金星は公転周期よりも自転周期のほうが長く、1日は1年より長いといわれています。確かに恒星を基準にした場合はそうだと思います。しかし、もし金星に立つことができたら、その1日はやはり太陽を基準にしたものを考える必要があると思います。太陽の南中から次の南中を1日とする場合ですが、次のように考えてみました。正しいですか?

まず、公転:自転=1:2(1回公転する間に2回自転する惑星、以下も同じ)の場合は1年=1日。公転:自転=1:1の場合(地球に対する月のように)は1日は永遠に続き、次の日は来ない。この前者2つの間、例えば公転:自転=1:1.5になると1日が1年より長くなります。
次に自転していない場合、公転:自転=1:0の場合は、1年=1日。ただし地表から見た太陽の運行は西から東。さらに自転の逆行、公転:自転=1:-1の場合は、1年=2日。これも太陽の運行は逆行します。

つまり、金星のように自転が逆行している惑星に立った場合で、太陽の運行を基準にした場合は、1日が1年を超えることはないと思います。どうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ひたすら図を描いて求めました。


その結果、
 惑星のある地点で観測される太陽の南中回数をYとおき、公転と自転の比を1:Xとすると、

  Y=X-1

の関係がありました。
つまり、惑星が1公転の間にX回自転すつとき、太陽はX-1回頭の上を通りすぎます。
もちろん、Yの値がマイナスのときは日は西から昇り、東へ沈みます。
ただし、この結果は、
 X=4,3,2,1,0.5,-0.5,-1,-2,-3,-4
のときの結果からもたらされたものですので、Xの値が大きいときは当てはまらないかも知れません。

まぁ、普通はkeronyanさんの書かれた通り、自転を一日、公転を一年として扱われているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変なご尽力ありがとうございます。私の太陽を基準とした場合の金星の1日の考え方が、おおむね正しいといえる訳ですね。これをもとに考えると火星から空を見た場合に、その衛星であるフォボスは火星の1日の間に、2回登って沈むということが導き出せると思います。面白いですね。実際に見てみたくなりました。といっても無理か。また、もし、地球にもフォボスのように1日に2回転するような衛星があったら、古代の人はどう思ったのでしょう。同じ天体と認識できたのでしょうか。昔は宵の明星と明けの明星は、別の天体と考えられていた時代もあったそうですから。などなど、考え出すと、きりがありません。

お礼日時:2001/06/15 15:08

私は年金の専門家でして,「年金」で検索したらこのページが出てきて (-_-;) 思わず読み入ってしまいました。



金星人がいたとして「1日」とか「1年」という感覚が発生しますかね?地球人の感覚で考えてもわからんでしょうな。

年とか日などの「サイクル」というものは,同じ行程を繰り返す経験から得る感覚だと思うんですよ。南中よりはまず日の出について「あ~今日もまた日が昇った。よかった。」と思うから「1日」というサイクルが体に刻まれる。そのうち,「でも待てよ,太陽の出てる時間にも『サイクル』があるな~。」とおもうわけで,そこから「年」というサイクルの存在に気付くわけで・・・。

金星では「日」「年」の感覚ではなく,「雨期」「乾期」みたいな感じで「太陽の時代」「暗黒の時代」みたいな感覚かも知れません。金星人の寿命とそのサイクルとの関係によっても,感覚は違ってくるでしょうし。「おじいちゃんは生きてる間ず~っと太陽というもんを見たことないんじゃよ。」なんてことあったりして。
実際,地球上でもカゲロウなんかはそうかも・・・。カゲロウは「日」とか「年」なんて知らないでしょうね。

金星人の考えることはわからんわ。(x_x)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い回答をありがとうございます。雨季、乾期みたいな感じ、私もそう思います。おじいちゃんの話もおもしろいですね。これはむしろ、例えば天王星に人が住んでいたら(実際には地殻がないから不可能?)を考えた方が面白いのではと思います。1年が地球の80年以上になるわけですから、「おじいちゃんはこの歳になるまで春をずーと待っていたんじゃよ。春はいいねー。」なんてこともありますかね。実際には気温や日照の問題があって、地球の四季とは訳が違うと思いますが…。逆に地球の1年が今よりもっともっと長かったら?などといろいろ考えてしまいました。

お礼日時:2001/06/15 15:32

たとえば月は地球に対して自転と公転がほぼ一緒で、地球を向いている面はずっと地球を向いています。


ここで、これを太陽と惑星の関係に置き換えると月の昼の部分はずっと昼であり、
夜の部分はずっと夜になります。

つまり、太陽の南中を一日にすることはこの場合意味を無くしてしまいます。

汎用的に考えるならば自転を一日、公転を一年という地球的な見方を取ることが妥当性があります。

そこに生活するならば太陽が南中する事を一日の基準にすることが、生活していく上で妥当性があると思います。

今回は単に惑星の公転自転の説明に一日=自転、一年=公転とおいたと言うことではないでしょうか。
    • good
    • 0

金星人の感覚を想像するなら、私にはdeagleさんよりもsarudoshiさんの方が


正しいように思います。現に我々にとっての感覚的な1日は太陽が南中して
から次に南中するまで(太陽日)であって、南中する約4分前まで(恒星日)
ではないですからね。
ただし、地球人の立場で金星の1年と1恒星日を比較するのは意味のない
ことではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。そうです。金星人の感覚を想像しているのです。もっとも現在金星の生命は確認されていないのですが。気温や気圧などの生命が解決するべき問題はたくさんあるようですね。さし当たって、まず金星人の立場に立った1日と1年の感覚に対する私の考えが、正しいかを知りたいのです。やっぱり金星人にとっては1日は1年より短いという、単に私の思考実験に過ぎないのですが、このようなことを説明している文献を知らないので。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/06/07 10:44

 「1日」の定義が違うからではないでしょうか。



 たしかに金星の場合、自身が1周するより先に太陽が黄道上を1周してしまうので、それを1日と見ることもできます。ですから金星のように公転よりも自転の方が遅いと、1日の定義と1年の定義が逆転しますね。
 しかし、一般にいう1日というのはあくまで「惑星が1回転する時間」ですから、金星人にとって1日は、太陽が黄道上を1周する時間とは関係がないことになってしまうわけです。

 ですからこの問題は、1日の定義をどう見るか、によって答えが変わってくることになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6月の金星日面通過は肉眼でも見えるの?

6月6日朝の、金星日面通過の際、観測用メガネ使用して見れば、肉眼でも小さな黒い金星が見えるのでしょうか・・?

Aベストアンサー

日面通過の時の金星の視直径は1分角弱で、太陽の約1/30。
日食観測用の眼視フィルタを通してみれば、十分な
コントラストで、見えるはず。
#実際に見たことはないですが・・(未体験)

視力1.0のCマークのギャップとほぼ同じくらいなので、
当然、視力が良くないとだめですが。

前回の、水星の日面通過の際は望遠鏡で観望していましたが、
さすがに肉眼では見えなかった。
#水星は金星よりさらに小さい

Q[季節]-北半球と南半球を説明して頂けないでしょうか。自転と公転→地球と太陽の位置関係から「季節」を説明・整理下さい

[季節]-北半球と南半球。小中学校「社会科」世界地理では、☆太陽の見かけ状の運動による、北回帰線ー赤道ー南回帰線と説明学習した記憶があります
 これだけで、北半球と南半球とが季節が異なる、オーストラリアのクリスマス(12/25)が
真夏(暑い)など理解できます。余談ですが、オーストラリアのクリスマス休暇は“2週間”とのこと。その心は、夏季休暇でも在るとのことです。
 中学・高校の「理科」天体(物理学)では、地球の自転と公転を前提に、学習されます。※前段と後段の、知識・教科内容を統一して整合性のある理解をしたいのですが。説明・整理して頂けませんでしょうか。天文(天体)についてなど、日頃考える必要性が無く、学びっ放しにしておいてしまったので、どうかご教授願えませんでしょうか。また、北半球を脅かす台風、ハリケーン、サイクロンなどについて、南半球での被害・報道を聞いた記憶がありません。これも、自転と公転との関係からご説明頂けませんでしょうか。同じく排水口の渦も、台風と同じく時計回りになる、と記憶しておりますが。南半球ではどうなるのでしょうか。これも、自転と公転との関係からご説明頂けませんでしょうか。こんな基本的知識を今頃になって、質問する自分に驚いております
 「無知であることに、無知(=気づきもしなかった)だった」からと結論付けて、それを自覚できるようにようやくなったのだ、と自省しております。
  小中高の教員の先生、または、ご専門・ご専攻の学生・院生の方、その他
ご説明して頂ける教養人の皆様、何とぞ宜しくお願い致します。

[季節]-北半球と南半球。小中学校「社会科」世界地理では、☆太陽の見かけ状の運動による、北回帰線ー赤道ー南回帰線と説明学習した記憶があります
 これだけで、北半球と南半球とが季節が異なる、オーストラリアのクリスマス(12/25)が
真夏(暑い)など理解できます。余談ですが、オーストラリアのクリスマス休暇は“2週間”とのこと。その心は、夏季休暇でも在るとのことです。
 中学・高校の「理科」天体(物理学)では、地球の自転と公転を前提に、学習されます。※前段と後段の、知識・教科内容を統一して整合...続きを読む

Aベストアンサー

地球に季節があるのは、地球が23.4度傾いて自転しているのが原因です。地球儀はこの角度で斜めにとりつけてありますね。もし真っ直ぐ立っていたり真横になって回っていたら季節はありません。
季節は4つありますので、公転を90度ずつ4つに分けましょう。公転は、○を太陽、/を地球地軸の傾きとして、次の3通りに分けることができます。
1.地軸が太陽側に倒れている  /  ○
2.地軸が太陽と反対側に倒れている  ○  / 
3.1.と2.の中間
1.が日本の夏、2.が冬でです。地球儀をこのような形に配置して自転させると、1.は昼が長く夜が短い、また、また太陽高度は高くなることがわかります。太陽が真上方向にあって昼が長ければ、日差しを多く受けるのでよく温まるわけですね。2.および南半球はこの反対なので当然冬です。3.が春もしくは秋ということですね。
1.3.2.3.1.3.という順番に公転していますので、春夏秋冬が常に一定の順で回ってきます。

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/earth/earth05.html
http://www.zoshindo.co.jp/Rjiten/kisetu.htm

↓のサイトご覧ください。オーストラリアにも台風のようなものがありますね。これはウィリー・ ウィリー (Willy-Willy)と呼ばれているようです。インド洋のサイクロンも南半球でも発生しています。要するに南・北に関わらず発生しています。

再度↓の写真。日本の台風は左巻き(左手でグーをゆるめに作った形)ですが、オーストラリアのは右手のグーを手の平を上にして作った形になります。これは地球自転に由来する「コリオリの力(転向力)」による現象です。
真ん中が高くなってる大きな回転円盤を考えます。今、その真ん中に立っているひとPが、円盤の側でじっと立っている人Qにボールるを転がすとしました。ボールは真っ直ぐQさんの方へ転がってきました。しかし、これをPさんの方から見るとどうだったでしょうか。ボールはPさんの後ろへ後ろへと曲がりながら落ちたように見えたはずです。超簡単にいうとこれが「コリオリの力」の説明です。

さて、排水溝の渦。いわゆる北半球と南では、渦が反対に巻くというのは100%都市伝説です。「コリオリの力」は台風くらい大きなものでないと作用しません。排水溝の渦は北でも南でも、右にも左にも渦を巻きます。偶然なのです。排水溝の形状、水のちょっとした揺れ具合などで決まります。
オーストラリアあたりで、観光客相手に反対渦巻きを実演している人がいますね。そこで、彼のやることの反対をやって見せれば左巻き渦となって、彼は面目を失うはずです。

参考URL:http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/news/2005/INGRID/GOE905031204.WILLY+INGRID.0.1024x768.jpg

地球に季節があるのは、地球が23.4度傾いて自転しているのが原因です。地球儀はこの角度で斜めにとりつけてありますね。もし真っ直ぐ立っていたり真横になって回っていたら季節はありません。
季節は4つありますので、公転を90度ずつ4つに分けましょう。公転は、○を太陽、/を地球地軸の傾きとして、次の3通りに分けることができます。
1.地軸が太陽側に倒れている  /  ○
2.地軸が太陽と反対側に倒れている  ○  / 
3.1.と2.の中間
1.が日本の夏、2.が冬でです。地球儀をこのよう...続きを読む

Q金星について 月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部

金星について

月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部を三日月と言いますが金星が三日月のような形になったとき、それをなんという名前で呼ぶのですか?名前はあるんですか?
教えてください!

Aベストアンサー

金星や水星の満ち欠けについては名称は無いですね。
天球上の動きに対して順行逆行が入れ替わる留や内合・外合、東方最大離角、西方最大離角がありますが、
満ち欠けは望遠鏡が発明された後で判った事なので古来の名称はないですね。

Qなぜ月の公転周期=自転周期?

月が地球から常に同じ面を見せているのは月の公転周期が自転周期と等しいからということを教えられました。それでは、なぜ寸分違わず等しいのでしょうか?もしコンマ1%でも周期が違っていれば、数十年もすれば地球から見える月の面が違ってくるはずだと思うのですが。この測ったように等しくなっている理由は何でしょうか。

Aベストアンサー

まず第一に、月と地球はそれぞれ勝手に自転していました。ただしここで、他の惑星系とは異なる大きな違いが地球-月系にはありました。

それは「通常よりも明らかに大きい衛星月」です。このために、地球-月系では「お互いに与える潮汐力」が他の惑星系に比べて大きくなる事になります。潮汐力というつい、干潮・満潮ばかりに目がいきますが、ポイントは「近い側と遠い側との引力の差」です。
この潮汐力が他の惑星系に比べて大きかったのです。そのために月は早い段階で「重い側を地球に向けて安定」し、地球は月によって潮の満ち干を受ける事になります。

余談ですが月は地球に潮の干満を与える事で回転モメントを得「より遠くに遠ざかっており」ます。No.5さんのように近づいているという事はありません。NASAの測定によって、年数センチずつですが遠ざかっております。

Q月の隣に金星が見えることがたまにあるのですが

月の隣に金星が見えることがたまにあるのですが
こういう現象は周期的に起こるのでしょうか?

以前に一度だけ月と金星と木星が(天球上で)近い配置になっているのも見ました。
こういう月や惑星同士が近い配置になる時間はどうやって調べればいいのでしょうか?

また、次にこういう現象が起こる日時も教えてもらえれば有難いです。

Aベストアンサー

こことか・・
http://homepage2.nifty.com/turupura/new/menu.htm

Q公転地球が楕円なのは太陽が公転してるから

ここで何度となく質問される公転惑星の楕円の謎。
何度回答を読んでも片方の焦点が存在しない理由が理解(納得)できません。

私はずっと楕円の理由は新円運動の中心点(太陽)が移動してるからだと考えてました。
例えばピンっと張った紙の中央に砲丸玉を落として、そこへビー玉を転がすと
中央がめり込んでビー玉は螺旋を描きながら限りなく真円に近くなってゆきます。
この時、砲丸が少しずつ移動してるとビー玉は砲丸を焦点にして楕円運動をとります。
そうゆう事じゃないんですか?
明らかに間違ってますか?

Aベストアンサー

>太陽を中心に回ってるけど何らかの要因で結果的に楕円の軌道になってる

 質問者さんは、惑星が太陽を中心に回るときの軌道は円であるべきだ、とお考えではありませんか?
 そして、それが何らかの要因でゆがめられて楕円になってしまっているとお考えのようですね。
 そうではなく初めから楕円軌道なのです。
 太陽を中心に回る、というときの中心とは、軌道の図形的な中心という意味ではなく、
ただ単に、太陽のまわりを、というだけの意味なのです。
 #3のお答えのように、公転軌道は楕円軌道が一般的で、
完全な円軌道は極めて例外的なものでしょう。
 質問者さんが楕円軌道のふたつある焦点の片方に何も存在していないことを納得できない理由は、
こういうことではないのでしょうか。
 
 惑星が太陽があるほうの焦点の近く(近日点)を通っているときは、
円軌道と同じようなものだから問題はない。
 しかし、何もないほうの焦点の近く(遠日点)を通っているときは、
その焦点には何もない、つまり惑星を引き寄せるものがないのだから、
回り続けることは出来ず、どこかに飛んでいってしまうのではないか。
 
 質問者さんは惑星が公転軌道上を動く速さは一定であると考えてはいませんか?
 惑星が動く速さは、近日点付近では速く、遠日点付近では遅くなっているのです(ケプラーの第二法則)。
 こう考えてみてはいかがでしょうか。
 太陽に近くて引力も大きい近日点付近では速く通り抜けるので太陽には引き込まれず、
太陽から遠くて引力も小さい遠日点付近ではゆっくり動いているので軌道から飛び出すことはない。

 
 
 

>太陽を中心に回ってるけど何らかの要因で結果的に楕円の軌道になってる

 質問者さんは、惑星が太陽を中心に回るときの軌道は円であるべきだ、とお考えではありませんか?
 そして、それが何らかの要因でゆがめられて楕円になってしまっているとお考えのようですね。
 そうではなく初めから楕円軌道なのです。
 太陽を中心に回る、というときの中心とは、軌道の図形的な中心という意味ではなく、
ただ単に、太陽のまわりを、というだけの意味なのです。
 #3のお答えのように、公転軌道は楕円軌道...続きを読む

Q【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。 こ

【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。

これって陰陽師の陰陽五行だと思うのですが、五行の各5つの土星・木星・火星・金星・水星の意味を教えてください。

あと陰陽の2つの太陽と月の意味も教えてください。

この陰陽と五行は掛け算ですか?それとも足し算で別々の意味として陰陽と五行は扱うものなのでしょうか?

5×それぞれに2通りの全???通りという多数のパターンで扱うものなのでしょうか。

Aベストアンサー

土星=堅実、勤勉、忍耐力、農業
木星=発展、成功、幸運、名誉
火星=情熱、勇気、闘争、セックス
金星=愛、美、芸術、快楽
水星=知識、情報、機知、商才
太陽=活力、栄光、威厳、快活
月=感受性、母性、神秘、ロマンス

陰陽と五行は2×五行で10通りです。

Q太陽系惑星は8個あります。すべて太陽を焦点とする楕円軌道上を公転しなが

太陽系惑星は8個あります。すべて太陽を焦点とする楕円軌道上を公転しながら、それぞれ異なる周期で反時計回りに自転しています。という問題があったのですが、これはあってますか、間違ってますか?
回答宜しくお願いしたします。

Aベストアンサー

【それぞれ異なる周期で反時計回りに自転しています】
                ~~~~~~~~
金星以外の惑星は公転方向に対して逆方向に自転しています。
金星だけは公転と同じ方向に自転しています。
答えは × になりますね・v・ノ

Q月・火星・金星の土地販売?

こちらのカテでよろしいのでしょうか??

あるサイトの掲示板で、月・火星・金星の土地を販売している会社があると知りました。
実際に購入されている方も、何人もいらっしゃいました。
でも、月などは、誰の物でもないのに販売??と。
そんな真面目に考えずに、ただ、夢を買うという感覚でよろしいのでしょうか?
それにしても、自分の物でもないのに夢だけでも売ってしまうって、すごい商売ですよね。
一瞬、星好きの主人の誕生日プレゼントにしようか…なんて思ったのですが。
ご意見、お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

宇宙はみんなのもの。ということで,国が所有するのは禁止されてますが,個人が保有する分にはOKのようです。
で,実際に購入すると権利書・月の地図(購入した土地の位置が印してある)・月憲法・権利宣言・国連などに提出した権利宣言書が届くそうです。
法律のことは詳しくないので分かりませんが,仮に,移住できるようになったとして,先に住んでしまえば,早い者勝ちになってしまうのかも・・・
もちろん,移住するなんて,夢の夢の話ですが,ご主人のプレゼントとして,夢があって良いと思います。

参考URL:http://www.bmaniac.net/archives/11503183.html

Q自転と公転の同期について

 月は自転と公転の同期を起こして、地球に一方向だけを見せていると教えられたのですが、仮定として、月と地球の場合、どのくらいの距離のまでこの現象を起こし続けられるのでしょうか?
 講師に「さあ?」ってスルーされてしまいまして。博学な方、お答えいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

太陽も月も地球も寿命も変化が無くて他の惑星の影響が無いとすると基本的には月が地球の衛星でいられる距離である限りどんな距離でも起こると思います。
この同期は結局のところ重力によって起こっていますので重力が届く限りこの効果が発生するはずです。

ただ、今よりも距離が遠かった場合は同期するまでにかかる時間はどんどん長くなると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報