金星は公転周期よりも自転周期のほうが長く、1日は1年より長いといわれています。確かに恒星を基準にした場合はそうだと思います。しかし、もし金星に立つことができたら、その1日はやはり太陽を基準にしたものを考える必要があると思います。太陽の南中から次の南中を1日とする場合ですが、次のように考えてみました。正しいですか?

まず、公転:自転=1:2(1回公転する間に2回自転する惑星、以下も同じ)の場合は1年=1日。公転:自転=1:1の場合(地球に対する月のように)は1日は永遠に続き、次の日は来ない。この前者2つの間、例えば公転:自転=1:1.5になると1日が1年より長くなります。
次に自転していない場合、公転:自転=1:0の場合は、1年=1日。ただし地表から見た太陽の運行は西から東。さらに自転の逆行、公転:自転=1:-1の場合は、1年=2日。これも太陽の運行は逆行します。

つまり、金星のように自転が逆行している惑星に立った場合で、太陽の運行を基準にした場合は、1日が1年を超えることはないと思います。どうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ひたすら図を描いて求めました。


その結果、
 惑星のある地点で観測される太陽の南中回数をYとおき、公転と自転の比を1:Xとすると、

  Y=X-1

の関係がありました。
つまり、惑星が1公転の間にX回自転すつとき、太陽はX-1回頭の上を通りすぎます。
もちろん、Yの値がマイナスのときは日は西から昇り、東へ沈みます。
ただし、この結果は、
 X=4,3,2,1,0.5,-0.5,-1,-2,-3,-4
のときの結果からもたらされたものですので、Xの値が大きいときは当てはまらないかも知れません。

まぁ、普通はkeronyanさんの書かれた通り、自転を一日、公転を一年として扱われているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変なご尽力ありがとうございます。私の太陽を基準とした場合の金星の1日の考え方が、おおむね正しいといえる訳ですね。これをもとに考えると火星から空を見た場合に、その衛星であるフォボスは火星の1日の間に、2回登って沈むということが導き出せると思います。面白いですね。実際に見てみたくなりました。といっても無理か。また、もし、地球にもフォボスのように1日に2回転するような衛星があったら、古代の人はどう思ったのでしょう。同じ天体と認識できたのでしょうか。昔は宵の明星と明けの明星は、別の天体と考えられていた時代もあったそうですから。などなど、考え出すと、きりがありません。

お礼日時:2001/06/15 15:08

私は年金の専門家でして,「年金」で検索したらこのページが出てきて (-_-;) 思わず読み入ってしまいました。



金星人がいたとして「1日」とか「1年」という感覚が発生しますかね?地球人の感覚で考えてもわからんでしょうな。

年とか日などの「サイクル」というものは,同じ行程を繰り返す経験から得る感覚だと思うんですよ。南中よりはまず日の出について「あ~今日もまた日が昇った。よかった。」と思うから「1日」というサイクルが体に刻まれる。そのうち,「でも待てよ,太陽の出てる時間にも『サイクル』があるな~。」とおもうわけで,そこから「年」というサイクルの存在に気付くわけで・・・。

金星では「日」「年」の感覚ではなく,「雨期」「乾期」みたいな感じで「太陽の時代」「暗黒の時代」みたいな感覚かも知れません。金星人の寿命とそのサイクルとの関係によっても,感覚は違ってくるでしょうし。「おじいちゃんは生きてる間ず~っと太陽というもんを見たことないんじゃよ。」なんてことあったりして。
実際,地球上でもカゲロウなんかはそうかも・・・。カゲロウは「日」とか「年」なんて知らないでしょうね。

金星人の考えることはわからんわ。(x_x)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い回答をありがとうございます。雨季、乾期みたいな感じ、私もそう思います。おじいちゃんの話もおもしろいですね。これはむしろ、例えば天王星に人が住んでいたら(実際には地殻がないから不可能?)を考えた方が面白いのではと思います。1年が地球の80年以上になるわけですから、「おじいちゃんはこの歳になるまで春をずーと待っていたんじゃよ。春はいいねー。」なんてこともありますかね。実際には気温や日照の問題があって、地球の四季とは訳が違うと思いますが…。逆に地球の1年が今よりもっともっと長かったら?などといろいろ考えてしまいました。

お礼日時:2001/06/15 15:32

たとえば月は地球に対して自転と公転がほぼ一緒で、地球を向いている面はずっと地球を向いています。


ここで、これを太陽と惑星の関係に置き換えると月の昼の部分はずっと昼であり、
夜の部分はずっと夜になります。

つまり、太陽の南中を一日にすることはこの場合意味を無くしてしまいます。

汎用的に考えるならば自転を一日、公転を一年という地球的な見方を取ることが妥当性があります。

そこに生活するならば太陽が南中する事を一日の基準にすることが、生活していく上で妥当性があると思います。

今回は単に惑星の公転自転の説明に一日=自転、一年=公転とおいたと言うことではないでしょうか。
    • good
    • 0

金星人の感覚を想像するなら、私にはdeagleさんよりもsarudoshiさんの方が


正しいように思います。現に我々にとっての感覚的な1日は太陽が南中して
から次に南中するまで(太陽日)であって、南中する約4分前まで(恒星日)
ではないですからね。
ただし、地球人の立場で金星の1年と1恒星日を比較するのは意味のない
ことではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。そうです。金星人の感覚を想像しているのです。もっとも現在金星の生命は確認されていないのですが。気温や気圧などの生命が解決するべき問題はたくさんあるようですね。さし当たって、まず金星人の立場に立った1日と1年の感覚に対する私の考えが、正しいかを知りたいのです。やっぱり金星人にとっては1日は1年より短いという、単に私の思考実験に過ぎないのですが、このようなことを説明している文献を知らないので。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/06/07 10:44

 「1日」の定義が違うからではないでしょうか。



 たしかに金星の場合、自身が1周するより先に太陽が黄道上を1周してしまうので、それを1日と見ることもできます。ですから金星のように公転よりも自転の方が遅いと、1日の定義と1年の定義が逆転しますね。
 しかし、一般にいう1日というのはあくまで「惑星が1回転する時間」ですから、金星人にとって1日は、太陽が黄道上を1周する時間とは関係がないことになってしまうわけです。

 ですからこの問題は、1日の定義をどう見るか、によって答えが変わってくることになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6月の金星日面通過は肉眼でも見えるの?

6月6日朝の、金星日面通過の際、観測用メガネ使用して見れば、肉眼でも小さな黒い金星が見えるのでしょうか・・?

Aベストアンサー

日面通過の時の金星の視直径は1分角弱で、太陽の約1/30。
日食観測用の眼視フィルタを通してみれば、十分な
コントラストで、見えるはず。
#実際に見たことはないですが・・(未体験)

視力1.0のCマークのギャップとほぼ同じくらいなので、
当然、視力が良くないとだめですが。

前回の、水星の日面通過の際は望遠鏡で観望していましたが、
さすがに肉眼では見えなかった。
#水星は金星よりさらに小さい

Q地球の自転の周期と公転の周期が違う理由

私なりに自転周期は、自転軸が公転面と垂直でないことがなにかしら関わっていて、公転周期は公転軌道が楕円であることがその理由に関わっているんだろうとおもったのですが、自転周期が半年となって公転周期が1年となるのはなぜですか。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀河系辺境星域第3惑星のことですか?にしては自転周期が違い過ぎる。

自転は地球と月の成立ちが関係。
公転は太陽の重さと距離が関係。

Q金星について 月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部

金星について

月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部を三日月と言いますが金星が三日月のような形になったとき、それをなんという名前で呼ぶのですか?名前はあるんですか?
教えてください!

Aベストアンサー

金星や水星の満ち欠けについては名称は無いですね。
天球上の動きに対して順行逆行が入れ替わる留や内合・外合、東方最大離角、西方最大離角がありますが、
満ち欠けは望遠鏡が発明された後で判った事なので古来の名称はないですね。

Qなぜ月の公転周期=自転周期?

月が地球から常に同じ面を見せているのは月の公転周期が自転周期と等しいからということを教えられました。それでは、なぜ寸分違わず等しいのでしょうか?もしコンマ1%でも周期が違っていれば、数十年もすれば地球から見える月の面が違ってくるはずだと思うのですが。この測ったように等しくなっている理由は何でしょうか。

Aベストアンサー

まず第一に、月と地球はそれぞれ勝手に自転していました。ただしここで、他の惑星系とは異なる大きな違いが地球-月系にはありました。

それは「通常よりも明らかに大きい衛星月」です。このために、地球-月系では「お互いに与える潮汐力」が他の惑星系に比べて大きくなる事になります。潮汐力というつい、干潮・満潮ばかりに目がいきますが、ポイントは「近い側と遠い側との引力の差」です。
この潮汐力が他の惑星系に比べて大きかったのです。そのために月は早い段階で「重い側を地球に向けて安定」し、地球は月によって潮の満ち干を受ける事になります。

余談ですが月は地球に潮の干満を与える事で回転モメントを得「より遠くに遠ざかっており」ます。No.5さんのように近づいているという事はありません。NASAの測定によって、年数センチずつですが遠ざかっております。

Qホロスコープに詳しい方教えてください。 1978年生まれです。 太陽乙女座 月蟹座 水星獅子座

ホロスコープに詳しい方教えてください。
1978年生まれです。


太陽乙女座
月蟹座
水星獅子座
金星天秤座
火星天秤座
土星乙女座


出生時間はわかりません。


複数の女性と付き合ったり
熱しやすく冷めやすいタイプでしょうか?

Aベストアンサー

彼氏さんのことでしょうか?

私は、ホロスコープを勉強していましたが、太陽が乙女座で月が蟹座だったら、どちらかというと浮気をしないで真面目に女性と付き合うタイプだと思います。

恋愛を表す金星と火星が天秤座なので、フットワークが軽くて、浮気するつもりはなくても、女友達をきちんとキープして男女皆で仲良くするのが好きではないかと思います。

私は、太陽がさそり座で月が射手座、火星は射手座で金星が天秤座です。浮気はしないですが、魅力的な男友達を沢山作って男女皆で楽しく遊ぶのが好きで、そんな人生を生きたいです。

浮気をするわけではないけど、同性としか話せず仲良くできないのはつまらないのではないかと思います。私も人間として色んな人と付き合いたいです。

でも、ホロスコープは絶対ではないですからね。

Q月の自転周期と公転周期

もし仮に、月が自転せずに地球の周りをまわっていたら、地球に同じ面を向けたまま回るのでしょうか?私は、そう理解しているのですが、間違いですか?

もしこの理解が正しければ

「月の同じ面しか地球からは見えないのは、月の公転周期と自転周期が一致するからである」というのはウソですよね?

私の理解では
「月の同じ面しか地球からみえないのは、月が自転せずに公転しているからである」なのですが。

Aベストアンサー

もしも「月が自転せずに公転している」としたら、地球からは月の裏も表もまんべんなく見ることができるでしょう。

同じような質問が以前にもありましたので、ご参考までに。

http://okwave.jp/qa/qa6241303.html
http://okwave.jp/qa/qa6485161.html

Q金星って何ですか?

相撲でよく金星と聞くんですがどういった意味ですか?

Aベストアンサー

金星とは横綱に平幕力士が勝ったときのことをいいます。 因に、銀星という言葉もあるんですが、ご存知ですか? それは大関に平幕力士が勝ったことを言います

Q月の自転と公転周期が同じな理由

フジテレビ「月は自転しない」で視聴者からツッコミ殺到 「スタッフの確認不足から生じたミス」と謝罪
と言うネタを見た。

では、何故「公転と自転の周期が一致している」のでしょうか?

私の推測では、起き上がり小法師の様に、地球の引力により、重い元素が地球側に集まった為。

閑人の素朴な疑問に、お付き合い頂ける方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原始地球がまだ熱く柔らかかった頃、巨大な隕石が激突し、外に散らばった破片が固まってできたのが月だ、というのが通説(ジャイアント・インパクト説)だというのはご存知だと思います。質問者様がおっしゃるように、冷えて月が固まるときに、核が中心少しズレた位置にできてしまったため、重い側(今の月の表)がずっと地球の重力で引かれるようになったと思われます。

重心のズレの原因は、たしか鉄の分布だったと思います。
下記資料にも似たようなことが書いてあったので、ご参考までに。

参考:日本経済新聞 プラスワン
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO92034990U5A920C1W12001?channel=DF210220171916&style=1

Q2011年3月で、風水的に引越しに適した日とは?

単純に大安かなぁと思っていたのですが、友達に風水で調べたほうがいいと言われてまして・・・
私は1977.1.17の六白金星です。移動方向は約3.3キロ離れた東北方位です。詳しい方、ご教授下さい。

Aベストアンサー

“方位学”のことで良いのでしょうか?
六白だと3月の北東はとても良い方角のようですね。活動力と財運の上昇する方角です。
7,8,10,16,19,25,26,28と4月3,4が良いみたいですね(3月の月盤になるのは3月6日以降です)。
とはいえ、方位学では年盤と月盤が重要で、日盤が良くないからと言ってそこまで落胆しなくて大丈夫ですよ。まあ、もちろん日盤も良いのが最高ですが。

方位学では、吉方位へ行くと、4,7,10ヶ月目に強く効果が表れると言われています(吉方位へ行った月を“1月目”として数えます)。
そして六白の効果は特に7ヶ月目に強く表れますから、3月に引っ越した場合、3月を1月目と数えて9月に良い効果が出ます。楽しみですね。

なお、こちらのHPでも簡単に調べられますよ。
http://www.kigaku.net/

良い事がたくさん起こりますように。

Q「自転速度」とは、自転周期のことですか?

太陽の表面の自転速度は、赤道付近が極付近に比べて速いということですね。
太陽の中心部はひと塊になって自転している、
つまり、自転速度はほぼ一定と辞典の中に記述がありました。

私は、「自転速度」といえば、「ある緯度の表面の速度」と考えていましたので、
太陽の中心部がひと塊になって自転していれば、
緯度の高さによって自転速度は違ってくると考えていました。

しかし、上記のように宇宙の辞典の中の記述によると、
「自転速度」とは、速度ではなく「自転周期」または「角速度」ということになってしまいます。

定義を知りたいと、検索したのですが、見つかりませんでした。
「自転速度」の定義についてのページをご存知の方は教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定義そのもののページがうまくみつかりませんでしたので,「自転角速度」の意味で「自転速度」を使用している例を紹介します。(個人のサイトではなく,公的なところで)

質問4-4) 1日の長さは変化しているの?(国立天文台)
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html

2-3-4-3. 自転速度の変化(日本測地学会 測地学のテキスト)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part2/2-3/2-3-4-3.html

これらのページでは,明らかに(地球の)「自転の角速度」の意味で「自転速度」という言い方をしています。
角速度が一定であっても,回転に伴うある1点の速度は,回転軸からの距離に比例して大きくなりますが,そんなことはあまりにも自明なことですよね。
自転速度について論じるとき,「私の立っている地面はどのぐらいのスピードで動いているか」とか「東京と赤道とでそのスピードは何倍違うか」などといった議論は,一般人向けの話題は別として,少なくとも天文学の研究について話すときは,めったに出て来ないのではないでしょうか。

太陽の場合は固体ではなく気体ですが,その場合でも,緯度による自転速度の差を論じる場合,固体の回転と同様のイメージがありますので,速度ではなく角速度を意識するのは自然なことだと思います。

そんなわけで,文脈上どうしても必要なとき以外は,自転角速度の意味で,自転速度という一種の省略形が使われるのでしょう。

このへんは英語でも同様で,rotation velocityという単語を,角速度の意味で使っていたり,速度の意味で使っていたりしますが,ある程度学術的な内容の時は角速度の意味で使っている場合が多いようです。

ただ,「自転周期」の意味で「自転速度」を使う例も時々見かけますが,これはちょっと拡大解釈のしすぎではないかなと思います。(たとえば「自転速度は約27.3日で」のように)

定義そのもののページがうまくみつかりませんでしたので,「自転角速度」の意味で「自転速度」を使用している例を紹介します。(個人のサイトではなく,公的なところで)

質問4-4) 1日の長さは変化しているの?(国立天文台)
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html

2-3-4-3. 自転速度の変化(日本測地学会 測地学のテキスト)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part2/2-3/2-3-4-3.html

これらのページでは,明らかに(地球の)「自転の角速度」の意味で「自転速度」という言い方をして...続きを読む


人気Q&Aランキング