あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

セッケン水に塩酸を加えたとき、白い小さな固形物が浮いてきたのです。
この白いものが何なのかが分かりません。
色々と調べてみたのですが、他の酸性溶液で弱酸の脂肪酸(R-COOHなど)が浮いてくる…というのはありました。
これは塩酸でも同じなのでしょうか?
また、この白いものが浮いてくる反応の化学反応式も教えていただきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

塩酸でも同じです。


石けんは末端がR-COONaとなっていますよね。
つまり、カルボン酸のR-COOHと強アルカリのNaOHの塩(えん)になっているわけです。これに塩酸のような酸がくると・・・
R-COONa + HCl → R-COOH + NaCl
となります。新たに生成するR-COOH(脂肪酸)は水に対する溶解度が低い(いわゆる油脂ですね)ので、白い固体となって浮いてきます。もうひとつ生成するのはNaClつまり塩(しお)ですね。これは水に溶けます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すごくよく分かりました。これで無事レポートができました…。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/11/13 23:54

塩析のことだと思います。


参考URLのホームページの内容を読んでいただければ、原理はわかると思います。
集まっているだけだと思うので、化学反応は起こっておらず、反応式も書けないと思います。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~ccq58090/soap/enseki.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

塩析とはちょっと違うみたいなんです…。
でも答えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2002/11/13 23:55

自信はあまりありませんが・・・。


塩酸でも同じだと思いますよ。
石鹸は高級脂肪酸のアルカリ金属塩、つまり弱酸と弱塩基の塩なので、弱酸遊離反応が起こっているのでは・・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり塩酸でも同じなんですね。
答えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2002/11/13 23:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメチルオレンジについて

教えてください!!

メチルオレンジはなぜ水に可溶なんでしょうか?

またそれにはメチルオレンジのどのような構造が関わっているのですか?

早急に知りたいです!!

Aベストアンサー

1.
ものが溶けるという現象は、単純には言えないのですが、基礎的な法則として、似たような構造のものに溶けやすい、ということがあります。水は極性が大きく、また、メチルオレンジも極性が大きい(極性が大きい→分子内での電荷の偏りが大きい→イオン性物質はそうみなせる)ということで、溶けるということです。
実際には、他にも水に溶けるための要素は「水和するか」「溶けたときにある程度の小ささか」などいくつかあります。
まま昔ですが、大学で習ったことはそんな感じでした。

2.
以下のページで「メチルオレンジ」を検索して構造を眺めてください。水中で溶解しているメチルオレンジの化学式になります。酸性下では、水素イオンがジアゾ基と呼ばれる-N=N-のところに結合して陽イオン、また中性・塩基性下では、スルホン酸基のところが水素イオンを放出して陰イオンとなっています。
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q43.html
関わっている、といわれるととても難しいのですが、ジアゾ基やベンゼン環がなければこのような構造はとれません。一番影響が大きいのはスルホン酸基でしょうか。

どなたか、詳しくご存知の方、サポートよろしくお願いします。

1.
ものが溶けるという現象は、単純には言えないのですが、基礎的な法則として、似たような構造のものに溶けやすい、ということがあります。水は極性が大きく、また、メチルオレンジも極性が大きい(極性が大きい→分子内での電荷の偏りが大きい→イオン性物質はそうみなせる)ということで、溶けるということです。
実際には、他にも水に溶けるための要素は「水和するか」「溶けたときにある程度の小ささか」などいくつかあります。
まま昔ですが、大学で習ったことはそんな感じでした。

2.
以下のペー...続きを読む

Qレゾルシノール樹脂について

レゾルシノールとホルマリン(ホルムアルデヒド)による、レゾルシノール樹脂の合成の反応式を教えてもらえないでしょうか?

レゾルシノール樹脂の構造式だけでも構いません。

わがままを言って申し訳なおですが、できるだけ早くお願い致します。

Aベストアンサー

フェノール樹脂のフェノール(水酸基1個)を、レゾルシン(別名レゾルシノール、水酸基はメタ位の
位置関係で2つ)置き換えた形のものがレゾルシノール樹脂です。
(原料をフェノールからレゾルシンに変えれば、後は同様の(もしくはそれより穏やかな)条件で
 反応が進むと思います)


従って、構造としてはフェノール樹脂とほぼ同じで、フェノール樹脂中のベンゼン環に、既存の
水酸基に対してメタ位に水酸基を追加で書き込んでやったものになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%A8%B9%E8%84%82


ただ、ポリエチレン(PE)やPETなどのように一本鎖の高分子なら「-(CH2-CH2)n-」といった
描き方ができますが、フェノール樹脂などの場合は、「ベンゼン環から2本のメチレン結合が
出る場合」の他に、「ベンゼン環から3本のメチレン結合が出る場合」もあるため、
PEなどのように「-(○○)n-」といった描き方をすることはできません。


ポリエチレン:
  
・・・/\/\/\・・・

  →「-(CH2-CH2)-」(または「-(CH2)-」)で代表させることができる


フェノール樹脂:
(メチレンを2つ持つベンゼン環を「○」、3つ持つベンゼン環を「◎」で表示)

    ○    ○
・・・/ \ / \
      ◎    ○―・・・
      |
      ◎
     / \
・・・―○    ○―・・・

 →「○」と「◎」が不規則に現れるため、一部の構造で代表させることができない

フェノール樹脂のフェノール(水酸基1個)を、レゾルシン(別名レゾルシノール、水酸基はメタ位の
位置関係で2つ)置き換えた形のものがレゾルシノール樹脂です。
(原料をフェノールからレゾルシンに変えれば、後は同様の(もしくはそれより穏やかな)条件で
 反応が進むと思います)


従って、構造としてはフェノール樹脂とほぼ同じで、フェノール樹脂中のベンゼン環に、既存の
水酸基に対してメタ位に水酸基を追加で書き込んでやったものになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83...続きを読む

Q有機化学のセッケンと合成洗剤について

合成洗剤水溶液に、酢酸水溶液(食酢の成分)を加えると変化がないのはなぜですか??
それと、同じく、塩化カルシウムを加えても泡が立つだけで、変化があんまりないのは何故でしょうか?
また、合成洗剤に比べて、手作りセッケンは環境にやさしいのはどういう理由からでしょうか??
できれば専門用語は少なく簡単に教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

合成洗剤は、スルホン酸塩を主成分としています。スルホン酸というのは乱暴な言い方をすれば、硫酸の構造を少しかえて、油とも混ざりやすくしたものです。そのために、スルホン酸は強い酸であり、その塩である合成洗剤に、弱い酸である酢酸を加えても影響を受けません。また、塩化カルシウムとも特別な反応を起こしません。

それに対して石けんは、長鎖カルボン酸の塩です。長鎖カルボン酸は酢酸よりもわずかながらも弱い酸であり、そのために、石けんに酢酸を加えると、ナトリウムイオンを奪われ、長鎖カルボン酸が遊離してしまい、水に溶けにくくなります。
また、カルシウムイオンが入ると、長鎖カルボン酸のカルシウム塩が生じ、これも水に溶けにくく、いわゆる「石けんかす」を生じます。

すなわち、合成洗剤と石けんでは、水との親和力が大きい部分、すなわち水に含まれる成分の影響を受けやすい部分の構造が異なっているために、その性質に違いが生じることになります。

石けんの方が環境にやさしいというのは、一つには石けんの方が自然界に出たとき、微生物などの作用によって無害なものへと分解されやすいということです。
また、合成洗剤には毒性があるというような言い方をされる場合もあります。これについては正しいかどうかは分かりませんが。

合成洗剤は、スルホン酸塩を主成分としています。スルホン酸というのは乱暴な言い方をすれば、硫酸の構造を少しかえて、油とも混ざりやすくしたものです。そのために、スルホン酸は強い酸であり、その塩である合成洗剤に、弱い酸である酢酸を加えても影響を受けません。また、塩化カルシウムとも特別な反応を起こしません。

それに対して石けんは、長鎖カルボン酸の塩です。長鎖カルボン酸は酢酸よりもわずかながらも弱い酸であり、そのために、石けんに酢酸を加えると、ナトリウムイオンを奪われ、長鎖カルボ...続きを読む

Q合成洗剤とセッケンについての違いを教えてください!

ある問題からなのですが・・・

セッケン水溶液と合成洗剤の主成分の一つである硫酸ドデシルナトリウム水溶液
に希塩酸を加えて振り混ぜる。この実験で両液の反応の違いを述べ、
理由を簡単に記せ。

セッケン水溶液は、脂肪酸が遊離して白濁し、一方硫酸ドデシルナトリウム
水溶液は変化しないことは分かるのですが、
なぜそうなるのかが分かりません。
教えてください!!

Aベストアンサー

石けんは脂肪酸ナトリウムであり、弱酸の塩です。
一方、硫酸ドデシルナトリウム(ラウリル硫酸ナトリウム)は、強酸の塩です。
石鹸のような弱酸の塩に、塩酸のような強酸を加えると、強酸の塩と弱酸に変化します(強酸はH+とはあまり結合しないが、弱酸はよく結合するため)。
RCOONa + HCl → RCOOH + NaCl

一方、硫酸ドデシルナトリウムのような強酸の塩に強酸を加えても反応は起こりません。

Q石鹸の実験について

大学で石鹸の合成実験をやる事になりました。
全体的に難しくて分からないのですが、特にどうしてエタノールを加える必要があるのかと、ステアリン酸を加える役割が分かりません。
知っている方、おられましたら詳しく教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 化学畑の人間じゃないので・・ごめんなさい、化学的な回答はできないんですけど。その上「石鹸の合成の実験」がよくわからなかったんですけど。←役立たず・・(T_T)

http://www.kochi-u.ac.jp/~tatukawa/edu/exp/b4.html
↑こんな感じの作業を、授業でやる・・ということでよろしいでしょうか。pandemoniumさんは学生なのかな。

 私は手作り石鹸にはまっているだけなので、詳しいことはお答えできませんけど・・。
 エタノール、つまりエチルアルコールにはタンパク質変性作用があることはご存知と思います。このために、鹸化作用を早めるそうです。どういう仕組みかはわからないんですけど。(ごめんなさい><)
 鹸化させる過程にはいくつかありますが、趣味でやるような手作り石鹸だと、コールドプロセスと呼ばれる方法でやります。作るのに半日ぐらいかけてゆっくり化学反応が進むのを待ちます。使い始めるまで、最低でも4週間ぐらい乾燥させるんです。
 授業で作るのに1ヶ月以上もかけられないですよね。上のサイトの手順だと、時間の中で石鹸を作るための工夫をいくつか見て取れます。コールドプロセスではないことも一つです。
 エチルアルコールやステアリン酸も、同じ理由で加えてるんじゃないでしょうか。

 ステアリン酸について。
 石鹸は油脂+アルカリ溶液が化学反応を起こしてできるものですよね。油脂は脂肪酸で構成されていて、油を取った材料によって脂肪酸の割合や含まれている種類が違います。
 この脂肪酸、どういうものが入っているかで石鹸にしたときに使い心地が違います。石鹸を固くするもの、泡立ちをよくするもの、泡立ちを長持ちさせるもの、洗浄力が高いもの、等々。
 廃油はだいたい、サラダ油じゃないかと思います。これは菜種油やコーン油のブレンドだと思います。こういう油は、「泡立ちがよい」「石鹸が固くできあがる」という脂肪酸が理想的な石鹸にするよりは少ないです。
 ステアリン酸はそれを補うために入れるのだと思います。少し扱いが難しいみたいです。塩析を行わない手作り石けんでは、グリセリンがそのまま残ることや水分が多いことなどが理由で、使ったときに溶け崩れる(徐々に水に溶ける)のが早いです。
 ステアリン酸はそれを防いで使い勝手のいい石けんにする作用と、石けんを作るときに早く仕上げる作用があります。

 ものすごく大雑把な回答で、ぜんぜんお役にたてそうにない回答になりましたけど・・。方向としてはこんな感じかと思います。どきどき。

 化学畑の人間じゃないので・・ごめんなさい、化学的な回答はできないんですけど。その上「石鹸の合成の実験」がよくわからなかったんですけど。←役立たず・・(T_T)

http://www.kochi-u.ac.jp/~tatukawa/edu/exp/b4.html
↑こんな感じの作業を、授業でやる・・ということでよろしいでしょうか。pandemoniumさんは学生なのかな。

 私は手作り石鹸にはまっているだけなので、詳しいことはお答えできませんけど・・。
 エタノール、つまりエチルアルコールにはタンパク質変性作用があることはご存知と思い...続きを読む

Qシュウ酸標準液

調べたのですが、分かりません。0.5Mのシュウ酸標準液を100ml作る方法を教えて下さい。過程で使用する、器具類やシュウ酸(2水塩)の量も分かりましたら、お願い致します。

Aベストアンサー

0.5Mのシュウ酸標準液には1L中に0.5molのシュウ酸が含まれているから100mLの溶液を調製するときには0.05molのシュウ酸を加えればよいです。
 シュウ酸2水和物の分子量が126なので、0.05mol分の試料=6.3gを薬包紙で取り、取った試料を100mLのビーカーに移して水で溶解させて、最後に100mlのメスフラスコに移し、標線まで水を加えます。このようにして目的の溶液が調製できます。

参考URL:http://www.sic.shibaura-it.ac.jp/~masadome/A1study/step2-1.htm

Qアルコールで石鹸の鹸化が進む仕組み

ほぼ連投になってしまい申しわけございません。
下記でアルコールのことで質問した者です。
http://okwave.jp/qa4343923.html

アルコールの濃度については答えを得たのですが、新たに疑問が湧いてしまいました。

石鹸の鹸化反応を進めるために、途中アルコールを投入するのですが、このアルコールはどういう感じで鹸化反応を進めるのでしょうか?

(1)石鹸生地内のアルコール濃度によって鹸化が進む。
(2)石鹸生地内に入れたアルコールによって鹸化が進む。

なんとも表現が難しいのですが、
(1)の場合、アルコールを入れてから攪拌をし、生地内のアルコール濃度がある一定以上になると鹸化が進むのか?
(2)の場合、生地にアルコールを投入した際、入れた瞬間、高度数のアルコールと反応して鹸化が進むのか?

それとも、上記ではない仕組みがあるのでしょうか?
何度もお手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

石鹸生成の原理はご存じとして回答します。
石鹸泥は粘度が高く油脂とアルカリ液が混ざりにくいので混合を長時間持続しないとどうしても未反応の油脂、アルカリ液が残ります。
これを除くのが塩析という操作です。

いずれにしても長時間が必要になります。

ここへアルコールを加えると石鹸泥の粘度が低下するので混合がスムースに進みます。
またアルコールには触媒作用があり油脂とアルカリ液との反応を促進する作用があります。

以上の結果
1.アルコールの量、及び濃度は多いほど験化反応は早く進みます。
2.アルコールの作用は触媒としても、混合促進としても作用します。

Q活性化エネルギーの求め方が分かりません

ある反応において、35℃における速度定数が25℃の2倍になったという。
この反応の活性化エネルギーはいくらか求めたいのですが、わかりません。
教えてください!

Aベストアンサー

ryota7さんがお答えのように『アレーニウスの式』を利用すれば計算できると思いますよ。

『アレーニウスの式』では速度定数をk、頻度因子をA,活性化エネルギーEa、気体定数R、温度T(絶対温度)、ネピアの定数をeとすると

K=A×eの(-Ea/RT)乗  つまりK=Ae^(-Ea/RT)となります。

ここで、25℃における頻度因子、活性化エネルギーは35℃におけるそれらと等しい(この温度間で変化しない)と仮定します。
そして、25℃の時の速度定数、K(25℃)と35℃の時の速度定数、K(35℃)の比を計算します。

K(35℃)/K(25℃)は、問題の設定から2倍ですから、

K(35℃)/K(25℃)=2=A(35℃)e^(-Ea/RT1)/ A(25℃)e^(-Ea/RT2)となります。

ここではT1は35℃に相当する絶対温度で35+273(k)T2は25℃に相当する絶対温度で25+273(k)です。
また、この式から分かるように頻度因子は約分されてしまいます。

両辺の自然対数(底が10の常用対数ではありません。常用対数を使うのならば換算しなければなりません。)をとると

ln2=(-Ea/RT1)-(-Ea/RT2)

Ea/Rは共通なので

ln2=(Ea/R)(1/T2-1/T1)となります。

ここへT1,T2、Rを代入すればEaは簡単に計算できます。

用いる気体常数の単位に気をつけてください。
私が学生の頃は旧単位系なので1.987を用いていました。

これを用いると計算結果はカロリーで出てきます。
それをキロカロリーに換算して用いていました。
現在はSI単位系つまりKJ/molでないといけないと思いますが、考え方自体は変わらないはずです。

ちなみに、ln2=0.693として計算すると12.6kcal/mol(旧単位系)となりました。

ryota7さんがお答えのように『アレーニウスの式』を利用すれば計算できると思いますよ。

『アレーニウスの式』では速度定数をk、頻度因子をA,活性化エネルギーEa、気体定数R、温度T(絶対温度)、ネピアの定数をeとすると

K=A×eの(-Ea/RT)乗  つまりK=Ae^(-Ea/RT)となります。

ここで、25℃における頻度因子、活性化エネルギーは35℃におけるそれらと等しい(この温度間で変化しない)と仮定します。
そして、25℃の時の速度定数、K(25℃)と35℃の時の速度定数、K(35℃)の比を計算します。

...続きを読む

Qバーフォード反応について

 バーフォード反応を行うとなぜ二糖類は単糖類よりも遅れて反応するのですか?本には『反応が弱いため』としか記述がなくて困っています。教えてください。

Aベストアンサー

二糖類、例えばしょ糖などは、そのままでは還元性がありません。
(単糖同士を繋ぐ炭素が還元性の元となる部位でもあり、そこが切れた状態でないと直鎖型の構造となって、還元性の元となるアルデヒド基の形にならない)

バーフォード反応では酸性下で加熱した状態で銅(II)イオンを作用させるため、二糖類の加水分解が起こります。
この結果、単糖同士を結合していた部位もアルデヒド基の形をとれるようになり、還元性を示せるようになるわけです。

つまり、二糖類は「二糖類の加水分解→単糖類」という段階を経てから銅(II)イオンと反応するため、即座に反応を始められる単糖類に比べると、反応が遅い、ということになります。

Qシリカゲルとケミカルガーデン

シリカゲルには塩化コバルトが含まれてて
吸水後→桃
乾燥時→青
なのに
ケミカルガーデンで塩化コバルトを用いたとき
CoSiO3が青いのはなぜですか??
周りに水があるので、桃色にならないのか
不思議です!!
どなたかお願いします!

Aベストアンサー

あなたの推測は当っています。詳細な議論は図を描かないと無理ですが、シリカゲルに担持された塩化コバルトはほぼ完全に無水です。この場合は青い色になります。ここにごく少量の水分子が来るとコバルトに一つだけ水分子が配位・くっついた状態になりその色はピンクになります。
誤解がある様ですが、ケミカルガーデン内のコバルトの存在状態は複雑でCoSiO3ではありません、もっと多くの水分子がコバルトの回りを取り巻いています、この様にコバルトを水で飽和してしまうとまた青くなってしまいます。
なお、無水塩化コバルトの青色には塩化物イオンの効果も大きいので、水があればピンクと信ずるのは危険です。


人気Q&Aランキング