質問させてください。

借金を完済している場合、過払い金返還請求をするとブラックリストに載りますか?
それとも、ブラックリストに載るケースは、完済してない場合ですか?

また、他社のクレジットカードやETCカードは使えますか?

私はニコスカードを使っています。借金を完済したので、過払い金返還請求をしようと思っています。
そこで質問ですが、借金を完済している場合に過払い金返還請求をするとブラックリストに載りますか?

そして、過払い金返還請求をするとニコスカードは使えなくなると思うのですが、他社の(銀行系、流通系など)のクレジットカードやETCカードは使えますか?
ご存じの方、教えてください。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>借金を完済している場合、過払い金返還請求をするとブラックリストに載りますか?


 ・完済している場合は、信用情報上は何ら記載はされない・・・一般的に言うブラックにはならない(1)
>それとも、ブラックリストに載るケースは、完済してない場合ですか?
 ・実際に過払いに当たるかどうかによる
   過払いが発生している場合・・過払い請求が出来る・・信用情報上は記載されない・・ブラックにならない(2)
   過払いが発生していない場合・・過払い請求自体が出来ない(出来るのは債務整理等)・・(債務整理等を行うと)信用情報に記載される・・ブラックの状態になる(3)

>また、他社のクレジットカードやETCカードは使えますか?
 ・前述の(1)(2)の場合は問題無く使用できる・・現状のまま
 ・前述の(3)の場合は、カード会社次第で信用情報を確認した時点(不定期に確認をしている場合)で何らかの対応がされる(そのまま、枠の減額、使用停止等)
   カードの更新は難しい(使えても更新時まで)・・更新時は信用情報を確認するので  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
丁寧なご説明で大変よく分かりました。
ありがとうございました。勉強になりました。

お礼日時:2014/04/12 09:11

> 過払い金返還請求をするとブラックリストに載りますか?


数年前だと載っていました。
しかし、監督官庁の指導により、現在はそういうことは無いです。

> 他社の
載らないから、他社が過払い請求の事実を知る方法が無い。
知らないから、影響が無い。
グループ企業なら、社内情報の共有化等があるので、過払い請求の事実を知る可能性が有り、その場合は影響することがあるかもしれない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
要はブラックリストには載らないと考えてよろしいですね。

それで、他社のクレジットカードなら持てるということですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/11 15:49

私個人の考えは過払い金請求してもブラックリストに載りません。

支払い状況に問題がある場合に信用情報に載ります。
過払い金を請求した会社からローンなどの借り入れは出来ないと思います。事故者は与信情報掲載期間(5~7年)経過して
情報がなくても同じ会社での再契約は拒否される場合があります。

他社については契約可能です。

与信情報は掲載がなくてもカード会社の記録にあります。私は7年ぐらい未払いでしたが、突然、特別督促(裁判)
を起こされ未払い金一部未納で和解し入金しました。

このように与信情報とカード会社の事故者の情報管理は別です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
過払い金返還請求するだけではブラックリストには載らない。
同じ会社でのカードは使えない。
他社のカードは使える。
・・・というわけですね。

よく理解できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/11 07:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「裁判で負けても相手側の弁護士費用まで負担しなくていい」はホント?

裁判で負けても相手側の弁護士費用まで負担しなくていいというは本当ですか?

現在裁判を起こそうかどうか迷っているものです。

裁判を躊躇してしまう原因は弁護士費用にあります。

自分の弁護士費用まではなんとかできるのですが、敗訴した場合、相手側の弁護士費用まで負担するリスクを考えしまい、裁判を諦めていました。

ところが先日、敗訴しても相手側の弁護士費用まで負担しなくてよいと法律で決まっていると書いている本を見つけました。

この本に書かれていることは本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに「訴訟費用」には含まれません。

ただ、なんだかんだ理屈つけて弁護士費用を請求します。たとえば、慰謝料請求の場合だと「損失」の中身として弁護士費用を請求しますし、実際合理的な範囲内だと弁護士費用を「損失」として認定しています。ただ、弁護士強制主義を採っていないわが国では、その「合理的な額」というのも少ない感じがします。ですので、相手が何千万もかけて大弁護団を引き連れて、その結果負けたとしてもその全額払う必要はないはずです。せいぜい一人分といったところでしょうか。

Q消費者金融複数から計100万借金し完済しました。このような場合過払い金

消費者金融複数から計100万借金し完済しました。このような場合過払い金は戻ってくるでしょうか。
借金したのは約5年前で、アコム、プロミス、武富士、アイフルからです。
カードも返してしまいましたが方法があるのなら返還請求をしたいのですが・・・。。
もし可能性があるのであれば、請求の方法などもご教示いただけると非常にありがたいです。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

連続投稿で申し訳ないです。
下記の補足についてお答えします。

「完済後であれば過払い請求しても問題ない」とうのはあくまで、信用情報機関には事故情報として載らないという意味であり、makookwebさんのおっしゃったことの問題は残ります。

社内の情報と信用情報機関の情報は別物なのです。

Q弁護士費用保障特約と弁護士費用

弁護士費用保障特約を使って弁護士を代理人とした場合、
裁判は行わなかったとして、示談金の中で弁護士費用を負担してもらうことはできるでしょうか。
被害者側では実質的には弁護士費用は発生しなかったとしても費用を保険金から使っただけのことで補償の対象になるようにも思うのですが。
また、特約という経費はかかってもいます。

Aベストアンサー

>弁護士特約を利用して弁護士を雇った場合、相手の保険会社から弁護士費用は出るのかという質問です。

出ないから保険会社はこの特約を販売しているのです。相手からもらえるのであれば、弁護士費用補償特約に加入する必要はありませんよ。

弁護士費用補償特約は、被保険者が事故によって被った損害について加害者側に損害賠償請求を行う際、弁護士費用を負担することとなれば、その弁護士費用を保険金として支払うというものです。

支払い対象となる費用は、弁護士・司法書士・行政書士やADR機関に支払った報酬、裁判所に納付した訴訟費用のほか、これらに対して支払った仲裁、調停、和解に必要として費用と、法律相談の対価として弁護士・司法書士・行政書士に支払った費用です。

つまり、弁護士が代理人として加害者側と交渉し示談できた場合、弁護士に支払う報酬等はこの特約から支払われます。もちろん、調停や訴訟に要した必要も同様です。

しかし、加害者側の保険からこれらの費用が支払われることはありません。
加害者側の保険からこれらの費用が支払われるのは、訴訟を提起し、その判決で裁判所が被害者側の弁護士費用を損害と認め、それを含めた訴訟費用の支払いを命じた場合だけです。

なお、裁判所が被害者側の弁護士費用を損害と認定した場合でも、被害者が実際に支払う弁護士報酬を認定するのではなく、裁判所が妥当と判断した金額で、被害者が実際に支払う金額よりかなり少ないのが通例です。

だからこそ、保険会社は保険契約者・被保険者を守るためにこの特約が必要であるとして販売しているのです。

>弁護士特約を利用して弁護士を雇った場合、相手の保険会社から弁護士費用は出るのかという質問です。

出ないから保険会社はこの特約を販売しているのです。相手からもらえるのであれば、弁護士費用補償特約に加入する必要はありませんよ。

弁護士費用補償特約は、被保険者が事故によって被った損害について加害者側に損害賠償請求を行う際、弁護士費用を負担することとなれば、その弁護士費用を保険金として支払うというものです。

支払い対象となる費用は、弁護士・司法書士・行政書士やADR機関に支払っ...続きを読む

Q過払い請求(不当利得返還請求)で提訴後、和解する場合

現在、レイクに対して過払い請求(不当利得返還請求)を行っています。
第一回公判期日が決まった後、答弁書が送られてきて、内容を確認すると元金全額の提示がありました。
この金額で和解しても良いかなと思っていて、レイクに直接連絡しよう和解の手続きをとろうと思うのですが、その際に何か注意することはありますか?
また、出来れば利息分として、元金+αに出来ると良いかなと思っています。ちなみに元金は108万で、利息は12万くらいになります。私の希望としては利息の半分くらいは欲しいです。

実際に交渉された方など経験者さんの意見を聞きたいと思っています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>答弁書が送られてきて、内容を確認すると元金全額の提示がありました。
>この金額で和解しても良いかなと思っていて
>1回目は相手は欠席とのことで、正直なところあまり時間をかけたくないもので。
でしたら任意和解でも良いと思います。どうしても利息ほしいなら裁判で争ってくださいとしか言いようがありません。

>レイクに直接連絡しよう和解の手続きをとろうと思うのですが
法的効力に拘らないなら全く問題ありません。
また裁判でと言いましたが、直接の利息交渉もかまいません。「利息も請求します。でなければ裁判を続行します。○○日までに返答ください」くらい言っても良いですけど。その分日にちかかりますが。
無理そうなら元金和解でいいんじゃないですか。

>その際に何か注意することはありますか?
任意和解なら和解書のことは向こうから話がありますから、質問者としてですと訴訟の取り下げは口頭弁論日前に返還してもらってからするように注意してください。

Q自動車保険の弁護士費用特約とは・・?

日新火災海上保険の自動車保険に加入しているのですが、更新の際に、弁護士費用特約を付けて更新するように勧められました。

以下の弁護士費用特約というのを確認したのですが、
-------------
弁護士費用特約
交通事故の相手との交渉を弁護士に依頼する場合や、裁判になったときに必要な弁護士費用を補償してくれる特約です。
---------------

自分が被害者になったときのために保険会社が存在するのであって、その際に法的トラブルが生じて、弁護士を雇うことになったとしても、それは、保険会社の本来業務であって、弁護士費用を加入者に請求するのは筋違いのような気もするのですが、この特約は、どういう趣旨で設けられているのでしょうか?

詳しい方、どうぞご回答下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。

え~と、チョッと勘違いと言うか、誤解されている部分が有りますが・・・(汗)

>自分が被害者になったときのために保険会社が存在するのであって、云々・・・

基本的に自動車保険は「貴方が加害者」となった時に、被害者から請求の有った損害賠償金を貴方に代わって支払う物です。
ですから「貴方が加害者」になった時は、保険会社は示談交渉などの代行が出来ます。
もちろんこの場合もし裁判になったとしても、弁護士費用などは保険会社が全額見てくれます。

しかし、貴方が被害者になった時は、貴方の契約している保険会社は一切手出し出来ません(非弁活動の禁止)・・・(涙)
なぜなら、貴方に損害賠償する責任が無いからです。
確かに最近は有る程度のアドバイスはしてくれるようですが、弁護士費用などの支払いはしてくれません(する責任&必要が契約上無いから)。

事故の加害者が良い人だったり、相手の保険会社が素直に支払ってくれればいいのですが、そうでは無い場合、示談交渉や裁判をしようとして弁護士に依頼すれば、その費用は全額貴方が負担する必要が有ります。

特に最近は個人の権利意識(この場合もそう言うのかな?)がむやみに拡大解釈されていますし、そもそも無保険(約3割?、バイクや自転車などはもっと多い)の人も増えてますから、なんかの拍子で示談交渉がもつれる事が多々有ります。

弁護士費用特約 とは、このような場合に弁護士費用を300万円(だったかな?、法律相談費用の場合は10万円まで?)まで補填する物です。

最近はもう一歩進んで、日常事故解決費用特約と言う物に変わりつつ有ります。
この場合、本来のもらい事故はもちろんですが、日常生活において加害者や被害者になった場合に、弁護士費用などを見てもらえるようになっています。

ま~、必要が無いと思われれば掛ける必要は有りせんが、そう高くも無い特約(2,000円位?)ですから、掛けられても良いのでは?

では!

おはようございます。

え~と、チョッと勘違いと言うか、誤解されている部分が有りますが・・・(汗)

>自分が被害者になったときのために保険会社が存在するのであって、云々・・・

基本的に自動車保険は「貴方が加害者」となった時に、被害者から請求の有った損害賠償金を貴方に代わって支払う物です。
ですから「貴方が加害者」になった時は、保険会社は示談交渉などの代行が出来ます。
もちろんこの場合もし裁判になったとしても、弁護士費用などは保険会社が全額見てくれます。

しかし、貴方...続きを読む

Q任意整理と過払い請求中の自己破産。 この場合過払い金は支払われるのでしょうか?

現在任意整理と過払い請求を弁護士を通してしています。

1社は整理済みで払ってますがもう2社の整理と過払い請求が3ヶ月程で済みます。

どうせブラックリストになるなら・・・と整理後の支払いもきついので自己破産を考えています。

「自己破産者には過払い金は返済されない」とどこかで見たのですが、自分の場合はどうなるのでしょうか?

過払い金が戻ってくるまで自己破産は待ったほうが良いでしょうか?

あと、自己破産を弁護士に依頼した場合、大体の費用はどのくらいでしょうか? 参考費用で構わないので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>「自己破産者には過払い金は返済されない」とどこかで見たのですが、自分の場合はどうなるのでしょうか?
>過払い金が戻ってくるまで自己破産は待ったほうが良いでしょうか?

自己破産と過払い請求を行うときのポイントは、自己破産申立と過払い請求を同時に行わないことです。
自己破産の準備中に過払い金が発生することがわかると、東京ですと20万(地域により異なります)を超える過払い金は、債権者に配当されてしまいます。
ですので、はじめに過払い請求をして過払い金の回収をした後に
自己破産申立をすれば、全額の過払い金の回収は可能です。

自己破産を弁護士に依頼した場合、大体の費用はどのくらいでしょうか?
30~50万

Q自動車保険の弁護士費用の特約

今月中に更新を迎える自動車保険を保険会社を変えようかと思っています。
一括見積もりサイトで見積もって見たのですが、金額だけの比較しかできず色々迷っていると、ソニー損保の「日常生活弁護士費用等担保特約」が目に留まりました。

通常は交通事故だけの弁護士費用特約ですが、日常生活までカバーしてくれる弁護士費用特約があるとは知りませんでした。

そこでこの「日常生活の弁護士費用特約」がある保険会社を探しています。
私が探したところ、
ソニー損保、エース損保、AIU、三井住友海上がこの特約があるようです。

他にもこの日常生活の弁護士費用特約のある保険会社があったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ニッセイ同和損保にも「日常生活被害事故弁護士費用等担保特約」
というのがありますよ。

Q完済 借金過払い金について

20歳頃から28歳頃まで、
アコ○にて借金を続けました。
多い時で200万以上あった気がします。
借り換え一本化で完済し、すでに2年ほどたっています。
その情報を以前に書き込んだ所、完済後なら信用情報に傷を付けず、
過払い金が取り戻せるのではないか?と聞きました。
私の所にアコ○でどれくらいどの様に借金をしていたか、
という記録は残っていません。
それでも取り戻せるのでしょうか。

また、取り戻した場合、
信用情報に傷が着く(ブラック)のでしょうか。
もし、それを弁護士さんにお願いし、
後日信用情報になんらかの記録が残った場合、
それを訂正させることは可能なのでしょうか。
ぜひ、教えていただければと思っております。
ちなみに、一本化したのはオリッ○ス、と東京○ター銀行で、
この2つは今も返済中。
利率は15%以内です。

Aベストアンサー

>私の所にアコ○でどれくらいどの様に借金をしていたか、という記録は残っていません。それでも取り戻せるのでしょうか。
アコムに取引履歴の開示請求をしてください。ご自身での引きなおし計算も難しくありませんので過払いが生じていれば返還請求は可能です。
取引期間中の元金の返済状況によっては100万円以上生じている可能性が高いでしょう。

>また、取り戻した場合、信用情報に傷が着く(ブラック)のでしょうか。
個人信用情報機関では通常は約定通りに返済しない場合に事故情報が登録されるのが本筋です。
また、過払い請求とは金融業者の不法行為(みなし弁済の要件を満たしていない)により利息制限法以上の払いすぎた利息を返還請求することです(決して出資法上限の利息を適用していることが違法ということではありません)。
このことから、約定通り完済することと過払い請求をすることは、本来は別個に考えなければなりません。

ですので、私の持論としては完済後の過払い請求は事故情報の登録要件としては不適当ということです。
では実際のところはというと、金融業者、個人信用情報機関により判断が分かれているのが現状のようです。
また、登録情報も債務整理ではなく過払い請求と記載する動きもあるようですが具体的にはわかりません。

また、信用情報の登録情報は訂正・削除の申し立てができますので事前に個人信用情報機関にヒアリングされても良いと思います。

>私の所にアコ○でどれくらいどの様に借金をしていたか、という記録は残っていません。それでも取り戻せるのでしょうか。
アコムに取引履歴の開示請求をしてください。ご自身での引きなおし計算も難しくありませんので過払いが生じていれば返還請求は可能です。
取引期間中の元金の返済状況によっては100万円以上生じている可能性が高いでしょう。

>また、取り戻した場合、信用情報に傷が着く(ブラック)のでしょうか。
個人信用情報機関では通常は約定通りに返済しない場合に事故情報が登録されるのが本...続きを読む

Q弁護士費用の請求

下記で質問した件について、弁護士を通して請求したいと思います。
http://okwave.jp/qa5309012.html

弁護士費用は、相手が無断使用しなければ発生しなかった費用です。
損害賠償請求にかかる弁護士費用は、相手に請求できるのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

弁護士費用の請求はできないと思います。正確にいうと「請求する」こと自体は自由なので、相手が素直に応じてくれるのであれば受け取っても問題ない。ただし相手が応じない場合に裁判所は(少なくともこの点においては)あなたの味方にはなってくれない、という意味です。

理由は「弁護士を雇うのはあなたの意志だから」です。あなたの意志が入る以上、「損害」とは性格の異なる要求になります。これは仮に裁判になったとしても同じことです。

Q完済後の過払い金請求について

1年ぐらい前に、消費者金融からの借入れを返済したのですが、過払い金返還請求を行おうと思っています。そこで、引き直し計算方法について、ご質問させて頂きます。最近の判例によると、過払い金に対する利息を請求できるとのことでした。では、いつまで、その利息を付けてよいのでしょうか、たとえば、契約を解除したその日まで利息を付けてよろしいのでしょうか。ご理解のある皆様よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> いつまで、その利息を付けてよいのでしょうか
請求額を計算して、請求書に記載する日付(書類を出した日)まで。

気を付けたいのは、請求する権利はあるが、相手は支払う義務はないと言うこと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報