ジャンヌ・ダルクの名前のこの「ダルク」というのは、苗字なんでしょうか?

英語だと“Joan of Arc”とか書いていますよね。フランスの発音にすると、「ジャンヌ・ダルク」とか聞こえるんでしょうか?でも、この場合の“of”は、地名なんかを使う時の用法ですよね。“Joan of Shibuya”とか。

それとも、「ダルク」と“~of Arc”は、無関係なんでしょうか?どうも分かりません。どなたかお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

フランス語では、JEANNE D'ARCといいます。


D'ARC というのは、DE ARCがつながったもので、フランス語のDE は英語のOF と同じ意味を持ちます。
ですから、Jeanne d'Arc を英語に訳したのがJoan of Arcということになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど。では、名前は、英語表記では、“Joan of Arc”でいいんですね。納得致しました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/30 06:15

歴私小説家 酒見賢一が原作、


「魔女の宅急便」のキャラデザインで知られる近藤勝也さんが書かれている漫画「ダーク」というジャンヌダルクの漫画があるのですが、
内容も面白いので一読をオススメします。

その中ではダルク家という表現をしています。
創作の部分もかなりあると思いますが
酒見さんは歴私小説家としてはかなりの実力者なので
あながち嘘とも思えないのですが。

その話の中ではフランス、ロレーヌ辺境、ドンレミ村出身です。
同時代人には「ジャンヌ・ラ・ピュセル」(乙女ジャンヌ)と呼ばれたそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

以外な展開になりましたが、思わず、身を乗り出しました(*^_^*)。こういう漫画があるんですか。早速、読んでみたいと思います。歴史の勉強にもなりそうですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/30 06:29

皆さんが説明いてしまったので、なにか関連することを書いてみます。


日本でも平清盛を「たいらのきよもり」と読んでいるように、ヨーロッパでも今のようなファミリー・ネームが確立する以前は、人の名前をいうときに、どこどこの誰それと言っていました。ですから、ジャンヌダルクの本当の名前は最初の Joan(ジャン)だけで、d'Arc とか、de Arc というのは、Arc の生まれの誰それという意味です。
今でもその名残が残っている姓名があります。例えば、カトリーヌ・ド・ヌーブとか、故ド・ゴール氏や、イタリア系では、ロバート・デ・ニーロなどがいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

話が展開してきましたね。大変ありがたいです。「平清盛」ですかあ。こういう感じなんですね。

しかし、「ジャンヌ・ダルク」の生まれは、アルクとは違いますよね?関連は何処にあるんでしょうねえ?うーん、ここに謎が生まれました(*^_^*)。

でも、丁寧にご説明ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/30 06:27

「ジャンヌダルク」はちゃんと書くと


「ジャンヌ・ダ・アルク」てなりますから、
「アルクのジャンヌ」って意味です。

ちなみに
「レオナルド・ダ・ビンチ」も同じことで
「ビンチのレオナルド」って意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもそのようですねえ。しかし、参考例も書いていただくと、納得しやすいです。そうかあ、「レオナルド・ダ・ビンチ」もそうなんですね。「ジャンヌ・ダルク」の名前が変だという訳ではないんですね?

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/30 06:23

補足ですが、Arcってのは地名だったと思います。

この回答への補足

たびたびありがとうございます。

しかし、ジャンヌ・ダルクの話は、「ロレーヌ」という地名は、よく出てくるのですが、「アルク」という地名は聞かないんですよ。何処の地名なんでしょうね?

補足日時:2001/05/30 06:19
    • good
    • 0

フランス語だと、Jeanne d'Arcって書きます。


発音は「ジャンヌダルクと聞こえる」で良いと思います。
Joan of Arcは、カタカナ英語だと、「ジョアンオブアーク」みたいな感じだと思います。
意味は、アルクのジャンヌという意味です。
d’はofと同じ意味なんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

north073さんと同じという事ですね。これで何だか安心致しました。やはり、アルクのジャンヌなんですねえ。“d'”=“of”だったんですか。勉強になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/30 06:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q武道馬鹿であった歴代人物で、 弁慶とジャンヌダルクなら、どちらが好きですか? 弁慶は脳筋で、ジャンヌ

武道馬鹿であった歴代人物で、
弁慶とジャンヌダルクなら、どちらが好きですか?
弁慶は脳筋で、ジャンヌダルクは確か、文盲でしたね。

Aベストアンサー

弁慶については、そもそも実在が疑われています。
それに、馬鹿だという根拠は何でしょうか?
あなたにとっては 強い=馬鹿 なのでしょうか。
強いと他のパラメーターは必ず低いのでしょうか?

そもそも、当時の武士の文化や教養の水準は低く、京都周辺の一部を除いて、文盲(&読めても平仮名まで)はかなりいました。



ジャンヌですが、
神の声を受けたと思い込む前は、農家の娘だったジャンヌが「武道馬鹿」?

「強かった」という根拠は何でしょうか?
彼女が戦闘に参加した事があったでしょうか?
無知な方は、よく混同しますが 戦争 = 戦闘 ではありません。
彼女はイギリスとの闘いを主張しましたが、それは「戦争」であって「武道」ではありません。

それに、当時の欧州では、戦争は「高貴な者の義務」であり、平民が戦闘に参加するという習慣や文化はありません。
(馬鹿であった可能性は否定しませんが)



あなたは、どのジャンルのどんなレベルの創作物を読んだのでしょうか。

Qジャンヌ・ダルクについて

ジャンヌ・ダルクについて

最近ヨーロッパの歴史などに興味を持ち始めジャンヌ・ダルクに惹かれました
ジャンヌ・ダルクは誰でも知っている聖人であるとだけ記憶していたのですが
百年戦争での活躍や神のお告げを聞いたり 魔女と言われてたり
有名になる要素はたくさんありますが
ジャンヌ・ダルクと日本の間には何か関わりはなかったのでしょうか?

あるいは
日本に影響を与えていたりするんでしょうか?

Aベストアンサー

ジャンヌ・ダルクは15世紀の人物で、日本は室町時代でした。
なので、直接的な関係は無いといって良いかと思います。
しかし、明治以降の日本にとっては間接的に影響を与えていると言えなくもないですね。
以下は私見ですが、参考になればと回答してみます。



ジャンヌ・ダルクがフランスも含め世間一般にも注目されるようになったのは18世紀以降のことです。
それまでの間、「忘れ去られた聖女(魔女)」の一人でしかありませんでした。

当時(18世紀)、絶対君主制の行き詰まりと国民国家の成立へと向かう時代でした。
そんな中にフランスに現れたのがフランスのナポレオンです。
彼は「プロパガンダ(政治的宣伝)」が上手で、色んな手法を通じてフランス国民をフランス国民に仕立て上げていきました。
そんな中で利用されたのが、ジャンヌ・ダルクのエピソードでした。
その後、相次いでジャンヌダルクについての本が上梓されていきます。
有名どころをあげると、

シラー『オルレアンの乙女』(1801年)
シャルル・ペギー『ジャンヌ・ダルク三幕劇』(1897年)
アナトール『ジャンヌ・ダルクの生涯』(1908年)

など、おおよそ、帝国主義とナショナリズムが台頭した時代にあたります。
パリにあるジャンヌ・ダルク像も、19世紀頃の作品だったかとおもいます。
つまり、フランス共和国という民族国家造りに利用されたわけですね。(もちろん、利用出来るだけの史料が残っているのはポイントの一つですけど。

そういった意味では、日本でもその名を冠される人がいますね。
NO1さんがあげておられる幕末のジャンヌ・ダルク新島八重(1845-1932)、東洋のジャンヌ・ダルクといわれた川島芳子(1907-1948)、などなど。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%95%B0%E5%90%8D%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E4%BA%BA%E7%89%A9%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

いずれも、その時代において何かしらの功績を残した人々ですね。
ただ、いずれも「ジャンヌ・ダルク」の名を冠された裏側には「イデオロギー」的なモノが見え隠れしてますけど、、、

ではでは、参考になれば幸いです。

ジャンヌ・ダルクは15世紀の人物で、日本は室町時代でした。
なので、直接的な関係は無いといって良いかと思います。
しかし、明治以降の日本にとっては間接的に影響を与えていると言えなくもないですね。
以下は私見ですが、参考になればと回答してみます。



ジャンヌ・ダルクがフランスも含め世間一般にも注目されるようになったのは18世紀以降のことです。
それまでの間、「忘れ去られた聖女(魔女)」の一人でしかありませんでした。

当時(18世紀)、絶対君主制の行き詰まりと国民国家の成立へと向かう時...続きを読む

Qジャンヌダルク

フランスの女英雄・ジャンヌダルクについての話は、神話に該当するでしょうか?

Aベストアンサー

神話の定義はよくわかりませんが、実在が確認されない内容の話だが
広く人口に膾炙しているものではないでしょうか?

そう考えるとジャンヌ・ダルクは実在していましたので神話ではないです。

Qジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルクの存在は、フランス史にどのような影響を与えたのでしょうか?やはり、彼女が存在したことによって、フランスが独立したりできたのでしょうか?近代国家への歩み等も含めてお答えいただけたら幸いです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 味方からは神託者・敵からは悪魔と思われていたとか、イギリス兵は対峙する敵にジャンヌがいるとわかっただけで逃亡した、というような記述が残っているところから見ると、イギリスとの戦いでかなり大きな役割を果たしたと言えそうですよね。
 その後のフランスの近代国家への歩みに与えた影響については、フランスの独立がなければその後の近代化も違うものになったわけですが、そういう意味での影響はちょっとこっちへ置いておきます。
 市民と呼ばれる人々が生まれてくる過程においての影響については、自らと神との間に俗世の諸権力を入れず自ら信じる道をゆくとか、自らが進む道で女性であることが障害になるなら、その範囲内では女性であることを捨てるとか、また、過去に彼女が立ち上がったことは、後の市民革命に関わった女性たちの、心の拠り所の一つになったと、私は思います。
 ありきたりのアドバイスですみません。

 なお、すでにご存じかもしれませんが、
レジーヌ・ペルヌー著、高山一彦訳「ドキュメンタリーフランス史、オルレアンの解放」白水社
レジーヌ・ペルヌー、マリ=ヴェロニック・クラン共著、福本直之訳「ジャンヌ・ダルク」東京書籍
とか、いいですよね。

 味方からは神託者・敵からは悪魔と思われていたとか、イギリス兵は対峙する敵にジャンヌがいるとわかっただけで逃亡した、というような記述が残っているところから見ると、イギリスとの戦いでかなり大きな役割を果たしたと言えそうですよね。
 その後のフランスの近代国家への歩みに与えた影響については、フランスの独立がなければその後の近代化も違うものになったわけですが、そういう意味での影響はちょっとこっちへ置いておきます。
 市民と呼ばれる人々が生まれてくる過程においての影響については、...続きを読む

Qジャンヌダルクはなぜ処刑されたんですか? 本当に簡単なわかりやすい説明でお願いします。中傷、いたずら

ジャンヌダルクはなぜ処刑されたんですか? 本当に簡単なわかりやすい説明でお願いします。中傷、いたずら、悪口はNGでお願いします。

Aベストアンサー

負けたイギリスの腹いせです。貶めて一番苦しい死に方をさせる。死体は住民が切って食ったと言われている。

Qジャンヌ・ダルクについて。

ジャンヌ・ダルクの伝記や文学などが最初に出たのは何年頃なのでしょうか?1456年に処刑されてから、20世紀のバチカンまでの間のジャンヌの経歴を知りたいです><

Aベストアンサー

一般論ですが、全国(全フランス)的にヒューチャーした
最初の人物はナポレオンであったとされます。
彼がジャンヌ・ダルクを持ち出したのはナショナリズム高揚のため。
それまではあくまでもローカルなヒロインにすぎなくて
一部の地域で(生まれ故郷とオルレアン近郊)しか知られてもいませんでしたが、
それは当時としては自然です。
何しろテレビもラジオも無い時代ですから情報は限られます。

それ以前は、シェークスピアがヘンリー6世で”魔女”として描いてます。
ただし公平を期すためにいうと、シェークスピアはフランス人のセリフとしてですが
黒太子も悪魔と評してますから、特別悪く言うつもりはなかったように思います。
当時の一般的イメージが反映しただけでしょう。

一般に登場しだすのは、19世紀になってから。
1850年代になると、もう国民的英雄というベタなイメージが定着していたといっていいでしょう。
もともとフランス(という国家)を擬人化したものが女性なので
そういうかねあいから自然にうけいれらたんでしょうね。

20世紀になってから聖人に列せられたのは、
完全に教会の露骨な人気取り政策でかなり浅ましいものです。
カトリックでは女性をいまだに不浄としているのにね。

一般論ですが、全国(全フランス)的にヒューチャーした
最初の人物はナポレオンであったとされます。
彼がジャンヌ・ダルクを持ち出したのはナショナリズム高揚のため。
それまではあくまでもローカルなヒロインにすぎなくて
一部の地域で(生まれ故郷とオルレアン近郊)しか知られてもいませんでしたが、
それは当時としては自然です。
何しろテレビもラジオも無い時代ですから情報は限られます。

それ以前は、シェークスピアがヘンリー6世で”魔女”として描いてます。
ただし公平を期すためにいうと...続きを読む

Qジャンヌダルクのカレンダーがほしいです。

ジャンヌダルク(バンドですよ)のカレンダーがほしいです。
できれば大きいのがほしいです。
検索したのですが、みつからなくて・・・

Aベストアンサー

ちょっと検索してみたんですが、ジャンヌダルクのカレンダーって
ファンクラブオンリーでの販売みたいですよ?
(検索した先をちらっと見ただけなので、来年のかどうかは分かりません)

普通に検索しても見つからないのでしたら、一般では発売してないのでは?
もし、どこかにあったとしたら、それは違法販売になると思います。

Qジャンヌ・ダルクの塔について

ジャンヌ・ダルクの塔にジャンヌは幽閉されていると聞いたのですが、具体的に塔のどの部分に幽閉されていたのでしょうか。
塔の一番上でしょうか、それとも全く違うところなのでしょうか…
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

推測ですので、本当のところは今の時代になってしまったら真実もあいまいになってしまうのでしょうけど、塔の上の方だという見解が多いみたいです、その理由としては塔の入口や塔の下の方に幽閉されていたのだとすれば、門番や他の警備をしている人の邪魔になりますよね!

従って、おそらくは上の階だと考えるのが一般的みたいです。

塔の内部の2階はかなり狭くなっていましたので、おそらくは?
窓のある2階部分ではなかったのかと思われます。
(多くの写真には塔の上の部分には窓が無いようにも撮影をされてはおりますが内部から撮影された部分の写真もありますのでご参考までに)

http://www.ilyfunet.com/par-ci-par-la/voyage/652_sp.html?page=2

ナポレオンも英雄ならジャンヌも今となっては英雄ですけど、それぞれが同じような運命を辿るとは、当時の人は想像もしていなかったのことなのかもわかりませんね? 

参考URL:http://www.ilyfunet.com/par-ci-par-la/voyage/652_sp.html?page=2

推測ですので、本当のところは今の時代になってしまったら真実もあいまいになってしまうのでしょうけど、塔の上の方だという見解が多いみたいです、その理由としては塔の入口や塔の下の方に幽閉されていたのだとすれば、門番や他の警備をしている人の邪魔になりますよね!

従って、おそらくは上の階だと考えるのが一般的みたいです。

塔の内部の2階はかなり狭くなっていましたので、おそらくは?
窓のある2階部分ではなかったのかと思われます。
(多くの写真には塔の上の部分には窓が無いようにも撮影...続きを読む

Qジャンヌダルク

ジャンヌダルクのダイヤモンドヴァージンという歌で

「この魂に触れてくれ・・・」と言った後、ちょっと間奏してから誰か1人がギターっぽい形をした楽器を独奏してますよね。

あの楽器はなんなんでしょうか?
ギターですかベースですか、それともまた違った楽器ですか?

あと、ジャンヌダルクは
ボーカル、キーボード、ドラム、とあと2人がいると思いますが
その2人の楽器はなんでしょうか?

どうぞアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ソロパートはギタリストyouのギターソロだと思います。楽器はギター。

残りのメンバーはギターとベースです。
プロフィール見たら確実ですね。
http://www.avexnet.or.jp/janne/profile.html

Qジャンヌ・ダルクについて詳しい書籍、ウェブサイト

最近ジャンヌ・ダルクに興味がありいろいろ調べまわっているのですが、なかなか彼女のことを詳しく記したサイトに出会うことができません。
大方の歴史たけに留まらず、そのとき何が起きたのかや、ジャンヌの周りの人物、ジル・ド・レやラ・イールについても詳しく載っている書籍やウェブサイトをご存知でしたら教えてほしいです。

Aベストアンサー

私も彼女について興味があり数冊の本を持っています。
詳しいのは、創元社から出版されている「知の再発見」双書シリーズの「奇跡の少女ジャンヌ・ダルク」です。これは絵や写真など多くの図版が載っていてとてもおもしろいです。ジル・ド・レやラ・イールについての記述もあります。
あとは藤本ひとみさんの歴史エッセイ、「ジャンヌ・ダルクの生涯」(中公文庫)です。これは歴史書とはまたちがった観点から書かれていてとても興味深いです。
ウェブサイトのほうは調べたことがないのでわかりません。ごめんなさい。でも、ウィキペディアとかで詳しく書かれているんじゃないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報