私は、本に興味があり、出版関係の仕事に就きたいと考えているのですが、最近、出版社における再販制度が廃止される方向にあると聞きました。この、「再販制度」とは、具体的には、どのような制度なのでしょうか? おそらく「売れ筋の本であろうが、売れない本であろうが、第二版以降も、値段が変わらない」という制度ではないかと思ってているんですが・・・。
 また、私の考えでは、再販制度が廃止されれば、過当競争が起こり、売れない本は淘汰されてしまうと思います。しかし、売れている本が良書であるとは限りませんし、逆に、売れていないからといって、それがつまらない本だとも言い切れないと思います。大衆は、わかりやすいものやアピール性の高いものを好み、難しいものを嫌います。 だから、再販制度の廃止は結果として、本の質を低下させてしまうのでは? っと思うのですが、法律や出版に詳しい方、ご意見を聞かせてください。   

A 回答 (5件)

私は基本的に再販制度には反対です。

それは ただ出版社や新聞社が「国民の知る権利」にかこつけて自分たちの利益を守ろうとしているに過ぎません。酒類や化粧品を例にとってみても かつては再販制度で定価が守られていましたが、撤廃したところで 品数が減少して お客の選択肢が狭まったということは 少しもありません。書店の場合、小さい書店の淘汰は避けられないでしょう。私も本は大好きなのですが、本ほど需要と供給がかみ合わない商品もないと思います。現に再販制度で定価が守られていても、書店では大量の返品の山で、私たちが書店に行っても欲しい本が見つからない場合が往々にしてあります。 ですから これからは インターネットを利用したオンディマンド出版などの整備を進めることが重要な気がします。きちんと答えになっていなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
オンディマンド出版が整備されたら、
本の流通そのものが変わってきますよね。
「小さい書店の淘汰は避けられない。」これは仕方ないことかもしれませんが、個人的には少し寂しいものがあります。

お礼日時:2001/09/06 18:23

余計かもしれませんが、言葉の意味だけ。


まず「再販制度」とは「再販売価格維持制度」の略です。
何が「再販売」かと言えば、メーカーから品物を卸してもらって、それを消費者(など)に「再び」販売することです。

個人的には、作家も食うために売れるためだけの本を書くようになり良書が駆逐されるという言い分は分からなくもないですが、再販制度が果たしてどれだけ歯止めになっているかは疑問だと思っています。
現状でも、良くても売れない本はたくさんありますよね?
大きな書店なら別ですが、そういう本を置いている所なんて少ないですよね?
それなら今でも良い本を買おうと思えば、ネットなんかに頼らざるを得ない状況です。
あと図書館や古本屋については??
何となあくこの問題は、がっしりした流通制度に守られている業界の既得権益を守るための言い分に踊らされているだけなのではないかな~と感じているのですが。
(勝手な言い分で大変失礼いたしました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。いやー、再販の「再」の字を見て、てっきり「第二版以降の出版=再販」だとばかり思っていました。勉強不足でした。なんか恥ずかしいです(^^;)。出版業界も奥が深そうですね。いろいろ調べてみます。

お礼日時:2001/05/31 20:07

「再販制度」というのは、本当は物を取り引きするときに、メーカーが小売店に「定価以外で売ってはいかん!」ということは独占禁止法違反になるんです。


でも、独占禁止法には例外がありまして、本や新聞については、「定価で売れ!」といってもいいよ、ということになっているのです。これが、再販制度です。
だから、出版社や新聞社の判断で、「定価で売らなくてもいいよ」ということもできるわけですし、それが独占禁止法の原則であるわけですよね。
現に一部の本は、そのように値引き販売しているものもあります。

というような基本的なことが、下記参考URL掲載メールマガジンの第5号から連載されていた「手取り足取りレポート」(タイトルちょっとあやふや)というのにわかりやすく載っています。
委託制度や返品の話も出ていますので、出版志望であれば、目をとおして損はないでしょう。
それから、出版志望ということでしたら、佐野眞一『誰が「本」を殺すのか』はいまや必読だと思います。ぜひ読んでください。

ちなみに、考えようによっては、すでに本の店頭でのサイクルが1週間などといわれていますし、返本率の高さも考えると、ある程度再販の運用をゆるめてでも、既刊本を店頭に並べる努力をすべきではないかと思います。
あとねえ、新刊本の数は年々おそろしい勢いで増えているんですよ。そのことがかえって、「質のよい」本へのアクセスを難しくしている面があるのかもしれません。
それから、情報の平等な伝達ということであれば、やはり図書館の整備を進めることを重視した方がよいと思います。
以上は、私の勝手な意見なので、ぜひ、最近出ている出版関係本とかいろいろなサイトを見て、勉強なさってください。今はまさに出版は大変革の局面にありますから、大変ですけれど、面白い、かもしれませんよ。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_message.c …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答および情報提供ありがとうございます。
皆さんの意見を聞いて、もっといろいろ勉強しなければいけないなと感じました。

お礼日時:2001/05/31 20:09

簡単に言えば、再販制度とは


全国どこでも値段が同じ、定価で売りなさい、
というものです。

これがなくなると、例えば田舎では本や新聞が高くなり、
都市と地方で情報格差が生じてしまいます。
廃止というのは、「自由競争」という名目ですが、
先日消費者からの反対が多いために「見送り」となりました。

例えば100%インターネットが浸透しない限り、
再販制度は廃止するべきではないですよね。
全ての人が情報を平等に獲得できるようにするためには
なくてはならない制度です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!再販制度には都市と田舎の格差を無くすという役割もあるんですね。参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/31 20:12

 再販制度とは、製造者(本の場合は出版社)が、販売者(本は本屋)が消費者に売る価格を決定し、従わせる制度です。


 単純に言えば、本屋は値引きしてはいけないということです。
 日本において著作物再販制度が適用されるのは、書籍、雑誌、新聞、レコード、音楽テープ、CDです。
 本来この行為は、独占禁止法の例外のため、規制緩和の流れで、公正取引委員会が廃止しようとしていましたが、とりあえず見送りになりました。
 まあ、すべての出版業界と新聞、早い話日本中のマスコミすべてが反対しているので、当分廃止はないと思います。マスコミに載る意見は99%反対意見ですから、世論が盛り上がるはずもありません。
 個人的には、再販制度もですが、現在の出版、新聞の流通形態のあり方に問題があると思うので、先にそれをどうにかしたほうがよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ウチの大学の教授の話だと、再販制度は、廃止される方向にあるとのことだったのですが、そうでもないようですね。勉強になります。最近では、特定の書籍で直販体制をとっている出版社が増えているようですが、これなら、再販や返品のことを考えなくても良いと思います。ですが、どんな制度にしろ、今まであった制度が変わるということは、それ以前の制度の中で生きてきた人を切り捨てる可能性を含んでおり、簡単にはいかないですよね。

お礼日時:2001/05/31 20:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q盛岡←→角館の移動

GW(5/1)に盛岡から日帰りで角館に行こうと思ってます。

当初、車での予定でしたがかなりの渋滞と角館は9時から交通規制という情報がありまして、JRに乗ろうと思ってます。JR東日本盛岡支社のホームページから盛岡8:55発の[春・角館号]があるのですが、帰りはどうすれば宜しいでしょうか?

新幹線の時刻表も調べてみたのですが、ピンときません。夕食は盛岡市内で食べる予定なので、午後7時には盛岡に戻りたいなーと考えております。

盛岡→角館(午前
角館→盛岡(午後

のオススメプランがありましたら教えて下さい。子供無し、夫婦2人です。

Aベストアンサー

 もし行きをその列車で行くとして、帰りは

 普通電車ですと 角館発15:28 盛岡着 16:47 しかありません。(運賃1,110円)

 それ以外ですと、

 I.こまちと普通列車の併用の場合
   角館発  16:42 → 田沢湖着 16:58 こまち24号
   田沢湖発 17:15 → 盛岡着  17:57 普通電車
  料金 特定特急券と運賃で 1,840円(座席の指定は出来ないですが、空席があれば座ることも可能です。)

 II.こまちのみの場合
   角館発  17:15 → 盛岡着  18:06 こまち94号(臨時)
   角館発  17:49 → 盛岡着  18:37 こまち26号
   料金 特定特急券と運賃2,260円、指定席と運賃2,970円

  角館から盛岡で通しで普通列車ですと料金は安くなりますが、本数がほとんどないため、こまちを使うことになるとは思います。

Q再販制度について

著作権を守るための再販制度というものを最近知りました。しかしブックオフやゲオなどといった中古を扱う店が堂々と営業できるのはなぜなんですか?

Aベストアンサー

○中古販売はなぜ行えるのでしょうか。

再販制度(再販売価格維持制度)というのは出版社が書店に対して直接卸した本についての約束事であり、書店が一般消費者等から購入した本を販売することについてはこの制度は適用されないからです。

再販制度においては、出版社は、書店に対して本を卸すときに、「この本は必ず○○円で売ってください。」という条件をつけて本を販売します。

本来、このように、メーカーが小売店に対して、商品を一定の値段で売ることを強要することは独占禁止法で禁止されています。(「希望小売価格」という、強制力の無い値段を提示することは許されます)

しかし、例外的に、本やCDなどについては、このような強制も独禁法上許されているのです。

一方、中古本は、書店が出版社からではなく一般消費者から買った本の販売です。上記の再販制度とは構造が異なります。

もし出版社がこのような中古本の販売価格にまで文句をつけたり、中古本を扱っていることを理由に取引を停止するなどしたら、たちまち独禁法違反になってしまいます。

ということで、中古本の販売は何の問題も無くできるのです。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/machina/c/c0011.html

○中古販売はなぜ行えるのでしょうか。

再販制度(再販売価格維持制度)というのは出版社が書店に対して直接卸した本についての約束事であり、書店が一般消費者等から購入した本を販売することについてはこの制度は適用されないからです。

再販制度においては、出版社は、書店に対して本を卸すときに、「この本は必ず○○円で売ってください。」という条件をつけて本を販売します。

本来、このように、メーカーが小売店に対して、商品を一定の値段で売ることを強要することは独占禁止法で禁止されています。...続きを読む

Q大宮から大宮の乗車券で盛岡で途中下車は出来ますか?

来月に大宮からあけぼのを使い秋田へ行き、秋田から各駅で大曲乗り換え又は新幹線で盛岡に行き、新幹線で大宮へ帰ろうと思っています。
初めは大宮→秋田、盛岡→大宮+18きっぷを考えたのですが、大宮→秋田の乗車券が8720円で盛岡→大宮の乗車券が7980円の計16700円しました。
大宮→秋田→盛岡→大宮なら乗車券が13440円で3260円お得でした。

一周乗車券で秋田から盛岡まで新幹線を使い盛岡で途中下車して、再度別料金で大宮まで新幹線を使う事は出来ますか?

Aベストアンサー

>一周乗車券で秋田から盛岡まで新幹線を使い盛岡で途中下車して…

乗車券の有効期間内に再び乗車する限り、別に問題ありませんよ。
ゆっくり楽しんできてね。

Q再販制度について

 再販制度の見直しというニュースがでていました。

 少し(少しだけです)調べてみましたが、なぜ再販制度が導入されたのか、その目的が何だったのかがわかりません。

 もうひとつ、見直しのニュースに関しても、CDなど実態にそぐわない部分だけの見直しで、新聞や本などに関しては抜本的な見直しは行わない方向のようです。現在の再販制度のメリットというのは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

○なぜ再販制度が導入されたのか、その目的が何だったのか、現在の再販制度のメリットというのは何か

再販制度維持派から言わせれば、「言論の自由の確保のため」「文化の維持のため」、「民主社会の発展のため」、です。

再販制度反対派から言わせれば、「新聞・出版業界の既得権の維持のため」にほかなりません。

参考として東京大学の三輪教授(反対派)のページを乗せておきます。読みづらいんですけどね。。。

http://www.e.u-tokyo.ac.jp/~miwa/MIWA_JIS.HTM

Q盛岡大学へはどうやっていくのでしょうか?

盛岡大学へある資格試験を受けに行きます。
宿もまだ決めていませんが、やはり、JR盛岡駅からバスが出ているのでしょうか?それとも、盛岡大学の近くに宿を決めて、そこから行った方が便利でしょうか?はじめて盛岡に行くので全然わかりません。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

●JR「盛岡」駅より岩手県北バス「盛岡大学」行きで約30分
●JR「滝沢」駅より岩手県北バス「盛岡大学」行きで約15分

だそうです。


盛岡大学HPの交通案内は
http://www.nnet.ne.jp/~moridai/daigaku/access/index.html

時間などは乗っていませんがキャンパス案内があります。

参考URL:http://www.between.ne.jp/hso/school/shi/moridai/20.html

Q定期購読の割引販売は再販制度違反にならないのか?

書籍は再販売価格維持制度によって価格が定められて
いて、割引ができないと習ったことがあります。

しかし、実際には雑誌など定期購読にすると1年分を
11ヶ月分の価格で買えたり、すごいところだと3年
契約すると半額になる、と言うのをうたい文句にしている
所もあります。

1冊当たりの価格になおすとあきらかに割引されており

文化を護る ⇒ 市場原理による割引をしない

という制度の趣旨からはずれた販売方法を出版社自体が
行っているようにおもえてなりません。

このような定期購読の割引販売は法律的に認められてい
るのでしょうか?

Aベストアンサー

再販売価格維持を条件に、取引先に商品を納入す売ることは、独占禁止法3条の「不当な取引制限」にあたり、原則として禁止されます。

しかし、法23条で、特定の商品の再販価格維持契約に関しては、独占禁止法を適用しないとしています。

再販制度を利用する、つまり、再販価格維持を契約の条件につけるかどうかは、出版社の自由であり、再販制度を利用しないことが違法になるわけではありません。

ただし、同じ雑誌について、一般書店には再販価格維持契約によって定価販売を強制しておいて、直販や、一部の有力販売店のみに値引き販売を認めた場合は、再販売価格を「維持するためにする正当な行為」とは認められず、不当な取引制限になる可能性があります。

具体的に、Time誌などは、直販で大幅な値引きをしています。自社では廉価販売するのに、書店には再販価格維持契約によって定価販売を強制すれば、不当な取引制限となる可能性はあると思います。

ただ、Timeなどが取次や書店と再販価格維持契約を結んでいるかどうかは私は知りませんので、違法とは断言できません。

Q盛岡駅周辺でおいしい冷麺の店は?

今度友達と盛岡に行くのですが、
盛岡駅周辺でおいしい盛岡冷麺の店を教えてください


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は高校まで盛岡で過ごしました。
盛岡冷麺、発祥のお店は食道園です。(URL参照)
現在、東京在住で何年も行ってませんがおいしいですよ。
盛岡駅から徒歩10分くらいだと思います

参考URL:http://www.tamezon.net/onsen/s26/p_shokudoen.html

Q本の出版について、内容が似た本の著作権などの問題

ビジネスでの成功を収めるための自己啓発本
記憶力をたかめる記憶術本
受験での成功を目指す受験本

巷にはこういった「心構え」的な内容を書いた多くありますが
中には著者が違ってもかなり内容が酷似している物もあります

このような本には、内容が酷似しているとして
「著作権」等の法律にかかるラインがあるのでしょうか?

たとえば、現在絶版になっていて入手困難な書籍を
ある程度文章等は変えつつも、内容は原書と似たようにして
私が自費出版した場合これは法律に違反するのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)「自分が思いつくようなことは、他人も思いつく」といった理解がありますように、自分で考えたアイディアが他人のアイディアと酷似するのは良くあることです。そういう偶然の一致があって、それを記述した本の内容がたまたま似通っていた、という場合は、著作権侵害にはなりません。

しかしそうではなくて、他人の書いた本の内容を改変し、それをあたかも自分で書いたかのように出版する場合は、著作権侵害です。こうした盗作行為は、著作権侵害のなかでも最低な行為です。

つまり、偶然の一致は許されても、故意の一致は許されません。

(2)また、著作権法が保護するのは「表現」であって、「アイディア」それ自体ではありません。したがって、他人の「アイディア」を用いるだけでは著作権侵害とはなりません。その「アイディア」を表現したものが一致した場合に、著作権侵害となります。

じゃあ「アイディア」と「表現」は具体的にどう違うのかといいますと、例えば、「この問題を解決するには、こうすればいい」というのが「アイディア」そのものです。これに対し、「この問題を解決するには、こうすればいい」というアイディアを、自分の言葉で説明したもの――それが書籍であれ、口述であれ、その録音テープであれ――が「表現」です。後者は著作権法によって保護されますが、前者は保護されません。

もっとも、「アイディア」と「表現」の違いは必ずしも明らかではないので、揉めることも多いです。そういう揉め事が発展すると、裁判になります。

(3)質問者さんが先に問うたような「内容が酷似しているとして「著作権」等の法律にかかるライン」というのは、これがそうですよ、と示せるような白黒はっきりしたものではありません。しかし、後者の質問については明らかに違法です。

(1)「自分が思いつくようなことは、他人も思いつく」といった理解がありますように、自分で考えたアイディアが他人のアイディアと酷似するのは良くあることです。そういう偶然の一致があって、それを記述した本の内容がたまたま似通っていた、という場合は、著作権侵害にはなりません。

しかしそうではなくて、他人の書いた本の内容を改変し、それをあたかも自分で書いたかのように出版する場合は、著作権侵害です。こうした盗作行為は、著作権侵害のなかでも最低な行為です。

つまり、偶然の一致は許されても...続きを読む

Q東方の再販について

簡単な質問ですいません。
東方のソフトが手に入らないので再販を待っています。
噂では「新作が出たら再販する」と聞いているのですが、
本当なんでしょうか?また、次に出る
東方緋想天のときに再販しますか?

Aベストアンサー

こんばんは。
『東方紅魔郷』以降の作品であれば、まだ在庫のある所もあります。
昨年末の状況ではありますが、秋葉原のメッセサンオーは店頭でも十分な在庫があるよう見受けられました。
現在、通販でも在庫は潤沢そうです。
http://www.doujinshop.com/doujin/touhouhuujintop.htm

ただ、それよりも前の作品群に関しては、再販の可能性は低そうです。

Q売れない方が儲かる(?)自費出版商法 その2

「著者の買取り比率は、市場での販売による比率と同じであるべきではないか」という私の主張(補足参照)に対して出版社から回答がありました。

皆さんはこれをどう評価しますか。著者が売れ残りを買い取るのは、出版社の損失(リスク)を補填するためです。そのことを踏まえた上で、ご意見をお聞かせください。

A 「その通りだ」
B 「筋違いも甚だしい」
C その他

以下、出版社の回答です。

同じであるべきとは考えておりません。卸先が法人(取次)である場合と個人(著者様)の場合では、卸元(弊社)の手間や経費が異なるので、同じ金額で下すのは適当でないということがその事由です。

取次に卸す場合は、発送作業や代金回収を含めた清算業務に至るまで、すべて取次によって行われますから、弊社の手間はほとんどありません。ところが、個人のお客様に卸す場合は、取次に発送を依頼するのではなく、宅配便で弊社(正確には弊社が委託している倉庫)から発送します。したがって、1件1件につき宅配便の伝票に記入し、データを入力し、それぞれを梱包しなければなりません。それら一連の付加作業の手間や管理にコストがかかってしまうのです。

そして、何よりも個人のお客様に卸す場合は、出版社自らが代金の回収全般を請け負わなければなりません。取次へ卸す場合は、出版社が何もせずとも、取次が売上を算出し、書店の取り分と自身の取り分を控除したうえで、出版社に売上げを振り込んでくれますから、いわゆる「取りっぱぐれ」がなく、督促作業も一切必要ありません。

ところが、個人のお客様の場合は、出版社つまり弊社で振り込んでいただくために都度案内を作成し、その案内を発送し、日々入金確認を行い、支払いがなければ自ら督促する必要がございます。ここにも経費がかかっています。

手間の分量は発注量により変動しますし、運賃も荷物の重さ、箱数、届け先の距離により変動しますから、それを注文の都度計算することは事実上不可能ですので、全国のお客様にも一律80%で請け負うよう取り決めをしているものです。

以上により、個人のお客様に卸す場合は、出版社が取次の業務を行わなければならないため、その経費を一律付加してご案内させていただいているということに相成ります。

(補足)私の主張

収益=定価×売れた部数×収益率(70%) ( ← 書店・取次のマージンが30% )
利益=収益-印刷費・その他の経費

一冊でも売れ残れば著者はそれを買い取らなければならない(買取りの上限は700部)。よって、
出版社の収益=販売による収益(A)+著者の買取りによる収益(B)

出版社の解釈における不合理な状況 ⇒ 300部売れた場合に最高の収益(831,600円)となるが、それ以上に売れた場合には収益は減少する。

私の解釈における不合理な状況 ⇒ 700部までは売れるたびに収益が減少する(800部売れた場合とまったく売れなかった場合の収益が同額)。

売れれば売れるほど出版社の収益(販売による収益+著者の買取りによる収益)が減少するというのは「不合理」でないか。これでは、出版社が売れない方を望むのは当然である。

売れた部数が採算ラインに達しなかった場合に出版社に損失が生じるのを防ぐために著者が買い取る訳だが、著者が買い取った部数の発送は一回の手間で済む。そのためその手数料も微々たるものであるはずだ。そもそも、売れ残った場合に必要となる送料等を採算ラインを計算する際に必要経費として算入しておけば何の問題もないはずだ。

「著者の買取り比率は、市場での販売による比率と同じであるべきではないか」という私の主張(補足参照)に対して出版社から回答がありました。

皆さんはこれをどう評価しますか。著者が売れ残りを買い取るのは、出版社の損失(リスク)を補填するためです。そのことを踏まえた上で、ご意見をお聞かせください。

A 「その通りだ」
B 「筋違いも甚だしい」
C その他

以下、出版社の回答です。

同じであるべきとは考えておりません。卸先が法人(取次)である場合と個人(著者様)の場合では、卸元(弊...続きを読む

Aベストアンサー

●顧客を馬鹿にした話です。
○契約には「採算ラインが700部であることから著者の買い取りは700部とする」とか「買取価格は、印刷費○円及び倉庫代○円・・・・」と言った記述があるのですか?
質問者さんが経費の中身を検討、追求すべきなのは「見積もり」「契約」の段階であって「支払い」の段階ではありません。
あるいは契約条項の中に「買取価格は、印刷費及び倉庫代・・・・を考慮して甲乙で協議のうえで決定する」とでもあれば別ですが、契約時点で「買取価格は1部800円」と定められいるのですから後になって苦情を言うのがおかしいのです。レストランで食事が終わった後、「原価は○円、調理代が○円・・・・よってこの料金は不当だ。」と文句を言っているようなものです。

●採算ラインに達しなかった場合に、出版社の損失を補填するための買取りの場合は状況が違うはずです。著者が買い取ることによって出版社に利益が発生することは、損失の補填の観点から矛盾します。
○前にも回答したとおりです。「自費出版」なのですから「損失補てんではない」のです。

●ごり押しではありません。当然の帰結です。
○「買取の上限部数が700部」と「700部から販売数を引いた残部が買取部数」の二通りの解釈があり、前の質問では前者の解釈をとる人が多かったように記憶しています。
●「甲(著者)は、本件書籍の増刷部数1,000部のうち700部について、契約終了時点で残部があった場合、甲は残部すべてを定価1,000円の80%にて買い取ることとする。」
○「増刷1000部」で「販売等数200部」なら残部は「800部」です。この「残部」を「1000部のうち」とするのか「700部のうち」とするのかで解釈が分かれるのですが、契約条文を素直に読めば「1000部のうち」であり、ちょっとひねった解釈をすれば「700部のうち」になります。
「1000部のうち、700部について契約終了時点で残部があった場合」であれば質問者さんの解釈で間違いないのですが。

●私の説明が不十分であれば余計にそうです。私が都合よく話を操作しているということはありません。
○以前の質問では「わかりやすくするため」と称して買取部数の数値を変えて質問されていましたし、増刷を持ち掛けたのが質問者さんであり、売れないと判断している出版社が増刷費用を負担するという不可解な経緯に「なにかある」と感じてしまいます。
また「郵送費」の指摘については反論はいただけませんでした。

●クレーマーに対しては絶対に誤りを認めてはいけないということでしょうか。
○「誤り」は認めるべきですが、「安易な妥協」はしてはいけないのです。出版社のミスは「著者の買取部数は700部」としていたものを「販売数が198部、著者買取が502部で実質的に採算ラインの700部であるからこれで妥協しよう」としてしまったところです。出版社からの回答メールが
「このたびの買取り金額については、〇〇様のご主張される内容で結構ですので、再発行した請求書が届き次第、速やかにお支払いいただけますようお願い申し上げます。
弊社としては、ご請求金額について、〇〇様の主張をくつがえすに足る根拠と明確な証拠が揃っておりますが本件について、これ以上の時間と労力をかけることに、“企業としての生産性なし”と判断し、上記回答となりましたこと、念のため、申し添えさせていただきます。」
とあるのがその証左です。

●こうなると、裁判で争うしか道はありません。
○裁判となると費用面で出版社に分が悪いです。勝訴しても裁判費用を引いたら赤字でしょう(ただでさえ入金が遅れて損しているわけですし)。「少額裁判」で決着できれば出版社が有利でしょうけれど。

まぁこれ以上やっても水掛け論になりそうなので、私も今回の質問文についてはこの辺で終わりにしたいと思います。

●顧客を馬鹿にした話です。
○契約には「採算ラインが700部であることから著者の買い取りは700部とする」とか「買取価格は、印刷費○円及び倉庫代○円・・・・」と言った記述があるのですか?
質問者さんが経費の中身を検討、追求すべきなのは「見積もり」「契約」の段階であって「支払い」の段階ではありません。
あるいは契約条項の中に「買取価格は、印刷費及び倉庫代・・・・を考慮して甲乙で協議のうえで決定する」とでもあれば別ですが、契約時点で「買取価格は1部800円」と定められいるのですから後になって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング