化学のレポートを書いているのですが、いい資料がなくて
とても困っています。

銅の比色定量分析の実験なのですが、
「なぜ、吸光度の一番大きい波長にあわせるのか?」
ということについて調べていますが、
参考になるものが見つかりません。

アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問の答えは「より高い分析感度を得るため」です。

分析感度を犠牲にして良いのであれば,別に最大吸収波長に合わせる必要はありません。

どんな測定装置も,結果にはノイズが含まれており(たとえば吸収スペクトルの測定の場合では,迷光の影響やホトマル(検出器)への供給電圧の安定性などがノイズの原因となります),より高感度な測定を行うには,いかにノイズを減らすかという努力が必要です。また同時に,信号の強度をいかに増やすかという努力も必要です。すなわち,ノイズに対する信号の割合(SN比)を向上させることが必要です。

比色定量分析を行う際,試料の濃度は吸光度からが算出できます(ランベルトベールの式)。より正確な濃度を測定するには,より正確な吸光度を測定することが重要で,それには強い信号強度がえられる測定条件を選択しなければいけません。そして,最大吸収波長というのは吸光度が最も大きい測定条件であり,すなわち強い信号強度が得られ,高SN比が得られる測定条件なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な説明ありがとうございました。
今朝、回答が来ているのを知って、
ぎりぎりで提出に間に合いました。
今回はほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2001/05/28 16:53

MiJunです。


「比色分析 原理」等で検索されては如何でしょうか?
「最大吸収波長」ではあまりHitしないでしょう?

ご参考まで。
    • good
    • 0

「比色定量分析」の原理を考えれば回答はでると思いますが・・・???



それでもわからないようであれば、ネットで検索されても沢山Hitしますよ・・・・??????

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

検索方法が悪いのか、「最大吸収波長」という言葉は
Hitするものの、詳しく書いてあるものが
見つからないのです。
レポート〆切まであと1日きってるんですが、
もう少し探してみます。

今回は回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/27 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子吸光分析法と原子吸光分光分析法の違いについて

機器分析初心者です。
機器分析の教科書などを見ていると、「原子吸光分析法」と「原子吸光分光分析法」というのがありました。
この両者には、どのような違いがあるのか良く分かりません。もし、よろしければ教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

定義なのであまり答えたくないのですが.
素人の範囲ならば.同じ物です。

分析の言葉は.「関係する機能を並べる」という癖があり.「原子急行」を使った「分析方法」が原子きゅうこうほうです。
この途中に分光器が入っていれば.「原始きゅうこう分光分析」となります。
が.最近の原子急行系で.フィルター式とか全光分せきなんて.まず.見かけません。大体の機械に分光器が入っています。
ですから.素人の範囲ならば同じ者です。

Q原子吸光・発光分析の資料の原子化の仕方について。

原子吸光・発光分析の資料の原子化の仕方について。

先日、大学の学生実験で鉄鋼中の微量亜鉛の分析をしました。
その際、(1)「試料(含亜鉛鉄鋼)を塩酸に溶かしてから原子化をする」
とテキストにかいてありました。これはどういった意味でこのようにしたのでしょうか?また、原子化の過程が危険とのことで、専門の教授が行いまして、
(2)「どういったプロセスで行ったのか」不明です。これらを、自分の持っている知識の範囲で考えてみました。間違っていたら御指摘ください。

(1)⇒「直に、熱を加えて原子化するより、塩化物にしてからのほうが原子化する温度が低くなるのでそうしたと思います。」

(2)⇒「しかし、塩化物にしたところで、加熱して原子化しようとしても塩化物のまま揮散・揮発してしまうとおもいます。そこで、真空中で熱分解や、一度酸化させて、還元して純金属に戻してから真空で加熱する方法がとられたのではないかと思います。」⇒(だったら、塩酸に溶かさずに最初から真空で加熱したほうが原子化が簡単なんでは?とも思ったり…自信が無いです。)

最後まで読んでいただきありがとうございます。多少のことでもかまいませんのでコメントお願いします。

原子吸光・発光分析の資料の原子化の仕方について。

先日、大学の学生実験で鉄鋼中の微量亜鉛の分析をしました。
その際、(1)「試料(含亜鉛鉄鋼)を塩酸に溶かしてから原子化をする」
とテキストにかいてありました。これはどういった意味でこのようにしたのでしょうか?また、原子化の過程が危険とのことで、専門の教授が行いまして、
(2)「どういったプロセスで行ったのか」不明です。これらを、自分の持っている知識の範囲で考えてみました。間違っていたら御指摘ください。

(1)⇒「直に、熱を加えて原子化す...続きを読む

Aベストアンサー

図書館などで本があるから、調べてみると良いのでは?

QGC/MS で分析する時に親イオンで定量するかフラグメントイオンで定量するか?

どちらがいいのでしょうか?なぜかも教えていただけるとうれしいです。
ちなみに親イオンは74でフラグメントイオンは43と両方小さめです。
あと、別の質問になりますが、他の論文と比べてm/Zが1か2大きいです。このようなことを起こす原因を教えていただけませんか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

(1) Teiryo ha GC de suru beki desu.
(2) Tada teiryo Busshitsu no oya-ion, fragment-ion no teiryo-sen ga areba betsu desu ga.
(3) Fragment 43 ha dame desu. CO2 ga ooki ku
eikyo suru de sho
(4) GC-MS no kihon o "Net" ya "Hon" ya
"Kiki no Reference" o yoku mite.
Good luck from Swiss !

Q比色分析の実験

実験のレポートで、「銅(II)イオンの比色分析を行うとき、アンミン錯体にする利点を銅(II)アンミン錯体と銅(II)のアクア錯体の吸収スペクトルから説明せよ。」という問題があるのですが、自分ではさっぱり解りません。どなたかご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実験をしたなら、見ただけでも色の濃さが違うでしょう。
吸収スペクトルの大きさも、アンミン錯体の方がはるかに大きいでしょう。
銅(II)イオンの濃度がとても低くて、アクア錯体のままでは、比色分析するには測定不能だったり、誤差が大きすぎるときでも、アンミン錯体なら十分に測定できると思いませんか?

Q定性分析と定量分析の違い

定性分析は与えられた物質がどのような元素郡を含むか(何が含まれているか)を知るのが目的であるのに対し、定量分析は与えられた物質に目的の成分がどれだけ含まれているかを知るのが目的ですよね?

では、それ(目的)以外で定性分析と定量分析の違いってありますか?
例えば、必要とされる条件とか。何でも良いですのでおしえてください!

Aベストアンサー

「定性分析の方が難しい」とは限りません。それは「何を指して」定性分析と
呼ぶか(採用する分析手法・装置も含め)の違いによります。

「元素分析」を例に取ると、原子吸光光度計による「定性分析」は、特定の
元素対応のホローカソードランプを取っ替え引っ替えしないといけませんから、
大変です。しかし、ICP発光やICP-MSでは全く事情が異なります。ICPでは
(感度は別にして)ほとんど全ての元素を一度に分析できます。この場合、
"定性分析"として検出可能な濃度下限は「検出下限」と呼ばれます。
これに対し、「その元素がどれだけの量含まれているか」の定量分析が
できる濃度下限は「定量下限」と呼ばれます。通常、

  定量下限>検出下限

です。このため、一般に"定量分析"の方が濃度的に大きなものを必要とする
ので、ある対象について、

  定性分析はできても、定量分析はできない

ということが起こります(当然"ある濃度以下である"ということは言えますが)。
もちろん、再現性などの観点でも、定量分析の方が要求されるものが多く
なります。

「定性分析の方が難しい」とは限りません。それは「何を指して」定性分析と
呼ぶか(採用する分析手法・装置も含め)の違いによります。

「元素分析」を例に取ると、原子吸光光度計による「定性分析」は、特定の
元素対応のホローカソードランプを取っ替え引っ替えしないといけませんから、
大変です。しかし、ICP発光やICP-MSでは全く事情が異なります。ICPでは
(感度は別にして)ほとんど全ての元素を一度に分析できます。この場合、
"定性分析"として検出可能な濃度下限は「検出下限」と呼ばれます。
...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報