電子オーブンを使用しています。

オーブン料理において、庫内温度と調理時間の目安を知りたいです。
レシピでは温度か時間のどちらか一方しか書いてないことが時々あるので、
どういう料理の場合、低温/中温/高温で、10-15分、30-40分、1時間以上焼くのか、だいたいの感覚を掴みたいです。

まず温度範囲ですが、以下で正しいでしょうか?

低温:140~160℃
中温:170~190℃
高温:200~230℃

つぎに温度と時間ですが、
例えば下記の料理を作る場合に「中温または■℃で▲▲分」というような形で、わかるものだけ構いませんので、お教え頂ければ幸いです。



クッキー
スポンジケーキ

ローストビーフ
鶏皮(ソテーして中まで火を通した鶏肉の皮面をカリカリにする)
魚介のオーブン焼き(生タラ、生牡蠣など。中まで火を通す)

ローストポテト(生のじゃがいもを皮付きで丸ごと)
ローストポテト(生のじゃがいもを5ミリスライス)
ローストポテト(生のじゃがいもを一口大カット)
ローストポテト(茹でたじゃがいもの1.5cm角切り)
ローストポテト(茹でたじゃがいもを皮付きで丸ごと)

グラタン(生のじゃがいもを5ミリスライス+ベシャメル)
グラタン(生のじゃがいもを一口大カット+ベシャメル)
グラタン(茹でたじゃがいも入り+ベシャメル)


オーブン料理が得意な方にご回答頂けましたら幸いです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。


先日の回答へのお礼、ありがとうございます。


>ガス調理でいう火加減のようなものを知りたいんです。

オーブンの場合、焼き色をつけるのが温度の設定、中まで火を通すのが時間の設定という感じで考えると、わかりやすいかもしれませんね。
ケーキのスポンジは、表面に濃い焼き色がついてカリカリになってしまう事態は避けたいから160℃のような低温で焼く必要があります。
それに加えて、中まで火を通さないといけないので、時間がかかります。
結果:低温+長時間
こんな感じですかね。


グラタンにオーブンが必要なのは、表面に焼き色をつけることが主たる目的で、中身に火を通すことは重要視されていないように思われます。
その理由として、グラタンのソースは鍋で作りますから、すでに加熱済みです。
マカロニは、下茹で不要の商品もありますが、下茹でが必要なものは、先に下茹でしてからグラタン皿に入れますよね。
このように、すでに調理済みの食品をグラタン皿に入れて、最後に焼き色をつけるのがオーブンといった感じです。
温度は、概ね250℃以上は必要でしょう。
庫内容量の大きいオーブンには、天板を入れる棚が3段(上段・中段・下段)あると思いますが、表面に焼き色をつけることが目的なので、グラタンの場合、天井にある熱源に最も近い上段に天板を入れて焼くよう指定しているオーブンが多いと思います。
表面に焼き色がつくまでの間に、熱で火が通ってしまう食材なら生で入れておくこともできますが、生のジャガイモは厳しいかもしれませんよ(私は生のジャガイモを入れたグラタンは作ったことがありません)。
細かく切って、厚みが薄ければ大丈夫かもしれませんが、それなりの大きさがある塊ですと、ジャガイモに火を通すのに時間を要しますから、高温+長時間だと表面が黒焦げ、ソースも水分が飛んで味が濃くなってしまうか、皿に焦げ付てしまう可能性があるのではないでしょうか。
私なら、ジャガイモは下茹でするか電子レンジである程度火を通してから使うと思います。
焼き時間についてですが、私のオーブンには「手作りグラタン」というオートメニューがあり、このメニューを選択してスタートを押せば勝手に焼いてくれるため、時間は見ておりません。
「手作りグラタン」のオートメニューは、オーブンが予熱なしの状態で(常温の状態で)グラタン皿を天板にのせ、庫内の上段に入れるよう指示されています。
この状態でスタートするのですが、25分くらい経つと終了のブザーが鳴るような気がします。
なお、私のオーブンはオートメニューを使うと設定温度が表示されないため、何℃で焼いているのかは不明です。

もし、オートメニューを使わず、自分で温度を設定して、なおかつ予熱完了後に天板を入れてのスタートなら、焼き時間は大幅に短縮されると思います。
仮に、予熱250℃、焼くときの温度250℃でスタートした場合、時間は何分要するのかはわかりませんが、要は表面に焼き色がつけばよいわけですから、とりあえず15分とかに設定して始めればよいのではないでしょうか。
そして、オーブンの前で焼き加減をしっかり観察して、15分に設定した際の残り時間などは気にせず、ちょうどよい焼き色がついたところで扉を開けて、強制的に終了させればよいわけです。
15分で足りない時には、延長する必要もありますけどね。
手っ取り早い話、扉を開けて強制的に終了させるまでに要した時間が、そのグラタンの焼き時間です。
この時間を覚えておけば、次回も同様の内容量で作る時には、250℃で○分と、今度はその時間を指定してやればよいわけです。
ただし、この250℃で○分のを食べた時に、何かしらの悪い面を感じた時には(例:時間がかかり過ぎていて、ソースが煮詰まってしょっぱかったなどの時には)、次回作る際に温度を上げてみるなど、少し調整が必要です。
例として出したソースの煮詰まりに関しては、鍋で作る際にオーブンで煮詰まることを想定して、少しゆるくしておくのも方法の1つですけどね。

余談ですが、先日の回答に書いたスポンジケーキの温度と焼き時間は、上記のようなことをやって最終的に決まったものです。
表面の膨らみと色から判断して、もうよいだろうと思われる頃に取り出して爪楊枝を刺して確認。
その結果、OKだったので、毎回この分量で作って温度と時間を指定して焼くようになりました。


焼きいも、こちらは中まで火を通すことが目的ですから、時間を要します。
いもをのせた天板は天井の熱源から離れた下段に入れて焼きますが、グラタンのように250℃以上とかにしたら、表面が焦げて硬くなる可能性があると思われます。
こういうものは、200℃程度で焼きます。
焼き時間についてですが、私のオーブンには「石焼きいも」というオートメニューがあり、このメニューを選択してスタートを押せば勝手に焼いてくれます。
「石焼きいも」のオートメニューは、オーブンが予熱なしの状態で(常温の状態で)いもを天板にのせ、オーブンの下段に入れるよう指示されているのですが、55分程度かかるようです。
なお、オートメニューは、グラタンの時と同様に設定温度が表示されないため、何℃で焼いているのかは不明です。
焼きいもの難しい点は、グラタンのように「表面に焼き色がつけばよい」というわけにはいかないことですね。
中まで火が通っているのかは、爪楊枝を刺さないとわかりません。
私は、天板にのるだけの個数を置いて焼くので、1本だけというのはやらないのですが、1本だったら太さにもよりますが、標準的な太さのもの1本なら、45分くらい経った頃に爪楊枝で確認すると思います。
この時点で火が通っていなければ、温度はそのままで時間のみ延長です。
火が通っていない感じがちょっとなら、7~8分延長ですかね。
明らかに火が通っていなければ、15分延長で様子を見ることが多いかもしれません。



最後に、質問文にあった内容についてです。


>まず温度範囲ですが、以下で正しいでしょうか?
>低温:140~160℃
>中温:170~190℃
>高温:200~230℃

私は、上記のようなことを考えたことはありませんね。
なので、正しいかどうかはわかりません。
私の感覚としては
低温:160~180℃
中温:190~210℃
高温:220~250℃
といったところでしょうか。


>レシピでは温度か時間のどちらか一方しか書いてないことが時々あるので、

これ、不親切なようで意外と重要です。
パンを例にとります。
あるパンのレシピに「13分」と、焼き時間のみが表示されていたとします。
これは、「そのレシピに記載の分量でパンを作って焼くときには、13分で焼き上がるようにしろ」ということです。
その時間までに焼きあがるように温度を調整して焼けば、レシピ執筆者の想定する焼き上がりのパンになるのでしょう。
オーブンは、機種ごとに性能が異なりますので、あるオーブンは200℃に設定すれば13分で焼き上げることができたが、別なオーブンは、220℃に設定しないと13分で焼き上げることができなかったということが起こりえます。
このため、13分という時間表記のみなら、温度を変えて何度かチャレンジし、13分で焼き上げる温度を見つける必要があります。
ちょっと面倒ですが、試してみる価値ありです。
なお、人の好みは様々ですので、13分で焼き上げたものが気に入らないということもあるでしょう。
この場合は、ご自分で温度や焼き時間を調節して、お好みの焼き上がりに仕上げるしかないですね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

Spirale様

再度ご回答頂きまして、誠にありがとうございます。
大変丁寧に説明いただきまして心から感謝申し上げます。

料理や素材の状態によってどのように温度と時間を設定するのか、大まかな目安がわかってまいりました。今後はレシピと実際の仕上がりを見比べながら感覚を掴んでいきたいと思います。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2014/03/09 10:11

質問者様は、直径何センチの焼き型でスポンジを焼く予定なのでしょう?


直径15cmの焼き型と直径18cmの焼き型では、その型に入れる生地の量が大きく異なりますので、当然のことながら焼き時間も変化します。
また、直径15cmの焼き型を例にとれば、庫内容量が30Lクラスのオーブンですと2個入れて焼くことも可能と思われますが、1個だけ焼く時と2個焼くときでは、焼き時間が変化します。

グラタンだってそうです。
グラタン皿1個につき、どの程度の量が入るのか、そのグラタン皿を何個入れて焼くのかで、焼き時間が変化します。

一方、オーブンは、機種により能力やクセが異なるため、同一の機種を持っている方でないと、焼き時間や温度設定は参考になりません。
たとえば、スポンジケーキ。
私は庫内容量30Lのオーブンを使っているため、スポンジは直径15cmの焼き型を2個使い、同時に焼いています。
160度で予熱完了後、焼き時間は160度で32分です。
この温度設定と焼き時間は、焼き型1個につき、生地の量を240g程度入れた場合です。
なお、オーブンの機種が変われば、160度で32分では、焼けないこともあると思います。

したがって、今回のご質問のように、どの程度の容量のものを何個焼く予定なのかといった詳細な情報を開示せず、単に温度は?時間は?と質問をされた場合、「残念ながら回答できません」と書くのが正しい回答になると思います。
料理の本だって、分量をきちんと掲載したうえで、その分量にあわせて温度は○度、もしくは焼き時間は○分と記載しているはずですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございます。

説明不足で申し訳ありません。
オーブンの機種や状態によって設定内容が変わることは承知しています。

知りたかったのは、
例えば生のジャガイモ1つ(まるごと、拳大)を柔らかくするのに、オーブンで約○度+約○分焼くのか。

毎回、お手持ちのオーブンを使ってグラタンを作る場合、
ガラス耐熱皿(正方形縦25×横25センチ、深さ5センチ)に、女性の拳くらいの大きさの新じゃがいも4つを入れたグラタンです。

下記3つの方法では、時間と温度をどのように調整(変更)するのか。

(1)生のじゃがいもを5ミリスライス+ベシャメル
(2)生のじゃがいもを一口大カット+ベシャメル
(3)茹でたじゃがいもを適当にカット+ベシャメル


焼き芋を作りたい場合、オーブンに芋1本入れるのと4本入れるのとでは時間と温度は変わってくると思います。

たとえば、1本と4本の違いは、
(1)時間を長くするだけ(その場合、例えば5分程度なのか15分以上なのか)
(2)時間は変えずに温度を上げる(その場合、5-10度程度なのか、15度以上なのか)
(3)時間を長くして温度も上げる

いずれなのか。

ガス調理でいう火加減のようなものを知りたいんです。

お礼日時:2014/03/08 11:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーブンの温度と時間の設定

オーブン料理をするとき、必ず何かのレシピを見てその通りにするのですが、
一般の方が集まるレシピサイトではその一般の方々がそれぞれに
オーブンの設定温度や調理時間を書かれています。

その温度や時間は、どうやって決めているのですか??

お恥ずかしい話ですが例えば自分が「これをオーブンで」、となっても
レシピがないと温度をどれくらいに設定したら良いのか分かりません。
調理時間は様子見ながらなんとかなっても・・・。

慣れなのでしょうか?
それとも何か基準があるのでしょうか?
(お肉はこれくらいとかクッキーはこれくらいとか??)

ついでに、うちのレンジにはオーブンの天板を置く棚が上と下があるのですが、
どう使い分けるのか分かりません。
(10年くらい前のレンジです)

付属の取説を何度見ても使い分けは書かれてなく、
付属のレシピには「この料理は上段」とあるだけで、
それらを比較しても何が基準で上と下を使い分けているのか分かりません(汗

Aベストアンサー

こんばんは。
上段にいれると上火に近くなるので焦げ目をつけやすくなります、
下段に入れると焦げ目がつきにくくじっくり火を通すことができます。
オーブンは温度が高くなると一気に火を通すことができる代わりに
焦げやすくなります
温度低めだと焦げにくい代わりに火が通るのに時間がかかります。
その辺の特性を踏まえると理解しやすいかもしれません。

温度は大抵
クッキー、ケーキ類は表面が焦げやすくて(砂糖は焦げやすい)
中まで火を通す必要があるので
160度~170度
ローストビーフなどの肉類は一気に火を通すと肉汁を逃さないので高温の200度ぐらい
ピッツアもできるだけ高温で一気に焼きたいので220度ぐらい(オーブンの性能による)


レシピにはそのあたりを踏まえて記載されていると思います^^

Qオーブンレンジでグラタンに焦げ目をつけたい

我が家には、『オーブンレンジ』は有るのですが、オーブンレンジがありません。

オーブンレンジで、グラタンを作った場合、焦げ目もつかず残念です…

どなたかオーブンレンジでも、オーブントースターのように こんがり焦げ目がうまくついて美味しいグラタンの作り方を知りませんでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

ええと、オーブントースターをお持ちでないのですね?
オーブンレンジではたしかに焦げ目が付きにくいとは思います。
一番高い温度設定でやくと焦げ目が付きやすくなります。
上段下段が分かれている機種なら、上段に入れて焼いてください。
もし、分かれていない場合は網や耐熱性のある容器など安定性があれがなんでも良いので
天板において、上にあるヒーターにグラタンを近づけると焦げ目が付きやすいですよ。
それから裏技ですが
もしご家庭のコンロに魚焼きグリルがあれば、それでグラタンを焼くとあっさりときれいな焦げ目が付きます。

Qオーブントースターの温度は??

「オーブントースターで30分」とレシピにあったのですが、
普通のオーブントースターは何度くらいなのでしょうか?
私のオーブンは温度調節をするものなので何度に設定すればよいのかわかりません。

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>普通のオーブントースターは何度くらい

200~250度位ですね
食品とヒーターの距離が近いので、結構高温になります

Q温度設定できないオーブンで

こんにちは☆

うちにあるオーブン付き電子レンジ、安いものなので、
オーブンの温度調節ができないんです。

壊れている、とかではなく、もともとそうゆう機能がなく、
『オーブンを使って焼く』ことができるだけです。

トリセツにはオーブンは約200度と書いてあります。
予熱機能はありません。

こういうオーブンでケーキとかお菓子作ることって可能ですか??

一人暮らしを始める時に父が買ってくれたものなので、文句は言えないし、
むしろ使いこなしたいと思っているのですが。。。

よく料理をする方、お菓子など作ったりする方、
よかったら何かアドバイス下さい!!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お持ちのオーブンは充分に使えるものです。
200度に固定されていることは食事調理の肉や魚・ドリア・グラタン等には適温と言えます。
ケーキ作りの種類によっては少し高い場合もありますが、そのオーブンに使い慣れてくれば調整(後述します)も簡単です。

先ず余熱機能とは、庫内に焼くものを入れる時の温度を200度に温めておくことです。実際に焼く物を入れる5分位前にスイッチを入れておけば良いだけです。

さて、どんなオーブンでも焼きムラがあるものです。一回使って、その焼き具合を掴むことが必要です。
始めに単純なクッキーとかスポンジケーキを焼いて、そのオーブンの癖を掴みましょう。
なお電子レンジ機能は絶対に使わないでください。使うと美味しいオーブン調理では無くなってしまいます。
単なるチン調理ですので、この回答では対応しません。

1.クッキーは薄くて火が入り易いので簡単に作れると思います。そして庫内全体の焼ムラ加減がわかります。
2.スポンジケーキは高さがあるので上火下火のバランスがわかります。そして火力が強すぎると表面が良い加減に焼けても中が生、と言う様なこともわかります。

1の場合の対策ですが、
気にならない程度ならそのまま、許せない程ムラ(例、手前よりも奥が焼けすぎる等)が出る場合は途中で出してオーブンプレートの前後などを入れ替えます。
手早くすればよいですが、今後シュークリーム等の場合は途中の温度激変はまずいので入れ替えしない方が良いでしょう。

さて2の場合ですが、
上火が強ければ(上面が焼け過ぎる)オーブンプレートを下段に下げるか上にアルミホイルをかぶせる。
下火が強ければ(下面が焼けすぎる)オーブンプレートを上段に上げるかオーブンプレートを2枚重ねる。

お宅の機械の場合、この2の場合が一番想定されます。
特に庫内が狭い場合、表面が焼けても中が生状態になり易いです。

原因は火元が近すぎることです。
対策ですが途中で小まめに電気を切ったり入れたりしましょう。
例えば2分おきに30秒スイッチを切って又入れる、などの具合を掴めればよいのです。
このスイッチの使い方は普通の事でして、これでオーブンが壊れることはありません。

冒頭に書いた「ケーキ作りの種類によっては少し高い場合もありますが」の対策もこの方法で温度200度を下げて使う方法です。

以上がお宅の機械に慣れ、使いこなすコツです。

温度調整機能とは、この作業を機械が勝手にやってくれることです。
ご安心ください、オーブンの様な原始的機械は元々たいした事やってい無いって事です。

以上長々書きましたが一回やって頂ければ実に単純な事とご理解いただけると思います。
是非お父様からのプレゼントを使いこなし、オーブン料理・ケーキ作りを楽しんでください。

お持ちのオーブンは充分に使えるものです。
200度に固定されていることは食事調理の肉や魚・ドリア・グラタン等には適温と言えます。
ケーキ作りの種類によっては少し高い場合もありますが、そのオーブンに使い慣れてくれば調整(後述します)も簡単です。

先ず余熱機能とは、庫内に焼くものを入れる時の温度を200度に温めておくことです。実際に焼く物を入れる5分位前にスイッチを入れておけば良いだけです。

さて、どんなオーブンでも焼きムラがあるものです。一回使って、その焼き具合を掴むこ...続きを読む

Qオーブンの設定温度・時間について

レシピで○度で△分とありますが
どんな基準でつけられているのでしょうか。
そして自分で設定するのには何を基準にして
温度・時間を設定すれば良いのか教えてください。

Aベストアンサー

何度にあたる部分は温度と考えるより
強火、中火・弱火と考えるとイメージしやすいかも知れません。

オーブンレンジですと100度~250度くらいですから
100~150度 弱火
150~200度 中火
200~250度 強火
なんて感じに。

200度超えると「強火だから焦げるのに注意しなきゃ」とか、なんとなくイメージが湧きませんか?

もちろん時間にも関係しますが、
そういう目で一度レシピなどを眺めてみると*度という表示も見え方が変わってくるのでは。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Qスポンジケーキの焼き時間と温度

スポンジケーキを焼こうとレシピを色々見ていたとことろ、同じ分量でもレシピによって、焼き時間と温度が違うことに気がつきました。

18cm型
卵M 3個
グラニュー糖 90g
薄力粉    90g
バター 30g

160度から170度で30分から35分焼くレシピと、
180度で25分焼くのレシピがあります。
手順は同じなのに、なぜ焼き方が違うのでしょうか。
そして、出来上がりにどのように違いが出るのか、詳しい方お教えください。
あと、オーブンの上段、中段、下段のどこが一番スポンジケーキに向いているかも教えてくれると助かります。

Aベストアンサー

こんばんは。パティシィエです。

> 手順は同じなのに、なぜ焼き方が違うのでしょうか。

まずスポンジに限らず 焼き方には、「これが正解」と言うのがないと思います。
そして日本では、スポンジは、しっとりとしていて なおかつ柔らかいと言うのが
とても重視される国です。

対してフランスは、水分を飛ばし気味に 徹底的に焼く。
それ故に卵やバターの香りや味わいに力強さが出ます。
反面 柔らかさやしっとり感は、出ません。

日本の焼き方だと柔らかさは、出ますが卵や小麦粉にしっかり火が通らないので
どうしても味・香りの豊かさがでません。
(ただ長崎カステラは、例外的にフランス的な焼き方をするので焼き色が濃いです)

日本の焼き方は、柔らかさなどの「食感重視」であり
フランスの焼き方は、味・香りの強さなど「味わい重視」なのです。

どちらが正解でもなく 一つのレシピから色々な味や食感の表現ができるということです。
それがお菓子作りの大きな魅力でもあります。

> 160度から170度で30分から35分焼くレシピと、
> 180度で25分焼くのレシピがあります。

25分は、短すぎると思いますが
高温かつ短時間で焼く事で よりしっとりさせようと言う意図を感じます。

> あと、オーブンの上段、中段、下段のどこが一番スポンジケーキに向いているかも教えてくれると助かります。

あまり難しく考えず 中段くらいといいかと感じます。
上段だと表面に早く焼き色がついてしまう傾向がありますし
下段だと下面に強い焼き色がつく傾向があります。

もちろんお手持ちのオーブンの特性にも左右されます。

こんな所ですが もしご参考になったなら幸せです。
ジルより

こんばんは。パティシィエです。

> 手順は同じなのに、なぜ焼き方が違うのでしょうか。

まずスポンジに限らず 焼き方には、「これが正解」と言うのがないと思います。
そして日本では、スポンジは、しっとりとしていて なおかつ柔らかいと言うのが
とても重視される国です。

対してフランスは、水分を飛ばし気味に 徹底的に焼く。
それ故に卵やバターの香りや味わいに力強さが出ます。
反面 柔らかさやしっとり感は、出ません。

日本の焼き方だと柔らかさは、出ますが卵や小麦粉にしっかり火が通らないの...続きを読む

Q底が取れない型を使って焼き上げたケーキをきれいに取り出すコツについて

いつも底が取れる焼き型を使っていますが,お菓子のレシピや本には
よく底が取れない型が使われていることがあります。底が取れない型
を使って例えばガトーショコラなどを焼いた場合に,型からきれいに取り出す方法を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
底が取れないパウンド型やケーキ型を使う場合
予め型にバターを塗り、その上から薄く粉をはたいてから
種を入れます。

焼いてから冷めるとケーキが少し縮むので、ひっくり返して
少しはたくと取れます。
バターが固まって取れにくい(冬季など)場合少し温めて取ります。

心配なら、ケーキ用のグラシン紙かクッキングペーパーを
敷いて置く・・・昔はわら半紙にバターを塗って使いました
型から出ている部分を引っ張れば抜けます(^。^)
レシピ本にもよく書かれています。

Qパン作りにおけるオーブンの最高温度300度と350度の違いは?

パン作りをしている方、ご教授ください。300度までと350度までのオーブンレンジでは、焼き上がりはどのように違うのですか?

以下は上記質問をした理由です。
オーブンレンジの購入を検討しており、よろしければアドバイスください。

手ごねパンの楽しさが忘れられず、パンを焼くためのオーブンレンジを購入しようと思ってます。
レンジとしては冷凍食品の解凍、あたためくらいしか使わないので、パン焼きのためのオーブン機能が良いという東芝の石窯ドーム(ER-MD400)を頑張って買おうかと思いました。
が、食パンなども作ってみたいのと、手ごねが大変であまり作らなくなってしまうということを恐れて、ホームベーカリーと合体している日立のヘルシーシェフ(MRO-MBK3000)が最適かなとも考えています。菓子パンを作りたい時は生地だけ作ってもらうという感じで…

しかし、ヘルシーシェフは温度が300度までしか上がらないものなので、350度とどのように変わってくるのかお聞きしたく質問しました。
趣味の領域なので、さほど変わらないのであればヘルシーシェフでいいかな…と考えています。

石窯ドーム+ホームベーカリーを別で買うというのが最強かなとも考えたんですが、予算が…(ーー;)

上記質問以外にも、普段パン作りをされている方は、どのようなオーブンを使われているのか気になるので、よろしければ余談的な感じでメーカーと機種を教えていただけると嬉しいです。

パン作りをしている方、ご教授ください。300度までと350度までのオーブンレンジでは、焼き上がりはどのように違うのですか?

以下は上記質問をした理由です。
オーブンレンジの購入を検討しており、よろしければアドバイスください。

手ごねパンの楽しさが忘れられず、パンを焼くためのオーブンレンジを購入しようと思ってます。
レンジとしては冷凍食品の解凍、あたためくらいしか使わないので、パン焼きのためのオーブン機能が良いという東芝の石窯ドーム(ER-MD400)を頑張って買おうかと思いました。
...続きを読む

Aベストアンサー

他の回答者さんがおっしゃるように、 食パンや惣菜パン焼きに300度も350度も必要ないので
パン焼きに関して言えば250度までのオーブンレンジと変わりないと思います。
それに350度、300度までは上がるけど、その持続時間は5分だったりします。
そのあたりは確認されたでしょうか?
300度近い温度で調理したい!という目的がないのなら
普通に惣菜を作るには不要な温度じゃないかな〜と個人的には思っています。
でも、フランスパンなどハード系なパンが好きな人、ピザ釜の代わりにオーブンでという人
にとっては嬉しい温度だと思います。
(ピザ釜は400度近いのですが、魚焼きグリルも400度近くなるので私はピザは魚焼きで焼いてます)

実は私も趣味の範囲でしかパンを焼かないだろう、飽きてしまったらもったいないと思って、ずっとホームベーカリーは買えなかったのですが、リサイクルショップで新古品が半額で売っていたので思わず衝動買いしていまいました。
シロカなのですが5000円で購入。
オーブンは石窯で、最高温度は250度です。
今もまだ趣味の域ですが、後悔のない買い物ができたと思っています。


ヘルシーシェフの魅力は場所をとらないことですよね。
以外と美味しくパンが焼けて、音が静かだというレビューもみかけました。
ベーカリー機能を使っている時にはレンジが使えませんが、そのあたりを承知しているならよい製品だと思います。

他の回答者さんがおっしゃるように、 食パンや惣菜パン焼きに300度も350度も必要ないので
パン焼きに関して言えば250度までのオーブンレンジと変わりないと思います。
それに350度、300度までは上がるけど、その持続時間は5分だったりします。
そのあたりは確認されたでしょうか?
300度近い温度で調理したい!という目的がないのなら
普通に惣菜を作るには不要な温度じゃないかな〜と個人的には思っています。
でも、フランスパンなどハード系なパンが好きな人、ピザ釜の代わりにオーブンでという人
にと...続きを読む

Q『オーブンを150度に予熱する』ってどういう意味?

クッキー作りを2度失敗(ガチガチで固くてとても食べられなかった)してから、ずっと作っていなかったのですが、久しぶりに再度挑戦してみようと思います。
そこでいろいろと分からないことがあるので、教えていただきたく投稿しました。

(1)『オーブンを150度に予熱する』とはどういう意味でしょうか?

→というのも、私のはレンジにオーブン機能がついてるものなのです。「150℃/余熱」を押すと「時間を設定してください」となります。
この場合、何分とすれば良いのでしょうか?

(2)クッキーがガチガチに固くなるのはなぜでしょうか?

→私の考えでは、焼きすぎたのが原因なのかなと思っています…。
レシピ通りの時間焼いたら見た目が柔らかそうで、ついキツネ色になるまで時間を延長していました。
もしかして、きちんと時間通り焼いて放置していたら、ほどよく固まってサクサクになるんでしょうか?

Aベストアンサー

オーブンが温まるまでに時間が必要です。
さあ焼くぞ、と言うときに付けても焼きたい温度になるまで時間があるので
事前に予熱をして150度まで庫内の温度を上げる必要があります

また、オーブン機能については説明書を見て下さい。
多分メーカーや機種によって違います。
150度、予熱を押せば自動で予熱自体はされるので
その後の時間設定というのは焼き時間の設定の場合が多いとは思いますが・・・。
もしかしたら予熱にかける時間とかの設定が必要な機種もあるかもしれませんので。

固いのは焼きすぎか、粉を入れてかき混ぜるときに練りすぎているのでは。
焼きたては見た目柔らかそうでも多分オーブンから出して冷ますときに水分が抜けて
サクサクになることが多いと思います。
失敗しているのですから一度レシピ通りに焼いてみてはどうでしょうか?
また粉を入れた後はやさしく切るように混ぜて
絶対に練らないようにして下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報