お恥ずかしい話、私は注射が大変苦手です。
採血などで自分の腕に注射をされる時には、顔を背けて、歯を食いしばっていないととてもじゃありませんが出来ません。
何故かって言うと、とても痛いから…ただそれだけなんです。

さて、ここからが本題。
実は7月に手術で、皮膚の下に出来た脂肪のかたまりを取り除く事になりました。
担当医いわく、『腰椎麻酔をするから』。
『腰椎麻酔』って、聞くところによれば『死ぬほど痛い』らしいじゃないですか。
背骨の骨と骨の間に注射を打つんですよねぇ…
盲腸の時に打った経験者によると、『盲腸の痛さを忘れるくらいの痛さ』だというし、出産経験者は、『陣痛と並ぶくらいの痛さ』だと言います。
事前に5~6箇所ほどその周りに麻酔を打つらしいけど、それもかなり痛くって、そのうえ腰椎麻酔もかなり痛いと聞きます。
担当医は『麻酔科の人が注射を担当するから痛くないし、子供だって我慢してるんだから』とは言いますが、看護婦さんに聞くと、『子供の場合はほとんど痙攣してますねぇ』と笑いながら答えてくれました。

そこで、腰椎麻酔の経験者の方、それに、医療関係者の方々に伺いたいと思います。
いったい、どのくらい痛いですか?
もしも打ちこんだ時に、背骨を伸ばしてしまったら神経などを傷つけて、下半身麻痺などを起こさないのでしょうか?
色々考えていたら、これから1ヶ月以上、心配で寝られない日々が続きそうなんです。
回答をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

盲腸の手術を受けた者です。


私も注射や点滴が大嫌いです。
すっごく痛いですよね。

あと本題の腰椎麻酔のことなんですが・・
私は手術前にした筋肉注射の方が腰椎麻酔より痛かったです。
2週間くらいは痛みが残りました。
筋肉注射打った時には涙がかなり出てしまいました。
看護婦さんは筋肉注射をした時に痛み止めを入れたから
麻酔が痛くなかったんだよと言っていました。
でも、本当かどうか。
私も腰椎麻酔がとても痛いものだと聞いていたので
怖くて盲腸の手術を拒んでいました。
もうすごい男らしい人でも腰椎麻酔したら泣くとか・・
周りの友達が口合わせて『死ぬほど痛いらしい』と言うので余計怖くて・・。
でも、やっぱり盲腸が再発したので手術することになってしまいました。
麻酔を打つ前に看護婦さん3人がかりで体をかなりおさえつけられ
(膝を抱えて横に寝る状態で打ちました!)
あ~ぁ怖い怖い、恐ろしい!!!と思っていたら・・
確かに腰の辺りに針の感覚があり、何かを打ち込まれた感覚がありました。
しかも思ったより痛くありませんでした。
あれ?こんなもの??って感じでした。
はっきり言って拍子抜けしました。
(かなり覚悟を決めていたので・・)
確かに痛いのは痛いんですが、痛みは感じ取れるか?位の痛みで、
死ぬほど痛くはなかったです。これは本当です。
チクッと針が刺さって麻酔が打たれているなぁ~と思っていました。
筋肉注射の方が普通に痛かったです。
力を抜いてと言われても緊張するし、かなり背中が震えてたけど
動いたら針が違う神経のとこに刺さるから
じっとしといてと言われ覚悟を決めて挑みました。
麻酔が怖くて病気を悪化させるのはよくないし
怖くても手術して良くなるのなら頑張ってください。

あと余談ですが・・(笑)
私は腰椎麻酔より麻酔酔いの方がひどかったです。
2度とあんな思いはしたくありません。
熱はでるし、頭ガンガンするし、すっごい吐くし。
大変でした。術後の夜は少しも寝れませんでした。
おおげさと思うかもしれませんが・・
17年生きていて1番長く辛い夜でした。
死にたい・・と寝言で言ったそうです。(母いわく)

参考になったでしょうか??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
回答を読みながら、画面をスクロールするマウスを持つ手に汗をかいてしまいました。あまりにもリアリティがありすぎて…。筋肉注射って…?どこに打つんですか?腕?お尻?何を打つんでしょう?鎮静剤とか、局部麻酔とか…?そんなに痛いんですか?筋肉注射って…。こいつ(問題の脂肪のかたまり)とは25年の付き合いなので、ここまで付き合ったんだから、この先も炎症を薬で押さえながらもうちょっと付き合おうかと考えさせられました。とにかくありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 22:37

下記にもコメントした者です。


筋肉注射は手術室に行く前に腕に打ちました。
皮下脂肪が多いせいか・・すごくいたかったです。
でも、入院中は点滴慣れで針の痛さは慣れてるから
なんとか大丈夫だと思いますよ。

リアルな話してビビらせてごめんなさい!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答、たいへん恐縮です。
そうですか…腰椎麻酔でも腕に筋肉注射をするんですか…。私としては、お尻よりは我慢が出来そうですが…やっぱり痛いんでしょうねぇ…
ここ数日、心配で眠れなくなっています。
また何かあったら教えてください。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/06 00:15

経験者です。


私も「腰椎麻酔は死ぬほど痛い」って聞いてたんで
めちゃくちゃびびってたんですけど
なんで、針さされる瞬間も「背中に全神経集中状態」でいたんですが
「え、こんなもんなの?」って感じでした、めっちゃ拍子抜け。
でも、胎盤早期剥離で緊急帝王切開だったんで
もしかしておなかの痛みで消されてたかのもしれないけど(笑)

針を刺される瞬間はあまり動かない方がよいのではないでしょうか。
なんか起こったとき、「あのとき動いたから!?」って
あとで思いたくないじゃないですか~

ちなみに、わたしは通常の注射の時、
しっかりさされる瞬間を見なければいられないたちです。
だって、「いつくるか、いまくるか」って
見ないでどきどきしながら待ってるのってこわいからです~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は一度だけ、腕に注射を打たれる時に『見てみよう』と思って、チャレンジしてみた事があったんですが、針が刺さる瞬間に腕を引いてしまい、結局『見ながら』では注射が出来ませんでした。やっぱり、注射のときには目をつむり、目一杯、歯を食いしばらないとダメですね。はぁ~~~、憂鬱だ…。

お礼日時:2001/06/02 22:39

虫垂炎で腰麻の経験のある女医です。

はっきり言って、虫垂炎も癒着までいっても痛くなかったし、筋注も平気です。腰麻なんて全然痛くないですよ。まだ、24の女医でも腰麻だろーが、会陰部に麻酔打たれよーが涙一つみせず声さえあげず、身じろぎさえしないのですから、しっかりしてくださいよぉ~!しかし、痛覚は人それぞれですからね。分からないです、痛い方の感じ方は。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いるんですね~痛みを感じない人って…。羨ましい…。しっかりしようとは思いますが、これがなかなか…。

お礼日時:2001/06/02 22:38

ちょっと順番が前後しますが、まず、「腰椎麻酔は痛い」は本当です。

体に針を刺すので痛くない訳がありません。

じゃどの位痛いかですが、痛みの感覚は人によって全く違います。だから何センチメートルみたいにはいきません。
私的には「死ぬほど痛い」「盲腸を忘れる」「陣痛」・・・そりゃないよと思います。ただ、注射などが嫌いな人ほど痛みに敏感な傾向があります。また、麻酔を刺す時に、緊張して力を入れると痛みが非常に強くなります。

力を抜いていられれば、それほど凄まじい痛みに襲われることはないです。

力を抜いてる感覚というのは、ずばり筋肉がリラックスした状態ということですが、ちょっと体感していただくといいでしょう。

まず、腰かけて上体を猫背にして足の上に倒し、体中の力を抜いて楽にして、ゆっくり息を吐きます。自然に吐ききった所のお腹、背中の感覚をよ~く覚えておいてください。それが力が抜けている感覚です。その感覚を打つときに維持できればいいということです。

それから、針が刺さっている時に動くと、ご心配のように中を通っている神経を損傷する事がありえます。最悪、下半身不随ということもありえます。

ですからポイント(コツ?)は、ずばり、力を抜いて動かない事です。注射と違って、刺してるところは見えませんから、先生が「打つよ」と言ったらとにかく力を抜いてください。それだけで痛みは全然違います。

それから看護婦さんやスタッフが動かないように体を押さえるはずですが、その力に逆らわないでなすがままにされましょう。大抵の人が、この押さえる力に反発して力が入ってしまうのです。

これだけで相当違うはずなんだけどな~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
力を抜いていれば本当に痛くないんでしょうか?書かれているとおりの事をやってみたのですが、この状態で背骨に注射…考えただけでもゾッとします。体が完全に動かないようにいっそのこと、縛ってくれた方が踏ん切りがつきそうなんですが…手術までの日々を、『力を抜く』練習でもしようかと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 22:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腰椎のMRIの撮り方について教えて下さい。

私は、0-100の追突事故の被害者なのですが先週、頚椎のMRIを撮ったところヘルニアが確認され今度は腰椎のMRIを撮ろうとしているのですが撮った病院のMRI室の空調が壊れていて頚椎の時は汗だくで気持ち悪くなりました。
で、もし腰椎も頚椎と同じように頭から入る方法だとしたら違う病院でMRIを撮ろうと思ってます。
でも、腰椎の場合は足からMRIに入るのであれば顔は外に出ているので多少、暑くても我慢できるので前回の病院でMRIを撮ろうと思っているので腰椎の場合は頭からなのか足からなのかを教えて下さい。
宜しくお願いします。
くだらない事で申し訳ありません。

Aベストアンサー

腰椎目的のMRI経験はありませんが、子宮筋腫でMRIを撮ったときは足からで、頭はぎりぎり外でした。
腰椎も写っていたので、ポジション的には同じかと。
なお空調ですが、人間のためというより機械のために至急修理すると思うんですけど・・・。(それとも今の機械は強くなっているのかなぁ)

Q全身麻酔と腰椎麻酔

膝関節鏡の再手術をするのですが、
前回、腰椎麻酔の副作用の頭痛が長引いたので(術後一週間ほどは起き上がれない、ほぼ頭痛が抜け切るのに1ヶ月以上かかりました)、
今回は、全身麻酔を勧められました。
職場復帰等の都合上、早く回復したいので、全身麻酔にしてみましたが、いろいろ不安もあります。
1.全身麻酔と腰椎麻酔とで、「辛い」と感じる部分での違いは、どんなものでしょう?
2.手術代はどのくらい違ってきますか?
3.よく全身麻酔を「コワイ」と聞きますが、「コワイ」と言われることは実際にどのくらい怖いものでしょうか?
その他、ご経験をお聞かせいただければ助かります。

Aベストアンサー

 患者さんでギャンブル、と申しましたのは、「起きるかもしれないし、起きないかもしれない」けれど、起きる可能性が通常より多いのならそこで「今度は起きないだろう」という方に賭けるような事はしたくない、という意味合いです。
 腰椎麻酔後の頭痛については、単純に針の太さだけでなく、様々な原因が言われているようです(使用した薬の溶解液の種類や、空気の混入などでも頭痛が起こりえますし、滅菌手袋の粉や消毒薬の混入でも~この場合は2~3日後のようですが~頭痛が起こりうるとのことです)。ですから、「前回ダメだったから今回もダメ」とは単純に言えなかったりします。しかし、私が担当するのなら、今回の場合は全身麻酔をお薦めすると思います。正直、麻酔料は基本的な料金を比較してみても脊椎麻酔の8500円に対して全身麻酔は61000円です(これに更にいろいろ加算が付くことがあります)。金額的には全く違ってきます。ただ、「なるべく早く社会復帰したい」という事を重視するのなら、全身麻酔の方が確実でしょう。
 麻酔については、どのような麻酔をするかだけでなく、誰が麻酔をするのかも重要なポイントだと思います。もっとも、具体的に誰がどうなんていうことは、自分のまわりの場合ですらもあんまりアドバイスできませんので(笑)、一般的な事として、「麻酔の専門家が行う限り、おそらく安全でしょう」ということは、少なくとも言えると思います。あとは、実際麻酔をかける先生に、できれば直接(事前に)ご相談していただければ、その先生のご経験の範囲で貴女にとって最適な麻酔方法を選択してもらえるのではないかと思います(私とは異なる見解になることも、もちろんあるでしょう)。いずれ、直接相談してみる事が一番大切だと思います。 

 無事に手術が終わりますよう、お祈りいたします。

 患者さんでギャンブル、と申しましたのは、「起きるかもしれないし、起きないかもしれない」けれど、起きる可能性が通常より多いのならそこで「今度は起きないだろう」という方に賭けるような事はしたくない、という意味合いです。
 腰椎麻酔後の頭痛については、単純に針の太さだけでなく、様々な原因が言われているようです(使用した薬の溶解液の種類や、空気の混入などでも頭痛が起こりえますし、滅菌手袋の粉や消毒薬の混入でも~この場合は2~3日後のようですが~頭痛が起こりうるとのことです)。で...続きを読む

Q前十字靭帯損傷のMRIについて質問です! 前十字靭帯のMRIで黒い帯のような部分の中央付近に白い部分

前十字靭帯損傷のMRIについて質問です!
前十字靭帯のMRIで黒い帯のような部分の中央付近に白い部分がありました!断裂でしょうか?

Aベストアンサー

靱帯の黒い部分が、切てたら、断裂です

白いのならば、痛めてるだけだと思います。

先生の説明はなかったのですか?

Q麻酔科医の業務について教えて下さい。将来は麻酔科医を目指している者です

麻酔科医の業務について教えて下さい。将来は麻酔科医を目指している者です(学士編入受験生です)。麻酔科医の日常について教えていただけますか? wikipediaによると、麻酔科医は1.手術の麻酔、2.ICU、3.ペインクリニック、4.終末期医療などに対応する旨があります。一人の麻酔科医がすべて対応することはあるのでしょうか? 1と2を専門にする医師と、3と4のみを専門にする医師とに分かれている気がするのですか? 教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

地方病院の麻酔科医の業務ですが、基幹病院や大学病院のようにclosesICUがある場合には、麻酔科医が専属で対応する病院もあります。
しかし、ほとんどの地方病院ではopenICUなので麻酔科医が専属で対応するシステムがありません。
主な業務としては手術麻酔となり、ペインに精通した麻酔科医が手術麻酔の間で外来等でペインクリニックを行います。そのペインクリニックの中に終末期のペインコントロールも含まれます。
麻酔科医となり、後に地方の病院に派遣されることが多いので、基幹病院・大学病院で全ての業務を経験し出来るようになることが好ましいと思います。

Q腰椎椎間板ヘルニアの術後の下肢痛について質問させて頂きます。 今月初めにL5-S1間の腰椎椎間板ヘル

腰椎椎間板ヘルニアの術後の下肢痛について質問させて頂きます。


今月初めにL5-S1間の腰椎椎間板ヘルニアの手術をしました( 腰仙椎後方椎体間固定術)

術前にあった腰痛・左臀部から左下肢にかけての坐骨神経痛は軽減しましたが、術後から、歩行時に両下腿に筋肉痛のような突っ張った感じの痛みが出てきました。
歩き始めは激痛で、歩行できません。暫くすると、ゆっくりですが歩行できます。

術後、このような症状ってあるのでしょうか?

対策とかありませんでしょうか?

宜しくお願いします。
長文失礼致しました。

Aベストアンサー

ヘルニアの手術をしたのであれば、残念ながら今後も痛みは取れないと思います。
取れたとしても一時的なものでしょうね…

ヘルニア手術をした方の中には、痛みが全く取れないので、2〜3回手術をする方もいる位ですからね…

余程痛みが取れない場合には
トリガーポイントの注射をした方が良いと思います。
どこでと言うと
主にペインクリニックです。

Qルンバール 腰椎麻酔の術後について

まだひよっこナースです。
高比重の麻酔薬を使いルンバールをかけた手術で、
「術後しばらく枕をつかってはいけない」と先輩看護師から言われましたが
なぜですか?
高比重の場合、下方へ麻酔は固定されてるんですよね?
頭部を少し高くしたほうが、麻酔の影響が頭部へ回らないのでいいのでは?と思うのですが。
教科書などで調べましたがよくわかりません。
専門家の方でご説明していただければ助かります。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

麻酔科医です。直接の回答にはなりませんが

昔(今も?)よく使われたペルカミンは麻酔域固定までの時間が早い薬でした。
今はマーカインが多いかと思いますが、これは麻酔域固定まで時間がかかる(病棟に帰った後にも麻酔レベル上昇したという報告あり)ので逆に頭を上げておいたほうが安全でしょう。
薬の変遷とともに処置も変化するべきです。
「枕を使わない」というのは受け継がれた迷信と思います。

Q腰椎椎間板ヘルニアの手術について

こんばんは。
腰椎椎間板ヘルニアの手術を御経験された方にアドバイスを頂きたく質問させて頂きました。
1年半前に腰椎椎間板ヘルニアと診断され、最初は余り自覚症状が無かったのですが、今年5月から劇的に悪化し、昨日から松葉杖が無くては全く移動が出来ない状態になっております。
医師からも勧められましたが勿論手術を受けるつもりです。
調べた所、保険適応の内視鏡手術で3~4日の入院、とあるのですが腰椎椎間板ヘルニア内視鏡手術を受けられた方で術前の準備、術後の痛みや入院中どのように過ごすのか僅かでも構いませんので御経験談をお教え願えませんでしょうか。
久し振りの手術で不安になっております。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お見舞い申し上げます。

つい一週間前に腰椎椎間板ヘルニアの手術をしました。退院してまだ3日位です。
私が手術を受けた病院は、手術前日から入院して全部で10日間【9日目に抜糸】でした。
全身麻酔を受けるため、前日からの入院で手術前日の夜9時以降は飲まず食わずでした。
手術後はもちろん痛いのですが、痛みは手術の痛みなので痛み止めの点滴を落としてもらえば軽減出来る位の痛みでした。
手術の次の日からは、経過が良ければ歩行器を使ってでしたが充分歩けるほどです。手術後3日目には歩行器も取れました。
今までの疼痛が取れた分、ヘルニアで神経を圧迫してた部分に神経が通った時の電流のような痺れや痛みは感じます。
よほど圧迫されていたのか、手術前に感じなかった痛みなのでまだ慣れません。
【手術前の状態などで個人差はかなりあると思います】

入院は本当にかなり退屈でしたが、退院したらしたで休養がなかなか取れなかったりするので手術後はできる限り
無理をなさらないようにしてください。
入院の期間の多い少ないは経過観察と無理をさせないような管理のためだと思われます。

手術の不安は分かります。神経もたくさん通ってる場所なので不安ですよね。。
でもきっと大丈夫です。
手術の成功、早くもとの生活に戻れるようお祈りします。
頑張ってくださいね。

お見舞い申し上げます。

つい一週間前に腰椎椎間板ヘルニアの手術をしました。退院してまだ3日位です。
私が手術を受けた病院は、手術前日から入院して全部で10日間【9日目に抜糸】でした。
全身麻酔を受けるため、前日からの入院で手術前日の夜9時以降は飲まず食わずでした。
手術後はもちろん痛いのですが、痛みは手術の痛みなので痛み止めの点滴を落としてもらえば軽減出来る位の痛みでした。
手術の次の日からは、経過が良ければ歩行器を使ってでしたが充分歩けるほどです。手術後3日目には歩行器も取れまし...続きを読む

Q重度障害者医療費受給者 の後期高齢者医療 加入について

一級の重度障害者(人工透析)で、3月の誕生日で、65歳になるのですが、この度区役所から、重度障害者医療費受給者証の更新について、という手紙が来ました。
内容は有効期限がきれますので、書類に記入して、返信するようにとのことなのですが、それに伴って、後期高齢者医療保険への加入を選択するか?という内容のことが書かれていました。
65歳で現在、人工透析のよる重度障害者医療受給をしているのですが、後期高齢者医療保険に加入した方がいいのでしょうか?
それとも、加入しない方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜこういう文書が来るかというと、後期高齢者医療保険に加入すると、毎月の保険料が変わることがあるからです。
一番問題なのは社会保険の被扶養者だった人で、社保の被扶養者は保険料がかからないのに、後期高齢者になると支払いの義務が生じます。
これまでは重度障害者の認定を受けている人が65歳になると自動的に老人保健に該当していましたが、後期高齢者医療制度のもとでは不利になることがあるので、一般と同じ75歳になるまで後期高齢者医療を辞退するかどうか選べるようになっているのです。

質問者さんの場合現在の保険種別がわかりませんが、今支払っている保険料と後期高齢者医療になった場合の保険料とを比べてみると良いです。
後期の保険料は居住地の広域連合、または市町村役場で教えてもらえると思います。

後は医療機関の窓口での負担金が、今と後期ではどう変わるのか、変わらないのかですが、これも市町村役場で教えてもらえます。
負担金は病院の窓口でも聞けますね。

両方を比べてみて、お得なほうを選んでください。

Q変形性腰椎症による膝の痛みとMRI撮影時の麻酔の可否について

変形性腰椎症による膝の痛みとMRI撮影時の麻酔の可否について

74歳の父が、腰が痛いというのでMRIを受けたところ、「変形性腰椎症」と診断されました。
ただ、この程度の変形では、それほど痛みは出ないはずと言われました。

その後、痛みがだんだんひどくなり、今度は腰よりも左臀部から左ひざが痛くなり歩くのが辛くなってきたため、別の病院で診察を受けました。
念のため、最初の病院で撮ってもらったMRIの画像も持って行きました。
最初の病院で撮ってもらった画像が腰部中心だったこともあり、痛みがひどい部分を中心に再度MRIを撮って原因を突き止めましょうということになったのですが、今度は痛さで20分ほどの撮影時間が耐えられず中断してしまい、画像を撮ることができませんでした。

ひとまずその病院では痛み止めの注射(ブロック注射ではないと思います)と飲み薬、座薬を処方してもらい、3週間後に診察の予約をしていますが、それまで痛みに耐えられるか、心配です。
処方してもらった薬は、飲んでしばらくは痛みがマシになるという程度だそうです。

ここ数日はお風呂にも入れず、座っていても痛いので(以前は座ったほうが楽だと言っていました)、ほとんど寝ています。
寝ていても痛みがマシになる体勢を取るまでが大変だとのことです。

痛さで眠れないということはないようですが(眠ってしまえば痛さを感じないのだと思います)、トイレなどで起きたときはかなり痛いらしく、その際歩くのも体を折り曲げています。
食欲はありますが、座って食べることができず、痛みも気になるので落ち着いて食べられないため、横になった姿勢でも比較的食べやすいパンが食事になっています。

ここでみなさんにお聞きしたいのは、

1.変形性腰椎症で膝にも痛みが出るものでしょうか?
2.局所麻酔をしてMRIを受けることはできますか?(じっとしていないと撮影できないので)
3.MRIを撮ってみないと分からないと思いますが、変形性腰椎症以外の病気は考えられるでしょうか?
4.ペインクリニックにかかるのも有効でしょうか?

です。

とにかく見ていて辛いので、なんとかしてあげたいです。
よろしくお願いします。

変形性腰椎症による膝の痛みとMRI撮影時の麻酔の可否について

74歳の父が、腰が痛いというのでMRIを受けたところ、「変形性腰椎症」と診断されました。
ただ、この程度の変形では、それほど痛みは出ないはずと言われました。

その後、痛みがだんだんひどくなり、今度は腰よりも左臀部から左ひざが痛くなり歩くのが辛くなってきたため、別の病院で診察を受けました。
念のため、最初の病院で撮ってもらったMRIの画像も持って行きました。
最初の病院で撮ってもらった画像が腰部中心だったこともあり、...続きを読む

Aベストアンサー

>1.変形性腰椎症で膝にも痛みが出るものでしょうか?

症状としては坐骨神経痛だと思います。坐骨神経とは腰から足先まで伸びている太い神経ですが、腰になんらかの異常があればその走行上に(お尻、太腿、脹脛、足裏など)に痛みや痺れなどが出ます。全て出る人もいれば、お尻だけ、太腿、ふくらはぎだけとかいう人もいます。特別骨など構造に異状がなくても、炎症が強く起こっていれば出る可能性はあります。

詳しい状況がよく分からないのですが、安静時は痛くない、歩き始め、立ち上がるときに痛い、正座が出来ないなどがあれば、膝そのものの原因かもしれません。膝のレントゲンは撮りましたか?


>2.局所麻酔をしてMRIを受けることはできますか?(じっとしていないと撮影できないので)

ご質問のような症状は臨床上珍しくはありません。まずはレントゲンで診断、治療は行えると思います。原因の究明は後回しにし、とりあえず痛みをある程度抑えるほうに専念されてみてはいかがでしょうか。


>3.MRIを撮ってみないと分からないと思いますが、変形性腰椎症以外の病気は考えられるでしょうか?

神経痛を起こすであろう全ての疾患が考えられます。有名なところで言えば腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などです。あとは特長的な症状があるので、画像と総合的に判断して診断します。


>4.ペインクリニックにかかるのも有効でしょうか?

有効だと思います。整形外科のリハビリ、鍼治療などもありますので色々ご検討ください。

>1.変形性腰椎症で膝にも痛みが出るものでしょうか?

症状としては坐骨神経痛だと思います。坐骨神経とは腰から足先まで伸びている太い神経ですが、腰になんらかの異常があればその走行上に(お尻、太腿、脹脛、足裏など)に痛みや痺れなどが出ます。全て出る人もいれば、お尻だけ、太腿、ふくらはぎだけとかいう人もいます。特別骨など構造に異状がなくても、炎症が強く起こっていれば出る可能性はあります。

詳しい状況がよく分からないのですが、安静時は痛くない、歩き始め、立ち上がるときに痛い、正座...続きを読む

Q麻酔のメカニズム 腰に麻酔をうつと何故全身でなく下半身麻酔なのか

麻酔について伺います。腰に麻酔をうつと下半身麻酔になるらしいとドラマを見ていて知りました。でも私の中では脊髄と脳はつながっているから腰に麻酔を打ったら全身に麻酔がいくイメージがあったのですが、何故脊椎と脳はつながっているのに、腰に麻酔をうつと下半身麻酔になるのですか?!ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

 まず、腰に麻酔の注射をして下半身麻酔にする方法として、「脊髄くも膜下麻酔(=脊椎麻酔=腰椎麻酔)」という方法があります。硬膜外麻酔も腰に注射をして行う麻酔ですが、かなり大量に麻酔薬を使用しても、下半身全部を麻酔することは難しいと思います(それに、硬膜外麻酔は腰以外でも行えますし・・・)。
 脊髄くも膜下麻酔は、針を脊髄の近くまで入れ、そこに薬を入れるのですが、直接神経の近くに薬をばらまきますので、少量の薬で効果が発現します。通常は、(麻酔薬の種類や必要とされる麻酔の範囲によって違ってきますが)大体1~4ml程度の麻酔薬で十分効果が得られます。
 さて、そこで使用する麻酔薬の量を更に増やすとどうなるか。麻酔薬がどんどん広がって行き、下半身のみならず上半身にまで麻酔が効いてきます。腹、胸(この辺りまでは、通常の下半身麻酔でも時に必要とされる麻酔範囲です)、腕とどんどん麻酔が効いて来て、やがて首まで麻酔が効いてくると、横隔膜を動かす神経が麻痺してしまい、呼吸ができなくなります。これをそのまま放置すると当然患者さんが死んでしまいますし、意識の有る状態で体が動かなくなり、呼吸ができなくなって息が苦しくなるというのも患者さんにとってはかなり辛い体験をさせることになります(ですので、脊髄くも膜下麻酔はそうならなくてすむ程度の場所の、比較的短時間の手術に好んで用いられているのです)。そして、更に麻酔薬が広がって行くと、最終的には意識が無くなります。一般に、全身麻酔の定義として(1)意識の消失(2)痛覚の消失(3)体動の消失(それに、反射の消失を加える場合もありますが)の各要素を満たすことと言われておりますので、この状態は全身麻酔と言って良いと思われます。しかし、この方法ではいつ麻酔が切れるかわかりませんし、わざわざこのようなことをしなくても他の(普通の)方法で全身麻酔を安全に行うことができますので、あえてやっていないのです。
 では、なぜこのような事が判っているのでしょうか?実は、ペインクリニックの治療方法のひとつに「全脊髄麻酔」という治療があります。通常1~4mlで行うところ、20mlもの麻酔薬を用いて前述の状態をわざと作り出すことによって、難治性の疼痛を治療しようという試みです。当然、全身麻酔に準じた準備をし、人工呼吸や意識のコントロール(患者さんが苦痛を感じないように、別の薬で意識を無くします)を行って施行したそうなのですが、他に神経ブロック法が発達し、危険もそれなりに大きいので、現在ではあまり行われていないと思います。
 以上、先ずはご参考まで。

 まず、腰に麻酔の注射をして下半身麻酔にする方法として、「脊髄くも膜下麻酔(=脊椎麻酔=腰椎麻酔)」という方法があります。硬膜外麻酔も腰に注射をして行う麻酔ですが、かなり大量に麻酔薬を使用しても、下半身全部を麻酔することは難しいと思います(それに、硬膜外麻酔は腰以外でも行えますし・・・)。
 脊髄くも膜下麻酔は、針を脊髄の近くまで入れ、そこに薬を入れるのですが、直接神経の近くに薬をばらまきますので、少量の薬で効果が発現します。通常は、(麻酔薬の種類や必要とされる麻酔の範囲...続きを読む


人気Q&Aランキング