エチレンジアミンは二酸化炭素の固定化などで用いられるものですが、その酸塩、たとえば塩酸塩とか、酢酸塩とかは水にしか溶けないと言われています。何か他に溶ける溶剤はないでしょうか?
どなたかご存知の方、教えてください。

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「塩酸塩」

ご参考まで。

参考URL:http://www.med.nagoya-u.ac.jp/Environderm/allerg …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。「アレルゲン」とか、医学分野に関係しているとはじめて知りました。参考になりました。そちらの文献等にも当たってみます。

お礼日時:2001/06/01 00:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学】炭酸飲料の二酸化炭素が簡単に気(二酸化炭素)が抜けない理由を教えてください。 水は酸素16:

【化学】炭酸飲料の二酸化炭素が簡単に気(二酸化炭素)が抜けない理由を教えてください。


水は酸素16:水素2という割合で一定する性質を持つ。

そこに二酸化炭素を注入しても化学反応における化学の理屈ならすぐに二酸化炭素は電離するはずなのに以外にそう簡単には二酸化炭素は無くならない。

これはどういう仕組みなのでしょうか?

その割に水素水ともなると水素はすぐに水から電離するのですぐにタダの水になる。と言う。

そのタダの水ですら酸素と水素の割合は8:1で以外にタダの水でも水素は結構含まれているじゃんって感じですが炭酸飲料の二酸化炭素はなかなか水から抜けないのに水素水の水素は開封した瞬間に水素は8:1の普通の水の割合に戻るという主張は正しいのか知りたいです。

すぐに抜けていない可能性もあるのでは?

すぐに抜けるのすぐとは数秒の話でなく數十分は持つのでは?と思ったり。

水素は軽く。二酸化炭素は重いので本当に一瞬で1:8のオーバー分は抜けるのか教えてください。

Aベストアンサー

水溶液中で二酸化炭素は電離しないです。
CO2+H2O⇔H2CO3
の平衡が成り立って、炭酸H2CO3ができますがこの平衡は左側に偏っているので、ほとんどの二酸化炭素が水溶液中では二酸化炭素分子として存在しています。

水の性質として二酸化炭素をよく溶かし、25℃1000hPa(およそ1気圧)の水溶液中で0.145g/cm^3も溶かします。
放っておけば気が抜けるのは確かなのですが、よく溶けるので抜けにくいので衝撃を与える・熱を加える等をしないと一気に抜けることはないです。

それでも水に溶けた二酸化炭素のうち、ごく一部は炭酸となり電離して弱酸性を示します。
H2CO3 ⇔ 2H+ + CO3-
ですね。

それに対して水素水はよく判りませんね。
↓国民生活センターのレポートです。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20161215_2.pdf

レポートの実験データを見ると分かるのですが、溶けている水素の量が全然少ないですね。

Q塩酸(α=1)と酢酸(α<1)を比較すると、酢酸のモル濃度のほうが大き

塩酸(α=1)と酢酸(α<1)を比較すると、酢酸のモル濃度のほうが大きいのはなぜですか?

Aベストアンサー

済みません、質問が「意味をなしていません」。
水素イオン濃度と酸の濃度の比のことを言っていらっしゃるのでしたら、解離定数Kaについて高校の教科書を読み直して下さい。

Qトルエンを酸化して安息香酸にするときの酸化剤が、過マンガン酸カリウムの

トルエンを酸化して安息香酸にするときの酸化剤が、過マンガン酸カリウムの中性溶液のようなのですが、
硫酸酸性の過マンガン酸カリウムでは、何か不都合や違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

硫酸酸性だと強い酸化になります。
ベンゼン環の二重結合が酸化されてしまうようです。

Qエチレンジアミン四酢酸の錯体について

エチレンジアミン四酢酸と金属の配位結合が起きたとき、エチレンジアミンの錯体は何面体の構造をとるか?答えよという問題がありました。

答えは八面体六配位と書いてあったんですが実際に金属イオンがこのエチレンジアミン四酢酸に配位結合で結合したときの図など簡単なものでいいのでどんなふうになるか知りたいのですが画像もしくはURLでも構いませんのでお教えください。

それともう一つ。この問題そのものはなんという科目で学ぶものなのでしょうか。高校の化学ではエチレンジアミン四酢酸が記憶だとキレート剤として用いられる。としか書いてなかったような気がします。
そして今手元にある自学自習用として、
『基礎有機化学の参考書で単位が取れる有機化学ノート』を買ったのですが、
ここにはエチレンジアミン四酢酸のことすら記載されていません。

ご指導だけでなく、よろしければしかるべき教科書名もお教えください。

Aベストアンサー

http://www.benbest.com/nutrceut/EDTA.html
エチレンジアミン四酢酸の略称である"EDTA"("EthyleneDiamineTetraacetic Acid"の略です)でグーグルで画像検索すると出てきますよ。

EDTAは有名なキレート剤で、配位結合に関する分野として「錯体化学」に該当すると思います。
(配位結合した分子を錯体と呼ぶ。キレートとは多座配位できる物資の金属イオンへの結合のこと。)
※EDTAは確かに有機化合物ですが、有機化学より、「分析化学」で最初にふれることが多い物質です。

教科書については当該分野を専攻・履修していないので回答できません。
図書館などので上の分野の本についてあたってみるとよいかと思います。

以上、参考まで。

Q一酸化炭素の酸化について

COは自然の環境下で簡単にCO2になりますか。
なるとしたらどの位の時間でなりますか。
また。COを土壌中に導入したら微生物等の働きで簡単にCO2になりませんか。簡単な化学反応ですがどのように考えればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

土壌中での一酸化炭素の二酸化炭素への酸化の論文、↓全文読めますが英語で良いですか?
http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=243888


人気Q&Aランキング

おすすめ情報