今日バイトの面接に行き、派遣登録という形でアルバイトを提供(?)してくれるらしいです。

そのときに源泉徴収、年末調整のことを話しており、個人的に意味不明だったので調べましたが、


私は既にもう一つの本業である単発バイトAがあり、
そちらになんちゃら控除申請書を提出しました。

今日バイトBで、なんちゃら控除申請書をいただきましたが、
それは年末調整の時に必要、提出してくれ、と言われ持ち帰りました。
どうやら他のところで仕事をしている時も、こちらを主働き場としてくれれば、
他の源泉徴収所を持ってくれば年末調整すると言ってました。
逆に(他を主としている場合)バイトBの源泉徴収所を持って行けばいい、と言ってました。

私は今回の選挙バイト以外、こちらのバイトBで仕事をするつもりは全くありません。


(1)原則バイト掛け持ちは確定申告と知っていますが、バイトBがいっていたように、バイトAの方で年末調整をすることは出来ますか?(もちろんバイトAの方で確認を取りますが……)

(2)少々趣旨が外れますが、これ以降派遣という形で仕事をするつもりが無いならば、バイトBの登録はすぐ切った方が良いですか(こちらは今日聞きそびれてしまいました……)

(3)仕事を辞めた場合は、確定申告は必要ない、と聞きました。こちらはバイトAで、バイトBの働いた分の源泉徴収所をいただいて年末調整をしてもらうのですか?

 乱文で失礼します。細かいことはバイト先で尋ねますが、最低限知識だけは得ておきたいと思いましたので、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

国民には納税の義務があります。

本来は自分で納税するものです。ただ、労働者が全員税務署で処理をすると人数が多すぎてパンクします。そこで、労働者を雇っている会社が代行します。毎月給料から天引きしていますが、本来は税金額は年間で決まるので年末に調整します。それが年末調整です。ですので、最終的には会社で年末調整してもらわなくても自分で確定申告すればOKです。複数会社で働いているときなどは自分で確定申告するのが普通です。

(3)については、上記でお解りと思いますが、税額は1年間で決まりますから、年間の途中で辞めようが納税は必要です。年末調整の時、その会社にいないわけですから自分で確定申告するのが一般的です。
他の会社での収入まで明示する必要はないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがつございます

お礼日時:2013/06/27 19:16

別に自分で確定申告するなら必要ないです。



年末調整してもらっても、そんなに戻るほど稼ぎもなさそうですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございます。

お礼日時:2013/06/27 19:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主についての源泉徴収票

個人事業主には源泉徴収票は発行されませんか?

Aベストアンサー

基本的な事ですが、源泉徴収票は給与を支払った者が、給与の支払いを受けた者に発行するものです。

個人事業主であっても、どこかに勤務してるあるいは法人の役員になっていて給与や報酬をもらっている立場なら、発行されるわけです。

個人事業主が自分に給与を払うということは、税制では認められてませんので、自分が自分に支払った給与の源泉徴収票の発行を受けることは「不能」です。

Q退職後派遣で勤務の年末調整

今年6~8月まで生保営業員として勤務し、退職後11月中旬から12月末まで派遣で週末のみ勤務しています。この場合の年末調整はどうしたらいいのでしょうか? なにもしないと住民税が来年大変なのでしょうか? 

Aベストアンサー

来年の2月中ころから3月15日までの間に、税務署へ行って「確定申告」の手続きをします。
手続きの説明については、下の国税庁のホームページを参照してください。

収入が無くても住民税は支払わなければなりませんから、何もしないと大変ですね・・・。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kanpu/tyuto/4-A-00.htm

Q個人事業主が個人に翻訳依頼し場合の源泉徴収

個人事業主が個人に翻訳依頼した場合、源泉徴収しなければならないのでしょうか?

こちらを見ると翻訳は源泉徴収に該当する職種として載ってないように思うのですが、どうでしょうか?
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

Aベストアンサー

リンク先には一部の主な内容しか記載されていません。
全てを見るにはこちらをどうぞ。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

翻訳の報酬・料金は1号に記載されています。
よって源泉対象となります。
翻訳の報酬・料金に対する税率は「報酬・料金の額×10%ただし、同一人に対し1回に支払われる金額が100万円を超える場合には、その超える部分については、20%」とあります。

>個人事業主が個人に翻訳依頼した場合

報酬・料金等の源泉徴収は「源泉徴収義務者」であることが要件ですので、個人事業主であれば誰かを雇用している(給与支払者である)事が必要です。

誰も雇用せず、一人親方であれば源泉徴収義務者ではありません。
その場合、源泉徴収は必要ありません。

Q年末調整の氏名

現在 別居中で離婚届けも記入済みで提出すだけの状態です。
年末調整の氏名は現在の姓でやりたいのですが、離婚届けをいつ出せば、現在の姓で年末調整が通りますか?
1月1日時点という話を聞いたのですが・・・。
もしそうであれば、1月2日に提出しても構わないのでしょうか??

Aベストアンサー

税金は12月31日できりです。19年度の扶養控除等申告書は、年内に変更があればその都度訂正します。また、年末調整は、字の通り<年末>にやるものです。
年が明けて1月1日からは、平成20年度扶養控除等申告書を提出します。
したがって、現在の姓でということは、年が明けてから平成20年度分を訂正することですね。ですので、離婚届も1月に入ってからがよいように思えますが・・・。

Q個人事業主が支払う源泉徴収税

私は個人事業主として音楽活動していますが、ライブやレコーディングなどで
プロミュージシャンに、演奏してもらった謝礼には、
源泉徴収税を支払う必要があるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

原則として、報酬として支払う額から源泉徴収して、税務署に納付する義務がありますよ。
↓これが国税局タックスアンサーです

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

特例的に、サラリーマンが弁護士・税理士に報酬を払った場合には源泉徴収義務がありません。
事業をしてても、給与を払ってない、いわゆるお手伝いさんに給与を払ってるというかたは「源泉徴収義務」がありません。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm

ご質問者が給与の支払いをしてて「源泉徴収義務者」なら、ミュージシャンに支払う報酬から源泉徴収して納付する義務があります。
個人事業主というだけで、給与支払をしてる人がいないというなら、源泉徴収義務者ではありませんので、今回支払いの報酬から源泉徴収をする必要はありません。
但し、源泉徴収をして、ご質問者の名前で税務署に納めてもかまいません。

質問「プロミュージシャンに、演奏してもらった謝礼には、源泉徴収税を支払う必要があるのでしょうか?」は
正確には「プロミュージシャンに、演奏してもらった謝礼を支払う際に、源泉徴収税を天引きして、それを税務署に支払う必要があるのでしょうか?」だと思います。
もっと違う意味のことを質問してるというなら、どうか御容赦ください。

原則として、報酬として支払う額から源泉徴収して、税務署に納付する義務がありますよ。
↓これが国税局タックスアンサーです

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

特例的に、サラリーマンが弁護士・税理士に報酬を払った場合には源泉徴収義務がありません。
事業をしてても、給与を払ってない、いわゆるお手伝いさんに給与を払ってるというかたは「源泉徴収義務」がありません。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm

ご質問者が給与の支払いをしてて「源泉徴収義務者」なら、ミュージ...続きを読む

Q年末調整について

今年の6月まで働いて、今現在働いていない場合は年末調整はどうしたらよいのでしょうか?
年末調整を申請したらいくらくらいお金が戻ってくるのでしょうか?
初めてなもので、何もわからないのでどうかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

年末調整は、12月のその年最後の給料か賞与の支給時に行ないますから、12月に会社に勤務していない場合は、ご自分で確定申告をすることになります。

確定申告は、翌年の2月16日から3月15日の間に、税務署へ、前の会社の源泉徴収票と印鑑を持参すれば、書き方を教えてもらえます。

なお、生命保険料や損害保険料、給料から控除しないで自分で支払った社会保険料(国民健康保険・国民年金)、医療費控除が有るときは、保険会社からの証明書・医療機関からの領収書、国民健康保険・国民年金の保険料の金額の判るメモと印鑑を持参すれば、控除出来ます。

又、源泉税は1年間勤務した場合を想定して控除していますから、年の途中で退職した場合は、源泉税を取りすぎていて、確定申告をすれば殆どの場合還付されます。

このように、還付になる場合は1月の上旬から税務署で受け付けていて、税務署も比較的空いていますから、親切に教えてもらえます。
還付になる場合は、還付金を振込んでもらう銀行の通帳か口座番号のメモも持参します。

なお、インターネットで申告書を書いて、印刷して郵送する方法も有ります。
参考urlをご覧ください。(15年分は来年になれば出来ます)

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm#01

年末調整は、12月のその年最後の給料か賞与の支給時に行ないますから、12月に会社に勤務していない場合は、ご自分で確定申告をすることになります。

確定申告は、翌年の2月16日から3月15日の間に、税務署へ、前の会社の源泉徴収票と印鑑を持参すれば、書き方を教えてもらえます。

なお、生命保険料や損害保険料、給料から控除しないで自分で支払った社会保険料(国民健康保険・国民年金)、医療費控除が有るときは、保険会社からの証明書・医療機関からの領収書、国民健康保険・国民年金の保険料...続きを読む

Q源泉徴収義務者に当てはまらない個人事業主から報酬をもらった場合

源泉徴収義務者に当てはまらない個人事業主から報酬をもらった場合、それは受け取り側が確定申告の際に自分で計算し、納税するのでしょうか?

Aベストアンサー

>マンションを個人でやっている民泊代行者にお願いし、収益の何%…

それなら確かに該当しません。

>該当するものはないようなので、源泉徴収は不要ということ…

不要というか、源泉徴収などしてはいけないということです。

Q年末調整での年金の申請の仕方

4月~10月まで無職でした。その間、年金は個人で支払っていました。
11月から社会人復活することになり給料天引きとなります。7ヶ月間の年金はカード引き落としでしたが、年末調整の時にどのようにして申請すればいいのでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

11月に社会保険事務所から「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が送られてきます。
年末調整のとき、会社から「保険料控除申告書」を提出するように渡されますから、その金額を記入し、証明書を書類の裏に添付して出せばいいです。

Q個人事業主の源泉徴収と確定申告について質問です。

基本的な質問で申し訳ありませんが、個人事業主で、報酬は源泉徴収されています。
起業1年未満の昨年の確定申告はマイナスの赤で、源泉徴収分が還付されました。
今年度は、所得税を納めるようになるかと思いますが、この場合、源泉徴収後の収入から経費を差し引いた分に対して、税額を計算するのでしょうか?源泉徴収されているのにさらに所得税を納めるというのが理解できないでおります。
源泉徴収後の収入に対して所得税がかかるということでよろしいのでしょうか。
昨年は、赤であったため源泉徴収分が還付されたと考えておりますが、いまいち仕組みがよく理解できません。申告して所得税を納めればまた源泉徴収分が還付されるのでしょうか?
以上ご回答を頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

>報酬は源泉徴収されています…

具体的にどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>源泉徴収後の収入から経費を差し引いた分に対して、税額を計算するのでしょうか…

違う、違う。

そもそも所得税というものは1年間の所得額が確定してからの後払いが原則です。
サラリーマンの給与と、個人事業主のうち前述の一部職種では、仮の分割前払いをさせられます。
源泉徴収は、あくまでも仮の分津前払い、取らぬ狸の皮算用ですから、1年間が終われば過不足を生じることも多々あり、これを是正するのが確定申告です。

>いまいち仕組みがよく理解できません…

確定申告書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h24/02.pdf
を書いた経験があるなら、書き込む順序を復習してみれば、分かるはずです。

○ア欄「収入金額」および○1 「所得」欄は「収支内訳書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdfまたは「青色申告決算書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf
からの転記。
収支内訳書にも青色申告決算書にも「源泉所得税」という欄はなく、前払い前の数字を記入することが分かります。

確定申告書に戻って、各種の所得控除などを書き込んでいって、○39欄「差引所得税額」がその年に本来払うべき税額です。

その次に、○42欄「源泉徴収税額」で前払い分を引き算して、○43 欄「申告納税額」が確定申告後に納める後払いの税額です。

>昨年は、赤であったため源泉徴収分が還付されたと考えておりますが…

去年はこの○43 欄が負数だったので、納めるの反対、すなわち還付されたのです。

>申告して所得税を納めればまた源泉徴収分が還付されるのでしょうか…

前払い分を引き算して納めるだけ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>報酬は源泉徴収されています…

具体的にどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.j...続きを読む

Q年末調整の続柄について

教えてください。
世帯主は自分の親の場合、
あなたとの続柄は何になるのですか?

Aベストアンサー

父または母です。
基本的に自分からみてどの立場なのかということを考えると結構楽にわかりますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報