AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

10代のころのプラモ熱が再燃した親父です。

20年ほど前にオリンポス社のエアーブラシ ヤングを購入し数回使ってそのままとなっておりました。
今になってプラモ熱に目覚めてしまい、押入れからひっぱり出し使えるか確認しようとしたところ、オリンポスはつぶれておりエアー缶も入手できないことを知りました。
いっそのことコンプレッサーで利用しようと考え、いろいろ調べたところアダプターとなるジョイントプラグSも現在は既存在庫しかなく非常に高額になっております。

互換性のありそうなものを探していたところ、BBリッチ社のAJ-8があるのはわかりましたが、もう一社それらしい製品を出しているメーカーを見つけました。

プロクソン社のハンドピースアダプター E1302です。

上記のアダプターをヤングで利用可能かわかる方、いませんでしょうか?
この製品が一番安く入手できそうなのですが、ヤングが使えるかわからないためテスト稼動の費用は少しでも抑えたく考えております。

以上、よろしくお願いします。

「エアーブラシ オリンポス ヤングのアダプ」の質問画像

A 回答 (1件)

使っていませんので確実ではないんですが。



たぶん、ヤング8(もっと古いと88ですな)で使用できるだろうと思います。
エアテックスのジョイントでヤングを使えてますので。

ただ、オリンポスのピースコン(ダブルアクションのもので製品名は分からないんです)に接続はできるのですが、バルブのピン(中央から出てる棒)が若干短く、使用可能ではあるんですが、イマイチな感じです。
本来、ピースコンはエア缶直づけで、ボース接続用のジョイントがセットになっていたはずなんで、私の所有するエアブラシはシリーズが違うんだろうと思います。
つまり、バルブのピンの長さが異なるジョイントがあったので、たしか、3種類くらい別売りのものもあったと記憶しています。

それと、トリコン(ホルベイン)にもジョイントがあり、おそらくエアテックスのものと変わりないだろうと思います。
価格は、税抜き1300円です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明、および使用感までありがとうございます。
トリコンははじめて知りました。
そちらも調べて見ます。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/22 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリンポスのピースコン

今は無きオリンポス社のピースコンPC101なのですが、ストックしておいたエアー缶が終わりそうで、他社のコンプレッサーで再利用したいと画策しているのですが、タミヤ・クレオスとはネジ形状が異なってきて非常に難儀しています。よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

かつてのオリンポス社製ピースコンPC101愛用者です。かつてと書いたのはオリンポス製コンプレッサーが壊れて以来使えなくなってしまっているからです。(ピースコン本体は問題ありませんので、何とかして使用出来るようにしたいのですが…!)

質問者様がお書きのように、オリンポス社は既に消滅しており、その後を受け継いだ企業もなく、エア缶の流通もストップしていますので、店頭在庫のみの状態ですが、全くと行って良いほど店頭にも在庫はありません。(他社製エア缶は互換性がなく使用出来ません。)

オリンポス社のエアブラシ(商品名:ピースコン)はエア缶やコンプレッサーに接続する部分が独自の形をしています。それは、エアブラシ本体にエアバルブが内蔵されておらず、エア缶やホース側のエアバルブでエアの吹き出しを行なっているからです。添付した写真をご覧頂ければお分かりだと思いますが、エアホースの先端(写真の右側)にバルブの押し出しピンがあるのを確認頂けると思います。(エア缶の構造も同じ)

ピースコンのねじ込み部分がメスネジ仕様ですので、ここをオスネジに変更することで他社製コンプレッサーやエア缶に接続出来るようになると思いますが、そう言うニップルが見付かる可能性は低いと思われます。

次に考えられるのは、写真にあるようなコンプレッサー用のホースを何とかして入手することで、ピースコン本体とエアホースとの接続は難なく可能となります。そのエアホースをコンプレッサーに接続するためのニップルでしたらホームセンターなどで入手可能で、私も実際にクレオス製コンプレッサーに接続してみました。写真が1枚しか添付出来ませんので、補足を頂ければその写真を添付させて頂きます。

少し長くなりましたが、エアホースを入手できれば、他社製コンプレッサーやエア缶への接続は可能となります。問題はエアホースが入手出来るかどうかにかかっていると思います。

今回の質問で私も実際にL7に接続出来るかどうかのテストの機会を与えて頂き感謝です。接続できる事が分かりましたので、PC101が復活する可能性も出て来ました。まだ解決すべき問題点(レギュレーターなどの接続)がありますので、これらに関しても試して見ようと思っています。

かつてのオリンポス社製ピースコンPC101愛用者です。かつてと書いたのはオリンポス製コンプレッサーが壊れて以来使えなくなってしまっているからです。(ピースコン本体は問題ありませんので、何とかして使用出来るようにしたいのですが…!)

質問者様がお書きのように、オリンポス社は既に消滅しており、その後を受け継いだ企業もなく、エア缶の流通もストップしていますので、店頭在庫のみの状態ですが、全くと行って良いほど店頭にも在庫はありません。(他社製エア缶は互換性がなく使用出来ません。)

オリ...続きを読む

Qエアブラシ シングルアクションの利点って何ですか?

最初エアブラシのダブルアクションタイプ(口径0.3mm)を使っていて、最近、サフなどを吹いたりするために口径の大きい物が欲しくなり、シングルアクション(0.5mm)を買って、使ってみました。

感想:「シングルってなんて使いづらいんでしょう!!」

いちいち後尾の調節ネジをねじって開閉しなくてはいけないし、かといって開きっぱなしでスタンドに置いておくと先っぽから塗料がポタポタおちるし…

まぁとにかく、ダブルアクションのありがたみをしみじみ感じました。

で、質問なのですが、シングルって、ダブルと比較して、安価という以外に何か利点ってあるのでしょうか?
(安価といってもせいぜい2~3千円の差、ですよね?たったその価格の差でこの違いはかなり大きいと思うのですが…)

「ダブルよりこうやって使うと便利だよ」「俺はこういう理由でダブルよりシングルの方が好きだな」などという方って、いらっしゃいますか??

Aベストアンサー

模型暦35年以上のスケールモデラーです。

過去色んなタイプのエアブラシを使って来ての回答です。

>シングルって、ダブルと比較して、安価という以外に何か利点ってあるのでしょうか?

単純に比較すると、シングルタイプは広範囲の塗装向き、ダブルタイプは微妙なグラデーションや、繊細な塗装向きと言えます。

この事から考えて、面積の広い部分を一気に塗装する場合は、シングルタイプの方が向いています。ダブルタイプは飛行機や戦車などの迷彩塗装に重宝します。

サーフェーサーなどで下地塗装する場合は、シングルアクションで少しエア圧を高めに設定して、一気に吹きつける方が作業は楽です。また、口径が小さく(0.3以下)なると、シルバーなどの金属粒子が入っている塗料の場合、ノズルが詰まる事があります。

シングルタイプで出来る事はダブルタイプでも可能ですので、これがシングルタイプのメリットとは言えないかもしれませんが、敢えてメリットと言うなら、上に書いたような内容になると思います。

いずれにしろ、ご自分で使いやすい物を使われるのが一番です。私は現在3本(0.2、0.3、0.5タイプ)を使い分けていますが、広範囲塗装には0.5タイプ(シングル)を使っています。

>いちいち後尾の調節ネジをねじって開閉しなくてはいけないし、かといって開きっぱなしでスタンドに置いておくと先っぽから塗料がポタポタおちるし…⇒この文章から推察するとお使いのエアブラシはGSIクレオスの「プロコンBOY SQ シングルアクション」のような物だと思われますが、これは昔オリンポスから出ていた(現在もあります)”ピースコンヤング”と言う物と機能面では全く同じ物です。確かに、質問者さんもお書きのような事は起こりますが、これは構造が簡単な為に起こる事であり、どうしようもありません。これが面倒だと思うのでしたら、使わなければすむ事ですが、せっかく入手されたのですから、用途をご自分で模索するのもいいのではないでしょうか? 別にプラモに限定して使わなくてはならないと言う事ではありません。

最後に最大のメリットを書いておきます。それは、構造が簡単な分、メンテナンスが容易で、分解・洗浄・組み立てがダブルに比べて簡単に出来る点です。

以上、私の個人的な回答です。

模型暦35年以上のスケールモデラーです。

過去色んなタイプのエアブラシを使って来ての回答です。

>シングルって、ダブルと比較して、安価という以外に何か利点ってあるのでしょうか?

単純に比較すると、シングルタイプは広範囲の塗装向き、ダブルタイプは微妙なグラデーションや、繊細な塗装向きと言えます。

この事から考えて、面積の広い部分を一気に塗装する場合は、シングルタイプの方が向いています。ダブルタイプは飛行機や戦車などの迷彩塗装に重宝します。

サーフェーサーなどで下地塗装...続きを読む

Qエアブラシ レギュレーターの風圧調整について。

はじめてのエアブラシなのですが、
検索をかけても見つからず、質問させて下さい。

クレオスのL7プラチナセットなのですが、
風圧が思った通りに安定しません。

クレオスに問い合わせてみたところ、
レギュレーターのエアー調整部分について、


 |||
 ||| ← 円等のネジ(1)
 ||| 

 ||| ← ギザギザの皿ネジ(2)

 [   ]  ← 六角ナット(3)


上記図の(2)と(3)を締めて、押さえたまま、
(1)を回して調整して下さいとの回答でした。

言われた通りにやってみても、今度はエア圧が高すぎたり
調整ネジ下のホースから泡を吹いたりします。
それで3つを締めたり緩めたりを繰り返しながら、
思った風圧に調整してだましだまし調整をしています。
(微妙な調整になる、使用時ホースが廻った事でエア圧が変わるetc...)

クレオスの回答の通りですと、(2)と(3)はピッタリとくっ付かなければならない筈ですが
本やネット画像などでは(2)のネジが浮いた状態のものも拝見します。

このエアー調整ネジの正しい使い方を教えてください。
どうぞよろしくお願い致します。

はじめてのエアブラシなのですが、
検索をかけても見つからず、質問させて下さい。

クレオスのL7プラチナセットなのですが、
風圧が思った通りに安定しません。

クレオスに問い合わせてみたところ、
レギュレーターのエアー調整部分について、


 |||
 ||| ← 円等のネジ(1)
 ||| 

 ||| ← ギザギザの皿ネジ(2)

 [   ]  ← 六角ナット(3)


上記図の(2)と(3)を締めて、押さえたまま、
(1)を回して調整して下さいとの回答でした。

言われた...続きを読む

Aベストアンサー

>3)のノブをしっかりと締めると圧が高くなりすぎてしまいます。
>今度は(1)(2)と一緒に回ってしまいます

つまり、買ったときの状態が分からなくなってしまうほど弄ってしまったんですね。
(2)と(3)は固定するためのものだと思うんで、緩めたらエア漏れなどの原因になります。
回すのは「つまみ」だけ。もちろん、つまみと(2)は一緒に動くでしょ。つまみ部分の固定してるだけだと思う。

あらかじめ、私は都外製品を持っていないことをお断りしておきます。
なので、確実じゃないです。

で、まず、すべてのねじを閉め直して下さい。
(他の人と違っててもいいです。製品によって多少のズレがあるのは普通です)

さらに、つまみを最大まで緩めた状態にしてエアを出して下さい。
エアブラシをつけてなければ最大圧になるはずです。
ここでねじ周辺のエア漏れなどのチェックもして下さい。

つぎに、つまみを最小まで閉めて下さい。
この状態で「エアは出ない」はずで、エア圧も0になるはずです。
ここでも、再度エア漏れなどが無いか確認して下さい。

これでエア漏れなどがなければ、つまみを回して「最大まで緩めて」おく。
レギュレーターは「減圧する機器」なので、減圧していない「コンプレッサーのエア圧」のまま出る状態が「標準の位置」なので緩めるんです。
ここから「つまみを回して、減圧していく」んですよ。

なので、(2)も(3)も、最初から弄る必要のない部分ってことです。

>3)のノブをしっかりと締めると圧が高くなりすぎてしまいます。
>今度は(1)(2)と一緒に回ってしまいます

つまり、買ったときの状態が分からなくなってしまうほど弄ってしまったんですね。
(2)と(3)は固定するためのものだと思うんで、緩めたらエア漏れなどの原因になります。
回すのは「つまみ」だけ。もちろん、つまみと(2)は一緒に動くでしょ。つまみ部分の固定してるだけだと思う。

あらかじめ、私は都外製品を持っていないことをお断りしておきます。
なので、確実じゃないです...続きを読む

Qベテランモデラー様!筆塗りの極意を!

私は25年以上の経験がある元モデラーです。今は本職が忙しいので休止中。
最近、知人に「塗装を教えてくれ」と言われて、旧グンゼ産業のミスターカラーを使った筆塗りを手ほどきしました。(買い置きがグンゼ産業時代のものしか無いため。)

しかし、なぜか固定観念があって「ラッカー系塗料はスプレー塗装でないと不可能、となっている。」と頑固に筆塗りを拒否。

「高いピースコン、コンプレッサー、塗装ブースを買わなくてはならない、そして、筆塗りよりマスキングのポイントのほうが重要だから、そこをしっかり教えてくれ。」といわれました。

私としては、筆塗りでまともに仕上げられるようになってからエアブラシにすればいいではないか、筆で十分素晴らしく仕上げられる。まず基本をマスターせよ、といっているのですが、忍耐力がないのか、完全に筆を馬鹿にしています。

そこで、「これぞ極意、筆塗りを馬鹿にするな!」と思われる方からの熱いアドバイスをお願いします。本人にも見せたいので、是非お願いします。

Aベストアンサー

模型製作暦40年になろうとしている中年モデラーです。

>「ラッカー系塗料はスプレー塗装でないと不可能、となっている。」と頑固に筆塗りを拒否。⇒塗装の基本を分かっていない輩とお見受けします。筆塗り出来ない者が、安易に考えるのがエアブラシ塗装です。こうなってしまったのは、今の模型雑誌の責任もあると思います。ここにも似たような輩(回答者)がいます。⇒http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1856686

エアブラシだと誰が作っても基本的には同じ画一的な作品に仕上がってしまいます。(全てと言う意味ではありません。エアブラシテクニックを極めるのもいいとは思いますが、基本はあくまでも筆です。)

>「これぞ極意、筆塗りを馬鹿にするな!」と思われる方からの熱いアドバイスをお願いします。⇒ご要望にお応えして、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使います。その後、蓋を開けっ放しで更に溶剤分を乾燥させます。完全に乾ききる一歩手前のどろどろ状態になれば準備完了です。

次に用意するのはキットの入っている箱です。その箱の裏側(イラストが書かれていないザラザラした面)に先程の塗料を数滴落とし、乾燥させます。

筆は面相筆5/0位がいいでしょうね。(筆は良いのを買って下さい。)それに溶剤(シンナー)を含ませ、上で準備した乾燥塗料をその筆でなぞり塗料を溶かします。(溶けない場合は溶剤を直接乾燥した塗料に数滴落とします。)その状態で塗装を行ないます。一定方向(塗装面に対し斜めになるように)に素早く同じテンポで塗って行きます。(下地が見えても大丈夫です。)これを何度も繰り返し、一通り塗り終わったら次は先程と逆方向に同じように塗装します。(No.2さんがお書きの通り)これを繰り返す事で、ムラのない綺麗な塗装面が得られます。面相筆で広い面を塗れるの?と思われるかもしれませんが、要は慣れと、コツを掴む事です。白などの隠蔽力の少ない塗料でもこの方法だと素材の色も消えてくれます。箱の塗料はあとあと使えますので、捨てないように!(塗料が乾燥しても溶剤を加える事で再利用出来ます。)

この方法だと、例えばWWII時代のドイツ機の迷彩塗装のボカシなども表現出来るようになります。

この方法はかなりの熟練を要します。慣れるまではかなり難しいと思いますので、経験を積む事が肝要だと思います。

(上記文は過去に私が回答した物から転載させて頂きました。過去ログは既にnonameになっています。)

エアブラシであろうが、筆塗りであろうが、直ぐにはうまく行くはずはありませんので、根気よく模型製作を重ねて行って欲しいと思います。継続は力なりですよ!

では、知人に宜しく!

模型製作暦40年になろうとしている中年モデラーです。

>「ラッカー系塗料はスプレー塗装でないと不可能、となっている。」と頑固に筆塗りを拒否。⇒塗装の基本を分かっていない輩とお見受けします。筆塗り出来ない者が、安易に考えるのがエアブラシ塗装です。こうなってしまったのは、今の模型雑誌の責任もあると思います。ここにも似たような輩(回答者)がいます。⇒http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1856686

エアブラシだと誰が作っても基本的には同じ画一的な作品に仕上がってしまいます。(全て...続きを読む

Qキシラデコールとオイルステイン

ウッドデッキやラティスなどの外部に用いる木材に塗る材料として、「キシラデコール」と「オイルステイン」をよく聞きすが、はっきり言った違いはなんでしょうか?

Aベストアンサー

>そっちも「あり」って感じなんでしょうか

そんな感じですね。日本メーカーで粗悪品はほとんど無いですし、安全性も確保されています。
ブランド商品的ですからね。こだわらなければ。
自然塗料系などもあります。(高額ですが)
また、ノンロット、タフウッド、サドリン、セトールなどなど、他の回答者さんの商品などあります。

>キシラと相性がいい木材はご存知ですか?今は杉かチークで手摺りルーバーを考えていますが、ほかに安価でいい木材があれば

木材に対して、塗装回数や下塗り剤(透明カラレス)も使用したほうがいい場合があります。
針葉樹、広葉樹で塗り回数も違います。
木材は多種多様ですし、入手しやすさ、価格もあります。この件は木材屋さんが更に詳しいと思います。

ちなみに、キシラデコールの施工方法などメーカーHPを書きに添付してみました。

また、施工時は結構くさいです^^;周り近所にも配慮したほうがいいですね。臭いに弱い方は避難したほうが良いですね。マスクなどしたほうが良いでしょう

>南方のお方でしょうか? 違います^^;

参考URL:http://www.jechem.co.jp/xyladecor/hogo/main_xylad.html

>そっちも「あり」って感じなんでしょうか

そんな感じですね。日本メーカーで粗悪品はほとんど無いですし、安全性も確保されています。
ブランド商品的ですからね。こだわらなければ。
自然塗料系などもあります。(高額ですが)
また、ノンロット、タフウッド、サドリン、セトールなどなど、他の回答者さんの商品などあります。

>キシラと相性がいい木材はご存知ですか?今は杉かチークで手摺りルーバーを考えていますが、ほかに安価でいい木材があれば

木材に対して、塗装回数や下塗り剤(透明カ...続きを読む

Qエアーブラシの洗浄について

本格的に塗装にチャレンジしようと思いタミヤのHGエアーブラシを買ったのですが。塗装をし終わって、次の色で塗装したかったのでエアーブラシにシンナーを入れ、うがいを2~3回して最後に全部分解して綿棒で中の届く範囲すべて拭きましたが、塗料カップにクリアを入れたら前に使ったオリーブドラブの色が出てきてしまいました、クリアなのでそのまま吹きましたが、クリアを吹き終わってまた洗浄をするとまだ前のオリーブドラブの色が残ってしまっていました。うがいをしてもカップの中には色は出来ませんのですがニードルにべったりオリーブドラブがついてしまっています。カンペキに前の色を綺麗に洗浄する方法は無いのでしょうか??

Aベストアンサー

過去にも何度か質問者さんの質問に回答している者です。

エアブラシの洗浄方法ですが、塗料は何をお使いですか? 油性か水性で変わって来ますが、お薦めはラッカーシンナーを使う事です。(油性でも水性でも使用できます。)

塗装終了後、カップに残った塗料を廃棄するなり、元のビンに戻すなりして空っぽにします。その後、カップ内に付着している塗料をティッシュなどで拭い去ります。そのままでは本体内部に塗料が残っていますので、その状態で空吹きして下さい。残った塗料が出なくなるまで新聞紙などに吹き付けます。塗料がなくるなると、エアだけになりますので、そこまで吹きます。

次に、ラッカーシンナーをカップに半分程度入れ、ノズルを指で押さえ(ティッシュで押さえるのが汚れなくていいと思います。)エアを吹きます。(あまり勢い良く吹くとシンナーが吹き出してきますので、吹き出さない程度にエアを吹きます。)エアが逆流して、いわゆる「うがい」状態になりますので、それを暫く続けます。「うがい」が終わったあと、カップにあるシンナー(汚れた状態)はそのまま塗装するような感じで新聞紙に吹いて下さい。(これようのアイテムがあります。PS257と言うのがそれ⇒http://www.mr-hobby.com/cgi/goods.cgi?category=7)

シンナーに汚れが付かなくなるまでこれを3・4回繰り返します。ラッカーシンナーはパッキン類を劣化させる可能性がありますので、その後、塗料用のシンナーでうがいを繰り返します。

これでほぼ洗浄は終了となりますが、もっと綺麗にしたい場合は分解洗浄となります。ガラスなどの大き目の容器にラッカーシンナーを入れ、そこにエアブラシを分解したパーツを浸して洗浄します。大まかに書くと、ノズルキャップ、本体、ニードル、塗料カップ、カップの蓋に分かれます。(ニードルの取り扱いには細心の注意が必要です。先端を曲げたり破損しないように!) 浸けっぱなしは避けて下さい。本体はノズル先端からカップ取り付け部分までシンナーに浸します。ニードル位置調整ネジ部分まで浸す必要はありませんし、浸さない方が良いです。)数十秒浸したあと引き上げ、ウェス(ボロギレ)やティッシュで拭います。本体内部に溜まっているシンナーは綿棒などで拭って下さい。(手で軽く振動を与えればある程度は廃棄できます。)シンナーが乾燥したら組み立て、再度、エアを吹きます。これで本体内部に残ったシンナーもなくなります。(組み立て時もニードルには注意!)

洗浄に使ったシンナーは廃棄せずに、容器に戻し(フタ付きのガラス容器がベスト)再利用して下さい。筆などの洗浄にも使えます。汚れが酷くなってきてから廃棄すれば有効利用出来ます。

ラッカーシンナーはホームセンターなどで入手出来ますが、店によっては用途などを言わないと売ってくれない場合があるかもしれません。模型店には洗浄用のシンナーがありますので、それを代用することも出来ます。

分解洗浄はそう頻繁に行なう必要はありませんが、シルバーなどの金属粒子の塗料を吹いた後などは、分解洗浄をお薦めします。金属粒子が、うがいだけでは綺麗に除去出来ず、普通の塗料を吹くと、なにかキラキラ光った感じに塗装されてしまう事があります。ですので、金属塗料を使った場合は、充分な洗浄が必要です。

水性塗料の場合、塗料が乾燥していない状態なら、水で洗浄できますが、乾燥してしまった場合は水で洗浄できません。この場合、ラッカーシンナーを使って下さい。

過去にも何度か質問者さんの質問に回答している者です。

エアブラシの洗浄方法ですが、塗料は何をお使いですか? 油性か水性で変わって来ますが、お薦めはラッカーシンナーを使う事です。(油性でも水性でも使用できます。)

塗装終了後、カップに残った塗料を廃棄するなり、元のビンに戻すなりして空っぽにします。その後、カップ内に付着している塗料をティッシュなどで拭い去ります。そのままでは本体内部に塗料が残っていますので、その状態で空吹きして下さい。残った塗料が出なくなるまで新聞紙など...続きを読む

Qプラモデル用の自作塗装ブースの換気扇について

私は趣味でプラモデルを作っているのですが、最近作成した自作塗装ブースの排気力に不満が出てきました。換気扇は25cmの台所用を使って押し出し式にしているのですが、塗料は十分吸ってくれるのですが臭気がなかなか全然排気されません。そこで有圧換気扇なる排気力のある換気扇の購入を考えているのですが、電気関係の知識がないため簡単に設置できるのかがわかりません。カタログではコンセント接続可能というものがあるようなのですがこれは台所用換気扇と同じようなものなのでしょうか?また、有圧換気扇に替えた場合シンナー臭は十分に排気されるのでしょうか??

Aベストアンサー

塗装ブースを作るのに台所換気扇はよく使われますが、皆様の言われるように吹き返しの問題があります。
押し出す力が弱いので、ダクト径を大きくしても、途中で曲がっていると吹き返すが起こってしまいます。

設置可能でしたら、このような吸い出し式にすれば良いと思います。

http://www.kobejyukou.com/jisakutosoubusu%20p01.htm
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Darts/1284/log/models030425.html

「塗装ブース 自作」で検索すると色々出てきます。

自作塗装ブースには、台所換気扇よりはダクト用換気扇がお勧めです。
ダクト用換気扇はシロッコファンですので、吹き返しの心配がありません。
ダクト用換気扇(メーカーによっては天井埋込型換気扇)をお店で購入すると高いのですが、オークションですとかなり安く手に入れる事が出来ます。
ヤフーオークションですと、家電、AV、カメラ→冷暖房、空調→換気扇で見つける事が出来ます。
お高いものもありますが、開始価格の安いものを気長に探せば、意外と安く手に入れる事が出来ます。
風量はメーカーHPで確認出来ますが、取付ダクト径が150mmであればほぼ300m3/h以上ありますので、市販品よりは強力な物が作れます。

使いこんで汚く恐縮ですが、私のブースです。
換気扇はヤフオクで3,500円、15cmアルミダクト約1,000円、衣装ケースは家にあった不用品を使いましたので、ネジやフィルター(レンジフード用フリーサイズ)を含め約5,000円で完成しました。
風量は400m3/hですので、市販の最強品よりは80%位強力です。

塗装ブースを作るのに台所換気扇はよく使われますが、皆様の言われるように吹き返しの問題があります。
押し出す力が弱いので、ダクト径を大きくしても、途中で曲がっていると吹き返すが起こってしまいます。

設置可能でしたら、このような吸い出し式にすれば良いと思います。

http://www.kobejyukou.com/jisakutosoubusu%20p01.htm
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Darts/1284/log/models030425.html

「塗装ブース 自作」で検索すると色々出てきます。

自作塗装ブースには、台所換気扇よりはダクト用換...続きを読む

Qコンプレッサーについてです。 エアテックスのAPC-001は使い勝手の

コンプレッサーについてです。 エアテックスのAPC-001は使い勝手の良いコンプレッサーでしょうか? オートスイッチ機能でハンドピースのボタンを押すと作動して放すと止まるみたいですが、この機能によりクレオスのL5のように塗装時間が無制限になるのですか?夜間の使用などについても教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

> ハンドピースのボタンを押すと作動して放すと止まるみたい
こう思ってる人が多いんですが、間違いです。

オートスイッチは別名を「圧力スイッチ」と言いまして、エアブラシの動作にはまったく関係ありません。
上限のエア圧に達すれば止まるし、エア圧が下限に達すれば動き始めます。


> 塗装時間が無制限
なりません。
コンプレッサーは発熱して故障することもありますから、連続動作は1時間程度です。
(15分~30分が多いので、これはかなり長い方でしょう)
オートスイッチは、この「連続動作による故障」を避けるために付いているものです。また、オートスイッチがあるからといって無闇に長時間使用すると、オートスイッチに故障が起きる可能性もありますし、本体もかなり高温になってしまいます。


夜間の使用は環境に依存しますが、静かとは言い難いと思います。
防音対策(座布団に乗せるだけでも違うんですよ)をしないなら、避けた方が賢明かなと思われます。


クレオスのL5と大きく違うのはエア圧と空気吐出量です。
圧力では3倍くらい、空気吐出量だと8倍くらい上回ってますので、メタリックやウレタン塗装などでは威力が発揮できるでしょうし、トリガータイプのエアブラシには最適のコンプレッサーでしょう。
問題は騒音の方でしょうね。

> ハンドピースのボタンを押すと作動して放すと止まるみたい
こう思ってる人が多いんですが、間違いです。

オートスイッチは別名を「圧力スイッチ」と言いまして、エアブラシの動作にはまったく関係ありません。
上限のエア圧に達すれば止まるし、エア圧が下限に達すれば動き始めます。


> 塗装時間が無制限
なりません。
コンプレッサーは発熱して故障することもありますから、連続動作は1時間程度です。
(15分~30分が多いので、これはかなり長い方でしょう)
オートスイッチは、この「連続動作による故...続きを読む


人気Q&Aランキング