タイトルどおりですが、古事記や日本書紀なんて原書は現存するんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

原書というのは伝わってないはず、



古事記の現存する最古の写本は真福寺本『古事記』で1371年にかかれたものですね、

日本書紀は奈良国立博物館蔵の『日本書紀』巻第十残巻(国宝、田中本)が一番古いそうな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり原書っていうのは、残ってないんですねえ。 残念。

お礼日時:2004/03/26 17:37

古事記の原本は失われています。



下のサイトで
現存するものでは最善の写本といわれる
「真福寺本」を見ることができます。

参考URL:http://www.neonet.to/kojiki/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/26 17:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古事記を扱った昔のアニメ

私が小学生くらいの時(1974年生まれです)、夏休みに時々やっていたアニメのタイトルを、どなたか知っていたら教えてください。

古事記に関する話を扱った内容で、ヤマトタケルの尊が出てくる冒険活劇だったと思います。絵のタッチや色合いがとてもまろやかで、現代のアニメのような光る演出や原色はあまりなかったことを覚えています。時々むしょうに見たくなるのですが、「ヤマトタケル 昔のアニメ」などで検索しても見つかりません。

情報が少なくて申し訳ありませんが、どなたかご存知の方がいたらぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

少し年上のアニメ好きです。
昔見た覚えのあるアニメをご紹介しますね。
お探しのものと同じだといいのですけれど…違ったらごめんなさい。

わんぱく王子の大蛇退治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8F%E3%82%93%E3%81%B1%E3%81%8F%E7%8E%8B%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%9B%87%E9%80%80%E6%B2%BB
https://www.youtube.com/watch?v=FXMsSm3OuFw

Q天孫降臨という言葉は、古事記や日本書紀に記されているのですか? あるいは、後世に作られたのですか?

天孫降臨という言葉は、古事記や日本書紀に記されているのですか?
あるいは、後世に作られたのですか?

Aベストアンサー

こちらが、
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/772088/56
写本ですが、古事記の原本で6行目位からが天孫降臨になるようです。
古事記・日本書紀共に
http://www.seisaku.bz/shoki_index.html
に分かりやすく転記されています。
更に
http://www.ookuninushiden.com/newpage2.html
に現代語訳がありました。
分かりやすくするために、14.天孫降臨 などと表題をつけてありますが、
実際は、だらだらと全て連続して記述してあります。
14.天孫降臨も含めて、国生み、神生みなどは原文にはありません。
神話を分かりやすくするために、内容ごとに区切り、項目を付けたのではないでしょうか。
天孫降臨の代わりに天降と云う文字はいくつか見つかります。
天皇の孫で天孫や降臨 と云う言葉は当時はなかったのではないでしょうか。

Q古事記における成立論について質問があります

古事記の成立について質問があります。
現在、古事記について調べているのですが、古事記の成立論がどうなっているのか、いまいちよくわかりません。
ひえたのあれいや天皇が関わっている事、天皇家が正統な支配者であることを証明したいという事はわかったのですが・・・。
古事記の成立についてご存知の方いましたら、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 下記のサイトの要約になりますが……

 古事記は、日本書紀のような勅撰の正史ではなく、古事記の序によれば、稗田阿礼が誦んだ帝紀(天皇の系譜)・旧辞(古い伝承)を、太安万侶が書き記し、編纂したもので、原本が残っておらず、最古の写本も室町時代のもの(後述)であるそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98

Q日本書紀は、古事記について言及していません。なぜ?

古事記の序を信じれば、その成立の経緯は、天武天皇の命で編纂したもの、とされています。稗田阿礼が誦習していた天皇の系譜と古い伝承とを、太安万侶が書き記し編纂したもの、とされていますね。
天皇の命ですから、公のもの(大げさに言えば、国家事業)ですよね。
しかし、日本書紀は、古事記について言及していません。なぜでしょうか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、『古事記』と『日本書紀』では書物の性質が異なるからです。『古事記』は天皇氏なる一族の系譜を創世の物語として伝承された(殆どは当時の作り話である)口誦を文字に記した書物であり、一方の『日本書紀』はその編纂者も異なります。この編纂を主導したのは当時の政権中枢部にいた人物であり、それは藤原一族による政権維持を正当化する目的が背後にあったことも確実であり、また「国家の正統な歴史」を記すとの意味での編纂事業です。
 ですから、律令国家と天皇氏の歴史は必ずしも等号で結ぶことができない、との話になります。『書紀』が『古事記』と異なる部分は「記述の仕方」にも顕著に示されています。
 一代の天皇の治世下で「どの様な事象があったか」を時系列的に記述している。こうした意味で史書と呼ぶことも可能になります。
 けれども『古事記』の殆どは物語や古代歌謡による記述です。そうした部分からは史書とは評価しがたいとの見解もあります。
 僕自身は『古事記』はデタラメの巣窟であり、『日本書紀』にもあやしい部分がかなりあるとの立場です。他の史料との整合性が確認できなければ、それは史料としての価値はないに等しいとなります。

 簡単に言えば、『古事記』と『日本書紀』では書物の性質が異なるからです。『古事記』は天皇氏なる一族の系譜を創世の物語として伝承された(殆どは当時の作り話である)口誦を文字に記した書物であり、一方の『日本書紀』はその編纂者も異なります。この編纂を主導したのは当時の政権中枢部にいた人物であり、それは藤原一族による政権維持を正当化する目的が背後にあったことも確実であり、また「国家の正統な歴史」を記すとの意味での編纂事業です。
 ですから、律令国家と天皇氏の歴史は必ずしも等号で結ぶこ...続きを読む

Q小学6年生に読める、「古事記」はありますか?

小学6年生に読める、「古事記」はありますか?

小学6年生の息子が、本居宣長が長い年月をかけて解読した「古事記」を読みたいと言い、ネットで調べてみたのですが、難しそうでよく分かりません。
マンガで本居宣長の、伝記を読んで言い出し、文章を読むのが苦手な息子に本を読ませるいいチャンスだと思い、小学6年生でもわかる「古事記」を探しています。
マンガでないのがいいです。

何か、読みやすい「古事記」はないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「口語訳 古事記」  著者・三浦佑之

http://books.rakuten.co.jp/rb/%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%89%88-%E4%B8%89%E6%B5%A6%E4%BD%91%E4%B9%8B-9784163210100/item/1458728/


これは、現代語訳になっているだけでなく
お爺さんが昔話を話す口調で書かれているので (テレビ番組の「まんが日本昔ばなし」みたいな感じです)
子供が読んでも、分かりやすいと思います。

ただ、いくら現代語訳とは言え、『古事記』をぜんぶ読むとなると、けっこう量があります。
「口語訳 古事記」は、本文だけで350ページです。
普段、本を読む事にあまり慣れていない子だと、途中でイヤになっちゃうかもしれません・・・。



「図説地図とあらすじで読む古事記と日本書紀」 著者・坂本勝

http://books.rakuten.co.jp/rb/%E5%9B%B3%E8%AA%AC%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%81%A8%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%80%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9B%B8%E7%B4%80-%E5%9D%82%E6%9C%AC%E5%8B%9D-9784413007818/item/1789408/

この本は、『古事記』と、それとセットのように作られた『日本書紀』の要点が
地図や家系図と一緒に、とても簡単に書かれています。

すら~っと、あっと言う間に読めるので、『古事記』のストーリーを頭に入れるのには、非常に便利です。


私は史学系の大学で、『古事記』が書かれた時代を専門に勉強しているので
小さい子が『古事記』に興味を持ってくれるなんて、とても嬉しいです。

「口語訳 古事記」  著者・三浦佑之

http://books.rakuten.co.jp/rb/%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%89%88-%E4%B8%89%E6%B5%A6%E4%BD%91%E4%B9%8B-9784163210100/item/1458728/


これは、現代語訳になっているだけでなく
お爺さんが昔話を話す口調で書かれているので (テレビ番組の「まんが日本昔ばなし」みたいな感じです)
子供が読んでも、分かりやすいと思います。

ただ、いくら現代語訳とは言え、『古事記』をぜんぶ読むとなると、けっこう量...続きを読む

Q日本書紀と古事記と兄妹愛

●日本書紀と古事記の神代篇について…内容に差はあるのでしょうか?どちらも同じに思えるのですが…。
●また、兄妹始祖神話の例は多くあると聞きます。他にどのようなものがあるのですか?アダムとイヴもその例に入るのでしょうか?
●何故、最初の男女が兄妹の場合が多いのでしょうか?

 質問が多いですが、どうか宜しくお願いします。 

Aベストアンサー

 『日本神話』は、まとまった形としては『古事記』(712年成立)、『日本書記』(720年成立)に見られる、いわゆる『記紀神話』を主とし、『風土記』その他諸書に散見するものを含めて言います。記紀に見られる神話は同一ではありませんし、その性格も同じではありません。
 『古事記』に見られる神話は、歴史叙述の一環として、その上巻に記載されたものです。その本来の神話としての姿は幾分か認められるところがあるにしても、基本的には、それぞれまとまりをもっていたと思われる個々の(小さな)神話物語が、多分に潤色されながら、時の経過を示すように連接されて、序文に言う『邦家の経緯、王化の鴻基』として、天皇家の由来を語る歴史物語に体系化されたのでした。

 『日本書紀』の神話は30巻中の第一・二巻(別称神代巻上下)に見られますが、『記』に対してその特色は、およそ二点挙げられます。その一は、『一書曰』として多くの異伝を注記していることです。これは神話が早い時期に記載化されたことを窺わせています。第二は、『記』に見られる出雲を舞台にした『作る』の神話が見えないことです。これに加えて『書紀』では、本書伝と『一書曰』伝とが錯綜していることもあって、体系化の点では『記』に劣っていますが、『書紀』は、古伝承を漢文化しながらも忠実に記録したことでもあり、伝承の古態を探る上では有益です。

 国生み神話の論点の1つに、イザナギ・イザナミ二神の結婚が中国・朝鮮・東南アジア一帯に分布する『洪水型兄妹相姦神話』(洪水によって兄妹が生き残り、やむなく結婚して、はじめ不具児を出産しつつも人類の祖先となる)に当たるか否かという問題があります。国生み神話をこの型の神話あるいはその断片と見る研究者は多いですが、これを否定する服部旦説もあります。
 二神の結婚を兄妹相姦と見るか否かについては、アジア一帯の近親婚に対する充分な検討が必要でしょう。中国・朝鮮では、同姓不婚の制に見られるように近親婚への忌避がありました。一方、古代日本では、同母兄妹間は忌避されましたが、異母兄妹間の結婚は行われたらしく近親婚に対する禁忌の度は相対的に低いようです。各地域の近親婚に関する文化的差異を念頭に置かないと、それらに徴してイザナギ・イザナミが兄妹か否か、兄妹とすれば同母か異母か、その結婚が相姦と言えるか否かは簡単には論じられません。

 『日本神話』は、まとまった形としては『古事記』(712年成立)、『日本書記』(720年成立)に見られる、いわゆる『記紀神話』を主とし、『風土記』その他諸書に散見するものを含めて言います。記紀に見られる神話は同一ではありませんし、その性格も同じではありません。
 『古事記』に見られる神話は、歴史叙述の一環として、その上巻に記載されたものです。その本来の神話としての姿は幾分か認められるところがあるにしても、基本的には、それぞれまとまりをもっていたと思われる個々の(小さな)神話物語...続きを読む

Qなぜ古事記は正史と言えないのか?

日本書紀と古事記は両方とも勅撰の史書でありますが、なぜ古事記は正史と呼ばれないのでしょうか?
やはり神話や伝承を重視した古事記に対し(まあ、偽書であるとか、その信憑性はやはり怪しいものがあるようですが)、国威を示すための史実の記録を重んじた編年体の日本書紀の方が、歴史的にも正当性があるからでしょうか?
記された年はあまり大差ないのに、日本書紀の方を正史とするのはなにか腑に落ちません。どっちも正史にしちゃっていいじゃん、と感じています。
どなたか詳しい方、アドバイスでもよろしいので教えてください。
ちなみに、私はあくまで古事記は712年に完成されていたと思っています。

Aベストアンサー

お初です
"勅撰"と言う事では「記紀」ともにその通りだと思いますが、成立の過程が少し異なるものと思われます。「古事記」は序文に拠れば元明天皇から勅命を受けた太安万侶が稗田阿礼の暗誦していた帝紀・旧辞と言われる古い事柄を書き記して編集したもので、日本書記は舎人親王を中心とした編集者が多くの帝紀・旧辞と中国・朝鮮史書を参考に(引用も多数)記された歴史書(所謂正史)です。
古事記を偽書とする説もありますが、上代特殊仮名遣いが厳然と残っている点を踏まえると簡単に偽書だとは言い難いと思われます。ただ、日本書紀に比べると露出度は格段に落ちる事から神皇正統記のような性格のモノでは無かったかとも考えられます。だとすれば「続紀」に記事が無いのも頷けます。
また、古事記は純然たる漢文体ではなく万葉仮名のように1字1音表記が多い事、多くの歌謡が採取されている事から外に向けたものではないと考えられます。

「正史」云々の件は、大和朝廷が"国内統一"を完成させ安定した体制になったことから中国史書を真似て編纂されたものが日本書紀であると思います。
つまり、国家としての大事業で、中国史書に倣い、編年体で記述されたものを「正史」として扱うようにしたのではないかと思います。古事記はあくまで天皇家のプライベート用だったのではないでしょうか

お初です
"勅撰"と言う事では「記紀」ともにその通りだと思いますが、成立の過程が少し異なるものと思われます。「古事記」は序文に拠れば元明天皇から勅命を受けた太安万侶が稗田阿礼の暗誦していた帝紀・旧辞と言われる古い事柄を書き記して編集したもので、日本書記は舎人親王を中心とした編集者が多くの帝紀・旧辞と中国・朝鮮史書を参考に(引用も多数)記された歴史書(所謂正史)です。
古事記を偽書とする説もありますが、上代特殊仮名遣いが厳然と残っている点を踏まえると簡単に偽書だとは言い難いと思わ...続きを読む

Q古事記、日本書紀を物語として読みたい

古事記、日本書紀を物語として読みたいのですがお勧めの本はありますでしょうか?
それとも有るかは解りませんが神代や神武天皇や神功皇后など単独で読んだ方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

「赤い鳥」など童謡童話作家の鈴木三重吉の『古事記物語』が角川文庫から出版されています。
原典の現代語訳と違い物語的で分かりやすいですよ。
児童向けに書かれたものですが、大正時代に書かれたものなので、最近の読解力のない高校生では読めないかも・・・・なんてね。児童向けと侮ってはいけません。

Q古事記が読みたい

日本の神話が気になり始めました。
やはりまずは「古事記」じゃないかと思います。

古事記の神々を描いた絵画の写真あるいはそれに近いスケッチが豊富な本と、できるだけ古事記の内容を忠実に現代語訳した本の2パターンで探しています。

マンガ化された絵は好みません。詳細な解説などは歓迎ですが、専門家になろうというのではないので、堅苦しいものは挫折してしまいそうです。

おすすめの本がありましあら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も、古事記の忠実な現代語訳を探していたんです。去年買ったのですが、この本が読みやすくてよかったですよ。

『古事記ものがたり』
http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/

現代語訳された本です。まあ、古語の文法どおり堅苦しく逐語訳というわけではありませんけれど、内容的には子供向けのダイジェストでもなく、出てくる一通りの内容が網羅されています(私は岩波文庫の古事記も持ってますので)。大人はもちろん、小学生も高学年くらいから読めると思います。いい本だったので2冊頼んで息子の小学校の学級文庫にも置いてきました。やっぱり日本の神話を知ることって大切ですよね!

参考URL:http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/

Q『創世記』&『日本書紀』

『創世記』(旧約聖書)の“天地創造”の箇所と『日本書紀』の“国造り”の箇所から、両者を比較してみると、どんな違いが分かりますか??また両者とも同じ点はありますか?? なるべく詳しく知りたいです。長い回答お願いしますm(_ _)mもちろん短い回答でも教えてもらえれば嬉しいです。お願いします。

Aベストアンサー

だって、その国造りのイメージは民族的に差が大きすぎるから、比較してどうという問題ではないんではないかと思うんですが、どうでしょう。
まあ、それはおいておくとしても、どういう風に物語っているか、とか、何を主眼において物語っているか、とかに注目することは比較の対象になると思います。
文化間の差異を知るには、いい材料だとはいえるかもしれません。でも、この2種類だけを比較してうんぬんというのはどうかと思うんですね。世界がどう創られたかという伝説は各国各地にありますから、1対1で比較するのは危険じゃないかな、と思うのですが。

回答ではなくアドバイスなのですが、すみません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報