベストアンサー

10年国債の金利が高い⇔市場金利が高い=資金需要が旺盛=国内の景気がよい
10年国債の金利が低い⇔市場金利が低い=資金需要が乏しい=国内の景気が悪い
一般に好況では金利が上がり、不況になると金利が下がります。
日本の長期不況下で、日銀は長くゼロ金利政策を続けました。それでもなかなか資金需要が伸びませんでした。

Qカードの翌月一括払いで手数料の請求?

先日、都内大手楽器店で楽器を購入したのですが、カードの翌月一括払いで購入金額の他に手数料(約一万円)の請求を受けました。不思議に思いカード会社に問い合わせたところ、「楽器店との契約がそうなっている」とのこと。何の説明も受けていなかった私は楽器店に問い合わせましたが、担当の販売員も知らなかった様子。非を認めた販売員に手数料の返却を求めたところ、「現金での返却はできませんので、手数料の金額分の何かを買ってください」という返答がきました。
あらかじめ知らされてない請求を受けた上、その金額分の買い物を強制されるのってありなんでしょうか?
ちなみに引き落としは終わっており、こちらの返答は保留したままにしてあります。

Aベストアンサー

補足ありがとうございました。

三者が当事者となっている金銭トラブルのときには、責任の所在が曖昧に
なりがちです。そのため、kowkieさんが代金の返金を請求すべきなのはカード
会社なのか、それとも楽器店なのかさえも分りづらくなっているわけです。
そのため、各人の過失の度合いについて整理してみました。

まず、類似のトラブルが過去にあったのにもかかわらず、kowkieさんのケースが
発生しているというのは、クリアな決済システムを構築できないカード会社に
問題があると考えるのが妥当でしょう。

すなわち、たった一人の店員のケアレスミスが、売買契約で最も重要とされる
金額において、不一致のトラブルを簡単に引き起こしてしまう決済システム
そのものに欠陥があると考えます。

但し、カードの発行時の契約書に、そういう事態を想定した免責事項が明記
されているとしたら、kowkieさんの過失ということで事は終わってしまいます。

しかし、お話の内容から察しますに、カード会社からは、そういった主旨の説明
を受けていらっしゃらないようですので、結局は、加盟店の過失をkowkieさんが
被った形になっているのが今回のトラブルの相関図であると私は捉えました。

つまり、加盟店である楽器店がミスを気づいた段階で、本来は、手数料の
上乗せ忘れをカード会社に相談すればよかったのです。
(もしキャット伝票にkowkieさんの電話番号が記入されていればすぐに
問い合わせの電話が来たかもしれませんが、氏名のサインしか残していないと、
店はカード会社経由で連絡を取るしか方法がないからです。)

そこで、それを決済日(決済の通知状が届いた日)まで放置していたから
こんなことになったんだと、店の販売員ではなく最高責任者に直に返金を
交渉してみてはいかがでしょうか?

それがダメなら、既にアドバイスにあった国民生活センターに連絡してみるとか、
あと、手間とコストがかかりお勧めは出来ませんが、もうカネの問題じゃない!と
お考えなら、少額訴訟制度(経費は5千円程度)で訴えることも、効果があると
思います。
もちろん、その楽器店に二度と買い物しに行かない決意も要りますが。

さらに、事が複雑なだけに、自信がなくなってきましたので、
「法律」のカテゴリーで、再度この質問をされてみてもよろしいかと思います。

最後に、カード会社からの指導が各加盟店に徹底しないのは、おそらく、その対象
となる金額が小額になるケースが多くて、消費者が泣き寝入りしているために、
彼らも真剣に取り組まないことが考えられます。

以上、多少でもご参考になれば幸いです。


▼あまり参考にならないかもしれませんが...
http://www.mktz.com/creditfaq/faq0300.html#Q0304
http://ala.espacio.net/cardnews/ala5/index.html

参考URL:http://www05.u-page.so-net.ne.jp/cf6/tadayuki/

補足ありがとうございました。

三者が当事者となっている金銭トラブルのときには、責任の所在が曖昧に
なりがちです。そのため、kowkieさんが代金の返金を請求すべきなのはカード
会社なのか、それとも楽器店なのかさえも分りづらくなっているわけです。
そのため、各人の過失の度合いについて整理してみました。

まず、類似のトラブルが過去にあったのにもかかわらず、kowkieさんのケースが
発生しているというのは、クリアな決済システムを構築できないカード会社に
問題があると考えるのが妥当でし...続きを読む

Q信用取引の金利について教えてください

 信用取引で買いの場合、支払う金利が大変高い(低金利時代なのに)ように思われますが、大体年利何%位と考えておけばよろしいのでしょうか。
 又、金利は証券会社によって差があるものでしょうか。

Aベストアンサー

こちらを どうぞ
 http://kakaku.com/stock/result.asp?Tab=T2

Qクレジットカード一括払いでの手数料について

こんばんは

クレジットカードの一括払いの手数料についての質問です。

先日あるサイトでお買い物をしたのですが、クレジットカード決済の手数料を取られてしまいました。カード会社には購入金額+手数料315円で請求が上がってるそうです。

この手数料というのはお店がカードを切る時の手数料ですよね?

以前カードの一括の場合請求するお店もあると聞いたのですが、法律?規約的にはどうなのでしょうか?
一括払いで手数料を取られたのは初めてだったので、何故かやるせない気持ちでいっぱいです。

たった315円と思いますが、ちょっと大きい買い物をしたので、痛い出費です。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に、カード決済の手数料は、加盟店とカード会社の間の約款で、利用客に転嫁してはならないことになっています。

私も以前、カード払いでPCを見積り依頼したところ、5%の手数料が上乗せされてきたので、その見積書を添付してカード会社にクレームを出したら、すぐに加盟店に対して厳重注意してくれました。
また、実際の決済の際に手数料を請求してきたら、一報してくれれば手数料取り下げの手続きを取るとも言ってくれました。

というわけで、まずはカード会社に通報したらどうでしょうか?

Q海外の信用取引の金利について

海外の信用取引の金利は10%ぐらいで日本の金利(2~3%)と比べるとかなり高めですが、これはアメリカの金利が5%と日本の金利に比べて高いためでしょうか?
また、金利が10%も掛かると、年間を通して借りると10%金利が掛かるため11%以上で運用しないと利益が出ないことになります。
それだったら、預金して年間5%のFix incomeをもらったほうが断然得だと思います。
また、金利がかなり高いので信用やるくらいだったら先物(金利が掛からない?)やった方が良いような気がします。
ご助言宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

日本円で金を借りてドル(ユーロ)を買って、そのドルで高利回りの金融商品に投資するのが円キャリートレードです。
多くのヘッジファンドなどはこの方法で資金調達・運用を行なってきました。

今年春先に世界の新興国で株が暴落したのは、日銀の量的緩和解除によって
円キャリーを行なっていた面々が一斉にポジションを縮小したからと言われています。

Qクレジットカードのリボ払い手数料のつき始める日は?

ライフカードとかイオンカードとかいろいろ作ろうと思っています。

現状ではリボ払いを利用するほど大きな買い物をする予定はありませんが、普段口座には多額のお金を置かないので、とりあえずリボ払いにしておけば間違って残高不足でという事故も防げて安心です。そこでカードは全部リボにしておいて、時間のあるときに残高を確認しながら能動的に支払っていくような体制にしたいと思います。

そこで、カードでショッピングに使った金額の支払いをリボ払いにしてあるときに金利が付き始める日が知りたいのですが、
(1)店で使用した日
(2)請求がカード会社に上がった日
(3)カードの〆日
(4)リボ払い利用代金の初めての支払日
のどれが正しいのでしょうか?

カスタマーサポートに電話してみても、聞き方が悪いのかもしれませんが答えがまちまちで今ひとつ要領を得ません。ひとつよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ライフカードは、会員規約に以下の記述があります。
「第2条 (カードショッピングの締切日・支払方法等)
4)1.リボルビング払いの場合、会員は、カードショッピングの締切日における日本国内及び日本国外での利用代金の残高(以下「利用残高」という)に対して、実質年率15.0%(実質月利1.25%)の手数料を支払うものとします。ただし、初回分の手数料は、利用の翌日から初回返済日までの日数にかかわらず1か月分とします。」
といことで、初回返済日の1ヶ月前ということになります。

イオンカードは会員規約を見てもよくわかりませんが、同じように1ヶ月分の利息を取るようなイメージで書かれています。

ちなみに、質問の(1)はキャッシングのみで、ショッピングでは通常どの会社でも適用していません。これは、ショッピング伝票は遅れて回収されることがあるため、利用日からの起算では顧客の手数料が大きくなりすぎる可能性があるからです。
(2)についても、顧客からするとわかりにくいので、あまり採用している会社は無いと思われます。
(4)はオリコのUPTYが該当します。つまり最初の返済日までに全部入金してしまえば、一回払いと同じことになり手数料がかかりません。

ライフカードは、会員規約に以下の記述があります。
「第2条 (カードショッピングの締切日・支払方法等)
4)1.リボルビング払いの場合、会員は、カードショッピングの締切日における日本国内及び日本国外での利用代金の残高(以下「利用残高」という)に対して、実質年率15.0%(実質月利1.25%)の手数料を支払うものとします。ただし、初回分の手数料は、利用の翌日から初回返済日までの日数にかかわらず1か月分とします。」
といことで、初回返済日の1ヶ月前ということになります。

イオンカードは会員規約を...続きを読む

Q信用取引の金利について…

信用買いや信用売りの金利は証券会社ごとに多少違うのでしょうか?

平均してどのくらいの金利なのでしょうか?

簡単で結構です教えてください。

Aベストアンサー

信用取引の金利は、各証券会社で自由に決めることが出来ますから、一定ではありません。
参考urlをご覧ください。


現状では買い方が支払う金利は2%前後、売り方が受け取る金利は0%が一般的です。
幾つかの例は、下記のページをご覧ください。

http://www.kosei.co.jp/index-home/NewInfo/News000929.htm

http://www.03trade.com/top/trust5_2.html
http://www.kabu.com/FAQ/Category/Shinyou/13_4.asp

http://www.e-shiten.jp/TorihikiRule/shinyo_13.html

参考URL:http://all.toyokeizai.co.jp/luther/22.html

Q元利金等払いの利子を求める計算式

元利金等払いの「支払金利総額」の求め方を教えてください。例えば、35年の住宅ローンで、年利3.24%で1億円借りた場合、最終的に、あるいは、途中までの支払金利総額を求める算式を教えてください。できれば、初心者に分かりやすい、考え方と算式でお願いします。 ちなみに、エクセルの入力方法とかではなく、答えを求める過程の「計算数式そのもの」を教えていただきたいのです。

Aベストアンサー

#1さんのご回答に補足します。
大変失礼とは思いますが、#1さんのご回答にある計算式には、
参考URLに記載されているものからの転記ミスがあるように思い、
下記にもう一度記載させていただきました。

分母にある「-返済回数」はべき乗を表します。
従って以下のとおりとなります。

                  借入金額×利率
     毎回の返済額=――――――――――――
                         -返済回数            
                1-(1+利率)

上式の分母を別の書き方をすれば

          1      返済回数   
 1-   (――――――)
        1+利率

となります。

金融機関からの住宅ローンなどの借入の場合は
毎月の返済となるのが一般的です。
この場合、年2.4%などと表示されている住宅ローンでは
上記の式で利率には月利を使います。
つまり年2.4%であればこれを12分の1にして
0.2%を使うことになります。
同様に返済回数も期間35年であればこれを12倍して
420回を使うことらなります。

#1さんのご回答に補足します。
大変失礼とは思いますが、#1さんのご回答にある計算式には、
参考URLに記載されているものからの転記ミスがあるように思い、
下記にもう一度記載させていただきました。

分母にある「-返済回数」はべき乗を表します。
従って以下のとおりとなります。

                  借入金額×利率
     毎回の返済額=――――――――――――
                         -返済回数            
            ...続きを読む

Q信用取引で売り買いするときの借株金利は?

そろそろ信用取引を考えています。今までは現物買売だけしてきました。信用となると買いから入っても売りから入っても株を借りることになりますが、借株の金利は日歩何銭ぐらいかかるものなのでしょうか?証券会社によって大きく変わるものでしょうか?ご教授ください。

Aベストアンサー

買いから入ると融資の金利が必要です(買った株は担保となりますが貸株料は受け取れません)。
売りから入ると貸株料を必要とします。これは制度信用と無期限信用でも異なりますし、逆日歩(需給バランス調整に証券取引所が定めて日々公表します)も必要です。
概ね概算としては年利4.5%程度は金利等で必要です(両端入れ)。逆日歩は時として2円70銭程度迄は行きます(1株1日当たりの価格)。5円になってパンクした投資家も居ます。だからこそ信用・先物取引には追加証拠金を積めるだけの余裕が必要。

Q商品代引きの手数料は何円?

商品代引きの手数料は何円ですか?それと銀行振り込みの手数料も教えて下さい。

Aベストアンサー

再び、breezeです。
今見ましたら…補足を入れていただいていますので…

“都銀”とは、都市銀行のことです。
全国的に展開している、東京三菱とか第一勧銀とか三和とか冨士とか、ああいう銀行ですね。
“地銀”とは、地方銀行のことです。
京都銀行もまた地銀です。

午後3時以降は、ATM機で振込を受け付けてくれますが、
閉店後ですので、実際には翌日付けの振込になります。
ATM機で実際にやってみたら、“翌日付になりますが、よろしいですか?”
と機械が聞いてくるので、すぐわかりますよ!

“そんなことも”というのは、インターネットでの振込のことですか?
京都銀行でも、他の銀行でも、やっていますよ!
あらかじめ登録が必要ですが、手数料はATMと同額ですし、
よく振込を行う人には、便利だと思いますよ!
インターネット上で調べてもいいのですが、もしあまりご存知ないなら、
銀行のATM機のところに、よくパンフ兼申込書みたいなものが置いてあるでしょう?
あれを取ってきて、じっくり読まれるのが最善だと思いますよ。

念の為、私の申し上げた2つの銀行(住友・京銀)について、
UPLを載せておきます。

http://www.sumitomobank.co.jp/cgi-bin/eb/index.cgi
http://www.kyotobank.co.jp/directb/index.html

参考URL:http://www.sumitomobank.co.jp/cgi-bin/eb/index.cgi

再び、breezeです。
今見ましたら…補足を入れていただいていますので…

“都銀”とは、都市銀行のことです。
全国的に展開している、東京三菱とか第一勧銀とか三和とか冨士とか、ああいう銀行ですね。
“地銀”とは、地方銀行のことです。
京都銀行もまた地銀です。

午後3時以降は、ATM機で振込を受け付けてくれますが、
閉店後ですので、実際には翌日付けの振込になります。
ATM機で実際にやってみたら、“翌日付になりますが、よろしいですか?”
と機械が聞いてくるので、すぐわかりますよ!

“...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報