最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

日本の領土と思われている竹島に韓国は基地を作って既得権としていますが、
竹島に基地のような施設を作るとき日本政府はなぜなすがままにしていたのでしょう。

1.当時の与党はどこですか?
2.当時の総理は誰ですか?
3.なぜ施設の建設中に反対の申し入れをしなかったのですか?

gooドクター

A 回答 (9件)

当時の政府や議会は朝鮮戦争に巻き込まれないことを国是としていたから。

    • good
    • 0

韓国は軍事政権でしたので。

その後、自民党政権時代、日韓国交正常化したときに、施設を是認する密約を結んでおります。詳しくは、竹島密約で検索。
    • good
    • 0

当時の自由党政府の吉田茂総理(麻生さんの祖父)の時に 李に攻め込まれバカヤロー解散し、すぐに鳩山政権となり日本は手も足も出さなかった。

(鳩山ぽっぽさんの祖父)
当時の日本には戦争への備えが無いために韓国軍に一方的に陣取られてしまったのです。
申し入れ? 戦争を仕掛けられている状況で反対の申し入れもないでしょう。

もちろん国際司法裁判所に提訴しています。
質問の通り、やるかやらないかは別として竹島は日本が軍力で韓国から取り返す権利があることは明白なのです。

韓国が日本を避難する理由は、自分たちの立場が危うくなるからです。つまり、戦争を仕掛けているわけで必死なんです。こっちは、いつ実力行使しても何の問題もありません。
    • good
    • 0

全て自民党の成せる技です。



分かるでしょう、今の安部自民政権を見てても、カルト創価が支持母体のヌエ公明党を切る気が無いと云うか、自民議員にカルト票が無ければバッチが付けれ無い乞食議員が居ます何名も、そのカルトは半島がルーツです、正確には半島系3代目が乗っ取ってしまった団体が〇〇かです。

あと安倍総理の祖父の代から同じ半島のカルト統一教会の支援者です、安倍本人も証拠は統一の大会に実名サインいりの祝電を毎回打ってます、一時が万事この様な国民への裏切り行為政党が日本を仕切って来ました、さのま付けが今全部のしかかってるだけです。

これで分かるよね、南朝鮮の動きを何故傍観してたかは?

北の拉致事件でも同様、日本海から鹿児島周辺の太平洋迄頻繁に不明電波が飛び交ってるのに海保.自衛隊は動かないし、議員.役人連中も知ってかシラズカ動かないでこれは国家の不作為の行為の結果デス、拉致事件は。
    • good
    • 0

  既出の回答者と同じですが、付け加えます。

  その後、今のような形で表れたのは、自民党の小泉政権では! 当時の小泉政権は、ブッシュの言いなりで、俗に言うアメリカのポチといわれていました。 当時は、アメリカ対イラクの石油争いのため、インド洋で、アメリカの後方支援をしました。日本は、イラクとは、何の争いごとも無いのに、ブッシュの一言で協力し、300兆円もつぎこんだのです。この間、対アジアの外交は疎かになり、竹島に目を向けてこなかったのです。 その隙(すき)を狙って、勝手に韓国が、建造物を建て、不法占拠をしたのです。こんなことを、小泉政権は、見逃してきたのです。島根県は、この事情を指摘したのに、無視されたのです。  質問者に、気にかかることは、「日本の領土と思われている竹島」という表記です。  「竹島は有史以来、日本の島根県」に決まっているんです。 銃剣を突きつけてでも、不法入国者を追い出すべきです。
    • good
    • 0

1.自由党


2.吉田茂
3.すでに詳しく回答されてますよ。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4266029.html
    • good
    • 0

1.


 あ、当時は自由党だった
    • good
    • 0

1.自民党でないのかな?



2.吉田茂さんかな?

3.まだ日本は被占領国だったはず、つまり国際的に自由にモノを言える状態ではなかった
 まぁ講和条約発効する前の間隙を突いて、李承晩ラインを宣言したのも
 そう言う状況だからこそって事なんだろうけど

リアルタイムで経験していないので、何となく聞きかじり
    • good
    • 0

戦後すぐ



さぁ船倉に負けたけど、漁を再開ガンバンべって行ったら、ありゃぁ基地が勝手に出来てるべ

1954年

たった1年の間に、日本がサンフランシスコ平和条約に忙しかったり、軍隊が無くなったりしてた時期だべ

与党とかそんなもんは、なかったべ

戦争しちゃいけないって、アメリカさんに言われてた時期だべ

武器もない時代だべ?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング