痔になりやすい生活習慣とは?

義母が若いころ(バブル時代)に、将来購入しておくとリゾート開発で良いお金になりますよと言われ、購入した土地が軽井沢にあります。しかし、今現在、ただの山林で買い手もつかない土地になってしまいました。毎年、固定資産税と都市計画税を徴収されています。義母が、毎年税金で出費が重なり返済が厳しくなりどうしてよいか分からないと相談がありましたが、自分もどうしてよいか分かりません。権利放棄でも構わないと話しているのですが。良い知恵を教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

以前私も質問者様と同じような事で、調べたことがあるのですが


”土地買い取り業者”とネットで検索しますと買い取り専門(仲介ではなく)
の業者さんが沢山出てきますので、なるべく沢山の業者さんに
現在の状況をメールで説明し、その中でご自分が納得できる業者さんに
分からない事など質問して見てはいかがでしょうか?
買い取り業者さん選びにつきましては、義母様の所有されている物件の近くでなくとも
中には日本中何処でも買い取ってくれる業者さんもあるので
処分の条件を考えた時に、折角義母様が購入した土地なのですから、処分価格ではなく、
少しでも高く買い取ってもらえる業者さんに、当たってみるとよいのではないかと思います。
積極的な業者さんは、直ぐ義母様の所有している土地を調べて、返事をしてくれます。

因みに、私が所有している土地もまだ手放してはおりませんが、調べた時
”なぜ買い取り業者さんはこのような誰も買い手が付かないような土地を買い取るのか?”
と素朴な疑問を投げかけましたら
”世の中には森が好きで買う人も居る”との回答でした。

少しでも、参考になればと思います。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

回答有難うございます。
実現できそうな可能性のある回答有難うございます。
義母の願いが叶えられるよう頑張ります。

お礼日時:2013/08/10 11:16

購入をした土地の放棄については、その土地の市町村役場に問い合わせることが有効です。

しかし、各役所でも引き取ってもらえないことがあるので、低価格でも市場にて販売し、購入者を見つける努力をすることも有効です。
    • good
    • 5

専門家紹介

専門家プロファイル_大長伸吉

職業:不動産投資アドバイザー

アパート経営では相談が出来ることが少なく、虎の子の自己資金を使い、住宅ローン以上の融資を負い、不安が多いものです。小さな心配事を一つ一つ解決することが大事で、何事も気軽に確認し、入居者が快適に生活できるアパート経営を目指します

詳しくはこちら

専門家

>ただの山林で買い手もつかない土地になってしまいました。



買い手のつかない土地をてばなす方法は有りません。

死ぬまで保有する事になります。だから「不動産」と呼びます。

保有者が死んだ時点で、全ての遺産相続人が相続放棄をすると、国庫のモノになります。
    • good
    • 27
この回答へのお礼

回答有難うございます。
そうなる事を前提に質問したつもりですが。

お礼日時:2013/08/10 11:11

価値のない土地でも1円で買ってくれる業者がいるはずです。



中国人や韓国人なら日本を買い尽くします。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

回答有難うございます。
他国の事が出てくるとは。
考えようですね。

お礼日時:2013/08/10 11:12

いわゆる原野商法にひっかかったのでね。



まず所有権の所有権の放棄ということはできません。
誰かに、贈与するか役所に寄贈するということが考えられます。
使い道の無い土地贈与を受ける人を探すのは困難です。
地方自治体に寄附するとしても、不法行為に所有者責任が発生しますので、寄附は断れます。
考えられる方法としては、ヤフーオークションを使う。

義母が他に財産が無ければ、税金を払わず、ほうっておく。
預金も絶えず、残高をゼロにしておく。
しかし、滞納税金の税率は高く、すぐにかなりの税額になり、義母相続発生時に義母の相続人が相続放棄しませんと、税金が相続されます。

原野商法の所有者に対して、こうすれば売れるという詐欺的商法があります。
私のお客さんにもそうした人から言われましたので、それならあなたが買って下さいと言った所、スゴスゴと帰りました。

荒手の方法ですが、生活困窮者に幾ばくかの現金を渡して、その人に所有権を移転する。
住民票さえ持っていれば登記は可能です。
裏のやりかたですから、あなたの倫理観がそれを許すかどうか。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答有難うございます。
ひとつの手段として参考にさせて頂きますが。
現実は厳しいですね。

お礼日時:2013/08/10 11:14

購入時の返済金が残っているようですし、


もし相続放棄をするにしても、代襲相続等に手落ちがないよう、
弁護士か司法書士へ相談したほうがいいと思います。
お役に立てずすみません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
一応確認したら、当時一括購入したと言う事で
残金は無いそうです。
しかし、もしもの時に備えて弁護士や司法書士へ
相談してみようと思います・

お礼日時:2013/08/10 11:09

畑にすれば、安くなります。

    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答有難うございます。
畑にも厳しい土地柄と聞いています。

お礼日時:2013/08/10 11:07

>権利放棄でも構わない



ならば,相続が発生したときに(露骨にいえば亡くなったときに),相続を放棄する。もちろん,「価値のない土地は要らない。銀行預金は欲しい」などとは言えません。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答有難うございます。
ひとつの方法として、考えておきます。

お礼日時:2013/08/10 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q田舎の不要な土地の処分法方

とある田舎に親から引き継いだ土地が無人で約900坪有ります。
親の死後兄弟で名目上、等分相続しました。分筆はしていなく宅地、畑と一体になっています。

そこに現在母屋が一軒建っておりますが、古く住める状態ではありません。
土地は地元の知り合いに年1,2回有償で草取り等管理してもらっています。

等分相続した兄弟もちりぢり田舎とは離れた所に住んでおり各々帰省永住する者はいません。
所有権も放棄して良いといっています。(不要なのに固定資産税が等分にかかってくるから。)

地元の役所の知り合いに、
「土地を役所に寄付するから何かに使わないか」と持ちかけましたが
土地はいっぱいあるし管理費がかかるし要らない」と断られました。
マブダチなのに冷たい奴です。

2,3無い知恵で考えましたが、
条件としてこちらからは出費は無し。もちろん対価も要りません。
1.地元に自治会に無償贈与、または貸与。
2.地元お寺に寄付(無償贈与)、または貸与。
3.その他があれば・・・

以上(譲渡される)相手に納得がいく、こちらにも大金の出費無く解決方法はない物でしょうか。

こちらのカテでもくぐって覧ましたがこういう悩みをお持ちの方が沢山いらっしゃいました。
解決も各々条件が違い難しい問題のようですが宜しくご教授頂ければ幸いです。

とある田舎に親から引き継いだ土地が無人で約900坪有ります。
親の死後兄弟で名目上、等分相続しました。分筆はしていなく宅地、畑と一体になっています。

そこに現在母屋が一軒建っておりますが、古く住める状態ではありません。
土地は地元の知り合いに年1,2回有償で草取り等管理してもらっています。

等分相続した兄弟もちりぢり田舎とは離れた所に住んでおり各々帰省永住する者はいません。
所有権も放棄して良いといっています。(不要なのに固定資産税が等分にかかってくるから。)

地元の役所の知り合...続きを読む

Aベストアンサー

田舎の畑ですよね。
日当たりがいいでしょうからもっと『土地活用』でお金を生み出すと考えては?
太陽光発電システムを使うのがいいですよ。
いや、ほんとうに羨ましい。
お金は持っている人のところに集まるって、ホントなんですね。

ほっておいても売電による利益を生みますから(何しろ自分で電気を使わないんですから)
10年後に設備償却が終わり、20年後には土地が2倍になっているかもしれません。

Q山林の固定資産税と維持費について教えてください

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわからないのです)

我が家にお金がたくさんあれば良いのですが、我が家も小さい子供がおり生活は楽ではありません。
これからかかるであろう教育費を貯蓄するのに精一杯です。

私も「先祖代々の土地」を主人の代で手放すのは気がひけますし、もしできることなら相続してもいいと思っているのですが、土地の管理のことはよくわからないだけに大変不安ですし、費用がとても心配です。
また、山林は固定資産税や維持費がかかるし、相続しない方が良いと聞いたことがあります。
土地の広さにもよると思うのですが、固定資産税や維持費等、いったいどれくらいかかるのでしょうか?

また、もし主人が相続せず、主人のきょうだいも誰も相続しなかった場合、その山林はどうなるのでしょうか?
わからないことだらけなので、教えてくださると非常に助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわか...続きを読む

Aベストアンサー

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法投棄の被害、山火事の被害です
細かいことを気にしなければ 全く手入れをしなくてもそれなりに維持されます

手入れをしていたのは、先々代程度までで、今では実際の場所が確認できなくなっていることなど珍しくありません
場所が判っても境界がはっきりしないことは、さらに多くあります

父上が、場所をご存知なら、できるだけ早い機会に、場所を確認しておかれることがよろしいです
それと、登記簿を確認なさることが必要です
地域の人たちとの共有や、祖父や曽祖父名義のままになっていることも良くあります

全員が、相続を放棄すれば、国有財産になります(山林だけを放棄することはできません、放棄する場合全財産です)

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法...続きを読む

Q田舎の土地を手放したい

田舎に土地があり、草刈りなどの手入れが大変です。

何も無い村で過疎化が進んでおり

若い人が家を継ぎ放置状態で草の塊になったり、田んぼや畑を放置して雑草が凄い事になってます。

私の場合も例外では無く

今は両親が手入れをしてますが
私の代になれば、とても面倒などみれません。


周りの親戚に話しをしても
田舎の土地は誰も欲しがらないそうで
売れないとの事

田舎なんで資産税はたいしたことありませんが
雑草などの維持ができません

使ってない田んぼや畑は少額ですが
お金を出して使ってもらっています。
その方が周りに迷惑がかからず
安上がりなんです。


両親が土地を大切にしているのは先祖からの遺産を大事にしてるのも有るみたいですが、自分は生活で手一杯でとても無理です



私の代になり、周囲の人に迷惑を掛けないように手放したいと思ってます。


国は引き取らないという話しを聞いています。


村の人たちも土地が余ってるので
いりません

どうすれば手放せるでしょうか?

Aベストアンサー

>どうすれば手放せるでしょうか?

未だ手に入れていない(=現在はお父様所有の)土地を手放す算段をするのは早とちりですよ。

まず、不要な土地を相続しないことを考えましょう。

遺言書で第三者に相続させる方法や、相続税が発生する方の場合は物納などいろいろな方策があります。

しかし、一番確実な方法は法定相続人として相続放棄の手続きを取ることです。
相続放棄の場合は、土地以外の相続財産も放棄することになりますので、お父様が土地以外の財産も保有している場合は、生前贈与を実施し、お父様の相続財産から消しておくことをお勧めします。

つまり、土地だけを残して死亡していただき、その時点で相続放棄をするという作戦になります。

Q北海道の原野を相続し困っています。

北海道の原野を相続し困っています。

以前こちらで亡くなった父親の借地権と家について相談した者です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5809418.html
父親と私の二人家族で母親と兄弟はいませんでした。その父が亡くなり、借金があったので相続放棄も検討しましたが、結局家を売ってなんとか借金は済ませました。
しかし今になって司法書士事務所の人から、亡くなった祖父が持っていた北海道の土地12000坪が僕の父親の名義に変更されていなかったようで、その土地は結局僕が相続しなければならないと言ってきました。
その土地は山深いアップダウンの激しい原野(山林?)なので価値は全く無く、売る事もほぼ不可能で、仮に売っても二束三文な土地なのですが、でも路線価格や固定資産税から計算すると8000万円になるそうです。
売れるなら問題は無いのですが、不動産屋さんが言うには、家も建てられないし、荒れている上に雑木林なので牧場にするには費用がかかりすぎるし、もちろん畑も無理な土地で、200万円でも買う人はいないだろうと言う事だそうです。
固定資産税も長年滞納されているうえに、相場から考えると相続税の対象となるので、滞納税金と所有権の変更とか土地の調査とか、全てを計算すると費用と納税で400万円ほど必要だそうです。
僕としては納得いかないのですが、二束三文の土地とはいえ遺産の調査で抜けていたし、相続放棄ももう出来ません。物納も拒否される可能性が高い土地だそうで、400万円を都合しなければならないと言う事です。
僕の手取り給料は20万円以下です。とてもそんなお金は用意できませんので、税務署と相談して分割する事になると思うのですが、でも今頃言われても正直困ります。

一番納得できないのが、実際は二束三文の土地なのに何故税務署は8000万円もの評価をつけるのでしょうか。これは交渉の余地はあるのでしょうか。税務署の人は実際の土地を見ていないので、見せれば間違っている事を証明できますか?
あるいは、なんとか土地を400万円以上で売る方法は無いでしょうか。もしくは遺産調査のミスを司法書士さんに訴える事はできるのでしょうか。何か方策はありませんか?正直パニくってます。

北海道の原野を相続し困っています。

以前こちらで亡くなった父親の借地権と家について相談した者です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5809418.html
父親と私の二人家族で母親と兄弟はいませんでした。その父が亡くなり、借金があったので相続放棄も検討しましたが、結局家を売ってなんとか借金は済ませました。
しかし今になって司法書士事務所の人から、亡くなった祖父が持っていた北海道の土地12000坪が僕の父親の名義に変更されていなかったようで、その土地は結局僕が相続しなければならないと言ってきまし...続きを読む

Aベストアンサー

木材を扱っている会社に勤めています。

場所にもよるのでしょうが、原野より山林になりますと立木が売れます。

木の種類・年数によってはすごい値段が付く木もあります。

森林調査簿があればどんな木があるのかというのと木の年齢もわかります。

土地ごと買い取ったり立木だけ買い取ったりと色々あるのですが・・・。

どんな原野?なのかきになりましたので回答になっていないかもですが
・・・。

Q相続放棄した土地

父親、母親が元気な時、柑橘農業をやっていましたが、歳をとって体調も良くないため
農業をやめ、農地は、雑木林や荒れ地になっています。

両親が亡くなった場合、その土地も相続になると思いますが、価値もほとんどなく
相続してもそのままになるのは明白な土地です。

相続放棄(家の土地なども全財産放棄になるのは知っています)した場合、
最終的には、その土地はどのようになるのでしょうか?

国有になるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

相続の放棄により国に所有権が移るまでには順序があります。

[1]相続人による相続の放棄

まず,第一順位の相続人が放棄をします。
第一順位の相続人は,被相続人の直系卑属,つまり子や孫等です。

第一順位相続人がいなくなったら,次に第二順位の相続人が放棄します。
第二順位の相続人は,被相続人の直系尊属,つまり父母や祖父母等です。

第二順位相続人もいなくなったら,次に第三順位の相続人が放棄します。
第三順位の相続人は,被相続人と父や母を同じくする兄弟姉妹です。
代襲相続は1代限り(兄弟姉妹の子まで)ですがあります。

配偶者は常に相続人になりますので,
配偶者も放棄します。

これで相続人はいなくなりました。
正確には,「相続人のあることが明らかでない」状態ですが。

ここでちょっと注意。
相続の放棄をした人は,その放棄によって相続人となった人,
つまり次順位の相続人ですが,その人が相続財産の管理を始めることが
できるまで,自己の財産におけるのと同一の注意をもってその財産の
管理を継続しなければなりません(民法第940条1項)。
また,次の人への報告や引き渡し等の義務があります(同第940条2項)。
自分のものじゃないから知~らないということはできません。

[2]相続財産の法人化

相続人がいなくなってしまうと(正確にはちょっと違うけど),
遺産は,相続財産という名前の法人になります。
利害関係人等の請求により,家庭裁判所が相続財産管理人を選任し,
その旨が官報で公告されます。

ここから相続財産の管理は相続財産管理人が行います。
相続放棄をした人は,遺産の引渡しと報告等を行います。
ここで相続を放棄した人は晴れてお役ご免です。

相続財産管理人選任公告から2ヶ月後,2ヶ月の債権申出公告に2ヶ月,
相続人捜索公告に6ヶ月の時間をかけます。
特別縁故者の分与請求は,6ヶ月の公告の後,3ヶ月以内にします。
請求が認められると,遺産は特別縁故者に分与されます。

それらを経て,それでも財産が残っていたら…

[3]相続財産の国有化

民法第959条によって相続財産は国のものになります。

相続の放棄により国に所有権が移るまでには順序があります。

[1]相続人による相続の放棄

まず,第一順位の相続人が放棄をします。
第一順位の相続人は,被相続人の直系卑属,つまり子や孫等です。

第一順位相続人がいなくなったら,次に第二順位の相続人が放棄します。
第二順位の相続人は,被相続人の直系尊属,つまり父母や祖父母等です。

第二順位相続人もいなくなったら,次に第三順位の相続人が放棄します。
第三順位の相続人は,被相続人と父や母を同じくする兄弟姉妹です。
代襲相続は1代限り(兄弟姉...続きを読む

Q山の土地(祖父名義)手放したい

父方の祖父の名義になっている山の土地があります。

固定資産税は父が払い、祖父の住んでいた建物は100万かけて
壊してあります。
30坪程度の小さい土地ではありますが、
放置すると荒地になるので、
隣に住む隣人に、手入れを手伝っていただきながら
自給自足野菜を作ってます。
まるで、隣に住む家の庭の様な感じで、農作業の物置場と化してます。

父も定年になり、年金暮らしになったので、
祖父の土地の固定資産税も負担になってます。

祖父名義の土地の相続人は、父以外に他県に3人兄弟がおります。
健在ですが70過ぎになるので、
そろそろ、祖父名義の土地を相続人でなんとかしてもらいたいと思ってます。

売るにも売れそうにない土地です。
名義を父の名義にしてもらい、隣人の人に売るか
国に返すかして欲しいですが、
国に返すのにかかる費用はどれぐらいでしょうか?

どんな手続きが必要となりますか?
また、返すにもお断りされてしまったら、
永遠と、固定資産税をはらいつづけなければならないのでしょうか?

父が亡くなった時、私は祖父の土地の代襲相続人になると思います。
祖父の土地のみ放棄し、父の相続(家と土地)を相続する事は可能ですか?

まず、今しておくべき事がなんなのかわかりません。
教えていただけると助かります。

父方の祖父の名義になっている山の土地があります。

固定資産税は父が払い、祖父の住んでいた建物は100万かけて
壊してあります。
30坪程度の小さい土地ではありますが、
放置すると荒地になるので、
隣に住む隣人に、手入れを手伝っていただきながら
自給自足野菜を作ってます。
まるで、隣に住む家の庭の様な感じで、農作業の物置場と化してます。

父も定年になり、年金暮らしになったので、
祖父の土地の固定資産税も負担になってます。

祖父名義の土地の相続人は、父以外に他県に3人兄弟がおります。
...続きを読む

Aベストアンサー

都合のよい話はありませんよ。

まずは、あなたの世代になる前に、お父様のご兄弟などで解決してもらいましょう。
その土地名義を誰にするか、今後どうするのかを話し合いをしてもらうのです。
お父様が長男ということで解決しようとするのであれば、実際の手続きは高齢では厳しいと思いますので、あなたがたが協力することしかないでしょう。

相続放棄はもう期限が経ち過ぎており、難しいでしょう。
ですので、固定資産税負担が厳しいことから、他の兄弟姉妹で引き取ってくれる人がいないかを考えるのです。
人によっては、親の財産を残すのが子供の義務と考える人がいれば、引き取るかもしれません。そして売却を考えるにしても、共同で売却するのか、誰かが相続したうえで売却するのかも重要でしょう。
可能であれば、今まで税負担を長期間してきたお父様が相続して売却し他方が良いようにも思います。しかし、お金が得られることを一人だけにすることを不満を感じる人もいるかもしれません。その場合には、共有名義などにして売却するとか、売却などの一切合財を任せてしまい逃げることができるとしてあきらめるかなどは、お父様次第でしょう。

現在の状況は、登記簿上の名義は祖父であるが、法律上の権利者はお父様を含めた相続人全員の共有状態となるでしょう。このままでの売却は難しいため、名義を確定させるのです。
お父様がすべてをということと反対者がいるというような状態であれば、時効取得などを含めた裁判所の介入が必要でしょうね。

今までの隣地の協力等を考えれば、無償で隣地所有者に渡してしまうことを決めても悪くないかもしれません。だって、隣地所有者からすれば所有や管理する人が変われば、今まで通り自由にできないわけですからね。

売却できなければ、どこかへ寄付するとかを考えなければなりません。しかし、役所も利用用途がない土地の寄付は受けないことでしょう。あなた方と同様にタダでもらっても、維持費用を考えればもらっても困るという判断をすることでしょう。となれば、次の所有者を頑張って見つけるしかないのです。
土地のある場所の近隣の不動産屋などにも相談されることですね。もしかしたら、その土地の周辺の区画整理等が予定されていれば、買い手がつくかもしれませんからね。現状だけで判断もできませんからね。

このまま、お父様が亡くなるようなこととなれば、相続の相続(代襲相続ではない)として、あなたも権利者の一人となり、解決するためには叔父叔母などと交渉する立場になってしまうことでしょう。親族関係の問題で上下関係のある間柄では、交渉もしづらくなることでしょうね。
お父様の相続で土地の権利だけを放棄するようなことは認められません。放棄するのであればすべての財産を放棄するしかありませんからね。

不動産登記・相続の問題でしょう。ですので、司法書士や弁護士が専門家となります。
それぞれの考えなどをまとめ、手続きが必要な話です。さらに売却が絡めば第三者とのやり取りもあります。専門家に相談の上で、みなさんが納得できるように計画を考えるべきでしょう。

持ち続ける限り、固定資産税の負担が必要です。ただ、お父様だけが負担しなければならないものではありませんので、よく相談されるべきでしょう。

都合のよい話はありませんよ。

まずは、あなたの世代になる前に、お父様のご兄弟などで解決してもらいましょう。
その土地名義を誰にするか、今後どうするのかを話し合いをしてもらうのです。
お父様が長男ということで解決しようとするのであれば、実際の手続きは高齢では厳しいと思いますので、あなたがたが協力することしかないでしょう。

相続放棄はもう期限が経ち過ぎており、難しいでしょう。
ですので、固定資産税負担が厳しいことから、他の兄弟姉妹で引き取ってくれる人がいないかを考えるのです。
人...続きを読む

Q相続税:いらない土地の処分方法

父が山に土地をもっています。
固定資産税もかかっていない土地です。
利用価値は全くなく、父にとって必要の無い土地です。

ところが父が相続時にはこんな土地にも相続の評価額が結構つくと
いうので、父の相続人の私としては今から危惧しているところです。

この場合、いらない土地を国に寄付することなど出来ないのですか?
相続税を払うための土地ならば必要が無いので。
どなたか対応策のご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

固定資産税が非課税なら(保安林に指定されている場合以外)評価額は10万以下、非常に高くても数十万です
相続税に影響するほどの要因にはなりません

寄付したいのならば、寄付の申し出をすれば良いのですが、普通は寄付受入を断られます

Q山林の相続で困ってます

数名で相続する場合、相続した土地を売るのではなく、売ったと仮定してその金額を、私が直接ほかの相続人に支払って、土地はすべて私が相続するということは可能なのでしょうか?
もし可能なのであれば、どうしたらよいのか、教えてください。

突然祖父が亡くなって、山林を相続することになりました。とは言っても、私だけではありません。父方の祖父なのですが、父が4人兄妹だったため、相続には、叔母や叔父も絡んできます。父は祖父が亡くなる半年前に亡くなりました。祖父の意志では、私にという思いがあったようですが、遺言書などの公的なものは残っていません。権利書は私の手元にあります。
私は、この山を売却したくはないのです。しかし、叔父や叔母は売却して現金を等分に・・・と考えているよう。それが当たり前なのかもしれませんが、祖父との唯一の思い出の場所なので、私は残したいと思っています。まったく何もわからないので、どなたか良い知恵をお借りできればと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には

・土地を分筆し、それぞれをそれぞれの相続人に名義変更する。
・全員が相応の相続税を払う。
・質問者さんがすべて買い取り、自分に名義変更し、土地を1つに合筆する。
・売却した全員は、相応の短期譲渡所得の税金を払う。
・買い取った質問者さんは、不動産取得税を払う。

と言う流れになりますが、相続と、名義変更のたびに「評価額相応の税金」を払わねばなりません。

これでは税金が無駄なので
・全員に相応の現金を贈与し、遺産相続協議に納得してもらう(贈与を受けた者は贈与税を払わねばならない)
・質問者さんが一人ですべての土地を相続し、相応の相続税を払う
でも構わないでしょう。

以下、蛇足。

もし「土地の評価額が、土地の実状価格の何倍も高い」という土地だと「土地を相場価格ですべて売却しても、相続税を払い切れない」と言う事が起きる場合があります。

例えば、路線価に基いた評価額が坪20万で1700坪だと、評価額は3億4千万です。ここから基礎控除の「5千万+1千万×相続人数4人=9千万」を引いて「2億5千万」になり、これに40%が課税されます。

すると1億円が税額で、700万の控除を受け、9300万円の相続税を払う事になります。

ここで「9300万円の現金が用意できない」なら「土地を売って、売ったお金で納税する」しかありません。

もし、土地の実状売買価格が坪5万円だと、全部売っても8500万円にしかならず、誰かにもう800万円借りて、9300万円を納税する事になります。

相続税を「土地で物納」しても良いですが、その場合の価格は「実状売買価格」で計算するので、誰かに売るのも物納するのも同じです。

これは極端な例ですが「相続すると、800万円の借金が出来るだけで、土地が残らない」です。なので、こういう場合は「相続放棄をして、借金を作らずに終らせた方が得」です。どうせ「土地は残らない」のですから。

山林の場合、土地の税評価額と実状売買価格に開きがある場合があるので、よ~く調べて「借金だけ残って、あとは何も残らない」なんて事が無いようにして下さい。

基本的には

・土地を分筆し、それぞれをそれぞれの相続人に名義変更する。
・全員が相応の相続税を払う。
・質問者さんがすべて買い取り、自分に名義変更し、土地を1つに合筆する。
・売却した全員は、相応の短期譲渡所得の税金を払う。
・買い取った質問者さんは、不動産取得税を払う。

と言う流れになりますが、相続と、名義変更のたびに「評価額相応の税金」を払わねばなりません。

これでは税金が無駄なので
・全員に相応の現金を贈与し、遺産相続協議に納得してもらう(贈与を受けた者は贈与...続きを読む

Q不要になった家と土地の処分で困っています。長崎市内に母名義の家と土地が

不要になった家と土地の処分で困っています。長崎市内に母名義の家と土地があるのですが母がケアハウスに入所したため処分しようと思っているのですが、この場所が大変に不便な所にあり車が横付け出来る道路から坂と階段を10分位歩かなければなりません。そのためどこの不動産屋も買い取ってくれません。市や県が買い取ってくれれば1番良いのですが難しいようです。ただで寄付してもいいと思う位です。この先も誰も住むことはありません。不要で処分したいのに固定資産税を払い続けるのも不本意です。母が亡くなった場合、その子供、孫、ひ孫、玄孫と末裔まで代々この固定資産税を払い続けなければいけないのでしょうか?更地にするのに200万円かかる上に固定資産税が6倍に跳ね上がると聞きましたが本当ですか?何らかの方法で家と土地の権利を放棄することは出来ないのでしょうか?もし欲しいという人があった場合、手続きはどのようにすればいいでしょうか。名義人が他人に変われば今後は固定資産税を払う必要はなくなりますか?ご教示ください。

Aベストアンサー

固定資産税を払う時に問題の土地で物納すればよいかと。
物納の仕方(申請方法)はお近くの納税所でご相談してみてください。

Q土地を国に寄付したい。

現在土地(宅地1筆・畑2筆・山林2筆)を所有しています。
死後、相続人が全くいないため、今のうちに国に寄付したと考えています。不動産屋を通じて売却や地方公共団体への寄付も考えましたが、国から借りている土地(考え方が少し古いかもしれませんが・・・)という認識があるため、どうしても国に返還したいのです。
そこで、具体的な返還の手続きを教えていただけませんでしょうか。返還が無理なら、寄付という形でもかまいません。
ちなみに、宅地については、市街地にあり、利用価値は多分にある土地です。  

Aベストアンサー

財務省の財務局が担当です。
URLでご自分のお住まい担当を探して、ご相談するのがいいと思います。

なお、相続人のいない財産は国庫に帰属しますから、特別な手続きは要りませんが、積極的に手続きをした方が、無縁仏ならぬ無縁土地にならなくていいでしょう。

参考URL:http://www.mof.go.jp/zaimu/zaimu.htm


人気Q&Aランキング