【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

もうそのトラブルがあってから、20年経つので今更と思われると思いますが、すっきりさせたいので質問させてください。
今から29年前、父51歳、母35歳、長女15歳、次女13歳、三女の私10歳の頃マンションを買いました。
最初は地元の銀行で2300万位を借りました。(何年払いかはわかりません。)
5年経ちある銀行に借り換え?をし、銀行の担当の人に『親子ローンをすれば』と勧められ(理由は分かりません)その時保険を勧められ、母が言うには父と長女が親子ローンを組んだが、もし父が亡くなった場合残債300万残ると聞いたようです。
もし父が亡くなっても300万なら払えると思い契約しましたが、その時長女は20歳でしたが仕事をしてなかったか、してたとしてもアルバイト程度。
仕事してるかどうかの確認などは一切してません。
そして父が61歳で亡くなりました。
母は300万のローンが残っていると思っていて、銀行の方(担当ではない人)と話をしたら、『そんな金額書いてないですよ。残債は1350万です。』と書類を指指したら凄く小さな文字で書いてあったそうです。
それで母は銀行に話をしに行き、担当の方を呼んでと言ったら『転勤になってここにはいません』と言われ、銀行の人はそうゆう保険の金額などはちゃんと言うように指導してますで話は終わってしまい、とりあえず『担当の人に電話をしてください。それでうちに電話してと伝えて下さい』と言いましたが一切連絡ありませんでした。
それから20年近く経ってやっと残りのローンを払い終えました。

この話を私は最近知り、今更どうこう出来ないよな…でももしかしたら母の勘違い(保険の金額)かも…とも考えてしまいますが、でも担当の人が嘘ついた金額を言ったとしてもメリットあるのか…

凄く長い文章なってしまいすみません。
分かりづらい部分もあると思いますが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.5です。

反論しているわけではないので、興奮しないでください。
親子ローンは親のローンを子供が引き受けるということですので、子供がローン開始と同時に返済を始めることではありません。事実、15歳の長女でもローンの引き受け者になっているのです。
親子ローンの親に保険がかけられるとなると、子は大きな得をすることになります。極端な場合、80歳の親と40歳の子が35年の親子ローンにして親に死亡保険がかけられて、亡くなったら親の負担分がチャラになるんだったら得ですよね。
親子ローンには死亡保険をかけられない規定が銀行にはあったのでしょう。死亡保険をかけるのであれば、親子ローンにする必要が無かったのです。しかし、お父さん単独のローンでは銀行は融資しなかったのです。だからお父さんは未成年の子をローン引き受け者にしたのです。
すべてのことは、融資申し込み時のお父さんの年齢が高いことが原因となっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

年齢が若くてもローンは組めること、父の年齢が高すぎたので親子ローンにした…それは納得出来ました。
あとは何故わざわざローンを別の銀行に切り替えたのか、(支払いは不自由はしてませんでした。)父が亡くなったら300万のローンが残る、銀行担当の人は何故電話をくれなかったのか…幾つか疑問も残りますが、ローンも払い終わり母もギリギリの生活ですが、これからは私も含めそうゆう書類はきちんと確認してから契約しようと思います。

色々ありがとうございました!

お礼日時:2014/02/14 01:21

契約時のお父さんの年齢が高いので銀行はお父さんの死亡を想定して単独融資に難色を示したのでしょう。

仕方ないので、お父さんは銀行の勧める親子ローンを承諾したと思われます。
住宅ローンを組むときには普通は生命保険のようなローンの残債をチャラにしてくれる保険に入るものです。そのことを説明しておきながら、おそらく銀行はその保険の加入手続きを取らなかったのでしょう。親子ローンを続けてくれるほうが銀行は利子が多く入るからです。お父さんが保険に入らねばならないと思っていたら、支払い請求書に保険加入額が無いことを不審に思わねばなりません。
当時の住宅金融公庫の公的ローンを組んでいると保険に加入しないと融資をしてくれません。お父さんは年齢的に有利な公的ローンを受けられなかったのかもしれません。

この回答への補足

では、騙されたと思って諦めるしかないですか?
確かに父が亡くなり20年経つので諦めるしかないと思いますが、ローンは先月終わったのでもしかしたら小さな望みですが、時効はまだかな…なんて思ってしまいました…

親子ローン組んだ時、長女は無職でしたが源泉も出さないでローンくめるのですか?

再度質問ですが、よろしくお願いします。

補足日時:2014/02/13 11:34
    • good
    • 3
この回答へのお礼

色々とありがとうございました!
もうウジウジ考えても、しようがないのでこれですっぱり忘れます!

お礼日時:2014/02/14 01:23

銀行との取引を始め こういったものは


「契約書」に基づいて 支払なりなんなりですので
契約内容を精査しないことには正確なことはわかりませんよ

まぁ ありがちな勘違い?としては
「もし父が亡くなった場合残債300万残る」

→もし父が死んで「家の評価が○○円」なので 家を処分すると
残債300万残る

『そんな金額書いてないですよ。残債は1350万です。』
→(借り換え時と家の評価は違うけど) まぁ単純に
家が1050万で「売れる」から残り300万円

という話であって「ウソ」じゃぁない
(今 払い終えて 家があるんでしたらね)

この回答への補足

回答ありがとうございます。

昨日パソコンで調べたら、後継者(うちの場合は長女?)は親の支払額の50%以上はローン組めないとかいてありましたが、うちは全然超えてます。
これは間違った情報でしょうか?
あと、姉に確認したらローン組んだ時無職でした。
それでも親子ローンは組めるのでしょうか?

補足日時:2014/02/13 11:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

騙されたかどうかは分かりませんが、これから私も高い買い物の時はちゃんと確認するようにします。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2014/02/14 01:26

すっきりさせるには、聞いたことや思っていること以上に書面に書いてあることが重要なのです。


住宅ローンの書類と保険の書類から全てを明らかにし、すっきりしない部分についてこのサイトで質問されることをお薦めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですよね!
私も書類は気になり、確かめたいので近いうちに実家に行って見たいと思います!

ありがとうございました!

お礼日時:2014/02/14 01:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主人が死亡したら、住宅ローンを払わなくて良い!?

我が家は3,000万円の分譲マンションを購入しました。頭金0円、月々おおよそ10万円ずつ、約30年のローンです。主人の名義です。主人は現在60歳です。

主人は「私が死亡したらその時点で住宅ローンは支払う必要がなくなり、住宅はそのまま我が家のものになる。」と説明していますが、疑問があります。

1. そのような契約はありうるのでしょうか。

2. なぜ死亡するとローンが免除になるのでしょう。住宅販売会社が損をすると思うのですが…。

3. 60歳で30年ローンを組んだということは、生きていれば90歳まで月々返済していくことになるのですが、老齢により支払能力がなくなった場合はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

>1. そのような契約はありうるのでしょうか。
住宅ローン契約時に、団体信用生命保険に加入している
ということです。そのため万が一死亡した場合には
保険会社より金融期間に保険金が支払われ、残された家族の
返済義務はなくなります。
 ちなみに、保険金額とローン残高は同じように減っていくので
半分返済した時点で死亡しても、保険金が支払われるのは
残額に対してだけなので、遺族に余分に返ってくることは
ありません。

>2
 既出の通り保険ですので、住宅会社や金融機関は
損をしません。むしろ遺族に支払ってもらうより
保険金で完結できたほうが良いでしょうね。

>3
 60歳で30年ローンって組めるんですか!?驚きました。
(もしよろしければ差し支えない範囲で、勉強の為に
どのような金融機関か教えていただけるとありがたいです)
 団体信用生命保険は死亡時と高度障害になったときのみ
保険金がおりますので、高度障害以外で無収入になると
支払いを続けなければなりません。当然、返済できなければ
自宅を差し押さえられることになります。
 最近では、金融機関によってはガン保険もセットにしている
ところもあります。

 また60歳での30年ローンとのことですが、もし親子ローンや
お子さんとの連帯債務での借り入れの場合、
契約内容によってはご主人が無くなられてもローンの半分のみ
保険で充当され、残り半分に付いてはローンが残る場合があります。

>1. そのような契約はありうるのでしょうか。
住宅ローン契約時に、団体信用生命保険に加入している
ということです。そのため万が一死亡した場合には
保険会社より金融期間に保険金が支払われ、残された家族の
返済義務はなくなります。
 ちなみに、保険金額とローン残高は同じように減っていくので
半分返済した時点で死亡しても、保険金が支払われるのは
残額に対してだけなので、遺族に余分に返ってくることは
ありません。

>2
 既出の通り保険ですので、住宅会社や金融機関は
損をしません...続きを読む

Q親子リレーのローンが組める年齢。

いつもお世話になっています。
主人が結婚前、実家を義父と親子ローンで建てたというようなことをいっていました。
しかし、家を建てた当時主人はまだ17歳です。
20未満で、親子ローンなんて組めるんですか?
主人の実家は10年ほど前に建てましたが、その頃はそのような事ができたのでしょうか?

Aベストアンサー

>20未満で、親子ローンなんて組めるんですか?

20歳未満の未成年者でも既婚者であり、安定した収入がある等の、
その金融機関の貸付条件が揃えば、ある程度可能でしょうが、
担保提供者の問題、利益相反行為の問題等の審査の段階でほとんど難しいケースであると思われます。

Q親子リレーローンの相続の手続きについて

親子リレーローンの相続について質問です。

数年前に住宅支援機構より親子リレーローン(竣工時同居)で融資を
受けました。融資の際に連帯債務者となったのは長男です。
団体信用保険には父の健康上の問題の為未加入でした。

機構のHPには相続の際には
●相続届け
●法定相続人全員が分かる戸(除)籍謄本または抄本等の写し
●ご申請者が機構債務を相続したことを証明できる書類
(例:遺産分割協議書の写し、家庭裁判所の調停書の写しなど。なお、遺産分割協議書の写しには、相続人全員の印鑑証明書を添付してください。)
●その他金融機関よりご依頼させていただく書類
を提出して、書類にて確認するとありますが、その際に再度相続人の審査や実際に自宅へ来る等はあるのでしょうか?
その他金融機関より依頼される書類って何でしょうか?
実は長男が2年前に独立したばかりなので再度審査をされるようなことがあると審査に通るかどうか不安に思っています。

ちなみに相続人は母、長男、女3姉妹の5人で、女3人は全員既婚で返済能力はありません。母は年金生活者です。

また、竣工時は確かに同居していましたが、現在は住民票を移しています。
相続時に現住所が融資住宅でないといけなかったりするのでしょうか?

最後に、父は遺言状を残していて、それによると財産は全て母にとありました。
それに関しては家族全員異論はないのですが、父と長男とで組んだローンの家の名義を母にするのは難しいのではと素人考えで思うのですが問題ないのでしょうか。
当面は長男の名義にして完済後に母が健在なら母に名義を変えればいいかとも思うのですが、例えば長男が結婚後に母より先に亡くなるような場合にトラブルが起こりはしないかとも思っています。

わからないことだらけでお恥ずかしいのですが、経験者の方、専門家の方、是非とも宜しくご教授願います。

親子リレーローンの相続について質問です。

数年前に住宅支援機構より親子リレーローン(竣工時同居)で融資を
受けました。融資の際に連帯債務者となったのは長男です。
団体信用保険には父の健康上の問題の為未加入でした。

機構のHPには相続の際には
●相続届け
●法定相続人全員が分かる戸(除)籍謄本または抄本等の写し
●ご申請者が機構債務を相続したことを証明できる書類
(例:遺産分割協議書の写し、家庭裁判所の調停書の写しなど。なお、遺産分割協議書の写しには、相続人全員の印鑑証明...続きを読む

Aベストアンサー

返信いただきました。

司法書士を40年やってますが金融機関の普通抵当権の相続による変更登記は1件もやっていないのです。
ですので機構のやり方が分からない状態です。
機構の取り扱いが金融機関でしたら窓口は金融機関です。
金融機関の担当者もおそらく経験が無いと思います。
その場合は、金融機関指定の司法書士が金融機関の担当者へ手続きを教えながら進みます。
一般の方は金融機関の担当者が知っていると思っているでしょうが、実際は難しい問題は私たちが担当者に教えて実務をしています。
金融機関に教える立場の私が経験が無いので実際に実務に入った場合は司法書士が機構に直接電話を入れて細かいことを打ち合わせして金融機関の担当者を指導して進めるようになると思います。

何点か説明したいのですが、余りに専門的なことになりますので、金融機関の窓口で相談した方が早いということに留めておきます。

不動産の名義変更は既に書いたとうり問題ありませんが、心配なら登記はそのままにしておいて、機構の相続手続きと併せてその司法書士に依頼すれば問題は生じません。
質問を読む限りでは機構用に遺産分割協議書がいるようですが、それも同じくその司法書士に頼めばやってくれます。
機構に提出する故人の生まれてから亡くなるまでの戸籍の取り寄せも、その司法書士に頼めばやってくれます。
要するに金融機関の司法書士が全部やってくれるのです。
その司法書士の言うとうり金融機関の担当者が業務を進めるわけです。
ですのでまず金融機関に行って相続の手続きをしたい旨を伝え、司法書士と担当者とあなたの3人で打ち合わせに入れば簡単に事は進みます。
戸籍の取り寄せと抵当権変更はたいした金額ではありません。
不動産の名義変更は登録税がかかりますので評価が全く分かりませんのでいちがいには言えませんが10万円とか20万円といったかんじです。
住民票のことを心配されてますが、既に書きましたように隠し立てする必要はありません。
融資の時と状況が変わるのは当然でそれで約束違反だというようなことは言いません。
金融機関としても新規融資なら営業ですので真剣になりますが、融資が終わった後のことですので残務整理扱いとなります。
金融機関・司法書士ともに事務的に処理するだけです。
やることは沢山ありますが殆ど司法書士が行い、あなた方は相続人全員が書類に実印を押捺し印鑑証明書を提出するだけです。
私の書いた難しいことは全部司法書士がやります。
こういったように金融機関と司法書士は両輪の輪で仕事を進めています。

返信いただきました。

司法書士を40年やってますが金融機関の普通抵当権の相続による変更登記は1件もやっていないのです。
ですので機構のやり方が分からない状態です。
機構の取り扱いが金融機関でしたら窓口は金融機関です。
金融機関の担当者もおそらく経験が無いと思います。
その場合は、金融機関指定の司法書士が金融機関の担当者へ手続きを教えながら進みます。
一般の方は金融機関の担当者が知っていると思っているでしょうが、実際は難しい問題は私たちが担当者に教えて実務をしています。
...続きを読む

Q住宅ローン親子リレーの連帯債務者

3年ほど前、実家の建て直しのために、父親と親子返済リレーを使い私(当時22歳)が連帯債務者としてローンを組みました。
当時、建て替えをしなければならない状況で、父親の年齢のこともあり親子リレーを承諾しました。また、私には兄と姉がいますが、共にすでに結婚をし実家をでて離れてくらしている状態でした。両親ともに私が家に入り婿を迎える形を望んでいました。
当時の、知識不足と親の期待に答えたいという軽率な気持ちから親子リレーを組むことにしてしまったというのが実際の心境です。
3300万のローンを父親8割私2割で組んであります。
そして今回、今 交際している彼と結婚を前提にした話が進んでいます。付き合いだしのころから実家のローンのことなどは伝えてあり、彼自身も当初は納得してくれていました。しかし、実際に、彼の両親を踏まえ話をした際に、彼の両親からローンについては大反対されてしました。理由としては、まだまだ残っている実家のローンの返済を私の両親が返していけなくなった場合、彼の家に迷惑がかかるのは避けたいとのことです。彼の両親からは連帯債務者の名前も消して欲しいという内容のことも言われましたが、それは父親の年齢もあるのでできないのですが。
彼と結婚できた場合、彼の実家の離れの家に住む予定です。
まずは、実家のローンのことで、彼の実家に迷惑をかけない方法を答えなければならないのですが、実際 知識も何もないなかで考えていても堂々巡りでなにも答えがでてきません。この問題を解決できなければ 交際は解消して欲しいといわれています。
もし、実家の両親は返済できなくなった場合、私自身は、自己破産しても良いつもりでいます。
どのように対処すれば 彼の家族に迷惑をかけないで済むのかを教えて下さい。
わかりにくい文章で申し訳ありませんが 力を貸してください。

3年ほど前、実家の建て直しのために、父親と親子返済リレーを使い私(当時22歳)が連帯債務者としてローンを組みました。
当時、建て替えをしなければならない状況で、父親の年齢のこともあり親子リレーを承諾しました。また、私には兄と姉がいますが、共にすでに結婚をし実家をでて離れてくらしている状態でした。両親ともに私が家に入り婿を迎える形を望んでいました。
当時の、知識不足と親の期待に答えたいという軽率な気持ちから親子リレーを組むことにしてしまったというのが実際の心境です。
3300万のロ...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの質問に的確なアドバイスをしたいのですが出来ません。

まず最初に法律を整理しますと、あなたは3300万円の連帯債務者ということはあなた自身が3300万円の借金を背負っているということです。
あなたは割合を書いてますがそれはお父様との関係で対金融機関にたいしては全額の債務負担をしている、これが連帯債務の意味です。
お父様が支払い不能となれば、その債務返済をあなたが続けるか当該不動産を売却して債務返済するということになります。
売却しても全額返済出来ない場合はあなたの言う自己破産手続きとなります。

多額な債務更に自己破産、これを嫁を向け入れる側としては当然拒絶反応を示してしまうものです。
あなたは、彼の家族に迷惑をかけないで済む方法と書かれてますが、法律的には一切彼の家族には迷惑はかけません。
単に彼の両親が法律に無知なだけなのです。
実はこの無知というのが一番やっかいなもので、いくら説明しても聞く耳を持ちません。
多額な債務・自己破産と聞いただけで拒絶反応を示し、無理難題をあなたに言うのです。
連帯債務者の名前を消してくれということは、一括返済しろもしくは当該不動産を売却しろということです。
彼の両親はこうした非常識な発言をしているのですが、法律に無知なため非常識な発言をしていると思っておりません。

この問題はそもそもお父さんの無知から始まってます。
親子リレーローンとは、同居している人と一緒にするものでお父さんが支払い能力が無くなった時同居している人が引き続き返済するものです。
ですので通常ならお兄様がその任にあるべきでした。
それを結婚して家から出ていくことが充分予測出来たにもかかわらずあなたに頼むこと自体に現実無視がありました。

具体的にどう解決したらということですが、融資の借り換えをするのが理論的には考えられます。
別の銀行で再融資を受けて現在の住宅ローンを抹消することです。
しかしお父さんの年齢ではまず無理で、お兄様が肩代わりしようとしても現在住宅ローンを抱えていますとこれも無理なのです。
融資の肩代わりが無理となると当該不動産を売却して住宅ローンを抹消するしかありません。
おそらくあなたのお父様は私と同年代と思われます。
娘の結婚の妨げになっているなら自宅の処分もやむをえないという決断をせざるをえないでいょう。
それが親として娘への責任です。
ここまで話しが展開しませんと解決しませんので、両親兄弟そろい検討するしかありません。
あなたは自分の問題として自分で解決したいてしょうが3300万円の借金をあなたが一括返済することは不可能で、またお父様も自分のした過ちについて理解しておりません。
私の書いていることが大げさに思えるようなら司法書士か弁護士に相談して理解してください。
そして相談した専門家からお父様に説明してもらい自分の状況をお父様が理解するようし向けてください。
でもお父様もそう簡単に決断出来る問題ではありません。

結婚は当事者間のことで双方の親が口を出すべき問題ではありません。
彼が自分の親の反対をおしきってあなたと結婚するかしないかは彼の判断です。
あなたは腹をくくってますので、後は彼とお父様の決断を待つのみです。

お父様と彼の両親、それぞれの法律の無知から始まったことです。
この僅かな文章であなたが今の法律状況を理解するのは難しいのでまずあなたが法律家に直接会い事態を正しく認識してください。

彼の実家の離れの家に住む予定とありますが、彼の両親の誤解を解くのは難しく、彼があなたと駆け落ちするくらいの覚悟がないと難しいと思います。
お父様と彼の決断いかんですが、どうかねばり強く対処してください。

あなたの質問に的確なアドバイスをしたいのですが出来ません。

まず最初に法律を整理しますと、あなたは3300万円の連帯債務者ということはあなた自身が3300万円の借金を背負っているということです。
あなたは割合を書いてますがそれはお父様との関係で対金融機関にたいしては全額の債務負担をしている、これが連帯債務の意味です。
お父様が支払い不能となれば、その債務返済をあなたが続けるか当該不動産を売却して債務返済するということになります。
売却しても全額返済出来ない場合はあなたの...続きを読む

Q親から子への住宅ローン返済(借り換えについて)

親名義の住宅ローンが20年程残っております。(残高は3000万円)

諸事情で月々の返済額を払うのが厳しくなりそうです。(現在18万前後払っています)
月々の返済額を減らすために、子供の私が新たに住宅ローンを組むことは可能でしょうか?(月々の返済額を10万前後にしたいと考えています)

私の勤務状況や年収は以下になります。
30歳 年収350万前後 勤続年数7年

同じような体験や、ご存知の方がいましたらご教授していただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>子供の私が新たに住宅ローンを組むことは可能でしょうか?

父親の住宅ローン返済を助ける為に、住宅ローンを組む事は出来ません。
そもそも、担保がありません。また、購入する不動産もありません。

>ご存知の方がいましたらご教授していただけるとありがたいです。

先ず、父親の住宅ローン返済額を減額しましよう。
残20年だと、基本的に利息ばかり支払って元本は減っていませんよね。
そこで、別の銀行(都銀・地銀・信金・信組・信託銀)に「住宅ローン借り換え」を行なってください。
あくまで、父親本人が返済する事が重要です。
この借り換えだけでも、毎月の返済額は(今の金利では)思った以上に減額になりますよ。
金利は、各金融機関毎に異なりますから「各金融機関が作成した返済計画書を比較」する事が必須です。
一番条件の良い金融機関と契約し、借り換えを実行します。
この時、(契約上は父親が債務者ですが)質問者さまも返済を援助して下さい。

借り換えが不可能だった場合。
その住宅の「親子間(任意)売買」を行ないます。
質問者さまが父親から「ローン付き住宅を購入」する形になります。
多くの場合、ローン返済が出来なくなった物が所有する不動産を、差押さえ競売になる前に所有権移転を行なうものです。
実名は出しませんが、某都銀で実際に融資を行なっている前歴があります。
なかなか親子間売買での住宅ローンは難しいですが、可能性はゼロではありません。
極端な例ですが、住宅ローンを残したまま父親が死亡。住宅ローンとローン付きの家屋を相続。
相続者は、新たな住宅ローンを抱える事になりますよね。
この時も、相続者は「新たな別の金融機関から、住宅ローン融資を受ける事が可能」なのです。
売買か相続かで異なりますが、実質は同じ事ですよね。

まぁ、色々と金融機関を回って下さい。
但し、ノンバンクは金利が高いので結果は同じになる可能性が高いです。

>子供の私が新たに住宅ローンを組むことは可能でしょうか?

父親の住宅ローン返済を助ける為に、住宅ローンを組む事は出来ません。
そもそも、担保がありません。また、購入する不動産もありません。

>ご存知の方がいましたらご教授していただけるとありがたいです。

先ず、父親の住宅ローン返済額を減額しましよう。
残20年だと、基本的に利息ばかり支払って元本は減っていませんよね。
そこで、別の銀行(都銀・地銀・信金・信組・信託銀)に「住宅ローン借り換え」を行なってください。
あくまで、父親...続きを読む

Q旦那の実家の住宅ローンについて

二年前に旦那の両親が新築マンションを購入しました。両親だけが住んでます。
なのにその時父親が住宅ローン組めないからと、旦那名義で組んだそうです。
当時私は新婚でそんなことがあったことを相談されてなく、五年後くらいに家が買えたらいいなぁという夢をもっていました。

最近になり、ローン名義が旦那と私は知りました。今のところ父親が返済していますが…。
値段もローン年数も旦那は知りませんでした。
旦那は何も詳しくは知らないのに勝手に契約しており、今は何ともないのであっけらかんとしています。
私は不安で仕方ないです。
子供が小学生になる数年後にマイホームを…と夢みて貯蓄していたのに。
父親が亡くなったらどうなるの?

旦那と両親と話し合わなければと思っています。ただ旦那の両親は適当ではぐらかすのが上手なので、きちんと話し合うことを明確にしていかなければと思ってます。
そこで、何について話さなければならないかアドバイスがほしいです。
・ローンの返済期間と金額
・私達もマイホームを考えている

他に聞いておかないといけないこと教えてください。

二年前に旦那の両親が新築マンションを購入しました。両親だけが住んでます。
なのにその時父親が住宅ローン組めないからと、旦那名義で組んだそうです。
当時私は新婚でそんなことがあったことを相談されてなく、五年後くらいに家が買えたらいいなぁという夢をもっていました。

最近になり、ローン名義が旦那と私は知りました。今のところ父親が返済していますが…。
値段もローン年数も旦那は知りませんでした。
旦那は何も詳しくは知らないのに勝手に契約しており、今は何ともないのであっけらかんとして...続きを読む

Aベストアンサー

>旦那は何も詳しくは知らないのに

申し訳ありませんが、旦那がウソついてるか、よほどのアホです。

住宅ローンの名義が旦那ということは、ローンの手続には実印も印鑑証明も住民票も必要です。
書類には自署しなければなりません。
ローンの審査で所得証明書が必要です。

自分がローンの名義人になったことは明白で、知らないわけはありません。

返済は親がするというので、親の手助けのつもりかもしれませんが、名義が旦那なので、ローンの完済まで旦那は逃げられませんよ。
そのローンを完済するまでは、自分の方の自宅購入のローンは組みにくくなるでしょう。
少なくとも「住宅」ローンは組めません。
住宅ローンは「自宅購入のためのローン」ですから、今現在すでに使ってます。
「セカンドハウスローン」とか「別荘ローン」といったローンになりますね。
当然金利は高いです。

(1)旦那は返済していないので、親の返済額は旦那への贈与です。
年間110万円を越えると贈与税の対象になります。
マンションの固定資産税も合わせると超えちゃうんじゃないですか?

(2)所有権はどうなっているんでしょう。
親は頭金などを出していないのでしょうか。
旦那の単独所有か、親と旦那の共有でしょうが。

(3)親の返済が滞った場合どうするのか。
ローンが多額だと、そのマンションを売却しても、なおローンが残ってしまうでしょうね。
まあ、頭金が多ければ、ローンの金額は少ないということですから大丈夫でしょうが。

>父親が亡くなったらどうなるの?

母親が払えないのであれば、ローンはすべて旦那が負担することになります。
ローンの名義人なのですから。
父親の遺産相続としては、母親(配偶者)1/2,残りを子供で等分、ということになります。
旦那の相続分がどの位なのかによります。
それによってはローンの残債分になるかもしれません。

父親は、たぶん母親を受取人にした生命保険に入っているでしょうから、万一の時は保険金でローンは完済できると思うのですが。

「ローン総額がどれくらいで、何年返済なのか」と「親が返済不能になったらどうするのか」が最大のポイントですね。
まあ、親が元気で完済してくれるのであれば、そのマンションは名実ともに旦那のものになっちゃうんですけど。

それにしても、いくら親のためだからといっても、自分の家の家計も考えずにホイホイ実印押しちゃうなんて・・・。
今後が不安。

>旦那は何も詳しくは知らないのに

申し訳ありませんが、旦那がウソついてるか、よほどのアホです。

住宅ローンの名義が旦那ということは、ローンの手続には実印も印鑑証明も住民票も必要です。
書類には自署しなければなりません。
ローンの審査で所得証明書が必要です。

自分がローンの名義人になったことは明白で、知らないわけはありません。

返済は親がするというので、親の手助けのつもりかもしれませんが、名義が旦那なので、ローンの完済まで旦那は逃げられませんよ。
そのローンを完済するまでは、自...続きを読む

Q主人が亡くなったら残ってる住宅ローンは支払わなくても良いのですか?

知人のご主人が若くして亡くなられたのですが
住宅ローンを払わなくて良いからホっとしたと
聞いてビックリしました。
ローンの名義人である人が亡くなったら残りのローンは
支払わなくても良いのですか?
無知でスミマセン・・・。

Aベストアンサー

住宅ローンを借りる場合は、団体信用生命保険に加入します。
逆に、団体信用生命保険に加入できない人(健康状態に不安がある人)は、住宅ローンを借りることができません。
銀行や公庫などの債権者のとりっぱぐれを防ぐための保険です。
(盲点かもしれませんが、健康でないとローンで家は買えないのです)

銀行は、団信保険料がローン金利に含まれています。
公庫は別に支払う必要があります。
(団信保険料は、ローン金利の0.3%に相当すると言われています。公庫は別枠なので、銀行と比較する場合は+0.3%で考えます。)

団体信用生命保険は、保険金がローンの残債、受取人が債権者になっている生命保険です。
被保険者(住宅ローンを借りている人=知人のご主人)が亡くなると、保険会社から銀行へ一括で保険金が支払われます。つまりここでローンが終わります。
ご自宅は、ご遺族のものになります。

住宅をローンで購入するとこういう作用があり、賃貸と違って死亡後に住宅が残るため、
住宅ローンを組んで家を購入したときは、生命保険を減額する見直しをします。

Q住宅ローンは50歳では無理?

現在43歳です、今までいい加減に生きてきて将来設計をしてきませんでした。50歳までにと言うのはやはり遅いでしょうか?土地があればとか頭金があればとか何か参考になるご意見があれば教えて下さい。とてもムシの良過ぎるお話かも知れませんが、不況の中将来の事を考えると家族3人とても不安です。どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローンアドバイザー有資格者です。
前回答でローンが組めることはご理解されたと思います。

住宅取得資金(土地+書費用含む)の目安について
収入にもよりますが、収入の2割くらいが相当かと思います。

現在年収500万(仮)×(定年60歳-50歳)=5,000万
将来年金300万(仮)×(完済年齢75歳-60歳)=4,500万
両者で9,500万。
9,500万の2割=1,900万+住宅取得資金として使える自己資金600万。
合計2,500万が目安となります。
当然、土地の贈与、相続を受けられる場合は、限られた資金の中では有利となります。

ローン返済期間中に債務者の死亡、第一種高度障害が認められた場合は団信生保(加入義務)で残債務一括返済してくれます。

お子様が成人されて所得がある場合は親子リレーを利用して35年返済、50年返済も可能となります。

行員によってはすごく丁寧に相談にのってくれるので、数社当たってみて対応の良い行員の知恵を借りるのも手段の一つです。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q親子リレーの場合の住宅ローン控除について

昨年、マイホームに住み始めたので今年の確定申告で住宅ローン控除を行いました。

住宅ローンは親子リレーで母と主人の共同名義で借りています。
登記も母と主人で持ち分は半々です。
返済は私たち夫婦がしており、母は名前のみ貸してくれている状態の為、母は住宅ローン控除はしません。

今回質問したいのは、その住宅ローン控除の還付金についてです。

主人が確定申告に行った際に登記上で母と主人の持ち分が半々になっているので還付金も半々になると言われたそうです。
ローン返済は私たち夫婦(主人)がこれまでもこれからも全額支払うのに登記での持ち分が半々の為に還付金も半々になるとは思っていなかったので損した気分です。

親子リレーの住宅ローン控除はこういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

夫婦とその親の関係で、ローン額を誰が払うかは「個人間の契約自由」の話であって、税務当局は関知しません。
対して不動産の登記は公に第三者に所有権者を対抗するためにあります。
対抗するとは、これは私のものですと主張できるということです。

お母さんが「この不動産は私のものです」と公にしてるのに、実は私たち夫婦が支払ってるのでローン控除を受けたいと言い出しても公の機関である税務署では通用しません。
関知しませんとは、そういう意味です。

関知しないくせに「では、貴方たち夫婦がお母さんに不動産を贈与したことになる」と言い出しかねません。
「名前を貸してる、借りてる」という名義貸しはこのような問題が内在してます。


人気Q&Aランキング