今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

家電量販店で一眼レフカメラ・ミラーレスカメラを見ると、
レンズフードはほぼ別売りですよね。

これはレンズ自体の性能向上によって、レンズフレアの発生を低減できて、
レンズフードが不要になったということなのでしょうか?
大して変わらないということなのでしょうか?

ご回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

皆様回答どおり、コーティングが良くなったとは言え必需品だと思います。



レンズフードは、画角外の有害光をカットする以外にも、雨や埃からレンズ面を保護するのに有効ですから、屋外では、原則、付けるように努めています。
ただ、前枠回転タイプのレンズだと、花型フードが使えず、フードが浅く余り効果が期待出来ないモノもあります。
内蔵ストロボを焚くとケラれる場合があるので、そう言う時は外します。


>レンズフードはほぼ別売りですよね。

高級タイプのレンズ以外は、ほぼ別売りですね。
まぁ、レンズフードって、モノの割には結構高いと思います。
穿った見方をすれば、コストダウンと言うより、別売りにする事で稼ぐ。
その辺は、インクジェットプリンタ本体が激安なのに、サプライ用品のインクカートリッジがべらぼうに高い。それに似た構造じゃないかと思ったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そうゆう事ですか。
ちょっと気になっていたのです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/03 22:12

直接に光がレンズに当ってしまうとレンズの性能に関わらず大なり小なりフレア、ハレーション、ゴーストが起きます。


大して変わらないと言う事はありません。
わざと入れる事もありますが普通は入れないようにレンズフードは必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり必要なのですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/03 22:13

フード、高価なレンズはついてくることもありますが、ついていないレンズも以前からありました。

比較的安いレンズが多いのですが、高価なレンズでも別売りのものがありました。

撮影の状況にもよりますが、やはりフードはあった方が良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/03 22:13

付けていない人が多いですね。


別売りのフードが有ると言うことは不要になっとは言えないでしょう。

広角レンズのフードは短く、差が無い場合が多いよう気もします。
色々なケースで試されれは納得できると思いますが

助手のいるプロカメラマンは助手が黒い板(ハレ切)で影を作るようです。
私はオレンジ色のフリスビーをハレ切代わりに使ったことがあります。
フィルスビーは写りこんでいないのにオレンジがかった画像になりました。
余分な光がレンズ内に入ることは確かなようです。

ついでに
保護フィルターは別売ですが付けいた方が良いと思います。
ホコリ、水滴が付いた場合、保護フィルターならメガネ拭きで気軽に清掃できます。

蛇足
見た目、フードが付いている方好きなので保護フィルター、フードを付けています。
ただし、レンズキャップの脱着が面倒でレンズキャップは付けていません。
(カメラを置く時は一応太陽の位置は気にしています。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、やはりフードはあったほうが良いのですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/03 22:15

いいえ 単なるコストダウンのためです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/03 22:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q超広角レンズは用途が多いでしょうか。

今持っているレンズは18-55mmと55-200mmの2つですが、ほとんどは前者ばかり使用します。
後者はあまり使いません(汗)。

極端な超広角レンズ(8mmとか10mmとか)で景色等を撮影したいと思いますが、使う機会はどれだけありますでしょうか。超広角レンズは景色のほかに建築に関する撮影にも向いているようですが、他の用途がありましたら教えてください。

また、超望遠レンズ(300mmとか500mmとか)は非常に高価であり、個人的な用途は野鳥を撮影するしか思い当たりません。プロのカメラマンならスポーツ選手を撮影することなら非常に価値のある撮影だと思いますが、私はそこまでしませんので、超望遠レンズを使う価値はありますでしょうか。

他に意外と用途が多い、あるいは用途が少ないレンズの種類がありましたら、教えてください。
例えば、マクロレンズや単焦点レンズとか・・・。

例えば単焦点レンズの35mmとズームレンズの35mmは意味は違うのでしょうか。前者は大口径でF1.4の開放値があって、暗いところも非常に明るく撮影できるようですが、これは意外と用途は多いでしょうか。個人的には料理や小物を撮影してカタログやホームページ作成には向いているとしか思いつきません。

今持っているレンズは18-55mmと55-200mmの2つですが、ほとんどは前者ばかり使用します。
後者はあまり使いません(汗)。

極端な超広角レンズ(8mmとか10mmとか)で景色等を撮影したいと思いますが、使う機会はどれだけありますでしょうか。超広角レンズは景色のほかに建築に関する撮影にも向いているようですが、他の用途がありましたら教えてください。

また、超望遠レンズ(300mmとか500mmとか)は非常に高価であり、個人的な用途は野鳥を撮影するしか思い当たりません。プロのカメラマンならスポーツ選手を撮影す...続きを読む

Aベストアンサー

結局のところ、レンズは使用頻度で考えるものではない、と思います。
魚眼や超広角、使用頻度は高くはないでしょう。ですが、それでなくては写せない写真があります。それを撮りたいのであれば、使用頻度に関係なく、必要なレンズになります。それが年に1回であっても、です。
超望遠もおなじですね。写したい写真があり、そのために超望遠がいるのであれば、使う価値のあるレンズです。

ただ、私は超望遠で写したい写真はあるのですが、値段を考えて購入していないです(単純に買えない、というのが正しいのですけど)。使うのは地元の航空際などでせいぜい年に1,2回。そのために安い車1台分の投資はできません。

単焦点の開放での明るさですが、これは結構使います。少々暗いところでシャッター速度を1段でも上げたいときは少なくないです。手振れならば練習でカバーできますが、動きのある被写体であればシャッター速度での対応が必要です。あと、ボケの美しさも大切ですね。私は最近、単焦点ばかり買っています。

Qミラーレスと一眼レフ、レンズは共用できますか?

いつかはデジタル一眼レフが欲しいと思い、ペンタックスのK-30の購入を決めました。
が、今すぐの購入は少々厳しいので、今はもう少し安価なミラーレスを買おうと思っています。
そこで質問なのですが、同じメーカーの一眼レフとミラーレスなら、レンズは同じものが使えるのでしょうか?
お詳しい方、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ミラーレス一眼は、ミラーが無い分、レンズとイメージセンサーの距離を近くできる=ボディをコンパクトにできるというのがメリットです。
レンズとセンサーまでの距離が変われば、そのままでは同じレンズは使えません。
なので、ミラーレス一眼は間にアダプターを入れれば一眼レフ用レンズも使えますよ、というのが一般的。

ただし、ペンタックスのK-01だけは、アダプターを使わずそのまま一眼レフ用レンズが使えます。
その代わり、同じレンズをそのまま使うということは、ミラーが無くなってもその部分を縮めることができないのでボディが一眼レフとそう変わらない大きさ。
ミラーが無いと、その部分のどっか(?)で被写体までの距離を測る位相差AFが使えないので、
オートフォーカスはコントラストAFというコンパクトデジカメと同じ方式。
これがまた遅い。レンズを大きく動かして、一番はっきり見えるところに戻すというやり方だから。
オリンパスはコントラストAFだけど技術開発によってかなりの高速AFになっているけど、
K-01のコントラストAFはドジでのろまなカメです。
のろまなだけではなく、なぜドジかというと、ピントが合わないことが多々あります。
そういうときにはマニュアルで合わしてます。
画質はミラーレス最強らしいのですが、ユーザーが欠点を理解して、受け入れてあげないと使えないカメラだと思います。

でもさ、なんでも平均点以上を取る優等生より、国語も算数もダメだけど、図工だけは学校一番の子のほうが、なんか良くないですかね。
写真を撮る道具というよりは、写真を楽しむカメラ、と思ってます。

ミラーレス一眼は、ミラーが無い分、レンズとイメージセンサーの距離を近くできる=ボディをコンパクトにできるというのがメリットです。
レンズとセンサーまでの距離が変われば、そのままでは同じレンズは使えません。
なので、ミラーレス一眼は間にアダプターを入れれば一眼レフ用レンズも使えますよ、というのが一般的。

ただし、ペンタックスのK-01だけは、アダプターを使わずそのまま一眼レフ用レンズが使えます。
その代わり、同じレンズをそのまま使うということは、ミラーが無くなってもその部分を縮める...続きを読む

Qレンズフィルターとレンズフードの併用について

閲覧いただきありがとうございます。

最近カメラを始め、現在はSONYのSEL55210というレンズを使用しています。
このレンズにレンズフィルター(ケンコー 49S サーキュラーPL)を使用したいと思っているのですが、レンズ付属のフード(ALC-SH115)と併用することはできますでしょうか。

PLフィルターを使うならば、フードは不必要であるという意見もネットで見かけましたが、ALC-SH115のデザインが好き(SONYのロゴが入っている)ことと、レンズとレンズ本体の保護目的でフードも付けたいと思った次第です。

もしフィルターとフードが干渉したりして併用できない、もしくはその可能性がある場合、何か上手く回避する方法やアイテムがあればご教授願います(アダプターや変換リングの類等)。

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

PLフィルターとレンズフードを併用することは可能です。
ただ、PLフィルターの偏光効果を調整するリングが回しづらくなります。
これはレンズフードの形や大きさでも異なるので、やってみて考えるしかないのですが、通常望遠レンズのフードは深いので、PLフィルターの操作には支障が出ることが多いです。
そのため、そういった形状のフードとPLフィルターをどうしても併用したい場合は、#1さんが書かれているように、レンズフードに加工を加える・汎用品で使えそうなものを探す、といった手段を採ることになります。

レンズフードは常時装着でも問題ありませんが、PLフィルターは露出倍数がかかる(シャッタースピードが遅くなる)こともあって、狙いもなく付けっ放しにしておくわけにはいきません。
そもそもPLフィルターは逆光では効果が無いので、PLフィルターの効果が期待できる状況では、レンズフードで遮断すべき余計な光の心配も相対的に少なくなると言えます。
ですから「PLフィルターを使うときだけレンズフードを外す」という考え方が成立します。
実際、これでほとんど問題になることはないはずです。

私の場合、PLフィルターを使うときはカメラが三脚に載っていることのほうが多いんです。
ですから手が空いていますので、ヤバイかなと感じたときは“ハレ切り”で対応したりします。
もっとも先に述べましたように、PLフィルターの効果が期待できる状況では、仮にフレア・ゴーストの類が出ても目くじらを立てるほどの悲惨な写真にはならないです。

アクセサリーの中でもレンズフードやフィルターは、要・不要論、利用方法、応用等、その人によって考え方が案外別れやすいアイテムです。
結局は実際に使用していく中で自分に合った使い方を見つけるのが何より、ということになるのでしょう。
楽しむつもりで、色々試されてみて下さい。

PLフィルターとレンズフードを併用することは可能です。
ただ、PLフィルターの偏光効果を調整するリングが回しづらくなります。
これはレンズフードの形や大きさでも異なるので、やってみて考えるしかないのですが、通常望遠レンズのフードは深いので、PLフィルターの操作には支障が出ることが多いです。
そのため、そういった形状のフードとPLフィルターをどうしても併用したい場合は、#1さんが書かれているように、レンズフードに加工を加える・汎用品で使えそうなものを探す、といった手段を採ることになりま...続きを読む


人気Q&Aランキング