『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

CMを聞いていて、ふと4分の4拍子の曲が多いなと思いました。
8分の6拍子の有名なCM曲はないのだろうかと毎日CMを熱心?に見ているつもりですが(といっても深夜の時間だけですが)なかなかありません。
ありますか?
「チョコレイトはメイ●~」という曲(これは4拍子ですけど)・・・てな感じで教えていただけるとありがたいです。
検索しても出てきません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「スイ●ならばスイ●ならば問題ない~」ってのはいかがでしょうか?


http://www.jreast.co.jp/suicamoney/cm/gallery/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらは、イコカを使うので聞いたことありませんでした。
わざわざリンクをありがとうございました。
聞いてみました。聞けてうれしいです。

お礼日時:2014/03/07 23:04

 No.2です。

たまたま、さっき流れた「JR東海」の「そうだ京都に行こう」で使われている「私のお気に入り」(My Favorite Things)が8分の6拍子ですね。
 原曲は「サウンド・オブ・ミュージック」の中の曲ですが。

 8分の6拍子は、四角張らない、うきうきスキップ感覚の曲になりますね。

この回答への補足

どうもありがとうございました。
JR東海はこちらは流れないので残念です。

補足日時:2014/03/07 23:03
    • good
    • 1

 CMだと、あまりぱっとは思い付きませんが、「たまごクラブ、ひよこクラブ」(たまひよ)が8分の6拍子ですね。






 CMではありませんが、NHKのソチオリンピックのテーマソングだった、コブクロの「今、咲き誇る花たちよ」は典型的な8分の6拍子ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=19EU7H7xo8c
    • good
    • 0
この回答へのお礼

聞いたことあるメロディーです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/03/07 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3拍子で長調のJ-POP

3拍子で長調(明るめの曲調)のJ-POPの曲って何かありますか?
できれば有名、というか、聞いたことのあるようなものだといいです。
ジブリの曲などでもいいです。

ご存じの曲をどんどん教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

詳しくないので、6/8も混ざっているかもしれません。
長調と短調もはっきり判断できないので、とりあえず知っているものをいくつか。

Orange Pekoe / 「やわらかな夜」
スガシカオ / 「ぼくたちの日々」
ゆず /「からっぽ」
久保田利伸 / 「Indigo Waltz」
元ちとせ /「君ヲ想フ」
山崎まさよし / 「メヌエット」「心拍数」
竹内まりや / 「人生の扉」
中島みゆき / 「帰れない者たちへ」

このあたりはちょっとマイナーかな。

つきよみ / 「素顔」
安藤裕子 / 「星とワルツ」
鬼束ちひろ / 「everyhome」
柴咲コウ / 「Glitter」「影」
風味堂 / 「ママのピアノ」
諫山実生 / 「月のワルツ」
KOKIA / 「調和」
高鈴 / 「リトルダンス」

Q4分の3拍子と8分の6拍子

4分の3拍子と8分の6拍子は何がちがうのでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

拍子の場合、前の部分(4分のとか8分の、他に2分の)は全く無視して考えて下さい。
よって3拍子と6拍子と考えればよいのです。
数学的な感覚で約分しないでください。全く意味の違ったものになってしまいます。
ただし、作曲家によっては例外もあります。音符を書く手間を省く(8分音符などは旗を書くのが面倒ですから)2拍子の3連符をそのまま3拍子にしてしまったり、複合拍子など特殊な場合、音符の数合わせのためにあえて拍子は無視しているものもあるようです。
つまり、どう聴いても2拍子なんだけど楽譜上には3拍子で記載されているなんてこともあるわけですが、これはあくまでも例外で、基本は皆さんのおっしゃる通りです。

Q3拍子の曲を教えて!!!

うちの子は、この世で一番キライなのは『寝ること』です。
でも、3拍子の曲を歌ってあげると意外と寝てくれます。
難点は、覚えてしまったら歌いだしてしまうことです。
『ぞうさん』『海』『ふるさと』なんかは3拍子ですよね。
でも短いのですぐに覚えてしまいます。
ドリカムで3拍子の曲があったので歌っていたらなかなか効きが良かったのですが、結局覚えてしまいました・・・。
日本の曲で3拍子の曲を知っている方、教えてください!!!

Aベストアンサー

「おぼろ月夜」
「せいくらべ」
「若葉」♪あざやかな みどりよ
「赤とんぼ」
「冬景色」♪さ霧きゆる みなと江の 舟に白し 朝の霜

「ブラームスの子守唄」
日本語の歌詞
http://web.thn.jp/heartful-i/music/Lullaby.html

ドリカムの歌で6/8拍子ですが、「おやすみのうた」というのがあります。
下をコピペしてユーチューブで検索してみてください。
DREAMS COME TRUE - おやすみのうた
歌詞はこちらです。
http://www.gugalyrics.com/DREAMS-COME-TRUE-%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%9F-LYRICS/195024/

サウンドオブミュージックの「エーデルワイス」や「アメイジング・グレース」も英語ですが3拍子です。
エーデルワイス、日本語訳カラオケ
http://video.aol.com/video-detail/-edelweiss-/924564470
ユーチューブで下を検索してください。歌詞は画面の右に載っています。
Amazing Grace by LeAnn Rimes - Lyrics
お子さんが嫌いでなければ、外国の曲もよろしいのではないでしょうか。意味が分らなくても、将来発音を聞き分けるのにたいへん役立ちますよ。 

「おぼろ月夜」
「せいくらべ」
「若葉」♪あざやかな みどりよ
「赤とんぼ」
「冬景色」♪さ霧きゆる みなと江の 舟に白し 朝の霜

「ブラームスの子守唄」
日本語の歌詞
http://web.thn.jp/heartful-i/music/Lullaby.html

ドリカムの歌で6/8拍子ですが、「おやすみのうた」というのがあります。
下をコピペしてユーチューブで検索してみてください。
DREAMS COME TRUE - おやすみのうた
歌詞はこちらです。
http://www.gugalyrics.com/DREAMS-COME-TRUE-%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%B...続きを読む

QJ-POPの有名曲を例に出して、転調を教えてください。

転調というのがいまいち言葉で理解できません。
色んな曲を例に出して「ここから転調してるよ」と教えてください。
すぐ分かると思うので。

Aベストアンサー

転調というのは、曲の途中で気分を変える目的で、キーを変えることです。
ほんの瞬間といってよいほど短い転調もあれば、かなりの部分でざっくり変わる場合もあります。
青山テルマ「何度も」
この曲のキーは、「Dマイナー」です。
出だしのキーは、当然Dマイナー(ニ短調)でさびしい響きです。
サビの「そばにいーるーともだちは~」のところはDメジャー(ニ長調)に転調しています。ここから明るい響きになります。
このように、同じ「D」で、マイナーキーからメジャーキーへ転調することを、「同名転調」といいます。もちろんメジャーキーからマイナーキーに転調することも同じです。
「何度も」は、サビが終わってAメロに戻るところで、また「同名転調」が行われます。
もちろん「D」でなくても、「C」でも「A」でも同じです。
「Cメジャー」から「Cマイナー」でも「同名転調」です。

いきものがかり「プラネタリウム」
この曲のキーは「E♭メジャー」です。
出だしのキーは、当然「E♭メジャー」(変ホ長調)で明るい響きです。
「ひとーりじゃーーないとしって~」のところは、Cマイナー(ハ単調)に転調しています。
ここから暗い響きに変わります。
このように、「メジャーキー」から、三つ下のマイナーキーへ転調することを「平行調への転調」といいます。平行して存在する、「メジャーキー」と「マイナーキー」の関係での転調です。
最後のほうで、「かなしみのーよるーをこーえてーぼくらは~」のところですが、グッと気分があらたになります。ここから、「Eメジャー」に転調されます。
元のキーが「E♭メジャー」で、ここから「Eメジャー」ですから、「半音上への転調」ということになります。

GReeeeN「キセキ」
キーは「Cメジャー」(ハ長調)
出だしのキーはもちろん「Cメジャー」
サビ「ふたりよりそってあるいてとわのあいをかたちに~」からAマイナーに転調。さびしい響きとなります。
三つ下のマイナーに転調ですから「平行調への転調」です。

ゆず「Yesterday and Tomorrow」
これは珍しい曲で、キーはDメジャーですが、イントロのあとの本メロでいきなりFメジャーに転調して始まります。
サビ「だきしめーたいこーのむねにあふれるほど~」のところで本来のDメジャーに転調です。

YUI「Laugh away」
この曲のキーは、Eメジャーですが、イントロはAメジャーキーで書かれています。
「みあげーたら」からは、本来のEメジャーキーとなります。
サビ「はぐれそうなGet away Get aweyじょうねつを~」からは、F#マイナーキーに転調です。

YUI「Namidairo」
キーはEマイナー。出だしはEマイナー。「ケンカになーれば~」のところでGメジャーに転調。

こんなものでよいでしょうか?
お気に入りのアーティストがあるのであれば、その人の曲の中から説明することもできます。転調のない曲のほうが珍しいですから、たいていの曲は転調があります。
多くのパターンは、メジャーキーで始まる明るい感じの曲は、サビでマイナーキーに転調する。逆にマイナーキーで始まる暗い感じの曲は、サビでメジャーキーに転調して明るい感じにする。歌詞もこの転調の構成に合うように書かれています。
歌詞の内容が「寂しい」、「悲しい」、「つらい」、ときにはマイナー、逆に「明るい」、「楽しい」ときはメジャーキーをその部分で使います。
歌詞の内容がずっと悲しいのであれば、メジャーキーには転調しません。
歌詞の内容が暗いのに、メロディーが明るいのでは、説得力がありません。
「歌詞」と「メロディー」の関係は、「語り」と「BGM」の関係と同じです。
悲しい語りのときに明るいBGMではおかしいです。ですから、歌詞内容に応じて、メロディーの気分も合致するように「長調」にしたり、「短調」にしたりと「転調」するのです。そう考えていくと、「歌」というものは、「語らなくてはいけない」ということも分かってきます。上手に歌おうとしても人が感動してくれないのは「語り」がないからです。「語り」と「BGM」を一人で同時にやれるようにしたのが「歌」であり、それを演じることが「歌う」ということです。

転調というのは、曲の途中で気分を変える目的で、キーを変えることです。
ほんの瞬間といってよいほど短い転調もあれば、かなりの部分でざっくり変わる場合もあります。
青山テルマ「何度も」
この曲のキーは、「Dマイナー」です。
出だしのキーは、当然Dマイナー(ニ短調)でさびしい響きです。
サビの「そばにいーるーともだちは~」のところはDメジャー(ニ長調)に転調しています。ここから明るい響きになります。
このように、同じ「D」で、マイナーキーからメジャーキーへ転調することを、「同名転調...続きを読む

Qチャイコフスキーがリズムの天才といわれる理由

チャイコフスキーがリズムの天才といわれる理由はなんですか?
また、それがよくわかる曲があれば教えてほしいです。
そしてできれば詳しく説明してほしいです。
クラシック初心者なのですみませんがよろしくお願いします!ちなみに私は「悲愴」の第四楽章とか弦楽セレナーデが好きです。

Aベストアンサー

こんにちは。

チャイコフスキーはリズムの天才、という言い方は、ネットで調べてみると、誰か一人の言ったことが広まっているように思えます。ウィキペディアの日本語版の説明には「リズムの天才と言われ、一つのフレーズを発展の連結にしたり、半音階上昇させたり、または下降させたりと他の作曲家には見られないものがある」と書いてあるのですが、ネットに出ているほかの情報でも、この文章が丸ごとコピーされているようです。この説明の文章自体が不正確で、あまり適切なものとはいえません。また、テレビの音楽番組などでも「リズムの天才」という言い方がされているようですが、これは、日本でよくある、入門者向けのやや通俗的な「レッテル」ともいえます。それに、チャイコフスキーの特徴を言うならば、リズムと並んで、名旋律作家としての天才的な能力も挙げるべきでしょう。
しかし、チャイコフスキーの音楽のリズムが多様、巧みで、生き生きしているのは事実ですので、それについて少し考えてみましょう。理由はいろいろありますが、まず、バレエ音楽をたくさん書いている関係上、リズムに特徴があるいろいろな民族舞踊の音楽の応用があるため、ということは言えるでしょう。バレエ音楽だけでなく、例えば、「悲愴」交響曲の第2楽章も、5拍子のワルツですが、これも民族的なものです。普通の、3拍子のワルツとはまた違った優雅さがあります。また、一つのメロディーを書くにも、いろいろなリズムの形を豊富に使うので、変化に富んだ、生き生きしたメロディーになるということはあります。例えば、ヴァイオリン協奏曲の第1主題なども、長い音符、十六分音符、三連符、付点音符など、異なるリズムが次々と出てきて、変化に富み、音楽が常に前へ前へと進んでいくその書法は、大変魅力的なものです。まず、このメロディーを聴いてみましょう。

ヴァイオリン協奏曲 第1主題
https://www.youtube.com/watch?v=cI8siIwR9JM&t=1m13s

あと、もう一つ特徴的なのは、これも民族的なものだと思いますが、伴奏のリズムがしばしば「後打ち」のリズムになることです。つまり、「ブンチャ、ブンチャ」、というリズムではなくて、「(休)チャ、(休)チャ」というリズムです。この例は、非常にたくさんあります。軽妙で、躍動感のあるリズムで、チャイコフスキーの特徴の一つです。同じく、ヴァイオリン協奏曲の第3楽章の一部を引用します。

https://www.youtube.com/watch?v=cI8siIwR9JM&t=25m28s

もう一つ、「くるみ割り人形」の中の「後打ち」のリズムの例。

https://www.youtube.com/watch?v=gTxgnVH_-Zs&t=0m45s

これから、チャイコフスキーに特徴的なリズムの処理法をいくつかご紹介しますが、文章で書くだけではなかなか伝えにくいので、楽譜と音源でご説明します。画像は、回答一つに一枚しか張れませんので、何回かに分けて出します。
次の回答番号に続きます。

こんにちは。

チャイコフスキーはリズムの天才、という言い方は、ネットで調べてみると、誰か一人の言ったことが広まっているように思えます。ウィキペディアの日本語版の説明には「リズムの天才と言われ、一つのフレーズを発展の連結にしたり、半音階上昇させたり、または下降させたりと他の作曲家には見られないものがある」と書いてあるのですが、ネットに出ているほかの情報でも、この文章が丸ごとコピーされているようです。この説明の文章自体が不正確で、あまり適切なものとはいえません。また、テレビ...続きを読む

Q6拍子の曲

バレエ時で用いたいのですが、6拍子の曲で何かありますか??8分の6拍子ではなくて6拍子でお願いします。
ジャンルはクラシックか、ディズニーで探しています。

Aベストアンサー

果たしてバレエにふさわしい曲かどうかわかりませんが、
4分の6拍子の曲をあげます。
ホルストの惑星から「天王星」
シベリウスの4つの伝説曲から「レンミンカイネンとサーリの乙女」
ディーリアスの「春を告げるかっこう」
サンサーンスの動物の謝肉祭から「白鳥」(これなんかベストでは?)

8分の6拍子ではなくて6拍子というのは基本的に間違っています。
というのも8分の6拍子には2種類あって、3拍子系と2拍子系のうち、2拍子系がそぐわないというのでしたらわかります。4分の6拍子でも2拍子系の曲はあります。

Q4/4拍子と2/2拍子のちがい

4/4拍子と2/2拍子のちがいなんですが、もちろん、4分音符が1小節に・・・・、云々といったことがわからないわけでなく、この二つの使い分けのおいての疑問なんです。

4/4拍子の曲で、テンポが、四分音符=70ぐらいのとき、
割と早めのフレーズうを記譜すると、楽譜が16分音符だらけになって見にくいですよね?そのとき、2/2拍子として、
記譜すると、8分音符主体で記譜できて読みやすいですよね?テンポがかわるわけじゃないのですから、こういう記譜の仕方でも問題ないのでしょうか?
実際問題として4/4拍子と2/2拍子のちがいとは、これだけのことなんでしょうか?
長くてすみません

Aベストアンサー

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」という規定ができたのもベートーヴェンくらいになってからです。
それまでは、曲の種類や拍子などでテンポを決めていました。
だから「楽譜を見て的確な速さがわからん人は一流ではない」という言葉が生まれたんです。
(たしかバッハの言葉ではなかったかな・・・)

・・・でも、なんだか質問文を読んでいると
「4分の2」と「2分の2」はどう違う?という方が合ってそうな気がしますね。
同じ2拍子ですが。違います。
うーん、上記のことに加えて、4分の2は「マーチ(行進曲)」になりますが、2分の2はならないでしょう。
1拍の重さが違うと言いましょうか。
2分の2の方が、一拍がより重かったり、より大きかったりします。

数値的なことよりも「拍感」にて
差が出るのだと思います。

参考までに。

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」...続きを読む

Q4分の3拍子 と 8分の3拍子 の違いは?

こんにちは。
クラシックギターのワルツなどで、ただいま8分の3拍子の曲を練習中です。

同じ3拍子で分母が違うことによって曲の速さが2倍になったりするのでしょうか?
例えば8分の3拍子でラルゴと速度記号があったとしたら、4分の3拍子のモデラートぐらいの速さになるとか・・・?

素人丸出しですが、どなたかご教授下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.2 です

>変拍子する場合は8分の3と4分の3は速さに違いが出るとは一体どういうことなのでしょうか?

こういうことです

4分の4から4分の3に変わる場合。
拍子は変わりますが、一拍が4分音符であることに変わりなく、1・2・3・4/1・2・3・4が1・2・3/1・2・3と取るようになるだけで「速さ」は変わりません。

4分の4から8分の3に変わる場合。
一拍が4分音符から8分音符になりますので、一拍の「長さ」が半分したがって「速さ」が2倍になります。もちろん拍子が変わるときに「ここからの8分音符は今までの4分音符に等しい(♪=~のような表示)」と書いてあればそれに従います。

Q八分の六拍子の振り方

今度学校行事で八分の六拍子の「仰げば尊し」を振るのですが,私は四分の四拍子しか振ったことがありません。
そこで,八分の六拍子の振り方を知っている方(ゎかる方)&実際に振ったことがある方アドバイスや練習方法を教えてくださぃ!!
お願いします!!

Aベストアンサー

 6拍子は2拍子系の拍子です。No.1やNo.4の方の回答からもわかるように,1拍目と4拍目にアクセントがありますが、これは、2拍子を3分割したものだからです。

 遅い6拍子は6つに、速い6拍子は2つに振るのが一般的です。「仰げば尊し」の場合、2つに振ってしまうにはテンポが遅くて、いくぶん分割気味に振らなければなりません。初めて6拍子を振る人が打点を示すのにはむずかしいかもしれません。

 むしろ、6つ振りで、できるだけやわらかく振ることをお勧めします。図で示すことができないのがつらいのですが、1拍目と4拍目以外の弱拍はできるだけ小さく振るように心がけるとうまくいきます。

 うまくいくといいですね。

 

Q例えば4/3拍子と8/6拍子の違い

私は趣味で好きな音楽を耳コピーしてMIDIに打ち込んでいます。
ピアノロール式のソフトなので、譜読みが不得意な私でも簡単に作れるのですが、いつも引っかかることがあります。

例えば、耳コピーして聞こえて来る曲が「ツンタッタ」のワルツ風の曲だとします。こういう場合、大抵私は4/3拍子と認識して、ソフトにもそう設定します。
ただ、実際その曲の本物の楽譜を見ると、4/3だと思ってたのが実は8/6ってことがあります。聞こえ方は同じなのに、楽譜に起こすと全く違うわけですよね?聞こえて来る曲の正確な拍子がわかるにはどうしたら良いのでしょうか?
それから拍子と速度(BPM)の関係もよくわかりません。一小節をどう分割するかで速度設定も変わって来るのでしょうか?私が作るデータはたまに200幾つとかあり得ないBPMになる時があるので、恐らく拍子取りが間違っているのではないかと思うのですが…でもどこをどう直せばよいのかまったくわかりません。

わかりやすく説明頂けるととてもありがたいです。また、参考になるサイトなどがあれば、ご紹介いただければと思います。
よろしくお願いします。

私は趣味で好きな音楽を耳コピーしてMIDIに打ち込んでいます。
ピアノロール式のソフトなので、譜読みが不得意な私でも簡単に作れるのですが、いつも引っかかることがあります。

例えば、耳コピーして聞こえて来る曲が「ツンタッタ」のワルツ風の曲だとします。こういう場合、大抵私は4/3拍子と認識して、ソフトにもそう設定します。
ただ、実際その曲の本物の楽譜を見ると、4/3だと思ってたのが実は8/6ってことがあります。聞こえ方は同じなのに、楽譜に起こすと全く違うわけですよね?聞こえて来る曲の正確...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ

ひっかかっちゃいますよね^^

ご質問の趣旨は「四分の三拍子」と「八分の六拍子」という意味ですね?
これは分数で標示すると、3/4 と 6/8 になります。
つまり、算数でいうところの分数とまったく同じ考えです。

算数でいう四分の三は、四等分されたうちの三個、という意味ですね。
ですので、
音楽でいう四分の三拍子、とは、四分音符で構成された三拍子、という意味になります。
つまり 3/4 拍子で書かれる楽譜は、四分音符を一拍とかぞえて、一小節に4拍溜まったら、縦棒を引いて次の小節に音符を繰り越して書く決まりです。

そして 6/8 拍子の楽譜は、八分音符が一拍とカウントされて、一小節に八分音符が6個を超えてしまったら、次の小節に音符が繰り越されて書く決まりです。

そこで算数と音楽の違いですが、
算数だったら、6/8は約分して3/4と答えるのが○になりますね!
ところが音楽の場合は6/8はどうしても絶対に6/8でないとダメ!
という主張がこめられて作曲されています。
それはどういう主張かといいますと、
3/4 拍子は、ぶん、ちゃっ、ちゃー
という文字通りのワルツの拍子なんですが、
6/8 拍子は、(第一ぶんちゃっちゃ)+(第二ぶんちゃっちゃ)
というトータルで2拍子的に事が進むようなリズム感の主張方法として設定されています。
つまり、三拍子でありながら二拍子、ワルツでありながらマーチ、という複合的なリズム感覚を聴衆に与えたいときに6/8 拍子が使われることになっています。

※わたしは中学校の時、担任の先生が音楽の先生だったのですが、音楽のテストで6/8を「数学通りに約分」の取り消し線で消して3/4と回答欄に書いたら、ユーモアだと思われたのか先生が正解扱いにしてくれました^^;
(わたしは中学の数学の時間に学んだので、おおまじめにそのとおりに書いたつもりだったんですが^^;)

たのしい音楽生活を送ってくださいね♪

こんにちわ

ひっかかっちゃいますよね^^

ご質問の趣旨は「四分の三拍子」と「八分の六拍子」という意味ですね?
これは分数で標示すると、3/4 と 6/8 になります。
つまり、算数でいうところの分数とまったく同じ考えです。

算数でいう四分の三は、四等分されたうちの三個、という意味ですね。
ですので、
音楽でいう四分の三拍子、とは、四分音符で構成された三拍子、という意味になります。
つまり 3/4 拍子で書かれる楽譜は、四分音符を一拍とかぞえて、一小節に4拍溜まったら、...続きを読む


人気Q&Aランキング