人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昔の日本では神仏は習合されて信仰されていたとかで
お寺には鎮守の社があり
神社には神宮寺があったようですが
すべての寺に鎮守の社が、すべての神社に神宮寺があったのでしょうか。

京都に藤森神社がありますが、神宮寺なんてあったのかな?と疑問に思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

以下、知人に確認しました。



日本では建国以来の伝統的な神社がありましたが、その後神道が勃発しましたね。
現在では神社と神道は同意語で語られることが多いですが、現在でも厳密には神社と神道は別物といえます。

その後仏教が伝来した後、神社と仏教は全国で権力争いが続きました。
しかし、奈良時代以降になって神仏関係は次第に緊密化していき、平安時代には神宮寺が広まったようです。

神仏習合は江戸時代にさらに進められ神社の側にお寺を置き、寺が神社を管理する形態も各地で作られた。
しかしながら、すべての寺に鎮守の社が、すべての神社に神宮寺があったということではなく、地域の時の権力者が主だったところにだけ作ったというのが実態のようです。

しかし、明治元年に神仏分離令が施行。江戸時代の仏教国教が神道国教に転換し、伊勢神宮を頂点とする神道国教化政策が推進されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ知人の方に聞いてもらってありがとうございました。

>日本では建国以来の伝統的な神社がありましたが、その後神道が勃発しましたね。

伝統的な神社というのは社をつくらない、磐坐や池、沼などを直接ご神体として拝む形式のものでしょうか。

大阪の磐船神社とか奈良の大神神社などがそういう形式の神社ですね。
さずがに後に拝殿は作ったようですが、神殿はないですね。

>現在では神社と神道は同意語で語られることが多いですが、現在でも厳密には神社と神道は別物といえます。

国家神道とか、物部神道、中臣神道などのように神道にもさまざまあるんでしょうかね。

>しかし、奈良時代以降になって神仏関係は次第に緊密化していき、平安時代には神宮寺が広まったようです。

なるほど、神宮寺ができたのは平安時代ごろのことなのですね。

>神仏習合は江戸時代にさらに進められ神社の側にお寺を置き、寺が神社を管理する形態も各地で作られた。

ですね。神宮寺もあれば鎮守の社もあります。

>しかしながら、すべての寺に鎮守の社が、すべての神社に神宮寺があったということではなく、地域の時の権力者が主だったところにだけ作ったというのが実態のようです。

なるほど、そ神宮寺や鎮守の社がある寺社というのは限られていたのですね。

奈良の大神神社や京都の北野天満宮には神宮寺があったようですね。
また伏見稲荷大社は東寺の鎮守の社だとききました。

大変勉強になりました。
ありがとうございました。
知人の方にもよろしくお伝えください。

お礼日時:2013/11/28 18:10

専門書によると、全ての神社に神宮寺があったのではなく、規模の小さな神社では「寺堂」あるいは「本地堂」と呼ばれるものが存在したそうです。

規模が小さいと言っても日光東照宮(本地堂は陽明門の左手)なのです。個人的な意見ですけど社僧の置けないような小さな神社ではなかったと思います。

藤森社に関しては詳細な社伝が判らないのでなんともいえません。伏見稲荷からの遷座や地祇の合祀など結構動いているので判りませんね。
でも境内に「大日如来堂」があることから可能性としてはあってもおかしくは無いと思います。正確なところは直接神社に聞くしかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとございます。

いくつか意味がわからない点があるので再度質問させてください。

>専門書によると、全ての神社に神宮寺があったのではなく、規模の小さな神社では「寺堂」あるいは「本地堂」と呼ばれるものが存在したそうです。規模が小さいと言っても日光東照宮(本地堂は陽明門の左手)なのです。

これは「日光東照宮には寺堂、本地堂があった」という意味でしょうか?

>社僧の置けないような小さな神社ではなかったと思います。

社僧の置けないような小さな神社とは日光東照宮をさしているのでしょうか?

おっしゃるとおり藤森神社は伏見稲荷にあったのを移転させられており
またあのあたりには現存しない貞観寺とか極楽寺とかいうお寺があったりしたそうで
よくわからないですね。

神社の方に聞いてみたこともあるのですが、「わからない」とのことでした。
古いことですし、ご存じなくても仕方がないと思います。

昔の文献などに史料が残っているといいのですが。

お礼日時:2013/11/28 17:57

No.1です。



分かりました。知人に連絡をとって確認しますので数日お待ちください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切にありがとうございます。
急ぎではないので、気長に待っています。
もしもわからなくても、全然気になさらないでくださいね!

お礼日時:2013/11/26 19:45

No.1です。



申し訳ありません。ご指摘の
「明治以降、廃仏毀釈、神仏分離令の影響で日本の寺社の姿は大きく変わったと思われます。
明治以前も同じ形態であったのでしょうか。
その神社には神宮寺があったが、壊されたので今はないというようなことはありませんでしょう」
については分かりません。
もしよろしければ、長年勉強している知人に聞いて改めて回答しますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に再度回答くださりありがとうございます。

またまた言葉足らずであったようで、申し訳ありません。
質問は一般論として、江戸時代までの神仏習合の形態はどうなっていたのか、ということなんです。

全ての神社に神宮寺があったのか。
それとも神宮寺のない神社もあったのか。

全ての寺に鎮守の社があったのか。
それとも鎮守の社のない寺もあったのか。

江戸時代にタイムスリップして確かめることができたらいいのですけどね~。

お勉強されている知人の方が、もし江戸時代以前の寺社についてご存知でしたら
また回答いただけると嬉しいです。

気にかけてくださって本当にありがとうございます。

お礼日時:2013/11/26 17:48

日本の神社の歴史はかなり昔にさかのぼりますね。



私の住む地域の神社も鎮守の森に囲まれています。約406年の歴史です。また同時に遷座されたお寺が隣にあります。この神社と寺は相互に協力関係を保っていますが、市内にはお寺と関係ない独自の神社も多数あります。
やはりその時代、その地域によって神仏習合は違うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
質問の書き方が悪かった様で申し訳ありません。

仏教が伝来する以前の日本では、当たり前ですが
神仏は習合されていなかったですね。
廃仏派の物部守屋と崇仏派の蘇我馬子が戦って馬子が勝利してから
神仏は習合されるようになったと思います。

その後、ずっと神仏は習合されて信仰されていたと思われますが
明治の廃仏毀釈、神仏分離令で多くの寺が壊されたり、神社と分離させられたと聞いています。

明治の廃仏毀釈、神仏分離令以前の日本の
すべての寺に鎮守の社が、すべての神社に神宮寺があったのかと
疑問に思いました。

>市内にはお寺と関係ない独自の神社も多数あります

これは現在のことですね。
明治以降、廃仏毀釈、神仏分離令の影響で日本の寺社の姿は大きく変わったと思われます。
明治以前も同じ形態であったのでしょうか。
その神社には神宮寺があったが、壊されたので今はないというようなことはありませんでしょうか。

お礼日時:2013/11/26 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神社と寺の共存

歴史の素人です。わかりやすく教えてください。

寺の中に神社があったり、うまく共存しているようにみえます。
神道のほうが仏教より先にあったのに、仏教の力が強すぎて
抵抗できなかったのでしょうか。それとも、もともと両方とも、慈悲と恵みの魂なので、争いを好まなかったのでしょうか。

もう一つ、寺の中に神社があるのはよくありますが、
神社の中に寺のある場所もありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本地垂迹思想は、法華経の本迹二門(本体の教えと仮りの教え)説や、密教の本地身・加持身(本源の姿と、救済のための具体的姿)説などの影響を受けて、表層的には相反する姿でありながら、本源は同一であるという思想を、仏教の仏・菩薩と神道の神祇との関係を語る際に用いられた理論です。つまり、仏・菩薩(本地)が日本人を救済するために、日本の地で現れた姿が神祇(垂迹)である。
 この思想の片鱗は日本ではかなり早い時期に見られましたが、具体的な理論展開が進んだのは、平安中期以降。飛躍的に発展したのは鎌倉期です。
 特に鎌倉・室町期の仏教説話では、日本の神々は本地は仏・菩薩である。そして仏は日本人を救済するために(仮の姿として、申し子として)人間となりこの世に現れる。そして俗にまみれた人間となり、そこでさまざまな艱難辛苦を受けて、神仏の力で苦しみを脱し、最終的には自身も人々を救済する神となる。それが日本の神祇であるという筋書きが多いです。

 俗世より解脱した仏・菩薩のままでは威光が強すぎて、俗にまみれた日本人は救済できない。だからこそ、光を和らげ俗にまみれた姿となり、そして現実世界で苦しむ人間同様に、仏も人間となって悩み苦しみ、より日本人に身近な神の姿で救済する。これを和光同塵(わこうどうじん:威光を和らげ、俗塵に等しくなる)といいます。

 ではこの本地垂迹説はだれが始めたのか。正直分かりませんが、少なくとも民衆に身近な修験者(山伏)や下級宗教者などが、日本人が古来持っている神観念と、仏教との整合性をつけ、より身近に仏の教えを受け入れやすくするために説かれ、また同時に中央の寺院も、布教を行う上でそれをより具体的に理論展開していったのでしょう。

本地垂迹については決して上から下へと押しつけられた物でなく、それを受け入れる素地が日本人側にも存在していたと見るべきでしょう。

具体的には以下の神仏が本地垂迹の関係となります。()内が本地仏。ただし時代や地域によって別説があるので、一定しているわけでもありません。

天照大神(大日如来<或いは観世音菩薩>)
八幡大菩薩(阿弥陀如来<或いは釈迦如来>)
熊野三社大権現(阿弥陀・薬師・千手観音)
住吉大明神(薬師如来)
日吉三社大権現(薬師・釈迦・阿弥陀)
稲荷五社大明神(如意輪・千手・十一面観音・不動尊・毘沙門天)
天満大自在天神(十一面観音)
八坂大明神(薬師如来)
富士浅間大権現(大日如来)
愛宕大権現(地蔵菩薩)

明治までは大半の神社には、当該の祭神の本地仏を祀る「本地堂」などがありましたが、前述通り神仏分離で破棄されました。

本地垂迹思想は、法華経の本迹二門(本体の教えと仮りの教え)説や、密教の本地身・加持身(本源の姿と、救済のための具体的姿)説などの影響を受けて、表層的には相反する姿でありながら、本源は同一であるという思想を、仏教の仏・菩薩と神道の神祇との関係を語る際に用いられた理論です。つまり、仏・菩薩(本地)が日本人を救済するために、日本の地で現れた姿が神祇(垂迹)である。
 この思想の片鱗は日本ではかなり早い時期に見られましたが、具体的な理論展開が進んだのは、平安中期以降。飛躍的に発展...続きを読む

Q日本最古の寺は?

日本最古の寺は法隆寺(西院伽藍)と言われていますが
法隆寺の建立は607年
法興寺の建立は587年です


法隆寺は日本最古の木造建築の寺とされ法興寺(飛鳥寺)は日本最古の本格的寺院とされています。
と いう事は最古の寺は法興寺(飛鳥寺)で法隆寺では無いと言う事になるのでしょうか?

Aベストアンサー

最古の寺というか、創建後色々あったが寺として続いているという意味では
飛鳥寺(法興寺)が最も古い創建になる寺であると言えるでしょう。
本尊の飛鳥大仏は後世の補修があるとはいえ、お顔に当初部分を残し、また創建当時と同じ場所にずっとおられた事がわかっています。

法隆寺は創建は飛鳥寺に遅れますが、現存する最も古い木造建築として知られています。
という事で
最古の由緒を持つ寺として飛鳥寺
最古の建物を持つ寺として法隆寺
という事で良いと思います。


人気Q&Aランキング