ある映画(題名わすれました)でスパイ衛星から敵原子力潜水艦の位置が簡単に分かる(原潜の排水温度が高いため)というように描かれておりましたが、実際、衛星から簡単に分かってしまう物なのでしょうか?

A 回答 (6件)

軍事衛星では重力変移、磁気変移、温度変移などを観測することによってかなりの確率で潜水艦を見つけることが出来ます。



しかし今現在の能力では最新原子力潜水艦が限界深度まで潜っている場合は発見することが難しいようです。

分かるのは通常深度で航行している場合のみと言うことですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/06/04 17:12

水の赤外線の吸収長は帯域を広く考えて数メートルから数マイクロメートルです。


なので、温度変化がわかるのはそのぐらいの深さの海水です。
(実際にラジオ波までいれてるので、純粋に赤外領域では数センチぐらいでしょう)
100メートルも潜ってしまえば温度変化をみるのは無理そうです。

原子力潜水艦でなく、ディーゼルの潜水艦などで空気の補給のために浮上した時などを探すのでしょうかネ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/06/04 17:13

ききかじりで申し訳ありませんが、今のスパイ衛星は吸っているタバコの銘柄まで


判別できるそうです。
その情報で一国の首相の偽者を作るとかなんとか・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/06/04 17:12

ランドサットや、スポットなどの衛星では一寸無理かもしれませんね。


軍事衛星の偵察能力はかなりであると思いますが、ステルスと組み合わせて偵察しているところを見ると今現在はまだその能力に不備があるのでしょう。
参考というか、洒落で見てください。
http://homepage1.nifty.com/mai_u/mirai/m002003_t …
ここに面白い話がでています。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/mai_u/mirai/m002003_t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/06/04 17:10

僕もかなりの情報収集能力を持っているのでは?と思います。


そんな情報を各国が公表することはないので真実は闇の中ですが
男女の区別から個人の特定までかなりのことができると予想しますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/06/04 17:07

人工衛星も用途によって様々ですが、単に地上写真を撮影するなら地上の男女の判別が出来るレベルと聞きました、ですから機密中の機密の最新型はもっとえげつないかも・・・


ただあくまでこれは昼間の話ですが、今後夜中でもクッキリ映る技術が開発されるでしょう。
温度探知(高感度赤外線)であれば、温度差が色別に表示しますので、潜水艦も探知できるんでしょう・・・

あくまで小耳に挟んだお話です・・・(~~)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/06/04 17:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメについてです。不思議の海のナディアや宇宙空母ブルーノアのような潜水艦や飛行機、宇宙船などにのっ

アニメについてです。不思議の海のナディアや宇宙空母ブルーノアのような潜水艦や飛行機、宇宙船などにのって敵と戦うアニメを探しています。潜水艦や飛行機、宇宙船などにのって敵と戦うアニメを教えてください。
宇宙戦艦ヤマト以外でお願いします。あとできれば宇宙空母ブルーノアを無料で見れるサイトを教えていただければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「機動戦艦ナデシコ」や「蒼き鋼のアルペジオ」は
既出ですから、マイナーな作品を挙げておきます。


≪宇宙船≫

・無限のリヴァイアス

太陽フレアにより太陽系の南半分がプラズマ雲に覆われ、
宇宙に海ができた状態という設定。
衛星軌道にあった学校が、ある事件によりプラズマ雲に沈み、
生徒を救うために教官全員が殉職してしまい、事情を知らない
子どもたちだけで可潜航宙艦リヴァイアスを操り、
襲い来る敵を撃退します。
対艦戦闘はヴァイタルガーダーと呼ばれる各艦の個別装備。
私は高評価ですが、周りには鬱アニメと呼ばれています。



・無責任艦長タイラー

地球とラアルゴンが戦争している未来、運だけで駆逐艦
「そよかぜ」の艦長になったタイラーが、運だけで
数々の戦闘に勝利していきます。
ちなみに「そよかぜ」は設定上普通の艦(むしろ老朽艦)



・ガラスの艦隊

遠い未来、人びとはコロニーを宇宙戦艦としてそこで生活し、
その戦艦を領土とみなして貴族社会がなりたっていました。
抑圧された民衆を解放するべく、ある貴族が抵抗しますが、
強大な敵にはかなわず、敗走中にある戦艦に助けられます。
そのガラスの戦艦と人民軍が神聖帝国に叩きを挑みます。
地上波未放送が何話かある、かなりマイナーな作品。



≪潜水艦≫

・新海底軍艦(OVA)

南極に謎の円柱が出現し、原爆をはじめ現在の科学力では
全く通用せず、攻撃した潜水艦は次々と潰されていきます。
主人公の船も沈められますが、太平洋戦争中に作られた
「羅号」に救助されます。(旧作では轟天号です)
羅号はバリアーで重力リングの攻撃を防ぎますが、
防御を外すと潰されてしまいます。
はたして地空人に勝てるのでしょうか。
有名特撮のオリジナルアニメですが、残念ながら未完です。



・紺碧の艦隊

後世と呼ばれる来世は前世の数十年前の世界で、転生した人びとが
前世の記憶を参考に日本を導きます。
富嶽号(初代)を旗艦としてアメリカ、そしてドイツの艦隊を
どんどん沈めていきます。
○ラえもんの様に、次から次へと新兵器が出てきますが、
かなりご都合主義なので、個人的には低評価です。



・タイドライン・ブルー

天変地異によって地上の90%が水没した未来、平和への模索は
あるけど、国連もユリシーズもお互いの正義のため戦います。
海洋もので、主役のユリシーズは戦略型原潜と攻撃型原潜が
上下に合体した形で、壮絶な潜水艦バトルとの触れ込みですが、
最終回(13話)は地上波未放送ということもあって、
個人的には。OP以外は非常に印象の薄い作品。
戦闘シーンだけなら評価できるかも。



・青の6号(OVA)

人類が増えすぎた人口と環境悪化の解決を海に求め、
海上海中の治安維持目的に超国家組織「青」が組織した時、
科学者の反乱で海面上昇によって世界の大半が海に沈みます。
人類の殲滅をたくらむ科学者と青の戦いです。
青側は潜水艦ですが、敵は生体潜水艦(くじらみたいな艦)
実は世界初のフルデジタルアニメ。製作はGONZO。



・サブマリン707R(OVA)

海の平和維持を目的に世界が協力してPKNを組織します。
その結成式を謎の組織USRに襲われますが、日本の旧式潜水艦
707号の活躍で敵は撤退します。
1年後、再び現れたUSR艦隊と新707号の戦いは…
ナディアに出てくるネオアトランティスのガ―フィッシュは、
原作で出てくる最強の敵とほぼ同じ(オマージュ作品です)
「青の6号」と「サブマリン707R」の原作は小澤さとるで、
50年前の作品のリメイクです。
(タイドラインブルーの原作も小澤さとるさんです)



≪飛行機≫

・戦闘妖精雪風(OVA)

南極に出現した超空間から飛来した異星体「ジャム」と
それを撃退するため集められたフェアリィ空軍との戦い。
空戦シーンが話題になり、東京国際アニメフェアで
最優秀作品賞を受賞しました。
ちなみに、主役の深井零の声優は半沢直樹の堺雅人さん。



・エリア88

友人にだまされて傭兵にさせられた主人公が戦闘機を駆り
傭兵から解放されるための違約金を稼ぎます。
その後は紆余曲折を経てアスランを解放するために戦います。
この夏のコミケ88で、カタログの表紙になりました。



・マクロスプラス

マクロスの派生作品の一つ。ただし、この作品は航空機もの。
板野サーカスと呼ばれた激しい航空戦が特徴。
海外での評価は高いけど、あまり売れませんでした。

「機動戦艦ナデシコ」や「蒼き鋼のアルペジオ」は
既出ですから、マイナーな作品を挙げておきます。


≪宇宙船≫

・無限のリヴァイアス

太陽フレアにより太陽系の南半分がプラズマ雲に覆われ、
宇宙に海ができた状態という設定。
衛星軌道にあった学校が、ある事件によりプラズマ雲に沈み、
生徒を救うために教官全員が殉職してしまい、事情を知らない
子どもたちだけで可潜航宙艦リヴァイアスを操り、
襲い来る敵を撃退します。
対艦戦闘はヴァイタルガーダーと呼ばれる各艦の個別装備。
私は高評価ですが、周り...続きを読む

Q日本の電力を原子力潜水艦で補うなら、何隻必要?

表題の通りです。

日本国が1年間で消費する電力を原子力潜水艦で発電させるとしたら、何隻くらい必要でしょうか?


というのは、核武装するしないにしろ、まともな爆撃機がないので搭載は無理。サイロを作っても住民の説得や発見された場合の投資が無駄になったり、有事のときには真っ先に攻撃対象になる。よって、陸上配備は無理。

なら、原子力潜水艦に積むしかない。

アメリカ軍は中東から撤退するので、シーレーンの防衛が必要。空母は単体では的になるだけだし、空母を守る巡洋艦等を配備するとコストが高くなる。単独行動できて、発見されても移動できる(陸上基地なら、そうはいかない)といえば、潜水艦。

で、日本の海岸沿いに端末を用意して、原子力潜水艦で発電した電力を接続して、国内に送り届ける。太平洋側で津波が発生したら、日本海側へ退避行動。それで、日本海側の端末に接続して、電力供給。

陸上のように地震の被害は関係ないでしょうから、一石三鳥くらいになるような気がしました。

それで、表題の通りの質問になったわけですが、何隻くらい必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

電力と電力量や熱出力と軸馬力の区別があいまいと思われる回答が多い。

日本の電力を原子力潜水艦で供給するのが妥当か、可能かということについては全然考慮しないで、ただ単に日本の発電能力が原潜何隻分ほどに相当するかということだけで、回答します。

日本の2011年度の電力統計は下記です。

http://www.fepc.or.jp/library/data/tokei/index.html

            2011年度
最大出力       208000MW
送電端供給力   906642615MWh
需要端供給力   860895022MWh 
需要電力量    859808671MWh

http://www.meti.go.jp/press/2011/07/20110729005/20110729005-2.pdf

自家発設備容量(設備容量1000kW以上)     5,3730MW
  卸供給事業者の設備容量            1,9280MW
  火力1万kW以上の設備容量          2,1230MW
  火力1万kW未満の設備容量           9480MW
  火力以外                       3750MW

原潜の機関は下記です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6

 米
  バージニア級    原子力ギアード・タービン推進(40,000 shp)1軸推進
  ロサンゼルス級   原子力蒸気タービン推進(30,000 shp)
 ロシア  
  タイフーン型     2 × OK-650 加圧水型原子炉, それぞれ190 MW (254,800 hp)
              2 × VV-型蒸気タービン, それぞれ37 MW (49,600 hp)
              2軸推進
  ヤーセン型      KPM 加圧水型原子炉(PWR)(出力195MW)1基
               GT3A蒸気タービン(出力43,000hp(31.6MW))2基
1.
上記から、日本の発電設備容量は、261730MWです。ただしこれは1000kW未満の自家発設備を含まないので、実際にはこれよりいくらか多いでしょう。
2.
原潜の機関容量は、型によって大きく異なるので、確定はできないが、上記から1軸出力40000shp×0.735kW/shp=28000
kW程度、すなわち30MW程度でしょう。原子炉出力195MWなどとありますがこれは熱出力でしょう。そうでなければ軸出力が小さすぎるし、熱効率30%程度で計算が゜合います。
ここでは、大きい原潜として出力50MW程度としましょう。
3.
これで、単純に1と2を比べれば、設備容量としては、
261730/50=5235隻
ということになります。
4.
設備容量としてフル稼働しているわけではないので、稼働率を考慮すれば、2011年度の送電端発電量から計算すると、平均
906642615MWh/(365×24h)=103498MW
で、50%程度です。
また、原潜の稼働率を70%程度とすれば、1隻50MW×0.7=35MW
ていどです。
5.
4.で計算すれば、103498/35=2957隻
ということになります。
6.
常に最大や平均でで稼働するわけでもなく、需要に応じて変動します。3と5の間が妥当ということでしょうか。
(5235+2957)/2=4096隻
になりました。

もちろん原潜の出力をどれほどにみるかによって変わります。

電力と電力量や熱出力と軸馬力の区別があいまいと思われる回答が多い。

日本の電力を原子力潜水艦で供給するのが妥当か、可能かということについては全然考慮しないで、ただ単に日本の発電能力が原潜何隻分ほどに相当するかということだけで、回答します。

日本の2011年度の電力統計は下記です。

http://www.fepc.or.jp/library/data/tokei/index.html

            2011年度
最大出力       208000MW
送電端供給力   906642615MWh
需要端供給力   860895022MWh 
需要電力量...続きを読む

Q日本の潜水艦の性能や目的は

潜水艦が出没して大きなニュースになっています。
ところで日本にも潜水艦があると思います。
日本の潜水艦の性能や目的はなんでしょうか?
「漢級潜水艦」に比べて優秀でしょうか?

潜水艦のほかに北朝鮮の船などが密航してきてますが、日本の潜水艦が活躍したという話はききません。
日本の潜水艦は何のためにあるのでしょうか?
日本の海を護衛するものではないのでしょうか?

Aベストアンサー

海上自衛隊は現在16隻の潜水艦を現役として保有しており、各種活動にあてています。各種活動の詳細は防衛機密です。潜水艦の現在の居場所自体が防衛機密であり、港にいるとき以外はほとんどの関係者が居場所を知ることがありません。

現在海上自衛隊が保有している潜水艦は、ゆうしお型、はるしお型、おやしお型の3タイプです。どのタイプも登場期は世界でも最高性能を誇る通常動力型潜水艦といわれていました。現在の最新型はおやしお型で、平成五年に計画された潜水艦です。

細かい性能は防衛機密でありよくわからない事が多々あるのが潜水艦の世の常ですが、おやしお型は最新鋭の射撃式装置、効率の大変よいソナー装置、対艦攻撃用の魚雷やミサイルを各種二十発程度搭載しており攻撃能力も十分です。潜水艦の命といえる静粛性能に関しては、どうも訓練相手の護衛艦からすれば10回探査して一度コンタクトできるか怪しいという人もいるようで、また今までの実績から見ても他国の新鋭通常潜水艦と比較してけして劣ることだけはないでしょう。

任務としては、主に二つ。1番の方も言われているように、待ち伏せ攻撃があり、これは潜水艦の伝統的な任務です。海上自衛隊の潜水艦は排水量に比して人員が多すぎるとの批判がありますが、この事は逆にダメージコントロールへの対応や長期間の任務への対応をやりやすくしている側面があります。なお潜水艦は対空能力や対地能力は普通ありません。イギリスやアメリカの潜水艦はトマホークを搭載しているのですが、日本にはトマホークがないため行えません。また対空能力を持つ潜水艦も存在するにはしますが、潜水艦のアドバンテージである秘匿性を台無しにするような対空ミサイルなど、潜水艦にとってはデッドウエイト以外の何物でもありません。少なくとも運用上、海上自衛隊にはまったく必要のないものでしょう。

もうひとつの任務としては、情報収集活動があります。日本の周辺海域で何処の国の軍艦がいつどのように通行したのかなどを、海中からひっそりと監視することです。各種艦船の情報や海域の情報を収集することによって基礎データを作り、何かあったときにそなえています。他にも付随した任務があるようですが、当然この辺は防衛機密なのでよくわかりません。

漢級潜水艦とおやしおですが、漢級のアドバンテージは海中をおやしおよりずっとながくもぐっていられること、ダッシュが長続きすることで、それ以外はおやしおが遥かに勝っていると考えてよいでしょう。それでもおやしおは電池性能の強化で今までの潜水艦に比べ潜水時間がかなり増加したようですが。

また潜水艦の任務はあくまで情報活動と対艦攻撃であり、北朝鮮の不審船や工作船のような小物を補足したり攻撃したりすることは目的ではありません。もっと最適な装備があるのでそちらでやればいいことです。

ちなみに2番の方も述べられているように、潜水艦を自力で設計から製造できる国はそうそうなく、日本、ロシア、ドイツ、オランダ、ノルウェー、フランス、イギリスくらいです。尚米国は現在通常動力潜水艦を建造することはできません。

海上自衛隊は現在16隻の潜水艦を現役として保有しており、各種活動にあてています。各種活動の詳細は防衛機密です。潜水艦の現在の居場所自体が防衛機密であり、港にいるとき以外はほとんどの関係者が居場所を知ることがありません。

現在海上自衛隊が保有している潜水艦は、ゆうしお型、はるしお型、おやしお型の3タイプです。どのタイプも登場期は世界でも最高性能を誇る通常動力型潜水艦といわれていました。現在の最新型はおやしお型で、平成五年に計画された潜水艦です。

細かい性能は防衛機密であ...続きを読む

Q原子力潜水艦のエネルギーについて

テレビで原子力潜水艦はエネルギーが無尽蔵なので、何ヶ月でも潜っていられるというのを聞いた事があるんですが、本当に言葉どおり無尽蔵で、食料さえあれば何年でも何十年でも潜っていられるのでしょうか?
それなら原子力発電も永久エネルギーになると思うのですが・・・?

Aベストアンサー

普通の原子力でない潜水艦はエネルギーを得る為には燃料を燃やさなければいけませんよね。それには酸素が必要だし、排気する事も必要でしょう。(普通の内燃機関では排気が重要ですからね。)

で、潜るって事は海中にいるわけで、酸素の供給は期待できないです。それに潜水艦の運用から言って排気を出すなんて事はもってのほか。その時の音が敵潜にばれたら死んだも同然です。(う~ん、でも艦内を循環させる事によってそれは解決出来そうな気もするのですが・・・。それともエンジンの振動音とか爆発音が致命的なのかな?)よって潜ってる間は機関を止めなければいけません。
じゃあ、どうやって動いているのか?といえば蓄電池に蓄えられた電力で以って海中で行動しているのです。蓄電池に蓄えられる電力はもって数時間、運動量が大きくなればそれだけその時間は短くなるでしょう。いつかは浮上しなければいけないのです。

ところが原子力潜水艦の場合、海中でも電力を得る事ももちろんできるし(燃焼ではないから。酸素が必要ない)、蒸気タービンの回転をそのままスクリューの動力に使う事も出来ます。そして、燃料棒の交換は短くても数年単位、長いのだと数十年は大丈夫だそうです。
つまり、中の人間の事を考えないのなら、潜ろうと思えば何年でも海中での連続行動が可能なのでしょう。


ちなみに、今現在でも核が抑止力となっているのは、原子力潜水艦の存在に依るところが大きいのだと思います。なにせ原子力潜水艦は”真の意味での潜水艦”ですから。海中を航海する事が前提であるから、衛星での発見が不可能なんです。同時に全ての発射拠点を潰すって事は事実上不可能になりました。それ故に報復を防ぐ事が出来ない。それが抑止力になってるんだと思います。

普通の原子力でない潜水艦はエネルギーを得る為には燃料を燃やさなければいけませんよね。それには酸素が必要だし、排気する事も必要でしょう。(普通の内燃機関では排気が重要ですからね。)

で、潜るって事は海中にいるわけで、酸素の供給は期待できないです。それに潜水艦の運用から言って排気を出すなんて事はもってのほか。その時の音が敵潜にばれたら死んだも同然です。(う~ん、でも艦内を循環させる事によってそれは解決出来そうな気もするのですが・・・。それともエンジンの振動音とか爆発音が致命...続きを読む

Qかっこいい潜水艦の戦闘映画を探しています

潜水艦の映画をいくつか調べてみたのですが、
どれも潜水艦が登場するだけで、潜水艦独自の戦闘の駆け引きが見れそうなものが
見つかりませんでした。

ソナーを使った探り合いなど、そういった潜水艦独自の緊張感ある戦闘が見れる映画は
ありませんでしょうか?

Aベストアンサー

何をご覧になったのかの記載が無いので、適度に並べます。

眼下の敵
Uボート
レッドオクトーバーを追え
クリムゾンタイド
は鉄板です。

漫画になりますが、沈黙の艦隊は外せませんよね。

Q空母、潜水艦以外の原子力艦船は何故無いのですか?

空母、潜水艦以外では原子力を動力とする艦船はありません。
(昔はアメリカのロングビーチとかありました。)
何故ですか。

Aベストアンサー

アメリカも、CVNX 、CVN-21(後のジェラルド・R・フォード級)の動力源として通常動力も検討したことがあるくらい、原子力動力の「運用効率が悪い」「維持費がかかりすぎる」ことが問題か と。

「原子力は半永久的」と思っている方が少なくないようだけど、現実には、定期的メンテナンスが必要。
原子力艦船のメンテナンスには半年~3年の期間と莫大な経費がかかる。
概ね、2年に1回、半年程度かかる整備が必要で、5~7年で原子炉本体のメンテナンスを含めた重整備があるから10年間運用すれば3年はドックに入っていることになる(米海軍も空母12隻を保有しているけど、任務にあるのは半分程度。残りは整備中で、短時間でドックを離れることが出来るのが4隻くらい、残りは戦列復帰まで1年以上かかる)。
更に、10年から20年運用すれば、原子炉交換のため数年のオーダーで戦列を離れることになる。
原子力空母のトータルのライフサイクルコストで220億ドル(通常動力艦140億ドル)かかるとの計算もある。

空母や潜水艦のように、コストよりも性能要求が優先するのであれば原子力を積極的に採用する理由も成り立つけど・・・前時代的な「大艦巨砲主義」なんて思想がミサイルの発達で通用しなくなった現代においては水上戦闘艦は1万トン以下が殆どで、原子力機関を搭載するメリットは無いというのが世界中の海軍の判断ということ。

あと
>空母、潜水艦以外では原子力を動力とする艦船はありません。
いや、ロシアでは「砕氷船」という分野で原子力船を持っている。
国家の安全保障上、広大な「氷に閉ざされる海」の維持・監視を重要視するロシアの砕氷船には、「コンパクトで重量級かつ大出力」という原子力が理想的な動力源の1つらしい。

アメリカも、CVNX 、CVN-21(後のジェラルド・R・フォード級)の動力源として通常動力も検討したことがあるくらい、原子力動力の「運用効率が悪い」「維持費がかかりすぎる」ことが問題か と。

「原子力は半永久的」と思っている方が少なくないようだけど、現実には、定期的メンテナンスが必要。
原子力艦船のメンテナンスには半年~3年の期間と莫大な経費がかかる。
概ね、2年に1回、半年程度かかる整備が必要で、5~7年で原子炉本体のメンテナンスを含めた重整備があるから10年間運用すれば3年はドックに入っ...続きを読む

Qベトナムとインドネシアの潜水艦増強について。

ベトナムとインドネシアの潜水艦増強について。

ベトナムはこれまで、特殊工作用の北朝鮮製のユーゴ級小型潜水艦を2隻保有しているだけでしたが、最近ロシア製のキロ級潜水艦を6隻も調達しようとしている事を知りました。
インドネシアもドイツ製の209型潜水艦を80年代から2隻保有しているだけでしたが、最近新たに12隻もの潜水艦の調達計画があるのを知りました。

これまで、それほど潜水艦を保有してこなかったこの2国が、ここにきて急に潜水艦を増強しようとしているのは何故なのでしょうか?
やはり中国の空母建造の脅威に対抗してでしょうか?
それとも近隣諸国との領土・領海争いの対立が激化してきているという事なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは


> これまで、それほど潜水艦を保有してこなかったこの2国が、ここに
> きて急に潜水艦を増強しようとしているのは何故なのでしょうか?
> やはり中国の空母建造の脅威に対抗してでしょうか?
> それとも近隣諸国との領土・領海争いの対立が激化してきていると
> いう事なのでしょうか?

はい、質問者さんがおっしゃっている理由でほぼ間違いないと思います。
規模はさほどではないものの、二国間の紛争はありますし、中国が急速
に海軍力を強化拡大していますし、まずはそれらへの対応でしょうね。
あと背景として、概ね各国とも経済が上向いてきて国防費に回せるお金
(余裕)が生じた、というのもあるかと・・・。

ちなみに潜水艦以外にも、水上艦艇も新たに購入する国もあるみたい
ですね。もちろんベトナムも・・・。

こんな時こそ我が国が音頭とって"東南アジアにおけるあらたな軍備管理
の枠組を作ろう"っていい出す またとないチャンスなんですけどねぇ。

Q船や潜水艦のステルスはありますか?

レーザーに捕捉されないステルス戦闘機はありますが、
それの船、潜水艦バージョンがありますか?
もしないとすれば、どうしてないのでしょうか?
技術的にむずかしいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の「レーザー」は「レーダー」の誤りですね?
ステルス性は、光学的(目に見えない)、電磁的(レーダに映らない)
磁気的(磁場を乱さない)、音響的(静かにする)などいくつかの方法で探知されない技術です。
船は水上を移動するので、レーダー波を発信元に返さないような形にしたり、レーダー波を吸収する材料や、塗料を使ってレーダーに映りにくくします。目視で見えにくくするには、海の色に紛れるような色にしたり、
沿岸では背景の島に似た模様にしたり、どちらに進んでいるのか判らないような、模様を船体に描いたりします。どちらかというと光学的には
カモフラージュです。潜水艦は潜水している間は、光学的にはほとんど
見えませんが、船体は活動する浅い海の色に溶け込むような塗装をするようです。深く活動する潜水艦はその心配はないですね。
潜水艦は地球磁場を乱すことで探知されることがあるので、非磁性体で造る技術があります。潜水艦は、特に音を伝えやすい海中に潜むので、
音で探知されることに注意を払います。スクリューの形を工夫して水を掻く時にでる空気の泡の音を小さくしたり、モータやポンプの音を小さくするなど工夫をします。潜水艦を探知する技術に音波を使って
音の反射で探すことをします。船体を特殊な泡で包んで探知音波を吸収したり、海中の水温による音の反射を利用したりして、音(ソナー)による
探知を防ぎます。

ご質問の「レーザー」は「レーダー」の誤りですね?
ステルス性は、光学的(目に見えない)、電磁的(レーダに映らない)
磁気的(磁場を乱さない)、音響的(静かにする)などいくつかの方法で探知されない技術です。
船は水上を移動するので、レーダー波を発信元に返さないような形にしたり、レーダー波を吸収する材料や、塗料を使ってレーダーに映りにくくします。目視で見えにくくするには、海の色に紛れるような色にしたり、
沿岸では背景の島に似た模様にしたり、どちらに進んでいるのか判らないような...続きを読む

Q原子力潜水艦どうしが戦ったら

「インド、世界6番目の原子力潜水艦保有国に」
インド軍は4日、原子力潜水艦「チャクラ」の就役を発表、世界で6番目の原子力潜水艦保有国となった。ロイター通信によると、チャクラはロシア製の攻撃型原子力潜水艦で、途中、資金難もあって完成に19年かかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20120405-00000011-nnn-int

原子力潜水艦どうしで戦うような場面があるかもしれませんね。
第二次世界大戦中は、潜水艦は3Dに動くので魚雷を発射してもまず当たらないと
言われていました。
現在の潜水艦どうしの戦いというのはどういう戦いになりますか?
魚雷はあたりますか。
ステルス性にすぐれている方が勝者になるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長くなるので
『沈黙の艦隊』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E9%BB%99%E3%81%AE%E8%89%A6%E9%9A%8A

あたり読んでみては?

あと潜水艦は2種あります

 核なんか搭載して陸上を攻撃する潜水艦
  米国なら オハイオ級原子力潜水艦
 対艦船攻撃を目的とした潜水艦
  米国なら ロサンゼルス級原子力潜水艦
       シーウルフ級原子力潜水艦
       バージニア級原子力潜水艦N

といった具合にですね
 対艦船攻撃は無論潜水艦も攻撃可能です、ただ潜水艦で潜水艦を攻撃するのは効率が悪いのであまりしません。(まぁ攻撃は可能ですが・・)
 なので基本この仕事は『対潜哨戒機』や『対潜ヘリ』のお仕事になります。
敵艦船に攻撃しよとする潜水艦がもし敵の潜水艦を感知したら 基本逃げます
逆の潜水艦は本国に連絡して『対潜哨戒機』を飛ばします
 潜水艦同士の戦いならどっち撃沈の可能性があるけど
 対潜哨戒機相手に潜水艦が圧倒的に不利(基本潜水艦は逃げるのみ)

まぁ偶発戦くらいだろうけど・・・
>魚雷はあたりますか。
 うん、見つければね

>ステルス性にすぐれている方が勝者になるのでしょうか。
 そーゆーこと
 その点原子力潜水艦はディーゼルに対し不利。
 原子力エンジンは一種のタービンエンジンなので、高速回転するタービンと減速ギアが騒音元になるようなのね。また、原子炉の冷却ポンプも騒音を発生する。ディーゼル艦は水中では電気艦ですから、ほとんど騒音はない。

 重くなってもいい地上の原子炉なら遮音は容易ですが、潜水艦という限られたスペースで騒音を減らすのが難しいのよね。
 なので原潜は案外 原潜同士の戦いには弱い。ただ長期時間もぐれるので逃げるのは楽になる。
 今回は原子力潜水艦同士の戦いだからね・・・基本戦いにならんでしょw
 

長くなるので
『沈黙の艦隊』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E9%BB%99%E3%81%AE%E8%89%A6%E9%9A%8A

あたり読んでみては?

あと潜水艦は2種あります

 核なんか搭載して陸上を攻撃する潜水艦
  米国なら オハイオ級原子力潜水艦
 対艦船攻撃を目的とした潜水艦
  米国なら ロサンゼルス級原子力潜水艦
       シーウルフ級原子力潜水艦
       バージニア級原子力潜水艦N

といった具合にですね
 対艦船攻撃は無論潜水艦も攻撃可能です、ただ潜水艦で潜水艦を攻撃するのは効...続きを読む

Q潜水艦の原理

どうして浮いたり沈んだりできるの?

Aベストアンサー

潜水艦と潜水艦と同じ容積の水とどちらが、重いかで浮くか沈むかが決まります。潜水艦の内部にはバラストタンクという水を入れるタンクがあり、そこに水を入れるともともと金属製で内部に水が入れば沈むようにできている潜水艦は沈んで行きます。浮上するときは、タンクの中の水をポンプや圧縮空気を使って吐き出せば、浮き上がります。

実際には潜舵という舵がついていて飛行機のように、その舵も使って潜行や浮上のコントロールもしますし、先に書いたバラストタンクも前後や左右に分けて取り付けられているので、前を重くしたり、後ろを重くしたりというコントロールで潜水艦に角度をつけることもできます。この状態で進めば、上下左右どの方向でも自由に動けるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報