人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

黒い割と大きな飛蚊症が一年前に突如何個か出ました
病院では生理的飛蚊といわれました

視力は良い方、年齢は出たとき40歳で、ちょっと早いねえと言われてしまいました

現在41歳、つい先月、もう一度眼底検査をしてき、異常ありませんでした

昨日から、飛蚊症の位置が全体的に左に移動しているように思うのです
で、右に今まで見えていなかっただけなのか、新しいのが見えるような気がします

先月眼底検査をしたところなのに、また病院へ行くのもなあと悩んでいます

ほんの少し増えたような気がしていますが、前からあるようにも思います
(位置的に見えてなかっただけとか?)

むしろ、左にずれたので、見え方は楽になってくれたのですが


で、質問は
1.飛蚊症は移動しますか?
2・眼底検査をしたばかりで、きのせいか?ぐらいの飛蚊症の増え方で病院へ行くべきでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1.移動します。



2.行かなくてもいいです。
飛蚊症は網膜剥離の前兆として現れることがありますが、あなたの場合は加齢によるものとして診断されており、もし網膜剥離にいたった場合はその自覚症状に気をつけていれば分かるはずです。その時は手遅れにならぬように手術を受けねばなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
“網膜剥離にいたった場合はその自覚症状に気をつけていれば分かるはずです”

網膜剥離は、もっと小さいゴマ粒上の黒いものが一面に出ると理解していますが、あっていますか?

増えたかな?と思おうのは黒い点一つくらいです
これは単に少し増えたくらいでいじょうなしということですよね?

お礼日時:2013/11/23 21:32

医師ではありませんが…


2.について
今回の飛蚊症が増えた原因が、生理的飛蚊症の悪化の為なら、受診しても経過観察で終わるでしょう。それなら受診は「時間と医療費の無駄」になります。
ほとんどの場合は、そうなるでしょう。
でも万が一、網膜裂孔、眼底出血、網膜剥離等によるものなら場合によっては失明につながる可能性があります。

生命保険は入られていますか?火災保険はどうでしょうか?
結果が重大な事になるので、多くの皆さんはそういった保険に加入して「安心されて」いるのではないでしょうか。

眼科医になんで来たの?と言うような顔をされるかもしれませんが、受診されて、診てもらって、「安心」されたら良いと思います。
例え万が一の事が起きていても、「早期発見」でキズは浅く済むと思います。

先日、眼科に定期的に受診している知りあいが、「少しだけ見え方がおかしいけど、次の1か月後の受診まで放置する」と言うので、上記のように話をして直ぐに受診させたら、網膜裂孔でした。
見え方にあまり関係の薄い端っこの方だったのと、裂けて直ぐで広がってなかった為レーザーで治療を受け事無きを得ました。

受診される事をお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

念には念をは私もおもったんですよね・・・

飛蚊症になってから、無縁だった眼科通いになってしまい、ストレスです・・・

飛蚊症は、見ない、意識しない、忘れるが大事と聞いていますが、
こうやって症状をまめに確認しないといけないとは、とても厄介、疲れます・・・


保険はわけあってはいれないんですよ
こまったなあ・・・

お礼日時:2013/11/23 21:41

こんばんは



眼球の中を移動します

いかなくてもいいです
加齢とともに増えて行ったりしますので

目に見えて増えるようであれば
病院で見てもらってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
移動するのですね
一年ごとに増えたらこの先どうなるんでしょうねえ・・・

いつもありがとうございます

お礼日時:2013/11/23 21:35

移動してくれるから、問題がないと考えたほうがよいです。


同じ位置にいてそれが黄斑にかかわるところだったらとても困ります。
楽になったのならいいじゃないですか。
ま、1年に1回は眼底検査を含めた精密検査を受けるのを
忘れなければ、まず問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

“同じ位置にいてそれが黄斑にかかわるところだったらとても”

同じ場所にいるのは良くないということですか?
黄斑にかかわるところとはどこでしょうか?
よほどのことでしょうね・・・?

こんど病院へ行くとき、この可能性がないかどうか聞く?というのは、
心配性だなーとおもわれますかねえ?

お礼日時:2013/11/23 21:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左目に黒い点が見える

焦点から少し左にずれたところに黒い点が見えるんです。
それに焦点を合わせようとすると目の動きと一緒に移動するので常に焦点の左にあるのですが。
2~3日で見えなくなる時もあれば、2週間くらい消えない時もあります。
以前近くの眼科でも検査したのですが、傷があるわけでもなく、はっきりとした原因がわかりません。
何かの病気の兆しなのか、精神的なものなのか・・・
経験ある方、または専門の方教えてください。

Aベストアンサー

現役の眼科医です。
yamachan30さんのおっしゃる通りです。
飛蚊症は毎日外来で多い日には10人くらいの訴えを聞くことにあるありふれた主訴の一つです。
まず気のせいではないので、ご安心ください。

その場合は、必ず散瞳薬を使用して瞳を大きく開かせて、眼底の検査をしますが、大きく分けて、60歳以上のお年寄りに多い後部硝子体剥離と若い人にも起こる生理的飛蚊症という診断がほとんどです。
生理的飛蚊症は40才代では硝子体中の離水による老化現象と判断され、30才代までは生まれつきの飛蚊症=胎児期の硝子体中の血管の名残りが成長してから壁から離れて見えるものといわれてます。

他に眼底の出血やぶとう膜炎でも飛蚊症は起こりえますが、その辺を眼科医が見逃すとは思えません。

なお後部硝子体剥離の1割前後に網膜裂孔という小さな網膜の穴が見つかることがあります。
この穴を放置して、さらに網膜はく離を起こした場合のみ手術適応になります。
裂孔だけの場合は、レーザー光線だけで外来で補強手術が可能です。
網膜はく離は、強度近視の人に比較的多い病気です。

眼科の検査で、なんの心配もないと言われた場合は、お気になさらないことです。
また自然と見えなくなっていくことが多く、かといって完全に消えるわけではないので、気にして探せばまた見つかるものです。

現役の眼科医です。
yamachan30さんのおっしゃる通りです。
飛蚊症は毎日外来で多い日には10人くらいの訴えを聞くことにあるありふれた主訴の一つです。
まず気のせいではないので、ご安心ください。

その場合は、必ず散瞳薬を使用して瞳を大きく開かせて、眼底の検査をしますが、大きく分けて、60歳以上のお年寄りに多い後部硝子体剥離と若い人にも起こる生理的飛蚊症という診断がほとんどです。
生理的飛蚊症は40才代では硝子体中の離水による老化現象と判断され、30才代までは生まれつきの飛蚊症=胎...続きを読む

Q飛蚊症によるレーザー手術について

母が飛蚊症となり眼科でレーザー手術を受けました。
大きな黒い斑点が視界に入り邪魔な状態でした。

手術後、しばらくは視界がぼんやりしていましたが、
約2時間半後、視界がクリアになった時、
まだ小さな斑点が残っていることに気づき、
すぐに眼科に電話をしました。

保険適用でも、36,000円も支払って治っていないなんてどういうことだと思ったからです。
飛蚊症が完治していないことにかなりショックを受けていましたし。

当日に電話しないと、新たに飛蚊症に罹ったと言われかねないと思ったので、
すぐに眼科へ問合せるよう母に促しました。

-------------------------------------------------------------

電話した内容は下記です。

1)まだ飛蚊症が治っていません(という報告)

2)再度、レーザー手術となったら、手術代36,000円をまた支払うのか?

--------------------------------------------------------------

窓口の女性に伝えた後、かなり待って手術を担当した先生が電話に出ました。
すると、逆ギレ風に
・そんなに慌てないでください。
・何が言いたいんですか?
・手術費用はまたかかります。 と言われたようです。


私は腑に落ちないのです。

レーザー手術後、ちゃんとレーザーで除去できたかチェックしたの?
先生の確認不足なんじゃないんですか?

それを何の謝罪もなく、ふてぶてしい態度にて、
「慌てるな」とか「また手術代かかる」とかよく言えたもんだなと思っています。


手術代は医療保険で給付される予定なのですが、
そうは言っても、一旦、自腹で支払う訳です。

レーザーによる目の負担だってありますし、そんなに何度も何度も
手術したくないという患者の気持ちはまるで考えず、
上から目線の眼科医の態度に疑問を感じてます。


そこで、下記について質問させてください!

--------------------------------------------------------------
(1)母は以前、もう片方の目の飛蚊症でレーザー手術を受けましたが、
  1度で完治しました。

  ですが、飛蚊症によるレーザー治療というのは、
  1回のレーザー手術で完治しないケースもあるのですか?


(2)手術して2時間後、まだ飛蚊症が完治していない場合でも、
  レーザー治療費を2回支払わなくてはならないのでしょうか?

----------------------------------------------------------------

まさかこんなことになるとは思わず、眼科医の態度を心から残念に思います。


母は、もう片方の目の検査のため、
1週間後に再度その眼科に診察へ行く予定です。
完治しなかった目の検査も再度することになるでしょう。
現在も視界が遮られる状態ですから.....


レーザー治療をすすめられても、お金がかかるので、
治療をせずに帰ってくると言っています。


質問内容についてご存知の方、教えて頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

母が飛蚊症となり眼科でレーザー手術を受けました。
大きな黒い斑点が視界に入り邪魔な状態でした。

手術後、しばらくは視界がぼんやりしていましたが、
約2時間半後、視界がクリアになった時、
まだ小さな斑点が残っていることに気づき、
すぐに眼科に電話をしました。

保険適用でも、36,000円も支払って治っていないなんてどういうことだと思ったからです。
飛蚊症が完治していないことにかなりショックを受けていましたし。

当日に電話しないと、新たに飛蚊症に罹ったと言われかねないと思ったので、
すぐ...続きを読む

Aベストアンサー

飛蚊症のレーザー治療と言うのは、
飛蚊症の原因になっている硝子体の中の「ゴミ」に
レーザーを照射して、細かく分解して、目立たなくする
だけのことで、「ゴミ」がなくなるわけではない。
つまり、ゴミを「除去」する手術ではないのですよ。

どの程度のゴミが残っているのかわかりませんが、
小さすぎると、レーザーが上手くゴミに当たらずに、
網膜に当たってしまう危険もあります。

なので、ある程度、気にならなくなったのならば、
それで治療完了、という手術です。

不満足というのならば、医師と相談してください。
2回目の治療費がかかるかどうかは、
どの程度の大きなゴミが残っているかどうか
という問題とも絡んできます。

Q重度の飛蚊症と頭痛について

30歳の男性です。
3年ほど前から飛蚊症と頭痛に悩まされています。

飛蚊症のきっかけはストレス過多の時にコンタクトを装着して、眼が充血してしまい、それから急激に増加していきました。

そのときから色々な眼科にかかり、1年間に10数件以上は回ったと思います。しかし、眼科での診断はどれも
「眼球はきれいだし、さほど問題ないでしょう」
というものばかりです。

しかし、飛蚊症はどんどん酷くなる一方で今では色も濃く数は無数で、こげ茶色や黒色の星空のようなありさまです。
数も数えきれないほどありますが、ほかにも眼を動かすとゼリー状のものが異動して視界がゆがんだりしますし、時折、光が点滅したような閃光がはしります。

例えるならば、ものすごく汚れた水の中で水中眼鏡をつけているようなかんじです。

このような状況を眼科で訴えても
「眼はきれいなんですよねー」
といわれるばかりです。
時々などですが、視野の一部が欠損して見えなくなったりもします。

同じ時期から起こっている酷い慢性頭痛もなにか関係があるのではないかと思い心配しています。
脳外科にも何件か通いましたが、CTなどの結果はなにも問題はないと言われています。

病院では手のうちようがないと言われても、飛蚊症は日に日に 悪化する一方ですし、頭痛も相変わらず酷く、日常生活にかなり支障をきたしている状況です。

漢方や眼に良いといわれる食品なども試してみているのですが、なかなか改善の兆しがみられません・・・・

この飛蚊症も頭痛も一生治らないかと思うと本当に憂鬱になってしまいます。
運転していても仕事でPCを扱っていても、なにをする時でもかなり気になってしまいます。
日中の外出も苦痛の日々で夜しか外出する気がおきません。

なにかご存知の方、もしくは経験者専門家のかたがいらっしゃいましたらアドバイスのほうどうぞ宜しくお願いいたします。

30歳の男性です。
3年ほど前から飛蚊症と頭痛に悩まされています。

飛蚊症のきっかけはストレス過多の時にコンタクトを装着して、眼が充血してしまい、それから急激に増加していきました。

そのときから色々な眼科にかかり、1年間に10数件以上は回ったと思います。しかし、眼科での診断はどれも
「眼球はきれいだし、さほど問題ないでしょう」
というものばかりです。

しかし、飛蚊症はどんどん酷くなる一方で今では色も濃く数は無数で、こげ茶色や黒色の星空のようなありさまです。
数も数え...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。20代ですけど、私も飛蚊症がみられます。
私の場合は長時間のコンタクトレンズの装用と関係があるようです。
1日中メガネで過ごすと飛蚊症はほとんどないので…。
それにしても…検査をしてもらっても異常がないのに
未だに不快な症状が続くっていうのは不安ですし、辛いですね。
一度専門家に診てもらってはいかがでしょう?
眼科医の中にも角膜の専門家、硝子体・網膜の専門家、
視神経の専門家、斜視の専門家などがいます。
大学病院には各部位の専門家が揃っているのではないでしょうか。

余談ですが…。
網膜をきちんと診るのって難しいそうです。
眼底写真(網膜の写真)を撮ってしまえばゆっくり観察して所見を読みとる事ができるのですが、
散瞳して直接患者さんの眼を見るとなると経験が物を言うようです。

Q網膜裂孔でレーザー手術をしました

2週間前に、右目を網膜裂孔のためレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。その後、手術前にしっかり見えていた距離がボヤけてしまいます。仕事で、30cmから60cmくらいの距離で100分の1mmの調整をしているような仕事なのですが、ほんの一瞬だけ焦点が合うのですがすぐにボヤけてしまいます。その影響で頭痛・こめかみの痛みもひどいです。医師に伝えたのですが、「手術によって視力に影響はない。仕事による眼精疲労」との返事でした。どなたか、私の視力の低下は一時的なものなのでしょうか?また、本当に眼精疲労なのでしょうか?手術前と後でこんなに眼精疲労とは変わるものだのでしょうか、、、。ご教授頂きたく存じます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になれば、よろしいのですが・・・ (*^。^*)

私も2週間前の、6月6日にレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。

そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。


   網膜光凝固について

・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。

 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網膜を焼き固める必要があります。
 網膜裂孔は、放置すると網膜剥離という疾患を引き起こし入院しての手術治療が必要になることがあります。網膜剥離がまだ起きていなかったり小さな範囲である場合は、裂孔周囲を光凝固して瘢痕化させることで網膜剥離の進行を防ぐことができます。

・網膜光凝固は、病気そのものを治して視力を回復させるような効果はありません。あくまでも疾患の進行をくいとめるのが目的です。

・短所として、光凝固をしたところは網膜機能が減弱しますので光凝固施工後は暗く感じるようになります。たいていは数ヶ月すると徐々に暗いのが軽くなります。

参考になれば、よろしいのですが・・・ (*^。^*)

私も2週間前の、6月6日にレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。

そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。


   網膜光凝固について

・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。

 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網...続きを読む

Q網膜剥離の再剥離って?

網膜剥離手術を受けた後、翌日から時々光視症を感じましたが、これって再剥離の徴候でしょうか?

バックリングや光凝固をした箇所は今後、剥離しないのですか?
剥離はそれ以外のところで起きるのですか?
再剥離の徴候にはどんなものがあるのですか?飛蚊症の増加?

一度あることは二度有る…二度有ることは三度ある…
取り越し苦労でしょうか?

Aベストアンサー

再手術の経験者です。
ずいぶん前ですが、右目の網膜剥離で術後約一ヶ月で2度目の手術をしました。

その後、今度は左目が網膜剥離になりました。そのときは再手術なしでOKでした。

> バックリングや光凝固をした箇所は今後、剥離しないのですか?

そんな保障はないはずです。
あなたのお医者さまはなんとおっしゃいましたか?

> 再剥離の徴候にはどんなものがあるのですか?飛蚊症の増加?

はいそうです。
ただ、光視症を心配されているようですが、わたしの場合術後しばらく目の中の光は消えてくれませんでした。ですから、術前ならともかく、術後では剥離の兆候とはいえないのではないでしょうか。

Qどこまで告知する必要があるのか?

生命保険、医療保険の告知について、質問させていただきます。
現在29歳で、あと1ヶ月で30歳になります。保険料が上がる前にと思い、生命保険と医療保険(ともに終身)に入る寸前まできています。しかし、告知のところでどうしていいのかわからなくなり、契約はまだしていません。

4年10ヶ月前に、原因不明の肝炎で3日間入院しています。その後通院は1、2回で完治しているのですが、ものが肝炎なだけに、告知すると肝臓への保険が効かなくなるか、保険料が上がるなどしてしまうのではないかと考えています。5年以内の告知義務があるとなっていますので、あと2ヶ月待つと告知義務は消滅するのですが、年齢が上がってしまいます。どうしたら良いかなど、ご意見をいただけたらと思います。

また、約1年ほど通院した蕁麻疹や、2年前に1ヶ月ほどの期間に通院した尿路感染症(完治)、製薬会社の治験に参加したため、逆流性食道炎と診断名がついてしまった、一度の通院で終わった気管支炎、喉頭炎、飛蚊症なども、告知しなければならないのでしょうか?

病院に勤めているため、受診しやすく、受診回数が多くなってしまっています。申し訳ありませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

生命保険、医療保険の告知について、質問させていただきます。
現在29歳で、あと1ヶ月で30歳になります。保険料が上がる前にと思い、生命保険と医療保険(ともに終身)に入る寸前まできています。しかし、告知のところでどうしていいのかわからなくなり、契約はまだしていません。

4年10ヶ月前に、原因不明の肝炎で3日間入院しています。その後通院は1、2回で完治しているのですが、ものが肝炎なだけに、告知すると肝臓への保険が効かなくなるか、保険料が上がるなどしてしまうのではないかと考えています。5...続きを読む

Aベストアンサー

会社により多少差はありますが、生命保険会社の場合、保険年齢がありまして、通常半年前から1歳上がりますので、2ヶ月待ってもおそらく同じ金額かと思われます。

基本的には全て告知しませんと、後で調べて告知義務違反となった場合は、保険金が支払われない場合があります。

告知して条件が付く場合、会社の判断により条件が変わります。保険に加入できない場合もあれば、掛け金が多少高くなって、後は通常と同じ場合もあります。
一概に肝臓の病気は全て出ないとは、言い切れません

Q飛蚊症でコンタクトは・・・?

最近コンタクトレンズに興味を持っているのですが、
以前視界にに黒い点が気になるようになり眼科に行ったところ
飛蚊症と診断されました。
特に目に異常は無いので気にすることは無いよといわれたのですが、
この際コンタクトレンズを作る際問題になることはあるのでしょうか?
現在の目の状態は、近視が結構強く(0.1以下)、乱視も少し入っています。
あと、最初はお試し感覚でできるので、1dayタイプのものがいいなと思っているのですがどうでしょうか?
目のこと、コンタクトレンズに詳しい方のご助言、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も10代の頃から飛蚊症ですが、コンタクト普通に使っています。
飛蚊症は、気付いて間もない頃は、視界の影が絶えず気になって煩わしいものですが、そのうち慣れて気にならなくなると思いますので、気長に付き合っていってくださいね。

コンタクトですが、私は主に1dayの乱視用を使用してます。
(アレルギー性結膜炎があって途中で症状が出ると2weekだとかえって無駄にしてしまうので)
確かに2weekに比べ1dayは装用感は少し劣ります。
ですが、コンタクト初心者さんには1dayの方がおすすめかなと思います。
使い初めの頃はコンタクトレンズの着脱だけでも結構大変だったりします。なので外した後のケア(洗浄など)がついぞんざいになって、目のトラブルの原因になる場合もあるようです。
ですので最初は1dayで始めてみて、慣れてきたら2weekに変えるなどしてみてはいかがかなと思います。

因みに私も強度の近視+乱視ですが、何とか矯正できています。
質問者様も大丈夫だといいですね^^

Q網膜はく離の手術後の飛蚊症

20代、女性です。
1年半前に網膜はく離の手術を受けました。
でも、飛蚊症(黒い点々)は手術前よりたくさん見えるような気がします。
それとまばたきする時(目を閉じると)光が走るように見えます。
今度の検診は当分先なのですが、早めに受診した方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

大阪府の眼科医です。
それは手術が終わってからしばらくしてまた増えたということでしょうか?ずっとその症状があるのでしょうか?
20歳ということからおそらく手術術式は網膜冷凍(もしくは電気)凝固+シリコンスポンジ縫着と思います。
この手術の場合は手術をしても飛蚊症は減りませんし、術後飛蚊症が増えることがあります。
また、網膜剥離を起こした場合、網膜に付着している硝子体の牽引が完全になくなることはないので、光が見える症状が残っていることもあります。
症状が急に出てきたばあいは再剥離もしくは硝子体牽引の増加の可能性があります。いずれにせよできるだけ早めに手術をしていただいた先生を予約外で受診していただいたほうが無難です。再剥離の場合は100%手術になります。

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Q硝子体の手術後視力回復には時間がかかるのでしょうか。

今年の6月6日に硝子体出血のため左目の手術を受けました。
現在、輪郭がぼんやりと見えるだけです。
はっきりと物が見えるようになるのには、どの程度の時間経過が必要となるのでしょうか。

Aベストアンサー

質問に対する答えです。

網膜剥離が起こっていない状態で硝子体手術が出来たことは望ましいです。
硝子体手術は硝子体の出血や混濁物、網膜表面の増殖膜を除去します。
硝子体内に眼内液の代わりに人口の液体を注ぎ込んでいます。
目の中は透明になりましたが、組織を完全に戻すことは不可能です。
主治医はどのように説明されていますか?
実際に診察が出来ないので、どの程度回復するかについては分かりません。
もう少し病院にいますので質問があれば送信ください。


人気Q&Aランキング