出産前後の痔にはご注意!

以前、0.2M酢酸アンモニウムのpH4.0の作成について質問させて頂いた者です。

しつこいようですが、ご教授いただければと思います。

pHと濃度を合わせることについて。。。

1)0.2Mの酢酸アンモニウム溶液を作成
2)0.2Mの酢酸溶液を作成
1)溶液に2)溶液を入れていき、pHを4.0に合わせると0.2M酢酸アンモニウム溶液となるとは言えないのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「0.2M酢酸アンモニウム」が何を意味しているか, ってことは問題になりえる. つまり


酢酸アンモニウムとして 0.2 M あればほかには何があってもいい
ということなら操作できるから....

ただし, 質問文の操作ではどう解釈しても「0.2M酢酸アンモニウム溶液」にはならない.
    • good
    • 1

何か混乱があるようですね。


もともとの問題とは違った内容の問題をあなたが作ってしまったのではないでしょうか。

0.2Mの「酢酸アンモニウム水溶液」という指定を守ればpH=4は無理です。
酢酸アンモニウム水溶液は濃度の大小にほとんど関係なくpH≒7です。
これに酢酸を加えれば酢酸アンモニウムと酢酸の混合溶液になります。酢酸の0.2M水溶液のpHは3よりも小さいですから混ぜればpH=4にすることは可能です。
これは「0.2M酢酸水溶液に0.2Mアンモニア水を加えてpH=4の混合溶液を作りたい」という問題と同じです。酢酸の一部をアンモニアで中和するのです。体積の比が求まります。

もう一度見直してみてください。
    • good
    • 0

2)には酢酸アンモニウムは入っていないのだから、「酢酸アンモニウム水溶液」という立場からすれば、加えられれば加えられるほど、薄めら

れる事になりませんか?
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酢酸アンモニウムの作り方を教えてください

0.2Mの酢酸アンモニウム pH4.0の作成の仕方を教えてください。
pHの調整をどのように行えばよいか、詳しく教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>0.2Mの酢酸アンモニウム pH4.0の作成
これは基本的には無理です。
例えば、「100gcm3で96gの水をコップに入れる」というようなものです。
100cm3と書かれている以上、質量はほぼ100gになり、96gにするためには、
温度や圧力をかなり変化させないと無理です。

この問題も、0.2M酢酸ナトリウムというように、溶質と濃度が決められているので、
pHは自動的に決まります。あとの変化要因は温度を変えることくらいでしょう。

pH調整は、一般的には濃度を変えたり、弱酸や弱塩基を加えたりしますが、この場合は
濃度が限定されているのでそれもできません。

Qギ酸アンモニウム緩衝液の調製方法

0.2M ギ酸アンモニウム緩衝液 pH3を1L調製したいです。

知人に聞いたところ
0.2M ギ酸アンモニウム水溶液と0.2Mギ酸水溶液を作って、
混合して、pH3に合わせれば良いと聞きました。
これで良いのでしょうか。
あるいは、上記のとおりpHを調整して、水でメスアップの作業が必要でしょうか。

Aベストアンサー

概算してみたら、
ギ酸アンモニウム146ml、ギ酸854mlを混合する事で、
pH=3の0.2M「ギ酸緩衝溶液」が1L作れると思います。

目安程度にはなると思います、参考にでもしてくらさい。

QPH7.00のN酢酸アンモニウム溶液の作り方

現在今月末の、大学院入試に向けて化学の勉強をしています。
そのなかで、どうしても分からない問題がでてきました。
調べては見たのですが、不安が残ります。
教えていただけると嬉しいです。

PH7.00のN酢酸アンモニウム溶液2Lを作るのに必要な器具、
試薬、および作成手順を述べよ。H,C,N,Oの原子量は各1、12、14、16とする。

酢酸アンモニウム溶液なら分かるのですが、pH7.0にするにはどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ちゃんとした計算には平衡関係を使います.当然,平衡定数(酢酸のKaとアンモニアのKb)が与えられていなければ計算はできません.

ところで,今気づきましたが,「PH7.00のN酢酸アンモニウム溶液」のNとは何ですか? 打ち間違い? それとも 1N とか? 1N とかであれば,pH7.00 は無意味になりますが.7.00 になる保証もありませんが,平衡定数も与えられずに濃度が与えられているなら,それは pH の値には出題上の意味はなく,所定濃度の溶液調製法を書けというだけなのかもしれません.

なお,計算してみればわかりますが,酢酸アンモニウム水溶液の pH は濃度によらずだいたい 7 になります.

Q統計学でいうRSD%とは何ですか。

統計学でいうRSD%の平易な説明と計算方法を知りたいのですが。標準偏差はわかります。

Aベストアンサー

RSD%とは、相対標準偏差をパーセントで表示したものと思われます。

相対標準偏差(%)=(標準偏差/平均値)×100

次のページは、「相対標準偏差 RSD 平均値」で検索して出たものの一つです。
http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

参考URL:http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

Q忘れてしまいました(試薬の調製)

こんばんは
10何年前にやった以来で忘れてしまいました。仕事上今まで計算しなかったので、すっかりぬけてしまいました。計算の仕方をできたら詳しく教えていただけないでしょうか?
問題は酸性移動相10mM酢酸:アセトニトリル=95:5(v/v)を300mL作りたいのですが10mM酢酸の計算方法を忘れてしまいました。酢酸の質量は60.05です。
10mMの酢酸アンモニウムは計算できたのですが、酢酸の計算のやり方がどうしても思い出せません。いつもは担当の方が調製しておいてくれるのですが、1週間ぐらいお休みしていて急遽明日調製しなくてはいけなくなってしまいました。すみませんがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

氷酢酸(99.5% w/w 酢酸)は17.4 Mとして計算すると、
10 mMにするには1740倍希釈ということですね。
1 mLの氷酢酸に水を加えて1740 mLにすれば10 mMです。
300 mL作るには300 mL/1740 = 0.172 mLの氷酢酸に水を加えて300 mLです。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q脱イオン水、MilliQ、蒸留水 の違いを教えて下さい

こんにちは。お世話になります。

バイオ、生化学系の実験に従事しているものですが「水」について教えて下さい。

水道水、脱イオン水、MilliQ、蒸留水(二段蒸留水)、超純水の違いを教えて下さい。
お互いの関係などありましたら(○○を~すると△△になる等)教えていただけると
わかりやすいかもしれません。

また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は除けません。

蒸留法は水を蒸留することで不純物を除く方法です。イオン交換法と組み合わせて2回蒸留することが一般的です。一般的な2次蒸留水の比抵抗は数MΩ・cmでバイオ・生化学関係には十分な純度です。動物培養細胞にも使用可能です。エンドトキシンも完全にフリーとまではいかないけれどもある程度の除去はできています。蒸留法は多くの不純物を除去可能ですが100度付近の沸点を持つ物質は除けません。

逆浸透法は半透膜に圧力をかけて精製する方法です。

限外濾過法は限外濾過膜を通す方法です。孔径は半透膜が数十nmに対し、限外濾過膜は数nmです。それゆえ、数kDa以上の分子であれば、限外濾過法で除けますので、エンドトキシンやRNaseなども除去できます。本当にエンドトキシンフリーな水が必要でしたら限外濾過法を行った水が必須です。ただ、普通のCOSとかHEKとかの動物細胞培養でしたら2次蒸留水でも十分です。蛍光検出用のマイクロアレイなんかは限外濾過水が必須なようです。

超純水は十数MΩ・cmの水のことです。MilliQはミリポア社の超純水装置を用いて作った水で比抵抗は15MΩ・cm以上と高純度の水です。MilliQに関してはイオン交換樹脂を通し、逆浸透法、限外濾過法を用いて精製しているようです。

>また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
これに関しては上で書いたように限外濾過膜で精製した水です。MilliQが当てはまるでしょう。(超純水も一般的には限外濾過をしているのでこれも当てはまりますかね。)

>動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?
これは、2次蒸留水以上の純度があれば十分です。2次蒸留水、MilliQ水、超純水が使用できます。

ただ、水関係の装置は日頃のメンテナンスが重要でイオン交換樹脂とか水を貯めるタンク、蛇口に汚染がないかは確認する必要があります。

実験書には必ずはじめのほうに書いてあることですので、pinokoBBさん自身でなにか実験書をご参照ください。

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は...続きを読む

QHPLCカラムの洗浄方法

逆相のカラムは使用後に必ず水で洗浄した上で、適当な水:溶媒系に置換するものだと思っていたのですが、今私が勤務しているところでは、誰も水で洗いません。ていうか、50%アセトニトリルを流すことを「洗浄」と称しています。実際、これでいいんですかね?

Aベストアンサー

#6です。お恥ずかしい限りです。
おっしゃる通り、「水:メタノール=9:1」の間違いです。別の分析条件でよく使っていたのでついつい・・・。

それから、#7さんの回答でもうひとつ思い出しました。どのようなバッファーだったかは忘れましたが、移動相をメンブランフィルターに通してからでないと使えないものがありました。

brassardさんの直面している条件で有効かどうかわかりませんが、予防の意味で一度試してみては?

既に同様の処置を済ませた上でのご質問でしたらご容赦下さい。

Q濃度(ppm)からミリグラム(mg)に換算方法を教えてください。

仕事上で濃度ppmからミリグラムに換算して、回答にしなければならないのです。回答方法が解らないので、教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#6です。補足見ました。

5×350/1000000=0.00175g=1.75mg

5g中に三酸化アンチモンは1.75mgあります。


人気Q&Aランキング